リカ(ドラマ)の無料動画を1話からフル視聴する方法【最終回まで】

リカ(ドラマ)の動画を無料視聴する方法

「リカ(ドラマ)」

フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」

第1話から最終回まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

< FODプレミアムのおすすめポイント>
 
・フジテレビ系列の人気の月9ドラマなどフジテレビ作品が5000本以上見放題
・FODでしか見ることができないオリジナル配信作品も配信中
・アニメ、海外ドラマなどFOD独占でラインナップ!話題の新作映画も
120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌や女性誌までラインナップ
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々880円(税抜き)で継続でき、毎月最大900ポイントもお得
 
<FODユーザーの声>

20代女性

月9ドラマが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れたのでビックリした!月額制だけど、スマホのアプリで見れるし、お手軽に楽しめる。また、FOD限定配信ドラマとか、地上波で放送されないきわどいドラマもあり、面白い♪スマホで見ると、通信量が気になるけど、Wi-Fiなら通信料金を気にせず楽しめるし、一気に見れるのでストレスなく動画を視聴できる。月額料金を払っているけど、雑誌も読む放題なので、待ち時間とかにスマホで動画を見たり、雑誌を見たり、時間をつぶせて本当に便利♪

リカ(ドラマ)の見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

FODプレミアム

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>最終回(第8話) 「もうあなたしかいないの・・・」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
最終回(第8話)の公式あらすじ

娘の亜矢(稲垣来泉)をリカに誘拐されたと確信している本間(大谷亮平)は、刑事の菅原(藤岡正明)にリカ(高岡早紀)の自宅を特定し捜査して欲しいと依頼する。だが、行方不明や事故の可能性もある以上、今すぐには難しいと言われ・・・・・・。万策が尽きたかに見えたが、意を決した本間が捨て身の行動に出る――
 
<出典>FOD公式

最終回(第8話)のネタバレはここをクリック
リカをおびき出す
亜矢(稲垣来泉)がリカ(高岡早紀)に誘拐されたと確信した本間(大谷亮平)は、すぐに刑事の菅原(藤岡正明)に連絡をしますが、警察は事件性を認めてからでないと電話の発信元を調べることができません。まずは菅原はリカの以前の勤め先である花山病院について調べてみましたが、その当時のリカの提出していた経歴は全てが嘘だったため、リカの実態を掴むことができません。

 

警察は頼りにならないと判断した本間は、もう一度マッチングアプリのメールでリカと連絡を取ることに。

リカは本間からのメールに気づき返信をします。リカに会うために「住所教えてほしい」と探りを入れようとしますが、リカは「私が本間さんの家に行くわ」と言います。

 

菅原が外で見張りをし、本間は自宅でリカと待つことに。

 
 
菅原が殺される!
すぐに本間の自宅にやってきたリカ。菅原が電話で「花山病院」と話していたのを聞いて、刑事だと確信。躊躇なくナイフで胸を突き刺し殺害します。

 

菅原がリカをせき止めてくれる話になっていたのに、インターホンが鳴りカメラを見るとリカの顔がドアップで映っており、本間は驚きます。すぐに菅原に電話をしますが、「ただいま電話に出ることができません」のアナウンスが流れてきたため、「すぐに連絡が欲しい」と留守電を入れておきました。それから万一の時に備えてゴルフクラブをソファーの下に隠しておきました。

 

リカは部屋に入ると、結婚にとても憧れがあること、しかしいつも運命の人が不慮の事故でなくなってしまうこと、3年前の大矢(小池徹平)も自分と恋仲にあったのに、同僚の男性医師の嫉妬により大矢が殺害されてしまったことなどの妄想をペラペラと話します。

 

本間はもう一度菅原に電話してみますが、なんとリカのバックの中で菅原の電話が鳴ります。すでに菅原がリカに殺されてしまったのだと気づいた本間。

 
 
リカが本間に注射
亜矢のことを聞いてもはぐらかすばかりのリカに、ついに本間は手を挙げます。グラフゴルフクラブを振り上げる本間に「どうしてそんなひどいことをするの?私は本間さんの大切なものを傷つけるつもりなんてない」と哀願します。

 

実際リカは、亜矢を誘拐していましたが、漫画を与えたり手作りのワンピースを与えたり、とても優しく接していました。

 

しかし本間は「俺には大切な家族がいる。命よりも大事な家族がいる。それはあんたじゃない」と激しくリカを拒絶。するとリカは、突然本間の足に注射器を突き刺します。本間は動けなくなってしまいます。

 

本間は気付くと、手足を縛られ椅子に座らされていました。リカはテーブルの上にメスを並べ、また注射器を取り出します。「麻酔をするわね」リカが注射を打とうとしているのは、なんと本間の目…!

 

注射の針が近づいてきて、本間は恐怖で絶叫します。

 
 
菅原は生きていた!
すると、突然ドアが開きます。菅原でした。菅原は死んでいなかったのです。リカはメスを振り上げ菅原と菅原が連れてきた警察官に襲いかかりますが、銃で撃たれ逮捕されました。

 

 

菅原はもしもの時に備えて防弾チョッキを着ていたので無事だったのです。菅原が襲われたことにより、ようやく事件が立件でき警察が動き出したと言うわけです。

 
 
リカは亜矢をイジメから救っていた
実は亜矢は、両親の離婚と言う理由で同級生から意地悪をされるようになっていました。亜矢が同級生から意地悪をされているところを、リカが助けてくれたのです。

 

亜矢はリカの手首のアザを見つけて「どうしたの?」と聞きます。「小さい時に、お母さんに叩かれた痕なの」と悲しそうに言うリカに、亜矢はアザに手を当てて「パパがいつもこうしてくれるの。これが本当の手当てだよって。お姉ちゃんの怪我も早く治るといいね」と言って優しくしてくれました。リカはこんなふうに人に優しくされるのは初めてのことでした。

 
 
千秋が本間に謝罪
会社を無断欠勤していた千秋(夏菜)。リカの逮捕のニュースを見て、本間に全てを打ち明け謝罪しました。

 

 

リカは一切黙秘していて、しかしただ一点だけ、「本間や亜矢のことを殺すなんて事は全く考えていなかった。本間と家族になる事しか考えていなかった」と供述しているらしいです。

 

 

リカはもともとは、麻布にクリニックを持つお金持ちのお嬢様でした。両親は謎の死を遂げて、親戚の家を転々としてきたそうです。きっと家族の愛に飢えていたのでしょう。

 

千秋「雨宮さんは純愛モンスターだったんですかね」

本間「あの女のせいで、家族ともう一度やり直すきっかけとなった。煮え切らなかった俺の背中を教えてくれ押してくれたのは、あのモンスターなんだ」

 
 
リカ、再び
葉子(徳永えり)と亜矢がついにマンションに帰ってくる日。

本間はウキウキしながら3人分のカップを出し、お茶の用意をしています。するとインターホンが鳴りました。

 

「おっ、早いな」

本間がドアを開けると、、、そこにはリカが立っていました。

 

菅原から本間の携帯に着信が入っています。

そしてテレビのニュース速報では

 

「雨宮リカ容疑者、看護師を殺害し警察病院から逃走」

 

の文字…。

最終回(第8話)の感想はここをクリック
小説には続きがある?
先週の7話が終わってから、続きが気になりすぎて急いで原作を読みました!

