花にけだもの シーズン1の無料動画を1話からフル視聴する方法【最終回まで】

花にけだもの(ドラマ)の動画を無料視聴する方法

「花にけだもの(ドラマ)」

フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」

第1話から最終回まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

< FODプレミアムのおすすめポイント>
 
・フジテレビ系列の人気の月9ドラマなどフジテレビ作品が5000本以上見放題
・FODでしか見ることができないオリジナル配信作品も配信中
・アニメ、海外ドラマなどFOD独占でラインナップ!話題の新作映画も
120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌や女性誌までラインナップ
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々880円(税抜き)で継続でき、毎月最大900ポイントもお得
 
<FODユーザーの声>

20代女性

月9ドラマが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れたのでビックリした!月額制だけど、スマホのアプリで見れるし、お手軽に楽しめる。また、FOD限定配信ドラマとか、地上波で放送されないきわどいドラマもあり、面白い♪スマホで見ると、通信量が気になるけど、Wi-Fiなら通信料金を気にせず楽しめるし、一気に見れるのでストレスなく動画を視聴できる。月額料金を払っているけど、雑誌も読む放題なので、待ち時間とかにスマホで動画を見たり、雑誌を見たり、時間をつぶせて本当に便利♪

花にけだもの(ドラマ)の見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

FODプレミアム

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>最終回(第10話) 「私、恋をしてよかった」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
最終回(第10話)の公式あらすじ

「熊倉久実」は、殴りあう「柿木園豹」と「和泉千隼」を止めに入る。「日吉竜生」は豹に、豹が久実の事で悩んでるように、豹の事で「大神カンナ」が悩んでる事を伝える。久実は、豹とカンナが校庭の木の陰で会話をしているのを見かけてしまう。豹は今の気持ちを正直にカンナに話すと、カンナはわだかまりが解け、心おきなく豹との関係を終わらせる事が出来る。カンナは久実に、全力をかけて久実の恋を応援すると誓い、二人の信頼は回復する。千隼は廊下で久実を見かけ、その本心に気付いてしまい、豹と再び対峙する。竜生もカンナを呼び出し猛烈に気持ちを伝える。そして、久実も決心し、気持ちを伝えるために千隼と豹に会いに行く・・・・・・。
 
<出典>FOD公式

最終回(第10話)のネタバレはここをクリック
喧嘩の行方

千隼に殴り倒された豹だったが、すぐ起き上がり千隼に向かっていく豹は、徐々に千隼を圧倒していく。

久実の制止する声も届かないほどに熱くなる豹と千隼であったが、ついに豹が千隼を押さえつけてしまう。

馬乗りになって、拳を振り上げた時、久実が千隼をかばうように間に入る。

その久実の姿を見た豹は冷静さを取り戻し、同時に図書室から逃げるように走り出してしまう。

ちょうどその時、竜生が図書室に入ってきて、顔に傷がついていることや、倒れている千隼を見て状況が飲み込めない状態であった。

そして、豹を追いかけた竜生は「このままだと誰も幸せになれない」と話して、カンナとの関係に決着をつけることにした。

 
カンナと豹

翌朝中庭を通り校舎へ向かった久実は、ベンチにカンナの姿を発見し、声をかけようと近づくと、隣に豹がいることに気がついて、そのまま校舎に向かってしまった。

カンナと豹の過去を知っている久実は、2人が座っていたことで、不安な表情をしていた。

そこに、カンナがやって来て豹と話した内容を久実に伝えていた。

豹は、好きな人にフラれる辛さを知ったと話し、中学時代にカンナを傷つけたことを謝っていた。

さらに久実のおかげで、人を本気で好きになることが出来るようになったことを話すと、カンナもそれに納得したようで、笑顔で握手をして別れたのだった。

それを聞いた久実は、豹への気持ちをもう一度伝えようと、図書室に向かうが、担任からこういう時はそっとしておく方がいいと言われる。

そして、ドアの外から豹を見つめる久実なのであった。

 
ラーメン割引券

翌日、教室の外でカンナを待っていた竜生は、出ていくカンナを呼び止めていた。

そして、なぜカンナじゃないといけないのか説明をし始めた。

入学して以来、姿を見るだけで嬉しくなったり、笑顔のカンナを見るともっと幸せになったりする。

恋ってそういうものなんじゃないかと話すと、これからも好きでいさせてくださいと、告白をするのだった。

少し迷った表情を見せたカンナだったが「ラーメンの割引券持ってる?」と竜生に確認していた。

割引券に書いてあるラーメン屋の店名を口にしながら、一緒に食べに行く?と誘っていた。

遠回しだが、OKの合図だとわかった竜生は、全身で喜びを表していたが、いつも通りお腹を下してしまい、トイレへと駆けていった。

それを柔らかい表情で見守るカンナであった。

 
まだこれからも

豹が学校に来ていないことに気がついた教師が、他の生徒に聞いているが、わからないと答えていた。

そんな時、豹からのラインが来たことに気がついた久実は、内容を見てみると、クマのぬいぐるみの作り方の本の写真が送られてきていた。

掃除をし直した時に見つけたと伝えてきたあと、久実からもらったクマの写真を送って「キューちゃんが、幸せになりますように」と送ってきた。

それを見た久実は、なにかを決意した表情で前を見た。

久実は千隼に会いに千隼の家を訪れていた。そこに千隼の姉2人が出てくると、お店の新しいコスチュームを久実に着せようと、久実を誘っていた。

すると千隼がやってきて、姉2人を追い払い久実と2人で話をするため、散歩に誘った。

すると、久実の言いたいことに気がついたのか、千隼は久実よりも久実のことがわかると話す。

ずっと久実を見守ってきたから、久実の考えがわかると話すと、豹のところへ行くようにと伝える。

久実は、思わず涙を流してしまうが、それを見た千隼からは「また目が腫れるぞ」と言われ、笑顔になる久実は、豹に会いに走り出した。

 
愛してる

久実は豹に電話をかけているが、なかなか繋がらない。久実は思い切って豹の家へ行くことにした。

玄関でチャイムを鳴らそうとすると、後ろから家政婦さんが声をかけてきた。

豹の居場所を聞いてみると、病院に行っていると聞かされ、久実は病院へ急いだ。

その頃病院では、医師と豹が話ながら歩いていた。そして、豹は父親の事務所の手伝いをする決意をしたことを、兄に話していたという。

医師も自分で決めたことならと、納得してくれたようだった。

するとそこに久実がやって来て、驚く豹だったが2人で話すことになった。

そして、久実は自分の気持ちを豹に伝えて、スクールリングを豹に渡す。

そして、豹も久実にスクールリングを渡すと2人は抱き合った。豹は久実の目をしっかり見つめ「愛してる」と告白するのであった。

 
そして、春

桜舞う4月。2年生になった久実達は、クラス替えの貼り紙を見ていた。

久実とカンナは同じクラスになったことを喜んでいた。その隣では豹と千隼がまた一緒になって腐れ縁だなと笑い合っていた。

ただ一人、竜生だけは別のクラスになったと文句を言っていたが、これからの毎日の楽しみにしている表情をみせる5人だった。

最終回(第10話)の感想はここをクリック
豹と千隼の喧嘩から始まった最終回に、これからどうなるのか不安になりましたが、無事ハッピーエンドを迎えました。

やはり、竜生の要所要所でのナイスな助言は、なかなかカッコいいところです。

普段はおちゃらけてるけど、実は真の通った男でかっこよかったです。

カンナの竜生を見る笑顔や、無愛想だった千隼が楽しそうに笑うなど成長を感じてとてもよかったです。

こんな恋してみたくなるような作品でとてもよかったです。

<見逃し動画>第9話 「関係ない、関係なくない」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第9話の公式あらすじ

マラソン大会で「熊倉久実」は足を怪我しコースを外れていた。「柿木園豹」は「和泉千隼」「日吉竜生」を抜き、先頭を走っていたが異変に気付き引き返す。久実が豹におぶられて病院へ向かう姿を「大神カンナ」は遠目に見つめる事しか出来なかった。豹に助けて貰った久実だったが、これ以上は甘えられないと、豹を病院から先に帰らせると、今度はそこに千隼が駆けつける。竜生の説得もあり、久実は千隼とデートをするのだが、教室でその事を知った豹は、関係ない女子に当たり突き飛ばしてしまう。カンナは豹を注意するものの一蹴されてしまい、泣きながら廊下に飛び出した所で竜生と出くわしてしまう。千隼は久実を完璧なエスコートでデートし、別れ際に想いを込めた告白に挑む。後日、マラソン大会をリタイアした久実と豹は、二人きりで図書館の罰掃除をすることになるのだが、そこで豹はついに自分の気持ちを抑えられなくなり・・・・・・。
 
<出典>FOD公式

第9話のネタバレはここをクリック
勝者は??

