トイストーリー1を動画配信でフル視聴する方法|DVDレンタル以外の方法

トイストーリー1の動画をフル視聴する方法

「トイストーリー1」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

フル動画を配信中です

 

今すぐおためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々1990円(税抜き)で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います。
 
無料登録で600ポイントがもらえ、新作映画でも無料で視聴できるからお得!

トイストーリー1の動画まとめ

■トイストーリー1のフル動画の視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

「トイストーリー1」 1996年3月23日劇場公開
 
 
公式あらすじ

カウボーイ人形のウッディは、アンディ少年の一番のお気に入り。だが、誕生日プレゼントとして現れた宇宙飛行士人形バズ・ライトイヤーにその座を追われてしまう。嫉妬したウッディがバズに嫌がらせしたところ、ふたり揃って隣家の悪ガキに捕まってしまい…。
 
<出典>U-NEXT

ネタバレはここをクリック
新たなヒーローの仲間入り
たくさんのおもちゃと子供部屋で遊ぶ男の子アンディ。今日はアンディの少し早い誕生日パーティが開かれます。
 
 
いつもアンディが遊んでいるおもちゃたちは、思ったより早いパーティの開催に大慌て。
 
 
みんな新しいおもちゃの進出により、自分たちの立場が危うくなると心配していました。
 
 
カウボーイのウッディ指揮のもと、パーティの偵察をします。もちろん人間に気づかれないよう細心の注意を払います。
 
 
グリーン・アーミー・メンが偵察に入り、無事にパーティ会場に偵察機を置くことに成功。
 
 
逐一アンディに送られたプレゼントを報告していきます。
 
 
次々と開けられていき、ランチボックスやシーツそして最後はボードゲームでした。
 
 
おもちゃがなかったことに安堵するおもちゃたちですが、なんとアンディの母親は最後の1つを隠し持っていました。
 
 
最後のプレゼントはバズ・ライトイヤーというスペース・レンジャーのおもちゃでした。
 
 
バズはレーザー光線や翼を開いて宙を舞うなど仕掛けがあり、おもちゃたちは興味を持って近寄りますが、すぐに飽きるだろうとウッディは面白くありません。
 
 
それからウッディの立場は様変わりし、アンディのお気に入りはウッディからバズとなり、おもちゃたちもバズとともに楽しく過ごしていました。
 
 
その様子に、ウッディは嫉妬しています。
 
 
ある日、アンディの家の隣に住む男の子、シドがおもちゃに火をつけバラバラにする遊びをおもちゃちは目撃します。シドは以前から問題のある男の子で、おもちゃたちから恐れられていました。バズは自身のことをおもちゃではなく、スペース・レンジャーである、と思い込んでおり、助けにいこうとしますが、ウッディに止められます。
 
 
アンディたち家族はまもなく引っ越しを控えており、おもちゃたちはそれまでの辛抱だと思っていました。
 
ウッディとバズの大冒険
アンディがピザを食べに外出する際、アンディの母親の指示で持っていくおもちゃが1つだけと知ったウッディは、バズを罠にはめようとします。その企みによってバズは家の外へ投げ出されてしまい、それを知ったおもちゃたちはウッディを強く非難します。
 
 
部屋に戻ったアンディはバズを探すも見つからず、仕方なくウッディを持っていくことにしました。バズは垣根に着地しており、アンディとウッディの乗った車に乗り込みます。
 
 
車がガソリンスタンドで止まったところで、ウッディの前にバズが現れウッディはバズが生きていたことに安堵しますが、バズは自分を陥れたウッディへの怒りを露にしていました。
 
 
2人は外に身を投げ出して喧嘩を始めますが、アンディたち家族の車が動き出してしまい2人はガソリンスタンドに置き去りにされてしまいます。
 
 
焦った2人はまた口論を始めますが、ウッディがアンディたちの向かったピザ屋のロゴがある車を発見し、2人一緒にその車に乗り込みます。
 
 
ピザ屋「ピザ・プラネット」に到着したウッディとバズはアンディを見つけますが、バズが1人クレーンゲームの中へ入り込んでしまい、合流する機会を失います。
 
 
そのクレーンゲーム中にはリトルグリーンメンがおり、ウッディとバズは中に紛れていましたが、アンディの隣に住む問題児・シドがやってきてシドによりウッディとバズが吊り上げられてしまいます。
 
