今日から俺は(ドラマ)の無料動画を1話からフル視聴する方法【最終回まで】

今日から俺は(ドラマ)の動画を無料視聴する方法

「今日から俺は(ドラマ)」

日本テレビの動画配信サービス「Hulu」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Hulu」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Huluのおすすめポイント>
 
・日本テレビ系列の人気のドラマやバラエティ番組が見放題
・60,000本以上の動画を見放題で視聴できます
・アニメ、海外ドラマだけでなく、スポーツ中継や音楽ライブも楽しめます
スマートフォンタブレットだけでなく、もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々933円で継続ですることができます
 
<Huluユーザーの声>

20代女性

Huluの良さは、なんといっても、すべての作品が見放題で楽しむことができるところです。月額は933円ですが、そんな金額だけで60,000本以上の動画が見れるのはお得すぎます!最新の連続ドラマの見逃し配信やバラエティ番組の見逃し配信もされていて、その動画がいつでもどこまで見れるので、もうHuluなしの生活は考えられないかも♪

今日から俺は(ドラマ)の見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

Hulu

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>最終回(第10話) 「最終回!突然のツッパリやめます宣言!一体なにが!?」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
最終回(第10話)の公式あらすじ

三橋(賀来賢人)と伊藤(伊藤健太郎)に最大のピンチが!二人の前に過去最強の敵が現れる…!!谷川(矢本悠馬)から、今井(太賀)がヤクザに襲われ意識不明の重体になったと聞き、怒りに震える三橋と伊藤。しかし、相手はヤクザ。谷川に仇をとってほしいと頼まれた二人は思案するが、次は伊藤が一人夜道でヤクザたちに囲まれ…!圧倒的強さのヤクザ・月川(城田優)の登場!大切な仲間たちを守り切ることができるのか!?
 
…と、そんな最終決戦のさなか、なぜか三橋が突然「今日から俺はツッパリやめます」宣言!?黒髪にメガネ、普通丈の学ランに身を包み「東大を目指す!」と豪語する三橋!理子(清野菜名)も風紀委員として怒る理由が見つからず、ただただ動揺!どうした三橋!最終回だぞ三橋!一体何が起きたんだ!?ついに、待ちきれないけど、永遠に来てほしくなかった最終回が訪れる!開久との真の決着もすべてはこの最終回で!?
 
さようなら、職員室のゆかいな教師たち!さようなら、赤坂道場の変なおじさん!さようなら、笑顔の絶えないおとぼけ三橋夫妻!そして…さようなら、ツッパっていた80年代の若者たち!!あなたは最後まで三橋に振り回される!!!青春痛快ツッパリコメディ、絶対に見逃せない激アツの最終回!
 
<出典>今日から俺は(ドラマ) 公式

最終回(第10話)のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
最終回(第10話)の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第9話 「最終章!開久と全面戦争で全校生徒を巻き込む大騒動!?」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第9話の公式あらすじ

持ち越されてきた最強校・開久との対決、ついに!!最終章の幕が切って落とされる!! 三橋(賀来賢人)と伊藤(伊藤健太郎)のせいで開久がナメられることが我慢ならない相良(磯村勇斗)。しかし、番長の智司(鈴木伸之)は、いっこうに軟高との喧嘩に腰を上げない。苛立ちがつのる相良は、三橋と伊藤を潰すためのある奇策を思いつく…。
 
智司はその相良の作戦にのせられてしまい、集団で伊藤を袋叩きにしようと襲いかかる。しかし、不利な状況でもまっすぐに自分に向かってくる伊藤に、智司はまわりの連中の手出しを禁じ、伊藤にタイマンを持ちかける・・・。
 
その戦いが発端となり、相良のクーデターが勃発!!開久が大勢で軟高に押しかけてきた!?軟高の生徒たちに危害をくわえられたくなければ、開久に金を支払うよう要求される三橋と伊藤。次々と仕掛けられる相良の作戦に二人は追い詰められ・・・。どうする三橋!?どうなる伊藤!?三橋伊藤の軟高vs卑劣な相良率いる最強校開久の全面戦争のゆくえは―!!
 
