娼年(しょうねん)を動画配信で無料視聴する方法|DVDレンタル以外の方法

娼年(しょうねん)の動画を無料視聴する方法

「娼年(しょうねん)」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

フル動画を配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々1990円(税抜き)で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います。
 
無料登録で600ポイントがもらえ、新作映画でも無料で視聴できるからお得!

娼年(しょうねん)の動画まとめ

■娼年(しょうねん)のフル動画の無料視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

「娼年(しょうねん)」 2018年4月6日劇場公開
 
U-NEXTで動画が配信されています
 
 
公式あらすじ

女性にもセックスにも楽しみを見いだせない大学生のリョウはある日、女性向けの会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香に誘われ、娼夫の仕事を始める。
様々な理由で男性を買う女たちと接する、リョウの20歳のひと夏が描かれる。
 
<出典>娼年(しょうねん) – wikipedia

ネタバレはここをクリック
主演の松坂桃李さん演じる領は東京にある名門大学生。
 
 
しかし、冷めきった性格の領は大学にも全然行かずに、バーテンダーのアルバイトをしただ何となく生きています。
 
 
ある日のこと、バーに、幼なじみのホストの進也が静香という女性を連れて来店します。
 
 
この静香との出会いによって領の生き様に変化が訪れていきます。
 
 
バーで領は女なんてつまらないと言ったことに静香が反応し、自身が経営するLe Club Passionの看板があるボーイズクラブへと連れていきます。
 
 
そこで咲良といった生まれつき耳が不自由な女性を紹介し、本当に女はつまらないのかセックスで証明して欲しいと告げます。
 
 
領と咲良は静香が見つめる中セックスをします。
 
 
女なんてつまらないと言っていた領は自分本位のやり方をします。結局は自己満足だったのです。
 
 
咲良とのセックスは入店試験でもあった為、静香から不合格を言い渡されますが、咲良の助言もあり、娼夫としての生活が始まっていきます。
 
 
娼夫となった領の元には彼を求め、多くの女性が訪れます。
 
 
しかし、夫との関係が上手くいっていない人や夫婦関係を確かめるためにわざわざ目の前で奥さんを抱いて欲しいといったお願い事など皆深い事情を持つ人ばかりで、葛藤していきますが、同時に娼夫の世界にのめり込んでいきます。
 
 
訪れた数多くのお客の欲望を解消し続けナンバーワンの座も見えたきた領。
 
 
静香は領に活躍しているご褒美に何でも一つ願いを叶えてあげると言います。
 
 
領は静香に付き合って欲しいと真剣に伝えますが断られてしまいます。更にお願いする領にとうとう手が出てしまいました。
 
 
それでも諦めきれない領は咲良でもう一度試験を受けさせて欲しいとお願いをします。
 
 
そんな中仕事でホテルの一室に行くと、友達の恵が待っていました。
 
 
恵は大学の友達であり、学校に全然来ないことを常に心配しており、領の仕事についても全て知っていたと同時に領のことが好きだった恵は、お金で領を買おうとします。 
 
その気持ちに領は答え全力で相手をします。
 
 
終わった後、もうこれまでの元には戻れないと泣き崩れてしまう姿をみて、いつでもバーにおいでと優しい言葉をかけますが、彼もまた寂しい表情を見せています。
 
 
その帰り道、静香から自分も昔娼婦をやっていたことや、HIVに感染してしまっていること、そして咲良は自分の娘でありHIVの影響で耳が不自由になって生まれてきてしまったといったことを聞き衝撃が走ります。
 
 
しかし、領のことが嫌いで願いを断った訳では無いことが分かり、嬉しくもなり、咲良との試験に向かいます。
 
 
そしてセックス。静香が直接的な相手では無いものの、領と静香の心の絆はこの行為によって更に深いものへと変わっていきます。
 
 
その矢先Le CLUB Passionが摘発され、静香が逮捕されてしまいラストへと向かっていきます。
 
娼年(しょうねん)の結末
逮捕された静香でしたが、領やその仲間については一切口を割ることはありませんでした。
 
 
そして静香から領に届いた手紙。
 
 
内容は幼い頃に無くした母親のことでした。領の母親は生前静香と共に仕事をしており、その最中に命を落としてしまっていた事が明かされます。
 
 
手紙を読み終えた領は自分の生きる道を見つけ出し、咲良が復活させたLe Club Passionで共に働きます。
 
 
かつて女なんてつまらないと言っていた姿では無く、成長した姿が映されていました。

<感想>
 
 
・終始濡れ場だったにも関わらず、深く考えさせられる作品だった。
 
・内容としては面白いけど、家族と見るには抵抗ある作品。
 
・松坂桃李さんの真骨頂とも言える作品で演技力の高さが光っていた。
 
・ちょっと見ていて気持ち悪くなった。
 
・物語と初めと終わりで明らかに成長した姿を感じることが出来るのも松坂桃李さんだからこその演技!
 
