名探偵コナン 漆黒の追跡者を動画配信でフル視聴する方法|DVDレンタル以外の方法

名探偵コナン 漆黒の追跡者の動画を無料視聴する方法

「名探偵コナン 漆黒の追跡者」

DVDのレンタルと動画が視聴できる「TSUTAYA DISCAS」

フル動画を配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「TSUTAYA DISCAS」30日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<TSUTAYA DISCASの宅配レンタル8のおすすめポイント>
 
・登録日から30日間は無料トライアル
・TSUTAYA TVの動画見放題では、10,000タイトル以上の作品が視聴可能
・DVD・CDレンタルはネットで注文し、自宅まで2枚1組でお届けしてくれます
・月間レンタル可能枚数終了後も「旧作」は借り放題
・動画配信されていないジブリ作品や名探偵コナンも視聴可能
・「やまとなでしこ(ドラマ)」はDVDレンタルで視聴することができます
 
<TSUTAYA DISCASユーザーの声>

30代女性

子どもと一緒にジブリ作品を見ようと思って、TSUTAYA DISCASの「宅配レンタル8」に登録したところ、めちゃくちゃ便利でビックリした!月額制だけど、わざわざDVDを借りに行くことを考えると、ネットで注文できて便利だし、お手軽に楽しめる。動画配信サービスは便利だけど、まだまだ配信されていない作品が多く、そういった作品でも「TSUTAYA DISCAS」なら、視聴できて最高!最近は、外出自粛でつまらないと思っている人も多いと思うけど、TSUTAYA DISCASの「宅配レンタル8」はそんな人にオススメ!昔のドラマとか映画って今見ると、ホントに新鮮♪

名探偵コナン 漆黒の追跡者の動画まとめ

■名探偵コナン 漆黒の追跡者のフル動画の視聴方法■

TSUTAYA DISCAS

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

「名探偵コナン 漆黒の追跡者」 2009年4月18日劇場公開
 
TSUTAYA DISCASで視聴可能です
 
 
公式あらすじ

東京・神奈川・静岡・長野で計6人が殺害される事件が起こった。どの現場にも縦線とアルファベットが書かれた麻雀牌が残されていたことから、同一犯もしくは同一組織による広域連続殺人事件と認定される。警視庁で各県警の刑事を集めて合同捜査会議が開かれ、特別顧問として小五郎も参加する事になった。事件のうち5件はスタンガンを使って拉致され、別の場所へ移してから刺殺されたもので、6人目の犠牲者は死の前に「七夕、きょう」という言葉を言い残していた。麻雀牌は1つが一筒、ほかは七筒で、それぞれ別の位置の丸が1つずつ赤く塗られており、被害者は所持品が1つずつ持ち去られていた。

会議終了後、コナンは山村警部が童謡「七つの子」に聞こえるプッシュ音を耳にしたことを聞く。これは黒の組織のボスのメールアドレスを示すもので、それを打った刑事がジンの車である黒のポルシェ356Aで去ったことから、コナンは捜査会議に組織の人物、おそらく変装の達人であるベルモットが紛れ込んでいたことを確信する。

七夕前日の7月6日、米花町に現れた容疑者の1人が逮捕されるが、その現場には変装したベルモットもおり、それを見抜いたコナンは彼女を追い、組織が今回の殺人事件を追う理由を追求する。ベルモットによると、被害者の中に一般人を装った組織の工作員がおり、犯人に持ち去られた所持品の中に工作員のリストが収められたメモリーカードが入っていたため、組織は警察より早く犯人を押さえてそれを取り戻す必要があるのだと言う。それを聞いたコナンは事件の捜査員の中に別の組織の一員を潜入させていると気付き、ベルモットからはコードネームが「アイリッシュ」であると教えられる。捜査会議には、警視庁や各県の顔見知りの警察官たちや、埼玉県警の荻野彩実警部らが居た。