<出典>今日から俺は(ドラマ) 公式

第9話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第9話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第8話 「ラブストーリーは唐突に?俺の女に手を出すな!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第8話の公式あらすじ

晴れて3年に進級した三橋(賀来賢人)は、新入生から「かっこいい」とアイドル的な扱いを受け調子に乗る。伊藤(伊藤健太郎)は、三橋のような振る舞いができず、新入生からの「つまらない」という声に地味に傷つく。そんな中、軟高で頭をはる三橋を倒してテッペンを取ろうという血の気の多い1年が三橋に喧嘩を売る。思わず拳を握る三橋だが、咄嗟に理子(清野菜名)に止められる。理子のアドバイスに従い喧嘩を回避すると、三橋の大人な対応を見た1年の間で人気はさらに大爆発!三橋はさらに図に乗る!!
 
そんな中、今度は連合を組んだ新入生三人組が三橋を倒そうと挑んでくる。突然手に入れたファンの人気を喧嘩で失いたくない三橋は、佐川(柾木玲弥)一人に三人の相手を任せて静観する。しかし、そこにやってきた理子が、一方的にやられる佐川を助けようと三人を華麗にやっつけると、さっきまで三橋に向けられていた歓声はあっという間に理子のものに!さらに理子の方が三橋より強い「ウラ番」だと噂が立ち、理子が人気を独り占めしようとしたとふてくされる三橋。
 
同じ頃、軟高の廊下ではフルフェイスのヘルメットに金属バットを持った危険な新入生(須賀健太)が軟高で「一番つええヤツ」を探し暴れていた…。理子の名前を聞いたヘルメット男は理子を探し始めて…!?狙われた理子!!その時、三橋は…!?
 
<出典>今日から俺は(ドラマ) 公式

第8話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第8話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第7話 「伝説エピソード解禁!世界一ムダな戦いが幕を開ける…?」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第7話の公式あらすじ

ある日、三橋(賀来賢人)は理子(清野菜名)の下駄箱に手紙を忍ばせる今井(太賀)の姿を見かける。早速無断で中身を読むと、三橋を罵倒した挙句「僕と会ってください」と理子を呼び出す内容で…。
 
頭にきた三橋は諦めの悪い今井を脅かしてやろうと呼び出し場所の公園のトイレに隠れて待ち伏せすることを思いつく。しかし、ちょうど落ちていたバットを拾い公園のトイレに入ると、そこには…!?
 
ここから始まる三橋VS今井の壮絶な戦い。やられたら100倍にしてやり返す男・三橋が今井への復讐心に燃えたぎり、ついには今井を廃ビルに監禁!?原作ファンの間でもっとも人気が高く、そして実写化は無理だと言われた禁断の回がついに!!どうする三橋!!どうなる今井!!拳を交えるバトルとは一味違う、これこそ、本当の生き死にをかけた死闘!?絶対に敵に回してはいけない三橋の本領発揮!ネタバレ厳禁!1秒たりとも目が離せないハラハラの展開!!!あなたは衝撃的瞬間の目撃者になる…!!!
 
<出典>今日から俺は(ドラマ) 公式

第7話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第7話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第6話 「憧れの金○先生に俺はなる!?暴力教師に正義の鉄拳!!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第6話の公式あらすじ

とある場所で三橋(賀来賢人)の父・一郎(吉田鋼太郎)に出くわした椋木(ムロツヨシ)は、秘密を共有することで「三橋に何でも言うことをきかせる」という取引を成立させる。一郎から“ある見返り”を提案された三橋が、裏の事情を知らないまま、1週間椋木のしもべになるという男の約束を交わす。 翌日、早速しもべとして掃除、肩揉み、おんぶなど人が変わったように椋木に尽くす三橋に、伊藤(伊藤健太郎)や理子(清野菜名)をはじめ校内は騒然!「椋木を尊敬している」という三橋の言葉に同僚教師の羨望の眼差しを浴びる椋木は優越感に浸る。
 
