犯罪都市を動画配信で無料視聴する方法|DVDレンタル以外の方法

犯罪都市の動画を無料視聴する方法

「犯罪都市」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

フル動画を配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々1990円(税抜き)で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います。
 
無料登録で600ポイントがもらえ、新作映画でも無料で視聴できるからお得!

犯罪都市の動画まとめ

■犯罪都市のフル動画の無料視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

「犯罪都市」 2018年4月28日劇場公開
 
U-NEXTで動画が独占配信されています
 
 
公式あらすじ

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇(どくさ)組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんなか、中国から新興勢力の黒竜(ふんりょん)組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を乗っ取り、次第に勢力を拡大していく。縄張りを荒らされたイス組や、最大勢力の韓国人暴力団も黙っておらず、一触即発の事態に。ついに強力班は組織の一掃作戦を立てるが…。
 
<出典>犯罪都市 公式ページ

ネタバレはここをクリック
2004年のソウル、クムチョン警察に、強靱な肉体を持った男、マ・ソクトがいました。ソクトは、ナイフを持ったごろつきを素手で退治できるほど強く、相手をしてはならない刑事として有名でした。
 
ある日、ヤクザ同士の抗争の末に、殺傷事件が起こりました。被害者は、毒蛇組という名のヤクザグループに所属しており、対立していたイス組が、加害者として疑われます。
 
ソクトは、イス組の犯人を逮捕し、迅速に事件を解決させました。そしてそれだけでなく、毒蛇組、イス組両方の組長を呼び出します。ソクトは、二人の組長をなだめ、抗争を食い止めました。ソクトの功績によって、クムチョンの平和は守られました。
 
しかし、両組が牽制し合うことでバランスが保たれていたクムチョンに、中国から来た新たなグループ、黒竜組が現れます。黒竜組は、毒蛇組やイス組とは比べものにならないほど恐ろしく、また残忍な組織でした。
 
黒竜組は、クムチョンを支配しようと企みます。その手始めに、毒竜組の手下を襲います。毒蛇組の組長は怒り、黒竜組に突っかかります。しかし、組長が銃口を突きつけられると、その引き金はあっけなく下ろされてしまいます。毒蛇組は組長を失い、黒竜組の傘下に加わらざるを得ませんでした。黒竜組は、毒蛇組を味方につけたことにより、さらに勢力を強めていくのでした。
 
黒竜組のチャンは、毒蛇組を吸収したことで満足していませんでした。より一層、街での力を手に入れるため、イス組のゲーム賭博場に訪れ、喧嘩を売ります。毒蛇組よりも力を持つイス組は、売られた喧嘩を買い、イス組と黒竜組の全面戦争がいつ始まってもおかしくない状況になりました。
 
ソクトですら、その力でヤクザグループをまとめることができませんでした。食堂で食事をしていたソクトの元に、黒竜組のグループが現れます。ソクトは話を聞くために、部下を向かわせるも、上手くいかずに部下は怪我を負わされました。ソクトはついに、ヤクザをクムチョンから追い出すために動きます。
 
その一方で、イスは母親の還暦を祝っていた会場に現れたチャンと争います。お互いに引けを取らない攻防でしたが、イスは敗れました。
 
ソクトはチャンを逮捕するため、捜査をしていました。ソクトの弟分であるファンが、チャンの元へ刺客を送り込みます。しかし失敗し、チャンには逃げられます。
 
チャンがビジネスに手を広げていくためには、ファンの存在が邪魔でした。
 
一方、毒蛇組から黒竜蛇に入った男は、チャンの自分勝手で独裁的なやり方に限界でした。そしてついに、チャンに彼女を寝取られたことで、堪忍袋の緒が切れました。元毒蛇組とイスは連合を組み、チャンを倒すために協力します。そして、チャンの手下達を倒していくのでした。しかし、チャンによって殺されてしまいます。
 
映画『犯罪都市』の結末
捜査には中国からの協力があり、チャンの手下達は中国へと送検され死刑になる予定となりました。ソクトはチャンの居場所を特定するため、あえてチャンの部下を逃がします。麻薬売買を偽り、チャンの出現を待ちます。しかし、チャンは現れず、逆にファンの元へと向かっていました。ファンはチャンに襲われ、絶体絶命のところで、なんとか警察まで逃げることに成功しました。
 
ソクトはチャンの居場所を突き止め、韓国へと逃げようとしていたチャンの前に姿を見せます。しかし、部下を捕まえるだけに留まってしまいました。チャンには逃げられてしまったのです。
 
ソクトは途方に暮れていましたが、また新たに、チャンの情報を得ます。教えてもらった居場所にいたのは、血まみれになった、情報を暮れた少年と、その店の店主でした。ソクトは怒りに身を震わせ、チャンを探します。
 
ファンから、チャンが国外逃亡しようとしていることを聞いたソクトは、先回りして空港へと向かっていました。そこで再び、チャンの前に立ち塞がります。チャンとソクトは、激しい殴り合いをします。お互いが血まみれになり、ボロボロになるまで殴り合いました。そしてついに、チャンを捕まえました。
 
