FLY!BOYS!FLYの見逃し動画を無料視聴する方法|再放送はない?

FLY!BOYS!FLYの動画を無料視聴する方法

「FLY!BOYS!FLY」

フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」

第1話から最終回まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

< FODプレミアムのおすすめポイント>
 
・フジテレビ系列の人気の月9ドラマなどフジテレビ作品が5000本以上見放題
・FODでしか見ることができないオリジナル配信作品も配信中
・アニメ、海外ドラマなどFOD独占でラインナップ!話題の新作映画も
120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌や女性誌までラインナップ
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々880円(税抜き)で継続でき、毎月最大900ポイントもお得
 
<FODユーザーの声>

20代女性

月9ドラマが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れたのでビックリした!月額制だけど、スマホのアプリで見れるし、お手軽に楽しめる。また、FOD限定配信ドラマとか、地上波で放送されないきわどいドラマもあり、面白い♪スマホで見ると、通信量が気になるけど、Wi-Fiなら通信料金を気にせず楽しめるし、一気に見れるのでストレスなく動画を視聴できる。月額料金を払っているけど、雑誌も読む放題なので、待ち時間とかにスマホで動画を見たり、雑誌を見たり、時間をつぶせて本当に便利♪

FLY!BOYS!FLYの再放送予定

「FLY!BOYS!FLY」の再放送予定は現時点で未定となっています。

再放送が決定次第、更新いたします。

FLY!BOYS!FLYの見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

FODプレミアム

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
公式あらすじ

朝川千空(永瀬廉)は、幼い頃の初恋がきっかけでCAを志す新人訓練生。同じ男性クルーで元自衛官の郷田勇一(岐洲匠)、ゲイの黛正太郎(小越勇輝)、そして元モデルの早乙女薫(北村匠海)とともに、これから始まる訓練に胸を躍らせていた。しかしCAの業務は膨大で、研修初日からあたふた。それを見た女性クルーから辛辣な言葉を浴びせられてしまう。
そんななか、千空はパイロット候補生・高山つばさ(黒島結菜)の訓練に出くわし、その真剣な表情に目を奪われる。つばさは副操縦士の試験を前に壁を越えられず苦しんでいた。それでも前を向くつばさの姿に、千空は負けられないと意を決しその気持ちはいつしか恋心に。
2ヶ月後、晴れてCAになった千空たちは初フライトを迎える。一同は順調に業務をこなし、やがて飛行機は目的地に到着。降りていく乗客を見送っていた千空は座席のまわりで何かを探している女性に気付き・・・。
 
<出典>FOD公式

ネタバレはここをクリック
男性CAになるのが夢!
浅川千空(永瀬廉)は昔からCAになることが夢でした。イニシャルがCAのため自分の天職!と思っています。しかし、最近では”キャビンアテンダント”ではなく、”キャビンクルー”と言うそう。だから、”CA”ではなく”CC”。

 

訓練初日、千空は遅刻してしまいますが、何とか訓練に参加させてもらうことに。千空が入社した”ジェットスター”の会社では、男性クルーの採用に力を入れており、今回の訓練生では男性キャビンクルーが4人。

元モデルで成績優秀でクールな早乙女薫(北村匠海)。元自衛官の郷田勇一(岐洲匠)、ゲイで心は女の子の黛正太郎(小越勇輝)。

 

男女の垣根なく厳正な審査の上、メンバーが採用されたと教官は言っていましたが、実際は今回男性で応募してきたのがこの4人だけでした。

 

CAは女性の花形の職業。女性クルーの競争率はとても高いため、殺伐としていてプライドも高く、女性訓練生の大島彩花(高橋春織)たちは、全く千空達と仲良くするつもりはない様子。

 
 
千空の実家は銭湯
千空は叔母のみっちゃん(キムラ緑子)と2人で暮らしています。みっちゃんは銭湯を経営しています。

 

千空の父親は千空が小学生の時に浮気して出て行き、その後母親が亡くなって、それから叔母に引き取られたのです。

 

でも千空にとって家族でのとてもいい思い出が残っていました。小さい頃、家族で飛行機に乗った時に機体が揺れ怖がっていた千空に、優しいCAが声をかけてくれたのです。それが千空の初恋でした。「将来絶対にCAと結婚する!!」と言うのが千空がCAになろうと思ったきっかけでした。

 

