素敵な選タクシーの無料動画を1話からフル視聴する方法【最終回まで】

素敵な選タクシーの動画を無料視聴する方法

「素敵な選タクシー」

フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」

第1話から最終回まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

< FODプレミアムのおすすめポイント>
 
・フジテレビ系列の人気の月9ドラマなどフジテレビ作品が5000本以上見放題
・FODでしか見ることができないオリジナル配信作品も配信中
・アニメ、海外ドラマなどFOD独占でラインナップ!話題の新作映画も
120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌や女性誌までラインナップ
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々880円(税抜き)で継続でき、毎月最大900ポイントもお得
 
<FODユーザーの声>

20代女性

月9ドラマが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れたのでビックリした!月額制だけど、スマホのアプリで見れるし、お手軽に楽しめる。また、FOD限定配信ドラマとか、地上波で放送されないきわどいドラマもあり、面白い♪スマホで見ると、通信量が気になるけど、Wi-Fiなら通信料金を気にせず楽しめるし、一気に見れるのでストレスなく動画を視聴できる。月額料金を払っているけど、雑誌も読む放題なので、待ち時間とかにスマホで動画を見たり、雑誌を見たり、時間をつぶせて本当に便利♪

素敵な選タクシーの見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

FODプレミアム

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>最終回(第10話) 「僕と君の選択肢」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
最終回(第10話)の公式あらすじ

「枝さん、3カ月間、お疲れ様でした」。カフェ『choice』でいつものようにメニューを迷っていた枝分(竹野内豊)は、店にやってきた標(升毅)に声をかけられる。それを聞き、「え?・・・あ、そっか」と何かに気付く枝分――。
過去の分岐点へ戻り、人生をやり直すことができる不思議な乗り物“選TAXI”。その運転手として、これまで様々な事情を抱えた客を乗せ、少々お節介ながらも彼らの人生を応援してきた枝分。なぜ枝分は選TAXIの運転手をやめなければならないのか?標の言葉の意味とは?そもそもどうして枝分は選TAXIの運転手になったのか?
驚きの真実が次々と明らかになる中、はたして枝分はどんな分岐点に立ち、どんな選択を最後にするのか、その結末はまさに予測不可能!
やはり、人生は選択肢の連続だ!
 
<出典>フジテレビ公式

最終回(第10話)のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
最終回(第10話)の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第9話 「罪と罰の選択肢」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第9話の公式あらすじ

競輪で大負けし、人生ツイてないことだらけだと嘆く久保(高橋努)は、金欲しさにやけを起こしてコンビニへ押し入る。店員を脅すも失敗し、停まっていた選TAXIに逃げ込む。
久保を乗せた枝分(竹野内豊)も同様、今日はツイてない日だと自分のツイてない話を喋り出し、いつしか2人はツイてない自慢合戦を展開。ところが、会話から久保が逃亡中のコンビニ強盗だと発覚!と次の瞬間、枝分は凶器を突きつけられる。
一方、カフェ「choice」では、枝分のピンチを知った店長の迫田(バカリズム)が枝分に電話するが・・・
久保は車内のチラシを見て選TAXIが過去に戻れると知り、枝分に競輪で負ける前に戻れと命じていた。そうすれば、競輪で大儲けができ、強盗もチャラになる。だが、枝分は「道徳的に無理」と断り押し問答に。すると突然、一人の男(梶原善)が乗り込んできて・・・
枝分VS強盗、ツイてない男たちのバトルの行方は!?運転手史上最大の危機を迎えた枝分は、このピンチをどう乗り切る!?
 
<出典>フジテレビ公式

第9話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第9話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第8話 「夫と妻の選択肢」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第8話の公式あらすじ

病院の一室で、佑香(臼田あさ美)はベッドに横たわる祖父・泰三(津嘉山正種)と、傍らで涙を流す祖母の六実(左時枝)を見つめていた。祐香は入院中の泰三の見舞いに訪れたが、わずかな差で最期に立ち会うことができなかったのだ。もっと早く来ればよかったと後悔する佑香は、かつて友人の美空(栗山千明)と一緒に選TAXIで過去に戻ったことを思い出し、枝分(竹野内豊)に電話する。
話を聞いた枝分は、佑香を乗せて泰三が生きていた1時間前へ。穏やかに泰三と最後の時を過ごす佑香。しばらくすると、泰三は静かに息を引き取った。しかしその後、六実が、泰三が亡くなる前、六実が作ったいなりずしを食べたいと言っていたのに食べさせてあげられなかったことを後悔していると知る。佑香は、六実のために再び枝分に連絡。夫の最後の願いを叶えたいという一心から、六実も選TAXIに乗り込んで・・・。
愛する者の最期に向き合う家族たち。佑香と六実、二人の想いが届いたとき、泰三は・・・!?
 
<出典>フジテレビ公式

第8話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第8話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第7話 「嘘と真の選択肢」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第7話の公式あらすじ

容姿端麗、仕事ができて人望も厚いOLの真理(貫地谷しほり)は、大手企業のCEO・内藤彰(葛山信吾)との結婚が決まり、彰から両親に挨拶に行きたいと言われる。ある理由から実家に帰りたくない真理は、暴力をふるう酷い両親から逃げてきたのだとウソをつくが、結局、彰と実家へ戻ることに。駅に着いた二人は、枝分(竹野内豊)が地元のレディースにからまれている現場に遭遇。彰が間に入ったが収まらず、真理が一人で話に行くとなぜかレディースは退散。実は、真理こそがそのレディースの初代総長で、当時、両親に散々迷惑をかけた挙句、自ら家を飛び出したのだった。真理の過去とウソを知った彰は怒って帰ってしまい、追いかけようとした真理は選TAXIを呼ぶ。事情を聞いた枝分は、選TAXIのシステムを説明する。実家に到着した時刻に戻った真理は、今度は彰を待たせ、一人で家の中へと入っていき・・・。
真理は両親と和解し、晴れて彰と結婚できるのか!?真理の決断は、どんなエンディングを迎えるのか!?
 
<出典>フジテレビ公式

第7話のネタバレはここをクリック
会社のマドンナの結婚
OLの大西真理(貫地谷しほり)は、会社のマドンナ的存在。そんな真理の結婚が決まったと言う噂が社内で流大騒ぎ!しかしその相手を聞いて、みんな納得せざるをえません。真理の結婚相手はIT業界の貴公子と呼ばれるイケメン、大手企業のCEO ・内藤彰(葛山信吾)。

 

彰は結婚前に真理の両親に挨拶に行きたいと言いますが、真理は「昔から父親は酒癖が悪く毎日暴力をふるわれ、母親は全く家事もせずに夜遊びに出かけていた。ひどい目にあってきたので、両親とは距離を置いていて実家には帰りたくない」と話します。

 

しかし彰は、「昔はそうでも、娘の幸せを願わない親はいない。親子がそんな状態なんて良くない」とどうしても挨拶に行くと言い張ります。

 

真理の地元の駅に降りると、駅前で枝分(竹野内豊)がヤンキーに絡まれていました。彰が止めに入りますが、途中から真理が話をしに行き、少し離れたところでヤンキーに話をして、わかってもらえたようです。

 

枝分はトラブルから救ってくれたお礼に、2人を真理の実家まで乗せて行きます。
 
真理は元ヤン
両親に会ってみると、真理から聞いていた話とは全く違いました。真理は昔暴走族に入り夜な夜な遊びまわり、何度も警察の世話になっていました。そして突然実家を飛び出し、今まで全く連絡を寄越さなかったらしいのです。それを知った彰は、呆れ返って1人でバスに乗って帰ってしまいます。

 

彰を追いかけたい真理は、慌ててさっき枝分からもらった選タクシーのティッシュを取り出し、枝分に電話をします。
 
10年前にタイムスリップしたら?
枝分からこのタクシーが過去に戻れることを知った真理は、「10年前に戻って人生をやり直すことはできますか?」と聞きます。真理は自分が暴走族に入っていたと言う根底から変えたいくらいに後悔しているのです。しかし枝分は「それはお勧めできません」と言います。暴走族に入っていた過去が消えたとしても、それ以外にいろいろな変化があり、もっと最悪な人生に変化してしまうからかもしれないからです。

 

人生を根底からやり直すと言う事は、それくらいのリスクが必要なのです。それに、もし10年もさかのぼるとしたら費用が17億円かかります。

 

こうして真理は「30分前にお願いします」と親に会う直前にタイムスリップすることを決めました。
 
タイムスリップ1回目 親とは仲直りできたが…
タイムスリップした真理は、彰を待たせてまずは自分1人が両親に会い、しっかりと謝罪をします。さっきは怒っていた父親(清水章吾)も、素直な真理の態度に、受け入れてくれました。

 

それから真理は結婚相手を連れてきていることを話し、「本当に都合のいいこと言ってるのはわかってるけど、話を合わせて欲しい」と暴走族に入っていたことを黙っててもらえるように頼みます。両親はそれを受け入れてくれました。そして無事に挨拶も済み、結婚の承諾を得て2人が家から出てくると、暴走族グループのバイクの集団が真理の実家の前にやってきます。

 

そして真理が初代総長だったこと、昔かなりやんちゃをしていた伝説を全て喋ってしまいます。さっき駅で枝分に絡んでいたヤンキーたちに、自分が初代総長だと言うことを言ってしまったからです。
 
タイムスリップ2回目 親に嘘をつかせて…
今度は駅に着いたところからやり直します。絡まれている枝分を助けずに、2人ですぐにバスに乗っていってしまいます。

 

つまり枝分は助けてもらえなくなってしまったのです。しかし代わりにカンナ(清野菜名)が現れ、助けてくれました。実はカンナは6代目総長。歴代の中で1番凶暴と恐れられた人物だったのです。

 

真理はさっきと同じように、両親に話を合わせてもらい無事結婚の承諾を得て、彰と一緒に駅に帰ってきました。すると両親が軽トラで追いかけてきて「娘をよろしくお願いします」と頭を下げにきました。

 

両親を見送った後、「きっと昔のことを悪いと思っているんだろうね」と言う彰。彰を騙し、親に嘘をつかせたまま生きていく事は良くないと考えた真理は、もう一度過去に戻って、すべてを彼に話し、両親に謝ることを決意。結婚がだめになるかもしれない覚悟を持っての行動です。
 
タイムスリップせずに
早速過去に戻ろうとしますが、枝分は「過去に戻らずに、今から正直に話した謝ればいいんじゃないですか?」と気づきます。

 

真理は全てを彰に話します。すると彰は「最初からそうかなと思っていた」と言いました。怒っているときはヤンキーの喋り方がちょいちょい出ているし、部屋なんて完全に元ヤン丸出しの部屋だったからです。「ばれてないと思ってたの?」と彰は苦笑。

 

そして、もう一度真理の実家へ。嘘をつかせたこともしっかりと謝り、今度こそ本当に何の嘘もなく結婚を許してもらえたのでした。

第7話の感想はここをクリック
彼氏は最初はなんで怒ったんだろう?
最後に彼氏が「ばれてないとでも思った?」と回想していた真理は、明らかに元ヤンバリバリで全然隠せていませんでしたね(笑)だけど彼がそれを承知で付き合っていたなら、最初の選択で真理がレディースだったと知って怒って帰ってしまったのはなぜだろう?何も悪くない両親を暴力ふるっていたとか悪者にして嘘をついていたことが許せなかったのかな?だとすると、レストランでその嘘の話をしたときに「ん?この女?」と言う反応をしてもよかったはず。そこら辺の伏線を張っておいてもらえるともっと納得できました。
 