ある人物から「犯人に心当たりがある」という通報が警察に入るが、その人物は組織や警察が到着する前に拉致されてしまっていた。犯行現場を見た佐藤刑事は、現場へ向かう途中に自動車の両輪が同時にパンクしたこともあり、犯人以外になんらかの組織が動いていることや、内通者の存在を懸念する。 一方、捜査員の中に潜入したアイリッシュはコナンと新一の指紋を照合し、彼らが同一人物であるという確信を得る。

通報した人物が7人目の犠牲者として発見される中、「きょう」が「京都」と言いかけたものである可能性に気付いたコナンは平次の協力で、被害者たちが一昨年の七夕に京都のホテルで火事に遭ったことを突き止める。その火事では本上なな子という人物が死亡しており、2人はなな子がそのホテルの7人乗りのエレベータから追い出されたために逃げ遅れ、彼女の恋人であり、同じくホテルに泊まっていたものの外出していたため難を逃れた水谷浩介が復讐を図ったもので、麻雀牌の縦線はエレベータの扉、印はエレベータ内の人物配置を意味すると推理する。その後、なな子の実家を訪ねたコナンは、彼女の兄の和樹から、水谷が「許せない者が8人、まだ1人残ってます」と言っていたことを聞く。また、犯行現場が北極星と北斗七星を描いていることに気付いたコナンは最後の現場になる東都タワーを訪れ、小五郎も一歩遅れてそのことに気づき、警察もそちらへ向かう。

コナンは東都タワーで水谷と相対するが、なな子と水谷が好きだった星の位置を犯行現場に当てはめる理由が理解できなかったことや性格の違いから、犯人は彼ではなく、こちらもタワーに来ていた、和樹だということを見抜いていた。なな子は自発的にエレベータを譲ったのだが、和樹はそれでも火事の生還者たちや、駆け落ちした水谷を許せなかった。そこで水谷に対してはなな子がエレベータから追い出されたと嘘を吐き、なな子を救えなかった自責の念に駆られていた和樹に対し罪を被るよう要求したのだった。 水谷もその計画に同意していたのだが、コナンに諭されて身代わりになることをやめ、和樹に自首を促すが、和樹は逆上してコナンに襲いかかる。そこに松本警視が現れ、コナンは彼が和樹を掴んだところに時計型麻酔銃を向けるが、針は外れて水谷に刺さってしまう。

この松本警視こそがアイリッシュの変装であり、コナンはベルモットがそのまま潜入を続けなかった理由を体格が大きく異なるため変装ができなかったためとの考えから、彼が偽物であると見当をつけていた。アイリッシュはコナンと新一が同一人物であることを掴んでいたが、ジンに対する恨みから、コナンをボスのところへ連れていきジンを失脚させるために、まだ誰にも話していなかった。コナンは逃げながらアイリッシュと戦い、タワーの外縁部に出るが、そこへ組織がヘリコプターに乗ってやって来る。アイリッシュはメモリーカードを取り戻したことを彼らに示すが、タワー周辺に警察が集い、逃げ切れないと判断されたため、メモリーカードともども撃ち抜かれる。コナンはアイリッシュを救命しようとするが、その行動に感じ入ったアイリッシュは組織の銃撃からコナンを庇い、死亡する。 組織はコナンをタワーの上の方へと追い詰め、姿を確認しようとするが、コナンは以前阿笠博士から貰った、100メートルまで自在に伸ばせるサスペンダーを使って飛び降り、自身は落下の勢いを殺しながら破損したライトを反動で射出することで、組織のヘリを撃墜する。

ヘリからは遺体は発見されず、全員が脱出したものと思われた。また、監禁されていた松本警視は、阿笠の通報で佐藤刑事と高木刑事によって救出された。コナンはリストを入手できず、組織もコナンの正体を掴めないままの幕引きとなるが、コナンはアイリッシュが死に際に残した「いつまでも追い続けるがいい」という言葉を思い返し、組織と戦い続ける決意を新たにするのだった。
 
