バックトゥーザフューチャー2を動画配信で無料視聴する方法|DVDレンタル以外の方法

バックトゥーザフューチャー2の動画を無料視聴する方法

「バックトゥーザフューチャー2」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

フル動画を配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々1990円(税抜き)で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います。
 
無料登録で600ポイントがもらえ、新作映画でも無料で視聴できるからお得!

バックトゥーザフューチャー2の動画まとめ

■バックトゥーザフューチャー2のフル動画の無料視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

「バックトゥーザフューチャー2」 1985年12月7日劇場公開
 
U-NEXTで動画が配信されています
 
 
公式あらすじ

1955年から1985年に帰還したマーティ・マクフライの目の前に、突然エメット・ブラウン博士(通称ドク)がデロリアンで現れた。未来においてマーティの息子がトラブルを起こすことが判明したという。それを回避するため、マーティとドクは彼のガールフレンド、ジェニファー共々30年後(=2015年10月21日)の未来にタイムトラベルするが、デロリアンが空中に炎の軌跡を残して消える瞬間を、ビフ・タネンが目撃していた。
 
2015年に着いたマーティは、将来的にジェニファーと結婚することと、彼女と自分の息子(マーティ・マクフライJr.)がビフの孫であるグリフの言いなりになった挙句に窃盗容疑で捕まり、マクフライ家の家族崩壊を引き起こしてしまうことを知る。ドクの作戦でマーティは息子本人になりすまし、グリフからの命令を断った。店内で喧嘩になり、ホバー・ボードによる追跡劇に発展するが何とか逃げ切り、マーティは息子が起こすはずだったトラブルをどうにか未然に防ぐことができた。未来からの帰りがけに、マーティは骨董品屋で1950年〜2000年のスポーツの試合結果が書かれた年鑑を買うがドクに見つかり「お金儲けのためにタイムマシンを発明したわけじゃないんだ」と叱られてゴミ箱に投棄される。それを見ていたビフ・タネン老人がゴミ箱からスポーツ年鑑を回収。さらに夜、マーティが油断している隙を突いてデロリアンを盗み、1955年にタイムトラベルして高校時代の若き日の自分に年鑑を手渡し、デロリアンを元の位置に戻す。
 
マーティたちは何も気づかずデロリアンで1985年の夜に戻ったが、マーティの家であるはずの場所には別の家庭が住んでおり、窓から家へ入ると不審者扱いされて叩き出されてしまう。年鑑によってビフはスポーツ賭博で大金持ちになり、辺り一帯を牛耳る大地主になっていた。そればかりでなく、マーティの父ジョージは1973年にビフによって殺害され、母のロレインはビフと再婚させられていた。さらに、ドクは1983年に精神異常者として精神病院に入院させられているなど、2人にとって最悪の状況になっていた。全ての原因があの年鑑にあると気づいたマーティは、ビフの事業を記念する娯楽施設「娯楽のパラダイス」に行き、ビフの部屋で年鑑を手に入れた経緯を聞き出す。危うく射殺されるところだったが、ドクの助けもあって何とか危機を脱したマーティは、ビフが年鑑を1955年11月12日に手に入れたことを掴んでいた。その日は折しも、マーティが時計台の落雷を利用して1985年に戻った日であった。自分達の未来を取り戻すため、ドクとマーティは再び1955年と旅立つ。
 
1955年に戻ったマーティはドクと別行動をとり、若き日のビフが2015年のビフ老人と接触するのを目撃し、ビフの車に乗り込む。ビフ老人から年鑑を受け取った若き日のビフはそのままダンスパーティーに向かい、マーティは年鑑を取り戻そうとするが邪魔が入って思うようにはいかなかった。ビフは年鑑を肌身離さず持ち歩いていたが、ストリックランドに見付かり取り上げられてしまう。マーティはストリックランドの部屋に忍び込み年鑑を手に入れるが、それはカバーを替えた別の雑誌だった。マーティはビフがジョージに殴られて気絶した場所に戻り年鑑を手に入れるが、ビフの仲間に見付かりパーティー会場に逃げ込む。ビフの仲間たちはステージで演奏する過去のマーティを見付け叩き出そうとするが、未来が変わることを阻止しようとする現在のマーティに倒される。
 