カンナさんも総長
貫地谷しほりさんが総長と言うのも何か似合うなぁと感じてしまいましたが、なんとカンナさんも6代目総長だったことが発覚!清野菜名さんは高校の時に本格的にアクション養成所でボクシングや立ち回りやアクロバットなどの訓練を受けており、今までもアクションが必要な役に色々と挑戦しています。最近の「白でも黒でもない世界で、パンダは笑う。」もちょっとアクションぽかったですもんね。回し蹴りがかなりきれいに決まっていましたね!
<見逃し動画>第6話 「おひとよしの選択肢」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第6話の公式あらすじ

人気連載漫画『おひとよしトレジャー』の編集者・美空(栗山千明)は、締め切り当日になっても出来上がらない原稿を待っていた。作者の虫海暗(三宅弘城)がストーリーに悩み、ペンを止めてしまったのだ。必死の励ましも虚しく、虫海はあっさり逃亡。編集長からクビを宣告されて失意の美空は、停まっていた選TAXIに乗り込む。
事情を聞いた枝分(竹野内豊)は、大ファンの『おひトレ』が休載になると知り、虫海が逃げる前に戻って逃亡を阻止しようと提案。するとそこへ、友人の佑香(臼田あさ美)から美空に、今から来て欲しいという電話が。仕事中の美空は佑香の頼みを断るが、しばらくすると、警察から佑香が自殺を図ったと連絡が入る。ショックを受けた美空は、佑香を助けるために再び過去に戻ろうとするが、そのためには原稿を諦めなければならない。すると枝分は、原稿と友人のどちらも救えばいいのだとある提案を・・・。
美空は友人を救うことができるのか? 枝分は待ちに待った『おひトレ』の続きを読むことができるのか!?
 
<出典>フジテレビ公式

第6話のネタバレはここをクリック
美人編集者、クビの危機!
美空(栗山千明)は、週刊「少年ストロング」で、人気漫画「おひとよしトレジャー」を担当する美人編集者。しかし漫画家の先生・虫海(三宅弘城)は「やる気待ち」と言ってなかなか描いてくれません。「どうすればやる気を出してもらえますか?」と美空が言うと、「じゃぁおっぱい見せて?」なんてセクハラ発言をしてきます。

 

実はもう既に虫海のやる気待ちで3週も休載しており、もう後が無いのです。すると突然の虫海が「やる気が出てきたから、テンションの上がる飲みもの買ってきて!」と美空に頼んできます。そんなことならお安い御用と美空は買い出しに出かけましたが、実はそれは罠!編集長に電話でそのことを指摘され、慌てて戻ってみると、すでに虫海はどこかへ逃げてしまっていました。

 

怒った編集長にクビ宣告をされてしまい、落ち込みながらタクシーに乗った美空は、枝分(竹野内豊)に事情を話し、過去に戻ることに。実は枝分も「おひとよしトレジャー」の大ファンなのです。枝分は美空に「おひとよしでもびしっと言わなきゃいけない時もあります」とアドバイス。おひとよしトレジャーのセリフにも「優しくない優しさもある」と言う名セリフがあるのです。
 
タイムスリップ1回目 友人が自殺!?
虫海のところに戻った美空は、今度は出かけることなくしっかりと虫海を監視します。途中で美空の女友達の佑香(臼田あさ美)から電話がかかってきて、彼氏の浮気を相談され「今すぐ会いに来て」と言われますが、「仕事中だから」ときっぱり言って電話を切りました。

 

しかし美空に警察から電話があり、佑香が自殺した事を告げられます。とはいっても未遂で、たいしたことがなかったのですが。それでも電話で冷たくしてしまったことを後悔した美空は、枝分を呼び出しもう一度過去に戻りたいと申し出ます。

 

仕事よりも友情を取りに行くと言う美空に、おひとよしトレジャーの大ファンの枝分は「だからって3週もずっと待ち続けている全国のファンをまた待たせるのは良くない!」として、虫海が逃げ出す前に佑香を助けに行こうと提案。

 

「1人じゃない、きっとうまくいく」これもおひとよしトレジャーの名セリフです。
 
タイムスリップ2回目 佑香にブチ切れ
とりあえず先に佑香のところに行きます。「そんなに気になるなら、彼に電話して聞いてみれば?」と美空がアドバイスしますが、佑香はグダグダ言ってばかりで全然電話をしません。それに「今、彼は仕事中だから迷惑だよー」と言うので、「私も仕事中なんだけど!」と美空はイライラ。

 

あまりに煮え切らない佑香の態度にブチ切れた美空は、「あんたは自分が傷つけられる事にはギャーギャー言うくせに、人の迷惑は何も考えない!そんなに死にたいなら勝手に死ねば!?」と暴言を吐いてしまいます。佑香は反省して謝ってきたので、「何かあったら言ってね!」と一応仲直りして、急いで虫海の所へ。しかし結構時間が経ってしまったので、すでに虫海はもう逃げた後でした。
 
タイムスリップ3回目 女詐欺師?
今度は佑香が自殺しないように、それでいて虫海に逃げられないように、佑香を一緒に虫海のところに連れて行きます。虫海はさっきもそうしていたように、口説いていた女の子のところに会いに行こうとします。

 

ついに美空は虫海にもブチ切れし、「人気があったら何をしてもいいんですか!?今も編集者も印刷所も先生を待ってみんな家に帰れないでいるんですよ!そんな時によく女に会いに行こうなと思いますね!?」と説教。

 

その時、虫海が落とした携帯を見て、佑香が「私の彼氏とメールしてる女と同じ女だ」と言います。すると枝分も、この女を知っているようです。

 

実は最近カフェの常連客の標(升毅)が元気がなく、事情を聞くと恋愛で悩んでいるそうなのです。その標を悩ませている女と同じ女だったのです!

 

この女は詐欺師で、いろいろな男を騙しお金を吸い取っていたようです。「1人じゃない」と言うセリフを見て、「みんなで捕まえに行きましょう」と枝分がみんなの方を振り向きます。

 

枝分は、美空、虫海、佑香、標をタクシーに乗せ、みんなで割り勘をして過去に戻ります。
 
タイムスリップ4回目 詐欺師を捕まえに!
なんと詐欺師は前回出てきた看護師の女の知美 (浅見れいな)!この前婚活パーティーでカップルになった区役所勤めの男性は「金持ってなさそうだったから切っちゃったわ」と早々にふった様子。

みんなで知美のところに乗り込み、この詐欺師女を警察に突出してやりました。

 

問題も片付いたので、早速虫海に仕事をしてもらいます。なかなか良い体験ができたので今度は筆が進みます。今週はとても面白い展開が描けたのですが、やはり苦戦している”魔女との戦い”が終わりません。実は1年間もこの同じ魔女と戦い続けているのです。

 

枝分に美空から電話かかってきました。今度は虫海が「時間を戻したい」と依頼してきているそうなのですが、「魔女のキャラクターを登場させる一年前に戻りたい…」と言っていると聞き、枝分は無言で電話を切ってしまうのでした。

第6話の感想はここをクリック
浅見れいな再び登場
まさかの詐欺師の女が、先週出てきた清楚系ナースの浅見れいなさんだったことにびっくり!そういうふうにつなげてきたかなぁと感心してしまいました。そう考えれば婚活パーティーで男を手玉に取るのがうまかった”したたかさ”も頷けますね。先週の時点では、女医の吉田羊さんが「したたかなやつめぇ…」と勝手にライバル視しているだけで、本当にしたたかなのか天然で良い子なのかが分かりませんでしたが、そういうことだったんですね。先週の感想で、「オチとしてもう一超え欲しかった」と書きましたが、先週のオチが今週に持ち越されているとは気づきませんでした! 1本とられた!
 
標の恋の相手は吉田羊じゃなかった
先週から続いていると言えば、標は吉田羊さんのことが気になっていたと思っていたのですが、吉田羊さんのテーブルを振り返っていたのはあの詐欺師の知美に一目惚れしていたからだったんですね!?そこは間違って解釈していました。

 

ということは、標が「誰か紹介してくれないか?」と枝分さんに頼んで、枝分さんが吉田羊さんを思い浮かべて「女医さんなんてどうですか?」と言っていた会話の続きはないんですね。そっちが伏線で続きがあるのかと期待していたのですが、吉田羊さんの再登場はなさそうで残念ですね。大物過ぎますからね。

40代女性

やはりおもしろかったです。前回放送の時も見たので2度目でしたが、2度目でも十分楽しめておもしろかったです。少し覚えてなかったシーンもありますが。今回の枝分さんは乗客のため半分、自分が漫画を読みたいため半分で行動を決めているようで笑えました。枝分かれさんのたまに出るこういうお茶目なところもこのドラマの魅力かなと思います。仕事と友達で仕事をとった編集者の気持ちもわからなくないです。まさか自殺未遂するとは思わないだろうし、私が同じ立場だったとしても同じ行動をとっていたかもしれません。こういう時に過去に戻れるのは本当に良いと思いました。戻ったあとそれが良かったか悪かったのかは、実際生活してみないとわかりませんが。本当に1度くらい戻ってやり直せることが出来たらいいのにと思いました。最後はあの嫌な女に仕返しすることもできて、みんな楽しく終われるのがこのドラマの魅力でもあると思います。1人例外もいましたが。しるべさんはあの最後まで落ち込んでいたのもしるべさんっぽくて良いと思います。

60代男性

「優しくない、優しさだってある」が、今回のテーマでした。ヒロインの美空は親友の祐香にも虫海にも、厳しい態度で迫りますが、それは優しくない態度でも、本人の為になる優しさだったのだと解釈しました。編集者の美空は締め切り当日に間に合わない原稿を待っていたのに、ソファーで寝ていた虫海が後1枚が描けなくて終わっていなかったのは、芸術家が陥る崇高なスランプなのかと思いました。しかし触らせなくてもいいから、おっぱい見せろと編集長が言ったのは、びっくりでしたが、そんな低レベルの欲望を取引材料にして仕事をボイコットしたならセクハラも、いいところです。すると、虫海が、やる気出た代わりに1万円で美空に買い物にいけと命令したのは罠で、虫海が逃亡し美空は編集長にクビにされたのは虫海の許せない裏切りです。落ち込んだ美空を枝分が、虫海が逃亡する前に戻すと、美空は虫海に原稿を書かせて今度は、上手く行くと思ったら、警察から電話があり親友を裏切れない美空が祐香のせいで、自分の仕事を妨害され、美空は、あまったれた裕香を自分勝手だと怒ったのは祐香への愛のムチだと思いました。祐香のせいで美空が犠牲になるのは理不尽です。その上、虫海がコンビニに行くと嘘を言うと、美空は皆が原稿待っていると言って体を張って止めて怒る場面は、作家に頭が上がらない筈の編集者という立場を乗り越えた美空の勇気ある行動だと思います。驚きは祐香の浮気相手の女が虫海の貢いだ女でした。枝分が祐香をキープするという離れ業にびっくりしましたが、虫海の家に行ったのが正解でした。枝分の鋭い洞察で、標が金を騙された女とも同じでしたが、虫海は芸術家のスランプでなく、金を貢いだのに振られそうになって金を取り戻そうかとか、よりを戻したいと思ったのか、気もそぞろだったのが情けないです。皆で女を捕まえに行くと美空が提案し、標と虫海が女に会い警察に通報したのは、めでたしでした。美空は虫海に恩を着せて完全に優位な立場になったと思います。おっぱい見せろと虫海が冗談を言いますが虫海が原稿を完成させたのは、元はと言えば枝分のお蔭です。男を狂わし惑わせる女の魔力は恐ろしいと思いました。それだけ愚かな男は多いのかも判りません。

