youは何しに日本への見逃し動画を無料視聴する方法【最新回の配信も】

youは何しに日本への見逃し配信動画を無料視聴する方法

「youは何しに日本へ」

動画配信サービス「Paravi」

放送後に見逃し配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>
 
・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題
・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信
・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も
・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる
 
<Paraviユーザーの声>

20代女性

下町ロケットが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

youは何しに日本への見逃し動画まとめ

■見逃し配信動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>2020年6月1日 「歌手めざし上京マヨワからハンコ王子までその後激変SP」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
6月1日の内容ネタバレはここをクリック
ハンコ王子・ロマは今どうしてる?追跡すると上海にいた
2013年に空港で出会ったのは、パリから来たロマ。
翌年からモデルの仕事をしながら日本で暮らしたいので、住むところを見に来たという。
 
「まずは印鑑を作りに行く」というロマに番組は密着。本名のロマ・トニオロを「炉真鳥」という当て字にしてハンコを作ってもらったロマ。
出来上がったハンコを手にした彼は、
「超ハッピーだ!ちょっとだけ日本人になれた気分だよ!」
と感動して大喜び。
 
その1年後、来日したロマは日本での部屋探し。
そうしてついに契約書に自分のハンコを押した彼は、
「いつか日本に住んで日本人のように生活したかった。ハンコは日本の文化を象徴する大切なもの。ハンコを使うことは僕が日本人に近づく大切な一歩なんだ」
と喜びを噛み締めた。
 
そんなロマに、ハンコ会社から彼をモデルにしたいとのオファーが!
それをきっかけにして立て続けに他社のCMにも出演し、「ハンコ王子」という愛称で人気を博した。
 
そんなロマの現在は!?
 
番組はリモートロケを敢行。
カメラの向こうに、上海の街並みをバックにしたロマが登場!
モデルやタレントの活動の場をアジアに広げたいと、今年の2月から上海にいるとのこと。
CMやカタログの仕事をしているそうで、そっちでは売れているのかと聞くと、
「売れてる売れてる、みんなロマのこと好きみたい。」
とポジティブな返答。
 
上海での生活を覗いてみると…
体型維持のために主食は八百屋で買い込んだニンジン。
冷蔵庫に常備し、仕事現場にも持ち込み、メイクをしながらも生のニンジンをボリボリ。
 
マンションではロシア人モデル・アレックスさんとルームシェア中。
彼は面白くて最高の人、と絶賛するロマだが、
「ロマはどんな人?」と聞かれたアレックスさんが
「服装がちょっとダサい」と答えると、
「……ほんとに?」とショックを受けていた。
 
そのままずっと中国にいるのかと聞くと、
「もちろん日本に帰るよ。とてもとてもとても大切なことをやらないといけないから…今年は日本人になります!!」
と驚きの発表。
 
5年以上日本に住所を有したロマは帰化が可能になったため、6月に手続きをするという。
 
「モデル会社を経営したい。がんばります!」と新たな夢を語るロマだった。
 
 
歌手になりたいマヨワ…コロナで仕事がない!
3年前から福岡で英語教師をしながらプロ歌手を目指していたマヨワ。
 
その後東京の芸能プロに入り、サポートしてくれた福岡の仲間たちに別れを告げ、この春上京。
しかしデビューに向けいよいよこれから、というときに緊急事態宣言が…
 
マヨワはどうしているのか。
マネージャーに、マヨワの今を撮影してもらった。
 
マネージャーが家を訪ねると、
「人間に会えると思わなかった」と歓迎したマヨワ。
毎日料理をしてインスタにあげることが自粛生活の楽しみだと語り、マネージャーに料理を振舞う。
 
家にはこの状況を心配した福岡の仲間から送ってもらった米や食糧が沢山あり、
「本当にマヨワは恵まれてるな」とマネージャー。
 
マヨワに現在の心境を聞いてみると、
「バイト見つけてお金貯めようとしていたが、面接も全てキャンセル。ストレスだよ。歌いたい!」
と素直な気持ちを吐露。
今は、事務所が提供してくれた部屋で自主練をしているそうだ。
 