原作のラストとほとんど同じだったのですが、実は原作の小説では文庫本になる時に加筆されたエピローグがあるそうです。

ラストでリカが看護師を殺して警察病院から逃げ出し、また本間に会いに行きましたが、そこで終わってしまうので「続きは皆さんの想像にお任せします」と読者に委ねる形ですよね?しかし加筆されたエピローグでは、その後本間がどうなったのかと言うことが具体的に書かれています。

 

結末を読者に委ねる形で終わる物語って、結末が未知”だからこそ余計に怖いと言う力を持っています。作者が結末を1つに決めてしまうと、結局それが限界となりそれ以上の怖さは生まれませんからね。

 

しかし実はこのリカの加筆されたエピソードは、普通の人が想像できる範囲をはるかに超えた恐ろしさなので、これは結末まで描いた方がより怖くて衝撃的な作品だったと思います。気になる方は、ぜひ原作の小説も読んでみてください。
 
リカがソフトな印象に
原作では、リカは見た目が異常にやせ細っていて肌が泥のように黒く、瞳に光がなく、強烈な体臭と口臭がします。高岡早紀さんのように、「28歳には見えないけれど、見た目は綺麗なんだよね」と言うような女性ではないんですね。

 

個人的には、7話でリカがタクシーを追いかけてきて、どんどん距離が縮まっていくと言うコントのようなシーンがとても面白かったのですが、あの行動からも感じられるようにリカは「本当に人間なの?」と言う疑問も抱いてしまうような人物像です。本間や菅原との対決シーンも、小説の方がより事細かに長く描写されていて、リカが本当に強くて、女とは思えない、というか人間とは思えないような力があるので、そこがまた恐怖です。

 

ドラマの方がリカのキャラクターとしてはとてもソフトになっていましたね。本当に純愛を求める可憐な少女の心を持っている女性と言った感じでした。亜矢にもとても優しくしていたし。亜矢が学校でいじめを受けているような設定はオリジナルだったので、本当にリカが本間や亜矢のことを家族として捉えていたことを強調するための設定だったのでしょう。

 

だから最後に本間を追いかけてきた時にも、このまますぐに本間を殺したりはしないのではないか?と思いました。監禁して自分の者にするとか、そのレベルかな?と。

だから断然小説の方が怖い!

<見逃し動画>第7話 「リカはストーカーなんかじゃない!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第7話の公式あらすじ

千秋(夏菜)に盗聴器を仕掛けさせ、本間(大谷亮平)と探偵・原田(柏原収史)の会話を聞いていたリカ(高岡早紀)。自分がストーカー扱いされていることにショックを受ける。会社が入ったビルの表の道を歩く本間。「たかおさん!」の声にギョッとして振り返ると、そこにはリカが立っていて・・・。
 
<出典>FOD公式

第7話のネタバレはここをクリック
タクシーを追いかけるリカ
リカ(高岡早紀)が、坂井(内田健司)を含む今までの不審死の全てに関わっていたと知った千秋(夏菜)。自分も同じように殺されると恐怖を覚え、リカの言いなりになり会社に盗聴器を仕掛けます。そして随時、探偵の原田(柏原収史)の情報をリカに送ります。

 

盗聴器で原田と本間(大谷亮平)の会話を聞いたリカは、自分がストーカー呼ばわりをされていることに激高。「リカはストーカーなんかじゃない!」

 

本間は受付に、「”雨宮リカ 自称28歳”と言う女性が来ても、絶対に通さないでほしい」と頼み外出します。すると会社の外で、リカが本間を待ち伏せしていました。

 

走って逃げる本間。

追いかけるリカ。

本間はタクシーに乗り込みます。

 

走っているタクシーに、なぜか急激な勢いで走って迫りくるリカ。赤信号で止まったタクシーの窓に、追いついたリカがの顔が窓越しにバンっ!と急に現れ、びっくりする本間。

 

何とか高速道路に逃げ込みリカを振り切りました。

 
 
原田が殺される
リカから脅しを受け、原田が毎晩本間のマンションの前で見張りをしている情報を千秋は与えます。

 

すると翌朝、原田が川に転落して死亡したと言うニュースが流れます。リカが原田を待ち伏せし、何かの薬を注射器で投与したのです。

 

ニュースを見た千秋と本間はリカの仕業だと確信しますが、原田の死に事件性はなく単なる事故として処理されてしまいます。

 

しかし、生前原田が相談をしていた元同僚の警察官は、原田がいつも肌身離さず持っていた手帳とタブレットが川から発見されていないことを疑問に思っていました。そしてそれらは、リカが自宅に持ち帰っていました。

 

元同僚は、「リカにはおそらく協力者がいたはずだ」と本間に言っていました。そこにちょうどお茶を出しに来た千秋は、いつ自分のことがバレるかと思うと、気が気ではありません。

 

自分のせいで坂井だけではなく原田までもが死んでしまったことにショックを覚え、千秋はその日具合が悪くなってしまい早退をしました。

 

 

翌日、千秋は無断欠勤をしています。上司から千秋の自宅の電話番号を調べるよう指示された本間は、履歴書を見て千秋が花山病院に勤めていたことを知ります。原田が手に入れてくれた花山病院のスタッフリフトには、結婚していた頃の”丘留千秋”と言う名前で登録されていたので、その時は気づかなかったのです。

 

千秋がリカと接点があったことを知り、協力者は千秋だったのだと確信する本間。

 

 
 
亜矢が誘拐される
立て続けに身近な人間が狙われたことで、今度は家族にも危険が及ぶかもしれないと考えた本間は、妻の葉子(徳永えり)にリカの存在のことを話します。葉子の不倫で別居をしていましたが、今回のことで「自分にとって1番大切なのは、葉子と亜矢だ」と気づいた本間は、妻の不倫を許し、夫婦の絆は復活しました。

そんな中、葉子から「亜矢が学校から帰ってこない」と言う連絡を本間は受けます。

 

千秋から亜矢(稲垣来泉)が写っている写真を入手したリカは、その隣に自分の写真を切り抜いたものを張り合わせ、「3人家族。素敵…」と妄想にふけっていました。

 

そして、本間との電話がつながらないことにいら立ちを覚え、その写真に書かれていた小学校名に目をつけます。

 

本間はずっとリカからの電話は着信拒否していましたが、拒否を解除します。するとすぐにリカから電話がかかってきます。

 

やはり亜矢は、リカが誘拐しているようです。つい声を荒らげてしまった本間に、リカは「怒鳴らないで」と言って、母親にずっと虐待を受けてきた過去を話します。リカは過去の経験から、子供を怒鳴ったり、寂しい思いをさせたりする母親には絶対ならないと心に誓っています。

 

リカは「たかおさんが私の気持ちをわかってくれるまでは、もう連絡しない」と言って電話を切ってしまいます。

 

リカが部屋に戻ると、ベッドに横たわる子供の足。しかし、びくとも動きません。

果たしてそれは亜矢の足なのでしょうか?そして亜矢は生きているのでしょうか…!?