30代女性

予想外の展開でしたが、最終的に登場人物たちで協力し合った展開が面白かったです。連載を持っていると漫画家だけではなくて、担当の編集者も大変だということを感じさせられました。漫画家に逃亡される点にはリアリティを感じたので、出版業界ではよくあることなのかもしれないと思いました。担当している漫画家の虫海に逃げられて編集者の美空が落ち込んでいるときに、枝分のタクシーに出会えたのは本当にラッキーだと思いました。枝分も楽しみにしていた漫画だということも、運命的なものを感じました。失恋した友人の佑香が美空に助けを求めてきたときに、美空が仕事を優先したのは仕方のないことだと思いました。美空が責任を感じてしまったのも納得ですが、枝分が助け舟を出してくれて良かったです。佑香の彼氏や虫海を騙していた女性が同一人物だった展開は驚きましたが、全員でタクシーに乗って過去に戻ったのは面白かったです。詐欺師の女性のことも解決して原稿も無事に出来上がったので、良い結末だと思いました。

30代男性

最後の10分がとってもドキドキして楽しい回です。前回で、区役所といい感じになってたあの看護師が!まさかまさかの展開でした。前回の婚活パーティーがまさかの伏線だったなんて、とってもびっくり。そうきたか!と思わず笑ってしまいました。あの看護師がまさかの詐欺師で、男を達をだますなんて、それがすべての悩みの原因というのも最後の回収でスッキリします。枝分さんもマンガ大好きという一面から、優しくしない優しはだってあるなんて、ほんとに青春漫画に出てきそうなキャチコピーで、ドラマを進めていくあたりとっても秀逸です。今回は栗山千秋演じる編集者、その友達、漫画家さん、標さんみんなの思いを乗せて、全員がタクシーに乗るなんてとってもかわいいワンシーンでした。代金は割り勘!?なんてみんなでタイムスリップしてとっても愉快です。諸問題解決して、さぁ連載再開!と言いたいところで、その先が書けないから戻りたいなんてオチも面白いです。起承転結が軽快で、暇なく楽しめる回でした。

50代男性

おひとよしトレジャーの連載が休止してるので、ファンとしては寂しい限りです。編集者の美空はアトリエまで出向く始末でしたが、上手い事を言われて部屋を出されてしまいます。美空もタイトルと同じおひとよしぶりです。枝分と出会い、時間を元に戻すことも簡単に信じてしまうほどの純粋な女性でした。時間を戻したらBパターンの道を選びますが、新たな問題が出てしまいます。さらにCパターンで行くと見えない部分まで見えてきます。どの道を選んでも上手くいかない気がしましたが、結果的良い方向になったと思います。詐欺師の女をみんなで捕まえにいった時の感情は一致団結していました。時間を戻したことで被害が少なくて済んだことは良かったと思います。しかしながら、現実は元に戻すことはできません。誰でもあの時あ~しておけば良かったなと思う時はありますが、不可能なことです。未来ならいくらでも変えることはできるので、過ぎたことは考えないのが人生だと思います。

50代女性

最初に竹野内豊さんとバカリズムさんがリモートで出演していました。4年ぶりだと言っていましたが自分たちも再び視聴しているそうです。思い入れのある作品だと言うことが良くわかります。今回は漫画家と編集者の攻防です。漫画家は気が乗らないと作品のあと1コマでも描けない様です。それを編集者は一生懸命なだめて描いて貰うように仕向けますが、色々ハプニングが起きて逃げられてしまい描いてもらえません。その度に時間を戻ってやり直します。今回は自殺未遂した友達や時間を戻すタクシードライバーの枝分さんも巻き込んで話しが進んでいました。友達の彼氏、漫画家の先生、喫茶店の常連さんまでも同じ女性に騙されている事がわかり皆でまた時間を戻る事にして、騙した女性を問い詰めに皆で押し掛ける事にしました。びっくりしました。先週の作品に出ていた看護師がそのまま話を継続して詐欺を働いていたとは。一話完結と思いこんでいましたが、こんなストーリーもあるんだと改めて楽しみになりました。

<見逃し動画>第5話 「女と女の選択肢」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第5話の公式あらすじ

大学病院に勤務する女医の美佐子(吉田羊)は、同じアラフォー独身の女友達から、婚活パーティーで知り合った男性との結婚を報告される。仕事に没頭して彼氏すらいない現状に焦りを覚えた美佐子は、早速、婚活クッキングパーティーに参加。大手商社に勤める工藤(袴田吉彦)に狙いを定める。そんな中、セクシーなボディーを武器に工藤に猛アピールしていた女性が調理中にミスをする。看護師の知美(浅見れいな)が美佐子に絶妙なアシストをしてくれたが、結果的に工藤は知美を選んだ。
疲れ果てた美佐子は停まっていた選TAXIに乗車。運転手の枝分(竹野内豊)と反省会を繰り広げるうちに、知美の行動がすべて計算だったと気づき、愕然とする。悔しがる美佐子に、枝分はリベンジを持ちかけ過去に戻れることを説明。美佐子は再びパーティー会場へと戻り、前回と違う展開を目論むが・・・。
美佐子は意中の工藤をオトすことができるのか!?女医VS看護師のバトルの行方はいかに!?
 
<出典>フジテレビ公式

第5話のネタバレはここをクリック
婚活パーティー
篠崎美佐子(吉田羊)は38歳の女医。バリバリ仕事に生きる女。

 

しかしある日、独身仲間だった同級生の友人が結婚したと聞いて、急に焦り始めます。友人は婚活パーティーで相手を見つけたといい、思わずその場で婚活サイトに登録してしまいます。

 

早速婚活パーティーに参加した美佐子。男女3対3でグループごとに自己紹介から始まります。普通の合コンとは違い、グループごとに料理を作ると言うスタイルの婚活パーティーになっています。料理を作ると言う作業をさせることで、間を持たせることができると言うメリットがあります。

 

美佐子は3人の男性の中で、商社勤めの爽やかイケメンの工藤(袴田吉彦)に目をつけますが、3品の料理を2人ずつで担当すると言う流れになってしまい、工藤を巨乳アピールぶりっこ女に持っていかれてしまいます。

 

巨乳女は工藤との会話に夢中で、ピラフを焦がしてしまいます。その時、少し地味ではあるが清楚な雰囲気を持つ知美(浅見れいな)が、「この焦げを利用して何か他のものを作れないかな?美佐子さん、料理が好きだって言ってたから何かいいアイデアありませんか?」と絶妙なパスをくれます。自己紹介の時に、医者だと名乗ったことで高飛車に思われないように「趣味は料理」と家庭的アピールをしておいたのです。

 

すっかり美佐子がリーダーとして場を回し、みんなが美佐子の指示に従いながらあんかけおこげご飯を作り、完全にいい感じ!しかし、途中でさりげなく後片付けを頑張っていた知美の行動に男性陣が気づきます。知美は「職業柄、人のサポートをするのが癖になっているだけです」と言って、このタイミングで自分がナースであることを明かします。「ナース」と聞いて、男性陣の目の色が変わります。自分が自己紹介で医者と名乗った時は、一瞬男性陣がかまえたような感じがしたのに、やはり女医とナースではナースの方が男性ウケが断然良いようです。職業を自己紹介の時にまず、あえてこのタイミングで明かすとは、知美は大人そうな顔してなかなかしたたかな女かもしれないと警戒する美佐子。

 

最後は自分の1番気に入った人の名前を書いた紙を封筒に書いて提出。逆に自分の名前を書いてくれた人の紙が入った封筒を主催者側から配ってもらい、解散となります。会場を出てすぐに封筒を開けてみると、1枚紙が入っていました。しかし名前を見ると、同じグループで料理の時に一緒に組んだおデブさんの男性。完全にハズレと落胆する美佐子。

 

すると少し離れたところで、知美がやはり封筒を開いて中を確認しており、2枚の紙を取り出していました。どうやら同じグループの工藤を含む2人の男性から紙をもらったようです。すると工藤が出てきて「今日はありがとうございました」と笑顔でお互い挨拶を交わし、2人で一緒に歩き出します。完全に完敗です。
 
1度目のタイムスリップ しかしナースはやはり強い
帰りにタクシーに乗り込んだ美佐子。運転手は枝分(竹野内豊)。美佐子は、婚活パーティーであったことを枝分に話します。料理中にビシバシみんなに指示を出してしまう女は、「悪くは無いけど、“家庭的“と言うよりは“できる女“と言う印象を持たれてしまうかもしれませんね」と言う感想。逆に、みんながバタバタしている間にさりげなく鍋とか洗っている女は、「それは好感が持てますね」。さらに「ナース」と言う言葉に、枝分も普通の男と同じような反応します。

 

思い出してみれば、ピラフが焦げた時に、料理のアイデアを美佐子に求めてきたり、「じゃあリーダーお願いします!」と美佐子をノせてきたり、最初から「やけにいいパスくれるな」と思っていたけど、それはすべて知美の計算だったのかもしれないと気付き悔しがる美佐子。

 

そこで枝分は時間を戻ることを提案します。

 

巨乳女がピラフを焦がす前の時間に戻ります。ピラフを焦がさないように、巨乳女にさりげなく注意をし、その間に自分は食器洗いに回ります。

 

すると、工藤が指を切ってしまいました。すぐに知美が駆け寄り、さっと絆創膏を取り出します。そしてこのタイミングで自分がナースだと言うことをぶっこんできました。

 

一応美佐子が洗い物をしたことに関して男性陣は褒めてくれましたが、知美のナースアピールをされてしまった今、勝敗はもう決まっています。美佐子はすぐに婚活会場を出て、もう一度タクシーに乗り込みます。
 
2度目のタイムスリップ ライバルに勝利するが…
時間を戻って、会場に行く前に薬局に寄って絆創膏を購入。洗い場にいかず、工藤のそばで指切り待ち。そして工藤が指を切った瞬間に、絆創膏を取り出し処置してあげます。そして知美が得意技としていた、顔を近づけてじっと見つめ「まつげついてました」作戦。全く知美に隙を与えず、完全勝利!

