打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(アニメ)を動画配信で無料視聴する方法|DVDレンタル以外の方法

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(アニメ)の動画を無料視聴する方法

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(アニメ)」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

フル動画を配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々1990円(税抜き)で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います。
 
無料登録で600ポイントがもらえ、新作映画でも無料で視聴できるからお得!

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(アニメ)の動画まとめ

■打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(アニメ)のフル動画の無料視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(アニメ)」 2017年8月18日劇場公開
 
U-NEXTで動画が配信されています
 
 
公式あらすじ

小学生の典道と祐介は仲の良い友達だが、実は2人とも同級生のなずなの事が好きだった。しかしなずなの両親が離婚し、彼女が母親に引き取られて2学期から転校することになっているとは、2人には知るよしもなかった。親に反発したなずなは、プールで競争する典道と祐介を見て、勝った方と駆け落ちしようとひそかに賭けをする。勝ったのは祐介か? 典道か? 一瞬の勝負のあとから、AパートとBパートで異なる2つの物語が展開する。
 
<出典>打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? Wikipedia

ネタバレはここをクリック
気になるクラスメイト
中学3年生の典道は海沿いの町に住んでいます。
今は夏休み中ですが、今日は登校日。夜には花火大会が開催されます。
いつもの仲間との登校中に、テトラポットを歩く同級生・なずなの姿を見かけます。
典道がはひそかに、なずなに思いを寄せていました。同じクラスの祐介もまたなずなに好意を持っていました。
一方なずなは、母親の再婚のために夏休みの間引っ越すことが決まっていました。
典道は友人の祐介とプール掃除に向かうと、水泳部だったなずながおり、その独特な雰囲気に典道は動揺を隠せません。
 
掃除のあと、典道は漫画の最新刊を、祐介はなずなに告白することを賭けて50m競泳を始めようとします。そこへ自分も加わりたいとやってきます。なずなは何でも言うことを聞いてもらうことを賭けて3人は競泳をスタートさせます。
勝ったのはなずなでした。なずなは2着で戻ってきた祐介に「今日の花火大会2人で行こうよ」と誘います。典道は折り返しのときに足をぶつけて3着でのゴールでした。
 
教室に戻ると友人たちが「花火は横から見ると丸いのか、平べったいのか」という口論をしていました。今晩の花火大会で確認してみよう、ということになりそれぞれ花火大会までにいったん帰宅します。
 
帰宅すると、自分の部屋でゲームをする祐介の姿がありました。
2人は友人たちとの約束の時間ぎりぎりまでゲームをし、出発の直前に典道の足のケガに祐介が気づいたことで、典道を実家の診療所に行かせます。また、祐介は家の前になずながいたらいけなくなったと伝えてほしい、と典道に頼みます。
 
プールでの2人のやり取りを知った典道は、「行けばいいじゃん」と言いますが、祐介は「告りたいと言ったのは冗談だ」と言って友人たちのところへ向かいました。
 
典道が診療所に行くとなずなの姿があり、典道の診察が終わってもなずなは祐介を待ち続けていました。見かねた典道はなずなに祐介は来ないよ、というとなずなは診療所を出ていきました。
 
祐介が診療所を出るとなずなが待っていました。
なずなは競泳で勝ったほうを花火大会に誘おうと急に思い立ったと話します。
典道が勝つと思ったのに、となずなに言われ典道はとっさになずなが早かったから、と言い訳をするとなずなが顔色を変えて「全部私のせい?」と聞いてきました。
 
典道がなずなが持っていた大きなトランクについて聞くと、家出するつもりだ、と言われます。そこで夏休み中になずなが引っ越してしまうことを明かされました。
2人で歩いているとなずなの母親がやってきて、嫌がるなずなの手を引き帰宅していきました。すれ違いざまに「典道くん助けて」と言われますが、典道は何もできませんでした。
 
 
過去へ戻す?不思議なガラス玉
典道はなずなのトランクから、なずなが持っていた不思議なガラス玉を発見します。
なずなが苦しむ様子をみて、自分が競泳に勝っていたらと強く思った典道がそのガラス玉を投げると、競泳のシーンに戻りました。
 