そんなマヨワが「スゴイ人と会った!」と
興奮しながら話したその人物は、クリスハート。
日本で成功した外国人歌手であるクリスさんは、マヨワの目標としていた人だ。
 
前回の放送を観たクリスさんから、SNSを通じてコンタクトがあったそう。
その時の映像では…
ドレッドヘアでデビュー当時からは激変したルックスのクリスさんと、嬉しさ爆発のマヨワ。
ハナミズキを歌って聞かせたマヨワに対し、
「素晴らしい。歌を自分のものにしているし、これからもっとよくなる。絶対成功できると思う。」
とクリスさんから激励の言葉。
これには感激もひとしおのマヨワだった。
 
そしてスタジオのバナナマンと中継を繋いでトーク。
「東京でできた友達がガードマンのバイトを紹介してくれた」と
良いニュースを知らせてくれたマヨワ。
設楽も「人徳というか、人がどんどん繋いでくれるね」とコメントし、
福岡や東京でいろんな人に支えられているマヨワの人柄の良さを感じさせた。
 
 
六本木で大量の鳩を飼うという謎YOUを訪ねる美女
「東京でレース用の鳩を育てているノルウェー人の友人に会いに行く」
と話すノルウェーから来た美女2人。
しかもその友人男性が住むのは六本木のマンションだという。
 
元銀行員だった彼がなぜ鳩を?しかも六本木で?
興味津々の彼女たちと番組スタッフは、空港から共に彼との待ち合わせ場所へ。
 
六本木の待ち合わせ場所に現れたのは、5か月前に日本に来たノルウェー人のオマさんと妹さん。
 
こんな都会の一室で本当に鳩を飼っているのか?
想像を膨らませながら部屋に足を踏み入れた一行。
しかしどこにも鳩は見当たらない…
 
すると「僕の鳩はデンマークにいるんだ」と衝撃の一言。
 
詳しく話を聞くと、オマさんは日本の鳩レース愛好家に、デンマークなど欧州の飼育専門業者の元で育てた鳩を売る仕事をしているそうだ。
 
日本にはレース鳩を育てる専門業者が欧州に比べて少ないということに目を付け、日本の鳩市場を開拓しにきたのだ。
 
血統の良い鳩は高額で取引されるそうで、「僕が知る最も高く売れたレース用鳩は5,600万円」だという。
 
「あなたが銀行を辞めた理由がわかったわ」と納得した友人たちだった。
6月1日の感想はここをクリック
番組に出てくるYOU達を見ていると、元気が沸いてきます。
 
ロマも日本から中国へ、そしてこの先会社を経営したい、と目的を持ってひとりでそこを切り開いていくその力には関心。どこの地でも変わらず彼らしく頑張る姿は素敵です。
 
レース鳩のオマさんを訪ねた友人2人も、めっちゃ明るくてゲラゲラ笑ってるのがもう見てるだけで楽しく幸せな気分に。そこに私も混ぜてほしー。
 
そして、これからというときにこの自粛生活になってしまったマヨワも、ストレスを抱えながらも明るくてポジティブで素敵。
 
でも、
今回のサブタイトル「~その後激変SP」で言えば、ドレッドヘアで「え?誰?」状態だったクリスハートさんこそ激変だったかもしれない…
<見逃し動画>2019年10月28日 「ゲーセンYOU、進撃の巨人YOU」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
10月28日の内容ネタバレはここをクリック
「ラグビーYOU」では、77歳になるアメリカの超名門ハーバード大の元ラガーマンが登場します。来日した理由は、慶応大学OBチームと対戦するとのこと。
 
 
最高齢79歳というおじさんラグビーの対戦ですが、全力疾走トライありで、迫力のスクラムもある。危険が伴うラグビーで、ワールドカップをしのぐ白熱した戦いが繰り広げられます。
 
 
「ゲーセンYOU」では、「ダンスダンスレボリューション」で世界ランキング3位の男性が登場。来日した理由は、最新バージョンの「ダンスダンスレボリューション」をプレイするためとのこと。
 
 
「ダンスダンスレボリューション」では、世界ランキング3位の名人ですが、これまでやったスポーツではどれも補欠だったという運動オンチ。最新バージョンの「ダンスダンスレボリューション」のプレイでは、ノーミスで満点の100万点を達成することができるのでしょうか?
 