 
シドに連れていかれた2人はシドの部屋からの脱出を図ります。
 
 
逃走の途中でバズは自分についてのテレビCMを見て、自分がおもちゃであることを知り落ち込みます。仲間の応援を借りるも、バズは自分についての真実により自暴自棄になっていました。
 
 
そんな中、バズはシドによりロケットに括り付けられてしまいます。逃げ出すためのタイムリミットは翌日まで。ウッディはバズを必死に説得し、自分がバズに太刀打ちできないと正直な気持ちを告げます。
 
 
ウッディに心動かされバズも脱出を決意しますが、朝になりシドが起きてしまい、打ち上げのためにバズはシドに連れていかれます。
 
ラスト結末
ウッディはシドのおもちゃたちの力を借りて、バズ救出のための計画をします。
 
 
シドはおもちゃに対して日ごろから悪い扱いをしていたことから、シドの素行を正すためウッディの喋ることができる機能を使い、見事シドを脅すことに成功します。
 
 
ウッディとバズは脱出に成功しますが、アンディたち家族は間もなく引っ越しで家を出るところでした。2人は必死にアンディたち家族とおもちゃを乗せたトラックを追いかけ、仲間の助けもあり無事にアンディのもとへ戻ることができました。
 
 
ウッディの仲間たちからの疑いも晴れ、バズとはお互い唯一無二の存在となりました。
 
 
冬になり、新しい家でアンディたちはクリスマスパーティをしています。
 
 
おもちゃたちはやはり、新しいおもちゃの進出を気にしていました。
 
 
どうやらバズもその一人のようです。そんなバズにウッディは「君よりひどいのが来るわけない」と励まします。
 
 
そして次の新しい仲間は、なんと犬でした。

<感想>
 
 
おもちゃたちの持ち主を思う気持ちが温かくて、小さな子供が見ても「ものを大事にする」ということをとても学ぶことのできるような素敵なストーリーでした。
 
 
展開も早く、ウッディとバズがなかなかアンディと仲間のもとに戻れず常にハラハラさせられるので、大人も一緒に最後まで楽しめて、キャラクターの愛らしさもあり、忙しさで心に余裕のないときに見返したくなる作品でした。
 

トイストーリー1の内容

<原語版声優>
 
・ウッディ:トム・ハンクス
・バズ・ライトイヤー:ティム・アレン
・ポテト・ヘッド:ドン・リックルズ
・ボー・ピープ:アニー・ポッツ
・レックス:ウォーレス・ショーン
・ハム(ブタの貯金箱):ジョン・ラッツェンバーガー
・スリンキー・ドッグ:ジム・ヴァーニー
・セージ:R・リー・アーメイ
・アンディの母:ローリー・メトカーフ
・ハンナ:サラ・フリーマン
 
 
U-NEXTではこちらの作品も視聴できます
 
「塔の上のラプンツェル」
「モアナと伝説の海」
「アナと雪の女王2」
「トイストーリー2」
「トイストーリー3」
「トイストーリー4」
 

登録後もらえる600ポイントでお得に視聴!

今すぐおためし

「U-NEXT」1ヶ月間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

トイストーリー1の感想

20代男性

この作品は、ある意味トイストーリーシリーズの中でも、一番人間味があり、共感しやすい点が多い作品だと思います。今でこそ大人気キャラクターである、カウボーイ人形のおおもちゃ”ウッディ”と、スペースレンジャーのおもちゃ”バズ・ライトイヤー”は、初めはお互いのことを良く思っていなかったのです。そんな彼らが信頼しあう経緯は、見ているこちら側にも共感するものがありました。加えて、本作品のメインテーマである”おもちゃの大切さ”が、どストレートに伝わってきました笑。小さい頃の僕は、おもちゃは生きていないため、そのおもちゃで遊んでいる時ならまだしも、それ以外の時はおもちゃに対し感情移入などしませんでした。けれど、この作品を見た後、もしかしたらおもちゃも魂のようなものが宿っていて、人間と似た感情を持っているんじゃないかと錯覚してしまうほどでした。この作品を見ると見ないとで、おもちゃに対する価値観は、がらりと変えさせられたのは間違いないです。どの子供も、親に”おもちゃを大事にしなさい!”と言われても、(おもちゃは僕の’物’なんだから別にいいじゃん)と思うかもしれません。そんな子供に一度でいいから見せてあげたい作品だなぁと感じました。作中にも’そんな子供’がいるので笑笑。
ぜひ、子供大人問わず、まだ見ていない人は一度でいいから見てほしい作品です。将来自分に息子、娘が出来たら、ぜひ見せてあげたいな、と感じました。