すると典道が2着でゴールし、なずなから花火大会に誘われます。
典道はぎりぎりまでなずなとの約束を悩んでいましたが、約束通り家に来たなずなを自転車に乗せて駅へ向かいました。
 
電車が到着しなずなから「一緒に来てくれる?」と言われますが、そこへなずなの両親がやってきて再びなずなは典道に助けを求めながら連れられて行きます。
その後典道は友人たちと合流しますが、典道となずなが一緒にいるところを目撃した祐介は典道に対して嫌悪を示します。
 
一行は灯台の展望台へ到着し、花火が上がると花火は平べったく打ちあがっていました。「こんなことありえない」となげく友人の隣で再び「もしもなずなと一緒に電車にのっていたら」と思いながらガラス玉を投げると、駅のシーンに戻り2人はなずなの両親を振り切り電車に乗ります。
 
電車の中で自分の生い立ちを話します。父親が亡くなってから、1年も経っていないのに新しい男性と結婚しようとする母親の姿を見て信じられない、と言います。
 
 
結末!2人が再び会える世界まで
電車の外をふいにみると友人たちと目が合ってしまい、さらになずなの両親も車で電車を追いかけてきていました。
 
次の駅で降りた2人は灯台に向かい花火を一緒に観ますが、その花火は不思議な形をしていました。これも本当の世界ではないと気付いた典道は焦りますが、なずなからどっちでもいい、と言われます。そこへ祐介がやってきて2人は灯台から落ちてしまいます。
 
すると再びガラス玉が発動し、電車の中のシーンに戻りました。
次の世界では友人に気づかれることはありませんでしたが、なずなの両親は車で追いかけていました。
祐介は不思議なガラス玉のこと、今日を何度も繰り返していることをなずなに訴えますが、うまく伝わりません。それでもなずなは祐介の話を信じる、と言いました。
なずなは家出なんてしても状況は変わらないことをすでに理解していました。しかし今日一日だけは典道と過ごしたい、と言って2人は再び町へ戻ってきます。
 
海辺で酔った花火師が誤ってガラス玉を打ち上げ、世界が粉々になるとその破片からさまざまな世界が映し出されていきました。その破片には2人が東京に行っていたら、などの”もしも”の世界がいくつもありました。
 
「次会えるの、どんな世界かな」と言ってなずなはいなくなります。
 
<感想>
 
 
何度も過去をさかのぼるので、これはいつまで続くのだろう・・・と正直間延びしているようにも感じました。
 
最後は明らかに2人の関わりがあるような描写はありませんでしたが、どの世界で未来がつながることになったのか想像に任せる形で終わっていたのは良かったと思います。
 
ストーリーは追いづらい展開ですが映像はすばらしく、特に花火のシーンはとてもきれいでした。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(アニメ)の内容

<キャスト>

・及川なずな:広瀬すず
・島田典道:菅田将暉
・安曇祐介:宮野真守
・純一:浅沼晋太郎
・和弘:豊永利行
・稔:梶裕貴
・なずな母の再婚相手:三木眞一郎
・三浦先生:花澤香菜
・光石先生:櫻井孝宏
・典道の母:根谷美智子

登録後もらえる600ポイントで無料視聴!

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」1ヶ月間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(アニメ)の感想

10代男性

アニメ映画である「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を実際に見て感じたことは、内容が往復しすぎだと思った。具体的に言うと、なりみち君がビービー玉のような球を投げるシーンが何回も流れ、見る側としてもこれ何回目だろと思う、実際に友人などと映画の内容を話し合っている時にもそのシーンが多すぎて印象がそのシーンだけになっているといっていた。このことから何回も同じシーンではなく、もう少しアレンジを入れたほうがよかったのではないのかと考える。内容は打ち上げ花火をメインにしていない感じが強く、恋愛映画に少し近いような気がした。ここまでが私が考える悪い場面です。ここからはいいと感じたことを紹介したいと思う。映像に関しては、申し分ないほどいいと考える、実際にその場にいるように感じさせる映像だったので吸い込まれていくようでした。プールを泳ぐシーンではリアル感がとてもあり、実際に泳いでいるように感じさせるほどだ。恋愛映画を想像してきた方にとっては、いい映画だったのではないのかと思う、親が嫌いで家を飛び出すことは必ずと言っていいほど若い世代は考えるので、いい視点を持っていたと思います。結論、この映画はいい場面も多々ありますが評価をするのであればそれほどいい映画とは言えないかもしれません。

