おっさんずラブ1の無料動画を1話からフル視聴する方法【最終回まで】

おっさんずラブ1の動画を無料視聴する方法

「おっさんずラブ1」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

第1話から最終回まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々1990円(税抜き)で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います

おっさんずラブ1の見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>最終回(第7話) 「HAPPY HAPPY WEDDING!?」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
最終回(第7話)の公式あらすじ

 物語は1年後。春田創一(田中圭)と黒澤武蔵(吉田鋼太郎)はなぜか同棲生活を送っていた。

 そんなある日、本社から黒澤のもとに「上海を拠点とした新規プロジェクトのメンバーに、春田を指名したい」との打診が舞い込む。驚きながらも、転勤を決意する春田。ところが直後、そんな春田がさらにふっ飛ぶ、驚きの展開が起こる。なんと黒澤が、一世一代のフラッシュモブ作戦で春田にプロポーズ!?

 この話はまたたく間に、春田と1年前別れを決めた牧凌太(林遣都)や幼なじみの荒井ちず(内田理央)、そして黒澤の元妻・蝶子(大塚寧々)や牧の元彼・武川政宗(眞島秀和)らも知るところとなり…!? 混乱の中、春田の頭に素朴な疑問が浮かぶ。

「結婚って……何!?」

 だが、考えても考えても、明確な答えは見つからない。一方、彼を取り巻く人々の胸にも、さまざまな思いが交錯し…。

 まっすぐな恋にときめき、戸惑い、時に涙しながら、それぞれの道を進んできた登場人物たち。33歳ダメ男・春田が、未曽有のモテ期を経て、最後に選ぶ答えとは…。

“恋”とは、“人を愛する”とは、一体どういうことなのか――。
『君に会えてよかった』
この春いちばんピュアなラブストーリー『おっさんずラブ』、ついに完結!
 
<出典>カンテレ公式

最終回(第7話)のネタバレはここをクリック
あれから一年後

牧からフラれた春田は、その一年後なんと黒澤と同棲しており、幸せそうな毎日を過ごしているのだった。

牧にフラれた直後は身の回りのことをまったくしない春田に逆戻りしてしまい、荒れた部屋に寝坊など自堕落な生活が続くのだった。

そんな春田を見かねた黒澤が月に一度様子を見に来ており、掃除や洗濯など春田に世話をやきはじめる。

その頻度は週に一度から3日に一度、気がつけば同棲することになり、春田は健康的な生活を取り戻すのだった。

さらに、黒澤と生活することによって、自分のことを自分でできるようになり、さらには仕事でも力をつけはじめるのだった。

そうして一年後には、牧とも普通の先輩後輩な仲になり、徐々に元通りの生活に戻っていくのだった。

 
プロポーズ

そんなある日、黒澤に呼び出された春田は、本社主導の新規プロジェクトのメンバーに抜擢されたことを伝える。

しかしそれが上海支社ということもあって、黒澤は受けるかどうか春田に一任するのだった。

しかし、黒澤の心配をよそに春田は二つ返事でそのプロジェクトに参加することを決意するのであった。

春田が上海行きを決めたことは、営業所内ですぐ広まり、舞香は黒澤との今後を心配するのだった。

そんな春田たちに、武川が黒澤が早期退職をするつもりなのだという噂が出ていることを伝えると、春田は自分と一緒に上海に来るつもりなのではないかと驚くのだった。

上海に向けての準備を進める春田は、黒澤と買い物に出掛けるが、そこでフラッシュモブでのプロポーズをされてしまう。

周囲の目や、その場の雰囲気からそのプロポーズを受けてしまう春田なのであった。

 
本当の気持ち

春田は牧に仕事を引き継ぐことになり、お客様への連絡などに追われる日々を過ごしているのだった。

すると、牧の様子を見ていた武川は、自分の気持ちに正直になるべきだと牧に強くアドバイスをするのだった。

その日の夜、春田と黒澤の結婚をお祝いするパーティーが鉄平の店で開かれており、心の準備ができていない春田をちずが厳しく叱るのだった。

翌日早朝から仕事だと牧は先に店を出ていくと、それを心配したちずが声をかけ2人は公園へ向かっていく。

ちずにも自分の気持ちには正直になるべきではないかと言われた牧は、川に向かって春田への鬱憤を叫ぶ。

それを見ていたちずも、春田への気持ちを吹っ切るために、春田への文句を大声で叫び大笑いするのだった。

すっきりしたと話す牧であったが、ちずは気持ちはちゃんと伝えるべきだと、春田と向き合うことをアドバイスするのだった。

その頃、武川からお店の隅に呼ばれた春田は、牧の心の中には春田がまだいるのだと伝えられ、春田は動揺してしまうのだった。

 
すれ違い

ちずから勇気をもらった牧は、翌日春田を公園に呼び出すのだが、春田は倒れていた老人の介抱などで約束の時間を過ぎてしまう。

心配して電話をかけてきた牧であったが、春田はスマホを会社に忘れてきており、その画面を黒澤に見られてしまうのだった。

病院でやっと家族が来たことで解放された春田は、大急ぎで約束の公園へと走っていく。

しかし時間も過ぎていることから、牧の姿はなく、春田はがっくりと肩を落としていると、その近くを牧が歩き去っていくのだった。

家に帰って来た春田は、黒澤が結婚を控えた気持ちを伝えるために書いた手紙を発見する。

そこには「君に会えてよかった」と書かれており、2人はその言葉の思いを噛み締めるのだった。

 
本気のキス

翌日、結婚式を前に春田はとても緊張しており、そんな春田を優しく抱き寄せる黒澤であった。

2人だけの結婚式が粛々と進んでいき、誓いの言葉を口にし、いざキスをと言われた春田は、牧とのキスを思い出してしまう。

そんな春田の様子に気がついた黒澤は、本気のキスでなければ嬉しくないと話すと、牧に会いに行くべきだと背中を押す。

背中を押された春田は、タキシード姿のまま走りだし、なんとか牧を発見し声をかけるのだった。

その頃結婚式場では、1人で出てきた黒澤が「フラれちゃった」と苦笑いし、蝶子に優しくバグされるのだった。

一方牧を見つけた春田は、まだ牧のことが好きなことを伝えると、結婚してくださいとプロポーズするのだった。

 
それぞれの恋

それから一ヶ月後、春田は上海に行くために営業所で挨拶をしており、その活躍を期待されるのであった。

武川と黒澤は、フラれたもの同士傷を癒し合うように、その距離を縮めていくのであった。

そして鉄平と舞香も、2人の恋をゆっくりとだが育んでおり、その近くをイケメンの彼氏を連れたちずが幸せそうに歩いていた。

蝶子と栗林も、大きな進展はないものの、お互いに心の距離を近づけつつあるようで、楽しそうに笑いあっていた。

そして、春田と牧も以前のようなじゃれ合う仲に戻っており、今度は春田から強引にキスをするのであった。

最終回(第7話)の感想はここをクリック
ついに最終回になりましたが、かなりジェットコースターのような急展開にびっくりしました。
 
黒澤のフラッシュモブのプロポーズもなかなか可愛らしく感じてしまいましたが、押しに弱い春田にも驚きました。
 
最後は、牧とのハッピーエンドとなりましたが、かなりお似合いの2人が楽しそうでいいドラマでした。

<見逃し動画>第6話 「息子さんを僕にください!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第6話の公式あらすじ

「俺と牧は…付き合ってます」
 春田(田中圭)の唐突すぎるカミングアウトを受け、激震が走る「天空不動産」第二営業所。ところが…先に口説いてきたはずの牧凌太(林遣都)の様子はなんだかおかしい。「ちょっと僕には意味が分からないです」と、そのまま営業所を出て行ってしまう。“えええええっ、お前の方が意味分かんねぇよ!”と動揺する春田をよそに、営業所の面々は“牧に片想い中の春田が、決死の覚悟で公開告白をして、撃沈した”と誤解をしてしまう。

 かたや、自分がフラれた理由が“男だから”ではなかったと知った黒澤武蔵(吉田鋼太郎)は、春田への愛をメラメラと再燃させ、「打倒・牧凌太」を宣言! 離婚話を受け入れてくれた妻・蝶子(大塚寧々)とまさかのタッグを組み、起死回生のアプローチに乗り出す!
 その頃、春田に恋する自分に気づいてしまった荒井ちず(内田理央)は、自分の気持ちにひと区切りをつけるために、春田に告白しようと決意するのだが…!?

