美食探偵 明智五郎の見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】

美食探偵 明智五郎の動画を無料視聴する方法

「美食探偵 明智五郎」

日本テレビの動画配信サービス「Hulu」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Hulu」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Huluのおすすめポイント>
 
・日本テレビ系列の人気のドラマやバラエティ番組が見放題
・60,000本以上の動画を見放題で視聴できます
・アニメ、海外ドラマだけでなく、スポーツ中継や音楽ライブも楽しめます
スマートフォンタブレットだけでなく、もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々933円で継続することができます
 
<Huluユーザーの声>

20代女性

Huluの良さは、60,000本以上の作品が見放題で楽しむことができるところです。月額は933円ですが、そんな金額だけで60,000本以上の動画が見れるのはお得すぎます!最新の連続ドラマの見逃し配信やバラエティ番組の見逃し配信もされていて、その動画がいつでもどこまで見れるので、もうHuluなしの生活は考えられないかも♪

美食探偵 明智五郎の見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

Hulu

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>最終回(第9話)  6月28日放送
 
Tverで見る
 
最終回(第9話)の公式あらすじ

奈落の底へ身を投げて姿を消した明智(中村倫也)とマリア(小池栄子)。心配する苺(小芝風花)の前にその夜、明智が戻ってくるが口は閉ざしたまま……。 
 
半年後、細々と探偵業を続けていた明智は、母・寿々栄(財前直見)から実家の系列ホテルで開かれる重要な和菓子の選定会に駆り出される。
 
しかし選定会当日、再び動き出したマリア・ファミリーの暗躍により、和菓子に盛られた毒で政府要人が死亡する大惨事に!
 
一方、異変に気づいた苺は伊藤(武田真治)に拉致される。明智は事件の真相を問う上遠野警部(北村有起哉)たちにマリアの存在を隠したまま、マリアから招待された『最後の晩餐』へ。そこには、衝撃の結末が待ち受けていた……!
 
<出典>美食探偵 明智五郎 公式

最終回(第9話)のネタバレはここをクリック
明智がマリアを…

明智とマリアが床の穴に落ちていってから、苺と桃子は安否もわからない明智の帰りを待っていた。

不安が募っていくなか、なんとそこに疲れきった明智が事務所に帰って来るのであった。

あの日のことを口にしようとしない明智を見た桃子は、明智がマリアを殺したのではないかと口にするのだった。

それから半年後、すっかり元気になった明智のもとに寿々恵がやってくると、国際的なサミットのお茶菓子の選定会が扇屋百貨店で開かれるのだと話す。

その選定会に明智も出席するようにと、明智を連れ出しにやってくるのであった。

その頃日本に戻ってきたマリアは、選定会のことを耳にすると、メンバーが待つ山小屋へと帰っていくのだった。

 
ロシアンルーレット

選定会当日、明智は嫌々ながらもその会場に足を運ぶと、外務大臣と総理大臣に挨拶をするのだった。

一方会場では準備が進められており、そこには毬屋として、シェフたちが和菓子を提供にやってくるのだった。

その頃、毬屋という名前に疑問を感じた苺は、毬屋というお店がないことに気がついてしまい、そこでシェフに捕まってしまう。

トリカブト入りの注射器を首にあてながら、ロシアンルーレットなのだと告げると、当たりを誰が引くのかと怪しい笑みを浮かべる。

選定会が始まると、明智は出された和菓子の一つが明智家の家紋である桔梗であることに気がつき、毒がはいっているかもしれないと叫ぶ。

しかし、その前にその和菓子を食べてしまっていた外務大臣と総理大臣は、体調不良を訴え病院に運ばれる。

警察はこれがテロ事件の可能性があると考え、扇屋百貨店に緊急網をはると犯人確保に躍起になる。

 
マリアの逃走

地下駐車場で上遠野に声をかけられた明智は、知っていることを話せと強く言われてしまい、マリアが男だという誤った情報を伝える。

その後マリアを探していた明智は、ドレスなのに雪駄を履く女性を見つけ、すぐにマリアだと気がつく。

明智は、マリアに国家の中枢を狙ったテロリストになってしまったのかと問い詰めていると、そこに高橋がやってくる。

異変に気がついた高橋が銃を構えると、明智はマリアの手を取って走り去ってしまうのだった。

その様子を、シェフと車に拉致された苺、そして銃を構えた高橋すらもその姿を寂しそうに見つめるのだった。

遠くまで逃げてきた明智とマリアのもとに、車で駆けつけたシェフたちが声をかける。

シェフは明智に一緒に来ないか?と誘うが首を横に振ると、シェフは車を走らせるのであった。

 
最後の晩餐へ

その後外務大臣の死亡の連絡が入ると、警察関係者は犯人逮捕にさらに気合いをいれるのであった。

明智が事務所に帰ると、マリアからの最後の晩餐の招待状が届き、表情を曇らせるのであった。

一方桃子は、苺と連絡が取れなくなっていると上遠野の所へ相談に行くのだが、上遠野も捜査会議で忙しくなかなか話をする時間が取れない。

そんな桃子のもとに明智からの着信が入り、隠れて電話に出ていると、その様子を上遠野が怪しげに見つめる。

苺が連れ去られたことや、マリアからの最後の晩餐の招待状が来たことを桃子に伝えた明智は、マリアたちのいる山小屋へと車を走らせるのだった。

 
準備

りんごやれいぞう子は、連れてきた苺を着替えさせたり、シェフは料理を仕込んだりと入念な準備をし始める。

そんななか、れいぞう子は、自分の事件の日以来、助けてもらったシェフに密かな恋心を抱いてきたことを告白する。

さらにりんごは、実家の祖父が心臓発作で亡くなったことを聞かされ、ショックで膝から崩れ落ちてしまうのだった。

しばらくして、苺はセットされたテーブルに座らせられると、りんごたちがサービスを始める。

そしてそこに明智がやってくると、苺とマリアとの最後の晩餐が始まるのであった。

 
美味しくない

出された料理は素晴らしいものばかりであったが、シェフは「毒など入っていない」と提供する。

それを聞いた苺は、そんな説明がなければ提供できない料理など美味しくないと、料理人としての持論を語る。

そんな苺の首筋に注射器を刺したマリアは、一気にその毒を苺に注入すると、苺はそのまま倒れてしまう。

急いで苺を運ぼうとするのだが、毒がトリカブトだと説明され明智は力なく崩れ落ちる。

マリアは、これこそ絶望であり絶望の共有こそ自分達の繋がりなのだと明智を誘おうとする。

しかし、ゆっくりと顔をあげた明智はこんな中でも希望はあると告げると、外からライトがあてられ上遠野の声が響き渡る。

 
シェフの気持ち

希望が警察だと知ったマリアは、キッチンから包丁を掴みとると、そのまま外へ出ていき上遠野に襲いかかる。

すると高橋が撃った銃弾がマリアの足に命中するが、再度マリアは上遠野に向かっていく。

危険を感じた高橋がもう一度マリアに向け発砲すると、マリアを庇ったシェフが撃たれてしまう。

すると明智は、苺に打った注射の中身がトリカブトではないこと、それをシェフが仕組んだことだと話す。

明智にとっての希望とは、心に変化のあったシェフのことなのであることを伝えると、シェフはそのまま絶命してしまう。

その隙に、車に乗ったマリアは逃亡をはかるのだが、明智も桃子を使いその後を追うのだった。

 
結末

崖にやってきた明智に声をかけられたマリアは、以前飛び降りて死ななかったのは神の救いだったと話す。

そしてマリアは、もう一度同じことがあったら今度こそ一緒になって欲しいと願いを口にする。

そこへ苺を連れた上遠野のたちがやってくると、すでにマリアの姿はなく明智は一人立ちすくむのだった。

それから探偵を辞め苺のキッチンカーの手伝いをすることになった明智は、あれ以来マリアのことを口にしなくなった。

同様に苺もマリアに触れることなく、平凡な毎日が過ぎていくのであった。

マリアは、明智やシェフ、りんごやれいぞう子に囲まれ幸せな夢を見ながら海の中に落ちていくが、急に目を見開くのであった。

そして、アイドルとして活動しているココは、第2のマリアとして掲示板の書き込みを始めるのだった。

最終回(第9話)の感想はここをクリック
ついに最終回になってしまいましたが、皆さんの鬼気迫る演技や、気持ちを沸き立たせる音楽など引き込まれっぱなしの最終回でした。
 
どこを取っても名シーンといえるような内容で、これで終わってしまうのがかなり寂しいくらいです。
 
目を開いたマリアや、掲示板に書き込むココなど、続編を期待させられてしまう終わりかたに今後の情報を期待したいと思います。

<見逃し動画>第8話  6月21日放送
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
 
第8話の公式あらすじ

地下アイドルのココ(武田玲奈)がストーカーの田畑(森永悠希)に食べさせたのは、一度症状が改善した後、7日後に死に至る猛毒のキノコ“ドクツルタケ”だと気づいた明智(中村倫也)。
 
病院へ急ぐが、消えた田畑の代わりに現れたマリア(小池栄子)から、次は苺(小芝風花)を殺すと告げられる。
 
明智は苺を守るため、「事務所で一緒に暮らさないか」と提案! みどり(仲里依紗)が加わったマリア・ファミリーが不穏な動きを見せる中、行方不明の田畑が死を迎える運命の7日目が訪れる。
 
マリアに会うと言って出かけたココの後を追う明智と桃子(富田望生)だったが、その頃、苺の身にはマリアの黒い影が忍び寄っていた……!
 