マーティは屋上で待機するドクの元に向かおうとするが、そこをビフに襲われ年鑑を奪われてしまう。会場を後にしたビフを追うため、マーティはドクと合流してデロリアンでビフを追跡する。マーティはホバー・ボードに乗り換えてビフの車に接近して年鑑を奪い返すことに成功し、年鑑を焼却する。年鑑が消えたことにより未来は変わり、マーティは元通りになった未来に帰ろうとデロリアンに乗ろうとするが、デロリアンが落雷の衝撃でドクを乗せたまま消えてしまう。途方に暮れるマーティの元に、電報会社(ウエスタンユニオン)の男が現れ手紙を渡す。それはドクがマーティ宛てに書いた手紙であり、ドクは落雷の影響で1885年に飛ばされていた。マーティは未来に戻るため、1955年のドクに助けを求める。
 
<出典>バック・トゥ・ザ・フューチャー_PART2 – Wikipedia

ネタバレはここをクリック
マーティは1985年の時代に戻りました。しかしそこで、未来の世界の様子を見に行ったドクに呼び出されます。ドクが言うには、未来のマーティの息子が危険な目に遭っているらしいのです。
 
真偽を確かめるべく、マーティは恋人のジェニファー、そしてドクと共に再びデロリアンに乗り込みます。デロリアンは作動し、3人を2015年の未来に連れて行きます。未来は道路も存在しなければ、車は空を飛んでいました。
 
ジェニファーは突然の出来事に、パニックと言えるほどの興奮を起こします。ドクはジェニファーを眠らせた後、詳しい話をします。
 
マーティの息子であるマーティジュニアは、いじめっ子だったビフの孫クリフに騙され、窃盗犯として逮捕されるという未来が待っていました。それも、懲役15年という、重い刑罰です。マーティはジュニアになりきって、クリフを倒します。ジュニアの逮捕の新聞記事は、クリフを取り上げたものに変わります。これで問題は解決しました。
 
マーティはその後、2000年までのスポーツ名鑑を買って一儲けしようと考えましたが、ドクに止められます。その様子をビフが見ていました。
 
ジェニファーを救出するため、ドクが探します。
 
ビフは、ドクの目を盗んでデロリアンを使い、1955年の自分にスポーツ名鑑を渡しました。そして未来に帰ってきました。
 
無事にジェニファーを見つけ出したドクは、マーティと協力してデロリアンにジェニファーを乗せます。そしてドクは、悪党にタイムマシーンが手に入ることを恐れ、85年に戻ったら壊すと言います。
 
そうとも知らずに85年に戻ったマーティ達。しかしそこは、かつての85年とは全く異なる様子でした。
 
ビフはスポーツ名鑑を駆使し、スポーツ賭博で大儲け。そして、全米一のお金持ちになっていたのです。ジョージはビフに殺され、ロレインはビフの妻となっていました。マーティ達は、デロリアンにビフのものが落ちていたことから、ビフの仕業であると気付きます。
 
変わり果てた世界を元に戻すべく、マーティはビフが戻った時代を聞きます。マーティがかまをかけると、それが1955年であると漏らしてしまいます。しかしビフは、マーティが自分の邪魔をすることを、未来の自分から聞いていました。
 
ビフはマーティを殺そうとしますが、間一髪ドクが助け出しました。そして二人は、1955年に戻ります。
 
ドクとマーティはビフの後を追い、スポーツ名鑑を手渡す瞬間を押さえようと考えます。そして未来のビフが現れます。
 
まだ若いビフは、年老いたビフの言うことを全くもって信じません。しかし老人のビフは、ラジオで放送されていたフットボールの勝敗をピタリと当てます。疑心暗鬼だった若いビフでしたが、予想を的中させたことから、スポーツ名鑑を受け取ります。
 