20代女性

誰もが一度は幼い頃に想像したことがある、人形達が動き出すといった夢を叶えてくれた映画です。
今やトイストーリーシリーズは、誰もが知っていて当たり前のようになっていますが、同時この作品が出た頃は、まだ今ほどは知っている人は多くなく、おもちゃの動き出してしまうアイデアの素晴らしさに、多くのファンを生み出しました。何度見ても楽しむことが出来ました。おもちゃといえど、描きかたは人間的なものが多く、ウッディがバズに嫉妬している様子や、皆と交流するおもちゃの社会性が、人間関係のように描かれているところがまた面白いです。またピクサーの独特な映像の細部にわたる技術は、おもちゃの動きとしては、想像以上にコミカルに表現出来ていて、おもちゃ達の動くシーンだけでついつい笑ってしまいます。ちょっぴり気持ち悪いおもちゃ達もいくつか登場するのですが、それもまた気持ち悪さに不釣り合いな性格とのギャップと、そんな彼らと強力しているウッディの様子は「可愛いだけがおもちゃ」のように思っている側面の人間にとってなかなかない発想でした。
世代の垣根なく、子供はもちろん、大人もおもちゃや生き物を大切にしなければと思わせてくれる映画でした。

20代女性

これまで、アンディの一番大切なおもちゃとして過ごしてきたウッディですが、新しいおもちゃのバズをプレゼントでもらったため、バズがお気に入りになってしまったのが、ウッディの切ない気持ちが伝わってきました。ウッディ一色だったアンディのお部屋が、バズ一色に変わってしまい、ウッディではなくバズを手に取って遊びに出かける姿が切ないポイントでした。バズに嫉妬してしまったウッディの二人が言い合ってしまい、外に落ちて向かいの家のシドの自宅に行くことになったのが怖かったです。シドはおもちゃを改造して、痛めつける最低な人物だったので、ウッディとバズも改造されて今うのではないかとドキドキしながら見てしまいました。シドのお部屋に入ったときに、改造されたおもちゃが近づいてくるシーンは、すごく恐怖を感じて、怖かったです。シドのおもちゃたちは、改造されるのが嫌だけど、嫌と言うことができないでいたので、ウッディとバズの力を借りて、シドを逆に痛めつけて怖い思いをさせたのでスカッとしました。おもちゃは大切に扱おうという気持ちを学ぶことができる、素敵なストーリーでした。ウッディとバズは無事にアンディの元に帰ることができたので、本当に良かったです。

20代女性

主人公ウッディーはカウボーイのオモチャ。持ち主であるアンディーはウッディーが大好きな男の子。でもウッディーにはある秘密があるのです。それは実は動いて話すことができるおもちゃなのです。この不思議なおもちゃ達の世界で巻き起こるドタバタ劇が子供たちの心をつかみ、人気作になった理由の1つだと思います。トイストーリー1ではウッディーや他のおもちゃ達はもうすぐ来るアンディーの誕生日に向けて作戦会議を開きます。なぜなら、誕生日といえばおもちゃ達にとって大イベント!新しいオモチャが仲間に来る日だからです。主人公ウッディーは自分以上にアンディーが気に入るオモチャがくるんじゃないかとハラハラしていると、予想通り今一番人気の宇宙飛行士バズがやってきました。
でもバズは自分がオモチャではなく本物の宇宙飛行士と信じていて、自分がオモチャだとしると酷くショックを受けてとなりの悪い子供に連れ去られてしまいました。
最初はバズのことがいけ好かなかったウッディもバズがいなくなり悲しむアンディーのためバズ脱出計画に仲間と奮闘する姿がとても勇敢で仲間思いですし、
これをきっかけにバズとウッディや最高のバディになります。おもちゃ達の視点で世界を見るとまたオモチャに対する思いも変わってきますし、自分が子供だったら夢が膨らむだろうなっと思います。各キャラクターのキャラも最高ですし、仲間の大切さを教えてくれる映画です。