竜生と千隼を抜き去り、1人独走する豹を見た久実は胸が締め付けられるような感覚を覚える。

そして、自分自身もゴールしなければと怪我した足を引きずりながらもコースへと戻ろうとする久実であった。

その頃トップを走る豹は、何かに気を取られたように、走る足を止めてしまう。

その豹を不思議がりながらも抜き去る竜生と千隼だった。竜生が驚いて声をかけるが、こともあろうか豹はコースを逆走し始めてしまった。

コースに戻った久実は、走り出そうとするのだが足の痛さで倒れこんでしまう。

そこに豹が現れ驚く久実に、「キューちゃんが見えたから」と戻ってきた理由を伝えていた。

久実の足を見て、走れないことを悟ると久実を背負って病院に向かうことにする豹であった。

そして、ゴールでは誰がトップでゴールするのかを多くの女子生徒が見守る中、誰よりも早く現れたのは千隼であった。

倒れるようにゴールをした千隼は、喜びから笑顔を見せていた。

 
大丈夫だから

病院へ連れてきてもらった久実が処置室から出ると、豹が心配そうに待っていた。

軽い捻挫だと話し、明日には腫れも引いてくると伝えると、豹は安堵の表情を浮かべていた。

それでも心配する豹は久実を家まで送ると伝えるが、久実は大丈夫だと話すと豹に先に帰るように伝えていた。

豹が帰ったあと千隼が病院にかけつけ、久実を心配するが、軽い捻挫だと伝えると千隼は一安心した。

そして、マラソン大会で1位をとったことを報告し、あの日約束したデートをしてほしいと語りかけた。

 
本気に応える

翌朝、悩みながら学校に着いた久実は、中庭のベンチでうなだれる竜生を発見し、声をかけていた。

竜生はマラソン大会の途中、お腹をこわしてしまい、結果は138位という散々な結果に終わったと話していた。

竜生もカンナとの約束があったため、1位獲得を本気で狙っていたため、1位になれなかったことにショックを受けていた。

そんな竜生を慰める久実だったが、竜生は久実とのデートを勝ち取った千隼が羨ましいと話していた。

その言葉を聞いた久実の表情が少し曇っていた。そして、好きでもないのにデートをすることが失礼じゃないかと感じているようだった。

それに反応した竜生は、本気で頑張った気持ちに応えないほうが失礼だと話し、久実はデートをすることを決めた。

 
千隼とのデート

教室では、千隼と久実がデートするという噂が流れていて、当然豹の耳にも入ってきた。

すると豹は機嫌を悪くしてしまい、荒々しく教室を出ていくのであった。

千隼が待ち合わせ場所で待っていると、千隼のルックスにひかれた女性達が集まっていた。

女性達が千隼に見とれる中、久実が登場しデートをすることになる。

行きたい場所を聞かれる久実だったが、デートの経験がほとんどないと話すと、千隼がリードすると久実の手をひいていく。

おしゃれなカフェに入ったり、久実の好きなクマのぬいぐるみがたくさんあるお店で、大きなぬいぐるみを買ってあげるなど、デートを楽しんでいた。

帰り道、このデートのために一生懸命調べたと話す千隼は、久実のことが好きだと告白をしていた。

 
罰掃除

昨日のことを思い出しながらぼーっとする久実に、教師が話しかけてきた。

マラソン大会で完走しなかった罰掃除を今日することを告げる。しかも、途中リタイアしたのが久実と豹の2人だけだったと付け加えた。

2人は気まずい雰囲気だったが、図書室掃除を一緒にすることになった。

掃除の準備をしている久実を見る豹は、久実の可愛さに目を奪われてしまう自分に気がついていた。

掃除を始めると、久実は一冊の本に目が止まり、取り出してみるとクマのぬいぐるみの作り方の本だった。

ページをめくってみると、母からプレゼントされたクマの作り方が載っていた。

母もこの本を見て作ったのだと、その本との出会いに感動する久実だった。

 
抑えられない気持ち

掃除を黙々と続ける豹だったが、ふと目を上げると久実の姿が目に入ってきてしまう。

そして久実を見た豹は、久実への想いが抑えきれなくなってしまい、久実にキスをしてしまう。

戸惑う久実が後ずさっていくが、豹は久実に嫌われてもいいと思いながら、久実との距離を縮めて来ていた。

なだめようと声をかける久実だったが、ついに壁際に追いつめられ、再度キスをされそうになったところ、千隼が様子を見に図書室に入ってきた。

すると、そんな光景に苛立った千隼は豹のところへ駆け寄ると、豹を殴り倒してしまうのであった。

第9話の感想はここをクリック
1位になったのは、千隼でした。そして竜生は大事なところでお腹を壊してしまうという、持ってないところがいいですね。

そして、久実に気がついたのは豹だけでしたが、その辺はさすが豹だなというところでした。

千隼とのデートに荒れる豹と、久実のために調べたと話す千隼、どちらも若々しくていいですね。

最後は豹を殴ってしまった千隼でしたが、男らしかったですね。

この喧嘩がどう影響していくのか、そして誰がとめに入るのか?

かなり気になる終わりかたでした。次回は最終回ですがどう変化していくのか、楽しみに見ていきたいと思います。

<見逃し動画>第8話 「恋をかけて走る」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第8話の公式あらすじ

「熊倉久実」は「柿木園豹」と別れ、冬の海にリングを投げ捨てた。「和泉千隼」は海に飛び込みリングを拾いあげ、久実を好きだと、気持ちが落ち着くまで待つと告白する。年が明け、新学期が始まり、久実は「大神カンナ」に豹との別れた事や、後悔はなく、本気で恋する覚悟がなかった事、恋愛の辛さを知り、カンナたちと仲良く過ごしたい事を告げる。傷心の豹は、久実とは顔を合わせづらく授業をさぼるが、久実と出くわしてしまい、お互い普通でいようと約束するが、本心では平気でいられなかった。そんな豹に千隼は、久実は自分が幸せにするのだと宣戦布告する。「日吉竜生」はカンナに、バレンタインの日に開催されるマラソン大会で、一位を獲ったら本命チョコが欲しいと懇願する。千隼もそれに対抗し、久実に一位を獲ったら自分に一日を欲しいと伝える。かくして蓮高マラソン大会の号砲が鳴る・・・・・・。
 
<出典>FOD公式

第8話のネタバレはここをクリック
胸の痛み

久実が海に投げ捨てたリングを、必死に探しつい見つけ出した千隼は、久実のことが好きだと告白をしていた。

今までは久実から恋愛相談を受けていたが、これからは久実と恋愛がしたいと、リングを久実の手に乗せ握らせていた。

恋をする自信がないからと断る久実に、1人でいるのが辛いなら頼ってもいいと話すが、千隼は大切な人だからと断っていた。

久実の固い決意を見た千隼は、久実の気持ちが落ち着くまで待っていると話すと、久実に自分のコートをかけ帰るぞと声をかけていた。

その頃豹は、久実と別れてしまったことを病院の先生に報告していた。

女の子の涙には慣れてたと話す豹は、これまで何度も見てきたが、何も思わなかったと話していた。

だが、久実の涙はまったく別だったと心底傷ついているようだった。そして、絶対に別れたくないと思っていたと話すのだった。

その様子を見ていい男になったなと声をかけ、仕事に戻ろうとする先生に「胸の痛みをとる薬をだしてよ」と話すのだった。

 
なるべく普通でいよう

年も明け、教室に入った久実は豹の席を確認するが、まだ学校に来ていないようだった。

HRが始まった頃に、廊下を歩いてくる豹だったが、久実の姿を確認すると教室には入らずに、反対の方向に歩いていってしまった。

授業の合間に担任から呼ばれた久実は、プリントを全員に配るように依頼され、もちろん豹にもと言われる。

豹が授業に出ていないが、あの教室ならと足が向く久実だったが、教室を前に入ることを躊躇していた。

その時後ろから久実は名前を呼ばれ、その声に振り向くとそこには豹が立っていた。

お互いに気まずい雰囲気から、ぎこちない会話をしていたが、豹は「なるべく普通でいよう」と伝えるのだった。

放課後、豹を待っていた千隼は、久実と別れた話を聞いたと話、さら久実に告白をしたことを伝えていた。

さらに豹に、絶対に引き下がらないと宣言する千隼に、反応しないまま帰る豹なのであった。

 
チョコとマラソン

授業でバレンタインのチョコを作る久実とカンナに、恒例のマラソン大会が近いことをクラスメートから聞かされていた。

女子は10キロ、男子は20キロ走るそうで、完走できない場合は校内清掃の罰がまっているという。

授業も終わり帰ろうとするカンナを必死に追いかけてきた竜生は、授業でチョコを作ったことを耳にしていた。

そして、今度のマラソン大会で1位になったらカンナの本命チョコをください!と頭をさげていた。

その後幼稚園の手伝いをする千隼にこの事を伝えると、昔から走るのが早かった竜生のズルさを指摘していた。

それに便乗した千隼は、翌朝学校で久実を見かけると、マラソン大会で1位になったら久実の1日をくれとお願いしていた。

その2人の会話を豹が柱の影で聞いていた。

 
火花散る

マラソン大会当日、入念な準備をする竜生は千隼のところへ行くと作戦を真似されたことを怒っていた。

それでもカンナや久実のために、負けられないと2人は火花を散らしていた。

その頃カンナは、久実がまだ帰って来ていないことに気がつき、ゴールしてないのではないかと心配していた。

その頃久実は、ヘトヘトになりながらもどうにかゴールに向かって走っていた。

そこに豹のことで久実をよく思っていない2人組がいたずら心で久実を突き飛ばしてしまう。

男子のマラソンがスタートの時間を迎え、全員がスタート地点に集まる。

そしてスタートの合図がなると竜生と千隼が飛び出し、早くも2人の1位争いが始まっていた。

 
ドキッとした

カンナの本命チョコや、久実とのデートのために、2人は必死に走り1位争いを繰り広げていた。

諦めが悪いなと千隼に声をかける竜生だったが、その竜生もかなり本気で走っているようだった。

その時、2人の間をすり抜け1位になる男子がいた。なんと豹が参加してきて2人を抜き去っていった。

豹の登場により、さらに負けられなくなった2人は加速する豹のあとを必死に追いかけるのであった。

2人組に倒されてしまった久実は、足を怪我してしまったようで、まともに歩けない状態であった。

久実はその場に倒れてしまい、コースに目をやると颯爽と走る豹の姿を見つける。

その姿に久実は心がぎゅっとなるのを感じていた。そして豹から目が離せなくなっていた。

第8話の感想はここをクリック
久実という人物は、小さい頃から親がいない環境にいたせいか、甘えるのがすごく下手なようですね。

千隼を思い出すと、ほとんど久実に甘えていいよと話しかけるシーンでした。

そう言ってくれる人が今までいなかったんだなと感じました。だからこそ千隼にはいかないのかなと思っています。

そして、肝心の豹ですが久実と千隼の会話を聞いてしまったことで千隼には負けられなくなったんだと思います。

マラソン大会で誰が1位になるのか、そしてその結果で誰か幸せになってくれることを期待しながら待ちたいと思います。

<見逃し動画>第7話 「もう恋はしない」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第7話の公式あらすじ

