恋んトス シーズン10の無料動画をフル視聴する方法【最終回まで】

恋んトス シーズン10の見逃し動画を無料視聴する方法

「恋んトス シーズン10」

動画配信サービス「Paravi」

フル動画を配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>
 
・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題
・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信
・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も
・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる
 
<Paraviユーザーの声>

20代女性

下町ロケットが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、恋んトス シーズン10などのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

恋んトス シーズン10の見逃し動画まとめ

■フル動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画> 最終回(第16話)
 
TVerでは配信されていません
 
最終回(第16話)のネタバレはここをクリック
カケルがこづけんに協力
カケルがふられた直後。こづけんを呼び出します。

 

カケル「何やってんの?」

こづけん「内緒」

カケル「絶対お腹痛いの嘘やろ?」

こづけん「見てるねー」

カケル「1人でできんの?」

こづけん「正直時間が足りない」

カケル「手伝ってやろうか?」

 

 

こうしてカケルがこづけんのキャンドル作りを手伝ってくれることに!

 

バケツに入れた水が凍り始めているので、真ん中を少しくり抜きキャンドルを入れる穴を作ります。こうしてできた氷のキャンドルを手で外に運び出し並べます。

 
 
ビアンカと蓮の結末
そして残る5人は雪まつりに。

かんたが星南を誘いツーショットに。

 

蓮とビアンカと茜子が3人で回っていましたが、途中で蓮が「ビアンカ借りていい?」と言ってビアンカを誘います。

茜子は「いいよ!行ってきな!」と明るく言いましたが、これは辛い…。

 

 

蓮には確認しておきたいことがありました。

蓮「俺は今までビアンカに気持ちを伝えてきたけど、ビアンカが俺に言う言葉が、何か濁しているように思えた。自分の中では、ビアンカが誰が好きでも、俺に興味がなくても気持ちは変わらないって決めてたし、全然気持ちは変わらなかったから、好きやったの。でも、ビアンカの考えてることがわからなくて、どう思ってるのかが聞きたい」

ビアンカ「男性メンバーの中で蓮が1番話しやすいし楽しいし、青春みたいな無邪気になれる高校時代みたいな感じ。やけど、ずっと茜子と蓮がいろいろあったやんか?私は自分の中で、蓮を男友達としか見れないかなと。みんなに平等なのはすごくいいことで、蓮は誰にでも優しいから。これはいつ伝えようか悩んだ」

 

なんとビアンカが蓮の気持ちを断りました…!

えー!これは意外!

 

蓮「ずっとモヤモヤしてたから、気持ちが聞けてよかった。でもマジで好きだった。それは嘘じゃない。カフェで言ったことも、スノボの時に言ったことも。好きだった」

 

 

うわー。でも蓮が今までやってきたことの結果ですよね。これは仕方がないのかなあ…。

ビアンカも多分蓮に対してドキドキしているのが本当だったと思うし、好きになろうと試みてみたのかもしれないけど、やっぱり蓮と茜子を見てきた記憶が消えなかったのかもしれませんね。

 
 
かんたの答え
星南とかんたは2人でお祭りを回り、とても楽しそうで良い雰囲気。

 

そして、ついにかんたが自分の気持ちに答えが出たようです。

 

かんた「星南のことをすごくいいなと思ってる自分がいる。ただ…」

 

また来た!「ただ」!!

 

かんた「まだ100%好きって言うはっきりした気持ちって言うものは見えていない。ごめん。

これが今の素直な気持ちで、本当に昨日からたくさん考えたこれが今の俺の気持ちだから」

 

うそでしょーー!じゃあ今までの行動は何だったんだよ!!

結果的にはふられたことになってしまいましたが、その時に全然涙が出ないことを星南は不思議に思いました。

カケルに手紙を読んだときには、あんなに大号泣していたのに。

 

 

星南「こんなこと言ったらだめだと思うけど、かんたにふられた時“カケルに飛びつきたい“と思っちゃった。

今日1日ずっとカケルがいなくて、何やってるんだろう?って気になったし、今日も楽しかったけど、カケルといたほうが楽しいって思っちゃった。でももう、終わったことはしょうがないかなって。

カケルが泣きたかっただろうに、私があんなに泣いてしまって。後悔っていうか、これが正解だったのかな?って。

あんなに今までの人生で、病気のことに対して考えてくれる人は初めてだったのに。カケルのことを考えると涙が止まらなくて。自分は降ってしまって本当に正解だったのかなって…」

 

このかんたの答えにはりゅうちぇるご立腹!!

りゅうちぇる「かんたは100%好きとかにすごいこだわってたけど、明日帰るんですよ!?男は決めるときに決めなきゃいけない!”好き100%”とかそういう話してんじゃねぇ!」

 

そーだそーだ!あれ何なの!?しつこく言っていた”100%好き”って!?

期間限定で旅してるのわかってるのに、100%にならないと付き合えないのなら、なんであんなに星南にグイグイ行ったんだろう!?めちゃくちゃ弄んでんじゃん!蓮といいかんたといい、やっぱりイケメンは信用ならない!

 
 
こづけんのサプライズに茜子の答えは?
作業を続けること7時間。ついに300個のアイスキャンドルが完成しました!

カケル「がんばれよ!」

去っていくカケルに

こづけん「カケルー!ありがとうーー!」

 

男の友情。青春だな…。めっちゃ泣ける…。

 

 

そしてこづけんは茜子呼び出します。

「キャンドルが好きだ」と言っていた茜子のために、ずっとこれを作っていたこと。カケルも手伝ってくれたこと話します。

 

 

茜子「こんなにも嬉しいのって言うくらい嬉しい。すごく幸せ、今。」

こづけん「今回はちゃんと返事を聞きたいです。茜子のかわいいところ、ちょっとわがままなところも、大好きです。僕のはじめての彼女になってくれませんか?」

茜子「今までこんなにも感動して幸せだなと思うサプライズってなかった。それが初めて会ったときには“だいじょぶかなこの子?“って心配だった子が、最後にこんなにも私のために頑張ってくれたと言うことがすごく嬉しくて感動しました。

こづけんとはずっと部屋も一緒でいろいろ助けてもらって、”この旅で誰が出てくる?”って聞かれたらぱっと”こづけん!”って出てくるくらいに、私にとってすごく大きな存在だった。

でも…、私は友達としてしか見れないなって思った。ごめんなさい。気持ちを伝えてくれてありがとう」

 

 

あ~~やっぱり駄目だったかぁ~~(><)

 

そして2人はハグをして握手をして、こづけんの恋は終りました。

 

 

こづけんにとって今回の共同生活は「人生で1番濃かった時間。変わりたいと思ってきたから、変われてよかった」

恋は実らなかったけど、こづけんにとっては本当に大切な時間を過ごせましたね!

 
 
大逆転劇!?
そして7人は、雪まつりを見に行きました。

 

蓮→ビアンカ 「男友達としてしか見られない」

星南→かんた 「100%の好きじゃない」

こづけん→茜子 「友達としてしか見られない」

 

 

こうして冬の恋物語は、1組のカップルを出すこともなく幕を閉じたのでした…。

 

 

その夜。星南が「蓮とビアンカ、1回、外に出てもらってもいい?」と言って、カケルと2人きりに。

 

 

星南「これは話すべきかどうか迷ったけど…。今日告白してくれたじゃん?あの場でお返事をNOと言いましたが、星南はカケルのことが好きです。」

 

と、突然カケルに告白!!

 

何が何だか、理解ができないカケル。

 

 

星南「今日1日かんたと過ごしていてても、カケルは今何してるんだろうって思ってたし、カケルを困らせてしまうのはわかっているけど、悔いを残したくないから今言った」

カケル「俺も結構必死やったから、しっかり伝えてきたつもりやったけど、それでも伝わらなかったんやなって、かんたを選んだから。一回、受け入れてしまったところもあるから。

忘れなきゃいけないって思ってたけど、やっぱり笑ってる顔見たらかわいいなと思ったり、でもそんなふうに思ったらいけないんやろうなって。

でも、そんなすぐに嫌いになれるもんじゃないし、…星南と一緒に帰りたい」

星南「帰りま~す♪」

カケル「おい!ふざけんなそのノリ!(笑)」

 

 

そしてカケルと星南がキス!ものすごい逆転劇!

 

 

翌朝、手をつないで出てきた星南とカケルに他メンバーはびっくり!

かんたは「複雑な思いもありつつ…祝福します」

うわー!これかんたどう思ってるんだろうなぁ?

 

そして、もう一度みんなの前でキスをして、共同生活は1組のカップルを出し終了となったのでした!

最終回(第16話)の感想はここをクリック
まさかの大逆転で、カケルを応援していた私としては嬉しいけど、星南が「かんたにふられたから戻ってきたんだよ」と言うふうに正直に話さなかったところがちょっと…う~ん?でしたかね。あの言い方だと「私がやっぱりカケルを選んだんだよ」って言うふうに聞こえる。

「かんたのほうに行こうとしたけど振られて、それで初めてカケルの大切さに気づいた」と言うのが本当の気持ちなのだから、そこを正直に話しても良かったのかなと思います。カケルだったら包容力あるからそれでも受け入れてくれたんじゃないかなって。

最後はちょっとしたたかだったかな!やっぱり星南は大人の女性だけあってやり手でしたね!

 

あの時の2人が付き合ったことを知ったかんたの顔、どういう心境だったんだろうと思うとちょっと笑っちゃいますけどね。でもかんたが思わせぶりな態度をして「100%好き」にこだわりすぎると言う謎の行動したからそういう結果を招いたのだし、何も言う権利はありませんよね。

だけどかんたがいたからこそ、星南のカケルへの気持ちが高まったから、良い働きをしてくれたんじゃないかなと思います!

 

そしてこづけんはやっぱりだめでしたね。茜子は気が強くて遊んでそうって思ってたけど、すごく一途なんですね。私が茜子だったらこづけんになびいていたし、星南のことちょっとずるいって言っちゃったけど、私でも同じように多分したと思う…。それぐらいやっぱ恋愛ってちょっとずるいくらいでもいいのかなと思います。

 

ビアンカが蓮を選ばなかった事については何も異論なし!って感じです(笑)

 

「あいのり」以来、久々に恋愛バラエティー番組と言うものを見て、本当にハマるなぁと思いました。昔はどんなに続きが気になっても1週間待たなきゃいけなかったけど、今って配信だからエンドレスでずっと見られちゃいますよね。自分に歯止めをかけるのがすごく大変でした!

<見逃し動画> 第15話
 
TVerでは配信されていません
 
第15話のネタバレはここをクリック
アルバイト最終日
今日は女子3人で作業。

話題は星南がカケルとかんたのどちらを選ぶか?と言う話に。

 

星南「正直1番話してて楽しいのはカケル。だけど楽しいのは友達っぽいって言うところもある。カケルとは一緒に生活していて悪いところとかも見えているけど、かんたの悪いところがわからない」

茜子「私はかんたと同じ部屋だけど、かんたの悪いところって今まで見えてない。裏はない人だと思う」

星南「それってすごいことだよね。悪いところがないって」

 

 

いやいやいやー、それはないと思う。悪いところがない人間なんてない。星南はかんたに興味が行っているけど、それってやっぱり「まだ知らないところが多い」からこそ「もっと知りたい」って思いであって、イコール「好き」ではないですよね。

それに一概に「悪いところ」って定義はなくて、やっぱり相性が合う合わないの話だと思うんだよなぁ。

 

 

男性チームは蓮とかんた。

蓮「かんたってボデータッチしないよな?」

かんた「付き合ってないのにベタベタするのはお互いに良くないと思うから」

 

 

ピシャリと言われて、何も言い返せない蓮…。

 

 

こづけんとカケルチーム。

カケル「こづけんはもうわかってるんじゃない?前の自分と今の自分の違いはわかってると思うから、男らしくなりたいって言ってたじゃん?男らしくも、こづけんらしくも、思いを伝える。この先どうなるとか考えないで、伝える」

かっこよくアドバイスをしながら

 

カケル「…て言ってる自分が、1番びびってる(笑)実はこづけんを見て勇気もらってる」

 

 

ここの関係いいなぁ。カケルがものすごく兄貴なんだけど、ちゃんとこづけんのこともリスペクトしてる感じがすごくいい!

かっこいいこと言った後に、ちょっと茶化す感じも、キザすぎなくていい!

 
 
こづけんのサプライズ計画
こづけんは、雪の美術館のマネージャーの尾崎さんに頼んで、施設を借りてアイスキャンドルを作りたいと頼みました。茜子が最近本当に凹んでいるので、元気付けてあげたいと思っているのです。

 

こづけんは「玄関の前にキャンドルを300個作りたい」と希望していますが、普通だったら2人で30個ぐらいしか作れないもの。「無理じゃない…?」と尾崎さんも失笑気味ですが、「ひとりで、中途半端にしないで完成させたい!」とこづけんの気持ちは固まっています。

 

実はこのこづけんのサプライズ企画は朝から決意していたことであり、体調不良の演技をしていました。

メンバーに気づかれないように、体調不良を理由に、夜まで作業をするのです。

 

 

バケツに水を入れ、マイナス15度の冷凍庫の中にひたすら並べていきます。

 
 
共同生活のMVP
夕飯を食べている時、かんたが「共同生活をしてきて、この人のここが良いところ」を発表しあおうと提案。

 

 

蓮→「星南はいろんな人から1番相談を受けている。俺もめっちゃ怒られたし、1番大人っぽい」

ビアンカ→「蓮。同じ部屋になったからこそマイナス部分も見えてくると思ったけど、今のところ一切それがない。朝、みんなのことを起こしたり、レディーファーストでドア開けてくれたり。若いのにすごいなと思った」

 

 

そんな中、星南は思い悩んでいました。

星南はカケルの人間性がすごく好きで、付き合うならカケルだと思っていました。

だけどかんたと一緒にいるときに女の顔になっている自分がいて、気持ちは固まりつつあります。

 

「手を繋いだりとか、アクションを起こさなきゃいけないなと思った」と決意を固めていました。

 

その時、星南とかんたは隣同士に座っていました。冷静な顔で話をしながら、実は下ではかんたの手を握っていた星南。

かんたはチラチラと握られた手を確認しながら、かなり照れています。

 

キャー!このみんながいるのに下でこっそり…ってやつ!

この前は蓮とビアンカもやっていたけど、こういうのが一番ドキドキしますよね!

 

 

ここで遅れてこづけんがやってきました。

こづけんにMVPメンバーは誰か聞いてみると、

 

「カケル。圧倒的にリーダー。ご飯の時にみんなに話を振ってくれて、テンションがあまりの時にも話を振ってくれた。みんなも気づいてたよね?そういうカケルの行動。

でもみんなMVPだよ!」

 

 

こづけんの中で共同生活の中で1番楽しかった思い出を聞いてみると、

「それは茜子との温泉旅行。ごめんね、ほんとに楽しかったの!」とみんなに謝るこづけん。

やっぱりこづけん、いつだってかわいいなぁ。

 
 
星南がかんたを誘う
帰り道、みんなの前で「かんたくん、この後お話ししてもいいですか?」と星南から誘いました!星南から男性を誘うのはこれが初めて!

 

そして隣で歩いている時にも「手つないでもいいですか?」と言って、星南から誘って手を繋ぎました。

 

 

そしてカフェに入り、2人で落ち着いて話をします。星南の中で答えが決まったので、それを話そうと思って誘ったのです。

「かんたは、ちょっと抜けてる部分もあって、そういうところも可愛いなと思うけど。尊敬できる部分もあって大人だなと思う。」

かんた「めちゃくちゃ嬉しい。星南は自分の夢に対して一生懸命なところがすごく素敵だなと思う。これは自分にはできてなくて、ほんとに真似したいと思ったのが、感謝の仕方。例えば運転してもらって降りるときとか、ご飯を食べてお店を出る時とかに最初にありがとうって伝えてるのが星南。当たり前の事かもしれないけど、当たり前にそれができていることが魅力的。」

星南「かんたの前で女の子になれるというか、照れちゃうというか、恋しているんだなぁと思った。まだ早いんじゃないかと思われるかもしれないけど、かんたとお付き合いをしたいなって思ってます」

 

 

となんと星南から告白!

そこまで気持ちが固まっていたとは…!やっぱり恋って安心感よりもドキドキ感が大切なんですねぇ…。

 

 

かんた「尊敬できる部分があるっていうのは自分の中ですごく重要なことで、ただ…」

 

 

え?「ただ」??

 

かんた「100%好きかどうかは自分でも本当にまだわかってなくて、だからここで好きとか簡単には言えない。明日1日、一緒に過ごして、もう一度話せる時間が欲しい。嘘つきたくないから。傷つけるのも嫌だし。」

 

 

えー!ここでおあずけ!?

かんたはボデータッチもしないって話だし、かなり堅物なのかな?

だけどここでああいう返答するのは、女の子に恥かかせちゃうし、どうなんだろうって思いますね。星南としてはかなりテンション下がったんじゃないかな?