40代女性

シリーズの第1作目、やっぱりいいです。新しいおもちゃが手に入ったらその色に染まっていくのは当然のこと、でもそれを切なく見ている姿はとても切なくてもう新しいおもちゃなんて買うことが出来なくなります。おもちゃ側の目線で見るとシドがすごく恐ろしいですが、歯の矯正をしている姿をあんなに怖く描けるとはさすがです。ああいう実験とかいたずらってでもちょっとやんちゃな子だと普通にやっている事、本当であれば魂を持っていないとされるおもちゃにとどまっているのであれば問題ないのではないでしょうか。それが動物や虫へと対象が移っていくと、犯罪予備軍の正にやばい奴ですが子供って結構残酷なんですよね。CGアニメの先駆けといった作品ですが、何年も昔のものとは思えないほどの絵のきれいさと迫力です。当時はかなりの高い技術だったはず、4と見比べるとこの数年でアニメ界が更にどれだけ発展していったかもわかって面白いのです。人間味あふれるウッディとどこか頓珍漢なバズ、唐沢さんと所さんの組み合わせは最強です。4までずっと変わらずこの二人を起用してくれてよかった、きっと声優初挑戦の作品だったでしょうがとてもうまく、自然にこの世界に引き込まれていくのです。

20代女性

アンディのおもちゃの世界を描いた作品であり、自分の子供の頃を思い出せる作品です。おもちゃと遊んでいて楽しかった思いがおもちゃにも伝わっていると考えると持っていたおもちゃたちへ愛しさをより強く感じることができます。アンディのお気に入りだったカウボーイのウッディが新しく現れたバズというおもちゃに夢中になるアンディを見て嫉妬心から来る不安やイライラをバズにぶつけてしまう姿やそんなウッディを見て距離を置いてしまう他のおもちゃたちの姿を見て、人間の世界と変わらない様子に胸が痛くなりました。ウッディの嫉妬心からバズ自身からも信頼を得られず分かり合えない二人の姿がありましたが、おもちゃいじめを趣味とする少年に囚われてしまい、必死に助けようとする様子や失意の中で語られる本音によって信頼関係を深めるウッディとバズの姿に胸が熱くなりました。命からがら脱出し、アンディの元へ戻ろうとするもアンディが乗る引っ越し車が出てしまい、必死に追いかけるシーンには力が入りました。困難を一緒に乗り越えようとウッディとバズが力を合わせて仲間の元にたどり着いたときに感じた二人の絆に、お互いに最高の相棒を得られたと感じました。シリーズ化された作品ですが、この作品はウッディとバズがどういう経緯を経て相棒となったのかを知るには欠かせない作品です。
持ち主の気持ちと寄り添うようなおもちゃたちの感情を見て大切にする気持ちを

10代男性

トイストーリー1を初めて見てぼくは、このような人が見ていないようなところで本当におもちゃが動いたり遊んだりしているんじゃないかと
トイストーリーの世界観に引っ張られてしまいました。それほどこの映画には人を惹きつける凄さがある。ウッディ達が作戦を実行していく中でのおもちゃ達の助け合いの精神がとても伝わり、ふと映画を見終わった時に改めて人と人とが助け合うことは大事だということを思い知らされました。僕も人と人が助け合うことが大切なことくらい知ってます。だけどなぜ大切かは、あまりすぐには考えられません。それをこの映画を見終わった時にすぐに感じ取ることができました。
ただ面白いだけで終わらないのがこの映画なんだなと思いました。誰もがおもしかったね!だけでなく友情関係や人と人の関係を学べることができるから教育面からみても本当に素晴らしいと僕は感じました。それにおもちゃを題材にしているからどの世代の人でも楽しめるし、硬くならないで理解しやすい映画だったから誰と見に行っても楽しめるし人々から愛されないわけがないと感じました。このように人を楽しませるだけで終わらせない。楽しませるプラスで何かを人に与えることが大事なんだなということも改めて感じました。