一方、椋木を羨む気の弱い教師・坂本(じろう)は道でヤクザの剛田(勝矢)に激突し大ピンチ!しかし偶然落ちてきた電光看板から救ってくれた「命の恩人」として熱烈に感謝される。ヤクザの事務所が潰れ無職になってしまったと話す剛田に生徒指導専門の実習生の仕事を紹介した坂本はさらに感謝され…。生徒指導は自分の「天職」だと言う剛田は早速翌日から軟高にやって来ることに。
 
剛田という用心棒を手に入れ気が大きくなった坂本は突然強気な教師にキャラ変更!椋木のしもべ・三橋vs坂本の用心棒・剛田の抗争勃発で軟高が大変なことに―!?
 
<出典>今日から俺は(ドラマ) 公式

第6話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第6話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第5話 「ギザギザハートのシティ派不良登場!タイマンて何ですか」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第5話の公式あらすじ

流行りのヤンキーショップを見に千葉から原宿を訪れた三橋(賀来賢人)のクラスメイト・佐川(柾木玲弥)は、カッペ狩りをしていた東京の不良・ユタカ(平埜生成)にカツアゲをされた挙句、ボコボコにされる。気絶直前に佐川が言い残した「お前なんか三橋さんと伊藤(伊藤健太郎)さんに殺されるぞ」という言葉に興味を持ったユタカの仲間・紅野(中村倫也)、ゴロー(池田純矢)、岩田(市川刺身)は遊び半分で千葉のヤンキー退治に繰り出して…。
 
翌日、理子(清野菜名)から佐川が東京で襲われ意識不明だと聞き、怒りに燃える三橋と伊藤は東京に向かおうとする。だが、すでに千葉入りしていた紅野たちは早速三橋たちを探し始めていた。喧嘩と暴力をレジャーとして楽しむ都会の不良・紅野は開久の生徒にも手を出し、噂を聞いた智司(鈴木伸之)と相良(磯村勇斗)は開久の総力を挙げて紅野たちの捜索を始める…。
 
さらに紅野たちは通りすがりの今井(太賀)と谷川(矢本悠馬)までめった打ちに!倒れている今井たちを見つけ事情を知る伊藤だが、その一方、何も知らない三橋は道で紅野に声をかけられ…。喧嘩慣れしたフォーメションで容赦ない攻撃を繰り出す紅野たちに、三橋がまさかの大ピンチに陥る!?東京の不良と千葉のヤンキーの一大闘争!つっぱりの流儀の通用しないシティ派の不良に三橋たちが打つ奇策とは!?
 
<出典>今日から俺は(ドラマ) 公式

第5話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第5話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第4話 「大恋愛が加速!?先生どうして人を好きになるんですか?」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第4話の公式あらすじ

理子(清野菜名)にはフラれ、男子校で女子と縁のない青春を送ることに絶望する今井(太賀)。さらにナンパに失敗したところを三橋(賀来賢人)と伊藤(伊藤健太郎)に笑われ激しく落ち込むが、校門で待ち伏せしていた明美(若月佑美)から突然告白を匂わせる呼び出しの手紙を渡されて…!?
 
心配する谷川(矢本悠馬)が見守る中、放課後の喫茶店で明美と落ち合った今井は緊張と高ぶりからいつも以上の空回りを見せる。しかし、なぜか明美と意気投合しまさかのカップル成立!?その様子を見ていた三橋は今井に彼女ができたことが許せず、猛烈に悔しがる!今井に横槍を入れようと試行錯誤する三橋だが、張り合おうとするほどなぜか今井と明美の仲は深まるばかり。今井と明美の関係に異常な嫉妬を見せる三橋に拗ねる理子と、その気持ちを察し鈍感な三橋に呆れる伊藤。
 
一方、京子(橋本環奈)はあることをきっかけに一人落ち込んでいた…。そんな中、三橋と伊藤は明美の意外な姿を見てしまう…!!
 