 
「ゲーセンYOU」は、マークさん、28歳。マークさんは、野球部でも補欠、体操部でも補欠の運動音痴。しかし、「ダンスダンスレボリューション」に目覚めました。
 
 
「ゲーセンYOU」で、「ダンスダンスレボリューション」で世界ランキング3位の男性が向かった秋葉原のゲーセンは「エターナルタワー ゲームセンター」
 
 
おそらく、音ゲーの聖地に行くものだと思います。
 
 
最新版の「ダンスダンスレボリューション」を楽しんだ世界ランキング3位の男性は、1位をとるため、何度もプレイします。
 
 
何度もプレイしますが、なかなか最高得点である100万点をとることができません。密着中に100万点をとることができず、密着は終了となりました。
 
 
その後、日本滞在中になんとか、100万点をとることができたようです。
 
 
さすが、世界ランキング3位ですね。
 
 
「進撃の巨人展」は、2014年に初の原画展として、東京・上野の森美術館にて、開催されました。
 
 
25万人を動員し、大人気となり、5年ぶりの原画展「進撃の巨人展 FINAL」が、東京・森アーツセンターギャラリーで、2019年7月5日から9月8日まで開催されました。
 
 
9月21日からは、会場を東京から大阪へ移し、開催されています。
 
 
「進撃の巨人展」の会場では、180点以上の原画が展示されており、10年分の原稿が公開されています。
 
 
目玉となるのは、「最終話」を【音】だけで表現する、初公開となった「最終話の音」の展示。ラストシーンの一端を感じることができる展示となっています。
 
 
また、「進撃の巨人」の世界を実寸大のジオラマシアターで再現したエリアがあり、巨人たちが戦う戦場シーンを体感することができます。
  
  
エレン、ミカサ、アルミン、エルヴィン、ハンジ、リヴァイなど総勢13名の声優による音声ガイドもあり、アニメ版「進撃の巨人」の声優陣による音声ガイドを楽しめます。
  
  
会場では、原画展限定グッズなど150種類以上があり、主要キャラクターのイラストが描かれた「ビジュアルチョコレート」や「巨人身長対比バスタオル」などが販売されています。
  
  
「Youは何しに日本へ」で密着した「進撃の巨人展FINAL」の会場は東京会場の東京・森アーツセンターギャラリーがロケ地でした。
  
  
「森アーツセンターギャラリー」にカメラも潜入しようといましたが、撮影NGとなりました。
  
  
しかし、「進撃の巨人YOU」たちは、日本滞在中、毎日、「進撃の巨人展」へ行くので、スタッフが「進撃の巨人展」側と交渉して、なんとか、潜入取材することができました。
  
  
にしても、なぜ、YOUたちは、「進撃の巨人展」に毎日行っていたのでしょうか?
  
  
その理由は、グッズをたくさん買いたいがため、毎日、ちょっとずつ買っていたようです。1日でグッズを大量に買うことに対して、躊躇していたみたいです。
10月28日の感想はここをクリック
「Youは何しに日本へ」は素人の外国人に密着するので、毎回、驚くような展開で面白いです。

進撃の巨人YOUたちは、日本に来たのに、日本で観光などはせず、とにかく「進撃の巨人展」だけ行っていたのが不思議に感じました!

<見逃し動画>2020年2月10日 「人生はスリリングだよ!!命知らずYOUたち全員集合スペシャル」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
2月10日の内容ネタバレはここをクリック
一人目のYOU:T・D25歳(アメリカ)
「ずっと来たかった国なんだ。」

そう語るYOU、今回の旅の目的は?