20代女性

ピクサー作品の大ヒット代表作のこの映画は、子供も私も大好きです。おもちゃがあんなに自由に話し遊び動いていて、おもちゃとしてのプライドを持ち、子供に夢を与えてくれる作品は他にありません。そして、ピクサーの技術が詰め込まれたトイストーリーは、何度見ても新しい発見をして楽しめます。特に子供は純粋な気持ちで見ているので、見る時の感情に応じて観点が変わり、あんな所にこんな所にこんなキャラクターが居たねとなります。中でもやはりアンディに愛されおもちゃの中でもリーダー格のウッディは不動の人気です。仲間思いでアンディ大好き。諦めない心でピンチを乗りきります。今やテレビゲームや携帯ゲームなどデジタル系のおもちゃに囲まれ、こういった手を使い、握りしめたり、手の感触を確かめたりするおもちゃが少なくなっています。ウッディやバズ他仲間のような個性あるおもちゃで遊んでいた頃が懐かしいです。ガレージセールで不要なおもちゃを売るシーンもありましたが、やはり成長と共におもちゃも時代の流れに乗り、移り変わりがあるのは仕方ないことです。ですが、この映画を観てからは私も子供も心に変化が現れました。捨てるのはいつでも出来るのであれば、できる限り遊びつくし、片付けてケアをし、それでももう必要ないなと最終決断をしたら、使ってもらえる次の遊び主に渡すという流れを作りました。あんなおもちゃで遊んだなと心の中で記憶は残して行けたらと思います。おもちゃの価値観を教えてくれた映画です。

20代男性

記念すべきトイストーリーシリーズ1作目です。この作品がまさか現在まで愛される、世界的な大ヒットをするとは誰も思ってなかったのでしょうか。この作品はかなり昔の作品のため、CG技術などは正直拙い部分は多いと感じます。しかし、この作品の魅力はやはりストーリーとキャラクターの個性でしょう。
ストーリーとしては、起承転結が素晴らしくバランス良くて、常にハラハラドキドキさせられます。展開がかなり大きく動きます。おもちゃ達の冒険アドベンチャーと呼ぶ感じですね。私達の身の周りにあるものが、おもちゃ達にとってはこんな使い方出来るんだ!こんな危険な物なんだ!と考えさせられます。
そして、キャラクターの魅力ですが、なんといってもこの作品はバズ・ライトイヤーとウッディの絆が素晴らしいです。この作品は正直、他のおもちゃの活躍はあまり見られません。そしてバズとウッディの仲も最初は悪く写されます。しかし、そこからの展開が見どころです。バズとウッディがお互いを信頼した時、初めてこのキャラクター達の魅力に気付きます。あるシーンで放つ名言「無限の彼方にさあ行くぞ」は、この作品から生まれ、バズとウッディを表す素晴らしいセリフです。ぜひまだ観ていない方は観てくださいね。

20代女性

バズが自分がおもちゃだと自覚してしまう場面が、とても切なかったです。それまで、自分は本当に敵を倒す力があり、空だって飛べると信じていたのに、あっけなく地面に転がってしまったバズの表情が、悲しすぎます。だからこそ、最後にウッディと共にロケットで飛び上がるシーンは、すごく興奮しました。続編では、すっかり相棒となったバズですが、最初の頃はウッディとこんなに険悪だったんだよな、と思い返す作品でもありました。ぶつかりあったからこそ生まれる絆、というものを再確認させてくれます。いまいる大切な友達、絆を大事にしたくなる映画です。サイドキャラクターたちのユニークさが一番光っているのも、この作品だと思いました。UFOキャッチャーで連れて行かれるリトルグリーンメンの、おバカか可愛いことといったらありません。「おもちゃ殺し」のシドの家にいる、改造されたおもちゃたちも、心根は優しく愛らしいキャラクターが多くて、だんだんと愛着が湧いてくるから不思議です。特に、最初にシドの家で登場した、あかちゃんの人形の頭にクモのような足のおもちゃは、気づいた頃にはとんでもなく可愛く見えて自分でもびっくりしました。心と心でつながり合う、わかり合うことができれば、どんな見かけ、考えの持ち主でも、仲良くなれる、ということを伝えてくれる映画なのかもしれません。