第7話の感想はここをクリック
タクシー追いかけるシーンがコント
最初のリカがタクシーを追いかけてくるシーンに、思わず声を出して笑ってしまいました。なんで車でアクセル踏んでいるのに、だんだんリカが近づいてくるの!?リカがターミネーターに見えた(笑)

 

でも深夜ドラマは、ありえないコントな状態を出演者たちが真面目に演じるから面白い(笑)もっともっと振り切ってほしいです。

 
 
警察もみんな無能?
そして、原田が事故死として処理されてるけど、ぶっとい注射器で刺されてたよ?なぜ気付かない?

 

本間が葉子にストーカーに狙われてるって話したばっかりなのに、どうして亜矢を一人で歩いて帰らせるの?そこまでヤバいやつで何人も死んでるって聞いたら、私なら絶対に送り迎えするけどなー。

でも、深夜ドラマにツッコんだら話進まないから、そこはスルーしたほうがいいですね。

 
 
千秋殺された?
千秋が無断欠勤と言う事ですが、もうすでにリカに殺されちゃったのかな?でも千秋は実家暮らしだったから、殺されて発見されないと言う事はないか…。恐怖のあまり、実家に引きこもって会社に連絡すら入れられずにいるか、もしくはどこか遠くに逃げた?

それでもリカはどこまでも追ってきそう…。

 

もう来週は最終回なんですね!小説のリカには続編もあるようなので、リカが逮捕されたり死んだりすることはなさそうですね。また小池徹平編の時のように、うまく事故に見せかけて全てを終了し、ひょうひょうと他の場所で生きてそう。

でもお願いだから、子供には手を出さないでね…。

<見逃し動画>第6話 「私、いいお母さんになるから!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第6話の公式あらすじ

リカ(高岡早紀)から執拗に来る電話やメールに本間(大谷亮平)は困惑していた。リカが働いている会社にまで尋ねてきたので、正直に事情を伝え、謝罪する事にする。映画の企画のリサーチのために文通アプリに登録したと言い謝る本間。それに対しての、リカの反応は、意外なものだった――
 
<出典>FOD公式

第6話のネタバレはここをクリック
本間がリカに謝罪
リカ(高岡早紀)が本間(大谷亮平)の会社まで訪ねて来ました。恐怖を覚えた本間は、「1日外出していて直帰すると伝えて欲しい」と受付に頼みます。

 

坂井(内田健司)にアドバイスされ、一旦着信拒否を解除した本間。するとすぐにリカから電話がかかってきます。本間は正直に「マッチングアプリに登録したのは映画のリサーチのためだった」と伝え謝罪します。

 

リカは「直接会って私の目を見て説明してほしい」と言うので、本間はリカに会いに行きます。リサーチ代として30,000円を渡して「もうこれで最後にしてほしい」と頭を下げる本間ですが、リカは別居中の奥さんや娘の話を持ち出します。家族の危険を感じた本間は思わず「どうして家族のことを知っているんだ!」と声を荒らげてしまいます。

 

しかしリカは冷静に微笑み「運命の人だからよ」と答えるのでした。

 
 
千秋がリカに協力
どうしてリカが本間の家族のことを知っていたかと言うと、千秋(夏菜)から聞いたからでした。

 

本間の会社から帰ろうとしたときに、千秋(夏菜)に気づきリカがお茶に誘ったのです。千秋は離婚して実家に戻り、病気の父親の入院費なども世話しなきゃいけなくて生活が大変そう。リカはお金を渡し「困った時はお互い様よ」と言いました。

 

その後、リカは「アルバイトしない?」と千秋を呼び出し、本間の自宅の住所を聞き出したり、本間はリカから逃げるために携帯の番号を変えましたが、その新しい番号を教えてもらったりして、その見返りにお金を渡していたのです。

 
 
探偵がリカを調べる
本間が自宅にいるときにインターホンが鳴り、カメラには誰も映っていなかったので外に様子を見に行くと、誰もいませんでした。しかし、部屋に戻ってみると、玄関のドアに本間がリカに渡した30,000円と謝礼袋が貼ってありました。

 

リカが自宅まで来たことに恐怖を覚える本間。そしてその直後にリカから電話がかかってきて、変えたばかりの電話番号がもうバレていることに驚愕します。

 

 

本間は坂井の勧めで探偵映画の監修をしていた探偵の原田(柏原収史)に相談し、リカのことを調べてもらいます。坂井はマッチングアプリを勧めたのは自分なので、責任を感じているのです。

 

原田は花山病院での事件のことを調べ上げて、リカのことを「巧妙な手口を使うとてつもない頭の良いモンスターかもしれない」と言います。

 
 
坂井が邪魔者認定
リカはまた千秋を呼び出します。そして携帯電話型の盗聴器を会社に仕掛けて欲しいと言ってお金を渡します。千秋がお金を受け取り帰ろうとしているところに、坂井が入ってきました。

 

リカと千秋が一緒にいたことに驚いた坂井は、千秋が店を出て行った後リカと話をします。そして「本間さんは本当に迷惑しているから、もうこういうことをやめてくれませんか?」と頼みますが、リカは全く話を聞かずに「私と本間さんは誰よりも分かり合っている」などと話し続けるので、「キモいんだよ”このストーカーが…!」と言ってしまいます。

 

 

坂井が出て行った後、リカの舌打ちと「死ねばいいのに…」が出てしまいました…!

 

 

その後、坂井は歩道橋の階段の上から突き落とされ、死亡してしまいました。

 

 
 
リカが千秋を脅迫
その日の帰り道、リカから千秋に電話かかってきます。坂井から探偵を雇ったことを聞いたり彼は、そのことを何か知っている事はないかと千秋に尋ねます。

 

千秋は坂井が亡くなったと伝えますが、リカは驚きません。

 

リカ「あなたが坂井って人を殺したようなものですものね。だってあなたがアルバイトで本間さんのことをいろいろ教えてくれたから、私は素直に行動してただけなのに、あの坂井って言う人は私をストーカー呼ばわりするから」

千秋「だからあなたが栄さんを殺したんですか?」

 

恐る恐る千秋は聞きますが、リカは答えません。

 

また「探偵のことを調べて教えて欲しい」とリカに「もう協力できない」と千秋が言おうとすると、「千秋さん、あなたはリカの仲間よ。坂井さんみたいになりたくないでしょう?」と脅してきました。

 

花山病院での事件の数々も、全てリカのせいだったと悟った千秋。

しかし自分も殺されるかと思うと、もう引き返すことができません。

 

 

会社に原田が訪ねて来ました。原田と本間が打ち合わせ室にいる様子を、千秋はこっそりと撮影し、原田の写真をリカに送ります。そして本間のデスクの引き出しから原田の名刺をこっそり盗み出し、会社の場所の情報も教えました。

 

リカは続いて「次はたかおさんの娘とたかおさんが”別れたがっている”奥さんのことも調べて」と千秋に指示を出すのでした。

第6話の感想はここをクリック
千秋も危ない
坂井はあまりにもあっけなく殺されてしまいましたね…。

 

すべての事実を知ったけどもう引き返すことのできない千秋ですが、協力したところで絶対最後は殺されるから早く会社を辞めて逃げて欲しい…!