 

パーティーが終わって、美佐子が封筒を開けると工藤からの紙が入っていました。早速工藤と一緒に帰ろうとすると、知らない女がやってきて「婚活パーティーでゲットした女とそのまま飲みに行って、酔わせてお持ち帰り。私の時と同じじゃん。こいつ、婚活パーティー荒しだから。たかだか7000円程度で、好みの女持ち帰れるならコスパいいじゃんって考えてるから」と大暴露。

 

呆れてすぐにタクシーに戻った美佐子。もともと工藤を落とすことに躍起になっていたのは、知美との勝負に勝ちたかった思いが強かったようで、工藤を落としたことに満足して飲みに行くのをめんどくさいと感じていた自分に気づいたのです。

 

すると、外を知美と区役所勤めの男性が一緒に歩いていました。「何かいい感じだな」と枝分が言うと、美佐子の闘争心に火がつき、「1時間前に戻してください!」と言い出します。しかし、枝分が「もういいよ。お客さん絶対結婚できない!恋愛もできない!」と止めました。美佐子は助手席に乗り込み、枝分に「まつげ作戦」をやって「今度合コンしません!?」と誘いますが、「絶対しません!」と断られてしまうのでした。

第5話の感想はここをクリック
もう一押し!
袴田吉彦さんが出てきた時点で、多分この人が“ハズレ“と言うオチなんだろうなぁと言うところまでは想像できちゃいました。だけど、工藤を落としに行くまでで尺使いすぎましたね。

 

美佐子が工藤を落としたことで、知美が役所勤めの男性を落とし、そっちの方が当たりだったかも!と思い、今度は区役所男性を奪いに行くところをタイムスリップ2回目でやって欲しかったです。だけど、区役所勤めの男性にも何か問題があって、最終的にはあのおデブさんが1番当たりだった!と言うオチにしたほうが面白かったかなと思います。
 
標と美佐子の今後あり!?
今回はカフェの常連客の標(升毅)もまた、婚活パーティーに行っていましたね。美佐子とは別のグループでしたが、美佐子の方を気になって振り向いていましたよね?

 

そして最後に枝分に「誰か紹介してくださいよ~」と言い、枝分が「女医さんなんてどうですか?」と美佐子のことを思い出し提案していました。今後、この2人の未来はあるのでしょうか!?

<見逃し動画>第4話 「金と欲の選択肢」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第4話の公式あらすじ

町工場で働く朝倉(勝地涼)は、ある日突然会社をクビになり、途方に暮れる。帰り道、バスの中で偶然拾った宝くじが、1億円の当たりくじだった。早速、停まっていた“選TAXI”に乗り込み、換金するため銀行へ向かうが、窓口が閉まる午後3時を過ぎてしまう。さらに、支払い期限が今日までと判明。あと30分早ければ・・・と肩を落とす朝倉に、枝分(竹野内豊)は、このタクシーはやり直したい過去の分岐点に戻れると説明する。
半信半疑ながらもバスに乗る前へと戻った朝倉は、再び宝くじを拾い銀行へ。しかし、窓口で当選金の受け取りには身分証と印鑑が必要だと告げられる。朝倉は大慌てで自宅へ戻り、再び銀行へ猛ダッシュするが、またしても間に合わない。
諦めきれない朝倉は、“選TAXI”でもう一度バスに乗る前へ戻る。ところが、バスの中で思いもかけない事件に巻き込まれ、朝倉は警察に連れて行かれそうになり・・・。
朝倉の運命は果たして!?そして当選金1億円の行方は!?
 
<出典>フジテレビ公式

第4話のネタバレはここをクリック
宝くじで1億円が当たる!
町工場で働く朝倉(勝地涼)は、ある日社長と喧嘩をして会社をクビになってしまいます。帰り道、バスで宝くじの券を偶然拾います。なんとはなしに当選番号を確認してみると、なんと1億円が当選していました…!

 

早速換金しようとタクシーに乗って銀行に向かいますが、道が混んでいて全然進まず、窓口が閉まる時間までには間に合いませんでした。

 

運転手の枝分(竹野内豊)に「1億円が当たった」と話し、当選券を見せると、「これ去年のですよ。支払期限にもよりますけど」と言われてしまいます。慌てて確認してみると、なんと当選期限は今日まででした。つまり15時を過ぎてしまった今、換金することはできないのです。

 

タイムスリップのルールとしては、時間を戻ると宝くじの券もその時点にあった場所に戻ってしまうため、券を持ったまま時間を戻ることはできません。

朝倉は宝くじを拾ったバスに乗る少し手前に時間を戻すことにしました。
 
タイムスリップ1回目 間に合わず、妻にも逃げられる
予定通り、バスの中で宝くじを拾った朝倉は、今度は無駄なことをせずに一目散に枝分のタクシーに乗り込み銀行に向かいます。しかし身分証と印鑑が必要と言われてしまいます。

 

急いでタクシーに乗って家に帰り、印鑑を持ち再び家を出ようとする朝倉。すると妻の明日香(真野恵里菜)は、仕事中の時間なのに家に帰ってきて突然印鑑を持ち出そうとする朝倉に不信感を抱きます。

 

朝倉は再びタクシーに乗り込み銀行に向かいますが、この先の道で事故が起こったらしく渋滞で動けません。仕方なくタクシーを降り走って銀行に行きますが、目の前でシャッターが閉まってしまいました。

 

しかも明日香から「もうついていけません。実家に帰ります」と言うメールが。朝倉の行動を不審に思った明日香が職場に電話をして、朝倉がクビになったことを知ったのです。
 
タイムスリップ2回目 痴漢に間違えられる
再びタクシーに乗って過去に戻った朝倉。焦って当選券を拾おうとしたところ、バスが揺れて近くにいた女子高生の太ももにつかまってしまいました。チケットを拾いそびれバスを降りると、他の乗客たちが「痴漢をしといて逃げる気か」と取り押さえてきますが、なんとか振り切って逃走。

 

乗客たちはしつこく追いかけてきますが、タクシーに乗り込んでまた過去に戻ります。
 
タイムスリップ3回目 看板落下事故
今度はタイミングを間違えないように注意して、確実に当選券を拾います。

 

そしてまっすぐ家に帰り、妻に疑われないように「休み時間だから忘れ物取りに来ただけ」と言って、無事に家を出ることに成功。

 

今度こそかなりの良いタイムで枝分のタクシーまでたどり着きます。しかしやはり道は渋滞しています。確実に途中で降りて、走って銀行に向かう道を選びます。

 

しかし途中で、「危ない!」と言う声が上方から降ってきて、それとともに大きな看板が落ちてきて朝倉は下敷きになってしまいます。

 

1度目のタイムスリップで、渋滞の原因となっていた道の先の事故。この時誰かが看板の下敷きになっていました。過去が変わったことで、下敷きになる人物が朝倉に変わってしまったのです。

 
 
別人のタイムスリップ
枝分のタクシーにある男性が乗ってきます。

かなり暗い顔をしていたので枝分は事情を尋ね、タイムスリップをしてやり直すことを勧めます。男性を降ろしたと「これはしょうがないよな…」と枝分はつぶやきました。

 

バスに乗り込む男性。その手には1億円の当選券がしっかりと握られています。

バスがガタンと揺れますが、券を落とさないように男性はしっかりと握っています。

 

実はこのバスの揺れで、男性がこの券を落とし、それを一緒に乗り合わせていた朝倉が拾ったのです。1億円が当たっていることを知っていたのに落としてしまったため、男性はかなりショックを受けた様子でタクシーに乗り込んできたと言うわけです。

 

しかし男性が人生をやり直したため、朝倉が券を拾うと言う事実もなくなりました。

 

 

朝倉はその後すぐに会社に戻り社長に謝り、無事会社に戻ることができました。

1億円を手にすると言う事実はなくなってしまったけれど、職も命もなくすことなく平穏な日々に戻れたのです。

 

※ちなみに拾った宝くじを換金する事は犯罪です。

第4話の感想はここをクリック
宝くじの夢
こういった不思議系のお話ではよく題材に挙げられる宝くじ系のお話。もし1億円が当たったら…って誰もが想像したことのある夢ですよね。

 

だけど1億円を手に入れることに目がくらんで、妻を失ったり、危うく痴漢で刑務所に入るところだったり、そして最後には命まで失ってしまったり…。

 

あまりにも歴史に大きな変化を与えようとすると、自分の身の回りも大きく変化してしまう、と言うタイムスリップものの暗黙のルールが適用されたようなストーリーでした。

 

宝くじが当たると言う非日常的な事件が起こらなければ、いつも通りの会社に行って、いつも通りの家族との暮らしがあって、特別な事は無いかもしれないけどいつもと同じ日常が1番幸せだ、と言う結末ですね。
 
看板落下事故は?
だけど1つだけとっても心配になってしまったことがありました。

 

タイムスリップをするごとに、少しずつ小さな要素は変わっているものの、大きな軸としては変わらずに同じことが起きています。とすると、看板が落ちる事故と言うのは最後の世界でも起こると言う事なんですよね。

 

最初は知らない誰かが、次は朝倉が被害者になっていましたが、朝倉が被害を逃れたことによって他の違う誰かが犠牲になってしまったのでしょうか?

 

看板の落下事故が起こったとしても、幸い下に誰もいなかったので大事には至らなかった、と言う筋書きももちろんあり得ます。

 

いつも最後に枝分さんが“その後“について丁寧にいつも詳しく説明してくれるのに、その説明はなかったなぁと思いました。
 
 

30代女性

宝くじを拾ったことで巻き起こる展開であり、大金を前にし目が眩んだことで選択し直すことを決意し、最終的に訪れた結果に衝撃を受ける展開となっていました。勝地涼さん演じる朝倉が仕事を辞め、仕事を探していた際に拾った宝くじが1億円を当選していたことに気付き、換金が拾った当日で間に合わなかったことから選択をし直す展開であり、目先の幸せのために仕事を探すという地に足をつけた選択をせず、結果、何度選択をし直してもうまくいかず、目的を果たせず事故に巻き込まれてしまう結末に、幸せとは何かと考えさせられました。その後、朝倉の結末を知らない枝分のタクシーに宝くじを落としたという男性が乗り込み、枝分の気転により、宝くじは元の持ち主に、そして朝倉は辞めた会社で再び働き始めるという結末となっていました。誰かが幸せになることで誰かが不幸になるという結末にならず、どちらも笑顔で迎えられた結末にホッとしたのを覚えています。また枝分の深入りしない態度が良い結果をもたらしたのだと思え、選タクシーでの枝分の存在感の重要性を感じた回でした。今回、接点のなかった人が選択し直したことで救われた朝倉の姿に、人生や選択の複雑さを感じると共に一度決断した結果を変える難しさを感じた回でした。

10代男性

勝地 涼さん演じる朝倉陽平さんはつまらないことで喧嘩して仕事を辞めるシーンがあったが、自分もよく考えないで感情的になって意思を曲げないところがあるので、引くに引けなくなり投げやりになってしまうことはかなり共感できた。その後一億の宝くじを拾って舞い上がってしまう場面もあり実際自分そういった状況に遭遇したら他人の所有物を盗むことになるので悪いことであると頭では理解していても実際に交番に届けたりする行動には移せずためらってしまうと思った。なおさら換金できるのが今日までだと知ったらなおさらお金にくらんで、欲しいものを買いたいという欲求が優ってしまうと思う。この主人公もお金を横取りしようとしていうので、物欲は人間の摂理だと思った。途中に奥さんい不審がられて退職したことがバレてしまったが、前から買っていた宝くじが当たっていたと変な挙動しないで半分嘘をつけばいいのにとか思ったが、実際、その場面になったら顔や挙動に現れてしまうのか。と感じた。結局奥さんと別れたり、命を落とす危機に直面したりするが、お金では買えないものがあると考えさせられた。いくらお金を持っていても、友達や大切な人、自分の命はお金では変えられないので大切にしようと考えさせられる話でした。