「飛行機のチケットをとっちゃったからとりあえず来ちゃった。今考えているんだ、とりあえずフグを食べることが目的なんだ。」

今千葉県にいることも分かってないご様子。

「チバ・・・?」

というか千葉を知らないのかwホテルもまだ予約していないとか。まったくのノープラン、大丈夫でしょうか?

休暇を利用し9日間のノープラン旅を決行したとのこと。

フグを食べるお店もまだ決めていないようです。

 

子供のころ「フグは調理方法を間違えると死ぬ。」ということ知り、興味をひかれたのだそうです。

いやいやよくわかりませんが怖いもの見たさ、ということなんでしょうか?(笑

フグの旅に同伴する約束を交わしその場は解散します。

数日後、YOUからメールが。

フグと言えば山口県下関、YOUはすでに山口に来ているとのこと、山口で合流します。

 

成田で会った後大阪に滞在していたYOU

山口県厚狭駅(あつさえき)にてYOUと再会します。YOUは近くの観光スポットもすでに調べており、毒に当たった時のこと考え、先に観光をこなしてからフグを食べに行こうと考えているようです。ただ観光巡り+フグ料理を日帰りで、となると時間がかなり厳しそうです。

まぁ、とりあえず食事でも、ということで近くの喫茶店へ向かいます。

喫茶店ではこの番組を見ている人がいて声をかけてくれます。その中に定年を迎え、車で下関へ観光に向かうご夫婦がいて、なんと乗せてくれるというではありませんか!何たる幸運、持ってるねYOU。

 

ちょうどYOUの頼んだ日替わり定食950円が到着。ご夫婦を待たせては悪いので巻きで食事を済ませて欲しいスタッフでしたが、J・Dは食事のペースを速める気はなさそうwじっくり味わっていました。ご夫婦は「定年後の旅だから暇はある、構わないよ。」とJ・Dが食べ終わるのを待っています。

 

無事観光を終え17:00に下関に到着します。

ご夫婦とは感謝の言葉を述べここでお別れ、さっそくフグ料理店へ向かいます。

メニューを見ながらJDはびっくりしています。

「やすくないコレ??」

メニューの写真があって、確かに200円と書いてある。これは安い、ってご飯大盛りにする値段やん,

それ(笑

結局JDは本場下関の絶品トラフグを使った「ふぐの関定食2,530円」をチョイスします。

さあ、いよいよ実食です。もし毒に当たったらどうしよう・・・終始ハイテンションだったJDも、この時ばかりは緊張しているようです。

恐る恐るふぐ刺しを口に入れるJD、

「超うまい!!」

そういってフグ刺し、唐揚げ吸い物と次々に平らげていきます。あっという間に完食です。

「一番何がおいしかった?」

とのスタッフの問いには、ふぐ刺しについていたポン酢を指さし、

「このソースがマジ最高だね。」

とポン酢を称えていました。あれだけフグ食って一番うまいのがポン酢・・・

これにて密着取材終了。

 

 
二人目のYOU:アメリカ、男性

二度目の来日という「九州じゃんがらIN東京」とでかでかと書かれたTシャツを着た男性を発見。どうしても食べたいものがあって日本に来たのだとか。

「絶対ラーメンだよね。」

Tシャツを見たバナナマンの二人が予想した通り、答えはラーメンそれも九州ラーメンを食べに来たのだといいます。彼の東京にある九州ラーメンの老舗、じゃんからラーメンが目的地です。YOUは相当ラーメンが好きなようです。スタッフの制止も聞かず、ラーメン愛を延々と語り続けていました。

 

じゃんからラーメンを、一度目の来日で食べる機会があって、驚くほどおいしくてお替りしたかったものの、店の外に並ぶお客に遠慮し、あまり食べれたかったことをすごく後悔している模様。で、今回はそのリベンジなのです。今日早速行く、というので密着取材開始です。京成電鉄&JRで1時間かけて秋葉原へ移動します。

彼は大学の先生で、プログラミング言語を教えているのだとか。結構ちゃんとした人のようです。すいません、ちょっと疑ってました。

秋葉原駅から徒歩で目的のラーメン店にに向かう途中、突如発見したファミリーマートへ向かうYOU、なんか買ってきました。袋から出したのはポイフル。スタッフの面々に配っています。彼が世界一番好きなお菓子だそうです。

さぁ、九州じゃんがらへ到着です。

今回は人がならんでいません!心置きなく食べられそうです。YOU良かったね。

まず、ラムネを注文し飲み干すYOU。ラムネ⇒ラーメンが彼の中のルールなのだそうです。

続いて醤油ラーメン野菜大盛りを注文。えっ?とんこつじゃないの?