<出典>美食探偵 明智五郎 公式

第8話のネタバレはここをクリック
友達はもういない

上遠野から疑いをかけられてしまった明智だったが、田畑が毒を口にした時間のアリバイがあるとのことで明智は自由な身になる。

その夜ココを心配する苺に、明智は友達はもういないと、マリアの手に落ちたことを伝えるのだった。

その頃病院で目を覚ました田畑は、マリアの手先になってしまったれいぞう子の手引きにより病院を抜け出していく。

7日間は、ココと会えないとシェフや林檎から伝えられた田畑は、連れてこられた家で時間を過ごすことに納得するのだった。

一方、事務所でココが料理したことを聞いた明智は、何かを混入した跡を発見するのだった。

明智は流し台に残されたキノコを発見すると、これが7日間の時間を経て人体に危害が出る毒なのだと話す。

そのことをココに伝えるのだが、アイドルとしての夢を捨てられないココは、協力してくれたマリアたちに感謝を覚えるほど、マリアの闇に落ちているのであった。

 
一緒に暮らそう

マリアから命を狙われてしまった苺を心配した明智は、どうにか元気付けようと自分の手料理を持ってくる。

そんな明智の気持ちに気がついた苺は、全然美味しくないと笑顔を見せると、お弁当を作り始めるのだった。

すると明智は、目の前で苺を殺すと言われたことを思い出すと、そのことを苺に伝えるのだった。

すでに知っていたと話す苺に「一緒に暮らさないか」と提案し、苺を驚かせるのであった。

そして、明智が呼んでいた桃子が到着すると、事務所での3人の生活が始まるのであった。

 
消えたココとケータリング

明智に守られる生活が続いている苺は、お弁当販売や買い物など、外出が厳しく制限されてしまう。

そんな苺を見かねた明智は、お弁当販売のみ許可することにし、喜んだ苺は嬉しそうに外へと出ていくのだった。

そこで苺は、お弁当を気に入ったという女性からケータリングの依頼を受けるのだが、明智はそれを許可せず残念がりながらもしぶしぶ承諾する苺であった。

そんな生活の中、ついに7日目を迎えてしまい、田畑の行方は未だにわからずにいるのだった。

その時、爆音エンジェルズのひなとみわからココがいなくなったと連絡が入り、明智は桃子を連れて外に出ていく。

そこで明智は、ココが忘れ物を取りに行ったきり帰ってこないのだと言われ、あの日から3人で位置情報アプリを使っていると画面を見せられる。

ココの居場所がわかった明智は、大急ぎでその場所へと向かっていくのだった。

 
苺の居場所

その頃事務所にいた苺は、先日の女性から電話がかかってくると、ケータリングの依頼をされる。

明智もいないことから、その仕事を引き受けた苺は、指定された山奥まで食事を運んでいくのだった。

食事を持っていくと、そこで「バラ色の人生」という名前のワインを発見し、テンションが上がった苺はその写真を撮ると、桃子に送信するのだった。

その時背後から女性に話しかけられた苺は、振り向いた先にはマリアファミリーが立っており、ケータリングを依頼してきたのは、変装したマリアなのであった。

マリアは、ある映像を見せるとそこには毒で死んでいく田畑とそれを黙って見つめるココが写し出されるのだった。

そしてそこに、救助が間に合わなかった明智と桃子の姿も映り、明智はココがおとりだと判明し外へ出る。

そして苺から送られてきた写真から、居場所の特定をするのであった。

 
15年前のこと

マリアとそれを見ていた苺は、なぜこんなことをするのかと問い詰めると、15年前のことを話し始める。

15年前、明智が学生の頃、仕事と家の往復だけで疲れきっていたマリアは、学園祭に足を運ぶ。

そこでこだわりをもってお肉を焼く明智を見て、一瞬にして恋に落ちてしまうのであった。

それから数年後、苺のお弁当屋で同じ事を話す明智を見たマリアは、あの事件に繋がる浮気調査を依頼するのだった。

そして、苺のことが目障りになったのだと話すと苺を追い詰め、床に空いた穴に落ちそうになってしまう。

 
苺の告白

間一髪やってきた明智と桃子に助けられた苺は、安心感からか明智に抱きつき涙する。

そんな2人を冷ややかな目で見つめるマリアは、自分こそ運命の人物だと話すのだった。

そしてマリアは、明智を試すように床の穴に近づいてくと、明智もまたそんなマリアに近づく。

すると明智を止めようと必死な苺は、そこで明智のことが好きなのだと告白をするのだった。

しかし、そんな苺の告白も空しくマリアと明智は、抱き合うようにして穴の中へと落ちていくのであった。

第8話の感想はここをクリック
マリアの殺人方法などもかなり常軌を逸していますが、今回はココの猟奇的な笑顔にかなりゾッとしました。
 
すっかりマリアファミリーとなったれいぞう子も、かなりぶっとんでいそうですね。
 
苺の涙ながらの告白も、明智には通じず、落ちていってしまいましたが、これからどうなるのでしょうか。
 
早くも次回最終回ということで、次週も絶対目が離せない展開となりました。

<見逃し動画>第7話  6月14日放送
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
 
第7話の公式あらすじ

地下アイドル“爆音エンジェルズ”のメンバーとして活動する友人・ココ(武田玲奈)からストーカー被害の相談を受けた苺(小芝風花)は、“助手”ではなく“料理人”として距離を置きつつも明智(中村倫也)のもとへ。
 
ストーカー化したファン・田畑(森永悠希)が家まで押しかけると聞き、明智はボディガードとして“ドルオタ”が熱狂するライブに同行。
 
すっかり明智を気に入ったメンバーたちも加わり明智の事務所で共同生活が始まる中、明智はココが摂食障害に苦しんでいることに気づく……。
 
一方、ココのSNSにはマリア(小池栄子)から意味深なDMが届き……。忍び寄るマリアの影が、再び明智を窮地に追い込もうとしていた!
 
<出典>美食探偵 明智五郎 公式

第7話のネタバレはここをクリック
地下アイドルの悩み

お好み焼き屋で桃子と食事に来ていた苺は、先日のマリアと明智の出来事を思い出していた。

2人の間に入ることが容易ではないと感じた苺は、助手ではなく料理人として一線をひくことを決意する。

そこに苺の高校の同級生であり地下アイド”爆音エンジェル”のメンバーのココがやってくる。

ココはファンの1人からストーカー行為を受けていることを探偵の助手をしているという苺に相談にやってくるのだった。

ココの話を聞いた明智は、ストーカーなら警察にと助言すると、地下アイドルをしていることが親にバレたくないと話すココは、どうしても警察には話せないのだと伝えるのだった。

 
ボディーガードの依頼

そんな”爆音エンジェル”のライブを見に行った明智は、そのあまりにも自分の価値観とは離れた世界に驚く。

そこにココのストーカーである田畑がやってくると、お土産を渡そうとするのだが、そこで苺や明智が助けに入るのだった。

田畑を退けた明智たちに好感をもった爆音エンジェルのメンバーのひなとみわも一緒に明智の事務所に寝泊まりすることになりのだった。

さらにその日の夜、四六時中ボディーガードを依頼された明智は、苺の友人ということもありその依頼を引き受けるのだった。

苺が作った料理を食べていた明智は、ココの手の甲に”吐きダコ”があることに気がつき摂食障害の疑惑を抱く。

すると苺は、モデルをしていた高校生の時も過度なダイエットをしていたのだと話すと、ココの心のストレスを垣間見るのであった。

 
マリアの接触

そんな明智の事務所に寝泊まりするココは、明智の机の上にあったマリアからの絵はがきに気がつく。

マグダラのマリアの名前を聞かされたココは、その人物が気になり検索をしていると、マリアからメールが入ってくる。

恐る恐るそのページを開いたココは、マリアからのビデオ通話に驚き、さらに殺したい相手を聞かれ怖くなったココはそのまま電話を切るのだった。

マリアとの接触を黙っていたココだったが、ある日苺から料理を教わることにしキッチンに立っていた。

夢があるココを羨ましがる一方、そんなココに憧れて自分のお店を持ちたくなったのだと話す苺であった。

その時ココのSNSに田畑からDMが届くと、ココの部屋に侵入している写真が送られてくる。

それを明智たちに見せると、田畑の行動がどんどんとエスカレートしていることを知るのだった。

 
ココの決意

そんなある日、ココへのストーキングが度を越えてきたことに気がついた”爆音エンジェル”のメンバーでありマネージャーを勤めるひなが入待ちしている田畑を発見する。

ひなは入待ちが禁止であることを注意しても、ココとしか話さないと田畑は態度を改めようとしない。

そんな田畑にさらに厳しく注意したひなは、階段から突き落とされ大事なライブ前に怪我をしてしまうのだった。

心配してお見舞いに駆けつけたココやみわそして明智たちは、警察に届けた方がいいと告げる。

しかし、実家の親に話していないためそれは出来ないと話すと、1人病室を出たココはマリアに電話をかける。

すると近くにいたマリアがココの目の前に現れると、傲慢なモンスターを殺そうと語りかけるのだった。

 
私は私でいいんだ

その日の夜、マリアからあるものを渡されたココは、ライブ前に自宅に戻ると話し事務所をあとにする。

ライブまでにはちゃんと戻ると話すそんなココが向かったのは、カラオケで1人で歌う田畑の所であった。

田畑に手作りのお弁当を作ってきたことをを告げると、そこでアイドルを辞めて田畑の彼女になることを約束する。

そして作ってきたお弁当を食べさせたココは”最期のライブ”に行ってくると、怪しい笑顔を見せるのであった。

リハーサルをしていた”爆音エンジェル”のもとにフラフラした田畑がやってくると、ココは自由になることを宣言する。

自分は自分でいいのだと田畑に向かって叫ぶ言葉を聞いた明智は何かを察し田畑に駆け寄ろうとする。

すると田畑は突然倒れてしまい、食べ物を吐き出してしまうのだった。

 
上遠野のにらみ

“爆音エンジェル”のファンとしてやってきていた上遠野が田畑に駆け寄ると、明智は現場保存と吐瀉物の鑑定を依頼する。

そして病院に運ばれる田畑を見た明智は、ココの話した内容を思い出し、マリアの陰を見るのだった。

そこに上遠野がやってくると、なぜ毒を飲まされた可能性があることを知っていたのかと追求されるのだった。

その頃爆音エンジェルの楽屋では、ココを心配した苺がそっと近寄ろうとするも、ココは苺から離れていく。

そして病院では、1人の看護師とすれ違ったマリアが、田畑のいる病室を教えられるのだった。

その看護師は”れいぞうこ”というハンドルネームを使い、旦那を殺し自殺したと思われていたみどりなのであった。

第7話の感想はここをクリック
苺の友人のココが明智に相談にやってくるところから始まりましたが、まさかこんな形でマリアと繋がっていくとは思いませんでした。
 
明智とこんなに近い人間にまで接触をはかるマリアのすごさには本当に驚かされてしまいます。
 
そして、れいぞうこが生きていてなんとマリアの仲間になっていたことにもかなり衝撃的で、これからの後半がとても楽しみになりました。

<見逃し動画>第6話  5月17日放送
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
 
第6話の公式あらすじ

実家の扇屋百貨店の将来を案じる母・寿々栄(財前直見)の強引な段取りで、弟と一緒にお見合いをすることになった明智(中村倫也)。

百貨店の役員・伊達(小市慢太郎)が選りすぐった見合い相手・社長令嬢の紗英(北原里英)に、明智か弟の六郎(草川拓弥)のどちらかを選んでもらうことになるが、当日姿を現さない六郎に代わり、急遽男装した苺(小芝風花)が代役を務めることに!