50代女性

たまたまこのドラマのチャンネルがついていただけで、予備知識ないまま見始めました。イケメンで渋い竹野内豊さんが出ているのでうれしくなりました。勝地涼さんは前田敦子さんの旦那さんということだけは知っている俳優さんです。今回改めて見ると、顔立ちもすっきりしてイケメンだと思いました。演技も自然体で見ていて心地良くとても好感が持てたのです。今回の役柄でスタジャンを着ていたので、おばさん世代の私にはチャラい印象でした。しかしながら、顔立ちがとてもきれいで私の中で印象がガラリと変わりました。竹野内豊さんが、本当にイケメンで素敵なのに、勝地涼さんも負けずにイケメンでした。さわやかな俳優さんを見るだけでも幸せでしたし、内容もファンタジックな展開があり食い入るように見てしまいました。今回が第4話ということで、なぜ今まで見なかったのだろうと後悔しています。現実では起こりえないことこそ、1日の終わりのドラマで楽しみたいのです。このドラマはイケメンが出ているということで目の保養になりますし、内容もとても面白く、すぐに次が見たくなりました。私の場合は第4話から見始めたので、ぜひ第1回目からじっくり見たいです。次回の放送も今から楽しみでとてもワクワクしています。

50代女性

最初と最後に出てくる喫茶店のシーンがほっこりします。いくら内容がシリアスなものであってもあのシーンのオチがある事でホワッとした気持ちで余韻を楽しむ事ができてさすがバカリズムさんだと思います。今回は工場の社長といざこざがあって首になってしまった若者が何度も過去に戻りました。首になってバスに乗ったら当たりの宝くじを拾います。換金期日が今日までです。渋滞に巻き込まれ竹野内豊扮する運転手に過去に戻ってやり直す事が出来ると伝えられます。お金が欲しい若者はトライして過去に戻ります。換金に印鑑が必要で印鑑を取りに自宅に帰ったら奥さんと口論になり奥さんが実家に帰る羽目になり、またやり直しです。バスで宝くじを拾う時に痴漢に間違えられたり、時間通りに事が運んだのに自分が事故に遭ってしまいました。これが結末かとドッキリしていると拾ったと思っていた宝くじは他の人が落とした事がわかりました。落とし主が過去に戻り、宝くじを落とさなかった事で前の若者も事故に遭う事も宝くじを拾う事もなく、自分の非を認め社長に謝罪して職場復帰することが出来ました。この結末には本当に驚きました。若者が事故にあったところで今回はこんな悲しい終わりなんだと思いましたが、二人が過去に戻る事でハッピーエンドで終わりました。本当に奥が深いドラマです。

30男性

意外にシュールだったのはカフェの取材にめちゃくちゃおしゃれしてきたのに全く本編で使われていないところでちょっと笑ってしまいました。他の人達や枝分さんまで一言ずつ尺があったのに彼の場合は姿さえ出てこないのが逆に面白かったです。いっそのこと、撮影のシーンも見てそれとテレビ放送された分とどれだけ異なっていてどれだけカットされたのかも気になっちゃいました。肝心の作品の選択内容に関してですが、最後の結末としては一番現実的な状況に収まっていてかつ誰も不幸にならない終わり方でちょうど良かったんじゃないのかなと感じられました。痴漢に間違われるシーンはさすがに揺れてぶつかっただけなのにあそこまで大事にされてしまうと思うと今後はバスに乗りづらい気持ちになって怖くなってしまいました。宝くじが当たった後の男性のリアクションは典型的になっていてそんな落ち着きがない彼をしっかり枝分さんの冷静な切り返しが相変わらずダンディーでかっこよかったです。また、冒頭の会社でいきなりもめたところが果たして一体どんな内容だったのか少し気になりました。上司がけっこうなテンションで怒っているのがこのパワハラがあるご時世で珍しく感じたのでそこもなんとなく描いて欲しかったです。

30代女性

行きつけのカフェにテレビ取材が入ることを知った枝分が、テレビ映りを気にして着替えようか悩んでいたのは笑ってしまいました。さりげなく普段とは違う服装をしていた他の常連客のことが、周りにはバレバレだった点も面白かったです。宝くじを拾った第4話の乗客である朝倉が、大金を受け取るために何度もやり直しをするのは納得でした。なかなか上手くいかないのは驚きましたが、運命は偶然の積み重ねなんだと感じさせられました。当選した宝くじを拾ったら、人はどのような行動を取るのかがリアルに描かれていて面白かったです。何度もやり直した朝倉は今度こそは上手くいくと思いましたが、まさかの結末を迎えてゲームオーバーになってしまったのは衝撃でした。ですが、他の選択肢を選んだ世界では生きていて、宝くじを拾っていなくても真面目に頑張ろうとしていたので安心しました。無事に当選金額を受け取っていたら真面目に働こうとはしなかったと思うので、結果的にこれで良かったと思えました。お金というのは人生を豊かにしてくれると同時に、人を変えてしまう怖いものだと考えさせられた回でした。テレビで放映された枝分やカフェのスタッフがガチガチだったのは笑ってしまいましたが、ほっこりとした気持ちになりました。

<見逃し動画>第3話 「愛と人の選択肢」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第3話の公式あらすじ

理想の夫婦に贈られる『いい夫婦ベストパートナー賞』の授賞式会場。IT会社社長の野々山(中村俊介)の秘書を務める麻里奈(木村文乃)は、会場の傍らで、妻の明歩(笛木優子)と仲睦まじくカメラのフラッシュを浴びる野々山を見つめていた。
授賞式終了後、不倫関係にある麻里奈と野々山はホテルの一室へ。麻里奈は、奥さんと別れて、結婚して欲しいと野々山に迫る。さらに妊娠を告げるが、野々山は金目当てのウソだと冷たく言い放ち、麻里奈のもとを去った。
ショックを受けた麻里奈は泣きながら、停まっていた“選TAXI”に乗り込み、様子を心配した運転手の枝分(竹野内豊)に事情を話す。すると枝分は“選TAXI”のシステムを説明。麻里奈は授賞式の前に戻ることを決めた。
会場に戻った麻里奈は、ホテルのラウンジで男性と会っている明歩の姿を目撃。明歩の浮気を確信した麻里奈が次にとった行動とは!? 選択し直すことで野々山との関係は、果たしてどうなるのか!?
 
<出典>フジテレビ公式

第3話のネタバレはここをクリック
不倫女が妊娠!
会社の社長・野々山(中村俊介)はモデルの妻明歩(笛木優子)とおしどり夫婦で有名。『いい夫婦ベストパートナー賞』に選ばれました。しかし秘書の香西麻里奈(木村文乃)と不倫をしています。

ベストパートナー授与式の後、麻里奈とホテルの部屋で二人っきりになった野々山は、さっそく麻里奈を押し倒そうとします。しかし、麻里奈はそれを拒み、

 

「奥さんと別れて、私と結婚して」

 

と迫ります。しかし野々山は「既婚者と承知の上で付き合っておいて、それはずるい」と急に不機嫌になり帰ろうとします。野々山を追いかけた麻里奈は、「私、妊娠したの」と打ち明けます。しかし野々山は、「女はそうやってみんな嘘をつくんだ」と信じてくれませんでした。

 

 

泣きすぎてマスカラが落ちて、真っ黒な顔になったまま、麻里奈はタクシーに乗り込み家路につきます。しかし乗り込んだタクシーと言うのが”選TAXI”。過去に戻れる不思議なタクシーです。

 

話を聞いた枝分(竹野内豊)は、「”そんなひどい男さっさと別れろ”と言いたいところですが、お腹に子供がいるとなれば話は別だ」と言い、このタクシーが過去に戻れるタクシーだと言うことを麻里奈に教えます。
 
1度目のタイムスリップで野々山が死ぬ!?
麻里奈は、もう一度ホテルに戻り、話を打ち明けるタイミングを変えてみることに挑戦。

さっきは野々山が強引にベットに押し倒そうとしてくるのを拒んで話を切り出しましたが、今度は一旦行為を受け入れることに。その後、野々山の妻への愚痴も十分に聞きます。

 

野々山はもともと子供が欲しかったのですが、明歩は結婚前にはそれを了承していたのにも関わらず、どんどんとモデルの仕事を増やしたそうです。

 

麻里奈は、「奥さん、不倫してるかもしれない」と野々山をそそのかします。明歩が知らない男性と会って、アクセサリーをプレゼントされているらしきところ見かけたのです。確かに野々山にも心当たりがありました。明歩はたまに内緒で出かけていることがあり、怪しいのです。

 

すると野々山の方から「いろいろ落ち着いたら、これからのことを話そう」と言ってくれました。

 

いい感じの流れで上機嫌で2人で歩いていると、麻里奈の元カレの柴田がやってきます。柴田はジャーナリストで、「野々山さん、この子と不倫してますよね?」と迫ります。

柴田は2人が密会している証拠の写真も撮っていました。野々山は写真を取り返そうとして柴田ともみ合いになり、階段から転落し頭から大量の血を流してしまいます。

 
 
2回目のタイムスリップ、明歩の秘密とは?
急いで選TAXIに戻った麻里奈は、もう一度タイムスリップをします。そして今度は、明歩に直接「ご主人に内緒にしていることがありますよね?」と問い詰めます。すると明歩は、「そうね。話そうと思ってたの。ちょうどいいから一緒に来て。香西さんは家族みたいなものだもの」と麻里奈を連れて野々山の元へ。

 

明歩が野々山に内緒にしていたこととは、なんと子供ができたことでした。

 

実は麻里奈は心配をかけまいと、1人で不妊治療していました。会っていた男性は、病院の先生で、アクセサリーを受け取っていたのは忘れ物を届けてくれただけでした。

 

野々山と麻里奈は2人になって、気まずい雰囲気。

「もう私、嫌になっちゃった。自分勝手で悪いけど、別れてくれない?」と、麻里奈は自分から別れを告げます。

 

この流れでふられるのはみじめすぎるので、自分から別れを切り出したのです。

選TAXIに戻った麻里奈は、枝分と一緒に海に行きます。

 

 

「赤ちゃんは1人で育てていくんですか?」と枝分が聞くと、「実は、嘘なんです。妊娠」と麻里奈。

 

妊娠したかもしれないと思い産婦人科に行ったのは本当ですが、結果、できていなかったのでした。

「女って怖ぇぇぇぇぇ!」と枝分はドン引き。

 

 

その後、野々山は今までのことを償うように良き旦那となり、明歩と正真正銘のおしどり夫婦になりました。また、麻里奈は会社を辞めようとしましたが、野々山の最後の気遣いで部署を異動させてもらい、バリバリと仕事をがんばっています。

第3話の感想はここをクリック
世にも奇妙な物語みたい
これって世にも奇妙な語でありそうな話ですよね。後は同じくタモリさんがストーリーテラーをやっていた「ifもしも」と言う番組にめちゃくちゃ似てる!これ系の元祖かもしれないですよね。

 

それ以外でも深夜ドラマで同じ設定の話があったような…。ココリコ田中直樹さんの「リセット」ですね。これも確か人生をやり直して、だけどリセットしたことが大間違い!みたいな展開になっちゃって、「もう一度だけリセットできる」と言う設定でした。
 
バカリズムさんが脚本
脚本誰かと思ったら出演もしているバカリズムさんなんですね!