・恵とのシーンが一番胸にきてしまってとても悲しくなった。
 
 
濡れ場が多いこともあり、気持ちが悪いといった声もあるのは事実ですが、監督が仰っているように、ただのエロスでなく、物語がしっかりと作り込まれていおり、非常に考えさせられる内容となっています。また、松坂桃李さんのこれまでに無い演技が見ることが出来る作品となっています。

娼年(しょうねん)の内容

<キャスト>

・森中領(リョウ):松坂桃李
・御堂静香:真飛聖
・咲良:冨手麻妙
・平戸東(アズマ):猪塚健太
・恵:桜井ユキ
・田島進也(シンヤ):小柳友
・馬渕英里何
・荻野友里
・佐々木心音
・大谷麻衣

登録後もらえる600ポイントでお得に視聴!

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」1ヶ月間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

娼年(しょうねん)の感想

20代男性

この映画の感想といたしましては、主演が松坂桃李さんというのがすごく安心できました。実力のある俳優さんであり、今回の映画の中では体当たりで演技をされていてすごく感動しました。また、ストーリーといたしましては、体を売る男の子の感動するストーリーなのですが、主演の男の人は女性にセックスの良さを見出せない男の人が女性向けのボーイズクラブに登録して娼婦の仕事を始めて、いろんな人に出会いながら成長をしていくというストーリーなのですが、恋愛というものにはいろんな形があってこのような恋愛の形もあるんだなと思いました。この主人公の恋愛観はすごくすさんでいて女性の恋愛やセックスに良さを見出せないというのが今の子らしいなと思いました。また、この映画の中ではいろんな女性の方と体を交えるのですが、ストーリーもすごく良かったのですが、ラブシーンがすごく良かったのですごく面白かったです。また、出てくる女の人たちも1人1人いろんな経験をしておりそこの経験がすごく感動しました。人生が荒んでいるなという印象は受けました。また、主人公自身もこのアルバイトを経験して人生的にさらに成長をしており、こういう経験も必要なのかなと思いました。

20代女性

映画の公開に合わせて、「18禁って言ってもどうせ隠すところは隠して、良い感じの雰囲気を出しているだけでしょ」とあまり期待せずに映画館に観に行きました。結果的に言うと、9割がガッツリ濡れ場でした。(笑)ある日の出会いを境に、「面倒だ」「つまらない」と思っていた女性あるいはセックスに対する価値観を塗り替えられた主人公、領。女性用風俗店に勤め、それからどんどん多様なセックスにのめり込んでいきます。ですが、ただ性欲に溺れていくわけではなく、たくさんの行為を通して相手が望むものが何なのかを追究し、それを叶えることにやりがいを見出だしていくのです。老若男女問わずいろんな相手と身体を重ねる度に、いろんな性癖や考え、そして価値観に触れていく領。行為を経て女性やセックスに対する考えが少しずつ和らぎ、さらに”人間性”というものまでもが徐々に変化していく様子は、なんとも胸に来るものがありました。確かにセックスシーンは多いですが、ただエロティックなだけではなく、むしろ人間同士のコミュニケーションを描いた映画だと思いました。友人と観るにはちょっと恥ずかしいですが、『娼年』は男女両方に観てほしい作品だと感じました。

50代女性

原作は全く知らない。映画の宣伝をテレビで放送していたけど、流し見で興味が無かったのに急に観たくなって映画館にいったのは2年前の4月。『少年』では無く『娼年』と隠微な文字を思い出したせいかもしれない。映画の始まりはリョウのアパートの部屋。お持ち帰りした女の子がリョウの部屋を出て行く。容姿が良いから女には不自由しない。特別勉強をしなくても出来る、それ以外のこともそつなく出来てしまうから何にも興味が持てない。大学にも行かずバーテンダーのバイトでお茶を濁す日々のリョウ。セックスが好きだから娼夫に向いていたのでは無く、セックスをしたい理由がある女達に興味を持ちその女の誰もに愛しさを感じて愛を捧げるリョウ。あぁ、どうして現実には「パッション」が無いのだろう。もし、あれば入会する。そんなにお安くはないだろうけど、月に一度、いや2ヶ月に一度でもお金を払ってでもそう言う機会が買えるならその時の為に日々を過ごして働けると思うのに。女達はセックスだけがしたい訳じゃなく、気持ちが通いあうセックスがしたいのだ。それに応えられる心とカラダを持ってるリョウは凄いと思う。この映画を観る前から松坂桃李は好きだったけれど、映画を観てしまったらもうエロの目線でしか見られなくなってしまった。もう1度観たい、でも、観るには何故か覚悟がいる。公開から2年経ち、松坂桃李は日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。娼夫リョウを経過したからの受賞だと思う。