 

 

あの場で答えられないことを、次の日に1日過ごしてちょっと話したくらいで気持ちが固まるとは思えないし、その1日がなんだか審査されているような気持ちになってしまう。なんかやだ~。

 

 

星南の告白はスタジオの男性陣にはかなり評判が良く、りゅうちぇる「初めて女の人の告白でキュンキュンした!」小関「わかる!かっこよかった!」と大絶賛。

 
 
かんたのおあずけに星南は?
その夜、スタッフの部屋に来た星南は、やっぱりテンションだだ下がり。

「きつい! yesかnoかその場で言って欲しい。返事を持ち越さないでほしい。私としてはふられた感覚。

カケルのことを思うときつい。告白をした人の言葉じゃないかもしれないけど、カケルのことも気になってる。…っていうのはおかしいけど、いいなと思っているのは事実だし、もうわかんない…」

 

 

うんうん、そうなりますよね。

カケルだったら、文句なしに自分を受け入れてくれるんじゃないかと思ったら、その決断間違ったんじゃないかなぁって思っちゃいますよね。

 

カケルは完全なワイルド肉食男子じゃないですか?

かんたは今までの行動もかなりの草食系男子でしたよね。

 

星南は多分自分にガツガツ来てくれる2人の男の取り合いを見ていて嬉しくなっちゃったんだと思う。だったらやっぱりライバルがいなくなった後もガツガツしてくれるのはカケルの方だと思うな!

 

かんたは手に入っちゃったら、全然ガツガツしてくれなそう。

今回、星南から誘ったり、手をつないだり、告白までされちゃったから、それで引いちゃったってことはないかな??

 

 

星南からかんたを誘ったのを見て、カケルは「終わった」と思いましたが、帰ってきた星南はうかない表情。どういうことなんだろう?とカケルも意味がわかりません。

 
 
カケルの告白
翌朝。

なぜかカケルは早朝の告白を決意!

MC陣からは「今じゃないよー!」と言う声が飛びますが、私は今だと思う!あやふやにされて不安になっている今だからこそ、押せ押せですよ!

かんたに、告白されて余裕こいて返事先延ばしにしたことを、後悔させてやりましょう!

 

 

星南が呼び出しの場所に後からやってきました。手袋をつけていない星南を気遣い、自分の手袋をすぐに貸してあげるカケル。

 

 

カケル「一緒の部屋でずっと過ごして、俺の悪いところとかも見えてきたと思うけど、俺は星南とずっと一緒にいたいと思ったし、守りたいと思った。だから、星南が好きです。めちゃくちゃ」

 

この「めちゃくちゃ」の時の照れた笑顔、めっちゃいいじゃん!

 

カケル「で、つ…付き合ってください」

星南「返事をする前に、カケルと話したい。最近全然話せてないなと思って、カケルへの想いを昨日手紙に書いたから、聞いてもらっていいですか?」

 

そうなんです!星南は昨日の夜、一人起きてカケルへの思いを手紙に書いていたのです!

 
 
手紙
「カケルへ

 

 

カケルと一緒にいると居心地が良くて

熟年夫婦なのかなって勘違いする時もありました。

カケルのまっすぐに気持ちを伝えてくれたところも、最年長っていうのもあってプレッシャーに感じていたことも、きっと周りに相談できなかったこともたくさんあったと思います。

その中でカケルはちゃんと周りを見て、こづけんや茜子に声をかけてあげたり、みんなで話している中で会話をリードしてくれたり、よくも悪くも本当にわかりやすくて、今怒ってるのかな?今照れているのかな?すぐにばれてしまうところも、カケルの人間味のある本当に素敵なところだなと思います。

同部屋になれて本当に毎日が楽しくて、一緒に生活することができて良かったと心の底から思います。

正直、最後の最後までたくさんたくさん悩みました。恋んトスで部屋が違ったら、どうなってたんだろうと考えたこともあったけど、カケルは素敵な魅力がたくさん詰まってて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

…カケルとお付き合いすることはできません」

 

 

手紙を読みながら泣いてしまう星南に「泣くなよ」と優しい笑顔でカケルは言います。

リモートで見ている小関も男泣き!

 

カケルは「星南の気持ちは感じていた。それもわかっていた上で伝えた。彼女的には付き合えないって気持ちが決まっているのに、手紙を書いてくれてた。そんなに思ってくれてたんだっていうのが…」

 

 

こうしてカケルの恋は終りました…。

第15話の感想はここをクリック
星南は潔くてかっこよかったけど、にこるんが言っていたように「潔癖すぎちゃったのかな」と言う感じですかね。もっとうまくしたたかに、カケルの気持ちもキープしておいて…みたいなやり方を、普通はどうしてもしたくなっちゃうものだけど。

 

だけど引き伸ばしてNOと言われる辛さが自分でわかるから、カケルにはそういう風にしてはいけないと思ったのでしょうね。

 

恋んトスは次回の最終回で終わりだけど、実際の恋だったら、これでもし星南がかんたに振られたら、カケルにワンチャンあると思いますけどね!

 

でも私の希望としては、星南はかんたの気持ちを聞く前にカケルに「ごめんなさい」をしたけど、かんたが1日考えた後に「イエス」の返事をしたとしても、星南には断って欲しい!「そうやって人の気持ちを中ぶらりんのままにするような人とは付き合えない!」て。かんたもただ誠実でいようとしただけなのかもしれないけど、やっぱり本当に人の気持ちを考えるなら、あのやり方はやってはいけなかったのかなと思います。

<見逃し動画> 第14話
 
TVerでは配信されていません
 
第14話のネタバレはここをクリック
ついに蓮がビアンカ1人に絞り、茜子との距離を取りました!それによって傷ついた茜子は、リタイアも考えるほど打ちのめされ…。

そしてかんたとカケルの間で揺れる星南。自分の気持ちにもう少しで答えが出そうです…。

 
 

指令メールで部屋割り変更
共同生活も残り1週間となりましたが、ここで部屋割りをもう一回シャッフル!

 

女神部屋→茜子、かんた、こづけん

天使部屋→ビアンカ、星南、カケル、蓮

 

 

なんと蓮だけが部屋を移動した形に。

 

ここまで部屋がシャッフルしないと言うのも逆にすごいですが、蓮だけが茜子のいる部屋からビアンカのいる部屋に移ると言うのも、運命的なものを感じますね。

 

荷物をまとめて部屋を出て行く蓮。

同棲していた彼氏が部屋を出ていくみたいな、誰もが経験したことのあるこの感じ…。気まず~~~!

 

 

ビアンカと同じ部屋になった蓮は、やっぱりイチャイチャが止まりません。朝早くビアンカのベッドのところに行き、甘えてハグ。キスしているようにも見えますが…?

 
 
こづけんのハグに茜子の気持ちなし
そして毎晩恒例のハグタイム。

こづけんは茜子を誘います。

 

こづけんは、掃除の時に茜子が苦しんでいたことを全然知らず、「まだわかんなくない?」と無責任な励まし方をしてしまったことを謝ります。

 

あとは「同じ部屋になれてうれしいです」と言う気持ちを伝えました。

 

 

そしてハグをしてから、茜子はものすごい速さで部屋を去っていきました。

ほんと、脈なし確定だなぁ…。

 
 
違う部屋のほうがチャンスあり?
そして今回の部屋割りに落ち込んでいるメンバーはかんた。

自分が星南と離れただけではなく、自分のいない間にカケルと星南が一緒にいることも不安です。

 

しかしカケルは全く反対のことを考えていました。

カケル「一旦部屋別れて、会っていない間に自分のことを考えてくれる時間を作りたかったのに、それをかんたにやられて、最悪です!」

 

 

確かに星南もかんたとは部屋が違うから、会ったときに「女の子になれる」と言っていたので、それは効果あるかもしれませんね。

 

 

 

この日、かんたと星南は2人で作業。

今までの恋愛を話し合う2人。

「1ヶ月記念日、2ヶ月記念日って毎月祝ってた」「電話をつなぎながら寝るのが日課だった」と2人で恋愛観に共感。

え…かなり重い2人だな…。

 
 
カケルの作戦
この日は雪像作り最終日。

蓮とビアンカは、相変わらず2人で楽しそうに作業。茜子は辛そうに1人で黙々と作業します。

そして作品「チューる」が完成しました!かなりきれいな作品になっています!

この作品は雪祭りで公開されます。

 

 

そして午後は雪の美術館でアルバイト。

この日、雪像作りの時も、アルバイト中も、カケルは星南と距離をとっています。

ずっと同じ部屋にいると会話も普通になってしまうし、ドキドキ感がなくなってしまう。だからあえて星南と話さないようにして、ドキドキ感を演出作戦なのです!

 

しかし星南は「カケルにちょっとイラっとしちゃって。急に目も合わせないし、話しかけているのに無視されてるような。なんで急にそういう感じなんだろうって」

 

カケルの作戦が裏目に出ている感じもしますが、カケルの変化に気付きモヤモヤしていると言う事は、ある意味効果があったと言う事でもありそうですが?

 
 
星南の気持ちが固まる
その頃かんたは、星南を呼び出し、2人でお揃いで買ったアロマキャンドルに火をともし、2人の時間を楽しんでいました。

「1番気になっている存在は星南。好きかどうかはまだわからない。それは正直に伝えたい。だけど気になっているっていうのは嘘じゃない。」と自分の気持ちを誠実に伝えます。

 

 

かんたが今の気持ちを星南に聞くと「正直固まってきている。かんたといると、ドキドキする。」

「そんな風には言えなかった。俺にはわかんなかった」と意外な星南の答えに、戸惑いながらも喜びを隠しきれないかんた。

 

うわ~~!かんたのほうに傾いちゃってますね!カケル、駆け引きなんてしてないでここは押しの一手だぞ!!

 
 
茜子とカケルは友情
茜子とカケルは2人で作業。茜子は「カケちゃんもストレス溜まってない?たまってるけど隠してる感じ?」と、自分と重ね合わせてカケルのジレンマを感じ取っているようです。

 

カケルは、自分は部屋が一緒で、かんたが「呼び出し」と言う技を使えると言うことに、「きつい」と思っていると話します。

 

カケル「でも自分の気持ちは変わらんから絶対。最後にちゃんと話して、“好きだよ“って言うくらいかな」

茜子「見守ります」

この2人の関係も、なかなかいいですね。

 
 
カケルの大逆転!?
その夜。同じ部屋にいたカケルが星南を呼び出します。

実はカケルは、雪の美術館で雪だるまのキーホルダーを買っていました。

それを星南にプレゼントします。

「全部の顔見て、星南っぽいやつにした」

 

ワイルドな顔して、めちゃめちゃかわいい雪だるまをプレゼントしてくれるのは、かなりギャップです!

 

そこで星南は、カケルが突然話してくれなくなったことについて聞きます。

カケルは「俺の気持ちはピアスを買った時に伝えたから、星南にも考える時間が必要かなと思って離れちゃったりしていた部分はある」と話ますが、星南はまだちょっと納得していない感じ。作戦だったということは白状しないんですね??

 

カケル「最初に星南に興味を持ったのは、病気の話を聞いたから。なんてポジティブな子なんだろうって。10万人に1人の病気なのに、すごいなって。自分は入院とかもしたことなくて、なんでこの子はこんなに強いんやろうって。毎日指に針刺して血糖値測ってるのとか見ても、“痛くないで!“とか言いながらめちゃくちゃ痛そうな顔して。もし一緒にいられるなら、何かしてあげたいなって思って。その時に守りたいって思った。笑ってる顔がいいなって思った。そっからもう止まらなくなっちゃった」

 

 

これは逆転あるんじゃないか~っ!?病気のことを受け入れてもらえるのって、すごく嬉しいと思う!

 

星南「病気のことを言うのは最初は凄く怖かったけど、こんな風に言ってくれる人がいるんやってすごく嬉しかった」

 

 

星南の中でかんたに心が決まっていましたが、カケルのストレートさと、自分の弱い部分を受け入れてくれると言う言葉に完全に心を持っていかれた感じでしたね!また気持ちが揺れてしまった星南。

この三角関係、本当に選びきれませんね!?

第14話の感想はここをクリック
最後のカケル、持っていきましたねー!病気のことを話し始めた瞬間に、星南は「待って、泣いちゃう…」と言っていたし、やっぱり相当日常生活で辛い事はあるんだと思います。恋愛をする上で確実にハンデだし、男性に知られたくないと言う思いもあった中、それを逆に「なんて強い子なんだろう」と自分の長所として捉えてくれていたなんて、こんなに嬉しいことってないですよね!

やっぱりカケルは大人だなぁと思います。

 

かんたにドキドキしちゃうっていうのもなんとなくわかるけど、かんたはこれといって今まで何かしたかな?顔がいいから雰囲気持ってかれてるだけじゃないかな?カケルの茜子への聞き上手とか、星南への想いのぶつけ方とか、スタジオの女性陣は「選べない」と言っていたけど、私はカケル一択かな!

<見逃し動画> 第13話
 
TVerでは配信されていません
 
第13話のネタバレはここをクリック
こづけんと茜子が旅館にお泊りデートとなり、その二人の距離感が縮まるというよりは、茜子を強制的に蓮から離したことで、蓮とビアンカの距離感が縮まりそうな感じですね!

しかし、そんな蓮は星南との一晩同じベッドで寝る権利をゲットしましたが…?

 
 
星南が蓮にガチ説教!
蓮と2人きりになった星南は、蓮にずっと聞きたかった事がありました。

初日に入ってきて、当然星南は蓮と茜子が付き合う直前の状態なのだと感じました。

しかし蓮が部屋に入ってきてビアンカを誘ったのを見て、「すごく中途半端なことをしている。ビアンカに気持ちがあるんだったら、茜子と距離を取る必要がある」とガチ説教。

 

 

蓮は「1つだけ言い訳させて欲しい。今日の釣りの帰り、みんなが前歩いてて、俺と茜子が後ろ歩いてて…」

雪で足場が悪く、茜子が歩きづらそうだったので、蓮が茜子の腰に手を回して支えていました。そしてみんなが歩くのが早くてどんどん距離が開き、2人がキャッキャしながらベタベタくっついていたのです。

 

蓮「みんなが置いてくから、俺が支えなあかんやん?手つなぐのは許して?」

しかしそんなわけのわからない言い訳を星南が許すはずもなく、

星南「でもビアンカがそれを見たら“変わらないんだなぁ“て思っちゃうよ。自分が変わらなきゃ、女の子を傷つけてしまうよ?入居してからずっと思ってた。ボディータッチとかの問題じゃない。度が過ぎちゃってる。みんなが傷つく。一緒に寝るのはやばいよ」

蓮「一緒に寝るのまずい?」

星南「まずいでしょ!オッケーだと思ってたの?逆に!?」

蓮「ごめんなさい。何も考えてなかった」

星南「逆にビアンカが、カケルの膝とかでゴロンとかしてたら見てられる?」

蓮「いやだね(即答)そういうことか!」

星南「当たり前だよ!もし明日何も行動できてなかったら、終わりだと思うよ」

 

 

星南よく言ってくれた!気が強くてちょっと苦手なタイプかなぁと思っていたけど、めっちゃ正論!

イケメンと2人きりになったからって、ここでカケルとかんたに続き、蓮も手に入れちゃおっかな~なんていうしたたかさもなく、気持ちよかったです!姉御!

 

 

蓮はあわよくば星南にもイチャイチャしようと考えていたかもしれないけど、とてもそんな雰囲気ではなく…。2人でベッドに入ってからも、星南の説教は止まらず(笑)

 
 毛布の中でこっそり手をつなぐ
翌朝、星南から長時間の説教された蓮は、改心したのか、ビアンカに優しくしています。

こづけんと茜子が帰ってきて、昨日の恋んトスで蓮と星南が1つのベットで寝たことを聞かされ、焦る茜子。

 

その時、隣に座って毛布をかぶっていた蓮とビアンカ。蓮が「手繋いでいい?」と小声で聞いて、実は毛布の下でこっそり手をつないでいたらしい!何かやることがプレイボーイなんだよなぁ…。

でも、こういうスリルあるドキドキ感は恋愛にはすっごく大切!絶対モテちゃうやつ!

 
 蓮は星南にもベタベタ触っていた
蓮に説教した星南は、素直に話を聞いてくれる姿勢に「ちゃんと話の通じる子だな。きっと変わってくれるんだろう」と期待して眠りにつきました。しかし朝方、蓮が彼女に触るみたいに、星南の顔を触ってきたり、体に手を回してきたりしていたのだそう…!

えーー!!