「熊倉久実」は、「柿木園豹」が「大神カンナ」や「日吉竜生」を傷つけても、久実の傍にいたいと一途な想いを言われ戸惑う。久実は、カンナがまだ豹を想い続けている事に気付き、そんなカンナにLINEを送るも、既読スルーをされたまま返答はなく、不安な気持ちでカンナを訪ねるが、一方的にクリスマスパーティーへの参加を告げられるばかりで、真意の方は確かめられなかった。「和泉千隼」の姉にクリスマスパーティーの会場を用意してもらい、姉二人を含め、パーティーは無事開催される。カンナは豹に、病院で取り乱した事を謝ろうとするも、豹には無視をされ全く気付かれないまま。パーティーの輪に入れず居たたまれなく会場の隅に一人でいるカンナに、久実は気遣い話しかけるが、カンナは気を張り、久実にパーティーに戻るように、そして自分は帰る事を告げて立ち去り、二人の親友の関係は回復出来ないでいた。パーティーの帰り道、久実は豹と二人きりで帰るが表情は曇ったまま。そんな久実の揺れている心を豹は気付かず、ついに久実は泣き崩れ、豹に決断を伝える・・・・・・。
 
<出典>FOD公式

第7話のネタバレはここをクリック
豹の覚悟

豹を心配したカンナの取り乱しぶりに、その場にいた全員が驚きを感じていた。カンナ自身もきまずさを感じて、その場から逃げるように帰ってしまった。

久実も1人で帰ろうとしたが、豹に家に来て欲しいと頼まれ、一緒に豹の家に行くことになった。

そこで豹から、どんなに周りを傷つけても久実の傍にいたいと話して、久実を抱きしめた。

複雑な表情を浮かべる久実は、そんなのダメだと豹に伝えるが、これまでの恋愛が本気ではなかったと話し始めた。

そして、本気にさせてくれたのは久実だと伝え、その為にカンナや竜生が傷ついてもかまわないと話していた。

翌朝ソファーで目を覚ます豹は、テーブルにある久実の書き置きに、幸せそうな表情を浮かべていた。

 
カンナとの溝

豹の家からの帰り道、前から歩いてくる竜生を見つけ、声をかける。

竜生はこれから豹のお見舞いに行くと話す。それを聞いて優しいねと言う久実に「ダチだから」と笑顔で竜生が言う。

カンナのことを聞くと、1人にしてほしいと言われたしまったと苦い表情をする。

しかし、竜生は自分も好きだった人のことを忘れたことはないと言ってカンナの気持ちがわかると話していた。

そして、自分も頑張るから久実も豹と頑張るようにと応援していた。

カンナが来るか心配した久実は、パーティーの飾りつけを一緒にしようとラインをしていた。

ラインに気づいたカンナだったが、先日の一件のこともあり、返信できないままスマホをバッグにしまった。

久実は翌日カンナの家の近くの公園まで来ているとラインをするが、既読スルーが続いてしまう。

返事がないラインを見て、心配になる久実のもとへカンナがやってくる。

先日のことから気まずい雰囲気の2人だったが、カンナからクリスマスパーティーに行くと話をされる。

無理しないで、思ったことを話して欲しいと話しかける久実だったが、ちゃんと話してるよと言われ、何も言えなくなってしまった。

 
クリスマスパーティー

クリスマスパーティー当日、話を聞き付けた千隼の姉達が、自ら働くお店を貸してくれることになり、豪華なパーティーが開かれていた。

カンナのことを気にかける久実だったが、心配をよそにカンナがパーティーに来てくれた。

それを喜ぶ久実と竜生は、笑顔でカンナを迎え入れた。そして、そこに豹もやって来て全員揃ってパーティーが始まった。

ゲームをしたりと大盛り上がりの中、豹が飲み物を取りに行くとそこにはカンナがいた。

カンナは勇気をだして話しかけようとしたが、それを無視して久実のところへ戻ってしまった。

そのことにショックを受けたカンナは、1人別の場所に座ってしまう。

それに気がついた久実は、カンナの所へ行き話をしようとするが、カンナは気まずさから帰ると言い出してしまう。

ちょうど開店準備もあるからと、パーティーが終わりを迎えていて、豹は一緒に帰ろうと久実を誘っていた。

 
友達に戻りたい

パーティーも終わり、久実と帰る豹は久実の持ち物に気がつき「クリスマスプレゼント?」と聞いていた。

久実は、クリスマスプレゼントとして作っていた手編みのマフラーを豹に手渡すと、豹はとても喜んでいた。

そして久実は、ポケットに手を入れるとスクールリングを取り出し豹に渡していた。

久実のリングをもらっていなかったと話す豹がふとリングの内側を見ると、そこには豹の名前が刻まれていた。

それに気づいた豹が戸惑っていると、久実からリングの交換をできないと言われてしまう。

理由を聞きたがる豹に、これまで転校続きで友達が出来なかった話をして、やっと友達が出来たと語っていた。

豹が彼氏より友情なのかと、問い詰めるが久実はその質問に明確な答えを持ち合わせていなかった。

どんなに嫌われても久実を好きでいると抱き寄せる豹に、友達に戻りたいと突き放す久実であった。

久実の意思の固さに悲しむ豹は、アルバイトをして買ったクマのネックレスを、最後の思い出にと首にかける。

そして2人は、別れてしまった。

 
奇跡を見せてやる

大切なものがわからなく、豹に別れを告げた久実は千隼と一緒に行った海へ足を運んでいた。

そして自分のスクールリングを取り出すと、海へ投げ捨てようしてしまう。

それを止めに入ったのが千隼であった。千隼が必死に説得しようとするが、一瞬の隙をつきリングを海に投げ捨ててしまう。

そして久実は「もう恋はしない」と言うのであった。

次の瞬間、千隼は洋服が濡れることも気にすることなく海に入っていきリングを探し始めた。

そして、Wデートで遅刻したことで久実を豹にとられてしまったことを悔やんでいた。

必死にとめようとする久実の言葉に、動きが止まってしまう千隼だったが「お前に奇跡を見せてやる」とリングを見つけ出した千隼は「お前が好きだ」と告白するのであった。

第7話の感想はここをクリック
まさかの千隼の告白に驚きましたが、リングを探す千隼がとてもかっこよく見えました。

友達が少なくて、やっとできた友達を大切にしたい久実の気持ちもとてもわかります。

そして、久実の気持ちを汲み取った豹も男らしかったですが、このまま終わってしまうのでしょうか。

次回の展開に目が離せない展開になってきました。

<見逃し動画>第6話 「ともだちのヒミツ」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第6話の公式あらすじ

「熊倉久実」は「柿木園豹」が「大神カンナ」と中学生の時に付き合っていた事を知る。「日吉竜生」から、「和泉千隼」含め皆とクリスマスパーティーをしようと持ち掛けられ、久実はカンナに気を使うが、カンナからは豹の事をもう何とも思っていないと告げられる。二人の会話を隠れて聞いていた竜生も、豹とカンナの関係を知り、豹にはカンナへのクリスマスプレゼントなどの好みは自分自身で知っていくからと宣言し、二人の過去を気にしない旨を伝える。豹は竜生からクリスマスプレゼントのカタログを見せられ、久実にプレゼントをしようと内緒でバイトを始める。久実はクリスマスパーティーの招待状を千隼に渡し、千隼に豹とカンナの事で無理するなと励まされる。久実はカンナとパーティー用にクッキーを作りながら、カンナから豹の話を聞き、盛り上がったそんな時、竜生から豹がバイトで事故に遭ったと入り、急いで病院に駆けつけるのであった・・・・・・。
 