<出典>今日から俺は(ドラマ) 公式

第4話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第4話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第3話 「ツッパリ最凶集団との因縁の闘いが始まる!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第3話の公式あらすじ

三橋(賀来賢人)が理子(清野菜名)の父・哲夫(佐藤二朗)の営む道場の危機を救って以来、密かに三橋に惹かれる理子。そんな理子の気持ちに薄々気づきつつも目をそらし、理子に想いを寄せ続ける紅高の番長・今井(太賀)は、連日の待ち伏せの末、ついに告白を決行!しかし、あえなく撃沈してしまう。
 
よりによって理子の好きな相手は性格の悪い卑怯者の三橋、しかも理子の「意外といいヤツなんだよね」という言葉が受け入れられない今井は、子分の谷川(矢本悠馬)と共に河原で途方にくれる。やるせなくて川に投げた大きな石が、馬鹿力が災いして対岸にいた開久のヤンキーに直撃!喧嘩が勃発してしまう。今井にやられて逃げ帰ってきた開久の生徒の話を聞いた番長の智司(鈴木伸之)は、開久のメンツにかけ、総出で今井を探しにいく…!!
 
開久のNo.2相良(磯村勇斗)たちに谷川が襲われている現場に鉢合わせる今井。自分が目当てと知った今井は心配する谷川を残し、一人で相良たちについて行く。その姿を偶然見かけた三橋は…。今井の失恋に端を発した喧嘩は三橋や伊藤(伊藤健太郎)たちまで巻き込んだ大ごとに発展!!因縁の開久との対決がついに幕をあける…!!
 
<出典>今日から俺は(ドラマ) 公式

第3話のネタバレはここをクリック
今井の告白
本屋で雑誌を立ち読みをしている三橋は、理子に注意される。
 
「立ち読みは少し読んで内容がもっと読みたくなったら買いたいってなる、本屋のテクニックなんです〜」と三橋は理子に言い返す。
 
すると書店員は三橋に向かって何を立ち読みしているのか?と尋ねる。うる星やつらですと答えると、なぜか蘊蓄と将来の夢、あだち充に至るまで語り出すのだった。
 
理子は、呆れてその場を立ち去る。それを見ていた今井は、「可憐だ」とその後ろ姿を見て呟く。谷川が「もしかしたら三橋が好きなのでは?」と言うと、「俺の心の声を漏らすな!!」と今井は激昂するのだった。
 
今井は明るく理子に話しかける。そして、今井は理子の友人に席を外すよう頼む。
 
「付き合ってください!」
 
突然の今井の告白に、急ですね、とたじろぐ理子。横にいる谷川も驚いている。
 
「他に好きなやつがいるんですか?」と単刀直入に言う今井に、理子は肯く。
 
それは伊藤ですか?と聞いたり、俺ですか?と聞いたり混乱する今井は、三橋という名前が出せぬまま、三橋の悪口ばかりを口にしてしまう。
 
土手で今井は「意外と三橋くんっていい奴なんだよね!」と言い放った理子の言葉にくやしさを隠せずに、川に向かって石を投げる。
 
その石は不運なことに、開久高校の生徒に当たってしまい、喧嘩に発展することになった。
 
 
今井を探せ
今井のことを聞いた開久のカシラ、智司は仲間を置き去りにして逃げてきた生徒に制裁する。
 
「開久はボンクラの集まりだ!喧嘩で負けたらおしまいなんだ。今日中に今井って野郎を連れて来い!」
 
そこへ、相良が「まあまあ、智司」とはいってきた。
 
「喜べよ。俺がついていってやるよ」
 
相良はニヤニヤしながらそう言って、今井を一緒に探すことになる。
 
手下は、
 
「相良さんって意外と良い人なんだな。もっと狂暴かと思ってたよ」と言う。しかし、もう1人の手下は、
「バカヤロー。あの人は揉め事をもってくる奴が大好きなんだよ。喧嘩は智司さんのほうが強いが、むしろ恐ろしいのは智司さんと違って、あの人には仁義がないからな」と。
 