そんな中、見合い会場となった料亭にはマリア(小池栄子)の姿が……。

大混乱のうちに見合いが終了した直後、突然明智の前で苦しみだした紗英が急死する!

マリアの影を感じ、事件の裏で交錯する意外な思惑に迫る明智。その先にはマリアの歪んだ愛の大炎上が待ちうけていた!
 
<出典>美食探偵 明智五郎 公式

第6話のネタバレはここをクリック
明智のお見合い

1ヶ月前、フランスにいたマリアは、ワインの買い付けに来ていた扇屋百貨店の常務・伊達の声をかけられる。

伊達は、マリアの美しさに心を奪われたと話すと、一緒に食事を取ることになるのであった。

その席で伊達は、明智のお見合い相手を探すように言われたことを話すと、それを聞いたマリアは顔色を変えるのだった。

その後伊達の部屋に行ったマリアは、睡眠薬で伊達を眠らせると、パソコンから明智のお見合いの情報を盗み見るのであった。

その頃、明智に「守る」と言われた苺は、明智と顔を合わせることに緊張してしまうが、事務所の外で高橋と騒いでいるところを明智に注意されてしまう。

事務所に入った苺は、母の寿々栄が来ていることに驚くが、さらにお見合いをするようにと話すことにさらなる驚きを覚えるのだった。

最初は断っていた明智だったが、会食の場所が美味しい料亭だと知ると、すぐにお見合いに行くことを了承するのだった。

 
忍び寄るマリア

マリアに呼び出された茜と伊藤は、明智のお見合いを阻止するべく、その計画を密かに企てるのであった。

お見合い当日、明智の弟である六郎が寝坊したことにより、苺が男装して参加することになったしまう。

苺もなんとかお見合いを成功させないようにと妨害をするのだが、反対に明智に遊ばれてしまうのだった。

その中、隣の部屋では高橋と上遠野が明智の様子を伺っており、そこに仲居としてやってきたのはマリアであった。

さらに厨房では、板前として伊藤が、さらに茜も仲居として潜入しており、不穏な動きを見せるのであった。

食事が運ばれてきたその時に、伊達と飲んでいたと話す六郎が遅れてやってくると、明智の不誠実な態度からお見合い相手の紗英を怒らせてしまうのだった。

 
寿々栄の思い

明智に紗英のあとを追うように指示をだし、お見合いは一時中断となってしまうと、苺が自分のせいだと寿々栄に謝りに行く。

寿々栄は、跡取りの結婚ということだけではなく、明智がとても変わり者のため、波長が合う相手と出会ったときに、とんでもない方向に進んでしまう不安があるのだと話すのだった。

そんな明智は、縁側で座る紗英を発見すると、自分が扇屋を継ぐつもりはないことを伝えるのだった。

すると明智は、歩いている仲居の姿にマリアの雰囲気を感じとると、その仲居を追いかけようとする。

すると紗英に服の裾を捕まれた明智は、紗英が苦しみだしていることに気がつき、すぐに救急車を呼ぶよう指示をだすのだった。

残念なことに紗英が亡くなってしまい、明智はフグ毒のような症状が紗英にあったことを語ると、紗英は何者かに殺されたのではないかと推理をするのであった。

 
本当の狙い

会食の料理を見た明智は、海老アレルギーの自分に海老しんじょうが出されていたこと、反対に紗英にいかしんじょうが出ていたことに気がつく。

犯人は自分を狙ったのだと気がつくと、周囲を警戒し始めると、そこにマリアがやってくるのだった。

マリアは明智を殺すはずがないと告げると、明智は別に犯人がいること、さらに苺から伊達が秘書と話していたという内容を聞かされる。

さらに六郎から、お見合い相手の紗英が伊達の彼女だと知らされると、明智は伊達に疑いの目を向けるのだった。

伊達から一息つかないかと声をかけられた明智は、部屋に招き入れられると、コーヒーを差し出されるのであった。

すると明智は、そこで伊達が犯人であるという推理を口にすると、隣の部屋で聞いていた寿々栄たちが現れる。

証拠を見せろと話す伊達に、明智は差し出されたコーヒーを飲んでみて欲しいとカップを向けると、その手を叩き落とし逃げてしまうのだった。

 
死線を越える

後を追った明智は、伊達の秘書に拉致されてしまい、物置小屋の柱に縛られてしまうのだった。

伊達は、同族経営の扇屋を嫌っており、さらに明智の幼稚園の送り迎えやお見合い相手の手配を命じられていたことに腹を立てていたのだった。

どうしても明智を殺すことに執念を燃やす伊達は、もってきた灯油を撒き火を着けて逃げていくのだった。

そんな伊達の動きに気がついた苺だったが、火の手が回っていることや自分の命の危険を感じ、助けに行くことができなかった。

そんな苺の横をマリアが平然と歩いていくと、縛られている明智を助けると、そんな明智にキスをするのであった。

外に出たマリアは、自分と苺の明智への思いの差があることを伝えると、苺はショックを受けてしまうのだった。

第6話の感想はここをクリック
今回はマリアに助けられてしまうというパターンになりましたが、マリアが明智にだいぶ接近してきたことに驚きました。
 
苺も、助手としての仕事を楽しんでいたようですが、明智を助けに行けなかったこと、マリアがそれを簡単にやったことにだいぶ堪えているようでした。
 
苺は明智のもとを去ってしまうのか、そしてマリアは寿々栄が心配するように、明智を引き込んでしまうのか、これからの展開を楽しみにしたいと思います。

<見逃し動画>第5話  5月10日放送
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
 
第5話の公式あらすじ

明智(中村倫也)を元気づけようと買い物に連れ出した苺(小芝風花)は、離婚のため別居中の小5の娘・小春(横溝菜帆)と月1の面会を楽しむ上遠野警部(北村有起哉)に遭遇。 

いつもと様子の違う娘を心配する上遠野に同情し、小春の身辺調査を引き受ける苺。しかし、明智の推理がきっかけで、乳製品アレルギーを持つ小春がクラスで陰湿ないじめを受けていることが発覚する! しかし担任の教師はふざけているだけだとクラス内のいじめを認めず……。

そんな中、小春が残した『死にたい』というネット上の書き込みに目をつけていたマリア(小池栄子)は、小春の絶望につけいり、おぞましい“給食による集団毒殺計画”を実行に移そうとしていた……!
 