 

星南は「なんで私にそんなことしてくるの!?昨日あんなに怒ったのに!こいつだめだな!」と呆れ返っていました。

 

 

MC陣からは、もうこれは、「何か触っちゃう病気」なのではないか?」「女の子じゃなくて、ゴールデンレトリバーと思ってる」説も。

時々そういう男っていますが、結局モテるんですよね。

しかしりゅうちぇる「でも女子ってそういう人のこと1ヵ月後に超悪口言ってない?」

 

確かにこれも当たってます!(笑)

 
 茜子の涙
それでも星南に言われて行動を改善したのか、蓮は雪の美術館の清掃の間、ビアンカのそばを離れようとしません。

 

カケルと茜子とこづけんの3人で掃除をしますが、茜子の不機嫌な様子に、カケルは気遣いながらもドキドキハラハラ。

 

カケル「蓮はちょっとやり過ぎやなって思う。俺が茜子やったら死んでる。ずっと一緒にいたのに、急にいなくなるやん?」

 

でも茜子は、蓮がビアンカに気持ちが行っている事はわかっていました。こづけんとの旅行から帰ってきたときに、2人の距離が縮まっていることも確信していました。

 

茜子「だけどビアンカのことが好きだったなら、私にそういう態度を取らないで欲しかった」

カケルが優しい声で「うん、うん」と相槌を打つので、茜子の気持ちはどんどん溢れて、泣き出しながらも言葉が止まりません。

 

茜子「今まで辛い恋愛とかしてこなかったから、こんなに辛いなら恋なんてしなくてもいいって思う。だけどそれって逃げてるだけなのかなって。逃げちゃいけないと思って今まで頑張ってきたけど、目の前で見てたらもういいやってなっちゃう。」

隣にいて、何も言えないこづけん。

カケルがティッシュを取りに行った時に、こづけんは「まだ分かんなくない?」とフォローを入れますが、「見ればわかんじゃん!何がわかんないの?逆に。意味わかんない!」と茜子がこづけんに当たってしまいます。

 

 

茜子はもう「リタイアしたい」とまで思い詰めていました。

 
 かんたの作戦
かんたと2人で作業中の星南。

星南は、かんたが釣りの時に自分のそばから離れて向こうのグループに行ってしまったときに「どこに行ったのかな?」とちょっと寂しく感じたことを打ち明けます。するとそれはかんたの作戦だったことが発覚!

 

カケルとのスリーショットでは星南と素で話せないなと思ったので、まず自分が離れればカケルが「なになに?」と様子を見に来るかなと思ったのです。それから星南のところに戻れば、星南と2人きりになれるのでは?と言う作戦だったのです。

 

だけど結果、カケルは追ってこず、かんた自身が戻るタイミングを失ってしまって、カケルと星南を2人きりにしてしまったのです。

 
 それぞれのツーショット
その夜、また蓮がビアンカを誘います。2人で買い物をしてお揃いのキーホルダーを買って、とってもいい雰囲気。

ビアンカ「今日の行動を見て、変えようとしてくれているのかなと思ったからめっちゃ嬉しかった。言ってすぐに行動にうつせる男性ってなかなかいないから、今日1日でこんなに変えてくれるってすごくびっくりした」

 

 

一方こづけんは、落ち込む茜子を誘います。しかし何を言ったらいいのかわからなくて、話題は弾みません。

しかし雪道を歩くときに背中に手を回したり、こづけんの中ではすごく頑張っています!

 

 

しかし途中でビアンカと蓮のカップルとすれ違ってしまい、また茜子の表情が凍りつきます。

 

 

さらに、こちらは星南とカケルのペア。雪で転んでしまう星南を、「デートでいきなり転ばへんぞ?」と笑わせながらエスコートするカケル。

 

するとかんたが「星南借りてもいい?」と間に入ってきました。しかしカケルも簡単には離しません。

カケル「俺、何もまだやってへんぞ?あと10分だけいい?」と言ってかんたに待ってもらいます。

 

 

そしてアクセサリーショップで星南にピアスをプレゼントし、「正直言うと、星南しか見てない」と直球で気持ちを伝えます。

 

 

ここでもう一度かんたが来て、ペアチェンジ。

星南の好きなアロマキャンドルのお店に入り、お揃いのキャンドルを購入。

 

 

三角関係の中で、まだどちらに気持ちが行っているのか絞りきれていない星南ですが、今回の2人とのツーショットで、少し自分の気持ちが見えはじめたようです。

 

 

星南「カケルはダントツで一緒にいて楽しくて、安心感もある。かんたは部屋も違くて、一緒にいると女の子になれる。

結婚とかリアルのことを考えると、カケルみたいな人がいい。ただ結婚とか将来的なことを考えずに付き合うってなったら、かんた。」

第13話の感想はここをクリック
星南の言ってること、なんとなくわかるなぁ。客観的に見たら、カケルの方がお似合いな感じがします。だけどかんたはイケメンだし若いし、おしゃれな恋愛できそうかなって言う感じがする。

でもそれって目新しさでドキドキしているだけで、長続きするのはやっぱりカケルじゃないかなぁと思います。

 

2人の間でフラフラして、蓮に説教したことがそのまま自分に返ってこないといいですけどね!

 

そして蓮の急激な態度の変化に、茜子辛い立場ですね。カケルとこづけんを前に、涙を流しながら正直な気持ちを語った茜子。そういう女の子の本音を引き出してくれるのは、やっぱりカケルの安心感かなと思います。こづけん相手だと、あそこまで茜子は赤裸々に話せなかったんじゃないかな?

 

カケルの気持ちが茜子に向いていれば、そのまま茜子がカケルに甘える形で心変わりと言うのもあり得なくは無いのかなあと思いますが。

茜子のメンタルがずたぼろの今、こづけんにとってはチャンスですが、やっぱりこづけんはそこの押しが甘いですね。もうちょっと上手に元気付けられたら、こづけんにもチャンスはあるのかなあと思いました。

<見逃し動画> 第12話
 
TVerでは配信されていません
 
第12話のネタバレはここをクリック
リモートMCが続いていますが、この前サバンナ高橋がみんなにリモート飲み会を提案したそう。しかしみんなに断られ、結局小関裕太さんと2人で飲んで、小関裕太さんのピアノとサバンナ高橋さんのギターでセッションしたそうですよ。

仲いいですね!

 
 

釣り
この日は釣り。

星南をめぐるカケルとかんた。この3人が同じグループに。

釣りが趣味のカケルが偉そうに語りますが、かんたがまずはゲット!そして星南もゲット!

 

釣り名人のかんたが、ビアンカたちのグループにも指導に来てくれます。

その間に2人きりになったカケルとせ星南。

 

話題は昨日の夜、カケルが星南に覆いかぶさるようにして抱き着いたときの話に。

 

星南「ハグしてきてくれたじゃん?あれはどういう気持ちだったの?」

カケル「一緒にいて面白かったから、抱きついた」

星南「誰でもよかったわけじゃなく?」

 

やっぱりそこが気になりますよね。体から行っちゃうと、そこ疑われるから!

 

カケル「そんな人に見える、俺?星南にしか抱きつかんよ」

星南「びっくりした。えっ!てなった。でも、嬉しかった…かな?」

 
 
温泉お泊りするカップルは!?
部屋に帰ってから、指令メール。

 

「表を出した男女1組は温泉旅館にお泊まり」

 

女性メンバー→茜子

男性メンバー→こづけんと蓮!

 

 

なんと茜子に思い寄せるこづけんと、茜子が思いを寄せる蓮の一騎打ち!

セカンドコイントスでは蓮が裏。明らかに残念そうな茜子…。

 

 

そしてこづけんが表を出した!

 
 
初めてのお泊りと混浴
2人がやってきたのは天人峡温泉。

 

こづけんは人生初のお泊まりデート!

 

客室露天風呂も付いていて、ちょっと狭めの部屋にぴったりとくっつけて敷かれた二組の布団。

 

 

茜子は楽しそうにはしゃいでくれますが、「本当は蓮のほうがいいんだろうなぁ」と言う思いがあるので、こづけんは「しんどいです…」と複雑な心境。

 

 

そしてお部屋についている温泉では、なんと混浴…!

こづけんには刺激が強すぎ…!

 

こづけん「男子と一緒にお風呂入った事ある?」

茜子「あるよ」

こづけん「マジか!」

茜子「ないの?」

こづけん「ないよ」

 

こづけんが緊張しているのを知っていながら、無邪気にちょっかいを出す茜子、小悪魔ですね~。

 
 
蓮を信じきれないビアンカ
その頃、石像作りをしていた残るメンバーたち。蓮がビアンカを誘い、2人で話をします。

 

ビアンカ「なんか茜子と今まで通りやな?」

自分に気持ちを伝えた後も、茜子との距離感が変わらないことに、不安を覚えていました。

 

蓮「あいつ、俺のベット使ってるもん。俺は床で寝てる」

ビアンカ「一緒に寝てるって聞いたで?」

蓮「俺は床。一緒に寝てたらやばいやろ、今。ビアンカに決めてるのに」

ビアンカ「カフェで言ってくれたこと嬉しかったけど、言ってることとやってることが違うから、ほんまなんかな?って思っちゃう」

蓮「おっしゃる通りです…。すいません」

 

本当におっしゃる通りだよ!!蓮!!

ビアンカも、よくここまで耐えてるな~。

 
 
蓮と星南が同じベッドで
残されたメンバーに、指令メール。

 

「男女1組は同じベッドで一夜を過ごす」

 

選ばれたのは、蓮と星南。

 

蓮と星南が部屋に2人きりになり、他の3人は別の部屋に。

この結果に危機感を覚えていたのはカケル!

カケル「あのプレイお猿(蓮)が。何か1つハプニングが起きたら、何かドラマが始まっちゃいそう」

 

 

部屋に残されたカケルとかんたは、2人とも星南のことが気になっています。

「結構ベッド狭いよ?密着しないと落ちるよ?」

 

 

その頃、蓮は「気になってる人いる?」と星南に直球で質問。

「カケル? カケルかかんたでしょう?」すると星南は「両方。まだわかんない。もうちょっと時間が必要」

そうか、カケルとキスしていたように見えたけど、かんたとカケルが今同じくらいなのか…?

 
 
こづけんの好感度またまた上がる!
そしてこちらもぶっちゃけトーク。

 

旅館でこづけんと茜子。

残っているメンバーから送られてきた写真を見ていたら、蓮がビアンカに「アーン」をしている写真。茜子を気遣って「チラっ」と様子を見るこづけん。茜子は「大丈夫大丈夫!」と強がっていますが、やっぱり気まずい感じ。

 

そしてこづけんが「今回、本当は蓮と来たかったでしょう?茜子の気持ちがわかってるから、自分は裏でよかったかなと思った」と正直な気持ちを話し始めます。

 

すると茜子は「私もこづけんと同じ。蓮の矢印が私に向いていない事はわかってる。ビアンカが好きだから」

こづけん「蓮の気持ちを聞いたの?」

茜子「私に対してやっている事は、“妹として“みたいな感じだって思ってるから」

こづけん「自分からしたら、茜子の気持ちが“好き“と言う気持ちでやってるんじゃなかったら、おかしい。妹みたいって言う風には見えない。それは絶対ないと思う。蓮も茜子からの気持ちを感じたりするじゃん?それなのに、そういうことをするほど、ひどい人じゃない。」

 

 

ここで蓮のやってることを「ひどい」と言わずに、「そんなひどいことするような人じゃないよ」って言えるこづけん、本当にいい人!

 

だって客観的に見て蓮のやっていることがおかしいし、自分の恋のライバルなんだからそのことを指摘して茜子の気持ちを蓮から離すと言うこともできたはず。

だけどこづけんは、絶対に人のことを悪く言わないですよね。

 

 

そして茜子と一緒の時間を過ごしたこづけんは

「すごく複雑な気持ちもあるけど、今回わかったことがあった。自分といてもすごく楽しそうな表情を見せてくれるんだって言うこと。蓮と一緒にいるときのテンションを、自分にもしてくれる。今までは“蓮と一緒にいたいんだろうな、自分なんて“と思ってしまっていたけど、これからはもうちょっと誘ったり、一緒の時間を過ごさせていただいてもいいのかなって…」

 

そして今夜のハグタイムも、もちろん茜子!

ハグを終え、2人は就寝しました…。

第12話の感想はここをクリック
今回もまた、こづけんの好感度が上がりましたね~!りゅうちぇるは「こづけん、恋愛を進めないで何してるんだよ!って今まで思ってたけど、実は言ってることが1番男らしい。どんと構えて待っていられる。男として勉強になる」小関も「わかる!ちょっとは茜子の気持ちがこづけんに行くんじゃないか?」と男たちから大絶賛!

 

しかし神部は「私はないと思います!」ときっぱり。にこるんも厳しい表情でした。

 

確かにせっかく2人きりの温泉お泊まり旅行で、茜子の恋愛相談聞いちゃって、「友達としかしてしか見られない」の枠をやっぱり超えられてないじゃん!とも思いますが、本当に人として尊敬できる。そういう男の良さに気づける女性もいるんじゃないかなと私は思います。

 

ドキドキ感は足りないけど、完全に安心感。彼氏よりも結婚に向いてるタイプですよね。もうちょっと年齢が行ったら急にモテ出すタイプかもしれません。

 

しかもこづけん顔がいいですね。もともと山Pにちょっと似てるなと思っていましたが、声とか話し方とかも山Pに思えてきた!

なんでこれで全然モテないのか、逆に不思議です。

<見逃し動画> 第11話
 
TVerでは配信されていません
 
第11話のネタバレはここをクリック
新メンバー合流で7人のバランスが崩れる…!
 
女子同士のバチバチに男たちが凍り付く…!?
 
 
ガールズトークで悪口
新メンバーの合流にモヤモヤが溜まっている茜子が、「女子トークしよう」とビアンカを誘います。

茜子「星南はかなりやり手!喋ろうとしないで男メンバーとばっかり喋ろうとしてる!友情なんて欲しくないって言うタイプでしょ?」

 

いや、それはあなたもですよね…?

 

ビアンカ「私の歳を知ってるから、上から来てる感じ。あざといっていうか怖いタイプ。」

 

ビアンカも茜子も最初、ちぃに配慮なかったけどなぁ…?

 

 

「前の7人はすごくよかった!裏表とかなかった」

と失ったものが急によく見えてきてしまう現象。

 

新しい人が入ってきて、特に3人と言う奇数になると、もともといた女子2人の絆が強固になると言うのはすごくありがちですよね。

 

そこへ星南が入ってきて、ビアンカと茜子は黙り込んでしまいます。

雰囲気悪~~っ!

 
 
歓迎会でバチバチ!
その夜は新メンバーの歓迎会で飲みに行きます。

 

トークテーマはまたまた「気になっている異性にする行動」

 

かんた「お昼に遊ぶ」(夜に遊ぶとその後のことを考えてると思われちゃうから、お昼に遊んで本気度アピール)

星南「喋りたいなと思う」

 

 

この会話の間、ビアンカがトイレに行って戻ってこないので、茜子が無言で様子を見に行きます。そんな場の雰囲気の悪さを感じていたカケルは頭をかかえます。

 

 

そしてそのことに星南も気づいており、「私も心配だけど、ここで私が言ったら絶対ヒートアップしちゃうと思うんだよね。いいんだよ!悩みたい人は悩めばいいし、イライラしたい人はイライラしてればいいし。せっかく楽しい場なのになんで乱すんだろうと思った」

 

めっちゃ気強~~…。

 

ようやくビアンカと茜子が戻ってきて、席替えをして仕切り直し。すると星南が「言いたいことがあるなら言って欲しい」と核心に迫ります。何も言葉が出ない男子たち…。

 

こういう時、男ってほんと何もできないですよね…(笑)

 

 

茜子「私が星南の立場だったら、JALとって逃げ出してると思う。私はすぐに逃げちゃうタイプだから、星南は強いと思う。星南だけ今省いちゃってるみたいな感じになってるけど、ウェルカムしてないって事は無い。」

星南「恋愛しに来てるから、茜子が誰かのことを気になってるから身を引こうとは思わない。でも一生懸命馴染みたいと思って話してる」

 
 
ビアンカと星南が和解
この時は何も言葉を発さないでいたビアンカですが、部屋に帰ってからも星南の怒りは収まらず

「女子2人で抜けて、私のこと言ってるのかなと思っちゃう。言いたいことがあるなら直接言って欲しい」

とビアンカに迫ります。

 

これに対してビアンカは「最初に私と茜子が話してる時に、私たちは2人ともワーワーうるさいタイプだから“テンション若けぇ~“って言われたのが、正直話が合わないかなって思った。でも星南は大人っぽいタイプで、正直かなわないなと思った部分があったから、正直うらやましいとか焦っていたんだと思う。2人で固まってたのかなと、冷静になって思った。」

 

このビアンカの下手な態度に星南も反省して「私も強く言っちゃって勝手だったなと思う。仲良くしていきたいなと思う」

と一応ここの2人の間では話し合いがなされました。

 
 
蓮がビアンカに気持ちを伝える
次の夜、蓮が動きました。突然ビアンカの部屋にやってきて、「外行こう!」とビアンカを外に連れ出します。

 

ビアンカ「カケルの気持ちが断然4人の中で1番読めない。こづけんと蓮は気になっている人がいるのはわかるし…」

蓮「ほんまに?あぁ、(ビアンカが気になってるって)言ったか。ん?誰だと思ってる?」

ビアンカ「こづけんと蓮は一緒」

 

自分が茜子が気になっていると勘違いされていることに気づいた蓮。

 

蓮「俺は茜子じゃない」

ビアンカ「それがわけわからん」

蓮「茜子はおったら楽しいし安心する。でもビアンカは、ドキドキする。」

 

この蓮の言葉に、ビアンカはやっぱりうれしそう。

 

ビアンカ「今喋ってて楽しいのは蓮」

 

ビアンカ「蓮の事、いろいろな女の子にこういうことやってるのかなと思って。だけどずっと見ているうちに男女問わずみんなにめっちゃ優しいから、計算じゃなくて素が優しいんだと思って。だからこそ茜子と一緒にいる機会がすごく多いから、2人は付き合うのかなと思って」

蓮「自分の中では固まってるから。ビアンカが他の男に興味が行っても、俺に興味がなくても、俺は決めてるから。覚悟しておいてほしい!」

 

 

蓮に思いを告げられたビアンカは、もう一度蓮のことが気になってしまったようです。

 

えぇ~~~!?なんで蓮に戻っちゃうの~~!?そんなにいいかなぁ!?