そんな中、突然牧が春田に対し、衝撃的な行動に出る。なんと「“交際相手”として自分の両親に会ってほしい」と言い出したのだ! 「えっ、それ俺はどういうテイで行けばいいの?」と慌てふためく春田だが、流されるがままに牧の実家へ…。さらには、様子がおかしかった牧が、突然倒れてしまい…?
 
<出典>カンテレ公式

第6話のネタバレはここをクリック
空回り

職場で牧との交際宣言をした春田であったが、黒澤がそこに割って入ると、改めて牧と付き合っていると告げる。

そんな2人を祝福し、部長室に戻っていく黒澤は、1人悲しそうな表情でデスクに座るのだった。

しかし当事者である牧は、その春田の告白を認めようとはせずはぐらかすように仕事に向かっていくのだった。

舞香や栗林から、春田の先走りだったと声をかけられ、春田はさらにわけがわからなくなってしまうのだった。

家に帰ったあと、夕食を食べながら牧を責める春田に、あのような公開宣言を望んでいたわけではないと伝える。

それを聞いた春田は、自分の先走った行動に反省していると、牧が熱を出してしまい倒れてしまうのだった。

 
告白したい

牧が熱を出してしまい会社を休むことになると、この機を逃すまいと武川が春田に役不足ではないかと忠告をする。

武川は、やはり牧を幸せにできるのは自分であると春田に話していると、春田は黒澤に呼び出されるのだった。

黒澤は、昨夜春田を落とすための作戦を蝶子と練っており、その実行のためにモデルルールの見学会の案内をするよう伝えるのだった。

その日の昼休み、休んでいた牧を訪ねにきた武川は、そこでも春田より自分が合っているのだと誘いにくるのだった。

その後体調が良くなった牧は、晩御飯の買い出しに行っていると、偶然ちずと遭遇するのだった。

ちずは2人が付き合っていることを理解しながらも、自分の気持ちに整理をつけたいと、告白することを牧に伝えるのだった。

ちずの気持ちを汲んだ牧は、告白することを了承し、寂しげな表情で家にかえっていくのだった。

 
黒澤のアプローチ

モデルルームの見学会のために、早めに現場へ到着した春田は、エプロン姿の黒澤に驚く。

黒澤は、蝶子との作戦から家庭的な一面や、大人の色気などを見せつけるが、春田はそんな黒澤に困惑するのだった。

さらに帰り際にブレーキランプを5回点滅させられ、愛の告白を受けるなど黒澤の行動に困ってしまうのだった。

家に帰って来た春田は、黒澤から迫られていること、そして牧もまた武川から言い寄られていることを告げる。

すると空気を変えようと、牧は実家に挨拶にきて欲しいと告げると、緊張する春田を優しくなだめるのだった。

 
実家への挨拶

気を張ることはないとアドバイスされ、牧の実家に向かった春田であったが、厳格な父親に怯えてしまう。

しかし、牧の母親や妹はそのことを知っているようで、牧の恋を応援する姿勢をとるのだった。

結局牧の父親に受け入れてもらうことはできず、疲れきって帰る春田にちずから会いたいという連絡が入る。

事情を知っている牧は、春田を1人で行かせることにすると、自分は家へと帰っていくのだった。

鉄平のお店にやってきた春田の前に、綺麗に着飾ったちずが現れると、それを察した鉄平は春田とちずに買い出しを依頼するのだった。

その頃、家の中に物音を感じた牧は、恐る恐る入っていくと、春田の母親に遭遇するのであった。

 
それぞれの思い

牧はルームシェアをさせてもらっていると自己紹介すると、春田の母親と意気投合するのだった。

母親は春田と喧嘩中であると話すが、息子を心配していること、さらに孫の顔が早く見たいと告げるのだった。

帰り際春田とずっと友達でいて欲しいと告げると、それを聞いた牧は寂しそうな表情をするのだった。

その頃買い出しを終えた春田は、ちずから思いもよらぬ愛の告白を受けてしまうのだった。

動揺する春田だったが、ちずが涙を流しているのを見てしまい、ちずを優しく抱き締めるのであった。

その様子を、春田の母親の忘れ物を届けに来ていた牧に見られてしまい、牧はなに言わず帰っていくのだった。

 
1年後

家に帰って来た春田は、不機嫌な牧を発見し、洗濯やごみ捨てのテキトーさを注意されてしまう。

そして、母親とのことやちずとのことを考えていた牧は、ここで春田との別れを切り出すのだった。

突然の別れの告白に驚く春田は、不甲斐ない点は直していくと告げるのだが、牧の決心は固くそれを拒むのだった。

そして2人は別れることになってしまい、それから1年の月日が流れるのであった。

着れきに片付けられた部屋や、可愛い飾り付けをされた家で、目を覚ました春田は遅刻寸前だと慌てはじめる。

リビングに降りた春田は、キッチンで料理をする黒澤に笑顔で朝の挨拶をしており、あれから春田は黒澤との同棲生活をしているのであった。

第6話の感想はここをクリック
牧の風邪から始まった今回でしたが、実家訪問や黒澤の作戦、そしてちずの告白などかなり盛り沢山の回でした。
 
牧との関係がうまく行きはじめたと思いましたが、ちずの気持ちや母親の思いを知った牧はそっと身を引くことを決意していました。
 
そして、ちずとの生活を送っているのかと思ったラストでは、なんと黒澤との甘い生活を送っている春田にかなり驚きました。
 
次回の最終回で、どんなエンディングを向かえるのか、楽しみに見ていきたいと思います。

<見逃し動画>第5話 「Can you “Coming Out”?」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第5話の公式あらすじ

同居を解消しようとする牧凌太(林遣都)を、思わずバックハグで引き留めた春田創一(田中圭)。本能的に取った己の行動に混乱していると、牧から突如、直球ストレートが投げ込まれる! 「春田さん、俺と付き合ってください」――牧の言葉に、春田はうっかり「はい」と返答。まさかのどんでん返しで、2人は“付き合う”ことになる! ところが…。良くも悪くも鈍感&ふわっふわしている春田は、この場合の“付き合う”がどういうことか、イマイチ把握できないまま。初めての経験にどうしていいか分からず、ひとまず通勤時間をずらしてみるなど、内緒で付き合いだしたクラスメート・カップルのような行動を取り始め…。

 一方、幼なじみの春田が牧をバックハグする現場を目撃した荒井ちず(内田理央)は、恋愛対象としては「ないわ~」と斬り続けてきた春田を、急に意識し始めた自分に気付いてしまう。彼女の揺れる心は、最近いい感じの関係になっていたマロこと栗林歌麻呂(金子大地)にも伝わって…!?

 そんなある日、春田にフラれたおっさん部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)が、春田にトップシークレットの依頼を託す。バラエティーで人気沸騰中の俳優・剣崎達巳(永瀬匡)のマンション探しをアテンドしてくれ、というのだ。いつもの“デキる上司ぶり”を発揮する黒澤を見てホッとし、意気揚々と任務にあたる春田。だがその裏で、失恋した黒澤は来る日も来る日も自宅で涙にくれていた…。そんな黒澤を目の当たりにした妻・蝶子(大塚寧々)は遂に“一世一代の決意”をする!

 かたや、春田は剣崎を連れて、マンションを内見に行く。するとそこへ、本社からの密命を受けた牧が清純派朝ドラ女優・室川檸檬(生駒里奈)を連れて登場! 実は、剣崎と檸檬は密かに付き合っており、マスコミの目をごまかすため同じ物件に引っ越そうとしていたのだ。絶対にバレてはいけない“熱愛スクープ”に気を引き締める春田と牧。ところが、この案件が巡りめぐって“とんでもない事態”へと発展し…!?
 