<出典>FOD公式

第6話のネタバレはここをクリック
豹の告白

豹はカンナと付き合っていたと久実に伝えると、カンナがどんな子だったのか聞いていた。

屋上に1人でいるカンナに「また1人なの?」と声をかけたのは豹であった。

人付き合いが苦手だと話すカンナは、豹は得意そうだと伝えるが、豹は「得意と好きは違う」と話していた。

そうして似た雰囲気を持つ2人は、付き合いだしたのだが、豹は逆にどんどん寂しさを感じるようになったという。

そしてその寂しさを埋めるために、何人もの女の子と同時に付き合ってしまったと話すのであった。

それを聞き終えた久実は、カンナに付きまとう妊娠の噂について聞くと、それは嘘だとわかり一安心する久実であった。

 
友情として

12月に入り、街全体がクリスマス一色になる頃、華やかな街をデートする豹は、久実にクリスマスプレゼントについて聞いていた。

豹といられればそれでいいと答える久実に、プレゼント考えておいてと伝えていた。

学食でお昼を食べる久実とカンナのところに、竜生が来てクリスマスパーティーをみんなでやりたいと話しかけてきた。

久実が誰を呼ぶのか聞いてみると、豹と竜生と千隼を呼ぶつもりだという返事に、自分のことを気にかける久実の反応に違和感を感じ、カンナは久実を連れて外に出ていった。

中庭のベンチで、カンナと豹の関係を知っていることを話すと、黙っていてごめんとカンナは謝っていた。

久実との友情を壊したくなかったから話せなかったというカンナは、胸のつかえが取れたように、明るい表情をしていた。

 
豹の秘密

久実は手作りの招待状を千隼や竜生に渡し歩いていた。そして、豹にも渡そうとするが、急いで帰ろうとする豹を見つける。

久実が「お兄さんのところ?」と聞くと「そうだよ」と答えて急いで帰ってしまった。

久実は1人でクリスマスパーティーの準備の買い物をして、たくさんの荷物を持って帰るときに、引っ越しのアルバイトをする豹を発見する。

それに驚いて見ていると、豹は先輩に彼女にプレゼントを買うために頑張っていると話していた。

さらに、もったいないくらいいい女の子という言葉を聞いた久実は、喜びと驚きで荷物を手放してしまう。

その音に気がついた豹は久実を見つけて、一緒に帰ることになった。

帰り道クリスマスプレゼント代を、内緒で稼いでいたと話す豹に、無理はしないでといいながら、クリスマスパーティーの招待状を渡した。

2人きりじゃないことを謝る久実を抱きしめ、その後一緒にいられるよと言葉をかける豹であった。

 
豹が事故!?

クリスマスパーティー用のお菓子を作る久実とカンナは、カンナの器用さに驚いていた。

竜生のことを聞くと、告白を毎日してくると大量のトッピング券を見せてくるのであった。

そして、私は大丈夫だからとカンナに、豹のことを聞かせて欲しいと頼んでいた。

カンナは豹との思い出は、くだらないことばかり覚えていると話し、その内容に驚きながらも、カンナの表情が柔らかいことに気がつく久実であった。

そこに、竜生から電話がかかってきた。すると慌てた口調で豹がバイト先で事故にあったと連絡するのであった。

急いで病院に向かう久実とカンナを病院で待っていたのは、竜生と千隼だった。

豹の様子がわからないと慌てている竜生を見て、久実は処置室に向かって豹の名前を呼ぶのであった。

すると後ろから「キューちゃん?」と久実を呼ぶ声がした。

 
それぞれの動揺

久実が声に気づいて振り返ると、豹が立っていて、寝不足から倒れてしまい、脳しんとうを起こしただけだと話す。

豹の無事に力が抜ける久実。しかし、皆の心配をよそに、笑顔で話すその態度にカンナが怒りだしてしまう。

そして豹にビンタをすると、泣きながら心配したと話していた。その様子に竜生や久実は固まってしまう。

カンナは自分の行動に驚いてしまい、先に帰ると駆け出してしまい、すぐに竜生がカンナのあとを追っていった。

固まってしまっていた久実だが、久実もまた先に帰ると歩きだしてしまう。

しばらく動けなかった豹だったが、千隼から「追わなくていいのか」という声に、久実を追いかけるのであった。

 
久実の複雑な気持ち

久実に追い付いた豹は、久実に家に来ないかと誘っていた。豹は、自分の全てを知ってほしいと話していた。

一方カンナを見つけた竜生は、自分の早とちりで迷惑をかけてしまったと謝っていた。

そして、カンナを送ろうとするが1人にして欲しいと突き放されてしまうのであった。

1人になったカンナは、信号が青になったことにも気にかけず、泣き出してしまうのであった。

豹の家を見た久実は、あまりの大きさに驚いていた。中に入ると誰もいないことに気がついた。

久実は豹の家族について聞いてみると、父親は政治家でほとんど家にいないこと、母親は小さい頃離婚していること、そして兄が入院していることを話した。

広い家に1人で寂しそうだと話す久実を見つめ、「大神を傷つけても久実と一緒に居たい」と抱きしめる。

その言葉に、複雑な表情をする久実なのであった。

第6話の感想はここをクリック
カンナのあの取り乱しかたは、やっぱり豹に気持ちがあるようで、それに気づいた気まずさと、久実への想いが込み上げてきてしまったのだと思います。

見事な四角関係の構図になってきていますが、千隼もここに関わってくると思いますので、いずれは五角関係になるのでしょうか。

今回の話では、深く考えない竜生の行動が早くてかっこいいなと思いました。

カンナの悪口を言われたときも、カンナを追うのも、誰よりも早くてそれだけ好きなんだなと感じました。

次回も天然のかっこよさに期待したいと思います。

<見逃し動画>第5話 「抑えきれない、『好き』」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第5話の公式あらすじ

「熊倉久実」は自分自身の本当の願いが「柿木園豹」に会いたい事だと気付くと、「和泉千隼」に背中を押され、豹を探し奔走し、ついに久実と豹はお互いの気持ちを確かめ合う。「日吉竜生」と「大神カンナ」には、千隼とは実は付き合っていなかった事を告げるが、久実はカンナに、豹と付き合うことになった事を言えないでいた。竜生からカンナとの恋の協力を求められている時、さやかと美優に、カンナは中学生の時、妊娠した過去があると告げられる。その噂は千隼によって解消されるが、久実はカンナが二度と恋をしたくないと言っていた言葉が気になって仕方なかった。そんなカンナにも、久実と豹が付き合っていることを知られてしまい、久実はカンナと豹の会話に違和感を覚える。竜生は久実の計らいにより、水族館でカンナに告白をする。一方、久実と豹は牧場にデートに出かけるのだが、豹の一言で思わぬ展開が待っていた・・・・・・。
 
<出典>FOD公式

第5話のネタバレはここをクリック
叶えられるのは久実だけ

千隼の前で豹に会いたいと涙ながらに話す久実の肩をそっと叩き、千隼はその願いを叶えられるのは久実だけだと伝えていた。

その言葉に勇気をもらった久実は、リング交換式で渡された指輪を千隼に返していた。

そして、母親が作った願いの叶うクマのヌイグルミを千隼に渡すのであった。

豹に会うために走り出したが、どこにいけばいいのかわからなく困っていた久実は、豹と初めて会った日のことを思い出していた。

豹の名前を呼べばいつでも助けにいくと言っていたことを思い出した久実は、豹との思い出の教室に行き、豹の名前を呼んでいた。

諦めかけていた久実だったが、その時窓から入ってきた豹は「やっと会えた」と久実を見つめるのだった。

 
付き合ってない

コーヒーを入れて久実に渡す豹は、リング交換式の日に兄の病院にいたことを話していた。

とてもよくできた人だが、長く入院しており、当日も病院に呼び出されていたと話す。

そして、久実は千隼とリング交換をしてしまい手遅れだと思うがと話す豹に、千隼とは付き合っていないと話していた。

その言葉に喜びを見せる豹は、本気で好きだと久実に告白をしていた。

久実も豹の気持ちを受け取り、豹が大好きだと伝えていた。

 
カンナの過去とは?