みんなに優しいのと、茜子とイチャイチャしているのは、全然違う気がするんですけど!?

 

スタジオでは蓮はやはり不人気。

小関「男のぶりっこだなと思います」

りゅうちぇる「くしゃって笑うやつね」

 

うんうんわかる!

ビアンカのベッドにピョーンと飛びついてきたとき、めっちゃぶりっ子~って思った!

 
 
カケルの恋
そしてついにカケルの恋が動き出します!その相手はなんと星南!

あれ!?カケルはビアンカのことが気になっていたはずなのに…!でも、動物園の時に完全にふられたと思ってるからなあ…。

 

そんな時、隣の部屋からかんたが星南を誘いにきました。

かんたは第一印象で星南が1番良いと感じていたと伝えます。

 

 

かんた「恋愛対象に入るか入らないかの基準があって、それは夢や目標がある人。」

星南は病気になってからやりたいことがたくさんあり、フルマラソンを走ったり、今年はトライアスロンもやりたいと考えているようです。

確かにこれは人生経験積んでいる女性のほうが強いですよね。かんたはさすが自営業だから、そういった野望を持っている人に魅力を感じるんですね。

 
 
カケルと星南がキス?
その夜、カケルが星南に攻めます。

ベッドじゃなくて、床で2人で毛布をかけて寝ていましたが、カケルが後ろから抱きつきます。

 

そして一度はトイレに立ったカケルですが、戻ってきて星南の上にまたがり、多分キスした…かな?

第11話の感想はここをクリック
さすが大人の2人!エロいですね!

ビアンカもあれ、実は起きてたんじゃないかな?でも、もう二人の雰囲気に入れないし、寝たふりするしかないですよね。茜子と蓮のカップルが、こっちの部屋にも誕生しちゃった感じですね!?

 

かんたも新メンバーなのに、いきなり星南に好意って早いですね!?星南、全然顔は可愛くないんだけど、なんでこんなにモテるんだろう?私が24歳で入って、他の女子メンバーが20歳と22歳だったら、「若さには勝てない」って気後れしちゃうけどなぁ。顔レベルも二人の方が上だし。

あの“大人の魅力“とやらの謎の自信はどこからくるんだろう?

<見逃し動画> 第10話
 
TVerでは配信されていません
 
第10話のネタバレはここをクリック
コイントスの指令により、マキジェイとちぃが脱落となってしまいました。
 
にこるんイチオシのマキジェイが何もできずに終わってしまったこと、こづけんとの仲を一番応援していたちぃが脱落となってしまったことが、非常に残念です!

 

さて、しかし今回は新メンバー合流ですよ~!ワクワクしますね!

 

 
 

ハグ券
5人になってしまって、ちょっと寂しい残されたメンバーたち。

ここで男性メンバーのみの指令メール。

今までマキジェイが持っていた毎晩ハグの権利を決めるコイントスです。

 

ゲットしたのはこづけん!

 

もちろん指名するのは茜子。しかもこづけんは女性にハグをするのが人生初!

 

 

目指すは“男らしいハグ”!

 

 

こづけん「今日の昼間話したこと覚えてる?残れたから、これから時間があるから、イメージが変わってくれるといいなと思ってます」

 

からのいきなりハグ!ちょっと2人の間に距離があったのに、いきなりハグしたから、茜子も「いきなりきた!?」と笑っちゃってましたが。

 

 

こづけんも「ハグっていうかタックル的な感じになっちゃった」と反省していましたが、可愛いすぎるよ、こづけん…!

でも、確かにこれは弟みたいに思われて恋愛対象になれないのがわかる気がするなぁ…。特に茜子みたいに恋愛に慣れてる子からしたら、「かっこわる!」とか思っちゃいそう。

 

ここから毎日ハグをして、ハグが上手になるといいですね!

 
 
雪像作り
お忘れかと思いますが、雪祭りの雪像作りと言う指令がありましたね!鶴2羽がキスをしている雪像を作ると言うアイデアを出していました。マキジェイとちぃはこの雪像作りに参加できなかったんだなぁ。切ない…。

 

 
 
新メンバー合流!
ここで女性新メンバーが合流します。

 

星南。24歳。モデル・MC 兼 会社員。

恋人いない歴10ヵ月。ミスインターナショナルのファイナリストにも選ばれたことがある大人系のお姉さま。

 

 

蓮は年上と付き合ったことがないので、「わかんない。怖いすね」

22歳のこづけんも「頼れる感じ。中身を早く知りたい」

カケル「迷走しそうですね。お酒好きそうな感じの顔してましたね」

 

 

星南の第一印象はカケル。「盛り上げてくれそう」

 

 

女性新メンバーの存在に、茜子は危機感を覚えていました。

「話聞き上手っぽいし、男性3人がみんな流れていっちゃいそう。蓮くんも好きそうだし。まだあざとい系の子が来てくれた方が良かった」

 

 
 
星南の病気
星南は18歳の時に1型糖尿病発症して、ずっと自分でインスリンを打っています。

1型糖尿病とは、生活習慣病から来る普通の糖尿病ではなく、膵臓が壊れてしまって自分の体でインスリンを出せなくなってしまう病気。お腹にずっと針を刺していて、食べた量に合わせて自分で調整してインスリンを出すと言う機械を体に取り付けています。

3日に1度、自分で針を変える時は少し痛みがあるそう。

 

特に男性には偏見をもたれるのが嫌であまり病気のことを話したくなく、恋愛に発展する機会が少なかったそう。

 

 

蓮は友達に1型糖尿病の人がいて、ちょっと病気に理解がありそうです。

 

 

そして話題は蓮の調香の話に。

「女性がつけている香水の名前とかわかるの?」と言う話から、星南がつけている手首の香水の香りをかぐ蓮。

カケルもテーブルの反対側から「ちょっと嗅がして」と言って嗅いでいましたが、この蓮の行動に星南は「近っ!と思って。誰にでもそういうことしちゃう人なのかなと思った」とかなり見る目が鋭い!

 

ここでドキッとして好きになっちゃわないところが、さすが大人かも!

 
 
好きな芸能人
好きな芸能人の話になると星南は「EXITの兼近」

チャラいのが好きなのかな?

でも「意外と真面目なのをテレビで知って好きになった」と言うことです。確かに兼近さんはチャラく作っているけど、すごく妹想いだったりとかギャップがありますよね。

 

 

ビアンカの好きな芸能人は成田凌。ということを、なぜかカケルが知っている。

 

 

こづけんは矢口真里。ちっちゃくてギャル系で元気な子が好きなのか?やっぱり茜子は見た目がタイプなのかな?

 
 
男性新メンバー合流!
その時、部屋のインターホンが鳴り、男性新メンバーがやってきました!

しかもイケメン!蓮を倒すほどのイケメンだぞ!

 

 

かんた。25歳。

PRの事業を個人でやっている。

モデルもこなす塩顔男子。

彼女いない歴8ヶ月。AB型。

 

 

好きなタイプは見た目は「たぬき顔。ノンノに出てきそうな目がくりっとしている人」。

 

見た目はビアンカが好みかな?

 

ビアンカからの質問は「服はどこで買ってますか?」かんた。「古着」

ビアンカはカケルとも最初古着の話で盛り上がってましたね。

 

 

男性新メンバーに闘志を燃やすのはカケル!

「もう盛り上げ役とかいいかな。みんなに話題振ってあげるとかっていうのではなく、どんどん行こうかなと思います」

 
 
部屋割り
さて新メンバーが入ったことで、部屋割りを決めなおします。

 

女神部屋→茜子、蓮、こづけん、かんた

天使部屋→ カケル、ビアンカ、星南

 

あれあれ?

今までの部屋に新メンバーが入っただけと言う、あまり変わり映えのない部屋割りになりました。

 
 
カケルと星南が意気投合
26歳のカケルと24歳の星南は、周りの結婚ラッシュについて、話が盛り上がります。

そんな2人の会話に入れないで1人スマホをいじるビアンカ。

 

最初にちぃが言っていた気持ちがよくわかったようです。

「話題に入れない。居場所がない感じがした。星南とバチりそう…」

 
 
新メンバーの選考基準は?
にこるんは新メンバーに関してもオーディションの時から知っていますが、星南はあれでけっこうグイグイいくタイプ。

かんたは蓮と同じくらいビジュアル担当で、“顔だけ枠“と言うことです。

 

 

しかしマキジェイの件で、にこるんプロデューサーの信頼度はゼロ!

第10話の感想はここをクリック
最初のカケルとビアンカの会話の時も思ったけど、話が盛り上がったときに「ね!?」ともう1人のメンバーに同意を求めたりしないものかなぁ?私だったら絶対するけどな。やっぱりみんな恋愛をしに来てるから、異性のメンバーにしか興味がないのかな?だけどちゃんと同性にも気を使えるかどうかって、恋愛対象として見るときに必要な要素ですけどね。

 

ビアンカもおっとりしていそうで、新メンバーの女性に対してけっこう敵視してましたね。

星南はまだ全然わからないけど、にこるん曰く「グイグイいくタイプ」と言うことなので、女性メンバーとバチバチあるかもしれませんね。

 

そしてイケメンのかんた!かんたは蓮のような遊び人じゃないといいなぁ。蓮の1人イケメン状態を崩してボコボコにしてやって欲しい!

<見逃し動画> 第9話
 
TVerでは配信されていません
 
第9話のネタバレはここをクリック
ちぃがこづけんにしっかりと気持ちを伝えましたが、こづけんの茜子への気持ちは変わらず…。
 
さて、運命のコイントスで脱落メンバーがついに決定します…!
 
 
こづけんが茜子を誘う!
カケルに背中を押されたこづけんは、ついに茜子に気持ちを伝えることを決意!

茜子を外に呼び出します。

 

そして「茜子のことを好きになってた」と気持ちを伝えます。しかし蓮との関係が良くなっていることにももちろん気づいていて、「応援したい気持ちもあり、茜子が幸せにそうにしてるのを見ていて嬉しかった」と伝えました。

 

「伝えないで脱落するのはやだなと思った。茜子は何も言わなくていい。ただ自分が伝えたかっただけだから」

 

 

こづけんの思いを知った茜子は、「本当にびっくりした!ちぃのことが好きだと思ってた。だけど自分が蓮君のことが気になっているというのがあるから、異性として意識はするけど、好きになるというのはまだわからない」

 

やっぱりこづけんは完全に脈なしって感じですね。今後の巻き返しも、にこるんや神部など女性メンバーは「ない!」と言い切っています。

 

 

茜子も蓮にあれだけ言われて、ダメな男だってわかってるのに、それでも蓮のことが諦められないんですね。

 

 

 
 
脱落メンバー
ついに運命のコイントスの時間。

 

 

脱落したのは…

 

マキジェイとちぃ。

 

 

ちぃは思わず涙してしまいます。

 

スタッフからは容赦なく「脱落したメンバーは部屋に戻って荷物の片付けをしてください」と言う指令が。

 

 

脱落が決まったちぃは

 

「もっとストレートに自分の気持ちを伝えなきゃいけなかったかな。どうしてこづけんのことがいいと思ったのか、そういう話も1度もしたことがなかったから、もっとちゃんと伝えたかった。」

 

なかなか自分の気持ちをストレートに表現できなかったことに、心残りがあったようです。

 

 

そして、別れの時。

メンバーそれぞれから、脱落する二人に言葉をかけます。

 

蓮「マキジェイとは1番喋ってたから寂しい。でも悲しいお別れは嫌やから、笑ってバイバイしよう」

茜子「多分マキジェイには私のことで1番辛い思いさせちゃって、申し訳ないと思ってるんだけど、ずっと優しくしてくれて、本当にマキジェイと一緒に居られた時間はすごく幸せだった。ありがとう」

 

マキジェイから茜子へ「第一印象そのままだった。明るくて可愛くて、自分にぴったりだなって思った。同じ部屋だったからいろいろ見える部分があったり、正直悩みもたくさんあったけど、茜子との時間を一緒の部屋で共有できたので良い経験ができた」

 

カケル「ちぃには第一印象、自分はあまりよく思われてないのかなって思ったけど、だんだんしゃべってくれるようになったし、最後まで一緒にいたかったな」

ビアンカ「ガールズトークしてる時も、どっちかって言うと茜子と私が似たような感じで”ワー!”って感じだったから、真ん中にいる人がちぃみたいな感じで、軸がちぃでガールズトークが成り立ってたと思う」

 

茜子「誰にも言ってないことでも、ちぃには言えたこととかがあった」

 

 

そしてちぃからこづけんに。

「こづけんは最初から自分の短所を言ってたと思うんだけど、そういうことをみんなに言えるっていうのが凄いと思ったし、それをネガティブにならずに前向きにやっていこうと思ってるところが自分と違ってすごいなと思った。尊敬できるし、そういう人なら恋愛対象として見れると思ってた。気になってるアピールをしていたのが伝わってたのかわからないけど、こづけんのおかげで自分の恋愛観も変えられるような気がした。もっと話はいっぱいしたかったけど、できなかったのが心残り」

 

こづけんからちぃに。

「たくさん褒めてくれてありがとう。いろんな部分を見ようとしてくれてありがとう。話がつまらなくても、話題を見つけて話そうとしてくれてありがとう。いっぱい優しくしてくれてありがとう。ちぃのおかげで自分に少し自信が持てるようになりました。

ちぃは自分に自信がないって言ってたけど、酔っぱらったところとか、ボーリングの座り投げとか、毒舌のところとかもすごく良いから。自信を持って。似たもの同士だから、頑張ろう」

 
 
無念のマキジェイ
別れの30分前。

「何もできなかった」とスタッフの部屋でぼやくマキジェイ。

 

「にこるんがマキジェイ推しでした」と伝えると、「すごく申し訳ない気持ちです。期待に答えられなかった…」と本当に残念がっていました。

確かに、マキジェイのせいでにこるんのプロデューサーとしての目に対する信頼もダダ下がりですもんね…。

第9話の感想はここをクリック
最後まで恋愛には全く絡まなかったマキジェイ。しかし、随所でちゃんと笑いをお届けしてくれていましたよ!

最初からコインの運だけは持っていたのに、最後は表がひけないと言うところもまたマキジェイらしかったですね。だけど、最初のハグのコインを引かなかったら、マキジェイの女子からの評価もこんなに落ちなかったかもしれないと思うと、第一印象って覆すのはすっごく難しいことなんだなぁと痛感…。

 

ちぃとこづけんは応援していたけど、実際にはちぃに矢印が向いている男性メンバーはいなかったし、結果的には(言い方きついけど)いなくなっても影響のないメンバー2人が脱落となりました。

残されたメンバーの中では、ビアンカの気持ちがカケルに行くのかな?と思いますが、次回は新メンバーの合流です!新メンバーがどのような波乱を巻き起こしてくれるのか楽しみです!

<見逃し動画> 第8話
 
TVerでは配信されていません
 
第8話のネタバレはここをクリック
「1番気になっていない男性をハグする」と言う、男達を翻弄する恋んトスの指令。完全に勘違いしちゃってる蓮。
 
そして、脱落する男女1名ずつを選ぶと言う悪魔の指令が…!
 
 
ちぃがこづけんに気持ちを伝える!
写真のときのハグをこづけんがどう思ったのかが気になるちぃ。でもソフトすぎて「こづけんは何とも思ってないかも。写真写りのことばっかり気にしてたから」と気づいているもらえてないかも?と心配です。

 

夕飯の時、飲み物の買い出し班になったこづけん、ちぃ、マキジェイ。

2人になったこづけんとちぃは…。

 

ちぃ「写真撮るときさ、何か思わなかった?」

こづけん「思ったよ。手、回してくれた…よね?あれはどういう意味だったの?」

ちぃ「あれはね、気になる人にそうしたいなって思ったの」

こづけん「まじで!?狐塚なんかを!?なんで?なんで?」

 

 

するとマキジェイが現れ、会話がストップ…!

 

何とかマキジェイを振り切り、もう一度2人きりに。さっきの話の続きをしようとしますが、またまたマキジェイ現る…!

なんて間の悪い男!こづけんもちぃも笑ってしまいます(笑)

マキジェイ、完全にお笑いキャラに定着しちゃってるなぁ…。

 

 

それでも何とかちぃの気持ちがこづけんにしっかり伝わりました!

こづけんはちぃのことを「大切にしたい」と言っていました。

 
 
カケルを呼び出し
7人で食べる最後の夕飯。自然とビアンカの目から涙が。すると蓮がさっと涙を拭ってあげます。こういうことを自然とやれる男はモテるけど、いろんな人にやってるからなあ…。

 

 

あるメンバーから、カケルに呼び出しが。

女の子からの呼び出しだと思い、ドキドキしながら部屋に行ってみると、待っていたのはこづけん!