正太郎は空港でキャリーバックを引きながら颯爽と歩くCAの姿に憧れたから。

郷田は元自衛隊で本当はパイロットを目指していましたが、厳しい訓練についていけず挫折して、CA希望に転向しました。

元モデルの薫は、「モデルが自分に向いてないと思ったし、こっちのほうが楽そうだと思ったから」とドライ。

 
 
薫は成績優秀、千空は落ちこぼれ
CAになるための訓練はとても厳しく、クレーム客への対応の練習、機内清掃やセキュリティーチェックを素早く行うこと、保安訓練とやる事はいっぱい。

薫だけが評価A。あとの3人は苦戦しています。

特に千空は成績最下位。

 

「CAは女性の方が向いている仕事」とまた女性クルーたちに馬鹿にされてしまいます。

 
 
大切なのはホスピタリティ
訓練はOJTへと進みます。千空は何か吹っ切れたように快調になり、4人とも無事試験に合格しCAになることができました。

 

教官の霧沢麗子(真飛聖)は、薫に「あなたを合格にするかどうかは一番迷った。評価が一番低かった」と告げます。薫は最低限の仕事はそつなくこなしていますが、お客様に対するホスピタリティーが足りないのです。そこの部分を麗子は千空に対してとても評価しており、「千空くんと一緒に現場で働くうちに、学べるはず」と期待して薫も合格にしました。

 

あるお客様が降りる際に、「子供がぬいぐるみにつけていたネックレスをなくした」と探していました。機内清掃は最短の時間で終わらせなければなりませんが、千空はお客様のためにギリギリの時間までネックレスを探し続けます。時間厳守が鉄則ですが、麗子に怒られながらも千空は探し続け、見つけ出すことができました。

薫は「たかが子供のおもちゃだろう」と思い、真剣に探しませんでした。

 

結果反省文を書くことになりますが、千空は「飛行機に乗ったときの思い出が、大切なネックレスをなくした悲しい思い出になったらかわいそうだから」と言います。自分にとって子供の時の飛行機に乗った思い出が今の夢につながっているため、お客様の思いをとても大切にしたいと思っているのです。

 
 
薫がモデルを辞めた理由
薫は昔から勉強もスポーツもそこそこできる方でしたが、1番にはなりきれませんでした。そしてだんだん、努力して1番になれないなら、最初から努力しないほうがいいと言う考えが癖になってしまいました。

 

モデルになってからも最終オーディションでいつも落ちてしまう薫に、社長は「運のせいじゃない。お前に情熱がないからだ。何に対しても本気にならない。どれだけポテンシャルがあっても、そんな中途半端なやつはうちの事務所にはいらない。仕事でも趣味でも恋愛でもなんでもいい。何かに対して真剣になれ。じゃないと人生後悔することになるぞ?」と言います。

それで薫はモデルを辞めることになったのでした。

 

その話を聞いても、千空は「全力を出さないのに、俺よりも成績が良かったってこと!?俺なんて最初から全力だったのに!それってすごいことだよな!?お前が全力を出したら、最高のキャビンクルーになれるってことだから!」と素直に感心します。

 
 
母の夢を継いでパイロットに
ある日、女性パイロットを目指している高山つばさ(黒島結菜)が変な男に絡まれているのを見かけた千空は助けようと声をかけます。つばさは「この人私の彼氏なの。今からデートだから」と嘘をつき、男性から逃げ出しました。

 

実はその男性はつばさの父親(寺脇康文)で、つばさがパイロットになることを反対しているため絶縁中なのだといいます。

 

父親が待っているから今日は自分の家に帰れないと言って「お金を貸して欲しい」と言うつばさに、「俺も金ないから。家くる?」と誘います。

 

2人とも飛行機オタクで、飛行機クイズで盛り上がります。

そこで麗子が迎えにきます。つばさは麗子の姪っ子だったのです。つばさは、パイロットを目指したのは母親の影響だと千空に話しました。

「母もパイロットを目指していたから」

 

 

つばさの母親は、初フライトの日にフライト直前、脳出血で倒れそのまま亡くなりました。夢までもう1歩と言うところで亡くなった母の夢を継いで、つばさはパイロットを目指しているのです。

 

つばさの父親は、妻がパイロットになるために無理をしたせいで脳出血を起こしたと思っているので、つばさがパイロットになることも反対しているのです。

父親と和解させようとする麗子に反発して、つばさは家を飛び出してしまいます。

 
 
千空がつばさに渇!
追いかけた千空は

「夢をあきらめなくてもいいと思います。僕も応援してます。ただ、今のままじゃダメな気がします。高山さん前に言ってましたよね?”パイロットになるのは難しい。キャビンアテンダントとは背負っている責任が違う”って。確かにキャビンクルーよりもパイロットになるほうが難しいかもしれない。でも背負っているものが違っても、どっちが重いとか軽いとかないんじゃないですか?亡くなったお母さんだって、キャビンアテンダントよりパイロットの方がなるのが難しいから挑戦していたわけじゃないでしょう?