マーティが父ジョージと母ロレインの仲を取り持ったダンスパーティが始まります。マーティはビフからスポーツ名鑑を取りもどしますが、ドジをやらかし、失敗しました。
 
マーティは未来から持ち帰ったホバーボードを用いて、ビフを追い、スポーツ名鑑を取り戻しました。
 
ビフは必死に追いかけますが、ドクとマーティは突き放し、スポーツ名鑑を燃やします。85年は、元の姿に戻りました。
 
ドクが乗っていたデロリアンに、雷が直撃します。するとドクは姿を消しました。マーティは放心状態になります。
 
そんなマーティの前に、手紙を持った配達員が現れます。手紙は、ドクからのものでした。ドクは雷によって、過去に飛ばされていました。そしてそれを伝えるため、手紙を出したのです。
 
55年に戻っていたマーティが、タイムトラベルを成功しました。マーティは父と母を結びつけ、未来に戻ったのです。55年のドクは、マーティを未来に帰したことを喜びます。
 
しかしそこに、さきほど送り出したはずのマーティが目の前に現れ、驚きます。「又戻ってきた」マーティが言うと、ドクは気絶してしまいます。
 
過去に戻ったドクを取りもどすため、二人の旅はまた始まります。
 
<感想>
 
 
前作のパート1の物語が絡んで、より複雑なタイムトラベルストーリーを展開させた、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ第二作目。
 
2015年が未来だという設定もあって、それよりも未来で生きる我々にとっては、そこまで進歩していないよ!と思う部分もあったりして、また別の楽しみ方ができます。 
あのときのこの出来事が、この出来事に繋がっていると、気付くシーンも多く含まれており、何度見ても飽きません。
 
タイムトラベルものではありますが、矛盾もなく、緻密な物語を組み立て、まさに金字塔と呼ぶにふさわしい作品です。
 
特に本作パート2はファンからの人気も高いです。それも、パート1で見たシーンを、また新たなタイムトラベルで見るという、得も言われぬワクワクがあるからだと、納得できます。

バックトゥーザフューチャー2の内容

<キャスト>

・マイケル・J・フォックス
・クリストファー・ロイド
・リー・トンプソン
・トーマス・F・ウィルソン
・エリザベス・シュー
・ジェームズ・トルカン
・ジェフリー・ワイズマン
・ケイシー・シマーシュコ
・ビリー・ゼイン
・J・J・コーエン
 
U-NEXTでは、こちらの作品も視聴できます。
 
バックトゥーザフューチャー1
バックトゥーザフューチャー3

登録後もらえる600ポイントでお得に視聴!

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」1ヶ月間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

バックトゥーザフューチャー2の感想

30代女性

バックトゥザフューチャーの続編です。PART1より過去未来が絡み合って複雑になってますが、面白かった!テンポが良くて、中弛みする部分がないんですね。PART1と同じような疾走感が、観ていて楽しいです。主人公が未来に行くところから始まるんですが、未来とは2015年のこと…今の私達にとっては過去ですね~作中並みに進んでる部分と、作中ほど進んでないところがあって、現実世界と比較出来るところも面白かったです。私もジョーズの3D映像に襲われたい。しかし、いわば自分達の都合で未来を変えようとすると、やっぱりどこかで綻びが出るということでしょうか。今度は主人公たちが未来に行ったことで、過去・現在に変化が起こってしまいます。私も、未来で起こることがわかっていたら、その情報を私利私欲のために使ってしまうかな…どうかな…?と考えてしまいます。お話の面白さもさることながら、当時の映像技術にも歴史が感じられて面白いです。俳優さんが一人二役で同じ画面に写ってるの、当時の技術はこれが精一杯だったんだなあって。あんまり違和感ないのですが、さすがに今の映像技術と比べてしまうと…しかし、脚本の面白さと俳優の方々の演技は、何年たっても色褪せないですね。2020年の今観ても面白い、永遠の名作だと思います。大好きな映画です!