50代女性

この映画で松坂桃李さんのイメージが変わりました。心の奥に優しいものを持っているのに、人との間に壁を立ててしまう主人公・リョウ。原因になっているのは、リョウの母だと思いました。リョウはあることをきっかけに、男性版の娼婦のように、自分を売ってお金を貰うようになります。彼を買う女性が次々に現れるのですが、相手はそれぞれが、一癖ある趣向を抱えた人たちばかりでした。確かに人には、それぞれの悩みや趣向があると思います。またそうなった背景は、必ずあると思います。人との出会いも、良い出会いばかりとは限らないですから。しかし、その悩みや趣向を露わにできた時に、スッキリする人ばかりではありません。かえって露わにしてしまうと、どんどん抑えが効かなくなって、平凡な社会からかけ離れていくのではないでしょうか?それと引き換えに、ある種の仲間と出会えたとしても、互いに誰かの役に立っていると思えたとしても、その人たちが自分の支えになってくれることは、ないように思います。また、自分の露骨な欲求が変質的な人ばかりではないので、この物語に出て来る女性を見て、同じ女性としてショックだったというのが、正直な感想です。松坂桃李さんは、様々な役に挑戦することで、本物の俳優として成長していきたかったのだと思います。しかし、この映画の役柄に賛否両論あることは、間違いありません。

20代女性

この映画は、松坂桃李さん演じる主人公のリョウが、女性専用のコールクラブで働くことを通して、人間とは、女性とは何なのかを追い求めていくメッセージ性の強い映画です。
何事にも楽しみを感じられなかったリョウが、コールクラブでの仕事を通じて沢山の女性と出会っていくのですが、コールクラブに通う女性達は心に何かしらを抱えています。
そんな女性達の姿にも感情移入してしまい、とても切ない気持ちになりました。
特に、終盤のリョウに片想いをしているメグミが客としてリョウを指名するシーンでは、思わず涙してしまいました。
また、物語が始まった時と終盤ではリョウの顔つきが全くちがっていて、内面的な成長もしっかりと演技で表現されていて、松坂桃李さんの俳優としての表現力は本当に素晴らしいと思いました。
私はこの映画の原作のファンだったので、正直映画化は難しいだろうと思い、あまり期待していなかったのですが、出演している役者の方の体当たりの演技がとても素晴らしかったので、原作ファンの私でもとても楽しめました。
セクシーなシーンが話題となった映画ですが、実際に観るととてもメッセージ性が強い映画なので、男性でも女性でも楽しめる映画だと思います。

20代女性

娼年を観に行ったきっかけは、友達に誘われてなんとなくでした。友達に「一人だと見に行きにくいから、、」と話され、一緒に映画館へ行きました。いざ映画が始まると衝撃の連続でした。まず、後ろ姿とはいえ、松坂桃李さんが全裸。きれいだな~と思わず感心してしまいました。さらに女優さんは胸も出ていてこちらもとってもスタイルがきれい、、自分もこんな体になりたい!!と思わずにはいられないものでした。最初は『性行為が多めの映画』という印象でしたが、観終わってみると、『めちゃめちゃ深い。』こんなに人生観について考えさせられるとは。この映画は娼年を必要としている女性たちの悩みや苦悩を娼年が解決させたり、救っていく物語で、現実生活とはかけ離れているようで実は身近な内容だと感じました。性生活については、実際だれかに相談しようとすることも難しく、「変だと思われたらどうしよう。」「こんなこと考えて生活してるなんて気持ち悪いよね。」と自分の中だけで留めてしまうことが多いと思います。そういったことで悩むことは恥ずかしいことではなく、人が一人一人違うように性に対する思いや感じ方考えも一人一人違うんだと気づかされました。こういったようにとても考えさせられる部分も多いですが、声を出して笑いそうになるコメディ要素もあるので飽きずに最後まで楽しく観ることができる作品です。