<出典>カンテレ公式

第5話のネタバレはここをクリック
彼氏?彼女?

半裸の状態で牧を抱きしめているところを見てしまったちずは、そのあまりにも衝撃的な場面に動揺してしまう。

さらに春田への気持ちが盛り上がってきたところでもあり、処理しきれずに買い忘れがあったと家を飛び出してしまう。

その後春田と2人きりになった牧は、なぜ自分を止めたのかと質問すると、春田はよくわからないが行かせたくなかったと答える。

すると牧は、付き合ってくださいとまっすぐ春田を見つめると、その真剣な眼差しに春田はオッケーしてしまう。

つい付き合うことを了承してしまった春田は、初めての経験ということもあり、自分が彼氏なのか彼女なのかと質問をする。

そんな疑問に、牧は何言ってるんですかと笑い飛ばしお風呂へと向かっていくのだった。

 
トップシークレット

そんなある日、黒澤に呼び足された春田は、先日振ってしまったことを何か言われるのではないかと身構える。

しかし、人気俳優が物件を探しているのだと聞かされ、マスコミにばれないようにするためにトップシークレットな対応を任されるのだった。

いつもと変わらないキリッとした表情で仕事の指示を出す黒澤を見た春田は、自分の思い過ごしに恥ずかしさを覚えるのだった。

そんな春田は、俳優の剣崎を内見に連れていくと、そこに偶然女優の室川檸檬を案内する牧と遭遇するのだった。

会社に戻った牧と春田は、あの2人が付き合っているのではないかと予想し、かなり重大な任務であることを知るのだった。

とりあえず慎重にことを進めようと話し牧と別れた春田を鬼の形相の武川がランチに誘うのだった。

 
手を引いて欲しい

屋上で牧のお弁当を食べていると、武川から2人は付き合っているのか?と図星をつかれ春田は動揺する。

そして武川は、春田のお弁当にはサラダか
ついていないなどと自分の方が上であるとアピールする。

そこで武川は、会社のOB訪問でやってきた牧と知り合い、最初は頼りなかったが芯の強さを知り牧と付き合うことになったのだと話すのだった。

そんな武川に気圧された春田は、付き合っていないと嘘をついてしまうと、それを聞いた武川はそれなら手を引いて欲しいと頭を下げられてしまうのだった。

その日の帰り、ちずと出会った春田は鉄平のその後などを聞きながら歩いていると、それを牧が見ており、悲しそうな表情をするのだった。

 
最後のデート

その頃、蝶子から離婚届を出された黒澤は、春田にフラれたことを伝えると、蝶子はそのくらいで諦めるなと黒澤の背中を押すのだった。

そして、最後のデートとして離婚届を一緒に出しに行こうと提案すると、婚姻届と同じ役所に向かっていく。

役所で働く人の無愛想に文句を言っていた蝶子を見た黒澤は、婚姻届の時と同じだと笑い合うのだった。

そして、その後デートを続けた2人だったが、プロポーズをされた思い出の場所で、2人は別れることを決めるのだった。

一方春田は、彼氏の服がダサいのは許せないと牧と一緒に洋服を買いに行く約束をするのであった。

 
恥ずかしい?

牧に服を選んでもらい上機嫌の春田は、それを写真に撮りちずに送信すると、栗林とデート中のちずはそれを見て大笑いしてしまう。

その後も春田の話ばかりするちずを見た栗林は、春田への気持ちを伝えるべきだと身を引くことを決意するのだった。

その頃春田は、ひょんなことから牧に手を握られてしまい、恥ずかしいからと慌てて振りほどく。

ショックを受ける牧は、ちょうど舞香からの仕事の連絡が入り、春田を残し先に帰るのだった。

その後ちずと合流した春田は、そこで牧と付き合っていることを告白し、それを聞いたちずは自分の気持ちに蓋をするのだった。

 
カミングアウト

檸檬からの話を聞きにマンションに来ていた牧は、そこであらためて剣崎と交際中であることを告げられる。

牧を心配した春田も合流すると、剣崎とのことが公になることを心配した檸檬が物件探しを諦めたいと話すのであった。

こそこそしたくないと話す剣崎の言葉を聞いた牧は、春田と付き合っていることを告げ、2人の気持ちがよくわかると話す。

するとパパラッチに写真を撮られてしまい、春田が追いかけるが結局逃げられてしまうのだった。

あとから追いかけてきた牧に、春田は2人でいることは自分にとって恥ずかしいことではないと告げ、仲直りするのだった。

その数日後、テレビの記者会見で剣崎は檸檬との交際を発表し、その背中を押したのが男性カップルだったと話すのだった。

とっさにテレビを消した春田であったが、牧を傷つけたくないと考え、牧と付き合っていることをカミングアウトするのだった。

すると、部長室部長室でそれを聞いていた黒澤が「ちょっと待った!」と鬼気迫る表情で割って入るのだった。

第5話の感想はここをクリック
それぞれがそれぞれの思いを持って先に進んできていますが、そこは人同士なので実らない恋もありますね。
 
ここにきて一番の驚きは蝶子と栗林の急接近でしたが、恥ずかしくないと語った春田のかっこよさもよかったですね。
 
牧とのことのカミングアウトにちょっと待ったコールをした黒澤がどう絡んでいくのか、楽しみに見ていきたいと思います。

<見逃し動画>第4話 「第三の男」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第4話の公式あらすじ

 乙女部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)が離婚話を突如切り出したのは、春田創一(田中圭)に恋したからだった――! 完全に想定外の衝撃事実を突きつけられ、黒澤の妻・蝶子(大塚寧々)は最上級のパニック状態に…。春田も人生最大の修羅場にオロオロする。なにせ誰かに相談しようにも、頼りになる同居人の後輩社員・牧凌太(林遣都)とは冷戦中。牧が上司・武川政宗(眞島秀和)に連日絞られているのを見て心配した春田が、余計なお節介を焼いたばかりに、怒らせてしまったからだ。八方ふさがりになった春田は、ただただ頭を抱えるばかりで…。

 そんなとき、春田をさらに動揺させる出来事が起こる。あの謎めいたケッペキ上司・武川が単なる偶然なのか…!? マウスを操る春田の手に、自らの手を、そっと重ねてきたのだ! え、何? 武川政宗、お前もなのか? ああ神様、この状況を僕は、どのように解釈したらよいのでしょうか…? ―――その後も武川は大した理由もないのに春田を呼び出すわ、やたらとトイレ・タイミングまで一緒になるわ、ビックリするほど顔を近づけてくるわ…。春田はその真意も掴めぬまま、途方に暮れてしまう。

 やがて春田は“未曽有のモテ期”に悩んだ挙句、幼なじみ・荒井ちず(内田理央)に“ある頼み事”をする。折しも、ちずとその兄・鉄平(児嶋一哉)が営む「居酒屋わんだほう」が近隣一帯のタワーマンション建設に伴い、閉店することが決定。春田が勤める「天空不動産」の社員らも来る閉店パーティーで、彼女のフリをしてほしいという頼みだ。やがてパーティー当日――ちずに首尾よく“彼女っぽい行動”を取ってもらい、なんならドキドキしちゃう春田。しかし、そんな春田の目に“胸をざわつかせる衝撃の光景”が飛び込んできて…!

 一方、腹の虫が治まらない蝶子は春田に「あなたを訴えます」と宣戦布告! 春田は黒澤にハッキリ、恋愛対象ではないと告げようと決意し、ある場所に呼び出すことに。号泣して暴れる部長に、真摯に気持ちを伝えようとするのだが…。さらにそんな中、ちずと鉄平が血相を変える事件まで勃発し…!?
 