20代女性

バックトゥザフューチャーシリーズの中で、最も好きな作品です。自分の子供の未来を変えるために、ドクと供に未来へ行くマーティンでしたが、物語はそれだけでは終わりません。未来へ行ってしまったがために、元いた世界が大きく変わってしまうのです。ビフ・タネンがよからぬことを考えていると思っていたら、その影響でマーティンの父親まで亡くなってしまっており、非常に驚きました。ただ、マーティンの子供が悪い子供達にそそのかされるのを防ぐだけの任務だったはずが、もっと大きな事態を呼んでしまったのです。再び過去へと戻り、無事、年鑑をビフ・タネンの手から奪い、燃やすことができたマーティンでした。年鑑をビフ・タネンから奪い、奪われ…としているやり取りにも、ハラハラさせられます。そして、PART1で、父親と母親をくっつけようと奮闘するマーティンも登場し、PART1を思い起こしてくれます。年鑑を無事燃やしたところでは終わらず、なんとマーティンとドクが離れ離れになってしまいます。この展開に、やっと年鑑を燃やし、安堵していた思いを裏切られ、衝撃を受けました。そして、ドクがいなくては、マーティンも戻ることができないのでは…と不安にさせられました。PART3の展開が非常に気になるラストになっています。

40代男性

数年前にバックトゥザフューチャー PART2の未来の設定が現在自分たちの生きている世界であると話題になった映画ですね。本作は過去、現在、未来と飛び回る設定で、前作からの伏線もあるので、是非1から見直したいところです。当時はレンタルビデオだったので、近所のビデオ屋さんで借りて、何度も鑑賞した覚えがあります。パート1がヒットしたことにより2と3が作られたみたいですね。内容は、前回に続き、タイムマシーンのデロリアンに乗って、今度は未来へ行く。理由はマーティーは結婚し、その子供が未来でやらかしてしまうというストーリー。今現在で見て興奮するのが、その未来の設定。靴紐が自動で閉まる、テレビ電話、空飛ぶ車、ホバーボート、大富豪のビルが大統領などなど。車以外は今ではほぼ実現している。未来に出てくる数々のツールを見るだけでも醍醐味があります。未来に行ったマーティーがギャンブル年表を買うも、ドクに捨てられ、それをビフがデロリアンで過去の自分に渡しに行く。そして未来がビフが大富豪という予期せぬ未来に変わってしまう。今の自分に置き換えると、なんど未来に行きたいと思ったことか。。。未来でギャンブル年表を買って、楽したいな・・・と思わせられる。変わってしまった未来を取り戻すため、再びマーティーはドクと今度は過去へタイムトラベルする。そして、若いビフからギャンブル年表を取り戻す。前作に引きつづき、とても引き込まれるストーリー。公開当時に戻って、まっさらな状態でもう一度映画館で鑑賞したいなお思わせられる名作です。

30代女性

未来を描いているストーリーに冒険心をくすぐられ、夢を与えてくれるような世界観に魅了される作品です。大人気映画の2作目ですが、個人的にはこのPART2が一番好きです。未来に行くという設定にまずワクワクしますが、あっという間に感じてしまうほど見ごたえのあるストーリーに引き込まれました。初めてこの映画を見たときは、子どもながらにとても興奮したことを覚えています。自動調節機能が付いているスニーカーなど未来を感じさせられるようなものが数多く登場し、見ているだけでテンションが上がってしまいます。特に小さなピザをレンジで温めると、大きなサイズに変わっているシーンがお気に入りです。大人であっても作品に散りばめられている遊び心に感心し、子供心を思い出しながら見ることができます。未来を訪れたことによりダークな部分を感じ考えさせられる部分もありますが、幅広い世代の方が楽しむことができると思います。明るい雰囲気でテンポ良くストーリーが展開されていき、納得できる結末を迎えるので安心して見ることができました。この作品を見ると未来に対して明るい希望を持つことができ、ポジティブな気持ちになれます。これまでにも何度も見てきた映画ですが、今後も繰り返し見たいと思える自分自身にとってなくてはならない大好きな作品です。