九州じゃんがら、といえば関東のとんこつブームの火付け役、と呼ばれています。てっきりとんこつと勝手に想像していました。

彼、実はベジタリアンなのでとんこつは食べられないのだそう。店主の話を聞くと、ベジタリアンが食べれるラーメンとして外国人にも人気があるメニューだそうです。

早速口いっぱいにほおばるYOU、かと思いきや1本ずつ丁寧にすすっています。30分かけて完食し、その後替え玉で30分、計1時間かけて食べていました。最後に再びラムネを注文し、デザートのラーメン汁かけご飯を食べ満足したYOUなのでした。

 
3人目のYOU:25歳、アメリカ、シカゴ出身(現在日本に在住、英語の先生)

 

日本に興味を持ったのは5歳のころ。飛行機で飛び回る仕事をしていたお母さまからのお土産でもらうポケモングッズで日本が好きになったのだそうです。日本に暮らして1年目ということです。

現在、やりたいことはスカイダイビングだとか。というのも富士山登山を経験し、富士山ラブになったYOUは、スカイダイビングで、空からも富士山を見てみたいと思っているそうです。

で、YOUとスタッフは、スカイダイビングの地として栃木県にやってきました。めっちゃ曇ってます大丈夫かでしょうか?

訪れたのは「スカイダイブ藤岡」というお店。都心からアクセスのよい立地でスカイダイビングが楽しめる、と人気のお店です。外国のインストラクター完備、YOUでも安心です。

「アドレナリンが出ることが大好きなんだ」

そう豪語し、飛行機に乗る前はテンション上がりまくりのYOUでしたが、いざ飛行機で雲が下に見えるくらい上空に来ると、さすがに怖がっているようです。しかし運よく富士山が見えることを確認し、勇気を出してスカイダイブ!!

「恐怖で目が明かない!!!オーマイガッ!」

着地後YOUはちょっと泣いてました。

「富士山が見えて凄い光景だった」

と語るYOUでしたが、ダイブ中は、目は完全に閉じてましたけどね・・w

これにて密着取材終了です。

2月10日の感想はここをクリック
一番印象に残っったのはフグを食べに来たというYOUでした。

日本到着後のプランが全くない状態で千葉⇒大阪⇒山口と旅を続ける彼でしたが、行く先々で幸運をに恵まれ、無事旅を終えていました。

やっぱり持ってる人は違うな!と感心してしまいました。

しがらみを置いて海外一人旅、ぜひ一度はやってみたいとは思っていますが、持ってない私がそれを決断するのにはまだ時間が掛かりそうです。

youは何しに日本への内容

公式サイト

年々増加している訪日外国人。
番組では、外国人たちの日本への玄関口、
空港で勝手にお出迎えして直撃取材を敢行!!
前代未聞の空港アポなしインタビューをやりまくりました。
時には、空港を飛び出して、客船の港、
イベント会場でもYOUに直撃インタビュー!
するとそこは…面白外国人の宝庫だった!
一寸先は全く読めない新感覚ドキュメントバラエティ!
楽しめること間違いなし!