 

花山病院の時のあのナース仲間だって、仲良くしているように見せかけてちょいちょい利用されて、最後は全然関係ないのに呼び出されて一緒に殺されてしまったし。

 

リカは邪魔者認定したものだけではなくて、簡単に関係ない人も殺すから怖い。

 
 
倖田來未のゲスト出演
全然必要ないシーンで倖田來未さんがゲスト出演していましたね。倖田來未さんのCMも入っていたし、主題歌担当しているからここぞとばかりに宣伝してきますね~。

今回の主題歌もミステリアスで怖い感じで、ドラマに合っていますもんね!

でもリカは主題歌の印象よりも、オープニングの印象の方が強いかな~。

<見逃し動画>第5話 「やっと出会えた・・・運命の人」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第5話の公式あらすじ

映画会社・宝映に勤めるプロデューサーの本間隆雄(大谷亮平)は、映画のリサーチの為に、マッチングアプリに登録する。別居中とは言え、妻子ある身としては、本来必要無いのだが・・・。そんな本間が書いた“神宮寺たかお、年齢・38、職業・作家”という嘘のプロフィールに興味を持ち連絡を取ったのは、リカ(高岡早紀)だった――。
 
<出典>FOD公式

第5話のネタバレはここをクリック
マッチングアプリでの出会い
リカ(高岡早紀)は、大矢(小池徹平)が死んでから3年、いまだに大矢のことが忘れられずに部屋に閉じこもって暮らしていました。世話焼きの宅配業者の人から、「マッチングアプリで出会いでも探してみたらどうか?」とアドバイスされ、試しにそのマッチングアプリを見てみました。

 

 

一方、映画会社に勤めるプロデューサーの本間隆雄(大谷亮平)は、今度やる映画「作家の恋」の企画のストーリー(文通から始まる恋)のリサーチのために、アシスタントプロデューサーの坂井政司(内田健司)に勧められ、マッチングアプリを自分のスマホに入れました。ストーリーに出てくる主人公に合わせて職業を「作家」とし、名前も作家っぽく「神宮寺たかお(たかおは本名)」で登録しました。

 

さっそく何人かの女性からメールが来ますが、「太っている人はNG」や「年収いくら以上じゃないとダメ」などと偉そうな条件をつけてくる女性には、メールのやり取りをする気も起こりません。そんな中、リカが送ってきた「3年前に彼氏と別れて以来、寂しく一人暮らしをしている」と言うメールが目に留まり、リカとメールのやりとりを始めます。

 
 
リカのストーカー開始
早速一晩で山のようなメールの返信量というリカの異常性が発揮されますが、本間は「返信の多い人だなぁ。リサーチ相手としては都合がいいけど」くらいにしか思わず、まだリカの異常性に気づいていません。

 

原作のストーリーでは、文通から始まって実際に会ってから恋が動き出すので、リサーチのためにリカにも「いちど会いませんか?」と誘います。すると早速リカから電話がかかってきます。本間は何気なく「(リサーチ相手として)ちゃんと相手をしてくれるリカさんがいてくれてよかった」と言いますが、リカはその言葉を聞いて大矢から「あなたがいてくれてよかった」と言われた時のことを思い出し、また「自分が選ばれた!」と勘違いして舞い上がってしまいます。

 

しかも本間が指定してきた店は、大谷と出会ったのと同じ店。ますます運命を感じてしまいます。

 

初めて会って「28歳です」とリカに自己紹介され、ちょっと本間は戸惑います。

リカのほうは本間にあってすぐに「運命の人だ!」と思い込んでしまい、早速本間にもらったガーベラをハーバリウムにして大切に保管します。そして本間にメール攻撃をしますが、「リサーチとしてはもう充分済んだ」と本間のほうはメールを返さなくなってしまいました。リカは非通知で30件以上も本間に電話をし、本間は恐怖を感じます。

 
 
リカが本間の会社に乗り込む
そしてついにリカは本間の職場にまで押し掛けてきてしまいます。本間と初めて会ったとき、仕事のトラブルで呼び出しの電話があって途中で本間は帰ったのですが、実はリカは後をつけていました。

 

それで会社の場所を知り、同僚が「本間さん」と話しかけていたのを聞いていて、「神宮寺」と言うのは偽名で本名が「本間」だということも知っていたのです。

 
 
SNS情報通の千秋再び!
受付で「本間たかおさんはいらっしゃいますか?」と尋ねているリカの姿を、千秋(夏菜)が見ていました。花山病院で事務をしていたSNS情報通の千秋は、転職して本間の会社で働いていました。

 

千秋は花山病院のナースとしてリカの顔を知っているので、思わぬ再会に驚きます。

 

本間の部下の坂井も、リカが本間のメールの相手だと気づき驚きます。

 

 
 
本間は別居中
本間には妻(徳永えり)と娘の亜矢(稲垣来泉)がいますが、今妻とは別居中。娘とも離れて暮らしています。撮影で家族をほったらかしにする本間に愛想つかして、妻が会社の上司と浮気をしたのが原因でした。

 

今では妻は不倫相手とは別れているようですが、まだ夫婦の仲は修復していません。しかし、本間は亜矢を溺愛しています。

 

来週は、リカの手が亜矢にも及びそうで…。

第5話の感想はここをクリック
今回は男が悪い!
小池徹平さんの時は、本当に何も悪いことをしていないのにリカに目をつけられ恋人も自分も死んでしまった大矢がかわいそうだったけど、今回は取材目的で適当に女の心をもてあそんで、取材が終わったらもう用済み!放置!と言う本間が悪いので、ちょっとリカを応援したくなっちゃう。

 

マッチングアプリで本気で結婚相手を探そうとしている女性も実際いるのに、こんな適当な気持ちで弄ばれたらかわいそうですよね。リサーチって言っても、大した事リサーチできてなかったし。

 
 
柏原収史が殺される?
冒頭の回想シーンで、何人か男性が階段から突き落とされて死んでいたので、これが今までリカが殺してきた男たちなのかな?と思ったけど、柏原収史さんがいましたよね?今後本間との仲を邪魔するものと認定され、殺されてしまうのでしょうか?

 

公式サイトで確認したら、元刑事の探偵で本間に雇われてリカを追跡する…という役柄のようです。確かにリカに狙われそうですね…。

 

来週は早速、本間の部下(オリラジみたいな人)が殺されてしまいそうですね。

<見逃し動画>第4話 「私の何がいけなかったの!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第4話の公式あらすじ

警察は藤鐘(安藤玉恵)が小山内(池谷のぶえ)の人工呼吸装置を切った後、自殺したと断定。大矢(小池徹平)は何かの間違いだと声を荒げるが、大次郎(西岡徳馬)は事件を穏便にすませるように警察に頭を下げる。そんな中、リカ(高岡早紀)に対する考え方でも意見が分かれ、大矢と大次郎の対立は決定的になり・・・。そこにリカの狂気の愛が襲いかかり、絶体絶命の大矢に悪夢のような展開が待ち受ける!衝撃と戦慄の第1部完結!
 