40代男性

バックトゥザフューチャーシリーズの第2段で3つのあるシリーズの中でも一番面白い映画ではないかと思います。壮大なタイムトラベルを題材としたSF映画で邦画ではなかなか見られないハリウッド映画ならではの映画となっています。PART1では過去と現在、PART3では過去から現在に帰るという展開でしたが、PART2では現在から未来、未来からまた過去へと展開が一変するという内容となっています。主人公のマーティと相棒のドクが未来を変えるべくタイムワープをして未来で奮闘する姿や未来に行った後に様変わりした現在を目の当たりにして現在を変えるために過去へ行くというめぐるましい展開は見ているこちらとしてもハラハラドキドキの展開で何とも言えません。また、未来での様子もリアリティがあり、こんな未来だったらと思えるような雰囲気でした。状況が一変した現在を変えるために過去へ行った際はPART1と同じ時代に行ったということもあって、PART1の状況を絡めているのはシリーズならではでとても良かったように思います。ラストに関しては、PART3へと繋がるような終わり方をしており、PART2だけで完結せず次につながっているのはそれはそれでいいのではないかと思いました。

40代女性

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズの中で一番好きな作品です。この当時はこんな未来はあり得ないと思っていたのにいくつかは実現してしまうなんて今となってはビックリです。そして当時とはかけ離れた未来に興奮してしまいました。作り手が描く未来はとても夢のあるもので私達にも夢を与えてくれる作品です。前作ではマーティンが過去にタイムスリップして自分の存在が消えてしまわないように悪戦苦闘するという内容でしたが、今回は自分の命を狙うビフと対決するという内容で宿敵のビフは前作よりも悪さが増していて恐ろしいのですが、コメディ要素もしっかりと盛り込まれているのでとても楽しく見ることが出来ました。この映画はとにかくストーリーが綿密に練られていて前作との相関関係が面白すぎます。作り手にはアッパレです。そして年齢問わず楽しめるので、親子で見るのがオススメです。ドクのデロリアンに乗ることが出来たら、どこに行こうかなぁと考えない人はいないと思います。この映画が撮影されていた頃からマイケルJフォックスさんは病に侵されていたという話を聞いて信じられませんでした。ハードな撮影に苦しみながら演じていたマーティンは素晴らしくその結果が大ヒットに繋がったとも言えると思います。

30代男性

前作同様にこの映画も中学時代に学校の英語の授業の一環として見せられた映画でPART1も見たのだからPART2も当然、見る事になりました。クラスメイトも本来の英語の授業よりも映画を見せらること方が楽しくて英語教科の先生に頼み込むほどでした。前作のラストも綺麗にまとまっていたのでこの後、続編となるとどのような展開となるのか気にはなっていましたが、ドクが一人で未来に行って未来のマーティーの様子を探ってきて大変な事になるからとりあえず一緒に来て未来の流れを変えようと大した説明もなく強引に進められる物語の展開はやはりアメリカ映画だなと思わせるシーンが多々ありました。中学生の自分にとってはわかりやすい展開ではありましたが、大人になって改めて見てみると割とざっくりとした物語の導入になっていたと思いました。当時はそんな事よりも未来に行ったことによってタイムマシンのデロリアンがモディファイしている事の方ににテンションが上がってしまい前作のデロリアンとの違いを探すという本来とは違う映画の見方をしていました。ストーリーそっちのけでメカ描写の方が気になってしまい、ストーリーをちゃんと理解したのは大人になってからでした。今見るとあの頃に気づかなかったストーリーの矛盾などが気になりだし始めましたが、面白い展開だったのであまり意識するよな事は有りませんでした。