相良たちは、今井探しを始める。
 
すると谷川と出くわす。
 
「おまえが今井か?」
 
谷川が今井と間違えられ、相良に殴られて倒れるのだった。
 
そかへ駆けつけた今井は「一発で良かったんじゃねえのか」と相良をにらみつけました。
谷川は「さすがにヤバいっすよ、今井さん。4人ですよ」と止める。」
しかし、「馬鹿野郎、俺は紅高のバンはってんだぞ!」と今井は言う。
今井は、相良たちに誘導され、人気のない場所へ連れて行かれてしまう。
 
 
三橋選手、見事な着地です
相良は、今井の背後から後頭部を角棒で殴りつける。
 
瀕死状態の今井に、さらに蹴りを入れる相良。
 
高笑いする相良だが、ビルから三橋が飛び降りて相良の背中に飛び蹴りして、背中の上に着地。
 
「三橋選手、見事な着地です!」
 
両手を広げてポーズを決める三橋。
 
「金メダルでしょうが!!」とふざける。
 
三橋は、残り3人の手下と戦うが苦戦する。
今井は朦朧とする意識の中、三橋が開久の生徒たちと戦っている姿を見て、「三橋、お前、いい奴だったのか」と感激する。
今井は三橋のところに走って行って「理子さんはお前に譲るー!」と叫ぶ。
そこへ智司ら、開久が大勢集合してくる。
 
智司は、「相良をやったのどっちだ?」と聞く。
今井は、三橋が逃げるくらいの時間稼ぎはしてやろうと思って言ったことだった。
しかし三橋は「嘘言ってんなよ!何言ってんだよ!コイツやったのは俺だ!」と言い返して、今井と口論になる。
 
「あ!おまわりさん!」と叫んで三橋は逃走して、今井も追いかけてくる。智司たちもこぞって追いかけてくる。
三橋と今井は、警察に追いかけられ、行き止まりのフェンスを前にする。
 
「このままポリに捕まったら商店街で壊した物の弁償、そして停学、坊主」と頭を抱える三橋。
三橋は今井が泳げることを確認して、今井のポケットに石を詰めると、横を流れている川へ突き落とす。
やってきた警察官に「大変です~友達が川に~」と言い、警察官も川に飛び込んだ。
その隙をついて、三橋は逃亡する。
その頃智史は、三橋に殴られたダメージからよろける。
 
「かなりきてるぜ、三橋」
 
よろける智史を支える手下。
「金髪の石橋…三橋…そういうことか」
智史は石橋が三橋であることに気づいたのだった。
 
 
腐ったミカン
翌日、三橋は屋上でため息をついていた。
そんな三橋のところに、担任の椋木がやってくる。
 
「相談乗ってくれんの?」
 
三橋はそう言った。
 
「同級生妊娠した?」と言う椋木。
「そんな金八先生みたいなドラマチックなこと起きてない」
「どんと来いや腐ったミカンが」
「開久のテッペンとやらんといけないんです」
 
あらまっ、と言う椋木。
 
「むっくんさあ、開久行って話つけてよ」
「むっくんがそいつを直でやってもいい感じ?」
 
三橋は「それでもいいよ」と言う。
椋木は「ちと考えてみるわ~」と言って去る。
 
 
ケチャケチャにしてやる
下校時。
 
理子は「さんちゃーん!」と追いかけてきて、三橋を「田原俊彦のレコード買いに行くのに付き合ってくれない?と誘う。「俺はマッチ派だ」と三橋は言う。
理子は仕方なく伊藤を誘うが、伊藤は今日は京子とデートの約束があるらしい。
 