<出典>FOD公式

第4話のネタバレはここをクリック
リカの本性に気付く刈谷
小山内(池谷のぶえ)と藤鐘(安藤玉恵)の死亡について鑑識が調べたところ、藤鐘が小山内の呼吸チューブを外した後に自ら睡眠薬を飲んで自殺した、と言う見立てになってしまいました。藤鐘の白衣のポケットに睡眠薬が入っていたこと、「小山内さんを襲ったのは自分だ。責任を取って一緒に死にます」と言う遺書が残されていたからです。

リカ(高岡早紀)は、大矢(小池徹平)と真由美(山谷花純)のことを調べてくれた謝礼を刈谷(増田修一朗)に払おうとしますが、刈谷は「あんたとは関わりたくない。金もいらない」と言います。

 

刈谷は小山内と藤鐘を殺したのがリカだということに気づいているのです。

 

 
 
院長が殺される!
リカは院長(西岡徳馬)に、大矢がストーカーに追い回されていると吹き込みます。院長は真由美を呼び出し、リカを大矢の婚約者として紹介します。リカは堂々と真由美にいつもの自己紹介。

「雨宮リカ、28歳です」

 

それを聞きつけた大矢は、院長に抗議に行きます。そしてリカが面接の時に持ってきた日本医師協会前会長の推薦状が偽造だったこと、小山内と藤鐘を殺したのもリカの可能性が高いこと、自分のペアンの置き忘れをリカが仕組んだ事件についても洗いざらい告白します。

 

しかし院長は信じてくれません。そして二人は口論になります。

「自分の医療ミスまで彼女のせいにするなんて!そんな奴にこの病院を譲るわけにはいかない!」

「病院を辞める覚悟はできています」

「この裏切り者!お前なんてクビだ!」

 

院長と大矢の中は完全に決裂。ちょうどそのやりとりをリカが見ていました。

翌朝、院長が亡くなりました。死因は心筋梗塞による心不全。

大矢は自分が喧嘩をして興奮させてしまったことが原因だと自分を責めます。

 

しかし床に枕の羽毛が飛び出て落ちているの発見します。まさか院長が大矢をクビにしようとしたから、リカが枕で院長の口を塞いで窒息死させたのか…!?

 
 
告発の決意
大矢は職員を全員呼び出し、「病院を閉める」と宣言します。職員たちはざわめきますが、1ヵ月ほどの余裕を持って患者さん全員の移送、職員の次の働き口を責任を持って探す事を条件として、閉院するといいます。

 

大矢はすべてを警察に告発する意思を固めていました。真由美は全てを聞いても「どんなことがあっても、あなたの味方」と言ってくれました。

 

それでもリカの勘違いは止まりません。服院長室に入ってきて大矢になれなれしく話しかけますが、大矢はものすごく冷たい態度。今までのリカのしてきたことについて、警察に捜査依頼を出すと宣言します。怒る大矢に、また子供のように怯えるリカ。

 

「どうして怒るの?リカが何か悪いことをした?私はあなたを助けたかっただけ。愛しているから」

「愛されたら迷惑なんだよ!」

 

その言葉にリカは傷ついて、部屋を駆け出して行きました。

 

大矢が真由美の安全を心配して留守電にメッセージを残しふと振り向くと、部屋を出て行ったはずのリカが真後ろに立っていました。そしてリカは注射器を振り上げ、大矢に突き刺し、何かの薬品を投与します。

 
 
真由美が殺される!
大矢が目覚めると、目の前には結婚式のベールをかぶったリカがいました。「大丈夫よ、あなたを苦しめる邪魔者には消えてもらったから」

大矢が急いで真由美の実家に電話をすると「真由美なら帰ってないわよ?」と何も知らない様子。リカは「ストーカーならちゃんと始末したわよ。隣の古い病棟に行って確かめて」と言います。

 

すぐに大矢が確認に行くと、首を締められて死んでいる真由美がいました。そしてそこに現れたのは、花山病院の医師の柏手。

柏手は人のいい医師で、妻に先立たれ、娘と2人暮らし。娘をとてもかわいがっています。

リカは柏手の娘を誘拐し柏手を脅し、真由美を殺すように命じたのです。柏手は娘をまだ返してもらっておらず、取り乱しています。

 
 
大矢が刺される!
そこにリカが現れます。

大矢「なぜ、そうまでして僕じゃなきゃダメなんだ?」

リカ「覚えてないの?リカを選んだのはあなたなのよ」

 

リカはあのレストランで、二人で協力して倒れた人を救助し、「君がいてくれてよかった」と大矢に言ってもらえたことが、本当にうれしかったのです。

 

「これからは2人で幸せな家庭を作っていきましょうね」

手を伸ばすリカに「黙れ化け物!」と怒り狂った大矢は首を締めます。

 

しかし、後ろから大矢の背中に包丁が突き刺されます。柏手でした。

リカが死んだら娘の居場所がわからなくなるからです。

 
みんな死ねばいい!
大矢は最後の力振り絞って真由美の元へと張っていき、真由美を抱きしめるようにして息を引き取りました。

 

大矢を失った悲しみから「みんな死ねばいいのに…!」

リカは皆殺し計画で大矢への愛を終結させます。

 

綾乃(立花恵理)を呼び出し、「最後に一服しよう」と誘います。そのタバコの火で火災を起こし、真由美、大矢、拍手、監禁していた拍手の娘、そして綾乃の5人をタバコの火の不始末で起きた火災事故で焼死したように見せかけ、皆殺しにしたのでした。

第4話の感想はここをクリック
次々と人が死ぬ!
第一部最終回では、びっくりするほど人が死にましたね…。最後、大矢まで死んでしまうとは驚きました。リカの本意ではなかったのですがね。

 

リカは今までは自分で殺人を犯してきたのに、今回ばかりは人を利用しようとしたので、大切な大矢まで失ってしまいましたね。

 

ストーカーは、「手に入らないのなら、殺してしまえ」と言う思考になりがちですが、もし拍手が大矢を殺さなかったら、リカは大矢を最後はどうするつもりだったんだろう?その結末も見てみたかったような気がします。

 
 
スピード感に爽快感
たくさん人が死んでいるので、こんなことを言っては不謹慎なのですが、ある種の“爽快感“さえ感じるドラマです。2つの小説をワンクールでドラマにしようとしているので、多分かなり駆け足になっているところもあるためでしょうが、展開がかなり早いですよね。

 

院長と大矢が口論になって、翌朝院長がすぐに殺されていたり。身内だったら「お前はクビだ!」位の喧嘩はするものですし、後で冷静になって和解、と言うことも十分あり得るのに、リカ、もうちょっと待ってあげてよ~!って感じです。

 

刈谷はリカの本性に気づいていて、今までの流れだったら小山内や藤鐘と同様殺されていたのでしょうが、その前にリカと大矢の愛が終結してしまったので命拾いしましたね。

 

前クールの「あなたの番です」でもそうだったように、「次は誰が殺されるの!?」と言うドキドキ感と突然やってくる衝撃的展開にハラハラしながらも続きが気になってしまうドラマです。

<見逃し動画>第3話 「鈍感な女・・・死ねばいい!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第3話の公式あらすじ

花山病院では大矢(小池徹平)とリカ(高岡早紀)が付き合っているとの噂が流れていた。驚いた大矢は執務室にリカを呼び出し怒鳴るが、態度を豹変させたリカに、逆に恐怖を感じる。そんな折、看護師長の藤鐘(安藤玉恵)も、リカを危険人物だと怪しんでいた・・・。リカの暴走する愛が、大矢の日常をさらにあらぬ方向に歪めていく・・・。
 