1話 1話、軽く見られそうで普通に面白いけど、全話を通しての盛り上がりとかはなさそうかな~。

個人的には2話のストーリーが好きでした。ちょっと切ない感じで。

 

同じ設定を与えられて、いろいろなストーリーを描くって逆に難しい気がしますよね。続き物の方が最終話まで持たせるのが簡単な気がします。

そういった意味では、最終回にどんな盛り上がりを見せてくれるのか楽しみです。
 
 

40代女性

選タクシーの運転手・枝分が、野々山と不倫をしている秘書の麻理奈を乗せる第3話。毎回、飄々としている枝分ですが、物語の最後には女の末恐ろしさに苦笑しちゃっていて、私も心の中で「女ってそんなところあるよね~」と思ってしまいました(笑)。野々山と不倫している麻里奈は、「妻と別れて自分と結婚して欲しい。妊娠している。」と迫ったものの、野々山に逃げられてしまうところには、「やっぱり男って追うと逃げるんだなぁ」と思わせられました!それどころか反対に金目的なのか?と疑われる始末!なんだか可哀想でしたね、、。そんな風に疑われても、麻里奈が野々山に執着するのが分からない!しかし私の考えとは違い、麻里奈はもう一度野々山とやり直せるように、枝分の選タクシーに乗って過去に戻るわけですが、今度は麻里奈の元カレが登場したりと上手くいかないところには笑っちゃう!いつもそうですが、「素敵な選タクシー」は一回では上手く話がまとまらないのが面白いところなんですよね~。最後には麻里奈も所詮自分は愛人でしかなく、野々山夫婦の間に割って入れないと気づくところでは、やっと分かったんだとスッキリしました。だって無理矢理、野々山と結婚したとしても麻里奈も将来、同じように不倫され野々山を不倫相手に横取りされそうですからね(笑)。

10代男性

秘書が社長との不倫をしていていまの奥さんと別れさせて結婚をすることを実現させるために奮闘するという、新しい切り口の回でした。現奥さんには隠れて不倫関係社長との不倫をし続けていた。そろそろこの関係にケリをつけたかった麻里奈は現奥さんと別れさせて社長を手に入れると考えているシーンは女性は怖いと率直に感じた。そして奥さんの動きがあやしいと社長に告げ口したところ社長の野々山も妻の不倫について心配していて、社長は心配性である一面があって意外性があると思った。麻里奈は自分の思う通りに略奪愛がうまく行くと思いきや麻里奈の元カレが出てきて不倫している決定的瞬間をカメラに収めた写真をチラつかせて社長との関係を終わらせるようにせがむ。そこでもみ合いになってしまい社長は死んでしまった。麻里奈は社長が死ぬ前に戻り過去を変えようとする。ここまでの展開があまりにも急でジェットコースターに乗っているかのような感覚だった。実際に過去に戻り奥さんに真実を話してもらうように頼み、奥さんは真実を話すがその内容は信じられないもので実は赤ちゃんを妊娠していたのだった。ここでまさかの展開にこの後どういう展開になるのか読めなかった。結局はいまの奥さんと過ごすことになり麻里奈が別れを切り出した場面ではどちらに感情輸入して良いのかわからくなってしまった。もう流石にタクシーに乗り過去を変えることをやめシングルマザーとしてお腹の中にいる子と暮らして行くのかと思っていたところ。社長と別れさせる口実という事を知った時全ては一つの嘘から物語は始まったのだと悟ったと知った時には驚きよりも恐怖を感じた。最後までどんでん返しの展開でなんども驚かせる事実が次々と発覚していく様子はとても面白かったです。

30代女性

不倫がテーマとなった回でしたが、選択し直しても不倫を肯定しない結末に安心感を覚えた回でした。選択し直して得られた結果は木村文乃さん演じる麻里奈にとって納得のいくものではありませんでしたが、前を向くきっかけ与えてくれたという選タクシーの在り方に胸が熱くなったのを覚えています。社長と不倫している秘書であった麻里奈ですが、妊娠したと結婚を迫ったことがきっかけでもつれてしまった関係を修復しようと懸命になる姿が見られました。妊娠を嘘だと決めつけ認めようとしない社長、そして奥さんからの略奪のため選択し直す麻里奈の行動どちらにも疑問を感じましたが、選択を繰り返すうちに本当に必要なものは何か見極めていく麻里奈が見られ、奥さんの妊娠発覚とそれを喜ぶ社長を見て、妊娠に対して自分のときとは違う反応に別れを決意する姿は、選タクシーを利用して良かったと思えたシーンでした。事実を受け止め自ら別れを切り出した麻里奈の姿は社長への執着が消え去った瞬間に感じました。これまでの選択は今の状況を打破するきっかけを掴むための選択であったと感じ、選タクシーの可能性の幅を感じられました。また、選択を止めた後に告白した妊娠は嘘という発言を聞いて恐れおののく枝分の姿は笑いどころでした。笑いで終わることができる結末にバカリズムさんの脚本の魅力を感じられました回でした。

<見逃し動画>第2話 「今と昔の選択肢」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第2話の公式あらすじ

とある海辺の田舎町で、町長の娘が何者かに誘拐された。警察は犯人が選挙カーで逃走しているとの情報を入手し捜査を開始する。
その頃、釣りをしていた民宿の主人・平野(仲村トオル)の前に突如、枝分(竹野内豊)が現れ、この町に伝わる、カップルに人気のスポットに行きたいと道を尋ねる。仕方なく道案内することになった平野だが、その道中、一台の選挙カーとすれ違う。誘拐事件のことを聞いていた平野は警察に通報。人質の娘は無事に保護される。
平野が警察署を訪れると、そこには昔の恋人で、今は町長の妻となった高橋加奈子(霧島れいか)の姿が。久しぶりに加奈子と再会した平野は、苦い過去を思い出す。さらに、加奈子の娘と、犯人の若者を見た平野は、自分が二人の駆け落ちを邪魔したことに気付く。
枝分から過去に戻れると聞いた平野は、選挙カーとすれ違う前の時点に戻ることを選択する。そして過去に戻った平野は選挙カーの前に立ちはだかり、若い二人の話を聞こうとするが・・・。
 
<出典>フジテレビ公式

第2話のネタバレはここをクリック
小さな町で誘拐事件発生!?
枝分(竹野内豊)はロマンチックな伝説が大好き。雑誌に載っていた「ハート岩」に、いちどこの目で見てみたいと思いを馳せています。優陽町と言う田舎町にあるハート型の岩で、そこで愛を誓ったカップルは永遠に結ばれると言う伝説があるのです。

 

この小さな町・優陽町で釣りをしている平野(仲村トオル)。最近この町に戻ってきて民宿をやっています。

 

何の事件も起こらないと退屈過ぎる平和な街で、なんと誘拐事件が発生!誘拐されたのは現町長高橋雄一郎(斉木しげる)の娘・いのり(柳生みゆ)20歳。

逃走に使われたのは高橋の選挙カー。

 

枝分はどうしてもハート岩がみたくて優陽町に来ていました。ハート岩の場所を聞きたくて、海辺で釣りをしていた平野に話しかけます。

平野をタクシーに乗せハート岩に向かう途中、選挙カーとすれ違いました。平野はすぐに通報して、いのりは無事見つかりました。

 
 
平野の後悔
平野は警察に呼ばれ、刑事や高橋町長からお礼を言われます。高橋町長と一緒に来たいのりの母親の加奈子(霧島れいか)は平野の同級生で、実は2人は高校生の頃、交際していました。

 

 

しかし町長の娘だった加奈子は、父親の部下で次期町長の男とお見合いさせられることが決まっていました。加奈子は「一緒にこの町を出ようよ」と平野に連れ出してほしいと頼みましたが、平野にはその勇気がありませんでした。

署で連行される若い男性・達也(間宮祥太朗)とすれ違い、2人もまた若かりし頃の自分たちのように家庭の事情で交際を阻まれている恋人同士なのだと気づいた平野。2人は駆け落ちしようとしていたのです。

2人の事情を知っていたら通報なんてしなかったのにと後悔する平野に、枝分は過去に戻ることを勧めます。
 
1度目のタイムスリップ 平野が逮捕
平野はタイムスリップして、2人に話を聞こうとします。

 

達也は最初は平野を信用せずに車で逃走しましたが、追いかけた平野はやっと話を聞くことができます。2人の気持ちは確かなもので、達也は「何があってもいのりの事は俺が守ります」と力強く誓います。

 

「がんばれよ。俺の分も頼むな!」と、自分が貫くことのできなかった愛を2人に託し、平野がその場から去ろうとした瞬間、たくさんの警察官たちに取り囲まれてしまいます。

「騙したのか!?」達也は平野が警察にこの場所を教えたのだと思い込みます。本当は近くに選挙カーがあったので場所を特定されただけだったのですが。

 

結局また自分のせいで2人の駆け落ちは失敗に終わってしまったのですが、「犯人を引き止めて説得してくれていた」と勝手に警察や高橋町長から平野は感謝されてしまいます。

 

しかしどうしても2人を幸せにしてあげたかった平野は、なんと近くにいた巡査の腰から拳銃を抜き取り、「娘を殺すぞ!」と言っていのりを強奪。それから「そいつを放せ!」と言って達也の釈放を要求。2人を外に連れ出し、タクシーに乗りこませます。

 

過去に戻れることを簡潔に説明し、「お父さんとちゃんと向き合って話をしろ!逃げるんじゃないぞ!」と説得します。タクシーが出た後、平野は警察に取り押さえられてしまいました。

 

 
 
2度目のタイムスリップ 全てがハッピーエンド
平野に言われた通り、ちゃんと父親と話をしに行った達也といのり。達也は父親にぶん殴られてしまいますが、いのりは「どうしても無理矢理結婚させようとするなら、この家を出ていく!」ときっぱり宣言し、さらに味方になってくれたのは母親の加奈子でした。加奈子もまた過去に無理矢理引き裂かれた恋を忘れてはおらず、娘に同じ辛さを味わわせたくなかったのです。

 

 

達也との交際を許してもらったわけではありませんが、とりあえずお見合いはしなくても良いことになりました。晴れ晴れとしたいのりと達也は「これからハート岩に行こう!」と言う話になります。

 

外で待っていた枝分にその話をすると、「僕もちょうど行きたいと思っていたけど、場所がわからなくて困ってたんだ。よかったら乗って行くかい?」と誘います。タクシーで走っていると、平野が海辺で釣りをしていました。「お礼を言いたい」と言ってタクシーを降りて行く竜達也といのり。

 

しかし過去に戻っているので、平野は2人が誰なのか分かりません。2人は駆け落ちをしなかったので、それを止めようとしたと言う平野の行動自体もなくなり、これが初対面になると言うわけです。それでも2人は平野にお礼を言って帰っていきました。

 
 
ハート岩は歯跡岩
ハート岩のお土産を持って、いつもの喫茶店のメンバーに差し入れをした枝分。そこでハート岩は”歯跡岩”と書くのだと知ります。

 

昔、彼女と別れさせられるのが嫌で、岩に噛み付いて抵抗した男の執念が宿っていると言う言い伝えだったのです。“執念“と言う言葉に、「枝分さんて、こういうオカルト的なやつ好きなんですか?」とドン引きする喫茶店店員のカンナ(清野菜名)。ロマンチックな場所だと思っていたのに、オカルトスポットになってしまい、何とも言えない表情の枝分なのでした。