<出典>Wikipedia

ネタバレはここをクリック
ある日コナンは、自らを小さな子供の姿にした犯罪集団、黒の組織の夢を見ます。コナンは黒の組織について、調べていましたが、薬を開発した張本人であり、組織から逃げた灰原哀に止められます。

コナン達と少年探偵団、そして阿笠博士は、カブトムシを探すために虫取りをしていました。そこで捕まえた雌のカブトムシには、阿笠博士が普段利用している弁当屋のシールが貼られていました。

そんな中、東京や神奈川など、各地で殺人事件が起こりました。六人の被害者がおり、その殺人現場には、麻雀の牌が置かれていました。また、その牌には線が引かれていました。被害者の所持品がそれぞれ、一つだけ取られていたこともあり、関連性のある事件として捜査が進みます。その捜査には、毛利小五郎も呼ばれます。

6人目の被害者、竜崎は「たなばた、きょう」というダイイングメッセージを残していました。また、山村警部が黒の組織に関わりのある「七つの子」の歌を口ずさんでいたことから、コナンは黒の組織の暗躍を疑います。コナンは灰原に連絡をしました。

現在逃走中の容疑者である深瀬が現れたとの情報を頼りに、コナンが深瀬の元へと向かいます。深瀬は人質を取りますが、コナンによって捕まえられます。しかし、人質の姿はなくなっていました。その人質は黒の組織の女性、ベルモットでした。

黒の組織は、犯人が持つスパイリストのメモリーカードを消し去ることを目的にしていました。ベルモットはアイリッシュという警察内にいる黒の組織のメンバーの存在をコナンに教え、その場を去りました。

画家である新堂が情報を持っているという知らせから、高木刑事が現場に向かいますが、黒の組織のジンによって車のタイヤはパンクさせられ、出遅れます。その隙に、新堂は犯人に掠われていました。また、新堂が掠われた後に黒の組織がそこを訪れたことが分かります。
そして、新堂の遺体が発見されました。

コナンは服部に連絡をし、七夕の日に起こったホテル火災のことを聞きます。水谷という男の恋人である本上が火災の被害に遭っていました。コナンは、水谷の住むアパートに向かい、事件当時の状況を知ります。エレベーターの定員に溢れた恋人の本上は、逃げ遅れたために亡くなってしまった。また、水谷には許すことができないやつが8人いるということも知りました。今回の事件は、エレベーターの店員から溢れさせた者達への復讐だという可能性が高くなります。

また、遺体が置かれていた現場を繋げると、水谷の好きだった星になることも分かります。そして、残る一つの殺人が起こり得る場所が特定できました。それは、東都タワーでした。

一方少年探偵団は、カブトムシに張られていたシールの謎を解いていました。そこにはVの文字があり、数字の5の意味、そしてビートルズということから、ビートルズの5枚目のアルバム、「HELP!」のメッセージに気がつきます。
少年探偵団は、更にシールが張られたカブトムシを見つけ出し、一つの小屋にたどり着きます。そこには、監禁された警視庁の松本がいました。
ラスト結末
コナンは東都タワーで水谷の存在を確認し、追います。水谷の許すことのできない8人の内、一人は水谷自身でした。水谷は自らを殺めようとしていたのです。そこでコナンは、新たな事実を水谷に告げます。水谷は、別の犯人の罪を背負おうとしていました。その理由は、「好きな星を穢すような事をしようとはしない」というものでした。真犯人は、本上の兄、和樹でした。

水上は和樹の犯行であることを認めます。また、本上はエレベーターから追い出されたわけではなく、他の人を優先して逃げさせていたことを知り、自殺しようとしていたのを止めます。

そこに、松本を監禁させて、変装していたアイリッシュが現れます。アイリッシュは松本の持っていたメモリーカードを取り、そこに駆けつけた蘭と対峙します。しかし、蘭は気絶させられてしまいます。