ソクトはチャンの構成員を、芋づるのように捕まえていき、見事、一掃検挙に成功するのでした。

<感想>
実際にあったヤクザの抗争と、一掃検挙事件を元に制作された本作品。リアリティを大事にして作られた物語と派手なアクションシーンに、魅了されます。
 
また、主演のマ・ドンソク他、全ての役者が恐ろしくも迫力が素晴らしく、物語に重厚感を持たせていました。
 
何よりも戦闘シーンは、身体が震えるほど、迫力と緊張感に溢れていました。どれだけ戦っても、誰も死なないような不良映画とは異なり、ナイフや銃をすぐに取り出して殺し合いをするヤクザ同士の抗争は、本当に目が離せません。
 
血で血を洗うヤクザの抗争に息を飲む、バイオレンスな映画でストレスを発散させたい方は、是非ごらんになってはいかがでしょうか。
 
 

犯罪都市の内容

<キャスト>

・マ・ソクト:マ・ドンソク
・チャン・チェン:ユン・ゲサン
・ファン社長:チョ・ジェユン
・チョン・イルマン:チェ・グィファ
・チャン・イス:パク・ジファン
・ウィ・ソンラク:チン・ソンギュ
・毒蛇:ホ・ソンテ
・キム・ソンギュ

登録後もらえる600ポイントでお得に視聴!

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」1ヶ月間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

犯罪都市の感想

50代女性

マ・ドンソクさんが、とても魅力的で人情味に溢れていて友達や後輩を大切にしていて、とても良かったと思いました。乱暴なところもあるけれど、ほんとは心優しくて町を守るために奔走する姿が、カッコ良かったです。どう見てもむさいおじさんなのに、愛嬌のある顔でイケメンではないけれど、とても素敵だと思いました。ユン・ゲさんが、何よりもとにかくお金が全てという感じの悪役を、さすがの演技力で熱演していてすごかったと思いました。全体的にほんとにリアリティーがあって、とても細かく丁寧に計算されて作られている作品だと思いました。とても面白かったです。中国人の犯罪者集団と韓国の犯罪集団がいて、それを警察が追いかけていく展開なのですが、中国側の犯罪者集団のボスがとてもいい味を出していて、良かったと思いました。アクションシーンが、迫力があってすごかったです。かなり激しい闘いのシーンも多いのですが、笑えるシーンも結構たくさんあって、とても見ごたえがあって楽しめました。テンポのいい展開であっという間に時間がたっていって、最後まで飽きることなく観ることが出来ました。ハラハラドキドキする感じが続いて、引き込まれてしまいました。

30代男性

韓国のヤクザ映画「犯罪都市」。マ・ドンソクという俳優を初めて知ったのですが、なかなかいそうでいないタイプのヤクザヒーロー(なんだそりゃ)ですね。ムキムキマッチョで怖いおっさんなんですが、どこか憎めない…それどころかチャーミングで茶目っけすらあり、この人が多くの人々から支持されている所以の一片を垣間見ました。それにしても韓国の映画の描写はすごい。とにかくえぐいし、やりすぎ。日本やハリウッドと比べても一段階踏み込んだ領域に足を突っ込んでいて思わず「ひぇ!」と口から漏れてしまうなんてことが少なくありません。ストーリー自体はあってないようなものです。死刑になるほどの凶悪犯罪人を簡単に逃したり、わざわざ軽装備で少人数で闘うというようなRPGゲームに思わず突っ込んでしまいたくなるような点や、警察、マフィアの武器として不自然に銃が出てこない点もよく考えるとおかしいです。もちろんこれは拳闘のアクションシーンを際立たせるためにそうしているわけです。物事の細かいことが気になる人やあら探しばかりしている人は気になってしまう点だと思うので、そういう人は損だなぁと思います。ただただアクションシーンに酔いしれましょう。

30代女性

韓国での中国ヤクザの一掃作戦をモデルにした実話ものです。ヤクザものってあんまり得意ではないのですが、合間合間でギャグも挟んでおり、面白くみることができました。主演のマ・ドンソクさんは元格闘家というだけあって、ガタイがよく強くてたまらなくいい役者だなと思いました。刑事役なのですが、素手で悪党をぶっとばすところなんて、やばいなとおもいました。そして、部下の刑事たちもいいキャラ揃いで、ああ彼らの刑事ドラマが見たいと思ったほどです。もちろん、ヤクザものですから、暴力描写もよくできていました。韓国に中国系ヤクザがやってくるみたいな話だったのですが、朝鮮系ヤクザの容赦なさは凄くてこわかったです。私はグロいのは苦手なので、ハンマーで指を潰すとか見ていられなくて、半分以上、顔を背けてしまいました。でも、ヤクザものの魅力の一つは、酷い暴力描写だと思うので、ヤクザものが好きな人も気にいると思います。ただ、刑事とヤクザの戦いより、ヤクザ同士の描写のところに時間を割いていて、キャラだった刑事たちの活躍があまり見られなかったのが、残念です。実話ベースの話ですので、ヤクザの抗争部分が多くなるのは仕方ないのかもしれませんが、もっと、刑事たちが見たかったです。