カンナとお昼を食べながら、千隼とは付き合っていないと話すと、久実のお昼のおかずを1つつまみ、これでチャラにするとしていた。

お礼を言う久実は、カンナは彼氏を作らないのかと聞いてみると「もう恋愛はしない」と宣言するのであった。

その時久実のスマホに、竜生からカンナのことで相談したいとラインがはいってきた。

竜生の所へいくと、先日のデートがとてもいい雰囲気だったと話し、告白が絶対に成功すると話していた。

そんな竜生に久実は、願い事が叶うとクマのヌイグルミを渡していた。

それを見ていた女子生徒からは、千隼や豹だけでなく竜生にも手を出していると嫌みを言われてしまう。

さらなに、親友であるカンナの根も葉もない噂を久実に伝えていると、竜生が怒って立ち上がってしまう。

それを止めたのが千隼であった。

 
手を出して欲しくない

カンナとは中学時代からの知り合いである千隼に、噂の真相を聞こうとする竜生だったが、千隼が笑い出してしまう。

そして、その噂の相手が自分や豹や中学教師だと話し、真っ赤な嘘だと竜生に伝えていた。それに安心する竜生だった。

そのあと久実は、いつも豹がいる教室に入ろうとしたとき、扉が開き豹が立っていた。

教室の席が隣だったらちゃんと授業にでるのにと話し、カップルだと知ったら隣通しにしてくれるかなと話していた。

その時、背後の物音に気がつき目を向けると、固まっているカンナを見つける。

豹と付き合ってるのか聞くカンナに「うん。」と答える久実に気を使ったのか、はじめましてと挨拶していた。

放課後豹を呼び出したカンナは、久実に手を出して欲しくないと伝えていた。

それに、純粋に久実が好きだと断る豹に、なぜ初対面を装ったのかと聞くと「カンナの笑顔が泣く寸前の顔だったから」と話していた。

 
竜生の純粋な思い

翌日久実のラインに、竜生がカンナに告白するから手伝って欲しいと入ってきた。

竜生はある水族館の大水槽の前で告白をすると、その恋が成就するということを調べたようで、ここに言って告白すると話していた。

放課後カンナを誘いスイーツを食べているときに、久実はカンナが魅力的で、これからも言い寄ってくる男がいると話す。

そして、その中でも純粋にカンナを思う男の人が現れるはずだと伝えていた。

 
デート当日

水族館の入り口に来たカンナは、そこに竜生がいることに驚いていた。

竜生は、久実に無理を言ってカンナを呼び出したことに謝っていた。

その頃久実はマザー牧場を訪れており、動物を見たり触れあったりと楽しい時間を過ごしていた。

大水槽の前に来た竜生は、カンナを呼ぶと手の中にあるスクールリングを見せながら、付き合って欲しいと告白していた。

一方久実は、歩いているときに繋いだ手の薬指にそっと自分のスクールリングをはめられていた。

そして、ずっと一緒にいようと改めて告白をしていた。

水族館では、竜生の手をそっと握らせると今は恋愛ができないとフラれてしまう。

しかし、竜生は毎日告白をするからゆっくり考えて欲しいと話し、ラーメンの無料トッピング券を「初めての告白記念」として渡すのであった。

 
豹の告白

豹は手を繋いで歩く久実の指にそっとリングをつけます。

それに驚き、自分が持ってきていないことに慌てる久実でしたが、交換式で渡せなかったから先に渡したいと豹に言われる。

いつまでも一緒にいようと伝える豹に、ずっと一緒にいてくださいと答える久実だった。

そして豹は、隠し事はしたくないと、自分とカンナが中学時代に付き合っていたと告白するのであった。

第5話の感想はここをクリック
自分の素直になった久実が豹と結ばれることになりましたが、ここでカンナの過去というトラブルが発生しました。

豹となにかしら関係があるとは思っていましたが、まさか付き合っていたとは驚きでした。

そして、カンナの妊娠疑惑があるなど、久実にとっても落ち着かない情報ばかりでした。

カンナと豹の関係がまだ気持ちがあったりするのかなと心配になりますが、これからの展開を楽しみにしていきたいと思います。

<見逃し動画>第4話 「恋と嘘と涙のわけ」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第4話の公式あらすじ

「熊倉久実」は、「柿木園豹」と文化祭恒例のスクールリング交換式に出る約束をしてステージに立つが、豹が現れることはなかった。そんな久実を放っておけない「和泉千隼」がステージに現れ、久実とリング交換する。「日吉竜生」や「大神カンナ」からは祝福を受けるが、リング交換をしたあかつきに、恋人証明となる写真提出を生徒会から命じられてしまう。千隼の自宅で写真撮影を行おうとするものの上手くいかない。そこに千隼の姉・千鶴とつぐみが現れ、部屋に無理矢理閉じ込められる。一方その頃、豹は久実とリング交換の約束を守れず、千隼に久実を取られた事で、今までになく落ち込んでいたのであった・・・・・・。
 
<出典>FOD公式

第4話のネタバレはここをクリック
間に合わなかった豹
リング交換式のステージでブーイングを受ける久実を助けたのは、千隼であった。

豹は息を切らしながら、交換式の会場についたのだが、すでに全ての行事が終わっており、片付け作業が進んでいた。

そこで久実と千隼がリングを交換したという話を耳にして、豹はショックを受けていた。

翌日文化祭の思い出の写真として、リング交換式の写真が大きく校内貼られてしまう。

それを見た竜生とカンナが、2人がいつの間に仲良くなったのかと驚いていたが、カンナからは千隼なら大丈夫だと念を押していた。

カンナには本当のことを言おうとするが、千隼が手を引いて静かな教室に逃げ込んでしまう。

久実は改めて、昨日の千隼に助けてもらったことにお礼を言って、リングを返そうとするが千隼はほとぼりが冷めるまでこのままでいようと話していた。

 
証拠写真

千隼と久実が話していると、2人を生徒会室に呼び出す校内放送が流れ、何事かと2人は一緒に向かうことにした。

その途中で久実を見つけた豹が声をかけてきた。そして、久実に訳を聞こうとしたいたが、千隼が遮るように間に入る。

外野はひっこんでろと言うと、久実の手を掴んで先を急ごうとするが、それでも引き留めようとする豹に「1人ステージに立つ久実の気持ちを考えたことあるか?」と言われてしまい、何も言えなくなってしまう。

生徒会室に着いた2人に、生徒会長からリングを交換2人がやることについて話していた。

デート写真か自宅デートの写真かキスの写真かのいずれかを提出しなければならない決まりがあり、生徒会長はそれを要求してきた。

提出しないとどうなるか聞く久実に、全校生徒の前で嘘をついたことになると脅され、不安になっていた。

困っていると久実に千隼から「家に来るか?」と言われさらに驚く久実であった。

 
姉の悪巧み

千隼の自宅で写真を撮ろうとする竜生だったが、ぎこちない2人にカップル写真について、語っていた。

すると、階段を降りてくる女性に目を向けると、おしゃれで美しい女性がおり、久実はそのまぶしさに目をくらませていた。

「お久しぶりです。お姉さんたち」と竜生が声をかけたのは、千隼の姉の千鶴とつぐみであった。

久実を見て、竜生の彼女なのかと聞いてきたが、竜生が千隼の彼女だと伝える。

そして姉2人に自己紹介をしようとしたが、またも自分の名前を噛んでしまう。

それを見た姉達は久実の可愛らしさに感動していた。すると、話があると竜生の腕を強引に引いて部屋から出ていってしまう。

その行動に嫌な予感がした千隼は、すぐに追いかけるがもう遅く、外から鍵をかけられ出られないようにされてしまう。

 
まるで園児

閉じ込められてしまい、途方に暮れる2人だったが、なんとか場を持たせようと久実は色々話しかけていた。

すると千隼のアルバムを発見して一緒に見ることになり、久実は昔の千隼にテンションがあがっていた。

もちろんそこにはカンナや竜生も写っていて、転校を繰り返していた久実は羨ましがっていた。

そして、豹が写っている写真を見つけると、リング交換式の記憶が蘇って来て少し切ない表情を見せていた。

千隼は久実のカバンに付いているクマのヌイグルミのことを聞いていた。

母の手作りで願い事が叶うクマとして持っていると話す久実に、千隼から「お前の願い事はなんだ」と聞かれ豹を思い出すが「なんだろう」と答えてしまう。

しばらくして、久実に話しかける千隼だったが反応がないことに気がつき、顔を見るとソファーによりかかり寝てしまっていた。

千隼は幼稚園の園児と変わらないなと呟くと、そっと抱き上げソファーに寝かせる。寝ている久実にそっと顔を近づけていた。

その様子を扉の向こうから写真を撮られてしまう。

 
Wデート

翌日証拠写真として校内に張り出されるが、当の久実は風邪を引いてしまい学校を休んでいた。

そんな久実を心配したカンナは、お見舞いに久実の家に来ていた。女友達が少なく勝手がわからないと、栄養ドリンクを大量に買ってきていた。

すると竜生と千隼の2人もお見舞いに来ており、昨日のことを竜生が謝っていた。

竜生はお見舞いにと、カンナと同じ栄養ドリンクを大量に買ってきてしまっていた。

そして、千隼の姉からスイーツのお店の券をもらったからまた4人でデートしようと誘っていた。

 
豹の本気

豹が3日連続で竜生と実家を手伝っていることに、驚いている竜生は「女の子と遊べばいいのに」と話していた。

スクールリングを全員に返し、そうゆうことを止めたと話す豹に、園児2人が大丈夫?と声をかけてきた。

豹は園児に、大切な人を裏切って傷つけてしまったと話すと「ごめんなさいすれば、許してくれるよ」と元気づけられる。

園児を帰すと、久実に謝るために竜生にラインを教えてくれと頼んでいるが、勝手に教えられないと断っていた。

それに今は千隼とリングを交換してしまっているとも話している。

豹は帰る支度をすると、久実の家を探し当てて見せると飛び出そうとする。

それを必死にとめ、今度の休みにWデートをする予定があることをこっそり豹に教える竜生なのであった。

 
叫びたくなる気持ち

Wデート当日、待ち合わせ場所にいる久実と千隼に、カンナと竜生から急に行けなくなったとラインが入る。

カンナの差し金で、2人きりの方が関係が深まるはずだと久実と千隼を2人にさせていたようだ。

その頃豹は、教えられたお店に入り久実たちを探すが、見つからずそこで待つことになる。

一方久実と千隼は、お台場の海に来ていた。海を見てはしゃぐ久実を優しく見守る千隼。

久実は「海を見ていると、叫びたくなる気持ちがわかる」と話すと、千隼からは久実の言いたいことはなに?と聞かれてしまう。

迷った久実だったが、涙目になりながら「豹くんに会いたい」と呟くのであった。

第4話の感想はここをクリック
交換式に間に合わなかった豹はとてもがっかりしてるようで、それだけ久実に本気になっているようです。

1人席で久実を待つ表情もとても寂しい表情をしていました。

一方千隼も久実を好きになってきているように感じました。

久実はというと、豹のことがやっぱり好きみたいで、豹に会いたいと言うくらいでした。

この三角関係がどうなっていくのか、そして竜生とカンナの関係にも注目していきたいです。

<見逃し動画>第3話 「恋のみがわり」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第3話の公式あらすじ