アイリッシュはメモリーカードを持ち去ろうとしますが、そこにヘリコプターが現れ、銃口を向けられます。

アイリッシュは、コナンの正体が工藤新一であることを知っていました。しかし、それを組織の人間には漏らしていませんでした。そこに居合わせたコナンも命を狙われますが、それをかばったのは、アイリッシュでした。アイリッシュは命を落とし、コナンはヘリコプターを狙い、撃ち落とします。

しかし、ヘリには被害者の姿がなければ、アイリッシュが何者だったのかということすら、分からないのでした。

<感想>
劇場版コナンシリーズの13作目であり、黒の組織の謎に迫る本作品。
 
 
迫力満点の蘭の戦闘シーンや、黒の組織の残酷さなどが面白く、原作である漫画を読んでいるなら非常に楽しめる映画でした。
 
 
謎自体も楽しめるものでしたが、なんといっても黒の組織にコナンが追い込まれていく様は、ハラハラドキドキします。また、黒の組織の正体には至れず、事件の解決をしたものの、釈然としない結末に、映画だけでなく、コナンの原作まで読みたくなること間違いなしです。

名探偵コナン 漆黒の追跡者の内容

<キャラクター/声優>

江戸川 コナン:高山みなみ
毛利 蘭:山崎和佳奈
毛利 小五郎:神谷明
工藤 新一:山口勝平
灰原 哀:林原めぐみ
阿笠 博士:緒方賢一
服部 平次:堀川りょう
鈴木 園子:松井菜桜子
目暮 十三:茶風林
吉田 歩美:岩居由希子
小嶋 元太:高木渉
円谷 光彦:大谷育江
遠山 和葉:宮村優子
大和 敢助:高田裕司
上原 由衣:小清水亜美
佐藤 美和子:湯屋敦子
高木 渉:高木渉
白鳥 任三郎:井上和彦
千葉刑事:千葉一伸
横溝 参悟:大塚明夫
横溝 重悟:大塚明夫
綾小路 文麿:置鮎龍太郎
山村 ミサオ:古川登志夫
松本 清長:加藤精三

フル動画を配信中です

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS」30日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

名探偵コナン 漆黒の追跡者の感想

30代女性

「名探偵コナン 漆黒の追跡者」はタイトルから推測できるように、黒の組織との対決を描いている作品です。黒の組織はある事件の目撃者である工藤新一を殺そうとして薬を飲ませたグループで、その薬により子供の姿となってしまった訳です。つまり物語の一番最初から登場しているにも関わらずジンとウォッカ以外はなかなか登場せずに、組織の全貌を掴めないのでなかなかこの対決は進展していないんですよね。そして次々と登場人物が増えていき、物語は前にというより横に進んでいる気がします。それでも勿論面白いし、コナンの見せ場は事件の真相究明にあり、魅力的なキャラクター達にあるとも言えます。それに謎の多い黒の組織の全貌が明らかになったら物語のクライマックスが近づいているということなので、まあ進展はゆっくりでもいいかななんて思います。ちなみに漆黒の追跡者では、ベルモット、キャンティ、コルン、ピスコといった黒の組織のメンバーが登場しています。あとコナン側としては西の名探偵服部平次とその幼馴染遠山和葉も出てきていますね。登場人物が豪華だし、事件もアルファベットがかかれた麻雀牌が残されている連続殺人と盛り沢山です。犯人推理は勿論としてクライマックスは黒の組織のヘリを撃墜するなどかなり迫力満点でしたが、残念ながら全員脱出して捕らえることは出来ず、組織の手掛かりのなしといった幕引きとなります。ですが黒の組織が登場した作品の方がコナンの正体がバレないかハラハラするので楽しめますね。