 

カケル「なんでお前なんだよ!俺のドキドキ返せよ!…なんて嘘嘘(笑)どうした?」

こづけんは、「野球部の先輩みたい」と兄貴のようにカケルのことをリスペクトして慕っていました。

 

こづけんの相談は「リタイアしようと思ってる」

カケルが「今好きな子いないの?」と聞いて、こづけんは「いる」と言います。

 

カケル「気になる人がいないならいいけど、いるならただまっすぐぶつかるだけやん。逃げんなよ」

 

そして初めて、こづけんが気になっているのは茜子だと言うことを聞かされます。「ポーカーフェイスやな!?」カケルも全然わからなかったようで、視聴者と同じ反応。

 

しかし茜子と蓮のイチャイチャをずっと見ていて、「応援したい。幸せになって欲しい」とこづけんは感じているのです。

 

カケル「気持ちはわかる。だけど、何しにきたん?恋んトスに。変わりたいから応募したんやろ?

確かに茜子と蓮はやり過ぎだと思う。でも俺が気づかなかったくらいだから、あの子も100パー気づいてないで?

“実は気になってた“と言う言葉って大きいと思う。そしてちぃが好意を寄せてくれていることに対して、冷たくできるような人間じゃないのもわかってる。

だけど好きな人にまっすぐにぶつかってみろ!」

 

こうしてこづけんのリタイアをカケルが反対。

 

これによってカケルの株が急上昇ですね!こんなに頼もしいお兄さんキャラだったなんて!最初すごく嫌いだったけど、人ってやっぱり付き合いが長くなると、印象が変わってくるもんですね。不思議だなぁ。

 
 
蓮の気持ち
翌朝。

美術館のアルバイト中に2人になった茜子と蓮。茜子は「自分が脱落となったときに、蓮の気持ちを聞けないまま終わるのは嫌だなと思ったから。蓮がどんな気持ちでああいうことをしてきたのかを聞きたいと思った」とズバリ聞きます。

 

ボーリングのときの深夜に、突然茜子が泣き出したことに対して蓮は「あれは心配でしかなかった。親みたいな感じ。ちぃやビアンカは、一緒にいて楽しいけど会話を探さなきゃなとか思っちゃうけど、茜子は一生”あっちむいてホイ”で喋っていられる。一緒にいて楽。思わせぶりやった?」。

 

と最後まで「好きだからやってたんじゃないよ」と思わせるような釈明でした。

第8話の感想はここをクリック
蓮の言い分は全くわかりませんね。親のような気持ちって、一緒のベッドで手つないで寝たり、ちゅーしたりする親がどこにいるんだ!

 

そしてこづけん、ちぃから気持ちを告白されたときにはすごくうれしそうだったから、速攻で心変わりあるかな?と思ったけど、一途な男なんですね。まぁそんなところもこづけんの誠実さが見えたかなぁと言う感じですが。

 

でもなんでそんなに茜子がいいんだろう?自分に自信のない男は、ああいう派手で自分に自信のある「私いい女でしょ?」系の女に憧れるものなのでしょうか?でも付き合ったら絶対尻にしかれて”言いなり君”になって、こづけんのかわいそうな未来が見えるけどなぁ…。

 

そしてカケル!ここへきて、かなり株上げてますね!最初は本当に視野の狭い単純男で、ただの盛り上げバカかと思ってたけど、意外と全体が見えてるのかなぁ?同性に相談される男っていいですよね!そういうところを女子メンバーもちゃんと見てあげてほしいな!蓮なんて、同性から全然人気なくないですか?

<見逃し動画> 第7話
 
TVerでは配信されていません
 
第7話のネタバレはここをクリック
なんと今回からは、コロナの影響でスタジオMC陣が個別に収録!サバンナ高橋、にこるん、りゅうちぇるは自宅からの撮影です。

 

前回、蓮と茜子が同じベッドで寝ると言う刺激的な展開になったにもかかわらず、蓮が「冷めた」発言。そのことから、ビアンカと茜子が、2人とも蓮からアプローチを受けていたことをぶっちゃけ!

このイケメン無双状態崩壊に三角関係のバランスが崩れるのか…!?
 
 
気にならない相手にハグ
今日は雪の美術館のアルバイトがお休みなので、みんなで旭山動物園にきました!

 

ここで女性メンバーにのみ指令メール

表→「1番気になる男性を後ろからハグする」

裏→「1番興味のない男性を後ろからハグする」

 

ちぃ→こづけん(気になる)

表を出したのはちぃ。

男女ペアで園内を回ると言う指示を受けて、ちぃはすかさずこづけんを誘います。

 

なかなかハグをするタイミングがつかめないちぃ。いつもと態度が違うちぃの様子に「お腹すいた?フリスク食べる?ジェリービーンズもあるよ?」と気遣うこづけん。

 

写真を撮る時にちぃが後からめちゃくちゃソフトにハグ。でもソフトすぎて、こづけん、ハグされたことに気づいていなかったかもしれませんね?

 

ビアンカ→蓮(興味ない)

裏を出したビアンカはカケルとツーショット。しかしカケルの方からビアンカを誘ったので、ビアンカがカケルをどう思ってるかはまだわかりません。

 

 

そして茜子も裏。蓮から誘われてツーショット。

 

カケルは「今日誰か選ぶっていうのがあったらビアンカを誘うと決めてた」とビアンカに矢印が向いている発言!カケルが気になってるのはビアンカだったんですね!

 

そしてビアンカが「みんなを探しに行こう」と言って歩き出すと、蓮と茜子のイチャイチャカップルに出会いました。蓮は茜子に「冷めた」発言をしたのに、やっぱり今日も茜子にイチャイチャしてる。全く意味がわからない!

 

するとビアンカが「もうカケル飽きた!チェンジしよう」と提案し、蓮と2人に。

 

でもビアンカは「飽きた」発言にショックを受けるカケルに前からちょっとハグでキャッキャしてて、いい感じではあります。

 

 

蓮とツーショットになったビアンカ。手をつないで歩いています。やっぱり誰とでもイチャイチャするんですね。

 

スタッフが先にビアンカに「1番興味のない人は?」と聞いてみると、「マキジェイ。…恋愛としてですか?だったら蓮」と答えていました。

無意味に名前を出されたマキジェイって…。

 

 

写真を撮るときに、「後ろからぎゅってしていい?」と言って可愛く言うビアンカ。完全に勘違いしている蓮は「鼻血出るかと思いました」とデレデレ。

「でも、指令かなと思いました。気になる人にハグするみたいな」

 

指令での行動ということには気づいたようですが、まさか「1番気になっていない人」と言うハグとは思いませんよね。

茜子→こづけん(興味ない)

カケルと茜子が歩いていると、こづけん、ちぃ、マキジェイ(一人ぼっちだったので誘ってもらった)が3人でいました。茜子が「私もカケルに飽きた!こづけん行こう」と言ってこづけんを誘いました。

 

茜子はこづけんのことを「マブダチ」と思っているので、恋愛対象としては1番「なし」だと思っているのです。

 

そして茜子が、ナチュラルに後ろからギュー。指令のことを知らないこづけんは、絶対勘違いしちゃうよー!

「何何?なんですか急に!?」と明らかに動揺しています。こづけんは茜子のことが好きなのでね…。

 

それにしても茜子は、ほんとナチュラルにスキンシップできる子だなぁ。

 
 
カケル失恋?
部屋に帰ってカケルは…

やはりビアンカからの「ペアチェンジしよう」発言がビアンカが蓮を気になっていると勘違いしているようです。

 

「何か気持ちを伝えたのかなと思った。俺といる時全然楽しそうじゃなかったから。そんな気はしてた」

 

ビアンカは「(蓮を誘ったこと)変な意味で捉えてない?」とちょっとフォローしたそうですが、指令メールの事は言えません。

でも、指令の内容がまさかの内容なので、普通にカケルがふられたと思っても仕方がないですよね。

 
 
脱落メンバー選出!?
指令メール。

全員1つの部屋に集合します。

 

「裏を出し続けた男女1名ずつは、共同生活から脱落」

 

コイントスは24時間後…。

ここへきてめちゃくちゃ残酷な指令が来ましたね…!

第7話の感想はここをクリック
今回のハグの指令はかなりスタッフさん悪魔ですね。指令かなってわかっても、絶対に「気になる相手」って勘違いしちゃいますもんね。ちぃがこづけんにハグできたのはよかったけど、茜子が「1番気になっていない人」でこづけんを選んでしまったと言うのも、間が悪過ぎる…。

 

茜子が蓮にぐいぐいいっているので、多分こづけんはもう自分はないなと思ってちぃに心が向きかけてもいいはず。なのに、ここで茜子がまた入り込んできたら、こづけんの気持ちが揺れちゃうー!

 

そして気になるのはカケル!ビアンカのことが好きだったんですね!だけどビアンカの行動で完全に自分がふられて、ビアンカは蓮のことが好きだと思ってしまいましたよね。今、傷心のビアンカには、カケルみたいな保護者的な包容力が必要かもしれないのに!このすれ違い、なんとかしてあげたいですね。

 

そして脱落してしまうメンバーは誰なのか…!? 1番影響がなさそうなのは断然マキジェイですが…。

<見逃し動画> 第6話
 
TVerでは配信されていません
 
第6話のネタバレはここをクリック
茜子と蓮のイチャイチャが凄すぎて、刺激が強すぎ…。
 
さすがにこづけんも茜子に覚めて、ちぃに戻ってほしいと願うばかり…!
 
 
蓮といい感じの茜子をマキジェイが呼び出し
ちょっとだけ酔いが冷めた蓮。それでも茜子は隣にべったり。「眠い」と言ってその場で毛布に包まろうとするので、「首が痛くなるよ?ベッドに行って?」と蓮。

いいぞ蓮!

 

しかし蓮とくっついていたい茜子は全然動こうとしません。すると蓮が「ここでいいから」と自分のベッドをポンポン。すると茜子はのそのそと蓮のベッドに潜り込みます。

 

 

しかし夜はハグタイム!最初に表を引き当てたマキジェイが毎晩ハグタイムで茜子を呼び出します!

めちゃくちゃ邪魔者だけど、めげないマキジェイ、意外とメンタル強いかも!

 

酔ったふりをして、全然行きたがらない茜子。

こづけんも「せっかく呼んでくれたんだから。迷惑かけちゃうよ?」と説得しますが、「やだ!寝る!」と言うことを聞きません。

 

マキジェイ、待つこと30分…。

 

スタッフさんが呼びに来て、さすがの茜子も起き上がり、「めんどくさ!」と捨て台詞を残し、しぶしぶマキジェイの待つ部屋へ。

茜子、かなり性格悪いなぁ…。

 

 

マキジェイ「めっちゃストレートに言うと、3人の中で1番気になってるのは茜子だよ」

ハグをして終了。でも、全然茜子には響いてないんだろうなぁ。

 
 
深夜までイチャイチャは続く
深夜3時。

マキジェイとこづけんが就寝したのを見計らって、蓮が茜子を抱き寄せハグ。

なぜか茜子が泣いています…。

 

するとそこへ、ちぃが「氷ない?」と取りに来て、蓮が慌てて対応。茜子は寝たふりをします。

しかしちぃは、床で寝ている茜子をしっかりキャッチ。

 

部屋に戻り「なんかやばい」とビアンカに報告。

 

 

茜子と蓮は洗面所に姿を消して行きます。洗面所にはカメラがないので、何をしているかわかりません。8分後。2人は出てきて、茜子が着替えをしてきた様子。そしてなぜか小躍りする蓮。

8分の間に何があった…!?

 

 

そして「一緒に寝よう」と蓮が言い、2人で蓮のベットへ。

 

 

朝。

茜子と蓮がベッドで起きてスマホをいじっているところに、ビアンカが箸を取りに部屋に入ってきます。

 

ビアンカは平静を装っていましたが、雪の美術館でのバイト中にマキジェイに「やばいもの見ちゃったかな」と話していました。マキジェイも「茜子が自分のベットで寝てなかったからさ」とビアンカに話します。

 
 
蓮が「冷めた」発言
カケルと茜子、蓮でフォーク磨きをしていると、

蓮「みんな、守りの体勢に入ってるやん?誰かが動かないと変わらない。俺ね、大きく動こうと思ったんですよ。でもね、冷めちゃった、というか気持ちがなくなった。だから今どうもできひん。だから、今はこられたら気持ちは変化あると思うけど、それは誰でも。みんな平等やねん。こられたら気持ちが移るかもしれんけど、自分から動けるほど、“この人!“と言う人がおらへん」

これをまさかの茜子の前で言う…!?昨日の態度は何だったわけ!?

 

 

さらに追い打ちをかけるように「マキジェイみたいに気持ちが定まってるのはいいなと思うよね。」

 

マキジェイが茜子狙いな事はみんな知っているはず。普通自分の好きな子を他の男が狙っていることに対して、「いいなと思う」とは言えませんよね。

 

 

さすがに茜子もスタッフに「これ私いります?どの立場で聞いてればいいのかわからない」と助けを求めます。

 

これに対して茜子は「傷つきたくない。今まで傷つく恋愛したことないかも。付き合って別れるときに傷つくとかはあるけど、付き合うまでに傷ついた事は無い」

蓮「もうそんな段階(付き合う直前)まで来てんの?」

 

 

これはものすごく蓮、茜子を突き離しにかかりましたね。昨日までの態度から一転、何があったのでしょうか?

 
 
女子同士がぶっちゃけ!
その夜、男子は男子、女子は女子で話をしていました。

蓮の態度に怒りが収まらない茜子は、蓮がしてきたことぶっちゃけます。

 

昨日1つのベッドで一緒に寝たこと、蓮の方から手をつないできて、口では無いけどおでこにちゅーをしてきたこと。それなのに今日のバイト中に「昨日のお酒の件で冷めた。今みんな平等」と言われたこと。「蓮君は計算高男だと思う」

 

するとビアンカが「茜子がぶっちゃけてくれたから、私もぶっちゃける」と言って蓮がビアンカにアプローチをかけていたことを話します。そして茜子のことを「かわいい妹みたいなもの」と言っていたことも話します。

 

2人とも「ちょろいと思われてるの嫌だよね」と蓮への不満が爆発。

 

しかしビアンカは「でも一緒に寝てるのは、ちょろいって多少思う」と茜子の軽い行動に正論!

第6話の感想はここをクリック
イケメン蓮くんの化けの皮が剥がれ始めましたね!ククク!いい気味~!(笑)

 

そして茜子も、ぐいぐい行って”男を翻弄しちゃうわよ~”的ないい女気どりな感じだったけど、普通に「ちょろい女」と思って遊ばれかけてたってことですよね。

 

ビアンカの方が遅れをとっていると思っていたけど、実はビアンカの方が大切にされる女かもしれませんね。茜子は経験数は多くて一見“モテる女“なんだけど、実際は簡単に落とせる尻軽女と思われて遊ばれてきただけなのかも。

 

だけどこういう誰にでも手を出してる男のぶっちゃけ話になった時、「そんな軽い男にさえ、私手出されてないんですけど…」のちぃの居心地の悪さもなんとなくわかってしまう…。

<見逃し動画> 第5話
 
TVerでは配信されていません
 
第5話のネタバレはここをクリック
てっきりこづけんとちぃが良い感じだと思っていたのに、こづけんが好きだったのは茜子だと判明!
 
しかし茜子が気になっているのは蓮で…。
 
 
指令メール
「旭川冬まつりに参加し、巨大雪像を完成させる」

 

毎年40以上の団体が参加し、趣向うぃ凝らした雪像を出品している大きなお祭り。

メンバーに与えられるのは高さ、幅、奥行きは1.8メートルの巨大な雪の塊。これを削って雪像を作っていきます。

 

部屋に帰り、デザインのアイデアを会議するメンバーたち。

 

「せっかく恋愛番組なので恋愛の要素を入れたい」と言うカケルの提案もあり、鶴と鶴がチューをしている作品、鶴の頭の部分でハートの形をかたどって「チューる」と言う作品を作ると言うアイデアにまとまりました。

 

メンバーは雪の美術館でアルバイトを続けています。今日はビアンカと蓮が割り箸の袋詰めの作業。

 

蓮「ビアンカは最初はしゃべりにくそうって思った。でもしゃべってみたらよくしゃべるし、関西弁やし。すごく一緒にいて楽しい子だなと思った」

蓮は相変わらずビアンカにアプローチ。

ビアンカも素直に「もっと喋りたい」

 

蓮は照れて顔を覆って、「1番気になっている子とこうやって作業できるのは嬉しいけど、目の前で言われると恥ずかしい」

 

とかなりきっぱり言ってる!「一番気になってる子」って!

 

この時蓮は耳まで真っ赤になっていたので本当っぽいんだけど、雪像のデザイン案を話していた時に、横に座っていた茜子にもたれかかられていたの視聴者はちゃんと見ていたぞ!

その隣に座っていたビアンカが気づいていたかどうかわからないけど…。

 
 
毛布
ご飯の準備をしていて、カケルが隣の部屋にテーブルを取りに行くと、蓮と茜子が1つの毛布をかけてくっついて映画を見ていました。

カケルが出て行った後、スマホを置いていたテーブルをとられてしまったので、今度はスマホを床において「もう寝転ぶしかない」と言って2人で横になって映画の続きを見始めます。やっぱり毛布は1つ。蓮が最初にかけていましたが、その毛布を広げて茜子が中に入り込みます。

茜子かなりぐいぐい!