<出典>カンテレ公式

第4話のネタバレはここをクリック
モテ期到来

黒澤が蝶子に好きな人が春田だと告白するのだが、蝶子はパニック状態になってしまい、それを理解できずにいた。

なんとか正常に戻ろうと、生活用品の買い物を思い出したと話す蝶子であったが、その行動はかなりおかしなものであった。

大きな問題を抱えることになってしまった春田であったが、あれから牧との関係は微妙になってしまい、相談する相手を失ってしまうのだった。

相談相手を失ってしまった春田は、悩みで頭を抱えていると、主任の武川が優しく接しはじめるのだった。

手を握ってパソコンを教えたり、用もないのに話しかけられたり、偶然とは思えない連れションに来たりと、春田はその行動の謎に悩むのだった。

牧には相談できでなかった春田は、ちずの働く居酒屋に向かっていくと、その悩みを打ち明ける。

一気に3人もの男性から言い寄られていた春田は、嬉しくないモデルを迎えていくのだった。

 
閉店のお知らせ

その時、いつにも増して上機嫌な、ちずの兄・哲平がやってくると、この居酒屋をたたむのだと告げる。

唯一心の安らぐ場所の閉店を聞き悲しむ春田であったが、実際はマンション建設のための一時撤退だと聞き一安心する。

さらに哲平は、そのマンションの1階部分のテナントとして入ることを話すと、閉店パーティーをすることを決意するのだった。

黒澤や牧から言い寄られている春田は、この機会をチャンスと考え、ちずに彼女役を依頼するのだった。

そんな依頼にとまどいながらも、高級焼き肉をおごるということでその依頼を飲むことに決めたちずであった。

 
訴える?

そんなある日、春田の前に厳しい表情を浮かべた蝶子がやってくると、離婚の原因は春田にあるとして訴えを起こすの言われてしまう。

そんな蝶子に突き飛ばされた春田は、肘を擦りむいてしまい、そのまま会社に戻ると武川が処置すると強引に牧から奪う。

武川のあまりの強引な処置に、春田は自分に気があるのではないかとその疑惑をますます強めていくのだった。

その日の夜、哲平のお店で飲んでいた春田たちは、そこでちずと付き合っているような素振りを見せ、牧や黒澤をざわつかせる。

しかしそんな春田が、テーブルのしたで手を握っている牧と武川を発見し、その行動の理解に苦しむ。

家に帰って来た春田は、そのことを牧に聞こうとすると、哲平に嫌気がさしたちずが春田の家にやってくるのだった。

 
勘違い

牧がお風呂に入っている間、お酒を飲んでいたちずに、春田は飲み会での武川と牧のことを話していた。

武川が自分に気があるのではないかと話していたが、それは牧への嫉妬であり自分の勘違いに春田は肩を撫で下ろす。

そこに栗林から電話がかかってきたちずは、席を外しその電話にでようとするのだが、そのちずを春田が止める。

春田の突然の行動に驚きを隠せずにいたちずに、春田は今出なくてもいいんじゃないか?とちずを引き留める。

その言葉にドキドキしてしまったちずだったが、それを悟られないように早々に寝室に向かっていくのだった。

 
騙された

翌日、春田は哲平からの助けを求める電話を受けると、哲平が騙されてただ同然で土地を売却してしまったのだと伝えられる。

哲平が悪徳業者と取引していたことを知ると、春田や牧は懸命にそれをどうにかしようと試みる。

なんとか、哲平の持っていたボイスレコーダーに嘘を話で契約させたことを突き止めた春田たちは、無事その契約を破棄させるのだった。

春田たちの助けにより無事におさまったことを感謝するちずは、春田への思いを少しだけ強くしていく。

その夜、黒澤を呼び出した春田は、黒澤とは付き合えないことを改めて伝えると、その春田の告白に衝撃を受けてしまう。

春田は黒澤を上司として、人として尊敬していることを伝え、今まで通りの関係に戻りたいと頭を下げるのだった。

春田の必死な思いを知った黒澤は、涙をこらえ立ち上がると、今後のプロジェクトをまた頑張ろうと声をかけ去っていく。

そんな2人の姿を陰から見ていた蝶子は、必死な春田の姿に涙をながしてしまうのであった。

 
最悪の状況

家に帰って来た春田は、そこで牧に黒澤と別れたことを話そうとするのだが、牧は荷物をまとめていた。

驚く春田なの、武川が元カレでありこれから武川の家に転がり込むと話すのであった。

シャワーを浴びて着替える前にそんなことを言われた春田は、かなり動揺してしまい必死に牧を止めようとする。

玄関でそんな姿で牧を抱きしめていると、ケーキを持って帰って来たちずに見られてしまい、ちずはケーキを落としてしまうのだった。

第4話の感想はここをクリック
武川の狙いが牧であることが判明して、さらに元カレだということにかなりの衝撃を受けました。
 
春田とちずも、なんだか良い雰囲気になってきていて、ちずもちょっと心が動いているようでした。
 
せっかくちずとの良い関係になりそうだった春田でしたが、牧にバグしているのを見られてしまい、これからどうなるのか目が離せません。

<見逃し動画>第3話 「君の名は。」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第3話の公式あらすじ

 春田創一(田中圭)に恋するおっさん部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の妻・蝶子(大塚寧々)が「天空不動産」に、一人暮らし用の物件探しを依頼。よもや黒澤の妻だとは思わず、接客した春田は蝶子を物件内覧へと案内する。そんな春田に、蝶子は理由をごまかし、社内に「ハルカ」という子がいるか調べてほしいと依頼。お人よしの春田はうっかり引き受けてしまう。そう、それがまさか戦慄のドロ沼離婚騒動に足を突っ込む自殺行為になるとは知らずに…。というのも、蝶子は黒澤が寝言で口走った「はるたん」を「ハルカ」と聞き間違え、“不倫相手の女と思われるハルカ”を探し出そうと企んでいたからだ!

 一方、「天空不動産」では、蝶子の正体に気づいた武川政宗(眞島秀和)らが「別居か!? 熟年離婚か!?」 と大騒ぎ。彼らから事実を知らされた春田も愕然となる。離婚原因は…間違いなく部長から告白されたオレ。部長の奥さんが探してる「ハルカ」も…オレ!――前代未聞の状況にパニくった春田は思わず、同居人でもある後輩社員・牧凌太(林遣都)にすがろうとするが、どうも牧の様子がおかしく…。その矢先、春田は牧と武川が何やら言い争っている場面を目撃。その後も何かと武川に絞られる姿を見て心配した春田は、自分のことはそっちのけで、牧の相談に乗ろうとする。だが、牧は何も打ち明けてくれず…。

 そんなある日、蝶子が春田に“離婚危機にまつわる事情”をすべて明かし、「ハルカ」探しへの協力を正式依頼してきた! さらに、黒澤の手帳に「デート」の文字を見つけた蝶子は、黒澤を尾行しようと決意。春田も尾行に巻き込むが、実はその「デート」の日時と場所は、黒澤が春田に「宣伝戦略の話をしたい」と指定してきたものと同じ…。つまり、「デート」の相手は春田だったのだ! どう考えても全員無傷では帰れない展開にヒヤヒヤしながら、春田は蝶子と共に、自分との待ち合わせ場所にウキウキと出かける黒澤を尾行するのだが…!?
 