30代女性

コナンと言えば黒の組織との対決ですが、映画で黒の組織が登場するのは本当に久々で、待っていたファンが多かったのではないでしょうか。灰原さんの心配が的中して、いよいよコナンが工藤新一だということがばれてしまいますが、過去にアニメ版でも登場していた黒の騎士がキーポイントになっているのもファンにとってはうれしいところです。しかもごまかしがきかないくらいにしっかり証拠を固められたのは驚きました。群馬県警のへっぽこ刑事の山村さんが黒の組織のヒントになる「七つのこ」のプッシュ音をコナンに伝えていたり、ポスターからダイイングメッセージの意味を悟ったり、偶然の事が事件に大きな影響を与えていることが現実的ではないような気もしますが、そこに気が付くのが探偵のすごいところなのかなとも思います。そして、蘭のかっこよさが際立っていました。ライフルなら無理だけど、拳銃なら大丈夫と敵に向かっていく姿はもはや人間技とは思えません。それでも肉弾戦になると大の男には勝てないという女の子らしい部分も持たせるなど、バランスのとり方が面白いと思いました。最後はスッキリしないエンディングですが、それが余計に今後も黒の組織との闘いが続くのかと楽しみを残してくれてるとも感じられます。

30代男性

コナンの最大の敵である黒の組織との戦いが描かれている映画であり、ストーリーが進むにつれてハラハラドキドキが高まってくる映画だったように思います。スタートは連続殺人事件から始まり、推理をしていく中で過去の事件の復讐であるとともに、黒の組織がなにかしらの関連があるとわかってから一気に緊張感が高まり面白さがあがってきました。主要キャストの一人である服部平次がこの映画ではコナンのバックアップ的な役として影ながら協力したり、電話で声をかけている姿をみて、この映画はコナン対黒の組織の対決を全面にみせてくれた映画だったのでそれはそれでとても良かったです。東都タワーでのクライマックスに関しては、推理で犯人を追い詰めるとともに、黒の組織のメンバーでもあるアイリッシュとの戦い、黒の組織に追い詰められる場面はどうなるのかと思いながらのハラハラドキドキの展開は見ていてとても見応えのあるシーンでした。コナンがヘリを撃退をして黒の組織を撃退したシーンは見ているこちらも思わずガッツポーズする熱い気持ちとなりました。アイリッシュにはコナンの正体が工藤新一であるとばれてしまいましたが、東都タワーにおいて黒の組織に射殺されたため、黒の組織にはバレずに済みましたが、また直接対決を楽しみにさせる映画でした。

30代女性

黒の組織が登場するということで、コナン(新一)がどのように追われる者になるのか展開が楽しみでした。連続殺人事件が発生して、その合同捜査本部が設置され、関連する都府県から捜査員が集まったが、その中に黒の組織の一員が変装している捜査員が紛れ込んでいると気が付いたコナンではあったが、本当に潜入していたのはその黒の組織の一員ではなく別の一員だった。潜入していた黒の組織の一員は、コナンが工藤新一であるということに気が付き、工藤新一を殺し損なったジンを失脚させるべく、コナン(新一)を生け捕りにして「あの方」の元へ連れて行くことを企てる。という大筋の流れの中で、おなじみ警視庁の面々の他に、長野県警、静岡県警、京都府警の警部が登場した中で、まさか群馬県警の山村刑事が警部に昇進していたのには驚きでしたし、京都が登場するということで、もちろん服部平次も登場して、出演陣は豪華でした。クライマックスは、新一と蘭が想い合うシーンはこの回は短めで、追跡者である潜入捜査員の黒の組織の一員が、コナンをじわじわ追い詰めていくシーンは、ジンやウォッカの他にスナイパーであるコルンやキャンティも登場して、息をつく暇もない展開でした。逃げる際に阿笠博士に作ってもらったアイテムはことごとく使い切り、絶体絶命の追い詰められたコナンの起死回生のシーンは見ものでした。とにかく手に汗握る、コナンの最期を覚悟した展開でした。