<出典>美食探偵 明智五郎 公式

第5話のネタバレはここをクリック
次なるターゲット

マリアは次なるターゲットを見つけ出すために、写真を眺めながら殺意を探していた。

すると、マリアはある写真に目を留めると次のターゲットを決めたようで、不敵な笑みを浮かべるのであった。

その頃苺は、前回の事件から肉を食べられなくなってしまい、さらにマリアにも嫌悪感を抱くようになっていた。

しかし、それ以上に明智が落ち込んでいることを知った苺は、なんとか元気付けようと事務所を訪れる。

いつもはキチッとした明智だったが、髪はボサボサで髭も伸ばしっぱなしの明智を心配した苺は、外へと連れ出すのであった。

買い物に出掛けた明智と苺は、たまたま買い物に来ていた上遠野の出会うと、上遠野は別れた妻との間にできた娘の小春と買い物をしていたのだった。

月一回しか会えない上遠野と小春であったが、そんな上遠野に事件の知らせが入ると現場へと向かっていくのであった。

 
身辺調査

小春を事務所に連れてきた明智と苺は、何か食べさせようと原田を呼び出す作ることなる。

しかし小春は、チーズを抜いて欲しがったり、ミルクティを嫌がったりと明智はその事が気にかかる。

小春が帰ったあとに事務所にやってきた上遠野は、小春の様子がおかしかったと心配していた。

すると高橋から彼氏でもできたのではないかと言われ、上遠野は心配になってしまう。

小春を心配する上遠野は、明智に調査を依頼するも、元気のない明智はそれを拒否する。

それを見かねた苺が調査に名乗りをあげると、清掃員に扮して学校の中に潜入していくのだった。

そこでは、男子から優しくされる小春の姿を見て、苺は恋の悩みなのだと判断するのであった。

 
食物アレルギー

その話を聞いた明智は、苺の読みが浅いことを指摘すると、男子から渡されたプリンや先日のチーズやミルクティのことを話し出す。

明智は、小春がただの好き嫌いで言っているのではなく、乳製品アレルギーなのたと推理するのだった。

さらに、クラスメートの様子から小春は苛められているのではないかと心配を口にするのだった。

それを聞いた苺は、小春が心配になり下校中の小春のあとを尾行していくと、男子生徒に苛められている姿を見てしまう。

慌てて割って入る苺だったが、その隙にある男子生徒が小春の洋服の中にチーズを入れてしまう。

アレルギー反応が出てしまった小春は、すぐさま病院に運ばれていくのであった。

 
マリアの接触

アレルギーがあると聞いていなかった上遠野は、別れた妻と言い合いになってしまう。

そんな小春は、苛めのことは上遠野には内緒にして欲しいと明智たちに口止めをするのだった。

退院した小春は、学校で苛められていることもあり、なかなか登校する気にはなれずにいた。

SNSで”死にたい”と投稿した小春に、マリアからのメッセージが届くと、小春を言葉巧みに誘導し、給食に毒をいれる計画を話すのだった。

そんな中、明智は上遠野に送られた小春からのメッセージを見ると、不穏な空気を感じとるのであった。

小春のもとへと向かっていった明智は、その事を話すのだが、小春はマリアなんて知らないと明智の考えを否定するのだった。

 
マリアの手足

学校給食が怪しいと睨んだ明智は、喧嘩してしまった苺に代わり、桃子に協力を依頼する。

給食室に潜入した桃子だったが、マリアの手先として潜入していた林檎に気付かれてしまい、気絶させられてしまうのだった。

その頃明智も、伊藤の姿を発見し後を追っていくのだが、倉庫に監禁されマリアと話をすることになってしまう。

画面越しで計画を話すマリアをなんとか止めようとする明智だったが、説得もうまくいかず給食の時間がきてしまうのだった。

クラスに給食が運ばれてくるのだが、寸でのところで小春が止めようとする。

上遠野も現れ、給食に毒が混入された可能性があると話すのだが、担任の兼木がそんな2人を注意するのだった。

 
苺の活躍

そんな混乱の中、明智が教室に入ると混入されたのは食物アレルギーと同じような症状になる毒だと告げる。

症状を説明する明智だったが、その言葉に生徒や担任も恐怖を感じてしまい、給食を食べれずにいるのだった。

するとそこにやってきた苺が、無事給食をすり替えることができたと報告にやってくる。

上遠野は、今回の騒ぎが小春のせいだとして、みんなに頭を下げるのであった。

事件も解決し、明智はマリアが自分に近づきつつあることを感じ取っているのだった。

一方マリアの手足として動いていた林檎は、今回の作戦が不発に終わったことに悔しさを滲ませる。

そんな林檎を宥めるマリアは、明智の事務所の近くのテラスから颯爽と去っていくのであった。

第5話の感想はここをクリック
またまた苺の新しいハラスメントが飛び出した今回でしたが、食物アレルギーはほんとに恐ろしいですよね。

そして今回、マリアの手先として林檎が再登場しましたが、純朴な林檎からは想像できない冷徹さがありました。

そしてマリアも、かなり明智に近づいてきているようで、苺や今後の直接対決から目が離せません。

<見逃し動画>第4話  5月3日放送
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第4話の公式あらすじ

東北の姑から送られてくる手料理が冷蔵庫を埋め尽くすことにストレスを感じる主婦・みどり(仲里依紗)が、ネットで知り合ったマリア(小池栄子)に背中を押され、無理解な夫・和宏(落合モトキ)を殺害!
和宏の同級生だった明智(中村倫也)は、同窓会を無断欠席した和宏を心配し自宅へ。
和宏に代わり、届けられた“お袋の味詰め合わせ”を預かる。
その頃、和宏の死体はマリアに派遣されたシェフ・伊藤(武田真治)とみどりに解体されていた……。
その夜、高校時代に食べた和宏の母親の味を懐かしく思い出していた明智は、姑からしょっちゅう手料理が送られてきたら嫁にとっては“キッチンハラスメント”だという苺(小芝風花)の言葉がひっかかる……。
 
<出典>美食探偵 明智五郎 公式

第4話のネタバレはここをクリック
冷蔵庫の中

主婦のみどりは、結婚してから手料理で旦那を喜ばせることを夢見て、大きな白い冷蔵庫を購入する。

しかし実際は、田舎の姑から送られてくる煮物や漬け物などで埋め尽くされてしまい、気分が滅入ってしまう。

そんなある日、デイトレーダーとして生計をたてている桐谷和宏は、妻のみどりと食卓を囲んでいた。

そこでみどりは、母親から送られてくる食事ばかりを気に入り食べ続ける和宏にイライラがつのる。

母親の料理ばかり褒める和宏に怒りが頂点に達してしまったみどりは、テーブルの上の食事を床にばら蒔いてしまう。

それに怒った和宏は、みどりをビンタすると床に落ちた食べ物を拾って食べるように厳しくいい放つのだった。

 
中身をすべて捨てる

その夜、インターネットの掲示板に、和宏とのことを書き込んだみどりは、さっそく回答がきたことに驚く。

そこには、マリアと名乗る女性から気持ちを共感するという回答が送られてきて、マリアの部屋というサイトへと誘導される。

マリアと直接会話するみどりは、ハンドルネームかられいぞう子と呼ばれ、マリアはみどりを言葉巧みに洗脳していく。

そして自分を解放するための最初の行動としてまず冷蔵庫の中にあるものを全て捨てなさいと指示を出す。

深夜にも関わらず冷蔵庫の中身を捨てていると、和宏が起きてくるとみどりを止めに入る。

するとみどりは、これからは自分の手料理で冷蔵庫をいっぱいにしたいと話すと、和宏は離婚を切り出す。

それにショックを受けたみどりは、お気に入りの包丁で和宏を殺害してしまうのであった。

 
同窓会

その頃高校の同窓会の幹事にされていた明智は、出欠に関してのメールを送っていた。

その中に、みどりに殺された和宏の名前があり、明智は和宏との再会を楽しみにしていたのであった。

同窓会当日、真面目できちっとした性格の和宏が無断で欠席したことに違和感を感じた明智は、和宏の家を訪れる。

その頃家の中では、マリアから派遣されたシェフの伊藤がみどりと共に和宏の遺体を解体していた。

伊藤はこのマンションが粉砕式ゴミステーションということを利用し、少しずつ遺体を捨てていく計画を立てる。

その頃玄関前までやってきた明智は、電気や水道のメーターから、不在ではないことに気がつく。

すると宅配員が、実家からのたくさんの食材を運び込むのだが、明智はそれを預り事務所に帰っていくのだった。

 
ひっかかる何か

荷物を事務所まで持ってきた明智は、和宏宛に預かっているというメールを送ると、和宏になりすました伊藤から返信を受ける。

その食材を捨てて欲しいとの内容に違和感を感じた明智は、大急ぎで和宏のマンションに向かっていく。

するとそこに息抜きに買い物に出てきたみどりを見つけ声をかけると、みどりは慌ててしまう。

明智は和宏が実家からの食べ物を粗末にするはずがないと話すと、問題があるなら話し合うべきだと伝える。

そんな明智の言葉に「そうしたかった」と話すと、その発言に明智は和宏の身を心配するのだった。

 
捕まる苺

礼状を取るために上遠野のもとを訪れた明智だったが、証拠もないため難しいと言われてしまう。

苺はみどりの様子が心配になり後を追っていくのだが、そこにやってきた伊藤に捕まってしまうのだった。

解体を続けようとする伊藤だったが、明智の出現でみどりの心は揺れてしまう。

しかしマリアはその復讐の火を消さないように、さらなる暗示をかけていくと、みどりは意欲的に解体を再開するのだった。

そんな中、なんとか明智に電話をかけた苺は、助けを求めると、明智が助けにやってくる。

 
悲しい結末

上遠野たちとともにみどりのところへやってきた明智だったが、伊藤には逃げられ、マリアも画面から姿を消していた。

解放された苺は、冷蔵庫を開けるように上遠野に指示を出すと、そこには解体された和宏が入っているのだった。

驚く上遠野に対して、明智はみどりの姿がなくなっていることに気がつくと、慌てて探し回る。

みどりは一人静かにゴミステーションへと訪れると、その粉砕式のゴミステーションへと身を投げてしまうのだった。

寸でののところで間に合わなかった明智は、その場に脱ぎ捨てられた靴を見て間に合わなかったことに気づくのだった。

翌日、明智は友人である和宏を救えなかったこと、苺を危険な目に会わせたこと、そしてみどりを助けられなかったことを悲しく感じていた。

明智は探偵に向いていないのではと感じてしまうのであった。

さらに苺は、マリアから明智の前から姿を消さなければ命を狙うと言われていたのだが、明智には黙っているのだった。

第4話の感想はここをクリック
マリアはアンテナをかなり広く張っているようで、ネットの掲示板や質問サイトなどにも殺人予備軍を探していました。

そしてすっかりマリアの手足となった伊藤ですが、心酔しているのか、かなり忠実に行動していました。

悲しい結末に驚かされましたが、苺も明智に心配かけさせまいとマリアとのことを黙っているなど、今後の展開がかなり楽しみになりました。

<見逃し動画>第3話 「この街の人間は、みんな、狂ってる……」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第3話の公式あらすじ

激安フレンチに押され売り上げの落ちていたフレンチレストラン『メゾン・ヴェリテ』で客がパンを喉に詰まらせ窒息死する!

明智(中村倫也)は店の厨房にモナリザの絵葉書が飾ってあったと知り、マリア(小池栄子)が絡んだ事件であると確信。

しかし、店長兼シェフの伊藤(武田真治)が亡くなった客を必死に助けようとしていたという目撃証言は、事件ではなく事故の可能性を裏付けていた……。

翌日、グルメサイトのあるレビューに目を留めた明智は、苺(小芝風花)を連れて店にディナーへ。

ロッシーニをはじめ極上料理の数々を堪能すると、伊藤の犯行をあぶり出す緊迫のやり取りを繰り広げる!殺人鬼・マリアに辿り着くべく、美食探偵の推理が冴えわたる!
 
<出典>美食探偵 明智五郎 公式

第3話のネタバレはここをクリック
素人評論家

最近新しくできた立ち食いフレンチに桃子とやってきた苺は、明智の真意を知るべきだと言われていた。

ただの助手に過ぎないと反論する苺に、桃子は明智をこの店に呼んだのだと言われ動揺を隠せずにいた。

そこに明智がやってくると、桃子は2人きりにしてあげると、早々に帰っていってしまうのだった。

明智と2人だけになった苺は、気まずさから黙々と料理を口に運んでいくのだった。

その頃、立ち食いフレンチの店の真向かいに店を構える本格フレンチ店では、有名なネット美食家”グルメ大名”が来ているとギャルソンが慌てていた。

それを聞いたシェフの伊藤は気合いをいれて、看板メニューを提供するのだった。

食事を終えた明智は、伊藤の店の写真を懸命に撮る素人評論家の姿に軽蔑の眼差しをむけるのだった。

 
事件?事故?