俺、キャビンクルーになって、初めて理解できたんです。飛行機が1回空を飛ぶために、どれだけの人たちが関わっているのか。

自分1人が苦しんで頑張ってるみたいな考え方、やめてください!

お母さんの夢とかお父さんの心配とか抱えてても、高山さん自身の夢が純粋にパイロットになることじゃないなら、そんな人が操縦する飛行機に僕は気持ちよく乗れません!」

つばさは千空にビンタして走り去ってしまいます。

 

 

つばさのパイロット試験の日。

つばさに言い過ぎてしまい、つばさが試験に落ちていないか心配で仕方のない千空。そこにつばさが、試験に合格したと伝えに行きました。それから、千空に言われたことで、つばさは自分がなぜパイロットになりたいのかをしっかりと見つめ直すことができたとお礼を言いました。

「パイロットの夢を追いかけていたお母さんは本当に楽しそうだった。だから私もパイロットになりたいと思ったの!」

 

つばさの表情にもう迷いはなく、とても明るい笑顔でした。
 
火災発生
つばさの初フライト、つばさの父親も搭乗しに来てくれました。それから薫の元社長も。

 

そんな中、酔っ払いの客がトイレでタバコを吸い、火災が発生。

火はすぐに消し止められましたが、機内は煙で充満してしまいます。煙の少ない場所にお客様を移動させたいと言う申し出がCAあり、機長は機体バランスが変わるため機体が大きく揺れてしまうことを懸念しますが、お客様の安全を最優先するため移動許可します。

客たちは不安に包まれますが、千空が勝手にマイクを使ってアナウンスを始め、「福岡空港に着いたら、おいしい福岡名物を食べることを考えましょう!」とくだらない話をして客たちを和ませます。

飛行機は無事、福岡空港に到着。

 

 
 
千空とつばさの恋は!?
つばさの父親も、つばさがパイロットになったことを認めてくれ、薫の元社長も薫が今では真剣に仕事と向き合っていることを認めてくれました。

 

千空はつばさをデートに誘おうとしますが、麗子に「時間がないわよ!」と呼び戻されてしまいました。

 

 

 

千空、薫、正太郎、郷田は、いつものように千空の家の銭湯に浸かっています。千空とつばさの関係が気になってからかう3人。すると女風呂のほうから「何もない!」という声が。

つばさもすっかりこの銭湯の常連となっていました。

 

しかし、千空とつばさの恋はおあずけ…ということらしいです。

感想はここをクリック
綾瀬はるかの「ハッピーフライト」みたい?
フライトトラブルで、CAたちが力を合わせてお客さんを和ませるというストーリーが、綾瀬はるかさんの映画「ハッピーフライト」みたいでした。でもあっちの映画の方がよっぽど面白かったなぁ。

 

ハッピーフライトでは、確かCAたちがみんなで一緒に歌を歌って、お客さんの誕生日パーティーをしてあげるとかだったと思います。今回の話では、永瀬廉さんが突然1人で喋りだしたので、それはちょっと違うかなぁと思いました。

 

せっかくつばさに対して「パイロットだけがすごいんじゃなくて、いろんな職業の人がみんながそれぞれ自分のできることをして、1つの飛行機を飛ばしているのがすごい!」と言う良いセリフを言っていたので、このトラブルに対して皆で力合わせて乗り越えるといったストーリーにしたら良かったと思います。

 

CA全員がそれぞれ連携してお客様に対して安心させるように誘導したり、つばさはつばさで自分の操縦に集中してトラブルを乗り越えるとか。男性CA4人もせっかく個性豊かなキャラ設定にしたのだから、それぞれのキャラを生かした方法でお客様をそれぞれがリラックスさせてあげられるような描写を作ったらとても良かったと思います。

 
 
永瀬廉さんのキャラが新しい?
とは言え、視聴者ターゲットは永瀬廉さんのファンに限られていると思うので、そう考えればそれなりに満足できるドラマだったのではないでしょうか?おしゃべり上手で、実際の永瀬廉さんのイメージに近かった感じがしますよね。でも、あんなにおちゃらけてはないか。本当の永瀬廉さんは、もうちょっとクールですね。