第2話の感想はここをクリック
ハートフルでちょっぴり切ない
今回の話は、世にも奇妙な物語のスペシャルで5話くらいあるうちの1番最後にやる話って感じでした!大体最初にすごく怖い話が来て、真ん中らへんで不思議で面白い話が来て、最後はちょっと泣けるような話がくるんですよね。

脚本のバカリズムさんも、多分同じ世代だから、世にも奇妙な物語をよく見ていた人なんだろうな。

 

最初に平和すぎて事件がないと嘆いていた交番勤務のお巡りさんが、失踪事件かと思ったら飼い犬が迷子になったと言う話だったとがっかりするシーンから始まりました。それがラストのシーンで、みのりが犬のリードが解けたことに気づき飼い主に伝え、迷子になる前に阻止したと言うところで回収されていました。

 

話の本筋とは関係ありませんでしたが、もしかしたら飼い犬が迷子になったことで交通事故にあって死んでいたかもしれない。未来を変えられたことで、犬の命も救ったのかもしれないなぁなんて思うと、この小さな仕掛けがとても大きな意味があるように思いました。

 
 
パラレルワールドはどうなってるの?
だけど、最後のシーンで平野がみのりと達也のことを知らなかったと言うことで、そっか、出会う前に戻っているんだからそういうことだよな…。じゃあ別の世界で逮捕されてしまった平野のその後はどうなったんだろう?と疑問がぐるぐるしました。

 

パラレルワールド説で言うと、未来を変えても悲しい結末になってしまった世界はそのまま続いていくと言うことになるのですが…。でもパラレルワールド説だと、どんなに未来を変えても、希望がないですよね。だから、未来が変わった瞬間に、もう一つの世界は消滅してしまうと言うことにしておきたいですね。

<見逃し動画>第1話 「男と女の選択肢」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

パトカーが街を徘徊し、何やら騒がしい夜、売れない俳優の村上秀樹(安田顕)は、恋人の浦沢香(小西真奈美)にプロポーズしようと待ち合わせ場所の高級レストランへ急いでいた。しかし店に着くと、2人は些細なことで喧嘩になり、香から別れを告げられてしまう。店を飛び出した香を追いかけようと、慌ててタクシーに乗り込む村上。しばらくすると、運転手の枝分から「彼女がいた時の店に戻りましょうか?」と持ちかけられる。村上が乗った選TAXIは、乗客がやり直したい分岐点に戻ることができるタクシーだという。半信半疑ながら30分前に戻ることを選択し、今度こそ揉めないように気をつけながら香にプロポーズ。香とのわだかまりが消え、幸せな気分に浸ったのも束の間、店内に突如銃声が響き渡り・・・!?
はたして、将来を誓った村上と香にハッピーエンドは訪れるのか!?選TAXIの乗客を待ち受ける予想外の結末とは!?
 
<出典>フジテレビ公式

第1話のネタバレはここをクリック
過去に戻れるタクシー
人生には様々な場面で分岐点があります。その選択肢を間違ったことで、すごく後悔することも…。

過去に戻ることのできるタクシー”選TAXI”の運転手・枝分(竹野内豊)が、いろいろな客の相談に乗り、過去に連れて戻ると言うお話です。

 

第1番の客は村上秀樹(安田顕)。売れない俳優。恋人の浦沢香(小西真奈美)と高級レストランで待ち合わせをしています。今日、村上は彼女にプロポーズをしようと考えているのです。

 

しかし店に店につくと、香はとても機嫌が悪い。村上が待ち合わせ時間に遅れてきたのに謝らないことや、「私はずっと待たされてきた」と怒っています。待たされたというのは今日だけではなく、「いつか売れる」と言う村上の言葉を信じてずっと待ち続けていたことも不満なようです。

 

「私、こんなにいつもカリカリしていたくない」と言い、香は村上に別れを告げます。

 

しょんぼりしながら帰りのタクシーに乗った村上。そこで運転手の枝分から、「このタクシーは過去に戻ることができる」と聞きます。
 
1回目のタイムスリップ 彼女の浮気が発覚!?
早速、タイムスリップして、もう一度香との待ち合わせに挑みます。待ち合わせに遅れたことを素直に謝る村上。それでも香の不機嫌な様子は変わらず、俳優としてなかなか売れないことに嫌味を言われます。しかし、村上が婚約指輪を出すと、状況が一変。香は笑顔になり「嬉しい」と指輪を受け取りました。

 

しかしここで事件発生。他の席に座っていた男性客が、香に話しかけてきたのです。「久しぶり!この前はどうも。覚えてない俺のこと?だいぶ酔ってたもんね」どうやら香は村上に隠れて合コンをしていたようです。しかもその男性客は「これがあの彼氏?売れない役者さんの」と発言。飲み会で香が村上のことを愚痴っていたことまでバラされてしまいます。

 

村上は指輪を持って店を出ました。

せっかくやり直したのに、結局別れることになってしまった2人。

 

村上はまたタクシーに乗り込みます。そこで枝分から諭されます。

「友達に“どうしても人数が足りないから“と頼まれたら、合コンに行くこともあるし、合コンで彼氏持ちと知れて場がしらけてしまったら、それなりに会話をしようと試みる。”彼氏とどうなの?”なんて聞かれたら、彼氏とののろけ話をするわけにもいかないので、間を繋げそうな彼氏の愚痴を話すこともある」

 
 
2度目のタイムスリップ 香が死亡!?
それもそうかと思い直し、村上は再び過去に戻って香とやり直すことに。また男性客が話しかけてきますが、物分かりの良い態度で香をかばいます。

これで2人の間に何も障害がなくなったように思いましたが、なんと突然店に強盗が入ってきます。

店にいた客はみんな人質に取られますが、その中でも犯人は村上に銃を向けます。警察への見せしめのため、1人殺すと言うのです。

犯人「殺すのはこいつだけだ。お前、ヒーローじゃん」

すると村上の前に、香が立ちはだかります。「この人を撃つなら、私を撃って!」

そして香は犯人に中で撃たれ死んでしまいました。

 

村上は犯人の隙をついて店から逃げ出し、またタクシーに乗ります。
 
タイムスリップ3回目 今度は村上が死亡!?
今度は人質にとられているところからやり直します。

 

「あれは全然売れなくて、ちょっとドラマに出たと思っても、命乞いして10秒で殺されちゃうような役で。だけど今、自分の彼女をかばって死ぬんだ。主役級じゃん。これで撃たれずにこいつらを倒せたらまじで主役級なんだけどな…」

 

そして村上は犯人に撃たれてしまいました。

香が泣きながら村上の名前を叫び続ける中、村上は息を引き取りました…。

 
 
4度目のタイムスリップ?
しかし、村上は待ち合わせの店に向かって歩いています。

街にはパトカーが出ていて、強盗犯のニュースが流れています。

 

香からメールが来ました。「悪いけど、あの店やめない?」

 

実は亡くなった村上のポケットに、タクシーのチケットが入っているの発見した香は、タクシーに乗って過去に戻ったのです。そして強盗に入られる店に行かないと言う選択をし、村上の命を救ったのでした。

第1話の感想はここをクリック
最後のオチが痛快!
なかなか面白かったです!何度も短いスパンでストーリーが繰り返される流れとなっているのでテンポもいいし、次はどうなるのかな?とワクワクします。

最終的には、彼女がタイムスリップしていたと言うアッと驚くオチも付いていて、すっきりとしたストーリーにまとまっていました。

 

何度やり直してもうまくいかない彼氏は、今後もあの彼女の尻にしかれてしまいそうですね(笑)
 
主役の出番が少ないドラマ
竹野内豊さんが主役だけど、出番はめちゃくちゃ少ないですよね。こんなに主役の出番の少ないドラマってあるでしょうか(笑)

主役というか、ストーリーテラー的な役回りですね。

 

枝分さんが行きつけの喫茶店も、バカリズムさん、南沢奈央さん、清野菜名さんなど豪華キャストなので、こちらのシーンにも期待したいです。

素敵な選タクシーの内容

公式サイト

人生の選択は連続であり、一度選んだら後戻りはできないもの。『あの時、ちがう道を選んでいれば・・・』
誰しも、もう1度やり直したいと後悔することがあるはず。そんな人間の願いを叶えてくれるのが、『選TAXI』!!
過去に戻れる不思議なタクシー運転手と、さまざまな乗客をめぐるスリルと笑いあふれる“人生”再生エンターテインメント!
クールな外見に似合わず、話し好きでおせっかいな運転手・枝分が、さまざまな事情を抱えた乗客を『選TAXI』で、戻りたい“過去の人生の分岐点”に運んでくれる。
人生の選択をやり直すチャンスを手に入れた乗客たちが最後に選ぶ選択肢とは果たして・・・?

<出典>フジテレビ公式

<出演者>

竹野内豊/毎話ゲスト/バカリズム/南沢奈央/清野菜名/升毅

<各話の視聴率>

第1話 男と女の選択肢 10.7%
第2話 今と昔の選択肢 9.7%
第3話 愛と人の選択肢 12.6%
第4話 金と欲の選択肢 11.4%
第5話 女と女の選択肢 11.7%
第6話 おひとよしの選択肢 8.3%
第7話 嘘と真の選択肢 10.5%
第8話 夫と妻の選択肢 9.2%
第9話 罪と罰の選択肢 9.2%
第10話 僕と君の選択肢 10.0%

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

素敵な選タクシーの感想

20代女性

『素敵な選タクシー』は、人生をも変えてしまういろんな選択を、改めて考えさせられる、とてもユニークなドラマです。
脚本担当のバカリズムさんも喫茶店のマスターで出演されていて、なかなか粋な計らいです。

毎回、いろんな選択を選んでは人生をやり直す主人公ですが、
私が一番好きな回は、貫地谷しほりが元暴走族の役で出演されていた回です。
貫地谷しほりは演技も自然体で、役柄によってまったく違う顔に見える女優さんで、私は好きなのですが、
この元ヤン役が意外性があるのですが、とても合っていて面白かったんです。
口調もしっかりヤンキーでしたし、刺しゅう入りの学生服に茶髪がハマっていました。
その貫地谷しほりが、元ヤンである自分の闇の過去を、婚約者に隠したまま親に挨拶に行くか、婚約者に正直自分の過去の過ちを話した上で親に会いに行くか、
いろんな選択がありました。
脚本が面白いなあと思えるのが、どの道を選んだとしても、結局何か問題があって、最終的には自分が変わり、自ら問題に取り組んでいかねばならない箇所です。

私はこのドラマを見て思うのは、どの道を選んだとしても後悔するようではダメだと。
後悔をする人は、どんな選択だとしても後悔をするようになっているのかもしれません。
自分がしっかりしなさい!
と、背中を押されているような、毎回そんな気持ちになるドラマです。

20代女性

選タクシーという不思議なタクシーに乗り込むと、竹野内豊さん演じる枝分運転手が、時間を戻してくれるという設定です。人生において、あの時あの瞬間をやり直せればもっと違う結果を残し、もっと違った人生が切り開かれたはずと、失ってしまった栄光にすがる思いをしたことはあると思います。そもそも、この家に産まれてなければ、この両親ではなければ、顔が良ければ、頭が良ければ、もっと上位の学校へもっとよい会社へと、望めば望むほど自分の今の人生を悔やむことになるのは、皆さん同じだと思います。選択肢がある中で、どれを選ぶかによって、その先にあるものが間違いと分かっていたなら、その選択をしなかったはずです。また先にあるものが正解だと分かっていたなら、当然そちらを選ぶことでしょう。選択肢を選択するのは自分ですが、もし選択をやり直し出来るのであれば、この選タクシーに乗り込み、正解だと思われる道に進んでみたいと思うのが人の心ですね。そんな心理を上手く描写なさっている脚本を担当なさったバカリズムさんは、凄い演出家だと思いました。また枝分運転手のさりげない手助けも、ドラマのポイントで、その手助けこそ素敵なというタイトルがついた理由かと思いました。こんな素敵な運転手がタクシーに乗って現れたら、時間を止めてもらいドライブしたいと思いました。