 

部屋に帰って、早速カケルがビアンカとちぃにそのことを話します!カケルは絶対言っちゃうよなぁ(笑)

「あいつらやばいなまじで!もう付き合ったらいいのに」

 

それに対してビアンカも無表情で「どっちかもう言ったらいいのに」と言っていますが、どういう気持ちなんだろう~~(><)

 
 
魔性茜子
ビアンカとカケルは、同じ班になってからとても仲が良いですが、どちらかと言うと親子的な感じ。ビアンカの雪中おんぶもカケルが「ビアンカのことを頼んだぞ!」とパパのように心配していたし、ビアンカも「パパ」となついています。

それを茜子が「日に日にその2人、親子感出てきてるよね」とちょっと冷やかして、くっつけようとしている。

 

そして夕飯時、隣に座った茜子と蓮。茜子が途中で「もういらない」と小声で蓮に囁き、蓮が「まかせろ!」と言って茜子の食べ残しを食べると言う場面がありました。みんな聞こえているけど、なんとなく2人だけの雰囲気なので会話に入れず気まずい空気…。

 
 
グイグイくる女の子に男は断れる?
これに対してスタジオは…

りゅうちぇる「でも、茜子が毛布をかけてきたときに、男はどうやって断ったらいいんだろう?」

小関「確かに拒否はしないかもしれない。ビアンカのことが気になっているのは本当だけど、茜子の方がたくさん来てくれるから」

 

この意見に対しては女性のにこるんも「確かに断れないかもしれない」と蓮の行動も仕方ないのではないか?と言う雰囲気に。

 

するとサバンナ高橋が「でも好きな子がおって、いつばれるか分からないと言う状況だったら、毛布をかけられても“ちょっと飲み物とってくる“とか言って逃げるとか、俺やったらするけどな!」

1人だけいい人ぶろうとする高橋に、みんな猛反発!

りゅうちぇる「喉乾いてても絶対行かないでしょ!」

 
 
蓮の行動にビアンカは?
翌朝。

朝食の準備をしているマキジェイ。

 

茜子が「毎日の下着選び好き。何色が好き?」と蓮に聞きます。

ちょっと茜子、グイグイすぎて引くな…。

 

そんな2人の会話に、やっぱり聞こえていても入れないマキジェイとこづけん。

 

 

一方、天使部屋では。カケルがシャワーを浴びに行って、ビアンカとちぃが2人に。

するとビアンカが「蓮は2人で一緒にいるときに、ちょいちょい私の言動に照れる」

ちぃ「蓮を見ていると、ビアンカに好意があるのかなって思うよ」

ビアンカ「でも茜子とはあんな感じやし」

 

すると突然蓮が物を取りに入ってきて、びっくりして黙り込むビアンカとちぃ。

 
 
妹みたいな存在
今日のアルバイトは、茜子と蓮のコンビでお掃除。

茜子「昨日、マキジェイにハグ呼ばれたじゃん?その時にうちら(蓮と茜子)2人がいつも一緒にいすぎて、どう入っていいかわからないって言われた」と切り出します。

へ~、そんなこと言われていたんだ?

 

 

蓮「マキジェイは茜子と喋りたいのかな?」

茜子「私もそれがわからないのね。ハグに呼んでくれるだけで、他のときにグイグイ来るわけでもないし。好意を持ってくれているなら、思いっきり攻撃してくればいいじゃんて思う」

 

 

そして今度は蓮とビアンカが2人きりに。

蓮が「他の男子メンバーは、誰が気になってるとか教えてくれない。他のメンバーのことをもっと聞きたい」

と言うと、ビアンカ「蓮が1番わからない」

蓮「俺はわかるやろ!そのスノボの時言ったやん!」

ビアンカ「でも部屋でめっちゃ仲いいなって話してる」

蓮「茜子とは趣味が合うからよくしゃべるからかな?妹感強い」

 

 

この「妹みたいな存在」ってやつはどうなんでしょうね?でもそれを言ったら、ビアンカが「パパ」とカケルになついているのも蓮からしたら嫌なのかな?

 

 
 
イチャイチャすぎてカオス状態
部屋に戻って、茜子が蓮の顔マッサージ(すごい顔と顔の距離が近い!)

お返しに蓮がうつぶせになる茜子の上に乗って腰のマッサージ。これはなんかエロい!

 

この時こづけんとマキジェイはスマホを見たりしていましたが、当然意識は2人のイチャイチャに。

 

こづけん「あまり人のイチャイチャを間近で見たことがなかったので、かなり刺激が強いです。よく人前であそこまでできるよなぁと思います」

マキジェイ「ほんとにずっとなんですよ。もう“無“です」

 

 

そしてなぜかマキジェイが踊りだす。実はダンスも超得意のマキジェイ!

こづけんが現実から目をそらすためにヘアメイクを始め、2人はずっとイチャイチャし、その横でマキジェイが踊りだすと言うカオス…!

 

 

そんな中、茜子が猫のポーズで伸びをして、服がめくれて背中が見えると、さりげなくさっと服を引っ張って露出を蓮が隠します。

何この「俺の女」感!?

 
 
気になった異性に取る行動
この日はみんなでボーリング。

意外にもこづけんが1番上手!ちょいちょいこづけん男らしくてかっこいいところ見せる。

 

 

その日帰りにみんなで食事に行きます。

 

トークテーマは「気になった異性に取る行動」。

ちぃは「相談をする。その人がどういう考えを持っているかが見たい」

ビアンカ「しょうもないことでも、目を見て話す」

蓮「結論そうなってしまうんやったら、喋りたくてもしゃべれなくなる。言いたいこととかも言えなくなる」

これを聞いた茜子は「あれ?私めっちゃ喋ってるんですけど?」と言う腑に落ちない表情(笑)

 

 

帰り道。酔った蓮を支えるため、腰に手を回す茜子。それに対して蓮も茜子の頭を抱きかかえるようにしてポンポン。

部屋に帰ってからも、泥酔した蓮は茜子に抱きつき、もうほんとやばい!一緒の部屋にいるマキジェイとこづけんがかわいそう!

第5話の感想はここをクリック
茜子やだ~!本当に、別に茜子が悪いことしてるわけじゃないけど、恋愛のライバルには絶対したくないタイプ!

 

でもほんとに悪いのはやっぱり蓮だな。茜子が蓮に対してぐいぐいすぎて、ビアンカと蓮がいい感じなことも知ってるくせに容赦ないなぁとは思うけど、茜子は他の男子メンバーに全然気がある素振りを取らないところは潔い!もう「私は蓮オンリーです!」って宣言してるようなものだから、蓮が駄目だった時にこっちをキープしとこうみたいなしたたかさは感じない。

 

だけど蓮はビアンカといる時はビアンカに甘い言葉を囁くし、茜子にこられたら、「断れない」を通り過ぎて自分から行ってる感じがする。

 

こういう男は付き合っても多分こられたら拒めないし、蓮みたいなビジュアルだったら一定数の女は寄ってくるだろうから、多分やめといたほうがいいと思います。

<見逃し動画> 第4話
 
TVerでは配信されていません
 
第4話のネタバレはここをクリック
3話では、こづけんとちぃがいい感じ。

蓮とビアンカの声が動き出した…!?
 
 
気になっている人
きつい雪中おんぶから帰ってきた3人を待っていたのは、残るメンバーたちが作った温かい手料理。鶏だし鍋はカケル。炊き込みご飯は茜子が。

 

楽しくなってこづけんはビールをゴクゴク。お酒が弱いのに。

するとこづけんが泥酔してきて、「今まで一人暮らしだったから、こういうの楽しい。みんな吃音でも”気にしない”って言ってくれるし。仲良くなれてよかった」とちょっぴり涙。

 

なんかこづけんを見ていると、本当にほっこりくるなぁ。「盛り上げ役はカケルかビアンカ」とにこるんが最初予想していたけど、完全に旅のムードメーカーはこづけんですよね。

 

そこで指令メール。

「裏が出たメンバーが気になっている異性がいるかどうかを言う。」

 

 

裏を出したのは→カケル、こづけん、ちぃ。

 

カケル「気になってる人います!」

ちぃ「気になってる人はいます!」

こづけん「気になっている異性はいます!」

 

ということでみんないる!

 

 

ちぃとこづけんは、完全に両思いですね!
 
ハグタイム
2日目のハグタイム。マキジェイは昨日に引き続き、茜子を選びます。

 

マキジェイは自分がビアンカとキスをしたことを、茜子に話したい様子。

 

「隠してても絶対ばれるし、後でばれて変なふうにも思われるのも嫌だし」

 

 

多分茜子は、そんなにマキジェイのこと心配してないけど…。

 

 

しかしリアクションが大きい茜子。

「まぁちょっといろいろあったんだよね…」とマキジェイが意味深な言い方をすると、「なになになに!気になる!」とまた男が喜ぶリアクション。

キスしたことを話し、「茜子はそれに対して何か思うところがある?」とマキジェイがなぜか茜子も自分を好き設定で聞くと「今はないかな」とバッサリ。

 

そして軽くハグをして帰っていった茜子は、「呼ばれたら嬉しいは嬉しいけど、私がマキジェイの気持ちに応えられていないからちょっとずつ申し訳なさが出てきた」

とマキジェイの失恋が決定。

 
 
茜子→蓮
そして「蓮くんが上がってきた」と新たな恋の動きが…!

橋にいた時に、コートのフードをかぶっていた茜子に「頭ポンポン」をしてきたことにキュンとしてしまったのです。鉄板だけど、やっぱり頭ポンポンは嬉しいですよね?

でも頭ポンポンて、イケメンがやるからいいんであって、マキジェイがやったら「きも!」とか言われそう…。

 

 

茜子「あの笑顔はずるい!人を落とす笑顔をしてる!」

 

 
 
ビアンカのキスの感想
その頃、天使部屋では…。

カケルがビアンカにおんぶのときのことを聞いていました。料理を作って待っている間も、カケルがずっと「ビアンカは?ビアンカは?」とビアンカのことを気にかけていた様子。

 

ビアンカはキスしたことを話し、「付き合っていない人とキスをするのは、嫌だった…。指令だから“仕方なく“と言う感じでやった」と言ってちょっと泣きそうになってしまいます。

 

キスした直後も、ビアンカちょっと泣きそうになってる?って思いました。

 
 
蓮とビアンカがまるでカップル!
みんなでスノボーやることに。みんな未経験で滑れませんが、茜子だけは経験者でめちゃくちゃうまい!

 

練習の休憩中、蓮とビアンカが2人きりに。

蓮「俺は昨日のことずっと聞きたかってん。どうやった?」

ビアンカ「付き合ってない人とキスをするのは、相手が誰であっても、もし気になっていた相手であっても嫌だった。キスをしたから気になるようになったとか、そういうのは一切ない」

蓮「正直言ったら、キス嫌やった。俺がするのじゃなくて、ビアンカがされるのが嫌やった。何かモヤモヤした」

これに対してビアンカも素直に「嬉しい」。

 

ビアンカはストレートな性格なので「同じ部屋になってからカケルとよくしゃべるようになったけど、しゃべってない男性メンバーの中で1番喋りたい」と蓮に素直な気持ちを伝えます。

蓮もまた「1番喋りたいのがビアンカ」

ビアンカ「そんなストレートに言われたらさぁ…」

蓮「でもストレートがいいんやろ?」

ビアンカ「うんストレートがいい!」

蓮「じゃぁストレートに行く!」

ビアンカ「じゃあいっぱい喋ろう?」

 

 

もうこれカップルの会話じゃん!( ゚Д゚)

 
 
蓮は茜子と手をつないでいた!
でも実は、蓮は茜子と手をつないでいたらしく、それをビアンカが目撃していました。

だから2人での会話にびっくりしたそう。

 

それは視聴者的にもびっくり!

まぁ茜子からぐいぐいいったんだろうけど、やっぱり男性はそれを断れないものなんですかね。

 
 
カケルの印象がちょっと上向きに
一方こづけんとちぃがスノボの休憩中にツーショットに。

こづけんがいつも恋をしても「弟にしか見られないで終わっちゃう。そういうのを脱却したいと思って今回の旅に来た」と言う話をしています。

するとそこにカケルが合流します。

 

おいカケル!部屋ではちぃのこと散々無視してたのに、せっかくいい感じの2人のところ邪魔するなよ!

 

 

ちぃは昨日頭が痛くて頭痛薬を飲んでいたのでお酒が飲めないなと思ったのですが、みんなで乾杯はしたかったので一応ビールの缶を持っていました。すると隣に座っていたこづけんが無意識なのか分かりませんが、代わりに飲んでくれたそうで「凄く助かった」と言うエピソードを話します。

 

こづけん!知らないところでそんな男らしい行動を!

 

ちぃ「意外と男らしいところある」

 

 

するとカケルが「これで朝食もがっつり食べてくれたらね」とまたこづけんをいじり、「さっきので止めておけばいいじゃん!なんでそれを言うかなぁ(笑)」とこづけん。

 

そんな2人の掛け合いを見たちぃは「2人は仲がいいんだね。2人の関係って、最初は怖かった。こづけんがいじめられていると思ってた」と正直な気持ちを話します。

カケルは「俺は愛のあるいじりだから。最初はそう思われること多いけど、深く知ってくれるとわかってもらえる」

 

これにちぃは「カケルは1点しか見えない単純な人なのかなって?最初は嫌な人と思ってたけど、そうでもないかもって見直した」とカケルに対する印象が変わったようです。

 

 
 
まさかのこづけんの好きな相手は!?
そして話題は「気になる異性は?」と言う昨日の指令の話題に。

ちぃは、「こづけんは女子と1番平等に話しているので、特別に気になる人がいると言うのは意外だった」と感じていました。

 

 

しかし、このちぃの見解は正しかったと言うことがわかります。なんとこづけんは

 

「ちぃは1番3人の中で気にかけてくれる。優しいなって思う。

 

でも、好きなのは…茜子です。

 

蓮と2人で話しているのを見て、嫉妬しているのを感じた。そこが好きなのかなって」

 

 

えーーーーーっ!これはまさかの展開!!

 

 

りゅうちぇる「一時の錯覚だと思う。こづけんは今までの人生で、ギャルと関わったことがないんだと思う。それで“こんなギャルが自分で話してくれてる!“と言うことに嬉しくなっちゃってるだけだと思う。」

サバンナ高橋「てりやきマックバーガー初めて食べたみたいな」

 

うんうん!そうであってほしい!こづけんは絶対ちぃのほうがあってるよ!早く目を覚まして!!

第4話の感想はここをクリック
こづけんの告白が驚きすぎて…!

まさかまさかの展開ですよね。「気になっている人がいる」と言ったときに、酔ってたから間違って「気になっている人がちぃです!」って名前まで言ってしまうのではないかと心配した位なのに。私も勝手にこづけんとちぃが両想いって体で話進めてたし。

茜子に対する態度なんて出てましたっけ!?

 

でも確かに第一印象では茜子がいいって言ってましたよね。1番最初の昼食の時は「付き合った人は何人?」などと茜子に積極的に質問していたので、確かに茜子が気になっている態度が出ていましたが。

 

でも茜子はこづけんのことを完全に下に見てていじってくるし、カケルが本当に「愛のあるいじり」なのかも私は正直まだ疑っていますが、茜子のツッコミもなかなかきついなぁと思います。

 

ちぃが気になっている人と言うのは完全にこづけんのことだと思うので、これはなかなか切ない恋の予感です。

 

そして蓮くんですね!ビアンカに対して恋が動き出したかと思えば、茜子と手をつないでいたり?予告でも茜子とイチャイチャしていました。確か蓮も第一印象では茜子を選んでいたので、かわいいと思っていた子からぐいぐいこられたら、すぐに心変わりしちゃいそうですね。ビアンカよりも茜子の方が絶対肉食だしなぁ~。

<見逃し動画> 第3話
 
TVerでは配信されていません
 
第3話のネタバレはここをクリック
2話ではマキジェイが茜子に心変わり。

ちぃが3人部屋でカケルとビアンカに仲間外れにされ泣き出してしまう、と言う事件がありました。

 

ニコルプロデューサーとしてマキジェイを推してしまったことを後悔し始める中、7人の恋模様はどのように変化していくのでしょうか…?
 
 
雪の美術館でお仕事
ドレスを着て写真撮影をした雪の美術館。その時にスタッフから、「明日からここで掃除の仕事をしてもらいます」と言う知らせを受けていたメンバーたち。

 

仕事の割り振りはこちら。

氷のメンテナンス→ カケル、茜子

館内の清掃→こづけん、蓮、ちぃ

カフェスタッフ→マキジェイ、ビアンカ

 

第一印象ではお互いに「?」だったカケルと茜子ペア。

氷が毎日表情を変えるように、水がかけられていますが、大きくなりすぎた氷を削ると言う作業。電動ドリルのような機械を使って氷を削っていきます。

 

マキジェイとビアンカは割り箸を袋に入れる作業。これは落ち着いて話ができるのでいいですね。

ざっくばらんなタイプのビアンカは「最初、(ハグの行動に)引いてた。ごめーん。でも今はこうやって話せたから好印象」とマキジェイに最初引いていたことを告白。

 

窓拭きを担当しているこづけんとちぃと蓮チームは、こづけんとちぃが2人きりに。

こづけん「カケルと同じ部屋じゃん?どう?」と聞くと、ちぃは「つまんない」ときっぱり。

こづけん「何かあったの?」

ちぃ「コミュニケーション取れなすぎて」

こづけん「それはカケルが?」

ちぃ「最初は頑張ってたんだけど、途中で諦めたんだよね」

こづけん「共同生活自体も辛い?」

ちぃ「話さなくてもいいよって言われたら大丈夫だけど、話さなきゃいけないんだろうなって思うから辛い」

 

これに対してこづけんは「ごめん。もうちょっと気にかけておけばよかった。やっぱり楽しんで欲しいなって思うから、ちぃには」

こづけん、結構照れちゃうようなセリフもガンガン言えるじゃん!