翌日、救急車のサイレンを聞いた苺は、伊藤の店から運ばれる男性の姿を目撃する。

事件と聞いてやってきた上遠野たちから、パンを喉につまらせ亡くなったことを聞かされる。

パンが喉につまっただけのため、事件性は限りなく低いと話す上遠野であった。

しかし、高橋からは厨房にモナリザの絵はがきがあったことを聞かされた明智は、今回もマリアが裏にいるのではないかと考え始める。

その日の夜、明智は苺を誘い伊藤の店のディナーを食べに行くことを決めるのであった。

 
なにもするな

ディナーに訪れた明智と苺は、伊藤の作る本格的な料理に舌鼓をうちながら、食事を続けていく。

すべてを食べ終えた明智は、伊藤を呼ぶようにギャルソンに依頼をし、明智のテーブルへと伊藤がやってくる。

本場フランスでの修行経験があることや、そのお店がルーブル美術館の近くにあったことを話す。

すると明智は、モナリザの絵はがきを飾っているのも、それが理由なのかと伊藤を揺さぶる。

すると伊藤は、13年前に店に訪れたマリアの話をし始める。

一人で旅行に来ていたマリアは、日本人が働いていることに驚き、さらに伊藤の料理の腕を褒めていた。

そしてルーブル美術館に行ったことがないと話す伊藤のために、料理のお礼としてモナリザの絵はがきを届けにきたのだった。

それを聞いた明智は、そんな料理を批判されたらどう思うかと伊藤に質問すると、小さな声で「殺します…」と呟く。

その言葉に驚いた苺は、ワイングラスを落として割ってしまい、そこで話が中断してしまうのだった。

 
違和感

明智は、この事故に居合わせた野菜の納品業者のもとを訪れると、伊藤が懸命に水を飲ませようとしていたことを聞かされる。

しかし、手伝おうとしたところ手を出すなと怒られたこと、そしてワイングラスを落としたことを知る。

その話に違和感を覚えた明智は、苺に依頼して伊藤の店に潜入させると、プラスチックのワイングラスを探すよう伝える。

店内を探す苺だったが、プラスチックのワイングラスは見つからず、ゴミ収集車を追いかけてゴミを漁ることになる。

事務所に持って帰ってきたゴミを漁っていた明智は、紙袋のなかからプラスチックのワイングラスの破片を発見するのだった。

 
グラスのトリック

屋上でタバコを吸っていた伊藤のところへやってきた明智は、先日の料理のお礼にとワインを持ってくる。

グラスに注ぎ伊藤に渡そうとしたところ、グラスを落としてしまうのだが、割れもせず中身も出ない。

マジックで使うグラスだと説明した明智は、これと同じものを使い水を飲ませるふりをしたのだと伊藤に詰め寄る。

そのため手伝うことも拒否し、グラスも割れた記憶が業者にもなかったのだと続ける。

すると伊藤は、ネットで批判を書き込むぐるめ大名こと岩本をお詫びと称してランチに誘ったと話す。

そしてそこで犯行におよんだことを告白すると、タバコに火をつけるのであった。

 
マリアの狙い

警察に捕まることを覚悟する伊藤だったが、明智は刑事ではなく証拠も薄いため、逮捕は難しいと話す。

そして明智はこの事件の裏側にいるマリアに会いたいだけなのだと伊藤に告げるのだった。

明智は、このようなことを引き起こさせたのは、自分がマリアを目覚めさせてしまったからだと口にする。

すると伊藤は、内なるもう一人の自分を呼び起こされたのは明智自身なのではないか?と揺さぶりをかけるのだった。

車で待っていた苺は、帰ってきた明智の横顔がどこか寂しそうに見え、彼の心の闇を少しだけ垣間見るのであった。

伊藤から報告を受けたマリアは、明智がさらに苦しむような計画があるのだと密かに笑みを浮かべるのだった。

第3話の感想はここをクリック
自称美食家の心ない批判が、ネットによって拡散され、お店の評判まで落とすことになり、今回の事件へと続いてしまいました。

確かに自信のあるものをけなされたら、誰だって怒りを覚えると思いますが、そんな隙間を狙ってきたマリアの嗅覚はすごいですね。

マリアとの対決が楽しみな展開ですが、マリアは伊藤というパートナーを手に入れ、さらに大胆に行動してくるのではないかと期待しています。

<見逃し動画>第2話 「愛してる……だから殺す。女ってそういうものでしょ?」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第2話の公式あらすじ

ホテルでのカップル毒殺事件の犯人を追う明智(中村倫也)と助手として巻き込まれた苺(小芝風花)。
被害者の胃からは、ルームサービスでとっていた朝食には使われていないはずの“リンゴ”が検出される……。

一方、殺人鬼として覚醒したマリア(小池栄子)は、焦燥した様子の女性・茜(志田未来)に会っていた。毒殺された男に二股をかけられた恨みを持つ茜は、上遠野
警部(北村有起哉)が事件の真犯人として目をつけていた人物だった……。

事件の影にマリアの存在を感じる明智は、茜の実家が青森のリンゴ農園だと知ると一路青森へ!

“毒リンゴ”に込められた殺人犯からのメッセージに美食探偵が迫る!
 
<出典>美食探偵 明智五郎 公式

第2話のネタバレはここをクリック
カップル毒殺事件

ひょんなことからホテルの一室で発生したカップルの毒殺事件に関わってしまった明智と苺は、ルームサービスに細工をされた可能性があると推理していた。

明智は苺にホテルへの潜入を指示すると、毒物を混入させるタイミングを調べさせる。

しかし、苺は厨房では多くの人間がいたこと、運んでいる最中なら可能だと告げる。

ルームサービスのフレンチトーストを一口食べた明智は、殺人に使われた毒物がシアン化合物だと知り、すぐにバレてしまうはずだと頭を悩ませるのだった。

事務所へと帰った来た明智と苺のもとに、明智家の執事である小松崎がやってくる。

怪訝な表情をする明智であったが、母親の寿々栄が食事に誘っていると伝えに来るのであった。

 
あることに気がつく

渋々実家へと帰って来た明智とは正反対に、一緒に着いてきた苺は家の大きさに驚きテンションを上げていた。

大きなテーブルに大興奮の苺のところへ、寿々栄がやってくると苺は自己紹介をする。

明智と同じく”一号”と間違えられてしまうが、明智の母ということもあり、素直に認める。

運ばれてくる美味しそうな料理に手をつける苺は、その豪華な料理に舌鼓を打っていた。

しかし、明智はその料理に手をつけないどころか、祖父の話になると急に逆行し、寿々栄と言い争いが始まってしまう。

帰ろうとする明智だったが、運ばれてきた料理を食べたくなってしまった苺は、急いで口にいれる。

しかし、出来立てな上に温められたソースをつけた苺は、舌をやけどしてしまい、それを見た明智はあることに気がつく。

 
リンゴジャム

事務所に帰って来た明智は、苺にリンゴのジャムを作らせており、そこに来た上遠野たちにもそれを振る舞う。

明智は、ルームサービスの中にないリンゴが胃のなかに残っていたことを知り、ジャムに混ぜたのではと考えていた。

さらに出来立てジャムであれば、シアン化合物の独特の痺れも感じないはずだと推理を口にする。

しかし上遠野は、その推理には無理があると話し、胃の中のものをもう一度調べ直すことにするのだった。

調べ直した結果、リンゴは加熱された様子がうかがわれ、上遠野は殺された男性にはもう一人付き合っている女性がいたことを教える。

青森でリンゴ農家をしているのだと教えれた明智は、苺を連れて一路青森へと向かったいくのだった。

 
祖父の思い

リンゴ農家へとやってきた明智たちを見た茜は、東京から怪しい人が来たとマリアへとメールする。

マリアは、茜が捕まることはないと告げ、全てを話すようにメールの返信をするのだった。

貰ってきたリンゴでジャムを作っていた苺のもとに、茜の祖父がやってくると、茜に会いに来たのではと声をかける。

年頃の茜が東京に彼氏がいることや、幼い頃に母親を亡くしたことを話すと、幸せになって欲しいと語るのだった。

そして、ジャムを作った苺は茜の祖父からもらったリンゴが一番早くジャムになることに気がつくのであった。

 
ジャム

茜を呼び出した明智たちは、そこでジャムを使った毒殺であることを告げると、茜は彼氏とのことを口にし始める。

大学入学を機に上京した彼氏であったが、中退し夜の仕事に就いたため、茜のところには戻ってこなかった。

それでも定期的に食材や手作りのりんごジャムを送っていたのだが、彼のSNSに別の女性がそのジャムを食べている写真がアップされていた。

自分のルーツとも言えるりんごジャムを、別の女が食べていることがどうしても気にくわなかったのだと話すのだった。

そんな時、マリアから連絡が入りホテルに潜入したマリアが毒入りジャムを作り、食べさせたのであった。

話を聞いていた苺は、自ら手をくだしていないことを伝えるのだが、自分と同じ名前の”茜”というリンゴを使ったことから、自分が殺したようなものだと語る茜であった。

明智は、そのマグダラのマリアを止めたいのだと居場所を聞こうとするのだが、茜はわからないと答えるのであった。

 
ただ人を殺す

警察へと連行されていく茜であったが、マリアへ依頼した証拠が出てくることはなく、殺人教唆にもあたらないと無罪放免になる。

事務所に帰って来た明智は、そこにマリアがいることに驚くのだが、事件を裏で操作していたのがマリアであると問い詰める。

なぜこんなことするのかと問いただす明智に、マリアは明智によって目覚めさせられたのだと笑みを浮かべる。

あの日、自分を解放するようにと優しく声をかけられたマリアは、自分の殺人衝動を抑えることができなくなったと話す。

そしてただ人を殺すということだけ快楽を覚えているのだと止まらない気持ちを告白する。

それでも止めようとする明智に、人は誰しも妄想で誰かを殺しているが、行動に移すか移さないかの違いだけだと笑みを浮かべるのだった。

第2話の感想はここをクリック
明智が家族との確執があることがわかりましたが、これも今後なにかの布石になっていくのでしょうか?