<出典>FOD公式

第3話のネタバレはここをクリック
リカは虐待されていた
リカ(高岡早紀)は、大矢(小池徹平)と付き合っていると綾乃(立花恵理)に話します。綾乃は早速それをナース仲間に言いふらし、病院中の噂になってしまいます。

 

師長の藤鐘(安藤玉恵)は、副院長である大矢の立場もあるので、リカを呼び出して注意しますが、リカが反省する様子がないので「こっちも言わせてもらうけど、試用期間中はいつでもクビにできるのよ?」と釘を刺します。すると、リカは舌打ちして「私を採用したのは大矢先生です。師長が勝手にクビにすることなんてできません!」と超強気な態度。

 

噂は大矢の耳にも入り、大矢はリカに「嘘つくのはやめてくれ!」と怒鳴ります。するとリカは極度に怯えます。

「怒らないで。リカが悪かったです。お願いだからいい子にするから、ぶたないで…」

 

リカは小さい頃母親に虐待されていて、手首のアザはその時のものでした。だから怒られると極端に怖くなってしまうと大矢に打ち明けます。

 

今度は大矢は冷静になって話をします。「医者と看護師が付き合っていると噂になれば、モラルの低い病院だと患者に思われてしまうかもしれないし、副院長としての立場も悪くなる。君も働きづらくなったら嫌だろう?」

 

リカは「わかりました」と言ったものの「”昌史さん”の言う通りにするから心配しないで。私たちの絆は2人の秘密よ」とあの血がついたペアンを見せて微笑み、部屋から出て行きました。

 

そして、リカは今度は「彼って真面目な人だから、正式に結婚が決まるまでは、2人の関係を周りに秘密にしたいらしいの。私の立場まで心配してくれて」と綾乃に話します。

 
 
階段転落事故の真相
情報通の千秋(夏菜)に師長が、あれ以来副院長とリカの噂が広まっていないかと確認します。その話とは関係ありませんが、小山内(池谷のぶえ)が転落した非常階段の手すりのネジが抜けていたと言う話をします。誰かが故意に外した可能性がある?と考えた師長。

 

小山内がナースコールで呼ばれたときに、休憩に入っていていなかったナース、その中で1番最後に戻ってきたのは誰か?と確認すると、それがリカでした。

 

手すりのネジは工具を使ってかなりの力をかけないと自然に外れるようなものではありませんでした。

ナースコールで呼んだ患者は、「ナースコールをしていない」と言い張っている。その患者は認知症なので証言に信ぴょう性はありませんが、だからこそ利用されたのでしょう。

手すりのネジを抜いておくだけでは、完全に小山内が転落するかどうか判らないので、ナースコールを押した後、階段で待ち伏せをしていて突き落とし、事故に見せかけるために後からネジを抜き手すりを外したのではないか?と師長は考えました。

 

大矢は、手術中にペアンの置き忘れミスを犯し、そのことでリカに脅されていることを打ち明けます。しかし師長は「他にも麻酔医がいて、2人も医師がいるのに置き忘れを見逃すわけがない。それも雨宮さんの罠に決まっている」と言います。

 

そうなると、いちど大矢が縫合した腹部を回復して中に仕込んだと言うことになりますが、「ある程度キャリアのある看護婦ならできます」と師長の見解。

 
 
邪魔者は師長
師長はリカの履歴書に書いてあることが嘘ばかりであること、大家と付き合っていることも、嘘、「年齢もごまかしているんでしょ?」と指摘し、「大矢先生も婚約者がいるのに迷惑でしょ?」あなたにはもうやめてもらえますから!とリカに言い放ちます。

 

大矢に婚約者がいると言う情報に食いつきながらも、今度の邪魔者の標的を師長に定めたリカ。

 
 
大矢の婚約者
噂好きの綾乃から医師の刈谷(増田修一朗)に借金あるということを聞いたリカは、刈谷にお金を渡し、「大矢がおかしな女にストーカーされているかもしれない。その女について調べて欲しい」と頼みます。

 

病院帰りに大矢の後をつけた刈谷は、大矢と彼女の真由美(山谷花純)が待ち合わせをしてデートしている店に入り、話しかけ名刺をもらい、世間話を装って住んでいる場所などを聞き出します。

 
 
リカが師長を殺害!
深夜の巡回をしていた師長は、リカが小山内の病室にいるところを発見します。

その日、師長の娘が病院に来ていましたが、「病院に来ちゃダメっていつも言ってるでしょ?お母さん忙しいんだから、もう行くよ!」と師長が冷たく対応しているところをリカは目撃していました。

 

リカ「知らないんですか?子供は親に褒められたくていい子を演じているだけなんですよ。あなたが外で働いている間、かまってもらえない寂しさを隠して必死で頑張ってる。なのにあなたはテストの点数だけを見て、努力が足りないと責め立てる。自分の期待に応えなければだめな子だと決めつける。自分の無能さは棚に上げて、母という名に寄り掛かって、人に勝つことばかりを要求し、子供の無垢で柔らかな心捻じ曲げる。あなたみたいな鈍感な女が、そうして子供を化け物にしてしまう!」

 

その時藤鐘は意識が朦朧としてきました。さっき飲んだコーヒーに、リカが睡眠薬を入れていたのです。

 

もう1人の深夜勤務の看護師が気づいたときには、藤鐘が手首を切って小山内の病室で死んでおり、小山内に繋がれていた呼吸のチューブも抜かれていました。そして脇には「小山内さんを襲ったのは私です。罪を償って一緒に死にます」と言うパソコンで書かれた遺書が残っていました。

第3話の感想はここをクリック
邪魔者、藤鐘が消される
藤鐘は「小山内さんは大矢先生から雨宮さんを引き離そうとしたから殺された」とまでわかっていたのに、全然自分も狙われると言う危機感はなかったのだろうか…?

そんなにいろいろ言ったら絶対殺されるよー…と思っていたら本当に殺されてしまいました(><)

 

でも藤鐘の娘が出てきたときは、娘の身に危険が及ぶんじゃないかと思ったから、それはなくてよかった…。

 
 
リカは虐待されていた
やっぱりリカは虐待されていたんですね。リカが藤鐘に言ったセリフ、結構心にずしんときました。「子供は親に褒められようと必死でいい子を演じている」とか「点数だけを見て怒って、自分の無能を棚に上げて、子供には常に人に勝つように強要する」とか。

 

母親だったら誰でもやってしまったことのある行為なんじゃないかな?