30代男性

コナンと黒の組織を巡った争いを軸にしたストーリーです。麻雀牌をモチーフにした連続殺人を追うことになったコナン達。その事件を担当する警察の中に黒の組織のスパイのアイリッシュが紛れ込んでいることにコナンは気が付きます。黒の組織に正体をバレることなく事件を解決に導くことができるのか?というのが本作の趣旨です。アイリッシュがコナンの正体に気が付き、生け捕りにして黒幕の元に連れて行こうとコナンに襲い掛かります。しかしコナンを守るために欄がアイリッシュの前に立ちふさがり、欄とアイリッシュは壮絶な肉弾戦を繰り広げます。空手の達人の欄と互角に渡り合うアイリッシュがものすごく強いので、さすが黒の組織のメンバーだと感心させられました。この映画ではとにかくコナンが銃で狙われることになります。黒の組織に殺されそうになりながらも、どうにかコナンは連続事件の犯人を突き止めることに成功し、アイリッシュの魔の手から逃れることに成功しました。アイリッシュの正体がバレてしまったため、最後はジンがアイリッシュを射殺し、こうしてまた黒の組織はコナンを取り逃したのでした。コナンの正体に気が付いたメンバーを次々と始末してしまうジンはもはやコナンの味方なのでは?と思った次第です。

30代女性

今回の作品は待望の黒の組織との戦い!コナンをシリーズ1からしっかり見てる人じゃないとちゃんとした理解は難しいかもしれない。黒の組織の関係者が殺人事件に巻き込まれたことで、変装が得意なベルモットが登場。結局ベルモット自身は潜入せず、彼女の仲間を変装させていたわけだが、その男が非常に良い味を出している映画だった。潜入した捜査チームは、これまでアニメで既出の各地の面々が勢ぞろい。序盤でそれぞれがいつもと少し違う様子なのが描写されることで、誰が変装しているのか考えさせられて面白い。捜査は難航し、西の高校生探偵服部も登場。コナンとの電話の内容が個人的には好きなので注目してほしい。犯人の動機や真相は、正直あまり頭に入らなかった。アイリッシュが変装したことで監禁された刑事を見つけ出す推理も、分かりづらいものだった。それよりもラストの黒の組織との戦いが見所だ。アイリッシュと対峙した蘭とコナン。まさか蘭があんなことが出来るなんて。恐らく見た人全員が驚愕だったと思う。その後アイリッシュに追い詰められるコナンだが、ジン達の登場で思いがけない展開に。アイリッシュはコナンの正体を知っていたが、それでもなぜかそのことを仲間に報告しなかった。その理由が最後に明かされるのだが、男の中の男だなと思った。黒の組織の中にもごく稀に良い人がいるが、そんなアイリッシュが初登場にして見納めなのは非常に悲しい。お決まりの、スケールの大きな対決シーンで、コナンがまた尋常じゃない行動をするが、それもコナン映画あるあるなのでぜひ楽しんで見てほしい。推理自体はまぁまぁだが、黒の組織との関係が少し前進するので見返す価値のある作品だと思う。

40代男性

面白い方の作品だったと思いますし名探偵コナンの映画はなかなか大人が見ても面白く見ていける映画になっていると思います。

今回の新作も期待を込めて見ていけそうですし、コンビニを見るとコナンのグッズがかなり売られているのでコンビニでも退屈しないような感じになっています。

面白く見ていけることでしょう。

『名探偵コナン 漆黒の追跡者』は2009年4月18日に公開された日本のアニメ映画で、劇場版『名探偵コナン』シリーズの第13作目にあたる。上映時間は110分。興行収入は35億円で、はっきりって映画も1日10さく目以上になっているわけで、もう毎年のようにコナンの映画を見に行っている人たちが多くいる時代の映画だと思いますが、毎回タイトルがすごく斬新な映画ばかりなのではないかと思っています。コナンの映画は毎回タイトルが斬新な映画ばかりなので見ていく前からワクワクしていけそうな内容になっていると思いますし、面白そうな内容になっているんじゃないかと思えると思います。
タイトルが本当に考え抜いて作られているんだなと言う感じがします。