<出典>カンテレ公式

第3話のネタバレはここをクリック
来店の理由

天空不動産にやってきた蝶子の対応をする春田は、店舗内をキョロキョロ見ながら部屋の相談をする蝶子を不思議そうに眺める。

そんな蝶子は広めの1LDKを探しているのだと伝えると、春田は蝶子のために数件の物件をピックアップする。

蝶子と内見に向かっていった春田であったが、そこでハルカという女性が社内にいないかと聞かれる。

営業所には居ないと伝えると、本社にいないか探して欲しいと頼まれ、知り合いの子供なのだと説明するのだった。

不思議に思いながらも、お人好しの春田は蝶子の依頼を引き受けることにするのであった。

その後会議が終わると、武川や舞香が春田に近寄り、蝶子が黒澤の妻であるということを知らされるのであった。

 
武川の当たりの強さ

その夜、営業所の皆で飲みに行くことになった春田たちは、そこで牧とルームシェアしていることを告白する。

男2人のルームシェアということもあり、その生活が楽しそうだと言われた春田であったが、先日のこともあり表情を曇らせる。

ちずのお店ということもあり、春田は提供や片付けなど手伝わされており、そんなちずとの関係を舞香は気に掛ける。

単なる幼なじみだと春田が答えると、それを聞いた栗林はちずへ猛アプローチしはじめるのだった。

その時春田は、牧がいないことに気がつき、武川と外に出ていったと聞かされ様子を見に行くと、強めに叱られている牧の姿を発見するのだった。

家に帰って来た春田は、そんな牧を心配するが、牧は放っておいて欲しいと告げ部屋に戻ってしまうのだった。

 
協力要請

相変わらず牧に当たりの強い武川を見ていた春田は、心配になってしまい直接武川に何かあったのかと聞いてしまう。

しかし武川は、生真面目で神経質な性格から、少しのミスでも見過ごせないのだと語るのであった。

そんな春田は、蝶子から呼び出されると、黒澤の浮気を確たるものにするべく協力をして欲しいと頼まれる。

黒澤が思いを寄せているのが自分だとは言い出せず、春田はその蝶子からの依頼を引き受けることにするのだった。

蝶子は自宅で浮気の証拠を探そうとするのだが、なかなか発見することができずにモヤモヤしていた。

一方春田も、黒澤と牧だけでなく蝶子との間に挟まれてしまい、モヤモヤを抱える日々を送るのだった。

 
尾行開始

そんなある日、蝶子から黒澤を尾行して欲しいと依頼をされると、春田はその日は黒澤から呼び出されていると伝えようとするのだった。

しかし蝶子は、黒澤の手帳にデートと書いてあったと聞かされた春田は、自分と一緒に行くのだと言えなくなってしまう。

尾行相手と会わなければならないという困難なミッションを課せられた春田は、蝶子がトイレに行っている隙に黒澤の席に向かう。

蝶子が帰ってくるのを気にしながら黒澤と会話をしていると、蝶子が帰ってきてしまいバレてしまったと怒られるのだった。

黒澤に蝶子のことを気づかれないために、そして黒澤の相手が自分だとバレないようにしながら春田は蝶子とともにお店を後にするのだった。

疲れきってしまった春田は、家に帰ってくると牧から、武川と話していた内容について怒られてしまう。

牧を心配しただけだと伝える春田であったが、牧はお節介だと怒ってしまうのであった。

 
君の名は

その頃黒澤の手帳から、はるたん観察日記を発見した蝶子は、不倫の確固たる証拠だと春田を呼び出す。

そこにやってきた春田は、蝶子から話を聞こうとするのだが、肝心の相手については口を開けなかった。

しかし心優しい春田は、蝶子がどのような思いで黒澤と接しているのか、そしてそんな黒澤を大切にしているかを聞かされ、涙を流してしまうのだった。

そんな2人の元に、蝶子を心配し探しにきた黒澤がやってくると、改めて夫婦で話し合いをするのだった。

そこで蝶子は、離婚の理由が聞きたいだけなのだと黒澤を問い詰めると、黒澤はゆっくりと口を開き好きな人が出来たのだと答えるのだった。

どこの女なのかと聞かれた黒澤は、女じゃないと絞り出すように答えると、その相手が男であると告白する。

黒澤の突然のカミングアウトに驚く蝶子は、言っている意味がわからないとその内容に混乱するのだった。

そして黒澤は、好きになった人はといって春田を抱き寄せると、蝶子から君の名はと聞かれ、春田は名前を言うのだった。

第3話の感想はここをクリック
3話にして蝶子に春田の存在がばれてしまいましたが、突然のカミングアウトにかなり驚いていましたね。
 
さらに蝶子はその相手が春田だと聞いて、これからどうするか、そしてどんな判断をするのでしょうか。
 
そして武川と牧の関係は一体何なんでしょうか?もしかして武川も春田に好意を抱いているのでしょうかと思われるくらいの対応でした。
 
だとしたらこの関係がかなり混乱した職場になりそうで、今後の展開がかなり気になってしまい、このハチャメチャなドラマならあり得る展開かなと感じてしまいます。

<見逃し動画>第2話 「けんかをやめて」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第2話の公式あらすじ

「春田さんが巨乳好きなのは知ってます…でも、巨根じゃダメですか?」
 バスルームで告白してきた同居中の後輩社員・牧凌太(林遣都)に、唇まで奪われた春田創一(田中圭)はすっかり気が動転。ところが翌朝、牧は何事もなかったような顔で、春田に朝食を作り、サラッと出社する。え? 昨日のは無かったことになってんの!?――春田の混乱は加速する一方で…。その矢先、春田が務める「天空不動産」に、小説家になった地元の後輩・棚橋一紀(渋谷謙人)と陽菜(吉谷彩子)夫婦が来店。春田は張り切って2人の新居探しを担当する。ところが…物件を下見するたび夫婦の意見が衝突! 春田はひたすら夫婦の板挟みとなり、物件探しは難航してしまう…。

 そして…よりによって同時期に、世を忍ぶ乙女心を秘めた敏腕部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と牧から愛を告白された春田は、プライベートも相変わらず難航…。おっさんとイケメン男子の板挟み状態で、気持ちが乱れっぱなしの春田は思わず、上司の武川政宗(眞島秀和)に友達の話だと誤魔化しつつ、牧とのキスについて相談するのだが…!?

 そんな中、黒澤がランチミーティングという名目で、美味でかわいいキャラ弁を作り、春田をランチデートに誘ってきた! しかも、それを知った牧が呼ばれてもないのに、2人のランチタイムに参上。愛しの春田を巡って、男同士の激しすぎるバトルが開幕し…! 一方その頃、結婚30年目にしていきなり黒澤から離婚を切り出された妻・蝶子(大塚寧々)も、原因を激しく暗中模索。不倫が原因に違いないと考えた蝶子は、不倫相手を特定すべく、突如「天空不動産」に乗り込んできて…!?
 