 

でも自分だってそんなにすごい人間じゃなかったくせに、子供にはものすごく素晴らしい人間であり、優秀な能力を求めてしまうところってありますよね。子供にとっては母親って絶対だから、お母さんに「こうあるべき」と言われた理想像に自分がならなくてはいけないと自分を追い詰めてしまう子もたくさんいるんだろうな。リカと言う人間には全く共感できないけど、今回はリカのセリフに学ばされました。

<見逃し動画>第2話 「これは私たちだけの秘密」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第2話の公式あらすじ

院内では、看護師長の小山内(池谷のぶえ)が階段から転落し、植物状態になってしまったことに、皆ショックを受けていた。しかし院長の大次郎(西岡徳馬)は、病院の落ち度が世間に公表されることを恐れ箝口令を敷く。一方、リカ(高岡早紀)は、大矢(小池徹平)に接近するために更なる手段を取る。リカに翻弄されていく大矢・・・・・・。
 
<出典>FOD公式

第2話のネタバレはここをクリック
師長が植物状態
階段から転落した師長(池谷のぶえ)は一命は取り留めましたが、脊髄を損傷し植物状態になってしまいました。

 

修理中だった手すりが外れたことが原因とみられ、大矢(小池徹平)は警察に知らせて原因を追求した方が良いかと院長(西岡徳馬)に相談しますが「病院の落ち度をわざわざ知らせる必要はない!」として、今後事故のことを他言しないようにと命じました。

 

新しい師長には藤鐘(安藤玉恵)が就任。藤鐘には、リカ(高岡早紀)に刈谷先生(増田修一朗)につくようにと指示します。

今週の邪魔者は?

リカと同期の倉田博子(藤本沙紀)。大矢が取り忘れていた服のタグを取ってあげていた姿をリカは見ていました。

さらに倉田は、今度大矢の虫垂炎の患者のオペにつく予定です。

「大矢先生って患者さん思いで優しいよね。ああゆう人を旦那さんにするといいんだろうね」と何気なく話す倉田にリカは殺意を抱きます。

 

その患者は高血圧と糖尿病を患っており、その薬も飲んでいると言う話を聞いたリカは、こっそり薬をすり替えます。

 

倉田は薬を取り違えたと言う罪を着せられ、大矢と新師長の藤鐘に注意を受けます。しかし絶対に自分は取り違えをしていないと主張し、「どうしても信じてもらえないのなら、病院を辞めさせていただきます!」と言って病院を去っていきました。

 

虫垂炎の患者のオペは明日に迫っており、休みの予定だったリカは「私をオペに入らせてください!」と申し出ます。

 
 
不可解な点
師長は階段から転落する際、ナースコールに対応しようとしていましたが、その患者さんはナースコールをしていないと言うことが判明。

 

さらに修理中だった階段の手すりは、何者かが意図的にドライバーでネジを外していたことがわかりました。

 

病院での出来事をSNSにアップすることが日課の事務員の岡留千秋(夏菜)は、「病院関係者が無差別に狙った犯行か?」と推理を働かせます。

 
 
ペアンがなくなった
手術後、リカが大矢に「ペアン(手術の器具)が1本足りない」と報告します。

 

すぐに確認した大矢。レントゲン写真見て、現実を受け止められません。なんと体内にペアンが置き忘れられていたのです…!

 

本来ならばすぐに奥さんに真実を打ち明け、再手術の許可を取らなければなりませんが、リカは「今この事実を知っているのは先生と私だけです。今であれば再手術を行うことができます。それは時間も最短で済み、1番良い方法です。先生が事実を打ち明ければ、病院の信頼は地に落ちてしまいます。これは2人だけの秘密です」とそそのかします。

 

大矢はリカの言葉に従い、無事にミスを隠蔽することができました。

手術の成功の影響もあってか、新師長は「これから大矢先生について」とリカに命じます。

 
 
リカが大矢を脅迫
両親の呵責に耐えられず、どこかリカを避けているような態度の大矢。
「昨日も帰っていないのだから、今日はもう帰って休んで」と言う大矢に、自分を心配してくれていると受け取ったリカ。

「嬉しい、私を心配してくれているんですね。リカって呼んでください。2人だけの時はいいでしょう?」

 

リカはポケットから手術で患者の体内から取り出したペアンを取り出します。

手術の時に拾って、隠し持っていたのです。

「言ったでしょう?良心の痛みは2人で分かち合いましょうって」

 

実は、大矢のミスも、全てリカが仕組んだことだったのです・・・!

 
 
院長に取り入る
リカは院長の病室に行き、自分の身の上話と大矢について語ります。

「院長に尊敬や感謝を感じながらも、どこか肩身の狭い思いや寂しさを感じていたのかもしれません。私は大矢先生にシンパシーを感じるのです。私たちの結婚観は似ているのかもしれません。私は結婚したら、消して夫に寂しい思いはさせません」

 

院長は「君なら昌史を幸せにしてくれるのかもしれんな」とまんまとリカに取り込まれています。

 
 
出会って1ヵ月記念日
ナース仲間の森田綾乃(立花恵理)は、リカを飲みに誘います。しかしリカは「今夜は彼と出会って1ヵ月記念日なの」と断ります。

 

リカは彼氏がいる想定で話をし、詳しく聞いてくる綾乃に対して彼氏がこの病院の医者だと匂わせます。

リカは前の病院でも医者ねらい?

大矢はリカが前に働いていた病院に、リカのことを問い合わせてみました。リカは面接で「体調崩してやめた」と言っていましたが、本当は突然無断で来なくなってそのまま辞めてしまったと言うことでした。

 

原因として考えられる事は、リカがサポートについていた男性医師が非常階段から落ちて、打ち所が悪く死亡したこと。リカはとても彼を慕っていたため、ショックで来なくなってしまったのではないか?と言うことでした。

 
 
大矢の婚約者
リカは初めて大矢と出会ったレストランで、2人の出会い1ヵ月記念日を1人でお祝いしていました。すると大矢の婚約者が到着します。大矢はこのレストランをよく利用しており、今夜も婚約者とここで待ち合わせをしているのです。

第2話の感想はここをクリック

ミスを捏造がリカの得意手段?
1話では事故に見せかけ、二人も殺した(師長は死んでないけど)リカですが、ミスを捏造するというのも得意手段のようです。同期のナースのように、それでリカの前から去って行けば、殺されるまではならないみたいですね。周りに次々と不審な死が起こる場合は、転職したほうが良さそうですね・・・。

 

しかし、やり方はワンパターンなのかもしれません。師長も階段から転落させたし、前の病院で狙っていた医者も階段の転落事故で殺したっぽいですね。

結構やり方ずさんで、そのうちバレそう・・・。早速大矢先生にも疑われちゃってるし。

 
 
ペアンの置き忘れって・・・
手術のミスを捏造するのに、患者のお腹の中にペアンを入れるってナースにできることでしょうか!?リカが開腹したの?閉じたのは?大矢はなぜそれで気づかない?