<出典>テレビ東京公式

<MC>

バナナマン
・日村勇紀
・設楽統

Paraviで配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

youは何しに日本への感想

30代女性

私はこの番組を観ていていつも感じている印象は、外国人の方がこの日本という国に対して抱いている印象から海外の文化とその差異まで知る事ことが出来、自宅にいながら海外旅行気分を味わえる凄く興味深いバラエティだと思いました。毎回登場する世界各国の個性溢れるユニークな海外の人たちも見ていて飽きません。
特に初音ミクに憧れてロシアから日本にやって来たSayaさんの回が個人的に神回でした。私自身初音ミクが好きということもあるのですが、Sayaさんの初音ミクが好き過ぎて声真似やコスプレ、さらには地毛を初音ミク色に染めるなど番組での好きだという気持ちを語る彼女の表情を観て『好きこそものの上手なれ』とはこいうことなんだなあと思いました。
そしてこういう良いものは世界の境界線を越えて人々のこころを揺るがして行く。この番組はそういった現代日本人が忘れかけていた感情を取り戻し、世界のあたたかさ、人間の未知なるパッションを胸の内から湧き出させ元気な気持ちになって明日への活力になるなと日々茶の間ですごく感じています。
ふと仕事などで疲れてなにも考えずに沢山笑いたい時にたまに観たくなってついつい録画を見返してしまう番組のひとつです。

30代女性

家族皆でとても楽しく見ています。空港でスタッフが取材できる人を探していますが、外国から来る人はとてもユニークで個性的な人ばかりでこれはやらせではないかと疑ってしまうほどです。来日する外国人のほとんどの人が日本をとても愛してくれていて日本人としてとても嬉しく拝見しています。そしてその人たちのほとんどが信じられないほど日本について詳しくて私が知らないようなことまで知っていて日本人として恥ずかしくなってしまいます。私が今まで見た中で一番好きな回はアルゼンチンの男性が自転車で日本を横断している回です。その男性は海で海水をヘルメットに汲んでいきなり被って静岡を自分の中に入れたかったと笑顔で話していてとってもぶっ飛んでいましたが、日本が本当に好きなの事が伝わってきました。最後は北海道でこれまでにであった人達へ感謝の言葉を言っていましたが、この男性の優しさや心の温かさを感じ涙が出てしまいました。日本人はコミュニケーションが下手なところやネガティブ思考になりすぎるところがありますが、この番組を見ているとそれでは人生楽しくないと思いました。コロナによる外出自粛でますます日本人の悪いところがエスカレートしそうですが、この番組を見てたくさんの人にそれではダメだと気づいて欲しいです。

30代女性

自分が生まれ育った日本で、普段の何気ない生活や街並みでも、日本の新しい発見や一面を知ることができるので大好きな番組です。日本人でも知らないような、伝統的な文化や食べ物、イベントなどを目的に来日する外国人の人の話を聞くのはとても興味深いです。たまに有名人や、有名人の家族が出てくるのも面白いです。EXILEのエリーさんのお父さんや、ハワイのアーティストのラッセンが出てきたときはとても驚きました。エリーさんのお父さんは、体つきが大きくていかにもアメリカ人!という感じだったのでびっくりしました。この番組で有名人やその家族が普通に空港にいると知り、自分が空港に行くときも周りをキョロキョロしてしまうようになりました。日本が好きで日本に来た人が、その後どのように日本をめぐるのかを密着するスタイルも面白くて好きです。バナナマンさんの進行も邪魔にならなく、スムーズで笑えるのもいいです。最近のテレビ番組はクイズ番組ばかりで飽きてしまいましたが、日本に来る外国人にスポットをあてているバラエティはあまりないと思うので、個性があって好きです。小さな子供や親など、いろんな世代と楽しめる番組なのでこれからも家族で見たいと思っています。

30代男性

「Youは何しに日本へ」という番組は長寿の外国人にフューチャーした番組であり、主に空港なので待ち伏せし外国人が日本にいったい何をしに来たのかというインタビューから始まる番組であります。そのインタビューをした後、許可が取れた方に密着を依頼してドキュメント形式で番組が進められていくのです。
その中で特に面白かったと思われる回はマーティンという外国人にフューチャーされている回であります。これはこの番組に度々と登場し、準レギュラーと化している外国人なのですが、彼が自転車で日本一周をしたということに密着したことに始まり、その後日本だけではなく母国のドイツから再び日本へ車でやってくるといったようなこともスペシャル番組などで密着していました。彼が運転する車はロシアの自動車メーカーのワズであり大変古く、今では希少価値の高い車でありますが、とにかく壊れやすいという車でありました。しかし耐久性に優れているため過酷な環境でも走りやすいという特徴があるのです。自動車の整備に長けているというこのマーティンが2年をかけて整備したワズという車は1960年にソビエト連邦で製造を開始された非常にレトロな車であります。実にドイツからユーラシア大陸を横断し17000kmの長旅を経て日本へ到着するまでの間を密着した回はとても面白く見応えのある番組の構成内容になっていました。