「熊倉久実」は、「柿木園豹」を好きになる。しかし久実は超プレイボーイの豹を受け入れられないが、豹は二人の『好き』が同じだと証明する為にも、文化祭で恒例の、恋人同士がお互いのスクールリングを交換する疑似結婚式に出ようと誓う。そんな久実を「和泉千隼」は、豹に振り回されているのを放っておけないでいた。文化祭の最中、「日吉竜生」は「大神カンナ」を一途に想い続け、二年男子に絡まれているカンナを救う。いよいよリング交換式、ステージに上がる久実だったが、豹は訳あって現れずにいた・・・・・・。
 
<出典>FOD公式

第3話のネタバレはここをクリック
予定がいっぱい

「俺の好きと、キューちゃんの好きが同じだと証明してみせる」と語った豹は、文化祭当日一緒にいようと約束していた。

豹のまっすぐな瞳に、久実は文化祭を楽しみにしていた。

文化祭当日、装飾が可愛いと話す人たちを影から見つめ、1人喜んでいる久実に、カンナがラーメンの食べ歩きをしようと誘っていた。

その近くでは、豹が199個のスクールリングを返して回っているという話をしていた。今回の文化祭の目玉である、スクールリング交換式に備えて返していると話題になっていた。

その中でも、まだ返されていない女子生徒もいるようで、誰が豹のリングをもらうのか皆期待していた。

その話を聞きながら、豹をよく思わないカンナに豹に誘われたことを言い出せない久実は、教室の出し物の様子を見に行くと言ってカンナと別れた。

久実のクラスでは、イケメンとデートができるというお店を出しており、ダントツで豹とのデートをしたい女子生徒が集まっていた。

 
変装で逃走

豹人気が集まりすぎて、豹の予約がうまってしまったとアナウンスが入るなか、教室から出てきた豹は、予定表にバツをつけると「1秒も暇じゃない」とクラスメートに話す。

そして、久実の近くに来ると「逃げろ」と呟くと久実の手を引いて走り出すのであった。

その頃C組では、コスプレ写真館という出し物をしており、千隼目当てで人が来ると話す竜生が写真をとっていた。

その時C組に乗り込んだ豹と久実は、バレないように変装用のコスチュームを貸してくれと話す。

そして、久実にメイドのコスプレをさせた竜生だったが、それを見た千隼はあまりの可愛さにドキドキしてしまう。

そこに教室に入ってきた生徒2人が久実を見て、デートしようと手を掴んでいた。

するとそこに、クマの着ぐるみを着た豹がやってきて、2人を倒してさらに逃げていった。

中庭でクマの顔を取ると、勝手に久実に触るなんてと怒りをあらわにしていた。

するとそこに、唯一リングを返されていない女子生徒が豹を発見して声をかけてきた。

その姿に嫉妬をした久実を待たせる豹は、その女子生徒になかなか返せなかったと言いながらスクールリングを返していた。

そして、久実の前に来るとこれで全部返し終えたと報告し、15時の交換式に来るように伝えて2人は別れた。

 
一杯だけなら

その頃カンナは、注目していたラーメンを食べるために、歩いていた。

すると2年生の男子生徒が、ミスコンを断りお高くとまっているとカンナに絡み始めた。

そして、中学時代の秘密を周りに言いふらすと脅し、カンナとデートしようとするが、動じないカンナを見て、大声で秘密を話そうとした。

その時現れたのが竜生であり「大神さんに手を出すな」と先輩を倒してしまう。

その様子にも塩対応をするカンナを追っていき、スクールリング交換式に一緒に出てくださいと頼む竜生に、即答で嫌だと答えるカンナ。

竜生はそれならばと、学食特製とんこつラーメンを食べに行こうと誘っていた。

すると、とんこつラーメンのチラシを見たカンナは「一杯だけなら付き合ってあげる」と言って、その言葉に大喜びの竜生であった。

 
ほっとけないやつ

これまでの行動に、ますます豹への思いを高めた久実だったが、廊下を歩いていると豹がクマみたいな女から脅されてると噂が立っていた。

その噂話を耳にしながら廊下を歩いていると、千隼からメイド服を返してほしいと言われてしまう。

コスチュームを返すと、リング交換式に出る話を聞いた千隼は、行かない方がいいと助言していた。

リング交換式は、擬似結婚式のようなもので、カップルになった2人は、全校生徒公認の仲になり、誰も邪魔できないと話していた。

豹は中学時代から、多くの女の子と付き合っていてどれも本気ではなかったと話していた。

それを聞いた久実は、泣き出してしまい、それもわかった上で交換式に行くと話していた。

その姿を見た千隼は、久実の可愛らしさに頭を撫でながらほっとけないやつだなと話していた。

落ち着いた久実を交換式に送り出した千隼は、何があっても泣くなよとアドバイスしていた。

 
スクールリング交換式

その頃着替えをしていた豹の所へ、先生が入ってくると、家から急な電話が入ったと伝えてきた。

豹は「柿木園一馬」と書かれた病室に前で担当医師と話していた。

兄には俺しかいないんでと話し、その医師にこれから好きな人に告白をすると話していた。

一方久実は、約束通りリング交換式の受付で、告白相手が豹であることを伝えていた。

その時豹は、時間が迫っていることに気付き、いろんな人に電話をかけるが、誰も出ない。

久実のラインを聞いていなかったことを後悔していたが、急いで学校へ戻るために走り出していた。

 
現れたのは…

懸命に走る豹だったが、リング交換式の時間は刻々と迫っていた。

いよいよリング交換式で、名前を呼ばれステージに上がる久実に、司会が相手である豹を呼んでいた。

女子生徒たちからは、無謀とも言える久実の行動に、あちこちから久実をばかにする声があがっていた。

しかし、一向に現れない豹に、周りの女子生徒からは「自意識過剰だ」とか「久実の妄想だ」などとヤジを飛ばされていた。

そして、会場全体で「謝れ」コールが鳴り響き、久実はステージの上でうつむいてしまう。

すると、1人の男子生徒が久実に歩み寄り「うるせぇー」と一喝すると、ステージに上がっていった。

久実の隣に来たのは、千隼でありさらに「リングを交換しにきたのは俺だよ」と宣言するのであった。

第3話の感想はここをクリック
交換式に助けに入った千隼でしたが、メイド服の久実を見てドキドキするなど、千隼は久実に恋してるんじゃないかと思います。

豹の方はせっかくいい雰囲気だったのに、病院からの呼び出しじゃ仕方ないですね。

それにしても、病院の先生との関係を見るとお兄さんは結構長く入院しているようで、まだ謎多い豹でした。

リング交換式で成立したカップルには手出しができないというルールがあるので、豹と久実の関係はこれからどうなるのでしょうか。

<見逃し動画>第2話 「「好き」って言いたくない」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第2話の公式あらすじ

素直で純情な女の子「熊倉久実」は、「柿木園豹」に恋するが、超プレイボーイと知り大嫌いになる。そんな中、豹の友人「日吉竜生」と久実の友人「大神カンナ」とWデートに行くことになる。しかし本当のWデートの相手は「和泉千隼」のはずだったが、5分の遅刻により、豹が現れ、久実を二人っきりで遊園地へ連れ込んでしまう。遅刻した千隼に激怒する竜生と、カンナは三人で久実を探すことに。観覧車の中で、豹は真っ直ぐ久実に告白をするが、途中で強風により観覧車が止まり、久実は母親の死を思い出し取り乱す。久実は豹の言葉に気持ち安心させられ、豹が好きと気付かされる。しかし学校では相変わらずのプレイボーイぶりの豹に、蓮高の制服を手に入れた久実は、自分の『好き』と豹の『好き』は違うと宣言するが、豹は二人の『好き』が同じだという事を証明すると誓う。そして千隼との運命的な再会・・・・・・。
 