そしてあっさりとマリアにたどり着いてしまった明智でしたが、マリアが誘い出したのかなとも思います。

海に身を投げてからも生きていた自分の存在を明智に知らせたかっただけかなとも思います。

それにしても、マリア役の小池栄子さんの迫力ある演技には圧倒されてしまいますね。

<見逃し動画>第1話 「セックスと食事、大切な夫婦の営みはどっち?」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

三度の食に命をかける美食家の明智五郎(中村倫也)は容姿端麗だが超変わり者の私立探偵。
キッチンカーで弁当屋を営む小林苺(小芝風花)は、厄介な常連客・明智に浮気調査を依頼してきた主婦(小池栄子)に同情したがために、明智の調査に巻き込まれる。毎日違う食べ物の匂いをつけて帰って来るという夫を怪しむ主婦の勘通り、明智は夫が若い女の家で毎日1時間の濃厚なランチタイムを過ごしていることを突き止める!
調査報告ついでに主婦の即席手料理を口にし、寂しげな笑顔に魅了された明智は、「これからは本当のあなたをもっと自由に解き放つべきだ」と言葉をかけるが……。

翌日、主婦の夫が殺される事件が発生! 明智を疎ましく思う捜査一課の刑事・上遠野(北村有起哉)と、その部下で明智に憧れる高橋(佐藤寛太)の的外れな捜査が迷走する一方、主婦の犯行を直感した明智は、主婦をディナーに誘い苺の車で葉山のオーベルジュへと急ぐ。

“食”が生んだ男女の哀しき事件の真相に迫る明智! そして、明智との出会いによって“殺人鬼”として本当の自分を解き放った主婦は、明智との“最後の晩餐”に臨んでいた……!
 
<出典>美食探偵 明智五郎 公式

第1話のネタバレはここをクリック
探偵とお弁当

キッチンカー「いちご・デリ」の店主であり料理人の小林苺は、毎日お弁当を会に来る探偵の明智五郎の対応をしていた。

明智は、お弁当の内容にケチをつけながらも、毎回ツケでお弁当を買っていくなど、苺は呆れる毎日を送っていた。

そんなある日、強面の男に連れ去られた明智が、カードやお弁当を忘れたことに気がついた苺は、それを届けに探偵事務所にやってくる。

荒々しい声が響くことを心配した苺が乗り込むと、詰め寄られている明智を発見する。

なんと強面の男は、刑事の上遠野であり、部下の高橋と殺人事件のことで話にやってきていた。

事件のことを聞いた明智は、その事件を見ることもなく解決し、名探偵ぶりを発揮するのだった。

 
浮気調査

そんなある日、一人の主婦が旦那の浮気調査の依頼にやってきて、洋服から毎日違う匂いがすることを話し始める。

家ではごく普通の和食しか食べないと話し、ランチの時間を利用し浮気しているのではと疑っていた。

その依頼を引き受け、旦那を調査すること1週間、旦那は毎日若い女性の家に行っていることを突き止める。

そのことを報告に行った明智は、ランチの時間がきたことにソワソワしてしまい、その家で手料理を振る舞われる。

明智の最上級の褒め言葉である「悪くない」という言葉をかけ、その手料理を堪能する。

その帰り際、抑圧していた自分を解放するようにアドバイスを送り、その主婦を元気付けて帰る明智であった。

 
殺人事件

数日後、テレビを見ていた明智は、浮気調査をしていた男性が、アパート前で殺されたというニュースを目にする。

犯人があの主婦であるとすぐに気がついた明智は、すぐさま彼女に電話をかける。

血だらけで車を運転する彼女を食事に誘うと、その主婦は「最後の晩餐」と口にすると、指定されたレストランへと向かう。

免許のない明智は、苺に依頼しそのレストランへと急行していくのだった。

レストランについた明智は、ドレスを身に纏いすっかり見違えたその主婦の姿に心を奪われてしまう。

食事をしながら、毎日同じものを作らされていた夫婦生活に嫌気がさし、旦那をお気に入りの包丁で殺害したことを聞かされる。

食事も終わり、ホテルの部屋に向かった明智は、その女性が事件を起こしたのは自分のせいだと話すのだった。

 
メアリーマグダラ

その話の途中、急な眠気に襲われた明智は、その女性から睡眠薬を飲まされたことに気がつく。

明智が意識を失っていくなか、本当の自分を起こしてくれたお礼にとキスをするのだった。

異変に気がついた苺がホテルに入っていくと、眠らされた明智に気がつき慌てて車に運んでいく。

女性のあとを追っていった2人は、とある崖でその女性を発見し声をかけるのだった。

説得を試みる明智だったが、その女性は崖から身を投げてしまい、その姿はそれ以降見ることがなかった。

翌日、事務所のポストを見た明智は、その中にメアリーマグダラという人物からの絵はがきを発見するのだった。

 
明智の本性

数日後、美食倶楽部の食事会に行っていた明智は、その上の階で殺人があったことを聞かされる。

若いカップルの心中かと思われた事件だったが、明智は事件の匂いを感じそのホテルの一室をとる。

その頃友人の桃子と食事に来ていた苺のもとに、明智からの連絡が入りホテルへ呼び出される。

ドキドキしながらホテルへ向かうのだが、事件の再現のためだと気がつき少しがっかりする苺。

するとそこで、明智が有名な「扇谷百貨店」の御曹司だと知り、驚きを隠せずにいるのだった。

明智の登場に支配人までもやってきて、宿泊の予約リストを見せてもらっていた明智は、そこに「メアリーマグダラ」通称「マグダラのマリア」の名前を発見するのだった。

 
会いたい人

若いカップルの事件が大型ビジョンに映し出され、それを見ていた若い女性が歩きだす。

その女性があるバーへ入っていくと、若いカップルを殺したことに労いの言葉をかける女性がいた。

林檎と呼ばれた若い女性は、そこにいた女性を「マリア」と呼び、話をしていた。

その女性こそ、崖から飛び降り行方をくらました女性であり、彼女は殺人をコーディネートすることを生業としているのだった。

林檎から何故このようなことをしているのかと聞かれたマリアは、会いたい人がいるのだと、明智のことを思うのであった。

第1話の感想はここをクリック
美食探偵というキャラクターの明智ですが、食にも仕事や女性にもかなりのこだわりを見せていて、かなりの厄介者でした。

そして、その推理能力もかなりのようで、刑事の高橋からはかなり慕われているようでした。

マグダラのマリアを目覚めさせてしまった明智ですが、今後マリアとの対決がメインになっていくのだと思います。

殺人コーディネーターとして、これから多くの事件に関わってきそうですが、どんな殺人が起こるのか楽しみにしたいと思います。

そして苺との関係も、発展してしまうのではないかと、今後の展開から目が離せないドラマです。

美食探偵 明智五郎の内容

公式サイト

表参道に小さな探偵事務所を構える明智五郎は非常に美食家である。
ある日、地味な女性から夫の浮気調査を依頼され着手すると、昼休みに夫が若い女の家に毎日通っていることが明るみになる。夫人に調査結果を報告した翌日、その若い女のアパートの前で夫が刺殺される。犯人は妻だと感づいた明智は、行きつけのレストランへ夫人を誘い、最後の晩餐を楽しむ。夫人は明智の目の前で崖から身を投げてしまうが、何日かして明智の元に差出人の名が「Maria Magdalene(=マグダラのマリア)」と書かれたエアメールが届き、明智は夫人が第二の人生を歩み始めたことに気が付くのだった。マリアはもう一度明智に会いたいと願い、殺意を抱く人々に知恵と手を貸し、様々な事件の裏で暗躍するようになる。

<出典>日本テレビ公式

<出演者>

明智五郎:中村倫也
小林苺:小芝風花
高橋達臣:佐藤寛太
桃子:富田望生
上遠野透:北村有起哉
主婦 / マグダラのマリア:小池栄子

<各話の視聴率>

第1話 セックスと食事 10.0%
第2話 愛してる……だから殺す。 8.6%
第3話 この街の人間は、みんな、狂ってる……

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Hulu」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

美食探偵 明智五郎の感想

20代男性

1話からテンポよくストーリーが進んでいき引き込まれる作品です。1話完結型の作品かと思いきや1話の殺人事件の犯人だった主婦の女性が「マリア」と名乗り、以降の殺人事件の手助けをしていくという展開がとても面白いです。また、毎回必ずある食事のシーンが目を惹きます。この作品の肝になっているとも言えると思います。しっかりと練られたストーリー構成に、クスッと笑えるような要素もありこの作品の魅力を高めています。良い意味での独特の空気感を感じる作品です。そして、楽しみな要素として主人公である明智と周りの女性の恋愛模様があります。助手として側にいる苺は徐々に明智に気持ちが向いているのが分かります。数々の殺人事件の黒幕であるマリアも明智に気持ちがあるように見えます。そして、当の明智はマリアに対しては他には見せない顔を見せているように感じます。殺人犯という探偵からすると敵役であるはずの相手に特別な感情を抱いているように見えます。このようにこの作品には楽しめる要素が数多くあり、続きが早く見たくなるような作品です。適度なユルさがあり、それもまた魅力であると言えます。主演の中村倫也さんが明智役にピッタリでハマり役であると感じます。

20代女性

明智五郎はお金持ちで趣味で探偵をしているようです。イケメンでヘア-のカッコ良く明るいえんじ色のスーツはおしゃれだけど、首のネックレスがいまいちで完ぺきではないようです。美食を愛する五郎はとっても高級な食事堪能しているが、なぜか移動弁当屋・苺の弁当を気に入り、いつの間にか苺は五郎の助手になっていました。五郎は依頼人もいないのに何故か料理に関する事件の探偵をして、苺がAIと絡めて謎を解いていく面白さに新しい探偵ドラマを感じます。
警視庁捜査一課のベテラン刑事上遠野とエリ-ト新米の高橋刑事が事件を関与するが、五郎との微妙な関係がより一層ドラマを楽しませてくれます。緊迫した事件捜査でなく、面白可笑しくするシ-ンが和みます。
普通の主婦だった女性が、五郎と出会ったことで今までの人を殺す欲望が溢れてしまい、殺人鬼に変貌していつも事件の背後にあります。マリアと五郎は惹かれ合っているように思え、五郎も一つ間違えばマリア側に立たされそうなそんな闇を感じます。そして殺意を持った人物の背後にマリアが上手く殺人を誘導して、それに翻弄されていく毎回違うゲストが楽しむことが出来ます。1話限りの内容だけど、マリアが関与していることでドラマが繋がっているように思えます。