童謡が今回は事件解決のヒントになっていて、毎回どのような感じで事件を解決していくのかと言う角度からも見ていけます。

東京近県を中心に広域連続殺人事件が発生! 捜査線上に浮かんだ黒ずくめの男たち、ということで映画版なだけあってコナンの長年のライバルの黒ずくめの男たちにもスポットが当たっている映画であり映画として面白く見ていける内容になっているのではないかと思います。

やはり、そろそろ決着をつけて欲しいと思い描いているわけですがなかなかうまくいかないと言う感じでこの映画の作品も一体ケリがつくのかどうかと言う目線で見ていくことができて面白く見ていけそうな映画になっています。

20代男性

私がこの漆黒の追跡者をはじめて見たのは小学生の時に家族と一緒に映画館へ観に行ったのが最初でした。
この物語は、名探偵コナンシリーズの核心である黒の組織との直接対決が描かれています。上記で供述したとおり、私はこの映画を、映画館で見たときは鳥肌が立ちました。
その理由を2つに分けて紹介したいと思います。
1つ目は、黒の組織に所属しているメンバーが多く作品に出演していることです。シリーズを通して、謎に包まれている黒の組織ですが、組織員にはそれぞれお酒の名前をモチーフとしたコードネームを付けられており、それぞれその、コードネームで呼び合っています。例を挙げると主人公の工藤新一に毒薬を飲ませた組織員はジンと言う名前を付けられ、呼ばれています。
このような組織のメンバーが普段のテレビシリーズでは多くても2、3人の出演なのですが、映画では6人ほど登場しています。これはファンにとっては驚きでした。
2つ目は、鳥肌が立ったシーンについてです。そのシーンというのは、黒の組織のメンバーと、コナンが東京タワー内で戦いを繰り広げるシーンです。黒の組織は黒いヘリコプターに乗り、搭載された機関銃でタワー内に隠れるコナンの命を狙い攻撃してきます。反撃の隙を何度か見出し、アガサ博士の発明品と打ち落とされて転がっていたライトを使い、ヘリコプターを撃墜したシーンは鳥肌が立ちました。
コナンのカッコ良さ、シリーズのまだまだ深まる謎、双方で楽しめる映画でした。

20代女性

漆黒の追跡者というタイトル通り、黒ずくめの男たちが登場する今作品。コナンと灰原哀を追い詰める組織がいるからこそ、「名探偵コナン」は面白いのだと改めて感じさせられる作品だった。今回の見せ場はやはり東都タワーでの、コナンと黒ずくめの男たちの闘いだと思う。ジンの指示で殺されてしまったアイリッシュをも守ろうとするコナンはかっこいいと、単純にそう思う。黒ずくめの組織には、コナンの正体を知っているベルモッドがいる。組織の中でも、ジンはなかなか倒せない男だという描写が多くなされるが、だからこそ、コナンのことを「シルバーブレッド」と呼ぶ彼女がこれから先どう動いていくのか気になるところだ。彼女は今作品でも、少年探偵団に松本警視を見つけさせる重要な役割をしてくれる。正直そのシーンを見た時に、ベルモッドのことがさらに好きになってしまった。個人的に好きなシーンが他にもある。高木刑事と佐藤刑事が、阿笠博士からの電話で米花の森へ向かうシーンだ。あの場面で急いで向かってきてくれる二人の存在がなんだかうれしいし、それに後続車が少し惑わされるシーンも好きなところである。そんな頼りないけど愛おしい警察や今回大活躍の少年探偵団たちが、まだまだ存在がつかめない黒ずくめの組織にこれから先どう挑んでいくのか。「名探偵コナン」をこれからも見続けたいと思う。