30代女性

グローバル社会の昨今、たくさんの外国人が日本に訪れています。空港にはさまざまな目的を持った外国人がいらっしゃいます。大きな荷物を抱えている方もいれば、身軽な方。私は空港に行くたびに、皆さん、今からどこへ何をしに行くのだろうと思っていました。そんな私の気持ちを代弁してくれる番組が、「youは何しに日本へ」です。来日した外国人にスポットをあて、取材OKであればその後まで同行してくれます。なんて素敵な面白い番組なんだと、海外を行き来する人に興味のあった私は見る前から興奮していました。まず、ナレーションのボビーオロゴンのあの感じがたまらなく好きです。笑ってしまいます。インタビューをみると、観光や勉強、仕事など本当にさまざまな理由で来日されているんだなと思いました。これまでの放送の中で、私が一番印象に残っているのは、海外でお仕事されている外国人のお父さんが、家族に会いに帰ってきたという回です。帰宅した時の迎えたご家族の温かさが本当に身に沁みました。離れているからこそ、会えた時のうれしさは何倍にもふくらむものですね。見ているこちらまで、幸せな気持ちになりました。この放送では、家族の絆がうかがえました。「youは何しに日本へ」とても、素敵な番組で大好きです。

20代男性

私はテレビTokyoの「youは何しに日本へ」の番組が好きで、バナナマンの二人のやり取りも見ていて面白く感じます。ボビーオロゴンのナレーションもとても合っていて、とてもいいです。番組内容は様々な外国人が出て来て、レポーターの人が外国人に日本に来た理由を聞いて密着取材をします。外国人も様々な人が出てきて面白い人や感動する人もいてとても面白いです。それから日本人が知らない事も外国人の方が、素晴らし日本の伝統や文化を興味をもってくれている姿を見ると私もとてもいい気分になります。日本に来た理由で、外国人の方が日本にいる親戚や祖父母の家に久しぶりに会いに行く場面では、とても感動しました。面白い外国人が出てきた時は、色んな行動をしたり笑える様な事をしてくれるので凄く面白いです。この番組の面白い所は最初から決められた内容ではなく、その場で密着取材をするので見ている人達もどんな人なんだろうと好奇心が湧くような気持ちにもなりますし毎回が楽しみです。この番組に出てくる外国人の方が本当にいい人達ばかりで、海外に行ったことがない人でもこの番組を見る事によって、この方の国はこんな国なんだなと感じられるのがいいです。

20代男性

特に私が心に残った回としては、愛犬スモーキーの心臓手術の密着取材の回です。まず依頼主が初海外という不安もあった中、テレビ局がたまたま自分を見つけてくれ、知り合いとなり、無事に病院に辿りつけた、という安心感がyouにはあったのではないかと感じました。空港でこそは明るく振る舞っていましたが、ホテルに到着し、自らの過去を語りだすシーンでは、どれほどスモーキーが彼女の中で大きい存在なのかという事がわかるシーンであり、この手術にかける彼女の思いがひしひしと伝わりました。この番組の面白さとは、それぞれ異なる背景を持つ外国人が、日本を訪れ、その文化・慣習・技術に触れることによって、どのような心の変化を外国人に与えるのか、という事が見どころであると感じます。現在ではグローバル化が進み、外国人も身近な存在になっていく中で、このように日本の医療技術の高さを求めて来日する人がいるということは、日本が誇るべきところをテレビという媒体を通して我々に面白く伝えるという事が出来ているという魅力があります。その中において、エンタメの役割である「人を楽しませる」という事が出来ているという点が、この番組の素晴らしいところであると感じます。