50代女性

容姿端麗だけどちょっとずれているイケメン明智五郎。容姿よりもさらに魅力的なのは、いつも落ち着いていて頼れそうなところだと思います。あのマリアが覚醒してしまったのも明智の冷静沈着、動じない性格が大きな要因になっているのかと感じました。マリアが許せなかったのは夫が若い女性の色々な料理を食べていたこと、でもなぜマリアが言われた通り魚料理しか出さなかったのかは不思議でした。肉が嫌いなら野菜料理が色々あると思うし、マリアの料理は明智が「悪くない」というほどの腕前です。若い女性のアパートへ毎日ランチを食べに行く行為は許せないかもしれませんが、覚醒してしまったマリアは夫を殺したかっただけなのかもしれません。自分に目覚めてしまったマリアは本当に妖艶な女性に変わりました。小池栄子さんは明るくさっぱりした感じに見えるので、マリアとは全く違うタイプなのにあの変貌はさすがのベテラン女優さんだと思います。殺意を持った人を探し手助けをする、助けているようで実は犯罪に誘導するのはやめて上げて欲しいです。特に茜はあんな恋人、結婚する前に正体が分かってラッキーだったのに、わざわざ罪を犯すなんてとても残念でした。実際に茜が罪に問われることはないかもしれませんが、そんな彼の為に一生大きな荷物を背負う事はなかったのです。シェフの伊藤はマリアを崇拝しているような部分が有り、ある意味マリア側の人に見えました。ただ彼もマリアに会わなければ罪を犯す事は無かったのかもしれません。伊藤のシェフとしての腕は「悪くない」のにそんな雑音を無視できなかったのが勿体ないと思いました。最初は、明智と一緒に居る小林苺がとてもうるさく感じ、なぜ明智が彼女をアシスタントに選んだのかが分かりませんでした。でも見ている内に段々と分かって来た気がします。苺の作るランチは美味しい、舌が肥えていて食について詳しい、フードプロセッサーで釣ればゴミ箱漁りまでやってくれる、つまり単純で使い易いというところが明智には丁度良かったのですね。一流百貨店のご子息、明智がどうして探偵なんてやっているのか、グルメな明智と正反対のお母さんとの関係など、明智家おうち事情にも興味がわきますが、とりあえずは明智とマリアの勝負の行方を見守り、次回以降を楽しみに待ちたいと思います。 

30代女性

ドラマ『美食探偵 明智五郎』は、恋と料理と殺人事件という組み合わせが魅力だと思います。主人公の明智五郎(中村倫也)は、料理に強いこだわりを持つ人物です。探偵業を営む明智は、ある日運命の女性・マグダラのマリア(小池栄子)と出会ってしまいます。内気な主婦だった女性を非情な殺人鬼へ変えてしまったことに責任を感じた明智が、事件をくり返すマリアを追いかけていくところが面白いです。明智とマリアがお互いに惹かれあっているようすが、道ならぬ恋という感じでどきどきさせられてしまいます。明智が通っているお弁当屋の小林苺(小芝風花)も、ちょっと明智にときめいているようですが、マリアに比べると今のところ分が悪いです。苺はマリアと正反対で、素直で一生懸命で応援したくなるような人物です。マリアが改心すれば明智と一緒に生きる選択もあるかもしれないと思いますし、苺が明智を助ける中で両想いになるのもありだと思います。明智をめぐるマリアと苺の三角関係がどうなるのか、今後が気になるところです。殺人者として目覚めてしまったマリアは、次々に殺人事件を起こしていきます。明智と苺はマリアの犯罪を追いかけていきますが、その捜査中に出てくる料理はどれもとても美味しそうです。高級レストランで出されるような美しい料理があれば、若い女性が集まるパンケーキ店や流行の店も出てきます。事件の調査で青森に行ったときは、市場や青果店で美味しそうな素材もたっぷり登場しました。料理はどれも美しく撮影されていて、まるでグルメ番組を見ているような気分が味わえます。第1話ではスパイス、第2話ではりんご、第3話はパンと、それぞれの話で鍵になる食材や料理が出てくるのも見どころです。明智と苺のコンビはマリアの犯罪を止めることができるのか、第4話以降の展開も楽しみです。

40代男性

全く原作を知らずに、美食探偵明智五郎を見た感想としては、1話目から衝撃的な展開に驚きました。あまり期待は、してはいなかったのですが、グルメ料理の紹介もしつつ、それを謎解きと融合させて、ミステリーサスペンスな展開になっていたので、この料理食べてみたいな~とか?美味しそうだな今度作って見ようと思いつつ、まさかマリア様が今後も主要人物になってなんて思ってもいませんでした。毎回ゲスト形式で、犯人も変わってはきますが、良い意味で癖のある役者さんが出演されている為、最後迄目が離せない展開となっております。明智五郎と、苺の独特の掛け合いやコント風なやり取りも、ほっこりとできるティータイム的な時間として楽しめますし、頭から、「悪くない」という明智の名セリフが離れなくなるのも事実。でも、事件は毎回人間自身への恨みではなく、しいて言えば!食べ物の恨みは恐ろしいと言うべきか?グルメに対する熱意や感情が上手い具合にブレンドされていて、事件の真相は、なるほどそうだったのか!と意外な結末。でも、日常に起こりうる事かも知れない?人の心の闇って実はこんなシンプルな事が多いかも知れないと考えさせられるドラマでもあります。今後はどんな、グルメやレシピが出てくるのか?明智とマリアの展開に目が離せなくなっております。苺も勝手に助手にさせられつつ、それでも、楽しんで助手をやってる所も見所かと?噛めば噛む程味が出るスルメドラマなので、かなりオススメですよ!

30代男性

最初このドラマの概要を読んだ感じでは明智が苺をこき使うというのはわかりました。苺が嫌々明智に付き合っていく感じが続いていくのかなと感じていました。ただそれは最初だけで徐々に確実に明智に惚れてしまってきているのが見ていて面白いなと感じています。知らず知らずの内に苺が明智を好きになってしまっていて使われることに腹が立っていない感じが見ていて恋する少女になっていて可愛いです。気に食わないだろうなと感じていた中村倫也が演じる明智五郎という存在もいつの間にか好きなキャラクターになってきています。キザで格好つけていてドラえもんのスネ夫みたいなイメージで明智を最初は見ていたんです。ただ予想以上に礼儀正しく信用出来る態度などを見て好感を持てるようになってきました。食に対する殺人事件というのも毒を入れる位しか浮かばなかったです。3話での無理矢理パンを口にねじ込んで殺害というのを見て、言い方悪いですがレパートリーは色々今後も持ってそうだなと感じました。警察の高橋が明智に惚れてしまっていることからも、女性男性問わず虜にしてしまう雰囲気を持つ明智という人間の色気みたいなのが伝わってくるのもこのドラマの魅力だなと思っています。今後も楽しみなドラマです。

40代男性

美食の名に恥じぬ主人公の明智五郎と、小池栄子さん演じる謎の女性の対決が大きな見どころとなるでしょう。
出会いは旦那の浮気調査だったのですが、彼女が許せないのは単に女性と会っていた事ではなく食事を供にした事という衝撃の動機でした。
そのような理由で旦那を手にかけてしまった彼女の心情を、誰よりも明智は理解していたと思います。
そんな食に対する異様な執着を持つ2人には運命的なものを感じ、クライマックスに向けて盛り上がっていくこと間違いなしでしょう。

これまで起こった事件は、すべて謎の女性ことマリアが絡んでいます。
マリアが絡んでいることは明智も気づいており、彼女の後を追っているのですがなかなか姿を見ることはありません。
モナリザのポストカードがキーポイントとなっているようで、この先も明智の前にモナリザの絵が幾度と現れるかと思います。
それを追っていけば必ずまたマリアと再会することができるでしょう。

リンゴの事件もサイト評価で起きた事件も裏でマリアが動いているので、それらがこの先どう繋がってくるか楽しみです。
初回で明智とマリアが対峙したとき、凄い緊張感といいますか高揚感があったので、この2人が織りなす食のバトルを一刻も早く見たくなりました。

30代男性

今回は、フレンチレストランで起きた殺人事件でしたが、今回の事件にもマリアが絡んでいましたね。
今回のストーリーは、食べログのようなグルメレビューサイトで酷評されたことを恨み、そのレビュアーをシェフが殺したという話でした。
現実世界でも殺人まではいかないまでも、一人のレビュアーの低評価により売上が激減し店主がレビュアーを恨むというパターンはあり得そうだなと思いました。
前回の事件ではそのトリックに巧妙さが見られましたが、今回の事件はパンを無理矢理口に突っ込むというストロングスタイルで、もう少しトリックの巧妙さあっても良かったなと感じました。
また今回は明智が美食ライターや、苺の弁当屋の店員に扮する場面があり、明智のエプロン姿などいつもの赤スーツ以外のコスチュームが楽しめた回でした。
その場面では視聴者の反響も大きく、ツイッターでも多くのコメントが見られました。
次回のストーリーは、東北の姑から送られてくる手料理が冷蔵庫を埋め尽くすことにストレスを感じる主婦・みどりが巻き起こす殺人事件。
さらにみどりはマリア知り合い、背中を押され、無理解な夫・和宏を殺害するという展開のようで、またしてもマリア絡みの事件に明智はどう挑むのでしょうか?
さらに、次回の被害者・和宏は明智の高校の同級生だということで、明智の高校時代についても明らかになりそうで楽しみです。
今回の事件の犯人であるシェフ・伊藤は次回も登場するようで、マリアvs明智のバトルがさらに激化しそな予感です。