 

こづけん「ちぃも喋るのとかあまり得意な方じゃない?喋りやすい人とかいる?」

ちぃ「得意じゃない。喋りやすい人はあんまりないかも。でも唯一、こづけんは話しやすいかも…」

ちぃもよく言った!

 
 
こづけんのいじられキャラ
そしてちぃが気になっていたのは、こづけんのいじられキャラ。

みんなでジンギスカンを食べに行った夕食の際、カケルがこづけんに「名前なんだっけ?初日だからね」と名前を忘れたふりをしたり、「こづけん!」と答えたのに対して茜子が「しょむけん?」とふざけたり。

 

「女の子のキュンとする仕草は?」という質問にこづけんが「女子力が高くて、怪我をしたときに“これ絆創膏あるよ“と渡してくれるような」と答えると、茜子が「漫画の読みすぎや!」とちょっとあたり強めにつっこんだり。

 

そして「こづけん、肉が来てない!」とこづけんが言うと、カケルが「米きたから米食えや!」と肉を渡さないようにしたり。

 

 

ちぃも学生時代イジられることが多いキャラで、内心ではそれがすごく嫌だったので、自分と重ねてしまって気になったようです。

 

ちぃ「あれはいいの?いやじゃないの?」

こづけん「それは全然いい。カケルのいじりとかも、逆にそれで溶け込めてたりするから」

そんなこづけんの考え方に、ちぃは「大人だなぁ。すごいなぁ。自分だったらできない。恋愛としても人としても、1番はこづけん」と感想を言っていました。

 

 

スタジオでは神部「カケルと喧嘩したい」にこるん「タイマンしたい」とカケルに対しての不満が爆発!

神部「根拠のない自信をへし折りたい」

にこるん「あなたそんなにかっこよくないからね」

 

 
 
雪中おんぶ
ここで指令メールが。

 

「表が出た男性メンバー2人と女性メンバー1人が青い池までおんぶで移動」

 

その距離2.5キロ。

これまでいくつもの恋を生み出してきた、長距離おんぶ。選ばれるメンバーは…!?

 

女性メンバー→ビアンカ

男性メンバー→蓮、マキジェイ

 

やっぱりマキジェイは運だけは持ってる!

 

足が雪に沈み歩きにくい上に、しゃかしゃかの上着が滑って体がずり落ちてしまうため、寒い中おぶるほうもおぶられる方も上着を脱いでがんばります。マキジェイと蓮が交代で何とかがんばりますが、途中は会話も止まってしまい、かなり長い道のりです。

2時間18分をかけ、ようやく到着!

 

 

ビアンカの感想は「どっちも優しかったけど、蓮の方が声をかけてくれた。カメラに拾えるか拾えないか位の声で声をかけたりしてくれたのが優しいなと思った」

と蓮に好印象を持った様子。

 

 

ここでまた恋んトスの指令メール。

 

「表の出た男性が女性にキスをする」

 

1度目の恋んトスは2人とも裏。

2回目で、マキジェイが表を出します。やっぱり運がある!

 

 

廉は裏。

ビアンカ、明らかに顔ががっかりしてる…。

 

 

コイントスの指令には絶対に逆らってはいけないと言うルールですが、まさかの口と口にキス!これはいいのか!?もしファーストキスだったらどうすんの!?

 

 

表が出せなかった蓮は

「やっぱりされるのは嫌だなと思いました。自分のものでもないのに…」としっかりやきもちを焼いていた様子。「俺も気になってるから。(キスの相手が決まって)気づいた」とビアンカへの恋心を自覚したという発言が…!

 
 
俺流キスの仕方
スタジオではこの指令キスについて、「俺だったらどうやるか?」で盛り上がります。

 

 

まず小関がりゅうちぇるに。

「目をつぶって」と言って、肩を持ってからゆっくり…。

 

多分小関裕太の顔でやったらどんなやり方でも「きゃー!」なんだろうな。

 

 

サバンナ高橋バージョンは、「お互いに目をつぶってゆっくり一歩ずつ近づいていって、チュってなるかやってみよう」と企画っぽくやってしまうかも。

でもそれはそれで楽しい雰囲気だし可愛くていいかも!

 

 

マキジェイは、多分女の子に慣れていないのかもしれないけど、普通に「目つぶって」と言ってから、チュっとやって「オッケ!」て言ったのも業務っぽくて、スタジオの女性陣には不発でした。

第3話の感想はここをクリック
おんぶで恋が芽生えましたね!私がもしおんぶされる女子に選ばれてしまったら、「好きでもない重い女をおんぶして2時間も歩くの、ほんと俺ついてねーや」と思ってるんだろうなぁ…とネガティブ発想で2時間ずっと謝り続けてしまって、うざがられそう…。

表を出すのって恋が動くチャンスだから「あたり」なんだろうけど、相手が「あいつが表ひいちゃったかー。茜子がよかったのになぁ。ハズレだな」とか思ってそうだな、とか思っちゃうから、私だったら絶対表引きたくない!私みたいなネガティブ発想じゃ、この企画には参加できないや…。

 

イケメン蓮はビアンカへの恋が動き出しましたね。男2人に対して女1人と言うところが男の狩猟本能を刺激させたのもあるだろうし、写真撮影の時にビアンカが蓮を選んでくれたと言うのも大きいでしょうね。

こづけんも写真で選ばれたからちぃのことが多分気になり始めているし。

 

男性って、やっぱり「俺に気があるのかな?」と思った瞬間に、その子のこと好きになっちゃうっていうのはほんとっぽいですよね。

これぞ“恋愛観察バラエティー“って言うだけあって、”男の性”みたいなものを学べる感じがして面白いです。

<見逃し動画> 第2話
 
TVerでは配信されていません
 
第2話のネタバレはここをクリック
男女混合部屋
共同生活の家に到着したメンバーたち。恋んトスで裏が出た人の部屋と表が出た人の部屋で部屋が決まります。なんと男女が同じ部屋と言う斬新な決まり…!それ大丈夫なの!?

 

 

部屋割りはこちら。

【女神部屋】

こづけん、蓮、マキジェイ、茜子

【天使部屋】

カケル、ちぃ、ビアンカ

 
 
女神部屋・マキジェイ、コーヒーで挽回
まず部屋に入って「どこに寝るか?」の議論。二段ベッドが二つ。

 

こづけん「希望がないなら上が良い。2人姉弟でずっと下だったから、上憧れてたの」とかわいい希望。

蓮が「女子が上じゃない?」と言って、茜子とこづけんが上に決定。

 

 

マキジェイ「バリスタなのでコーヒーを入れます」と言って豆をひくところから入れる本格的なやつ!

みんなのテンションが上がります。

 

何とか昼間の失態を取り戻そうと、専門知識を説明しながらコーヒーを入れるマキジェイ。

スタジオでは「あんまり言わない方がいいかもしれない…」と話が長いことで女子から弾かれてしまう可能性を懸念。

 

後でスタッフの部屋に来たマキジェイはテンション爆上げ!

「こんなに喜んでもらえると思わなかった!みんなの反応が半端なかったっす!」

 

たぶんあの場面でシラっとできないからお世辞でもみんな盛り上げると思うんだけど、マキジェイ、なんか単純な男だな…。

 

 

こづけんはお風呂上がりはなぜかマスクとサングラス。眉毛がないらしいのです。女子力高めなこづけん(笑)

 
 
またまたハグの指令にマキジェイが選んだのは?
夕飯はみんなで北海道名物のジンギスカンを食べに行きます。

ここで恋んトスの指令の時間。男性限定への指令。

 

「表を出したメンバーが、女性メンバーを指名してハグをする。」

 

結果はまたまたマキジェイ!大丈夫か…?

 

当然ここはちぃを選んで欲しいところですが、スタッフが「誰を選びますか?」と聞いてみると「茜子」。

 

コーヒーを入れてくれたときの反応が良かったので、喋りたいと言う気持ちが生まれたようです。

 

スタッフ「ちぃを選んだ気持ちはどこにいったの?」

マキジェイ「今日1日振り返ってみて、だいたいどういう子かわかった。自分とは合うところが少ないのかなあと思った。」

 

一日いただけで「どういう子かわかった」とか、本気で言ってるのかこの男は!?

 

コーヒーを喜んでくれただけで(しかも多分茜子は誰にでもその反応する)何と言う簡単な男!

スタジオではマキジェイをお勧めしていたにこるんが責められてしまう羽目に…。

 

 

指名された茜子は、「第一印象ちいちゃんだと思ってたからびっくりした」と最初のマキジェイの行動の意味を理解していた様子。

 

そして雪の上で明るくハグ。

茜子が先に部屋に帰ってからも、ニヤニヤが止まらないマキジェイ。

 
 
天使部屋・白湯タイム
カケルたちのチームでは、ビアンカが唐突に「白湯飲む?」と言ってカケルに白湯を入れてあげたり(モデルなので白湯を飲む) カケルの古着に食いつき、自分が着て見せたりとかなり楽しそうでいい感じ。

 

ちぃは話に入れず孤立してしまいます。だけど人見知りのちぃは、すでに盛り上がってしまっている2人の会話に入るうまく入ることができません。

 

 

夕飯から帰ってきて…

カケルとビアンカは、またまた2人で白湯を飲もうと言う話に。今度はカケルが入れると言い、ちょこまかとカケルの後ろから覗き込むビアンカ。

カケル「かわいいからやめてそれほんとに」

めちゃくちゃいい感じ…。

 

ちぃも「飲みたい」と言っていましたが、なぜかカケルが2人分しか入れて来ません。ちぃの声が小さかったのかもしれないけど、それにしたって気が利かなすぎる…!

「ちぃは飲む?」とか普通聞くでしょ!!

 

 

そして昼間に撮ったドレスの写真を見ながら会話している2人に、ちぃは勇気を出して近づいて話しかけに行きますが、2人が全然振り向いてもくれないので、また部屋の隅に戻ってしまいました。

 
 
ちぃが泣きだす
突然ちぃが「マジ無理」と言って泣き出してしまいました。

ビアンカは「何があった今?どうしたん?」と訳が分からない様子。ちぃは部屋を出て行ってしまいましたが、「そっとしておいたほうがいいよね」と言って二人は追いかけてもあげません。

 

 

スタッフの部屋に逃げ込んだちぃが本音を吐き出します。

「最初は自分から会話に入ってみたり質問してみたりもしたけど、聞こえてないのかな?みたいな。この部屋にいるのも辛くなってきて、これからずっとここになきゃいけないのかなと思ったら、何しに来たんだろうって…。いろんな人のことを知りに来たのに、3人の部屋になって、2人はすごく話が弾んでるのに自分は全然わからない。」

 

本当に、ずっと蚊帳の外に置かれている感じでしたもんね。これは辛すぎですよ!!

 
 
こづけんの気遣い
翌朝は、女性3人が朝食作りを担当。

その間男性陣4人は同じ部屋でお互いのことを「どう?」と話します。

 

カケルは「ビアンカってめちゃくちゃ陽気よ。すげー優しいし。こっちは“白湯タイム“っていうのがあるから」

こづけんが「ちぃはどうだったの?部屋でどんな感じ?」と聞くと、カケルが「ちぃのことをそんなに知りたいの?」と茶化します。

 

もしかしてこづけんは写真の時にちぃに選ばれたから、ちぃのことを気になり始めているのかな?そういえば最初に「そっちの部屋はどう? 3人で話するの? 2対1って感じ?」と詳しく質問していたのもこづけんでした。

 

 

みんなで朝食タイムにも、こづけんが「ビアンカ白湯が好きなの?カケルが言ってた。作り方にコツとかあるの?」と話題を振り、そこから朝食の楽しい会話が膨らみます。

 

ちぃは全然朝食に手をつけておらず、それに気づいたこづけんが「ちぃ小食?」と聞き、「自分は少食だから全部食べられないかもしれないけど、あんまり食べない男性はどうですか?」とちぃに質問します。

ちぃ「食べる人の方がいいよね」

こづけん「じゃあ食べます!」

 

 

色々な人に話を振るこづけんを見て、「こづけんは人の気持ちを考えられる人だからいいなと思いました」とちぃは好印象を持ちました。

第2話の感想はここをクリック
結論を言いましょう!こづけんが1番いい男です!

スタジオもそれで意見が一致していました!

 

 

まずカケルは絶対なし!もしビアンカが好きだったとしても、あの態度は無い。男1人女2人と言うフォーメーションなんだから、もっと男側がしっかりと気を遣って2人にまんべんなく話を振るべき。しかも、カケルは最年長なんだから。26歳であの気遣いのできなさはやばい。

最初ににこるんが”中身のないウェイウェイ系”って言ってたけど、ほんとそれ。

そもそもカケルは茜子狙いなんだから、ビアンカとちぃに差をつけるメリットもないはずなんだから。

 

そしてビアンカもないな。陽気で話好きって言っても男にばっかり話しかけて、女友達には全く興味なし!な態度がほんとに好きになれない。

 

マキジェイも、簡単に茜子に心変わりして、ありえない。最初にちぃが引いてしまったのは、ハグが指令だと知らなかったからなんだから、これをきっかけに「第一印象からずっと君のことが気になっているよ」と言う一途さはアピールすれば絶対挽回できたはずなのに。

「一人の人と付き合ったら長い」と誠実で一途なアピールしてたくせに、実際は全然違う!と思われてもしょうがないですね。

簡単に気持ちを変えるし、茜子のリアクションにもてあそばれすぎ。ああやって男を喜ばせるきゃぴきゃぴしたリアクションが上手な女の子に簡単に騙されるタイプだな。そして告白して「そんなつもりじゃなかったの」ってふられるパターン。

 

こづけんはちぃのことが気になっているのかもしれないけど、ビアンカにも話を振っていたし、まず7人で入るときに1番話題を振る回数が多い。一人だけにロックオン!な行動を取らずに、すごく全体のムードとか気を使ってる感じで印象がいいです!孤独を感じていたちぃの心もあの会話で救ってくれたし、こづけんは推せる!

<見逃し動画> 第1話
 
TVerでは配信されていません
 
第1話のネタバレはここをクリック
舞台は白銀の北海道です。
 
にこるんが特別プロデューサーに就任
「恋んトス」シーズン10のメンバーを決めるオーディションが行われている中、特別プロデューサーが紹介されます。

それは藤田ニコルさん!

 

にこるんはシーズン4(当時18歳)から番組MCとしてスタジオでメンバーの恋模様を見る役割を果たしていましたが、今回はオーディションでメンバーを選ぶ側に就任。

今までもVTRを見ながらメンバーに対して鋭い意見を述べてきたにこるん。「面接に加わりたい!」と人選の目にはかなり自信を持っていました。

 

最終オーディションに残ったのは22人。

 
 
女性陣の面接
まずは女性陣ににこるんからの質問「恋愛の武器は?」

「目を見る、ボディータッチ。」

「身長が低いのを利用して、”取れないよ~!”などとかわいいアピール。」

 

けっこうみんなあざとい感じですね(^^;

 

 

にこるん「嫌いな男性は?」

「下ネタ言っていいですか?勃たない人はいや!」

にこるん「体の相性を付き合う前に1回確かめるほうですか?」

「”性欲ある?”って聞きます。」

にこるん「それ聞いちゃだめだよ。私は確かめるタイプ」

 

配信番組だからか、にこるんかなり爆弾発言!