20代女性

一言で言うと衝撃でした。あまりストーリーを知らずに暇な時間に映画を見たいな。と思い、松坂桃李さんのドラマを見ているときだったので、直感で見ようと思って見た作品だったので、ほんとにびっくりしました。まさか、松坂桃李さんのあんな姿が見れるとは思ってませんでした。とてもセクシーでドキドキしました。今はレンタル彼氏など、色んなサービスがあるなか、こういうサービス業もある事を始めて知りました。街中を普通に歩いている人や、カフェでデートしている人も、もしかして、、と思うようになりました。最後に社長さんが松坂桃李さんを捨てずに、また庇うシーンには人間関係の良さがはっきりと見えました。ただただ無表情な女性との性行為にも果敢に挑む姿には、男らしさも見えました。ただ、熟女の方との性行為では、少し気分が悪くなる所もありましたが、それも現実なんだろうな。と感じました。いい事だけではなく、お金を稼ぐには、それなりの事も付いてくるんだな。と勉強になりました。相性がいい人もいれば、嫌でも行わないといけないという、極端な仕事を淡々とこなしていく姿は演技が上手で、本当は嫌なのに、顔に出さないんだ。これがプロだ。と感じました。

30代女性

最初に軽い気持ちで見たときは、かなり衝撃でした。ストーリーはなんとなく知っていましたが、想像以上でした。
冒頭からいきなりのセックスシーンに身を奪われてしまいます。
松坂桃李さんの色気がまたすごいですし、女優さんもよく出演したなぁと思うくらいです。
ほぼAVなのではないかと思うほどセックスシーンばかりで、一人で見てる分にはいいけど、誰かと見ていると相手によっては気まずい空気になってしまうことは間違いありません。。
松坂桃李さんはベッドの上ではこんな感じなのかなぁ、などと変なことばかり考えながら見てしまい、セックスシーンにばかり気を取られてしまいますが、人間の奥底にある本質を見ることもできると思いました。
人の本能的な欲望と、それに向き合う青年が成長していく過程や心理、倫理観などさまざまな要素を垣間見ることができ、ちゃんと見ると意外と?奥深い作品なのかもしれないと思いました。
私は映画館では見ていませんが、映画館でこの作品を見る人って相当好き物なのかなと思ってしまいます。
ちょっと恥ずかしいですよね。。
あんな巨大スクリーンでセックスシーンばかり見てたら、なんかもう見てるこっちが恥ずかしくなってきてしまいます。
俳優さんたちも身体を張って演技をしているんだと本当に尊敬します。

20代女性

原作は未読で、普段ならおそらく観なかっただろう類の作品です。ですが、最近の松坂桃李さんの演技が好きというか、惹かれるものがあって、出演している作品を色々観たいと思い、Netflixでちょうど配信していたので観ました。公開された当時から「松坂桃李がこんな文字通り体を張った演技をするとは」「映画の映像作品としても衝撃的なもの」との評価があったのは知っていました。私もあらすじや予告などを見て、性描写が多いものなのだろうとは思っていました。ですが、実際観てみて思っていた以上に描写が多く驚きました。評価であった通りだと納得しました。またその性描写がリアルで、まるで松坂桃李が実際に行為をしているところをまざまざとそのまま見せられているような、そんな作品でした。少しアブノーマルなところもあったので、そこにも驚きました。正直AV作品よりも肉感的なエロスを感じる作品だったと思います。何だかいけないものを観てしまった気分で、観た直後は後悔に似たような感情を抱きました。また観たいとも思いますが、そんなに頻繁に観ていいような作品でもないような…。次観る時はもうちょっと覚悟を持って観たいと思います。スマホの画面でイヤホンをして観たほうがいいかもしれないですね。

30代男性

映画「娼年」は、2018年に公開された、石田衣良さんの原作小説を映像した作品です。主演は松坂桃李さんが務めました。感想としては、色々な感情をもらえる映画でした。観る前は、娼婦の男性バージョンで単純な映画だろうなと思っていましたが、単純ではない映画だと思いました。主人公は無気力な大学生活を送っていて、SEXは単なる作業というような言葉を言っていて、感情がないような人間でした。秘密の会員制ボーイズクラブのオーナーと出会い、働く事になり、色々な女性からお金をもらい、SEXをする事、ボーイズクラブを利用する女性たちの様々な悩みや、依頼の奥深さにどんどんはまりこんでいきます。ボーイズクラブを利用する女性たちはみんな個性的なでしたが、女性の中で私が印象的に思ったのは、自分の旦那に自身が犯されている場面を見せたいと思って利用している女性と、主人公の友人が客として指名してくることでした。自分の旦那に見せたいと思っていたのは夫婦のプレイとして楽しんでいるという事が分かり、世の中にはそのような夫婦もいるだろうなと思いました。また、友人が利用してきて、主人公が決意を固めて行為を行うシーンは自身の仕事に対してのプライド、その仕事を想う気持ちが強くなったのだなと感じました。