 

色々と突っ込みたいところがありましたが、リカの大胆な手段と愛する人への執着心はよく伝わってきました。同期のナースも、別に大矢先生のこと狙っていたわけじゃなくて、ただタグを取ってあげただけなのに、完全な被害者・・。こんなことで邪魔者と判断していたら、どんどんリカの周りから人がいなくなっちゃいますね。

<見逃し動画>第1話 「あなたは運命の人」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

雨宮リカ(高岡早紀)が、花山病院に看護師として入ってくる。他の医師には目もくれず、副院長の外科医・大矢昌史(小池徹平)との診療を熱心に行うリカ。大矢もリカの自分への態度に徐々に困惑していく。花山病院には次々と不審な事件が起こり、大矢の人生はリカによって大きく狂い始めていく。
 
<出典>FOD公式

第1話のネタバレはここをクリック
美しきストーカー
美しくもどこか怪しげな雰囲気を持つリカ(高岡早紀)が、花山病院の看護師の面接にやってきます。「28歳です」と言う自己紹介に、みんな違和感を覚えますが、容姿は美しいし何よりも日本医師協会前会長からの推薦状を持ってきたと言うことで、面接を落とすわけには行きません。結果、リカともう1人のベテラン看護師倉田博子(藤本沙紀)の2名が採用されました。

 

リカがどうしてもこの病院に採用されたかった理由は、副院長の大矢(小池徹平)。

 

リカの看護師としての腕は確かなもので、大矢も自分の補助に入ってもらったときにとても助かったと感じています。さらに入院中の院長(大矢の叔父)である花山大次郎(西岡徳馬)にも、リカは巧妙に取り入って気に入られています。

 
 
リカと大矢の出会い
リカと大矢は1ヵ月前にあるレストランで偶然出会っていました。リカは1人で食事中、大矢は花束を持って彼女を待っていた?ところでした。

 

そこで別の席の男性が倒れて意識不明になりました。すぐに大矢が声をかけ、リカはAEDを持ってきて大矢を補佐。2人の迅速な対応により、男性は救急車で花山病院へ運ばれていきました。

 

大矢は自分も花山病院に向かうため食事はキャンセルしてレストランを出ようとしましたが、リカを振り返り「ありがとう。あなたがいてくれてよかった」と微笑みました。

 

この時にリカは一目惚れし、さらに大矢の言葉を「私を選んでくれた」と勘違いして受け取ってしまったのです。

 
 
ボヤ騒ぎ
ゴミ置き場で火災が発生しました。看護師全員で消化の処置に当たっていたところ、ステーションではナースコールが鳴っていました。しかし、看護師が全員出払っていたため対応が遅れ、ナースコールを押していた患者の熊沢さんは死亡してしまいました。

 

この患者は大矢がとても気にかけていた患者で、身寄りがないので「最期はそばにいてあげたい」と言って、ここのところ何日も病院に泊まり込んでいたのでした。

 

しかし結局熊沢さんは、病室で1人寂しく逝ってしまったことになります。

 

寝返りも打てなかった熊沢さんの呼吸器が外れていたことを不審感を抱く師長(池谷のぶえ)ですが、大矢は「心室細動」を起こしたのだろうとあまり重く受け止めませんでした。

 
 
リカを疑う師長が消される!?
それでもリカへの疑いが晴れない師長。ボヤ騒ぎのときに、リカはちょうど勤務を終えて帰るところだったので、他のナースたちと一緒に消火活動には参加していなかったけど、まだ病院にはいた。さらに、ボヤ騒ぎが起こる直前に、「部屋を間違えました」と言って熊沢さんの部屋に入っていた。怪しすぎです。

 

師長がリカに面談をして、ボヤ騒ぎのときにどこにいたのか尋ねると、

「熊沢さんは何のために生かされていたんでしょうね?誰もお見舞いに来ず、亡くなっても悲しんでくれる人もいない。その辺の雑草みたいに、誰にも愛されない人生。なのに命が枯れていくのを、無意味に引き延ばされて。本当にそれがあの人の望んだことだったのでしょうか?」

と涙を流しながら訴え、話をそらします。

師長は「屁理屈はやめなさい!試用期間が終わったら、あなたにはやめてもらいます!」と言います。師長が出ていった後、リカは「死ねばいいのに…」と憎しみの目を向けつぶやきました。

 
 
師長が階段から転落!
翌日、師長の担当患者のナースコールが鳴り、病室に向かった師長。しかし大きな物音がして、階段での踊り場で頭から血を流して倒れている師長が発見されます。

 

階段の1番上の手すりが壊れていて修理中だったのですが、その手すりが外れていて転落したものと思われます。

 

大矢が駆けつけたときには、一旦目を開けて手を震わせ何かを訴えようとしていた師長ですが、結局何も伝えることができず、目を閉じました。

第1話の感想はここをクリック
28歳設定の意味は?
1番気になっちゃったのが、リカが何度も「28歳です」と自己紹介すること。サバ読むにしてもちょっとやり過ぎなんじゃ…!?

 

高岡早紀さんは「美人美人」と言われる役しかやってこなかったと思うけど、さすがに28歳には見えないかなぁ…?ナースのみんなも自己紹介聞いたときに「え!?」て言う反応だったし、大矢先生も「年寄りも落ち着いて見える…」と言っていたし、誰も28歳とは思っていないようです。

 

しかし何度もこの年齢を強調してくるので、きっと意味があるのでしょうね?大切な伏線なんだと思います。

 
 
連続殺人ドラマ?
“狂気のストーカードラマ“と言う情報しかないまま見ていましたが、途中から師長さん、そんなに疑ったら殺されちゃいそうだなぁ…と思って見ていました。そしたら最後にやっぱり…!

 

そして「今週の邪魔者は…」となっているので、毎週1人ずつリカにとっての邪魔者が消されていくと言う連続殺人ドラマ!?「毎週死にます」は、前クールまで半年間かなり盛り上がった「あなたの番です」みたいですね。病院と言う場所で、リカが毎回どんな方法を使って邪魔者たちを消していくのか、その方法にも注目していきたいところです。

リカ(ドラマ)の内容

公式サイト

家族の愛――
というものに、彼女は飢えていた。満たされていなかった。孤独だった。そして、どんどん家族への憧憬が高まっていった。
彼女が理想とする夫像、結婚像、家庭像――
その運命の男性に出逢った時、彼女のピュアな愛情は炸裂する。その運命の人以外は目に入らない。そして、彼との結婚を阻む人間は、全てが敵となってしまう――

今回お届けするドラマは、純愛を貫くがゆえに狂気と化してしまう主人公・リカの、愛情への渇望を描くサイコスリラー。
原作は、第2回ホラーサスペンス大賞を受賞したベストセラー、五十嵐貴久の「リカ」シリーズ。(現在、第5シリーズとなる「リメンバー」が連載中)その中から、「リハーサル」「リカ」の2冊を原作に、常軌を逸した女・リカが周囲を破滅に追い込んでいく戦慄のエピソードを2部構成でドラマ化。

純愛モンスター・リカを演じるのは、高岡早紀。完全無欠のモンスターをどう演じるのか!?リカに運命を狂わされる第1のターゲット、病院の副院長で将来を嘱望される外科医・大矢昌史を演じるのは、小池徹平。そしてリカの第2のターゲット、映画製作会社プロデューサー・本間隆雄を演じるのは、大谷亮平。
どんな女性の心の中にも“純愛”や“情念”や“固執”は潜んでいる。どんな男性の心の中にも“ちょっとした心の隙”“油断”は存在する。
そんな誰もが陥るかもしれない恐怖体験を描き出す。

<出典>フジテレビ公式

<出演者>

高岡早紀/小池徹平/夏菜/徳永えり/柏原収史/西岡徳馬/大谷亮平

<各話の視聴率>

第1話 あなたは運命の人 2.7%
第2話 これは私たちだけの秘密 3.6%
第3話 鈍感な女…死ねばいい! 3.1%
第4話 私の何がいけなかったの! 2.9%
第5話 やっと出会えた…運命の人 3.6%
第6話 私、いいお母さんになるから! 2.9%
第7話 リカはストーカーなんかじゃない! 3.8%
最終話 もうあなたしかいないの… 4.1%

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

リカ(ドラマ)の感想

感想が集まり次第、アップいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です