40代男性

映画「犯罪都市」は実際に韓国で起こった事件を元にフィクションとして描かれた作品です。
韓国映画の暴力描写、マフィア描写は世界でも評価が高く、あのマ・ドンソクが主演しているので観る前から否が応でも期待は高まっていました。そう、マ・ドンソクといえば超マッチョな身体を誇るアクション俳優で「新感染」「無双の鉄拳」等の活躍がハリウッドでも認められマーベル映画「エターナルズ」の出演予定もある韓国のスター俳優です。そのマ・ドンソク演じるソクトはソウル南部の衿川区の警察署の刑事で、地元ヤクザに対し時に厳しく時に寄り添いながら、抗争を数々解決し、なんとか秩序を保っていた。そこへ中国マフィア黒竜組のチェンがやって来る事によりパワーバランスは崩れる。
チェンは韓国ヤクザの縄張りをどんどん侵していき、果てには警察、韓国ヤクザ、中国マフィアが三つ巴となり血みどろ抗争を繰り返す。というのがあらすじです。
チェンを演じるユン・ゲサンはマ・ドンソクとは対象的なイケメンですが、この作品では情け容赦なく人を殺していく残忍なマフィアを熱演し、マ・ドンソク率いる警察との抗争シーンは大変見応えがありました。
本国の韓国ではR19(19歳以下視聴不可)の作品ながら観客動員数680万人を超える大ヒットとなり、続編「犯罪都市2」の製作も予定されています。
アクション映画、マフィア映画が好きなら間違いない大作です。是非ご覧下さい。

20代女性

マ・ドンソクのタフで人情味あふれる感じが魅力的で、敵の中国人の滅茶苦茶なところが怖くてすごかったです。リーダーのポニーテールのやつは今年の絶対近くに来てほしくないキャラ1位ではないだろうか。あそこで商売するのも絶対に嫌でした。警官として戦うのは怖いけどちょっとしてみたいような気もしました。とても面白かったです。テンポ良くストーリーが進み、いくつもの組織が出てきてもごっちゃになることなく物語に入り込んでドキドキできました。ヤクザ達をうまく回し、わりとグレーゾーンな捜査もやっちゃう刑事達がかっこよかったです。
完全に強いソクト刑事の張り手が最高に好きです。腕が太すぎて日常に支障をきたしている様が可愛いです。明らかに若くてナヨめの刑事も好きです。強烈な逮捕劇を経て最終的に性格変わってたのには笑えました。絶対に銃は使わず、棍棒とナイフと斧の肉弾戦で突き通す所に並々ならぬこだわりを感じた。観てるだけで相当痛いんだけど、そのリアルな描写が堪らなく好きでした。
何組ものヤクザと警察が入り乱れて話が進んでいくけど、それぞれの目的がはっきりしていて分かりやすいのが良かったです。
毒蛇とイス社長が好き。毒蛇があっけなく殺されたのにはショックでした。
黒竜組は完全に狂気を帯びていました。
金の為というより、何かとイチャモン付けては人を傷付けたり殺したい欲望があり、人を自分の下に置きたいんだろうなと思ってしまいました。
特に同情する点もなく純粋な悪役として相当キマッていて好きです。
マ・ドンソクを筆頭にカッコ良い男達を存分に堪能できて、重量感はあるけど思いっきり楽しめるエンターテイメント映画でした。
とにかく好きな要素が多くて満足感が半端じゃないです。

30代男性

キタコレ!と叫びたくなる傑作。韓国暴力刑事映画に、新たなる強恐(つよこわ)ヒーローが仲間入りだ。全編、殴る蹴る刺す叩くといったブルータルな喧嘩殺法が炸裂する素晴らしさ!なんてったって主演は韓国が誇るザ・マチガイナイ俳優マ・ドンソク兄貴(ヒョン)。彼の魅力がこれでもかと詰まった映画でもあるので、『新感染 ファイナル・エクスプレス』でヒョンの侠気にビビッとキタ人は必見です。それに本作は悪役にカリスマ性がある。主演がよくても敵が弱いと最初の『エクスペンダブルス』みたいな残念さがあるんだけど、本作はその辺も問題なし。主人公以上に凶暴で凶悪なのが大いに暴れてくれます。しかし本作ほどむさい男だらけで、しかもとことん面白い映画もないんじゃないか?イケメンもまったく出てないんだよなあ。それでも韓国では大ヒットしちゃう。これが日本人としては羨ましい。お客さんがちゃんと映画を内容で評価してるって証拠だもの。でも今の日本のレンタル・ショップでは韓国映画のコーナーにマ・ドンソク主演作が溢れてるのは嬉しいな。出来に良し悪しは確かにあるけど、彼の魅力が日本人の映画を観る目を鍛えてくれるかも、なんて勝手に期待しています。マ・ドンソクが気になったらまずは『犯罪都市』を観て! 絶対に後悔させません!