<出典>カンテレ公式

第2話のネタバレはここをクリック
わけがわからない

ルームシェアをすることになった牧から突然キスされてしまった春田は、その牧の真意がわからずに悩んでいた。

さらに翌朝、いつも通り接する牧を見た春田は、さらにわけがわからなくなり頭を悩ませるのだった。

春田は出社すると、黒澤が本社に行っていることを知り、上司の武川に友人の話としてそのことを相談する。

すると武川は、そのキスが本気であることを告げると、近くで聞いていた瀬川舞香もその話に興味を持ちはじめるのだった。

その頃、黒澤に離婚をつきつけられてしまった妻の蝶子は、黒澤が浮気をしているのではないかと、その証拠を探しはじめるのだった。

その夜、隣で寝ている黒澤が寝言で春田の名前を呼んでいるのを聞いた蝶子は、ハルカと聞き間違えてしまうのだった。

 
冗談ですよ

牧からのキスに悩んでいる春田は、ちずのお店に向かうと、黒澤のことを相談するのだった。

ちずは他人事だからなのか、玉の輿に乗れるチャンスではないかと、黒澤との恋を応援し始めるのだった。

そんな中、牧からの何気ないメッセージを読んだ春田は、2人の行動に頭を悩ませるのであった。

その頃、会社で物思いにふけっていた牧に気がついた舞香は、恋で悩んでいることに気がつく。

そしてそれが春田であることに気がついた舞香は、押してダメなら引いてみろとアドバイスを送るのだった。

家に帰って来た牧は、春田に昨日のキスは冗談だったと笑って話すと、それを聞いて春田は安心するのだった。

 
意見が合わない

そんなある日、お客として来店した棚橋一紀と陽菜夫婦がやってくると、一紀が春田の後輩であることに気がつく。

春田は2人のために、ぴったりな家を探すと意気込むと、数件の物件をピックアップするのだった。

しかし、2人の意見に合うような物件がなかなか見つからず、そのせいで夫婦喧嘩を始めてしまうのだった。

慌てて止めにはいるも、2人の険悪なムードは消えることなく、喧嘩はさらに激しくなりついには離婚話まで飛び出してしまうのだった。

一紀の問題を抱えてしまった春田は、翌日黒澤にランチミーティングに誘われ、それを了承するのであった。

 
春田とのはじまり

本社の屋上にやってきた春田は、黒澤の手作りのお弁当を渡され、黒澤はドキドキしながらその反応を伺っていた。

そこで春田は、一紀の問題を相談すると、板挟みの苦労を黒澤に心配されるのだった。

すると黒澤は、昔も同じようなことがあったと話ながら、2人で初めての外回りに出た日のことを話し出す。

そこでひったくりにあってしまい、黒澤は足を捻ってしまうのだが、そこで春田から優しく靴を履かせてもらったのだと話す。

そしてそこから春田への恋心が芽生えてしまったのだと話していると、そこに牧がやってくるのだった。

 
板挟み

そこで牧は、黒澤が春田にお弁当を作り食べさせていることに嫉妬してしまい、自分も春田が好きなのだと告白するのだった。

そして上司といえども春田を譲ることはできないと伝えると、黒澤も負けじと言い返し喧嘩になってしまうのだった。

止めようとする春田であったが、昼休み終了のチャイムが鳴ると、興奮冷めやらぬまま2人は春田を残し仕事に戻っていくのだった。

その夜、ちずの店で顔を合わせた春田と牧の険悪なムードに気がついたちずは、何があったのかと心配そうに見つめる。

そこで春田は、牧の行動が目に余ると叱ると、牧は改めて本気で好きなのだと伝えるのだった。

しかし春田は、その気があったからルームシェアをしたつもりはないと、言い放つと牧はお店から出ていってしまう。

春田の態度がひどすぎると、ちずから叱られた春田は、1人家に帰ると牧との生活を思い出すのだった。

 
話し合うこと

傷つけてしまったと牧が心配になってしまった春田は、慌てて家を出ると走り回り牧を探す。

なんとか公園で見つけた春田は、可能性がないなら優しくしないで欲しいと言われてしまう。

しかし春田は、これからも話し合って友達としてまた一緒に暮らしたいのだと告げると、牧は春田に歩み寄ってくる。

そして春田のおでこにキスをすると、普通には戻れないと告げ去っていくのであった。

翌日、一紀たちを呼び出した春田は、まっさらな土地を紹介し、2人の理想の家を一から建てることをすすめる。

そして、話し合いを始めた一紀と陽菜は、以前のように笑顔を取り戻し仲良く会話をするのであった。

その頃蝶子は、天空不動産のホームページに載っていた春田の名前を見て、翌日春田を訪ねに天空不動産にやってくるのだった。

第2話の感想はここをクリック
内容もとても面白いのですが、黒澤と牧の言い合いがほんとに面白くて、子供の喧嘩みたいになってましたね。
 
あの喧嘩をしている黒澤も、いつものダンディーさはどこへやらでとても面白いですね。
 
春田に気がついたのか、蝶子がやってくるという最後のシーンに、次回蝶子との対決はあるのか、ととても気になってしまいました。

<見逃し動画>第1話 「OPEN THE DOOR!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

結婚したいのに全然モテない33歳の独身男・春田創一(田中圭)は通勤中、痴漢に間違われたところを、尊敬する敏腕上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)に助けられる。ところがホッとしたのも束の間、春田の目には“見てはいけないもの”が飛び込んでくる。それは…黒澤の携帯のロック画面に映し出された、春田のキメ顔写真! え、え、え? 何? いまの何!?―――動揺する春田だが、さらに仕事中、黒澤のパソコンでとんでもないものを発見。なんと“spring”と名付けられたフォルダに、春田の隠し撮り写真が大量に保存されていたのだ! まさか部長…俺のことを…いやいや、確かに運命の恋にいつか巡り合えると信じて生きてきたけれど…こ、これは…
「神様。僕が希望していた運命の恋とは、少しテイストが違うような気がします」
 完全にパニくった春田は黒澤を一方的に警戒し、挙動不審に…。そんな中、後輩のイケメン社員・牧凌太(林遣都)が本社から異動してくる。牧は礼儀正しく、仕事にも一生懸命。しかも、料理までも得意らしい。折しも、息子の自立を心底願う母親に突如家出され、家事もままならず途方に暮れていた春田は、牧に同居を提案。さっそく引っ越してきた牧の“女子力”に、春田は感動しまくりで…!
 その頃、運命の歯車は怒涛の勢いで回り始める。なんと、黒澤が春田を呼び出したのだ。やけにムーディーな待ち合わせ場所で春田を待っていたのは…バラの花束を持った黒澤! しかも、男気あふれる黒澤の口から飛び出したのは、「はるたんが…好きです!」という、乙女すぎる愛の告白で…!?
 