20代男性

感想ということなので本当にそのまま、思った通りに書きます。私は当時、映画館へ行って見ましたが。まず、この作品面白いか面白くないかで言ったら”私的には”「全く面白くなかったです。」そして本当に「もったいない。」制作も歌もよかったのに「声優をしていた俳優(女優ともに)二人」まず製作はそこから間違えた。いままでもストーリーが面白くなっかた作品は多くありました。ですが、そこをカバーするかのように声優に力を入れたり、歌、BGM、作画や演出など、見ている人の心を揺さぶるような仕掛けを作り“無理やり”視聴者をつなぎとめようと頑張っていました。それなのに、これは制作スタジオや、歌、こちら側が見る前から期待を持てるような構成にしていた”にもかかわらず”もはや詐欺にさえ近いものを感じていました。前置きが少し長くなりましたが、それでは中のことを話していくとしましょう。まずその一、「声優」 声優とはアニメにおいて一番といっていいほどの”顔”売りです。それを最近はやりの”俳優”(女優ともに)にし、こちら側を失望させました。ですがそれは確かにメリットでもあります。声優ではなく”俳優”を使うことによって得することは宣伝力の差です。勿論、プロの声優さんたちも人気があり宣伝力はそれなりにありますが皆がTVで”よく見る”俳優に比べれば宣伝力は劣ります。そして極めつけは作中に歌われた「瑠璃色の地球」あれは本当に音痴すぎて聞くに堪えませんでした。その二、「ストーリー、脚本構成」です。もともと原作は昔やったドラマらしいのですがそれとは少し構成などが変えていたらしく、伏線が何個か抜けてストーリーは展開されていたそうです。(原作を見ていないため曖昧です。)ストーリー中でてきた俗にいう”戻り玉”です。あれの伏線が全くなく視聴者を困惑させました。「ん?なにこれ?」状態でしたね。全く伏線がなくいきなり展開されていくストーリーにポカンとした人が多かったそうです。まだほかにもありますが時間と文字数が迫っているので強引に終わります。読んでくださりありがとうございました。

40代男性

正直、子供向けの作品という印象を持っており、ある程度年齢のいったかたには物足りないかもしれません。昨今のアニメブームは大人でも楽しめるものが多く娘と一緒に映画館に行く機会も増えました。本作品は楽曲もよくリズミカルなテンポと男女の掛け合いがよく結構期待していました。娘は面白かったと言っていましたが大人からするといまいちだと思います。ストーリーは謎の球体を空に投げると少しだけ時間を巻き戻すことが、自分のやったことをやり直してもっといい行動に描き替えられるという、一般的なタイムリープものです。なんですが、終始男女の恋物語が展開し、それを両親や友達にバレないようにするだけで衝撃的な出来事が起きたり、計り知れない事態に巻き込まれたりすることはありません。タイトルの「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」も物語のキーになる疑問なのかと思えばそんなことはなく、タイムリープした際に下からも横からも見たという程度のこと。結局どっちでもいいくらいの結論でストーリーは進んでいき、ラストシーンは「結局あの玉って何だったの?」と疑問が残るだけのぽかーんとしたもの。娘からするとあの隠れて恋愛するドキドキ感が見所だったらしい。それが楽しめるなら面白い作品かもしれない。