30代女性

youは何しに日本へを見ると、日本は世界中から愛されているのが伝わってきます。そして、普段何気なく日本人が見ているものや食べているものが、海外の人から見ると特別であり、日本の良さを再確認できる瞬間でもあります。遠い国から日本へ訪れた人は、日本が楽しみで目をキラキラと輝かせており、これほど日本を好きになってくれたことに感謝の気持ちが芽生えます。そして、目的地までのハプニングまでも楽しんでおり、海外の人の感性は見本にしたいです。そして、MCのバナナマンさんのコメントも的確で、毎回笑えるシーンがあるのも魅力です。特にアニメを好きな海外の人が多く、秋葉原でグッズ集めするのも楽しそうで印象に残りました。また、メイド喫茶に行くシーンも面白く、満面の笑みだったのが印象に残っています。その他、プラモデルやミニカーなどまとめ買いする海外の人も印象に残っており、日本は多くの人に笑顔を届けているのが伝わってきました。また、ラーメンを食べ歩きしたい人や、その場で目的地を決めて日本を旅行する人なども面白く、それぞれ日本の楽しみ方をしてくれて嬉しく思いました。バナナマンさんも温かい目で海外の人を見ている様子も素敵な番組だと思いました。

30代男性

私が、この番組を見て印象に残っている方は、人気ゲーム「龍が如く」に影響を受けて来日された男性の外国人の方です。
私は仕事場の休憩室でこの番組を見ており、私自身、ゲーム好きな事もあり、この男性と自分が重なり、注意深く見ていたため、印象に強く残っています。
この龍が如くというゲームは東京都をモデルに作られた架空の都市を舞台に、ヤクザが主人公のゲームとなっており、その主人公と同じことをしてみたいという、夢を持った男性でした。
ゲームの世界観や、登場人物の都合上、暴力的表現が多いゲームとなっているのですが、それ以外にも都市内のお店に入ってその店を楽しむことができるようにもなっています。
例を挙げると、架空都市内にもゲームセンターがあり、ゲームの内の、ゲームセンターでUFOキャッチャーができるようになっています。
来訪された男性はその事も存じており、実際にゲームと同じ様にゲームセンターにてポケモンのピチューのぬいぐるみを取ろうと、奮戦しますが結局取れず…。悔しがっていました。見所の一つです。
もう一つ、見所があるのですが、前述したとおり、このゲームはヤクザが主人公になっています。
よって来訪された方、ヤクザに会いたいと番組スタッフに聞きます。番組スタッフはもちろん知らないですし、仮に知っていたとしても教える事もできないので、反応に困ってしまっていました。
このシーンを見たときは私も思わず笑ってしまいました。

30代女性

毎週月曜日にバナナマンがMCで放送中の「youは何しに日本へ」、時間も変更になり18時25分からと拡大して放送になりました。
毎週、全国各地の空港でスタッフが、来日した外国人に直撃インタビューをして、追跡していく番組です。シナリオ一切なしの、ガチンコ感がスタッフの方から伝わってきて、それもこの番組の一つの魅力でもあります。スタッフの方も個性豊かで、一般人だからこそ、かもしだすクスっとした面白さがあります。過酷な番組作りも伝わってきます。
そんな沢山の外国人インタビュー中で、とても記憶に残っている外国人がいます。それは、「ハンコが大好きなロマ君」です。私が、長年見続けているきっかけとなった外国人です。最初、空港であった時はコルセットを巻いての登場でした。聞くところによると木登りして落下してのだとか…王子様のようなルックスで、日本でモデルになるために来日したと聞き納得です。そんなロマ君ですが、なんと日本の「ハンコ」が大好きとの事!日本の文化でもあるハンコですが、近年お店も減りハンコ屋さんを探すのに一苦労。やっとみつけたところで自分の名前のハンコを作ってもらうことが出来ました。マイハンコができて大喜びのロマ君は、紙に何百回と押し練習するという無邪気ぶり。「日本人に一歩近づけた」と心から喜ぶ姿を見て、心を打たれました。