<出典>カンテレ公式

第1話のネタバレはここをクリック
モテないアラサー

天空不動産の営業マンとして働く春田創一は、後輩にも営業成績を抜かれてしまい、意気消沈していた。

そんな春田の気持ちを知ってか知らずか、営業部長の黒澤武蔵は、この営業所が関東で一番の成績になったと伝える。

そしてこれからも会社をひっぱっていけるような営業所になろうと、春田たちを鼓舞するのだった。

その夜、春田は後輩に誘われた合コンに参加するも、空回りばかりで全くモテずに酔っぱらって家に帰ってくる。

家に帰った春田は、同居する母親からもっとしっかりしろと家を追い出されそうになるが、反論した春田に呆れた母親は自分が出ていくと告げるのだった。

 
黒澤のスマホ

そんなある日、春田がバスに乗っているとなんと痴漢の疑いをかけられ女性が騒ぎ出してしまい、春田は突然のことに慌ててしまうのだった。

すると、たまたま同じバスに乗っていた黒澤が、春田の手が塞がっていたことを説明し、その誤解を解くのだった。

黒澤の手助けに感謝する春田であったが、バスが急ブレーキを踏んださいに、落ちてしまった黒澤のスマホを拾う。

何気なくスマホの画面に目を落とした春田は、自分が待ち受けになっていることに気がつき動揺してしまうのだった。

春田はそれが一体何を意味するのか、パニックになった頭ではそれを理解することができずにいて、頭を悩ませるのであった。

 
牧凌太

その後職場に着いた春田は、数日後に行われる現地即売会のイベントの責任者を任されることになる。

そして、本社の都市開発部からやってきた牧凌太を紹介され、その牧の教育係りにも任命されるのであった。

黒澤は牧に資料を渡すようにと春田に指示を出すと、自分のパソコンから資料を印刷するように告げる。

春田が黒澤のパソコンを操作していると、とあるフォルダーから自分の写真が大量に入っていることに気がつく。

今朝のことといい、春田は黒澤が一体何を考えているのかまったく解らずに、牧を連れて外回りへと出掛けていくのだった。

春田は、ポスティングも大事な仕事だと説明しながら歩いているが、そこに後輩がミスをしたという報せを受けるのだった。

 
感じる恐怖

その日の夜、後輩のミスをフォローしようと会社に戻ってきた春田は、いつもは提示で上がる黒澤の存在に気がつく。

疑問に思いながらも、自分との距離を縮めようとする黒澤に恐怖を感じた春田は、逃げるように会社をあとにする。

なんとかエレベーターに乗った春田は、そこでジャケットにクリーニングのタグが着きっぱなしだという黒澤からのメッセージに気がつきホッと一安心をするのだった。

そんなこともあり、家に帰った春田であったが、なんと母親が本当に出ていってしまったことを知る。

家事がまったくできない春田は、食事を取ろうと幼なじみのちずが働く居酒屋に向かっていく。

母親のことを話した春田であったが、そんな春田に厳しい言葉を掛けたちずは、春田を追い出すのだった。

その帰り、買い物帰りの牧を見つけた春田は、ルームシェアを提案し、数日後牧が春田の家にやってくるのだった。

 
黒澤の告白

真面目で几帳面な牧は、春田のだらしなさを叱りながらも、楽しく2人の生活を続けるのであった。

そんなある日、春田は近くの公園に黒澤から呼び出されると、黒澤はバラの花束を持って春田を待っていた。

すると黒澤は「はるたんが好きです」と告白すると、迷った挙げ句に告白したことを伝えられる。

黒澤の突然の告白に驚く春田は、その足でちずの店に行くと、そのことを相談するのであった。

しかしちずは、その黒澤の気持ちがわかると告げると、黒澤を応援すると春田に伝えるのだった。

 
事故発生

牧との同居を始めたら春田であったが、春田のミスによりチラシの誤植に気がついてしまう。

なんとかそれを張り替えた春田は、現地即売会の会場に走って向かうのであった。

自分のミスに肩を落とす春田であったが、黒澤がそのフォローをし、春田に笑顔が戻ると、立て掛けていた看板が倒れそうになる。

黒澤を心配した春田は、黒澤を助けるために駆け寄ると、自らが下敷きになり病院に運ばれていく。

心配する黒澤や牧をよそに無傷の春田は、なんとか家に帰ってくると、突然牧から告白されキスされてしまうのだった。

その頃黒澤は、長年連れ添った妻に離婚をして欲しいと頭を下げると、恋をしてしまったことを告白するのだった。

第1話の感想はここをクリック
LGBTという言葉が浸透してきた現在ですが、そんな感情をとてもおもしろく描く作品がスタートしました。
 
まったくモテてこなかった春田に訪れた突然のモテ期ですが、相手が黒澤や牧であることにかなら戸惑っていましたね。
 
春田も、かっこよさをまったく感じさせないキャラクターですが、それ以上にとても愛嬌がありとても面白い1話でした。
 
これから春田をめぐって牧と黒澤がどう行動していくのか、ちずの気持ちや行動にも注目していきたいと思います。

おっさんずラブ1の内容

公式サイト

何もかもが想定外すぎる、恋の季節の到来――
ぐいぐい迫ってくる男たちに驚愕し、全力で拒む主人公・春田。
しかし、彼の頭の中からはいつしか
“ピュアな男たちの存在”が離れなくなっていくことに…!
“常識”で考えたら、あり得ない。
でも、その“常識”ってそもそも何?
“人を好きになる”って…何!?
多くの人が普通だと思っている価値観を改めて問うラブストーリー『おっさんずラブ』。
笑って泣いて、ときめいて…!
気がついたら、男とか女とか…そんなちっぽけな既成概念を飛び越えて応援したくなる
“真剣トキメキ・ラブコメディー”がついに開幕!!
この春、おっさんたちのピュアな恋心の桜吹雪が、皆さんの心をほんのりピンクに染め上げます――。
 
<出典>テレビ朝日公式

<出演者>

・春田創一:田中圭
・牧凌太:林遣都
・荒井ちず:内田理央
・栗林歌麻呂:金子大地
・瀬川舞香:伊藤修子
・武川政宗:眞島秀和
・黒澤蝶子:大塚寧々
・黒澤武蔵:吉田鋼太郎
・荒井鉄平:児嶋一哉
・真木恵未

<各話の視聴率>

episode1 OPEN THE DOOR! 2.9%
episode2 けんかをやめて 4.2%
episode3 君の名は。 3.8%
episode4 第三の男 3.5%
episode5 Can you “Coming Out”? 3.9%
episode6 息子さんを僕にください! 3.9%
Finalepisode HAPPY HAPPY WEDDING!? 5.7%

続編の「おっさんずラブ-in the sky-(シーズン2)」はこちらを見てみてください。
 
おっさんずラブ-in the sky-(シーズン2)

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

おっさんずラブ1の感想

20代女性

始まる前は正直ふざけたドラマかなと思いましたが、内容は面白く、毎週次の放送が楽しみでした。吉田鋼太郎と田中圭と林遣都の3人がメインではありましたが、不動産会社の他の社員とも関係があったり、また、徹底的に男同士だけではなく、田中圭と内田理央の友達同士だけどもどかしいような恋愛模様も描かれていたのが良かったと思います。こことここがそう繋がってたのか!とワクワクでした。もっとも印象的だったシーンは、部長が春田に恋に落ちたところです。部長も乙女だなと、女も男も関係なくドキドキするポイントは同じだったりするのかなとほっこりしました。おっさんずらぶのこのシーズン1が放送されていた当時は、単なる娯楽であり、軽快で楽しいドラマだなというくらいの感覚で見ていました。しかし、個人的に最近LGBTの方たちについて学習したので、そこで学んだことを踏まえると、こうやって娯楽として面白おかしく男性同士の恋愛が描かれることで、性的マイノリティの方たちが実生活で生きづらくなる面もあるのではないかと思いました。娯楽としてのドラマはもちろん大切ですが、おっさんずらぶのようなことが日常であってもそれは普通のことで異性間の恋愛と何ら変わらないことなんだと思えるようになって欲しいなと感じました。

20代女性

めちゃめちゃかっこいい部長の、黒澤部長が春田の写真を携帯に入れていたり、会社のパソコンに春田のフォルダを作って何枚も入れていたりするのがおもしろい始まりでした。春田は何かの間違いかと思い、でもなぜ自分が知らない間に撮られた写真を複数枚持っているのか分からず、悩んでいるのがかわいかったです。春田のことを恋愛感情の好きだと告白してきたシーンは、本当におかしくて、笑っちゃいけないけど笑ってしまうようなシーンになっていたのが見どころでした。黒澤部長に好きだと言われて戸惑っていたところに、なぜか同僚の牧からも好意を抱かれることになり、春田は女の人が好きだったはずなのにどんどん男性にも恋愛感情を抱くようになっていくのがおもしろかったです。春田の幼なじみでもある、ちずは、春田のことが気になっているけど、春田が牧に抱き着いている姿を目の前で見てしまうことになり、戸惑って走って逃げて行く姿が印象的でした。男性に恋愛感情を全く抱いたことがなかった春田が、牧に押されまくって好意を抱くことになっていく姿がすごく見どころでした。牧を好きになったということは、男に恋愛感情を持てるということだからと言って、諦めかけていた黒澤部長が再び春田にアピールしてくるのもおもしろかったです。

20代女性

私は、ドラマ「おっさんずラブ シーズン1」を観て、「突然の告白に戸惑う主人公の姿」と「ピュアな恋の行方」が特に魅力的だと思いました。まず、突然の告白に戸惑う主人公の姿についてです。このドラマでは、主人公のサラリーマンと彼に恋心を抱く二人の男性との恋模様が描かれます。主人公は、上司である男性と後輩である男性からある日突然恋心を抱いていることを告白されます。これまでモテ期がなかったうえ、同性である男性に告白されたことに主人公は驚き戸惑います。二人の男性からの猛アプローチに戸惑う主人公の姿がコミカルで、何度も大笑いしながら観ていました。次に、ピュアな恋の行方についてです。主人公は、二人の男性の恋心を受け止めることができず、二人の告白を拒み続けます。しかし、何度も真っすぐに自分に対して愛を伝える二人に対し、主人公自身も徐々に二人の存在を意識し始めます。恋愛感情を抱く相手のことを考え、一喜一憂し時に涙まで流しながら全力で恋をする三人の姿から、お互いに対する純粋な恋心が感じられて、ときめきを覚えながら観ていました。また、まったく予想できない恋の展開に毎回ハラハラドキドキしながら夢中になって観ていました。

60代女性

ラブストーリーの金字塔となった感のあるドラマです。すべてのキャラクターが輝いていました。仕事は一生懸命、でもどこか幼い春田創一(田中圭)が、家に帰ってくると倒れ伏して朝まで寝てしまう。それにあきれ果てた母親は、自分の面倒は自分で見なさいと家を出てしまいます。倒れ伏した姿の無防備さがまるで自分の子を見るようで、そこから目が離せないドラマとなりました。春田の無邪気さを愛したのが、人生後半戦に入った部長黒澤武蔵(吉田鋼太郎)。恋心を押さえきれなくなった部長がどんどん乙女化していくのが絶妙で、乙女と声量たっぷりの告白とのギャップなどどれだけ笑わされたかしれません。しかし、長年連れ添った妻には別れを切り出し、修羅場も越えねばなりません。妻を演じた大塚寧々は、驚き怒ってもその表情がチャーミング。はじめは受け入れられなかった武蔵の願いも最後には聞き入れ、さらに応援までする魅力的な女性を好感度大に見せてくれました。そんな蝶子を好きになる若き営業マン歌麻呂を金子大地が爽やかに演じ、年の差もある年上女性との恋愛を一つの愛の形と見せてくれました。部長のライバルとなる牧凌太(林遣都)をはじめ、キャストが役によくあっていたことがドラマを魅力的に見せてくれたのはもちろんですが、演出もすごかったです。春田に告白する部長の後ろの瞬く光はハート型。春田からごめんなさいをされたときは割れたハートになっていたりと、制作側の、楽しいドラマを作りたい!という熱意を強く感じました。その熱さがドラマをあれだけ盛り上げたのだろうと思っています。スタッフもキャストも、皆の心が一つになって「人を愛すること」を伝えたドラマ。何度見ても、温かく幸せになるドラマです。