20代女性

原作東村アキコのドラマや映画はおそらく全作見ています。しかし、正直なところ、今までの東村アキコ作品の中では、まだ面白さが頂点に達していない…という気がします。今までのものに比べてシリアスな内容なので仕方ないのかもしれませんが、1話、2話は真剣に最後まで見ることができませんでした。1話はマグダラのマリアの過去の話でかなり重い暗い内容だったので、あれ?美食探偵ってこういう感じ…?と思いましたし、2話目は志田未来さんがゲストだったので少し期待したのですが、特に大きな盛り上がりもなく…さらっと終わってしまった印象でした。志田未来さんは相変わらず演技が上手だったのでそこはとても良かったです。私は中村倫也さん目当てで見始めましたので、彼の魅力が存分に活かされているという点ではドラマ全体の評価は二重丸です。とは言っても、今日放送された3話はコメディタッチなシーンが多く、最後まで真剣に、かつ笑いながら見ることができました。特にいちごの変装シーンは、小芝風花さんよくやったな!と思えるほど攻めた変装でしたので拍手でした。毎回ゲストが豪華だなと思っていますので、今後登場するゲストも楽しみです。また、警察のお二人がいいキャラしてます。明智さん大好きなキャリアくんがどんどん可愛くなっていますので、そちらも今後が楽しみです。

40代男性

まずは、主人公の明智五郎を演じている中村倫也さんがドS演技を炸裂させていて新鮮な感じがして面白いと思います。以前も元ヤンの教師役を演じていましたが、それよは少し違う感じで、役に入り込んでいる感じが良いと思います。そして、パートナー役の古芝楓花さんも、清楚な感じの以前のイメージのとはかけ離れていて、体当たりの演技を繰り広げていて魅力的だと思います。そして、中村倫也さん演じるドSの明智と、古芝楓花さん演じるいじられキャラの苺の絡みが夫婦漫才を見ているようで、とても面白いと思います。そして、ラスボス的な感じの小池栄子さん演じるマグダラのマリアが、モナリザにそっくりというのも見所だと思います。そして、いきなり地味な感じの主婦からの最悪な殺人者という変化も見所だと思います。明智との今後の対決が楽しみです。そして、毎回志田未来さんなどの色々なゲストの方が登場するのも、豪華で良いと思います。そして、なんといっても、当除する料理が美味しそうで食べてみたくなります。特に、3話のフランス料理店で出されていたロッシーニが本当に美味しそうで食べたくなりました。今後も美味しそうな料理がたくさん登場して欲しいと思います。
そのほかの感想はここをクリック

30代男性

中村倫也演じる明智五郎とマリアの関係が明智小五郎と黒蜥蜴を彷彿させるような感じして明智小五郎やミステリー小説好きにはたまりませんでした。さらに明智五郎が美食家ということもあって毎回、色々な食材や食事などが事件と絡んでいて面白かったです。中でも印象的な事件が1話の後半から2話にかけて起きたリンゴ事件のエピソードです。志田未来が演じるリンゴ農家の女の子が都会で変わってしまった彼氏とその彼女を毒殺しますが、その理由が意外な理由と法律では裁けないように仕組んだ狡猾的なマリアの策略が光ってよかったです。また、小芝風花演じるひょんなことから明智五郎の助手になってしまった苺のキャラクターが可愛いのも魅力に感じました。テンションが毎回高く、最初は嫌々で手伝いながらも4話以降は自分から積極的に関わって行き、特に2話目のメイド姿はめっちゃ可愛かったです。そして、明智五郎がマリアの件で苦悩してワインを飲み、見つけるシーンはちょっとずつ明智五郎に惹かれている姿が印象的でした。しかし、マリアに恐喝されても一緒にいる様子を見るとマリアとの三角関係も気になり、明智五郎とこれから恋愛関係になっていくのか注目しています。

30代女性

毎回おいしそうな料理が出てくるのが楽しみです。中村倫也さん演じる明智五郎さんは高飛車で嫌な感じなのかなと思いきや、庶民的な食事も楽しみ、助手の苺ちゃんにもなんだかんだで優しい人なので毎回キュンとさせられています。フレンチトーストを苺ちゃんに一口あげるシーンはよよかったです。エプロン姿や制服姿なども見られるのでドキドキしています。特に苺ちゃんの作ったちくわの磯部揚げを気に入るところがかわいいですね。苺ちゃん役の小芝さんもとても明るく元気に演じているので見ていて気持ちがいいです。肝心の事件についてですが、マリアさんが殺人を指示しているということですが、正直突っ込みどころが多すぎて、警察は何をやっているのか、と思ってしまいます。武田真治さん演じるシェフが起こしたお客さんに対しての殺人事件も、パンで窒息する成人男性が果たしているのか…。お年寄りならまだしも…と感じてしまいます。人が死んだレストランなんて余計お客さんが寄り付かなくなってしまいそうです。れいぞう子さんの事件もバラバラにして捨ててしまっても、きっと奥さんがいちばん怪しまれるでしょうし…。そもそも明智さんがシェフを警察に連れ出していればれいぞう子さんは自ら自首をしていたのでは、と思ってしまいます。でも彼女の存在があるからこのドラマはほかの推理ドラマとは一味違うともいえるので、もう少し事件の精度をあげてもらえればいいなと思います。

20代女性

もともと中村倫也さんのファンで、美食探偵 明智吾郎を見始めました。美味しい料理が出てき、探偵が事件を解決していくというざっとしたイメージでいたのですが、実際に見始めると毒殺サスペンスなようで、イメージとは割と違いました。また、中村倫也さんが主役ではあるもも、小池栄子さんも主役なのかな?という印象でした。また、小芝風花さんがとってもキュートでかわいいです。毎回、美味しそうな料理が出てくるため凄くそそられる上に、しっかりお店の名前まで明記してくれてるのが嬉しいです!どんな料理が出てくるのかなぁと毎回楽しみにしている部分があります。また、数々起きる事件が1つ1つ独立した話ではなくて、全て繋がっているような話なのが、珍しく感じます。そして、サスペンスではあるものの、わりと全体的に笑える部分が多く、本当に新しい感じのサスペンスドラマだなという印象です。内容やキャスティングが好きなので、最終話まで見る予定でいますが、グロい感じの表現がわりと出てくるので、そういうのが苦手な私にとってはちょっと、しんどい部分があります。私と同じように苦手な方も多くいるんじゃないかなと思います。なので、ドラマとして万人受けをするようなものではないという印象です。なかなか刺激が強い、サスペンスになっています。

30代女性

このドラマを見て少し変わった探偵役も、中村倫也さんが演じるとイケメンになることが分かりました。主人公は空気が読めず、マイペースぶりが目立ちますが、どの行動も可愛らしく思えてしまいます。しかし、主人公の紳士的な発言が、凶悪犯を誕生させてしまうとは思いませんでした。そして、小池栄子さん演じる凶悪犯のマリアが、とてもドラマを盛り上げていると思いました。小池栄子さんは誰かに寄り添うフリをして、どんどん犯罪する人を増やしており、厄介な役を好演しています。主人公はマリアを絶対に捕まえるという使命感を背負い、マリアにジワジワ近付く様子が面白いです。そして、このドラマを見ると犯罪の理由は様々であることが伺えます。他人から見たら些細なことでも、本人にとっては許せないことであり、非常に興味深いドラマだと思っていました。そして、ドラマには必ず美味しそうな料理が登場し、食を大切にしている主人公に好感を持ちました。マリアも最初は食を大切にしていたため、いずれ主人公と気持ちが通じ合うことを期待したいです。そして、マリアは次回どんな犯罪者を誕生させてしまうのか注目したいです。今後も小池栄子さんの怪演に期待したいと思いました。

30代女性

平凡な主婦から殺人鬼になってしまい、回を重ねる毎にどんどん悪に染まっていく様子が見られると共に明智への侵食の度合いも強くなっており、惹かつつもマリアの犯す事件に理解が出来ず苦しむ明智に胸が痛くなりました。悪に引き寄せようとするマリアとマリアを救いたいと願う明智の二人の相反する感情が交わうことはないと思いますが、惹かれ合っているという共通の感情がある限り事件は続いていくと感じました。また、明智と一緒に行動をしている苺がマリア側に引き込まれそうになる明智を引き留めてくれる存在であると感じました。マリアもそれを感じ取ったのか4話で消えなければ殺すと苺にも今後危険が及ぶことを予測する発言をされていました。マリアに何を言われたのか問う明智に対して何も言わなかった苺の姿は、明智を守るための決断だと感じられ、明智、マリア、苺それぞの関わりに目が離せないと感じました。また、毎回言葉巧みに弱味につけこみ、新たな殺人鬼を生み出すマリアや殺人鬼となった犯罪者たちのマリアへの崇拝心に恐怖を感じました。崇拝心により増えていく殺人鬼と徐々に起こる事件が大きくなっていく様子に明智がどう立ち向かっていくのか期待が高まりました。次回の5話では、マリアの魔の手が子供にまで及んでいる姿があり、明智のマリアへの感情の変化が訪れるのでは?と感じ、明智の動向に注目していきたいです。

50代女性

毎回、おいしそうな料理を苺とメイが食べている姿が印象的です、メイの食べっぷりが気持ちいい感じがします。明智が、主婦から浮気調査依頼うけ、その主婦に本当の自分を解き放つべきだと言った事が引き金になり夫を殺してたけど、考えられない行動だと思いました。また、その言葉でマグダラのマリアとなり、数々の殺人の手助けするようになったことも驚きでした。明智の事が好きになったのか、苺が拉致されたときは、明智の目の前で殺すと脅してみたりする姿が精神的におかしくなっているよう思えます。今まで、殺人計画をし、犯行の手伝いをしているが、計画が緻密なのか誰も罪に問われていないことから、マリアの言いなりになって、死体遺棄の手伝いをしているマリアファミリーにも理解出来ないところがあります。前回、姑から毎週宅配便で手作り料理がとどくキッチンハラスメント似合っていた主婦が、妻のストレスに気付かず無関心の末、暴力を振るう夫を殺してしまったけど、遺体を解体して高級マンションに設置してある24時間ゴミ処理の投降すると遺体は粉砕され臭いしないというショッキングなストーリーでしたが、犯行が見つかってしまい、主婦がその24時間ゴミ処理に自ら飛び込んでしまった時は衝撃を受けました。