<出典>FOD公式

第2話のネタバレはここをクリック
久実の優しさと豹の優しさ

Wデートの場所に着いた久実は、竜生から遅れてしまうと連絡が入ってきて、デートの相手をして欲しいと言われてしまいます。

誰が来るかわからないのにと思いながら待っていると「キューちゃん」と声をかけられ、振り返ると豹が立っていました。

Wデートの相手が豹だったのかと驚く久実に、先に2人で入ろうと手を引く豹に久実は、言われるがまま遊園地の中に入っていく。

久実はあれに乗ろうと豹を連れていったのは、絶叫マシーンであった。

乗り終わり、楽しそうにする久実とは反対にフラフラする豹に、苦手だったのか聞いていると、久実のためならと我慢しているようだった。

それを見た久実は売店で氷を買うと、ベンチで膝枕をして、氷を豹のおでこに乗せながら無理させてごめんねと、謝っていた。

少し体調も回復したことから、豹は観覧車に乗ろうと久実の手を引いて行った。

観覧車に乗っていると、強風のためと急停車してしまった。そのゴンドラの中で久実の表情が雲っていった。

それを見た豹は、隣に座り話を優しく話しかけていた。すると、久実は母親を亡くした経緯を話始めた。

 
許してくれるよ

久実の母親は、火事が起きた建物のエレベーターの中で亡くなってしまったと話していた。

そのため閉鎖空間に苦手意識があるようで、不安が押し寄せてくるようだった。

しかも母親が亡くなる当日に、久実は母親と喧嘩をしていたようで、ごめんなさいを言えなかったことを後悔していると語った。

話を聞きおわった豹は、久実からもらったヌイグルミを出して、許してくれると話す。もし許してくれなかったら俺も一緒に謝りに行くよと声をかけた。

その頃入り口では、久実が見当たらないと竜生が慌てており、久実がいないならとカンナも帰ろうとしていた。

そこに、千隼が現れ竜生とカンナに声をかけていた。

 
千隼との出会い

翌日学校へ行くと、豹が久実に声をかけて少し話初めるが、竜生が腹痛で休んでいると聞くと、昨日こともあり心配になる久実だった。

そして、制服が出来上がったと連絡があったようで取りにいくついでに竜生の家を訪れることにした。

それを聞いた豹は、真っ先に久実の制服姿が見たいと話、明日の朝「あの部屋で待ってる」と指切りをした。

制服を取りに行った帰りに地図を見ながら歩いていると、幼稚園で園児が喧嘩する声が聞こえてきた。

心配になった久実は、その幼稚園を覗いてみるといきなり水をかけられてしまう。

園児2人がホースの取り合いで喧嘩していたようで、それに巻き込まれてしまった久実は、水をかけられながら2人を止めていた。

すると中から千隼が出て来て、園児に変える準備をするようにと話していた。

そして、服が濡れた久実を見て、風邪引くぞと自らの服を着させて、幼稚園の中に戻っていった。

中に戻った千隼は、竜生からタンクトップ姿であることを指摘されてきた。

ここは竜生の実家であり、幼稚園であるようで、千隼が手伝っていたようだ。

服のことを指摘された千隼は「ちっこいフワフワしたのにあげた」と話していた。

 
貴方の好きと私の好き

翌朝新しい制服に袖を通した久実は、駆け足で豹のところへ急いでいた。

そして、久実があの教室に入ると豹は窓から入ってきた。久実の制服姿に甘い言葉をかける豹だった。

そして、今日久実が来ないんじゃないかと思った話す豹に、約束したからと答える久実に「本当は俺のこと好きなんじゃないの?」と聞いていた。

それでも否定する久実は、さらに「私の好きと豹くんの好きは違うから」と話すと、訳がわからないと怒りだしてしまう。

その時先生が入ってきて、2人に用事を言い渡していた。

 
雨と千隼

職員室から荷物を持たされる久実と豹は、文化祭の実行委員にされたと文句を言っていた。

すれ違う女子生徒たちは、豹と歩く久実を妬んでいたり、学校行事には豹は参加せず、理由を着けて帰るに決まってると話していた。

そんな中、豹はスマホを見て驚いたように電話に出ると、用事ができたから先に帰ると言って帰ってしまった。

1人で準備をすることになった久実は、ゲート作りの作業をしていたところ、突然の雨に見舞われてしまう。

そこな傘を差し出す男子生徒がいた。顔を見ると千隼であり「また、濡れてんのか」と久実に話しかけていた。

校内に入り、幼稚園の先生がなんで高校にと不思議がる久実に、同じ学年だと伝えていた。

その様子を見ていた竜生が2人にちゃちゃをいれてくるが、千隼に怒られると、Wデートの相手が千隼だったと久実に伝えた。

その頃病院に向かっていた豹は、柿木園一馬と書かれた病室に入っていった。

 
学校行事

1人準備を進める久実のところへカンナがやって来て、豹がいないことに文句を言っていた。

カンナはミスコンへの出場を打診されているようで断り続けていると話していた。

文化祭にスクールリングを渡して告白するというイベントが、今年は豹の一人勝ちのため開催されなく、ミスコンに力をいれているようだとも話していた。

ミスコン実行委員会の人達がカンナを探しに来ているのを見た久実は必死にカンナを逃がし、また作業にとりかかっていた。

久実の身長では届かなく困っていると、脚立を持って豹が現れた。

学校行事にほとんど参加しないと言われる豹が出てきたことに、周囲がざわついていた。

そして、久実の前に立った豹は「俺の好きと、キューちゃんの好きが同じだって証明する」と言い切るのであった。

第2話の感想はここをクリック
最低なイメージから一転して、豹のいいところが見れた回になりました。

豹を一番に考えない久実に、豹自信がひかれはじめているように感じました。

最後の豹の言葉も男らしくてかっこいいと思います。

でも久実に少し好意を抱いているような千隼の存在もこれから気になるところです。

次回は恋愛が発展する文化祭というイベントですが、ここでなにか発展があるのでしょうか?

次の展開がどうなるか、楽しんで見ていきたいと思います。

<見逃し動画>第1話 「友達に戻れないキス」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

都内名門高校に転校してきた「熊倉久実」。初登校前日に、学校下見にやってきた久実。そこで出会った学校一のモテ男「柿木園豹」。全校女子生徒200人のうち199人から告白され、いつも女子に囲まれている超プレイボーイ。そんなヤツとも知らずに、ファーストキスを捧げてしまった久実。「けだもの男子」と知り、久実は豹が大嫌いになる。そのことで全女子から反感を買うが、豹の友人「日吉竜生」に助けられる。竜生はイケメンだが三枚目。久実と男女の友情を築き、久実にできた唯一の親友を、一途に想い続ける健気な「けだもの男子」。物語を進めていくキーパーソンとなっていく。そんな竜生が惚れるクールで謎の多い美少女「大神カンナ」はいつも一人ぼっちだったが、同じく一人ぼっちだった久実と出会い、ひょんなきっかけから心打ち溶け合い、初めての親友となる。豹はこれまで付き合ってきた女子と違い、真っ直ぐに気持ちをぶつけてくる久実に心を奪われ、久実もいつしか豹の真っ直ぐな想いに惹かれていく。
 