50代男性

これまで全然モテなかった春田創一は、遅咲きながらモテキに突入しました。多分、お人好しなので断れない性格が相手を奮い立たせてしまった感じがします。ダメ男だった春田創一は、これまでにない経験をすることになります。相手が上司の黒澤部長なので困ってしまいます。ここに拍車をかけて後輩の牧が付き合って欲しいと言いよってきました。三つ巴の争いですが、男同士が春田を獲りあう姿勢になっています。されに女性の荒井ちずも春田に好意を持ち始めて、人生最大のモテキ到来です。誰を選ぶかは春田に掛かっていますが、気にいられるように必死です。特に黒澤部長は年甲斐もなくみっともない感じがしました。好きな人の前では、ここまで本能が炸裂してしまうのかと不思議な気持ちになります。黒澤部長の妻は離婚届を出してしまうほどショックだったと思います。相手が男なだけに複雑な気持ちです。牧に好意を持たれているので、黒澤部長はメラメラとライバル意識が滲み出ています。どうして男にモテルのか?男も女も関係ない時代が来るかもしれません。選んだのは、黒澤部長で同棲生活を送るようになりました。妻よりも男性を選んだ黒澤部長は、この先どうしたいのか?意味深です。

30代男性

観るまでの初めは男同士の恋愛模様なんてきっとつまらないだろうと思うこともありましたが終わってみればスッキリとするなぜか爽やかな印象のある作品でした。きっとキャスティングが良かったのだと思うのですが男同士でも不思議とあまり汚くなくて主人公の春田さんをめぐって多数の男達の取り合いが非常に可笑しかったです。中でも黒澤武蔵部長は一見仕事には厳しくクールな印象があると思いきや春田さんの前ではかわいらしい表情をしたり遠くから見つめていたりと見た目はダンディーなおじさんなのにやっていることが女性的なことが多くて面白く感じられました。黒澤部長の奥さんも当初は女絡みの浮気を疑って旦那の社内へ探りをいれたりと展開が会社内だけでなくて家族間にまで発展していくのもドラマの割には壮大な雰囲気もあってなかなか楽しめました。春田さんも言い寄ってくる男性陣を力づくで嫌がるのではなくて優しい対応を常に見せていて誰にでも愛されるようなキャラクターで今回の役にぴったりな感じで嫌悪感が全くなくて良かったです。最終的に落ち着いた先も春田自身でしっかりと決めるところが最後の最後で男らしい姿のようになっていてスッキリとした結末に思えました。

30代女性

田中圭さんの演じる春田創一のダメ男っぷりがいいですね。ダメ男なんだけどなんだか憎めません。だって、優しいし意外と熱い男ですしね。ちょっとデリカシーにかけるところはありますが、割と良い奴なんじゃないかと思います。そして相手役の林遣都くん。大人になりましたね。若手エリート役とても似合っていました。牧の神経質そうな役にぴったりでした。おっさんずラブはいわゆる男同士のラブストーリーですが、案外見やすくて面白かったです。どうしてかな、と思ったのですが、春田の周りの人たちが全く男同士の恋愛に拒否反応を示さないのがよかったのかな、と思います。誰も傷つかないと言ったらちょっと語弊はありますが、ほんわかするドラマでしたね。これも全て主役である田中圭さんの魅力かなと思っています。現場の雰囲気がとても良いんでしょうね。仲の良さが伝わってきました。このドラマで吉田鋼太郎さんをちゃんと見ましたが、めっちゃ面白い人ですね。アドリブもものすごいらしくって、フリーダムな感じが見て取れました。このおっさんずラブは田中圭さんと吉田鋼太郎さんでないと、この良さはでなかったと思います。最後までノーブレーキで走り抜けてくれたドラマでした。

40代女性

この年、もっとも夢中になったドラマでした!笑って切なくてキュンキュンする、全ての登場人物に幸せになって欲しいお話です。おバカなはるたんも、乙女な部長も、一途な牧もとにかくみんな可愛いんです。個人的には、部長の妻・蝶子さんの人生を応援したいと思いました。長年連れ添った夫から突然別れを切り出されたのに、相手を恨むどころか無理目な片思いを応援する。美人なのに男前。そりゃ年下男子も惚れますよ。このドラマがここまでヒットしたのは、男同士だからとか歳の差だとかを必要以上に障害としてとらえていないところ。そういった垣根を全てとっぱらった恋心や相手を大切に思う気持ちがまっすぐに描かれていたからではないでしょうか。春田も、最初は男同士ということに戸惑いはするけども、だからといって断固拒絶という訳でもない。相手の人間的な部分をしっかり見ているところに好感がもてます。また、幼馴染のちずとの関係も、タイミングさえ合えばきっと違った展開になったのではと思います。また、春田役の田中圭さんの顔芸の多彩さ、林遣都の繊細な演技、吉田鋼太郎の声量のすばらしさなど、役者陣の熱演も素晴らしく、みな演技上手で安心して見ていられました。

20代女性

とてもコメディー調で面白く、笑いが絶えないドラマでした。田中圭の子供のような無邪気な笑顔や、不器用で優しい性格など、とても春田の雰囲気に合っていました。また、林遣都のエリート感やできる彼氏感、春田への恋心の表し方も見事でした。そして、何よりも吉田鋼太郎の演技が魅力的でした。会社内でいるときのしっかりした顔付き、デレデレしているときのかわいい顔など、ふり幅が広くて面白かったです。毎回、吉田鋼太郎の仕掛けるアピールが面白く、手作りのお弁当や結婚式のシーンはとても素敵でした。春田にお弁当を渡して、反応を見る様子や、隠し撮りをする様子は、乙女そのものでかわいらしかったです。結婚式会場で、ダンスをしながら春田を出迎えているところは、流行りも取り入れて喜んでもらおうとする健気さが良かったです。振られるシーンも多々ありますが、その度に、あっさりと受け入れるシーンと、とても悔しがって泣いているシーンがあり、言動や行動が面白く、笑いつつも切なくなりました。会社では、何もなかったように振舞っていても、どこか気になってしょうがない様子がリアルでした。キャストの方々の演技力が高かったので、リアリティーを感じつつも笑えるドラマでした。

20代女性

すごく楽しみにしていた作品ではあったのですがあらすじを読んだりしていて、おじさん同士の恋愛なんて見ていられるのかなと思っていました。初回の放送が終わった時点でとてもはまってしまいこのドラマをみるために、一週間がんばる生活が始まりました。いろんな芸能人の方とかもはまっていて世間一般では田中圭さんが演じているはるたんが好きな方が多数だったのですが、私の中でははるたんに魅力を感じず黒澤部長がかわいくて愛しくて部長を推していました。この作品を観るまではあまり吉田綱太郎さんのことを詳しく知らなかったのですが、こんなギャグみたいな役もこなしてるんだなと思うと感動しました。あの強面だと思っていたお顔から想像できないような乙女な顔を見せてくれるのでそこに惹かれてしまいました。あんなに男性でも恋している女の子みたいな表情ができることにとても感動しましたし、考えたりすることが私よりも女子だなと悲しくなりました。結婚をしていても待ち受けをはるたんにしたりするところは若いなと思うし、女性との浮気ではないので止めるに止められないんだろうなと思いました。こんなにはまるようなドラマに出会えると思っていなかったです。