 

永瀬廉さんは「俺スカ」でのクールで何事にも収めている感じのキャラが結構ハマっていたので、今回で言うと薫役のイメージが強かったです。

薫役の北村匠海さんは、深キョンのドラマでゲイの役がものすごく上手で可愛らしかったので、正太郎の役をやってみて欲しかった。ここの役は、最近で言うと志尊淳さんでも良さそうだし、キンプリの岩橋くんに復活して演じてほしかったところでもあります。

 

いっそのことこの内容なら、男性CA4人を全員ジャニーズで固めて顔を愛でるドラマにしても良かったのかな~と思います。

FLY!BOYS!FLYの内容

公式サイト

空の上で起こる、予想外のトラブルの連続!
女性が大多数を占める職場で奮闘し、 成長していくダメダメ男性キャビンアテンダント達は、人と人との心をつなぐことができるのか!?
汗と青春、そして恋愛模様たっぷりの感動物語が始まる!

<出典>カンテレ公式

<出演者>

永瀬廉(King & Prince)/北村匠海/黒島結菜/岐洲匠/小越勇輝/大倉孝二/真飛聖/寺脇康文/キムラ緑子

FODで配信中です

今すぐ無料おためし

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

FLY!BOYS!FLYの感想

30代女性

航空関係の仕事をしていたことがあるため、興味があり観てみました。
本来狭き門のはずのCAが応募者全員採用されたような描写があったりとリアリティに欠けるところは多々ありましたが、男性CAとその訓練にフォーカスしたドラマは珍しいので、面白かったです。モデルになったのが格安航空会社ジェットスターということで、大手航空会社とは違う、格安航空会社ならではの仕事にスポットが当たっていたのが特に興味深かったです。また成田空港及びその近辺でロケを行っているので、飛行機好き・空港好きには嬉しい画が多々あったのはないかと思います。

主演の永瀬廉さんはなんといっても顔が綺麗で笑顔が爽やか、CAの制服が似合っていました。「うちの執事がいうことには」「俺のスカート、どこいった?」も観ましたが、どんどん演技が上手くなっていると思います。パイロット訓練生役の黒島結菜さんの凛とした美しさも印象に残りました。
CAの訓練生仲間たちもそれぞれキャラクターが立っていて、みんなでワイワイしている姿は微笑ましかったです。

教官に叱責されたり、訓練で良い評価が取れなかったりと困難にぶつかりながらも、CAになるという夢に常に真っ直ぐで全力な主人公の姿には励まされます。観終わったあとは清々しい気持ちになることができる良いドラマでした。

20代女性

航空系のドラマが好きなので楽しみにしていましたし、キンプリの永瀬廉くん主演ということでイケメンCA役がどうなるのか期待していました。SPドラマは1回きりだし、なんとなく見ることが多いのですが、このドラマはストーリーも出演者の演技もすごく好きで見入ってしまいました。何となくですが、映像の取り方がドラマよりも映画っぽいなと思ったのでそれも引き込まれたひとつの魅力かもしれません。中でも永瀬廉さん演じる千空くんが、その純粋さとホスピタリティの心に周りの人を自然と変えていく所に胸を打たれます。北村匠海くん演じる薫くんが、一緒に働く中で千空くんに心動かされ、飛行機内で火災が起きた時に喘息の子に「早く着けるように頑張るから!」と声をかけているシーンは何度見ても感動してしまいました。北村匠海くんの演技が上手でクールな役がとっても似合っていましたし、すごく印象に残りました。みんなで悩みを相談しながら銭湯に入っているシーンや、みっちゃんの豪華なご飯を食べながらビールを飲んでいるシーンもリアルな新社会人って感じで良かったです。CAではなくCCということも勉強になりましたし、彼らのその後の仕事ぶりも気になるので続編やってくれたらいいなと密かに思っています。