<出典>FOD公式

第1話のネタバレはここをクリック
豹との出会い

学校の中を1人で歩く熊倉久実は、教室の場所を書きながら校内地図を作っていた。

理科室や視聴覚室などを細かくメモを取っていたが、ある部屋にたどり着き、なんの教室なのか確認するため中に入っていった。

その教室内にはソファや大きなテレビ、さらにはコーヒーメーカーなどがあり、久実は不思議に思い、コーヒー豆を手に取っていた。

その時「誰かいるの?」と声がして、そちらに目を向けると、1人の男子生徒が上半身裸で寝ていたのであった。

そのまま近寄り、手に持つコーヒー豆を見ながら「召し上がりますか?可愛い泥棒さん」と顔を近づけてきた。

それに驚いた久実は、変態と叫び後ずさりをすると、ロッカーにぶつかってしまう。

ぶつかった拍子に上にあったグラスが落ちてきてしまい、それに気がついた男子生徒は、久実をかばう。

肩を少し切ってしまったようだが、久実に怪我がないならと、怪我したことを気にしない様子であった。

明日から転入する熊倉久実と名乗り、それを聞いた豹は同じ年だということに驚いていた。

そして、明日から誰にも迷惑をかけないようにと、校内地図を作っていると話すと、彼は案内を買って出てきた。

改めて自己紹介をする久実だったが、自分の名前を「きゅみ」と噛んでしまう。

それを聞いた彼は久実のことを「キューちゃん」と呼び、手を引いて学内を案内することになった。

 
ファーストキス

手を繋ぎながら学内を案内される久実は、彼の見た目の良さや優しさに胸がドキドキしていた。

すっかり遅くなってしまったと話ながら、一緒に帰ろうとするが、久実はクマのヌイグルミがないことに気がついた。

彼と別れたあと1人でヌイグルミを探している久実は、このヌイグルミが亡き母が作ってくれた幸運のヌイグルミであることを思い出していた。

母との思い出が詰まったヌイグルミを無くしてしまったショックで、久実はその場で泣き崩れてしまう。

そんな久実の手に優しく触れられるのを感じ、顔を上げると先ほどの彼が目の前にいた。

豹と名乗るその彼は、自分の名前を呼べばすぐに助けにいってあげると言って、久実に名前を呼ばせる。

すると、なくしたヌイグルミを差し出し、さっきの教室にあったと教えてくれた。

そこで母との会話を思い出し、このヌイグルミは大切な人ができたらあげなさいと教えられていた。

豹に運命の出会いを感じた久実は、そのヌイグルミを豹に渡すことにした。

友達の証しとしてと話すが、友達には戻れないかもと呟くと「キューちゃんとキスがしたい」と言って久実にキスをした。

運命の王子さまとファーストキスをしたと、久実は気分よく帰っていった。

 
最低なやつだった

初登校の日、教室に恐る恐る入った久実は、はじめの学校に緊張を隠せない様子であった。

すると、教室内外の女子生徒たちがざわつき始める。すると、1人の男子生徒が女子に囲まれながら教室に入ってきた。

その男子生徒はなんと、久実のファーストキスの相手である豹であった。

他の女子生徒たちに、チヤホヤされている豹を見ていると、クラスメートに豹について説明をされていた。

豹は学校中で大人気の男子であり、全校生徒の女子200人中、199人が豹にスクールリングを渡していると言う。

その話に呆気にとられていると「キューちゃん」と豹が声をかけてきた。

運命の王子さまだと思っていた豹の本性を知った久実は、ショックを受けたと同時に怒りがこみあげてきて、豹を突き放してしまう。

そんなこと気にしない豹は、さらに久実に近づいてくる。それに我慢できなくなった久実は「けだもの!」と叫んで豹を拒絶してしまう。

その瞬間、豹が初めてフラれたこと喜ぶクラスの男子生徒たちであった。

 
竜生との出会い

久実が学校へ着き、上履きに履き替えようと下駄箱を開けると、悪口を書かれた紙やゴミが大量にいれられていた。

さらに上履きまで落書きをされてしまい、困っていたところ、紙を1枚広い上げて、くだらないねと話しかける生徒がいた。

彼はC組の日吉竜生と名乗り、昨日の久実の発言を耳にしたと話していた。

久実の上履きを見た竜生は、自分の上履きを差し出して履くように促した。

そして竜生は、豹の友人だと伝えると失礼な態度をとってしまったことを謝る久実に、気が合うから友達になろうと話しかけていた。

久実が次の授業が移動教室であることを知ると、校内地図を取り出し確認していた。

すると場所を教えてくれる女子生徒がいた。その彼女に一緒にいってくれませんか?と頼むが、彼女は自分といるとイジメられるからと断っていた。

教室につくと、空いている席は豹の隣だけであり仕方なくそこに座ることにする。

すると教科書を貸してくれる豹だったが、昨日のこともあり、それを断っていた。

隣で居眠りをする豹に、最低だけどなぜか気にかかる自分に疑問を抱いていた。

 
初めての友達

昼食の時間になり、ラーメンを頼んでしまった久実は席が空いていないことで、ラーメンが延びてしまうと焦っていた。

すると大神カンナから「ここどうぞ」と声をかけられる。

一緒に座ろうとすると、カンナは他の席を探すと立ち上がってしまう。久実はカンナの麺が延びしてまうから一緒に食べようと話す。

ラーメンにあまりにも真剣な目をする久実に「変わってるね」と声をかけるカンナ。

小さい頃から転校をしており、そのたびにいじめに合っていて、せめてラーメンくらいは美味しく食べたいという考えを話していた。

その周りを気にせず、芯が太い久実を見て「カンナって呼んで」と言われた久実は、初めて友達が出来たと喜ぶのであった。

カンナと仲良く話す久実見た竜生は、久実を呼び出すと、カンナをWデートに誘って欲しいと頼んでいた。

入学式に一目惚れして以来、ずっとカンナのことが好きだと話す竜生を見てそれを承諾する久実だった。

その話を聞いていた豹は、俺が行くと割り込んできたが、竜生に豹とは真逆の人間がタイプだと話して断っていた。

Wデート当日、竜生から遅れると連絡が入り、今日のデート相手と待っててほしいと伝えてきた。

顔もわからないからと困る久実に「顔を見ればわかるから」と言われて、1人で待っていると「キューちゃん」と声がして、豹が現れたのだった。

第1話の感想はここをクリック
初登場の豹はいい人なのかと思いましたが、やっぱり相当モテることから、ほとんどの女子生徒の心を奪っていました。

そして、竜生やカンナとの出会いをしてなんとなく順調な滑り出しなのかなと思います。

最後竜生が呼んだというWデートの相手は、本当に豹なのでしょうか。真逆の人をタイプだと話していたので、竜生が豹を連れてくるとは思えませんが。

スクールリングも、唯一渡さなかったのはカンナじゃないかなと考えています。その辺りも次回の話に期待したいと思います。

花にけだもの(ドラマ)の内容

公式サイト

都内名門高校に転校してきた「熊倉久実」。初登校前日に、学校下見にやってきた久実。そこで出会った「柿木園豹」学校一のモテ男。イケメン・頭良し・スポーツ万能。欠点が全くないパーフェクト男子。全校女子生徒200人のうち199人から告白され、いつも女子に囲まれている超プレイボーイ。そんなヤツとも知らずに、ファーストキスを捧げてしまった久実。「けだもの男子」と知り、久実は豹が大嫌いになる。そのことで全女子から反感を買うが、むしろ豹はこれまで付き合ってきた女子と違い、真っ直ぐに気持ちをぶつけてくる久実に心を奪われ、久実もいつしか豹の真っ直ぐな想いに惹かれていった。豹はこれまでの女子と全て手を切り、いつしか両想いになっていく久実と豹。しかし、心が通じ合えてからも次々と起こるアクシデントに二人の仲は落ち着かない毎日。豹がプレイボーイになった理由は、過去に深い心の傷を負っていたからなのか、あるいは家庭環境か・・・。久実にピンチが起こる度に助けに現れる「和泉千隼」は、豹とは真逆のパーフェクト男子。おまけに久実の理想の男子像の髪が真っ黒で、遊んでなくて私だけを大切にしてくれて、無口でエッチじゃない人に、ドストライク!女子の間では「豹とは付き合えても、千隼とは付き合えない」という程ハードルが高いクール男子。そんな千隼も久実に惹かれ始め・・・。豹の友人「日吉竜生」はイケメンだが三枚目。久実と男女の友情を築き、久実にできた唯一の親友の事を、一途に想い続ける健気な「けだもの男子」。物語を進めていくキーパーソンとなっておいく。そんな竜生が惚れるクールで謎の多い美少女「大神カンナ」はいつも一人ぼっちだったが、同じく一人ぼっちだった久実と出会い、ひょんなきっかけから心打ち溶け合い、初めての親友となる。しかし物語は運命のいたずらか、久実と豹の関係に大きく関わることになる・・・。
恋愛・友情・三角関係、好きだからこその別れ・・・。
「愛しくてたまらない」5人の青春物語が今ここに始まる。

<出典>フジテレビ公式

<出演者>

中村ゆりか/杉野遥亮/松尾太陽/甲斐翔真/入山杏奈/秋月成美/吉田志織/日比美思/咲坂実杏/中村公隆/みやなおこ

<各話の視聴率>

第1話 友達に戻れないキス
第2話 「好き」って言いたくない
第3話 恋のみがわり
第4話 恋と嘘と涙のわけ
第5話 抑えきれない、『好き』
第6話 ともだちのヒミツ
第7話 もう恋はしない
第8話 恋をかけて走る
第9話 関係ない、関係なくない
第10話 私、恋をしてよかった

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

花にけだもの(ドラマ)の感想

40代男性

このドラマは、ずばり中村ゆりかを見るだけのドラマという感想です。
こんなにイケメンと美女ぞろいの学園ってないよなと思いつつ、きれいな中村ゆりかと入山杏奈に目を引かれます。
ただ、キャスティングに目を瞑れば非常にたのしめるのですが、コミックでしたら許せても実写ではなかなかの気持ち悪さが出てくるシーンも多々あります。
これを演じる方も大変だなと感じますし、観ている方も無理があるなという気持ちになります。
また、このドラマを見ていて残念なことがあったのですが、、それは中村ゆりかの声が何かおかしいな?と思っていたら、吹き替えしてると気付いてしまったことです。
主人公の中村ゆかりの声が変で、喋り方もあざといというかわざとらしくて気になるなと思っていたのですが、その理由が解りました。なぜあんなに空気が抜けていくような発声をしているのかも不思議です。また、彼女以外もみんな吹き替えしている事を知り、これはめずらしいドラマだなとは思いました。
そして、チャラ系の学園ドラマのせいなのか、天中殺の娘の中村ゆりかのイメージも普段とは違った雰囲気だったのです。茶髪でセーラー服はちょっと無理があるかもしれませんね。たしかに綺麗なのですが、勿体ないという印象です。
ちなみにストーリーはゆるすぎてたいくつでした。

20代女性

主人公の女の子の声と痩せすぎ?で老けて見えるのがどうも入り込めないです。男性の制服のベストとか私服も格好良いです。内容はベタでもいいのですが全体的に垢抜けないかなと思いました。ひょう君ときゅーちゃんが初めてあった時「中学生かと思った」という原作通りのセリフ・・・いやぁ、無理でしょう!?とテレビに向かって叫んでしまいました。どう見ても水商売のお姉さんにしか見えない・・・ひょう君はカッコいいのにちょっと残念です。幼く見える前提の話し方も無理があって、見ていて少し痛々しく思います。原作通りのキャラ設定でいくのならば、もう少し童顔の役者さんを選んでくれたら見やすかったかなと思いました。みんな、可愛いです。初めてドラマ見たけど、season1から見てれば良かったです。
これから内容と入山杏奈さん老けたかな深夜楽しみにします。入山杏奈さんはアイドルのイメージだったから、演技力に驚きました。第1話の、暗くなった学校で大切な捜し物。友達じゃ居られない、キスしたくなったという展開。10代なら胸がキュン×2といっているハズだ。でも自分ははぁぁぁ?なんだそりゃ?って思ってしまい、そしてハッとする。純粋さの欠片も残ってないのか。とりあえず、まとめて録画したのだが、ここまでで見るべきではないドラマと判断。残念だ、ドラマのタイトルは楽しそうなのに少し期待外れでした。

20代女性

大学受験に励む柿木園豹を応援している熊倉久実のカップルですが、久実は行こうと思っていた大学ではなく、違う大学を目指そうか悩む姿が見どころでした。豹はこれからも久実と一緒に過ごしていけると思っていたので、なかなか違う大学に行きたいと言い出せない久実だったので、ハラハラしました。早く伝えた方が良いのになと思いながら見ていたところ、久実が行きたかった大学に合格したので、どうなるのかドキドキしました。大学に進学することになった友達みんなが、離れ離れになってしまうのはすごく切ないポイントだったけど、これからもみんなで仲良く過ごしていく様子が分かってすごくうれしかったです。千隼は久実のことがずっと好きでフラれてしまっていたけど、豹のことで悩んでいる久実をいつまでも放っておけないのが本当に優しいと思いました。千隼が外国に行っているときは、一体何をする気なのだろうと考えていたけど、日本に帰ってきてモデル業を行うことになったので、すごく似合っていていいと思ったところでした。久実も豹も、これから遠距離になってしまうけど、きっと二人ならいい関係を続けて行けると思ったので、すごく良いラストでうれしかったです。