 

 
 
男性陣の面接
にこるん「女性へのアプローチ方法は?」

「”今日の服かわいいなぁ”とか褒める。でも軽いと言われることが多い」

「相手の話に合わせてあげる。相手の興味のあることを軽く聞いて、話してない間にスマホで調べる」

 

にこるん「好きな女性のタイプは?」

「ふわふわ天然系、目クリ、ショートカット、ズドン!ですね」(この人が後に選ばれるカケル)

 

 

にこるん「今まで見てきて、結果的に”仕事を取る”と言う人が多い。しかし、恋んトスは恋愛をしてもらう番組。最終的に”やっぱり付き合うのは…”となるのはあまり見たくない」とテレビで名を売りたいだけの人はやめて!という意思をきっぱり。
 
にこるんのタイプ
スタバで働いているマキジェイが1番気になっている。

 

マキジェイ「まっすぐに気持ちを伝えるタイプ。1つ目標と決めたことに対して、ひたすら努力し続けてやり続けることが長所。うまくいかないことでも経験につながると思っている」

 

誠実な受け答えに、“未来が見える系男子“とビビっと感じたらしく、”チームワークが取れるいい人”としてイチオシ。

 
 
男性メンバー合流
さて、いよいよメンバーの合流です!まずは男性メンバー4人。

 

【カケル】

26歳。B型。役者。彼女いない歴4年4ヶ月。

身長180センチ、元自衛官のワイルド系男子。

役者だけあってイケメン。濃い系の顔。

 

【蓮】

20歳。B型。専門学校生で俳優の卵。彼女いない歴9ヶ月。兵庫県出身。

調香師を目指すさわやか男子。

好きなタイプは「うるさい位元気で犬みたいな子。」

三代目J SOUL BROTHERSにいそうなイケメン。

 

【こづけん】

22歳。AB型。フリーター。彼女いない歴22年。

恋愛経験なしのピュアボーイ。

好きなタイプは「作り込んでいない素の人」

顔はとても綺麗(ちょっと山P似!?)だけど、ちょっと女の子っぽい雰囲気。小学校2年生の時から吃音があったので、面接の時にも喋るのが苦手そうだった。

 

「自分に自信が持てず、いつも女の子に友達に見られてしまう。最近は男らしくいようとは思っている」

 

面接中ににこるんが「頑張ってる感よし!」と書き込み、好印象だった様子。

 

 

【マキジェイ】

22歳。A型。バリスタ・ダンサー。彼女いない歴2ヶ月。

ニコルプロデューサーイチオシの”まっすぐな男”。

 

好きなタイプ

優しくてふわふわしている子。

好きなタイプがカケルと丸かぶり。

 
 
コイントス指令メール
コイントスの指令メールが届きます。

男性メンバー限定の指令。

 

「表のコインが出た男性は、第一印象が良かった女性にハグをする!」

 

表を出したのはマキジェイ。女性はこの指令を知らないので、突然ハグをしたらきっとドン引き。タイミングを掴むのが難しいところ。

 
 
女性メンバーと合流
さて、女性メンバーが3人やってきます。

男4人に対し、女性が3人なのも苦しいところ。

 

 

【ビアンカ】

20歳。O型。モデルの卵。彼氏いない歴2年2ヶ月。

バレー講師の資格を持つバイリンガル。

父親が日本人、母親がオーストラリア、アイルランド、スペインの血が入っている。

出身は大阪。顔はめちゃくちゃ美人系、でも喋り方は控えめでふわふわ系に見える。

 

【茜子】

22歳。血液型不明。彼氏いない歴3ヶ月。

サーフィンが趣味のハイテンションガール。顔はハーフ系だけど、純粋な日本人。

モデル兼タレント。

東京で姉と2人暮らし。明るくてきゃぴきゃぴしている感じ。眉毛が太いのがチャームポイントで元気系。

 

【ちぃ】

24歳。A型。音響アシスタント。彼氏いない歴1年4ヶ月。千葉出身。

一途な恋愛がしたい。

ちょっと笑顔が少なく、人見知りがち。

 

 

とりあえず自己紹介が終わり、微妙に男女で距離をとりながら黙り込んでしまい、「北海道初めて?」や「みんな東京に住んでるの?」などのどうでも良い話をぽつりぽつりとしながら7分が経過。現在気温がマイナス11℃。

 

 

「寒いですね」から「ホットなことをしよう」とハグにつながるトスを上げられ、じりじりと女子に近づくマキジェイ。

そしてちぃに「ハグしていいですか?」と優しくギュッ。

「え?なんで?」と何が何だかわからない様子の事ですが、とりあえずミッションクリア!

 
 
にこるんの人選裏話
スタジオゲストはサバンナ高橋、藤田ニコル、小関裕太、りゅうちぇる、神部崎美咲。

にこるんに人選の裏話を聞いてみると、まずカケルは“中身のないウェイウェイ系男子“

場を盛り上げる役。

 

蓮はビジュアル担当。

しかし蓮は自分にあまり自信がない。そこがまたいいかも。

 

こづけんは一生懸命話した熱意が伝わったので。

 

マキジェイは、オーデションを見ていていろんな人がいる中で「ただのかっこいい人」「ただのくそったれ」みたいな人がいる中、「自分から恋をしに行く」と言う姿勢が見えてかっこよかった。

その割に、ハグがなかなかいけなかったのですが…。でもあれはかなりタイミング難しかったですよね?

最初に「はじめまして!」の流れで言ってしまえば簡単だったかもしれないけど、対象が1人というのが難しかったし、いちどタイミングを逃してしまったので行きづらかったと思います。しかも選んだのがちぃだったので、人見知りだし、ちぃは「嘘が嫌い」と言っていた女の子。1番行ってはいけない相手だったかもしれません。

 

小関がちょっと気になっていたのは、茜子。神部の事務所の後輩だそうですが、ニコルが心配していた「テレビに出たいだけで、最終的に恋より仕事をとるタイプなのでは?」と疑わしいですが。

 

神部曰く茜子は「ナチュラルに相当なバカ」と言うことで、それほど計算高くは無いそう。

 

 

りゅうちぇるのイチオシで、ビジュアル的にはビアンカ。実際面談をしてみた印象は、「ずっと笑っているので、ムードメーカーになりそうなタイプ」とニコルPは読んでいます。

 
 
ハグの行動に女子はドン引き
さて、ちぃにハグをしたマキジェイに聞いてみると…

マキジェイ「地獄でした。印象は悪いと思うので、取り戻したい」

 

そんなちぃは「事故?電車とかで人とぶつかったのと同じ。全くドキドキしない」

茜子「何してるの?ギャグ?と思った。あんまり好きじゃないかも」

ビアンカ「あれはちょっと…ない。」

と女性陣はマキジェイの行動にドン引き。

 
 
男性陣の第一印象
さて、マキジェイはちぃを第一印象で選びましたが、他メンバーは…

 

カケル→茜子。笑顔が可愛かった。

蓮→茜子。ハキハキ喋っていて明るかった。笑顔も可愛かった。

こづけん→茜子。すごく目があった気がした。すごい見られていた気がした。それで気になっちゃった。

 

ということで、茜子が一番人気!

 
 
みんなで食事
とりあえず食事の席につき、実質的な距離も縮まったことで話しやすくなった様子。最初に話題を振ったのはこづけん!喋るの苦手って言ってたのに、頑張ってるなぁ!

 

「今までどんな恋愛をしてきたの?」ちょうど対面に座っていたのが1番気になっている茜子。こづけん「何人くらい付き合ってきたの?」

経験がないからなのか、結構聞きにくいことをズケズケ聞く…。

 

茜子の答えは「4人」

 

カケルが「4人なら少ない方なんちゃうん?」と言うと、今まで誰とも付き合ったことのないこづけんは「えっ!?」と裏声でびっくりしてしまいます。

 

「どんな人がタイプなの?」とカケルが聞くと、「男気のある人」

これにはこづけん「マジか…」と落ち込んでしまいますが、「この中で言うと誰?」とまた核心に迫る質問を… (笑)

 

これはカケルが「こづけんまだ早い!まだ出会って飯食ってるだけだから!」と止めたので、茜子の気持ちはわかりませんでした。

ここでどんな風に答えるかと言うのでも人間性見えるから、答えを聞いておきたかったなぁ?

 

 

こづけんの興味が茜子にばかり行くので、カケルが今度はマキジェイに話を振ります。

「人と付き合うと長いタイプ。前の彼女は3年半。その前も2年とか」

カケル「付き合った人数は?」

マキジェイ「3人かな」

 

マキジェイの話に「誠実なんだな」とみんなが感心していると、ちぃが「でも人数で誠実かどうかわからないよ?」とさっきのハグを恨みに思っている様子。

蓮が「こづけんは?」と聞くと「0です」と正直に答えます。一瞬みんなが固まってしまい、こづけんは話をそらそうとしますが、茜子が「付き合った事は?告白した事は?」と話題を広めます。

「自信がない。絶対振られるじゃん!」と言うこづけんに、茜子が「わかんないよ!女の子って、告白されて私のこと好きなんだと思ってから気になるパターンあるよ?」とアドバイスすると、「…いやー!」とめちゃくちゃ可愛い反応。場が和みます。

 

 

こづけん、かなりいいキャラかも…!

 
 
カップルで写真撮影
7人がやってきたのは雪の美術館。マイナス15度でアナ雪の世界のような氷の世界を体験できると言うデートスポット。男性はタキシードで、女性はドレスを着て写真が撮れるサービスがあり、みんな衣装に着替えて女性たちが登場。本当にみんな綺麗ですが、男性陣の目は派手派手な衣装を選んだ茜子に釘付け!

 

ここで女性メンバーが、一緒に写真を撮りたい男性メンバーを指名!これはちょっとドキドキしますね!

 

茜子→ カケル

男っぽい人が好きと言っていたので、これはわかりますね。見た目もお似合いだし。カケルが茜子をお姫様抱っこして写真撮影。

 

ビアンカ→蓮

茜子狙いの蓮も、選ばれてうれしそう。

 

ちぃ→こづけん

なんかそんな気がしました!嘘が嫌いなので、1番誠実そうで安心できる感じですもんね。

緊張しすぎてカメラマンに「難いですよ」と怒られるこづけん。

2人とも直立不動でスキンシップもなく、七五三の写真みたいでかわいい(笑)

 

 

1人選ばれなかったマキジェイ。やはり最初のハグが印象悪すぎたのでしょうか…。これは辛すぎですね。

 

スタジオでは…

りゅうちぇる「本当に優しくてかっこいいんだけど、運だけ悪い男っているよ」

第1話の感想はここをクリック
にこるんのイチオシのマキジェイが、1話では1番モテていなくてニコルのプロデューサーとしての目が疑われるところでしたね(笑)

すごくいい人そうなのはわかるけど、顔的にも蓮やカケルがワイルド系かっこいい形で、こづけんが綺麗な美形なので、ちょっと3人に見劣りしちゃうのかなあ…。

 

優しい男って「気持ち悪い」と思われるとそのイメージを払拭するの大変なんですよね…。やはりコインの指令が悪い方に効きすぎちゃってるんじゃないかなと思います。

 

見た目や雰囲気で茜子が1番モテるのはわかる。自分に自信のある男はみんな茜子にいきそう。

 

ビアンカは美人だけど、ああいうハーフ系の顔って日本人男性にはもてない。ちぃはよく見ると顔は綺麗だけど、地味だからあまり目立たない。でも、そういう控えめな女の子が好きって言う男には受けるかもと思いました。特に自分に自信のない感じのマキジェイやこづけんはちぃみたいな女の子の方が安心するのかなあと。

 

こづけんは最初は茜子がいいって言ってたけど、ちぃに選ばれたことでちぃに心変わりする可能性ありますね。

でもちぃはマキジェイに対してのあたりがきつくて、控えめで優しい子ならいいけど、地味だけで実は性格悪いのかも?と思ってしまいました。

恋んトス シーズン10の内容

公式サイト

オモテかウラか!?
一枚のコインで運命が変わる恋愛リアリティショー「恋んトス season10」
 
恋がしたい見知らぬ男女が北海道の旭川市で期間限定のリゾートバイト!
接客、メンテナンス、DIYなど共同生活で共に汗を流し過ごす。
恋愛あり!友情あり!ケンカあり!?そして‥‥‥涙
 
しかし、コインの指令は絶対。オモテを出すかウラを出すかで翻弄される恋の行方。
果たして本物の恋は生まれるのか!?
メンバーの恋が動き出す。
 
<出典>Paravi公式

 
<出演者>
 

高橋茂雄
藤田ニコル
りゅうちぇる
小関裕太
神部美咲

フル動画を配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

恋んトス シーズン10の感想

30代女性

芸能人も見守ってくれる中での恋愛なので少しだけ安心して恋愛をすることが出来ると思いました。指令メールが来るとコインを投げてハグが男性から女性に対して出来るのも恋愛経験の一つのことだと思います。恋愛経験がありそうなのに恋愛経験がない人もいるのがみんな均等ではないのがちゃんと考えてバランスを持って恋愛が出来るのも良いです。メンバーも途中からだんだん増えてくれて同じメンバーで恋愛をするのが飽きないようにしているのも良いです。でも、かなりの突然で訪問してくるのも視聴者をドキドキさせるところもあって楽しむことが出来ています。こづけんが積極的に告白をしてくれていて恋愛経験がないのに茜子ちゃんをドキドキさせてくれていました。やっぱり男性から好きになったら自分からいってほしいのは理想的です。クネクネした感じの男性もいないので良かったですが、天使部屋になってお互いに別々の部屋で過ごしているときにカケルの態度がイラっとしました。星南ちゃんとしか話をしてくれていないのも明らかにわかるし空気を読んで黙ってくれているところにもっと男性が気づいてあげるべきなのに紳士じゃないなとイラっとしました。恋愛をするところかもしれないですがそれ以上に同居もしていることも考えてほしいと思いました。

30代女性

動画配信サービスを利用するようになってだいぶ経ちますが、この作品は夢中になりました。まず、タイトルに興味を持ち、どんな内容だろう、とドキドキしながら見ていました。初回から目を通してはいたものの、内容を理解するまで時間が掛かりました。しかし、話がどんどん進んでいくうちに少しずつ理解できるようになり、この面白さはズルい、と思えるようになりました。最後まで見てから友人に勧めましたが、友人も面白いね、と言ってくれました。幸いなことに何度も自分の好きな時間や通勤時間に楽しめるのでこの作品を見て元気を貰ったり、主人公が恋愛に向かっていく姿勢を真似したり、と少なからず影響を受けています。作品のお陰なのか、以前は割と引きずりやすい性格だったのですが、今では主人公のように前向きな思考になって過ごすのが楽しくなりました。私は恋愛系のドラマでこんなにはまるなんて考えてもいませんでしたし、予想もしていなかったのですが、恋ントスを見てからは恋愛に興味を持つようになりました。考え方も変えてくれる作品には感謝しきれません。出合えて良かった、と思います。まるで恋愛の教科書のような素晴らしい作品をありがとうございました。

20代女性

今までの恋んトスシリーズもすべて見ていますが、今回一番違うのはなんといってもにこるんがオーディション審査をしたことだと思います。ちょっと思ったのは男子メンバーはわりと個性的でみんないいキャラしてるなーと思ったのですが正直女性メンバーはあまりこの子応援したい!みたいな子がいなかったかなって感じです。強いて言うなら追加メンバーのせなちゃんはかわいいなと思いました。こづけんとちぃのペアはほのぼのしていて応援していたのですがまさかのこづけん茜子なんかい!と思ってしまいました。ちいも途中で脱落してしまったし一番くっついてほしかったので残念でした。一番見ていて気分よくなかったのはれんと茜子です…笑(みんなそうだと思いますが)恋んトスって元々恋愛苦手な人が真剣な恋愛を探しに来てるからこそ応援したくなるという良さを持っているのに、この2人はちょっと恋んトスっぽくないかなと思ってしまいました…逆に最初はカケル嫌だなーって思ってたけど意外といい男じゃん!と思いました(笑)まあ一番はとにかくこづけん推しでした。重い空気とかのときに頑張って慣れないギャグをぶっこんでくるとことか本当にかわいかったです。サバンナ高橋さんのコメントは安定におもしろい!

50代男性

男女7人が寒い冬を向かえて恋する物語です。コインの裏か表で決めてしまう運が頼りの恋んトスです。運も実力の内とは言いますが、こればかりは分かりません。恋愛に対して熱くなるのは20代までだと思います。恋という漢字は変に似てることから気持ちにも変化がありそうです。三角関係になったりヤキモチ焼いたりするのが恋です。若い時は、恋愛に対して積極的ですがとしを重ねると非常にくだらないことをしていたと思う日が来ます。同じ部屋に住むとストレスが溜まり、相手の嫌な部分が見えてきます。恋んトスは部屋割りもコインで決めるので、嫌な相手を引いてしまうと恋どころではありません。同じ部屋に住むと、好きなテレビが見れない、寝る時間それぞれ違う、好きな時にトイレやお風呂に入れないなど問題が出て来ます。一人の方が気楽でいいという人は、過去にそういった経験をしてるから言えるのだと思います。恋愛なんてくだらないと思う時、自分もいよいよ年をとってしまったなと感じます。つき合うことになっても、いつの間にか疎遠になっていることが多いです。目標を達成したことで、どうでもよくなった感じです。恋はやはり難しいので勉強では解けない問題です。

20代女性

大好き過ぎる恋んトス。シーズン10も良かったです。やらせとか、色んな声もありますが、見ている方はもちろん、出演者達が恋愛して成長できればそれは番組として大成功なのではも思っています。個人的には、にこるん同様マキジェイ押しだったのでちょっと燃焼不足..的な感じはありますが。でも、一人一人の成長という観点ではシーズン10は最高でした。自分に自信がなかったこずけん、はじめはどう自分を表現して良いか分からず、ぎこちない要素もたくさん見えましたが、でも最後は考え方も、そして行動からも男らしさが出るようになっていて拍手拍手です。生い立ち、育った環境によって作られた自分のネガティブな性格を変えるって本当に難しいと思うけれど、恋愛を通してまずは弱い自分ととことん向き合っていったこずけん、感動でした。それを陰でサポートするカケル。彼は本物の紳士だと思います。蓮も、かっこよさは断トツ..でもちょっとチャラかったかなあ。ただ、ビアンカにばしっと言われたのでこれからは行動に気をつけることと思います。余談ですが、どんだけチャラくても好きになっちゃう茜子の気持ちも分かる!と思いながら見てました。最後に、恋んトスの素晴らしさはスタジオメンバーだとも思っています。全く嫌みなくいじる高橋と、ちゃんとフォローを入れるその他メンバー。これからも大好きな番組です。