40代女性

「FLY!BOYS!FLY 僕たち、CAはじめました」はキンプリの永瀬廉ドラマ初主演作品です。ちなみにCAとは勿論航空会社のキャビンアテンダントのことで、女性メインと思われがちな仕事に若い男性が挑むといったストーリー展開です。男女平等の世の中が求められている現代社会においては、CAの実態は知りませんが看護師などは看護婦から名称も変わり、徐々にですが男性が増えてきています。ですが9割以上は女性で、女性の仕事という意識はなかなか変わっていきません。だからこそこのドラマは世の中の人の常識や考え方を打ち破るのに一役買ったと言えるのではないでしょうか?それに永瀬さんだけではなく、北村匠海さん、岐洲匠さん、小越勇輝さんとイケメンが沢山CAとして登場するので、特に女性にお勧めの作品と言えるでしょう。ちなみに永瀬演じる主人公の朝川千空は、幼い頃に女性CAに恋したことがきっかけにCAに興味を持ちます。楽天的な性格でイニシャルがCAだからCAが天職と思っているおバカな所も可愛いから許せてしまいます。頑張り屋で空港や飛行機に詳しい空オタクな彼は見ていて応援したくなるキャラクターです。あとジェンダーや女性らしさ、男性らしさ、自分らしさについて考えさせられる作品と言えますし、主演の永瀬さんの演技が初々しいのも1つの見所と言えるでしょう。

50代女性

永瀬廉さんが、いつも明るくどんなに失敗しても絶対にめげない千空を熱演していて、頑張る姿に癒されました。とてもカッコ良くて爽やかでさすがジャニーズのアイドルだと思いました。千空の叔母役のキムラ緑子さんが、さすがの演技力で素晴らしかったと思いました。存在感が際立っていたと思いました。研修生みんなが、各地を飛び回って地方ごとにグルメが紹介されていて、とても参考になりました。真飛聖さんが、鬼教官・麗子を熱演していてとても良かったと思いました。北村匠海さんが、何でもそつなくこなす元モデルの早乙女薫を、とても上手く演じていて、能力の高い新人訓練生らしさがよく出ていたと思いました。でも、モデル時代からもう1つ何かが足りないというコンプレックスを持っていて、千空のめげない一生懸命さに影響されていくら姿が、素敵だと思いました。黒島結菜さんが、とても可愛かったと思いました。でも容姿端麗なのに化粧をしていなくて少し地味な感じが、ちょっと残念でした。大倉孝二さんが、性格が穏やかで千空たち訓練生の良き相談相手になってくれる、指導教官をいい味を出していてとても良かったと思いました。さすが実力派俳優だと思いました。昭和に流行ったドラマ「スチュワーデス物語」の令和版のようなドラマだと思いました。

40代女性

なぜこの「FLY!BOYS!FLY 僕たち、CAはじめました」は連続ドラマではないのだろうと思ってしまうほど面白かったです。ありきたりと言えば良くある訓練生ものですが、それでも面白いと思うのは出演者のキャラクターがきちんと立っていたからだと思います。昭和のドラマと違って男性CAやパイロットを目指す女性が出てくるところに今までの訓練生ものと少し違うと感じます。現場での挫折や困難なども見どころですが、何が面白いかというと、永瀬廉さん演じる主人公の千空は空港近くの叔母の家に住んでいてそこがみんなの憩いの場と化す感じがとてもほのぼのします。同じく男性CAを目指す岐州さん演じる勇一、小越さん演じる正太郎、北村さん演じる薫とライバルでありながら、叔母さんの家ではみんな腹を割って打ち解けて敵視しないところが魅力です。おっちょこちょいの千空でありますが、飛行機や空港にはやたらと詳しいオタクという利点があるところが見ていて救われます。黒島さん演じる高山の意識の高い感じもパイロットとして当たり前ですし応援したくなります。だんだん高山と千空との距離が近くなっていくのが楽しみだったのでまたスペシャルでもいいので放送してくれることを願っています。

20代女性

SPドラマで終わらせるのはもったいないほど面白かったです。途中から観ていたのですが、最初から観ておいたらよかったと後悔するほどでした。CAを目指す男性メンバーが4人というのと、キャラの個性がそれぞれ違って楽しかったです。昔はクールなタイプと熱血のタイプぐらいしかいなかったであろうところに、かわいい系と天然系の子がいてるのが今っぽくて、観やすかったです。また逆にパイロットを目指す女の子が設定されていたのも好印象です。1人じゃなくて2~3人でもよかったのではないかと思います。そのほうが見ごたえがあるような…。連ドラになったら、どれぐらいのキャラを増やしてやってみてほしいです。恋愛的な要素もちょっとだけあって、若干ラブコメっぽくなっているのも楽しんで観れました。CAなどの飛行機で働く人の仕事の話だけでなく、それぞれのキャラの家族のお話もあって見ごたえのある作品でした。キャストも若手は今注目されている俳優さん・女優さんがキャスティングされていて、ファンの人がたくさん観ていたのではないのでしょうか?内容やストーリーの終わり方的にも続編が作れそうなものだったので、ぜひ続編を希望します。できれば連ドラで(笑)