40代男性

1989年公開で、ロバート・ゼメキス監督で、主演はマイケル・ジェイファックス、クリストファー・ノーラン出演の映画です。このバックトゥーザフューチャーシリーズは三部作で構成され、過去・未来、さらに過去という時間軸で物語が作られています。このパート2は、現代から30年後の未来にタイムスリップするところかは物語が始まります。パート1ではマーティンの両親の危機を回避するためにマーティンが奮闘しますが、未来では自分たちの未来の家族が危機に直面しています。さらに、未来に行くことがきっかけで現代の自分たちの状況も大変な間に合うというタイムパラドックスが生じてしまいます。パート1からパート2になったことでマーティンは、現代から30年前の過去と30年後の未来を行き来することになりますが、舞台は全て地元の街で起こる話というのがとても素晴らしいし、矛盾が起こっていません。よくパート2は「繋ぎ」だと言われて影になりがちですが、この映画に関してはそれぞれのエピソードで華があります。この映画で描かれる未来は車が飛んでいたり、ホログラムの看板があったりととても夢があります。私たちの現在はこの未来の時間を過ぎてしまい、この映画のような未来を迎えていませんが、今見てもワクワクさせてくれます。

50代女性

2015年に行ったことが原因で変わってしまった1985年を元通りに修復するため、またまた1955年に行かなければならなくなる、という展開の巧妙さがたまらなく面白いです。全ての元凶となったスポーツ年鑑を取り返すため、マーティがビフ相手に大奮闘しますが何度もこの作品を見ましたが、何度見ても楽しむことができます。脚本がすごく現在と過去と未来を行き来する姿が映画公開当時見ても今見ても楽しむことができます。ビフ老人から年鑑を受け取った若き日のビフはそのままダンスパーティーに向かい、マーティは年鑑を取り戻そうとするが邪魔が入って思うようにはいかなかったシーンなど、マーティが見つからないかドキドキしながらみることができて楽しめます。問題を解決したと思ったらまた新たな問題が起きてしまいマーティが奔走するのがワクワクしました。マイケル・J・フォックスの素敵な演技が公開当時も大好きでしたが、今見ても魅力的だと思います。ドクは落雷の影響で1885年に飛ばされてしまい、最後に助けに行く形で終わりますが映画を見終わった後も次はどんな展開になるのだろうと期待感を持って終わることができるのもこの映画の面白さだと思います。

40代女性

ようやく現代に戻ってきたと思ったら次は未来へ、マーティは大忙しです。年鑑を追って過去へ未来へ、タイムトラベルでデロリアンが飛び立つ瞬間が好きなので見ているこちらは楽しかったです。前作とのつながりも見えて、マーティ自身が両親の仲を取り持とうと苦心しているシーンなどが出てくるのは面白いです。タイムパラドックスとか、この作品を見たことで知った気がします。子供の頃一番大好きだった映画、ぜひ3部作すべてを一気に見返したいのです。あの当時はマイケル・J・フォックスが本当にかっこよかった、あの時の記憶で焼き付けておきたいので正直今の姿は見たくないのです。両親の過去を見るのも面白そうですが、我が子がどうなっているのかも知りたい気はします。それにしても、悪友にそそのかされたとは言え窃盗をしようとするなんてそんな我が子の姿は見たくないです。数十年の間にいったい何が起こったのでしょう。その未来を回避しようと時間旅行を続けるなんて、彼はきっと生まれた後もイクメンになることでしょう。そしてビフが悪すぎる。こういうやつって嗅覚も鋭いというか余計なことに気づきやすいのです。子供心に腹が立ってしょうがなかったです。今見たらまた違った楽しさがあるかもしれません。