10代男性

この映画を私は映画館で観ました。正直な感想は「ちょっと物足りなかったな。」と思いました。というのも公開された時期は興行収入250憶円を突破した大ヒット映画「君の名は。」が公開された時期でした。ですので、どうしても「君の名は。」と比較してしまいます。そうしたときにストーリーのわかりやすさ・細部まで緻密に描かれた作画やアニメーションと連日メディアなどに取り上げられ大きな話題を呼び今までアニメーション映画に興味があまりなかった人たちも話題だからという理由で見に行きクオリティの高い映画に感動し何度も見返したという人も少なくないと思います。現に私自身合計3回見に行ってしまいました。そんなアニメーション映画ブームの中公開された、本作品ですが最初は話題になりましたが見る側があまりに期待しすぎた結果、ギャップが生まれたしまい酷評が多くなってしまったのだと思います。というのも「君の名は」のようにスクリーンの前に座ったら勝手に引き込んでくれるタイプの映画で初めての人でもわかりやすい内容でした。しかし本作は「上から見るか下から見るか」というように見る側が立場をあらかじめ決めておく必要がある映画だなと思いました。とはいえ「君の名は。」が完璧すぎただけであり、本作も映画に求める「非日常」は十分に感じられ得に主人公が自転車で走るシーンやプールのシーン、最後電車で飛び立つシーンは感動でした。

40代男性

典道となずなの2人が繰り広げる恋愛ストーリーです。少年、少女の頃に思いこみがちなIF(もし、あの時、こうしていればどうなったか?)という決断がうまくいかなかったら、実際の世界では出来ないやり直しをしながら、何度も決断を重ねながら、迷いを光の球を投げる事で何度も再現される設定が斬新でした。生徒同士の会話が、いかにも若者っぽい感じで和やかな気分でストーリーに入り込んで鑑賞出来ました。最後のシーンで先生が出席をとっても典道の返事はなく教室にはいなかった事が想像力を出して考えさせられる作品だった。花火を横から見るとどうなるのか?結果を見るまでに青年たちが色々な意見を出しながら、結局、止めようとするのに最後はきちんと確認している辺りはきっと大人になり、久々に集まると絶対に回想されるシーンなんだよなぁ。なんて思いながら観ていました。ストーリーが、巻き戻る事が多いのですが、結局話がきちんと繋がっていて、特に違和感なく楽しめました。後、先生同士が付き合っている内容も生徒たちが冷やかしている姿にほっこりします。コミカルなシーンが笑えるではなく、この様な思春期の青少年向けだった部分にも感情移入して見る事が出来ました。

50代男性

子供たちは花火は、平べったいと思っている人がいますが、球体なのでどの角度から見ても同じです。素朴な疑問を持ちながら、灯台に行って球体か平べったいかを調べにいきます。花火は少し離れたところから横に見るのが美しく感じますが、下から見たことはありません。下から見ると迫力の映像になりそうですが、球体は見えても横に映る花の形を見る事ができません。典道と祐介は、好意を持つ女子がいて、一緒に花火を見たいと思っています。50メートルの水泳で競い、勝った方がなずなに告白することになりました。結果、祐介が勝利して、なずなに想いを語ります。なずなは親が離婚して、引っ越すことになり転校を余儀なくされました。夏の終わりにお別れになってしまう悲しい思い出になってしまいました。大人の階段を昇り初めている典道と祐介ですが、少年時代は必ず好きな人はいます。憧れだけで終わってしまう恋心ですが、至って純粋なものです。出会いと別れを繰り返すのが人生なので、これからたくさんの出会いがあります。今は初恋なので、お別れは悲しい気持ちですが、大人になると慣れてしまいます。花火のようにわずかな時間を楽しむことが好きになります。一期一会を忘れずに生きることが大事です。

30代女性

田舎の中学生がひと夏にあった夏休みの思い出のような甘酸っぱい感じのストーリーです。近年のアニメーションは映画館でみてもクオリティーがとても高くて、クールジャパンとして紹介できる世界に通じるものがあると思います。この作品もたしか魔法少女まどかマギカを作成したところの制作だったと思いますので、そこから前評判もすごく期待されていましたし、時間と制作費がふんだんにかけて作られた贅沢感があります。打ち上げ花火の表現が細部までこだわりがあり、火の光がとてもまぶしく、いろいろなものがイマジネーションされてきます。飛んでくるのではないかと見ているほうがはらはらして緊張感がありました。3DみたいなVR的な感覚もあります。ロケ地もさまざまなところで行われており、いろいろな場所が登場しますので、旅行が好きな方は元ネタがわかるのでそういった見方もできると思います。ノベライズもいろいろなものがありますので、全部見ないといけないような先入観がありますが、この作品単体で見てもストーリーが構成されていますので、より具体的なこの世界を知りたいと思わされるようなつくりになっているなと思います。そこはうまく誘導ができていると思いました。