30代女性

竹之内豊さんが、過去に戻れる力を持っているカッコ良くて、ユニークでお節介なタクシー運転手を、とてもいい味を出して演じていて素晴らしかったと思いました。ひげの竹之内さんも渋くてなかなか素敵だと思いました。1時間のドラマの中で、1つのストーリーが見れるというよりも、たくさんのコントを見ることができるという感覚で引き込まれてしまいました。安田顕さんが、さすがの安定した演技力でとても良かったと思いました。小西真奈美さんが、とても可愛くてはかなげな雰囲気がすごく良かったと思いました。人間であれば、誰もがもしもあの時に別の道を選択していたら、と思うことがあると思うので、自分もあのタクシーに乗ることが出来たら、どの時代のどの瞬間を選ぶかと考えてしまいました。人生のやり直しをしようと、分岐点に戻る人物たちなのですがそこには予想外のハプニングや新しい事実が待っていたりするので、ストーリーが2転3転する展開に目が離せなくなって、引き込まれてしまいました。次回はどのような話が見れるのかと楽しみです。脚本を作ったバカリズムさんの才能に関心してしまいました。天才的でものすごい才能を秘めていると感じました。どんな思考回路になっているのか興味がわきます。

30代女性

ドラマ素敵な選タクシーは、人生で何かに後悔をしている人にこそ見てもらいたいドラマです。このドラマでは、自分の中で後悔した瞬間に、不思議なタクシーを使って戻ることが出来ます。しかし、過去に戻っても、後悔を一筋縄では払拭できないのが面白いと思いました。自分の中では、しっかり後悔しないように動いたはずなのに、また別の後悔が生まていまい、後悔のない人生は不可能なことがよく理解できる作品です。そして、人は過去に戻れることが分かると欲が湧き、すぐに過去に戻ってやり直せば良いと考え始めます。そのため、今を大切に生きれなくなることが理解出来ました。コミカルな展開が続くドラマではありますが、人生について改めて考えさせられる凄い作品だと感じました。このドラマを見てから、後悔した瞬間に戻るよりも、今を大事に前向きに生きることを重視するようになりました。また、素敵な選タクシーは毎回豪華なゲスト出演があり、それぞれ違ったストーリーが見られるのも魅力です。1話完結のため見やすく、登場人物も限られているためストーリーが分かりやすいです。このドラマでは、必ずしも全員が後悔を払拭できるとは限りませんが、それぞれ人生をやり直すきっかけにはなっているためオススメの作品です。

40代女性

バカリズムさんが脚本をされた、素敵な選タクシーというドラマです。主演は竹内豊さんです。知識や笑いが豊かな、あのバカリズムさんならではの、ドラマだと感じました。竹内豊さん演じる、枝分さんが運転されるタクシーは、過去に戻ることができる不思議な力を持っています。なかでも、世間話が大好きな枝分さんが、乗客の悩みを聞き、問題を解決していく様は、とても感動的でした。また笑いの要素もところどころとあります。なので、観てて飽きないようなストーリー性があるのだなと感じさせられました。
実際に、このようなタクシーに乗ってみたいと思いました。竹内豊さんのようなカッコいい、またおせっかいなのですが、素敵な声で話しを聞いてくださるからこそ、視聴者もいろいろと考えさせられ、魅了している一部なのだとわたしは思います。今は再放送で、素敵な選タクシーを放送されていますが、以前2014年の当時に放送されていた記憶も鮮明に思い出せるような、毎回心にぐっとくるようなお話しでした。そして、毎回毎回と豪華キャストの方々が出演されていますので、次はどなたが出演されるのかすらも、楽しみのひとうになりました。まだご覧になっていないかたには是非おすすめをしたいです。

20代男性

過去に戻る事が出来るタクシーという非現実な設定が果たしてどうかと半信半疑でしたが、不思議と独特のリアリティがあり自然と入り込めて気がつけば当たり前のように感じてしまう作品。

誰もが感じた事のある「あの時あぁしていれば…」「こうしていれば…」という後悔の気持ちを実際に戻れたらという内容も誰しも経験した事がある事で共感しやすく
それでいてまさかの展開が続いていくが決して派手でなく自然な様子が気がつくと癖になり、過去に戻れるというSF感に恋愛の要素が入った昨今なかなか他にはない内容となっていて男女ともに楽しめるかと思います。

主演の竹野内豊さんの演技に説得力があり非現実な事も妙に納得してしまい、こんな事ありえないでしょうと思いながらも数分後には自然と納得して受け入れてしまっているのは不思議な感覚でした。

ドラマの内容はもちろんですがそれだけでなく出演キャラクターに週に一度会いたいと思うような親近感のわく作品で毎週気がつくと楽しみにしてしまうのは脚本を書いたバカリズムさんの作品の魅力だと思います。

思わずクスっと笑ってしまったり、少し感動したり、なるほどなと感心してしまったり1時間で様々な感情が楽しめます。

30代女性

タクシーで過去に戻れるという奇想天外なストーリーに面白さを感じたドラマでした。大抵過去に戻れる話には期限や制限がありますが、失敗したら何度も利用できるという利点がより面白さを強くしていたように感じます。またタクシー運転手である枝分の飄々とした人柄が面白く、過去に戻れるということは凄いことなのにその人柄と乗っているだけで戻れるという簡単さから乗ってきたお客さんから信じてもらえない姿やムキになる枝分の姿が笑いどころでした。回を重ねる毎にサングラスやBGMを用意してタイムスリップ感を演出していましたが、それでも信憑性の薄いリアクションに悲しそうな表情は何とも言えない味を感じました。見えていなかった本質をタイムスリップすることで知ることができ、そのことで伝えられなかった言葉を伝えることができる展開に羨ましさを感じました。中には何度も選択し直しても望む結果にならないお客さんもいましたが、その結果が自分の今後の人生を前向きする結果となっている姿に選択は間違っていなかったと思えました。枝分自身も最終回で選タクシーを利用し、恋人との関係に望んだ選択を得られない経験を持っていることが描かれており、その後の恋人の幸せそうな姿を見て自分の選択は間違っていなかったことに気づく姿は切なさと共に枝分の新たに踏み出せる一歩のように感じられました。毎回利用するお客さんの選択から自分のこれまでの後悔を振り返るきっかけとなり、反省すると共に自分自身も前向きになれる作品でした。コミカルでテンポよく描かれる展開に笑いが絶えないドラマです。

20代男性

私は6年前にこの作品を見たのですが、最後までとても楽しく見ることができました。毎回1話完結の物語が多いのですが、それぞれ最後にはすっきりとした解決で毎回そう快感を感じることができました。竹野内豊さんのタクシードライバー役もとても似合っていて、本当にこんな運転手さんがいたらなと思っていました!
ドラマの設定も素敵で、選択を間違えた人々がその選択をやり直すために、タクシーに乗って過去にさかのぼり失敗を取り返すというファンタジーものになっています。毎回設定は同じなのに、毎回違った面白さがあり、何話でも無限に見れそうな気がします。あの時違う選択をしていればもっと人生うまくいっていたのに、、という人間なら一度は経験したことがあるようなシチュエーションなので、自分に重ねてみることもできます。
違う選択をすれば、また違う未来が見えて、むしろ前の選択のほうがよかったのにという葛藤を見ることもでき、人間の深いところまで見れるような気がしました。
当時私は中学生だったので、作品の深いところまでは見えなかったのですが、今大学生になってドラマを振り返ると、間違えた選択を生かして、次の大事な選択で
間違えないという大事なことにも気づくことができました。最終話あたりが特に面白かったです。竹野内豊さん演じるタクシードライバーの過去が明らかになって、とても熱い展開になっています。

30代女性

竹野内豊さんが主演のドラマはそんなに多い訳では無いので、当時からとても楽しみにしていました。題名が素敵な選タクシーということで、どんな話の内容なんだろうと思いながら1話目を見始めて、カップルの結婚の話で、最初はなんだろうと思いながら見ていたのに、何故か見入ってしまって、どの回も最後はとても感動的に終わることが多くて素敵な気持ちになれました。つんつんしているカップルでも思いあっている姿が描かれていたりして本当にほんわかすることがたくさんありました。他にも、カップルが駆け落ちしようとするのを助けてあげるおじさんがいたり、それを助けようとする竹野内豊がいたりしてとても面白かったです。竹野内豊の面白い発言であったり、低いトーンの落ち着いた声であったりが、とても良くて、毎回楽しみに見ていました。1話完結なので、1話分見落としても全然大丈夫な所も良くて、1話1話、話が変わるところも面白くて良かったです。こんな選タクシーがあったら絶対面白いだろうなと思いました。数あるタクシーの中で、ふらっも巡り会えた選タクシーが、自分の未来や過去をかえてくれるきっかけになるなんて、結果が良くも悪くも、後悔をしない選択ができる、現実では叶わないことが実際に出来る選タクシーは素晴らしいなと思いました。この前、この自粛中のため、久しぶりに再放送で見ることが出来て、なんだか懐かしい気持ちになったし、何度見ても、ついつい見ちゃうドラマだなと思いました。

30代女性

素敵な選TAXIは2014年冬にフジテレビ系列で放送されていたドラマですが、あれから数年経っているにも関わらず2020年現在でも内容が古臭くならない良作ドラマだと思います。過去に戻って乗客の人生のやり直しのお手伝いができるタクシー、現実に存在したら乗ってみたいです。脚本を手掛けたバカリズムの発想の豊かさは芸人の経験から来ているのかもしれません。主人公であるタクシー運転手の枝分は竹野内豊が演じており、ちょっと癖になる性格ややりとりが魅力的です。
1話毎にテーマとゲスト出演する乗客が変わるので、毎回ストーリーに新鮮さがあるのも良ポイントで、途中からドラマ視聴をはじめても最後まで楽しめると思います。
1話の乗客は俳優志望の男性。彼はレストランで恋人に結婚を申し込みますが、役者としてまだ売れていない彼を待ち続けている彼女とささいな言い合いが原因で振られてしまいます。
本当にささいな言い争いがきっかけで大事な人と別れた経験のある視聴者もいるんじゃないでしょうか。このドラマではこの男性はプロポーズ前にタイムスリップします。一度ではうまくいかずコントのように困難な状況に見舞われながらも、何度かタイムスリップを繰り返します。
彼女が友達に誘われて行った合コンでは男性の愚痴をぼやいていたということがきっかけでそのタイムスリップも失敗に終わるのですが、ふたを開けてみれば「合コンなのに彼氏の自慢ばっかり」だった、などの誤解だったことに後ほど気がつくのです。過去にささいなきっかけで別れた相手もまた、こんな風に誤解したり誤解されたりというようなことがあったのかもしれないとふと思わせてくれるような巧みな心理描写やストーリーの複雑さは中毒性があります。