40代女性

1993年の実写版のファンも多くいる作品ですが、アニメ版を先に観ました。一言で言えばひと夏の淡い恋の青春物語です。主人公たちにとって上手くいかなかった出来事を、「もしも玉」によってやりなおそうと試みますが、思うようには行きません。その部分を深読みするのが楽しい作品です。DAOKO×米津玄師の主題歌と、描かれている映像はとにかく美しいです。W主演のなずなの声を広瀬すず、典道の声をこれが初声優作品となった菅田将暉がつとめていますが、瑞々しい声が意外とハマっていると感じました。公開当時は有名な夏の青春アニメ映画と比べられてしまったことが残念です。全くの別物として評価されて欲しかったと思います。原作とは違い、小学生から中学生と登場人物の年齢があがっていますが、だからこそ中学生ならではの淡い恋心と別離にまつわるエピソードが切なく、懐かしく感じられました。また、若干異なるストーリー展開でより複雑になっており、結末もはっきりとは描かれませんが、そこには想像の余地があると思っています。わかりやすい起承転結のあるストーリーが好きな方には向かないので、いわゆる「オープンエンド」を楽しめる人向けかなと感じます。

40代女性

昔、実写版の映画をみた世代です。時をかける少女的なファンタジーでありながら思春期の複雑な心情が描かれ、青春時代のもどかしさとかうまく伝わらない感じとかが懐かしく蘇ってきました。絵の綺麗さ・臨場感溢れる演出・表現力はさすが!という感じでした。とても良かった。キャラクターは原作の設定を考えると少し子供っぽい印象を受けました。また、声が人気のある俳優さんのお二人だったので、ほんの少し違和感というか引き戻される感はありました。なんとなく「広瀬すずにこれ言わせたい」的な萌え要素って言うんでしょうか。そう言うのを感じてしまった。でも、もしかしたらその白々しさが逆に「青春の安っぽさとか青臭さ」をいい塩梅に感じさせたのかもしれません。全体を通して音楽がとにかく良かったですね。主題歌はもちろんのこと、DAOKOさんの挿入歌もとっても良かった。わちゃわちゃしている場面が散見されたけれど、それはアニメだから仕方ないでしょうか。それを差し引いてもあり余るほどの映像美は、アニメーションだからこそ味わえる世界。幻想的な雰囲気とウラハラに揺れ動く心のリアルさが刺さります。「もしも違う道に行っていたら」「未来を変えたい」という思いで今をもがく青春の物語です。

40代男性

原作が岩井俊二の伝説的ドラマで、企画・プロデュースが川村元気。総監督が新房昭之で、脚本が大根仁。ビッグネームが並びすぎというか情報が盛られすぎていて、素直に見られない、語られない、不幸な作品になってしまったのではないかと思う。普通に見れば、少年少女の無力感を描いた良作だ。虐待を受けていると思われる少女。その少女とともに「どうにもならない日常からの脱出」を試みるも、失敗を繰り返す少年。あったかもしれないが、決してなかった記憶を思い起こさせる、苦いファンタジーだ。最終的に脱出は成功したのかははっきり描かれないが、おそらく失敗したのであろう。結論は観客にゆだねられた形だ。何とかこじつけて、二人の脱出は成功したのではないかと解釈しようとしたが、どうにもうまくいかず、後味の悪さはだけが残った。逆に言えばいつまでも記憶に残る作品だったともいえる。この内容を引きずっていたため、翌年に公開されたの新海誠の『天気の子』は、「脱出に成功した二人の物語」と勝手な解釈をした。出会ってから脱出するか、脱出先で出会うかの違いはあるが、いずれも若い二人が社会の壁に向き合い、自活しようとする物語だ。興行収入はだいぶ差はあろうが、二作とも、少年少女の世界との向き合い方を描いたファンタジーの良作といえよう。