三橋は「色々カタが付いたら、レコード付き合ってやるから」と理子に言った。
 
 
許してください
相良と手下たちは、軟葉高校の生徒に「三橋を知ってるか?」と詰め寄っていた。ボコボコにされる生徒。
 
そこへ「弱いものいじめとか、だせえことしてんじゃねえよ!」と京子が怒鳴り声をあげながら登場。
 
そしてあっという間に相良以外の3人を倒した。
相良は「強ぇぇぇ!」拍手して、京子の拳を掴んで止める。
「パンチまでマブかったわ……」と言いながら、京子に顔を近付けてくる。
そこに「京ちゃん??」と伊藤がやってくる。
 
伊藤が「何してるの?」と聞くと、京子は「わかんなーい。なんか怖い人たちが急に……」とキャラを豹変させる。京子は「あっ、この子がやっつけたの~」と開久にいじめられていた軟高の男子生徒を指さす。
 
男子生徒は「いや、僕じゃないっす、そこのスケバンが」と言いかけるが、物凄い形相の京子を見て「僕がやっつけました」と言わざるを得ない状況になる。
 
「こういう状況こわ~い」と泣きまねをする京子を「京ちゃん、泣かな~い」とあやす伊藤。
 
2人のバカップルぶりにあきれ果てる相良に、「いつまでの手を握ってんだ!」ブチ切れる伊藤。相良が京子の手を放して、京子が伊藤の胸に飛び込んでくる。
デレデレの伊藤は、「チョコレートパフェ食べに行くんだもんねぇ?」と猫撫で声を出しながら歩き出す。
そんな伊藤に「待てよ」と相良。
 
「お前、三橋って奴知らねぇか?あのブタやろう!」
 
伊藤は「京ちゃん、パフェの喫茶店先行ってて。俺はこいつをケチャケチャにしなきゃ」と京子に言う。
 
「あんなクソ野郎、早いとこケチャケチャにして一緒にパフェだよ!」
「京ちゃん!女の子がクソ野郎とか言っちゃメ!」
 
京子は明美に自分のぶりっ子について評価を求めながら、一緒に伊藤と相良の後をつける。すると相良はまたしても、後ろから伊藤の後頭部を角棒でぶん殴る。
京子は「あの野郎!!」と助けに行きたい気持ちが溢れ出る。明美は、
 
「三橋さんに知らせましょう!」と叫ぶ。
 
京子と明美は三橋を探しに走る。
伊藤は「三橋はお前とは違うんだ!」と言って立ち向かっていくが、相良にボコボコにされてしまう。
相良は狂ったように伊藤に蹴りを入れる。
しかしその後、伊藤は後ろから角棒で殴った。
 
「勝手に勝った気になってんじゃねーよ!」
 
伊藤は相良たちに向かっていく。
しかし相良は、卑怯なことに伊藤の背後から後頭部を今度はビール瓶で殴りつけるのだった。
 
「相良さん、やべぇよ」と開久の生徒たちはドン引き。
相良は「ずらかるぞ!」と言って立ち去ろうとするが、おいおい、と伊藤は立ち上がる。相良は何度も立ち上がる伊藤を不気味に思う。
 
「三橋はお前の何なんだよ!」
「奴は俺の相棒だ。奴にかかりゃてめえなんか屁みたいなもんだぜ。一発でケチャケチャだ」
 
相良は「殺してやるよ」と伊藤に向かってくる。しかし伊藤は相良を殴り飛ばすのだった。
そこへ智司が手下を連れてやってくる。
 
「驚いたぜ、軟高みたいなふざけたところで相良をのせる奴が2人もいるとはな。俺と勝負しろ!もちろんタイマンだ」
 
智司はかなり強く、伊藤は倒れてしまう。
智司は「泣き入れたら、許してやる」と言う。
伊藤は負けじと智司を思い切り殴り、怒る智司。
今度は相良が伊藤に攻撃を加える。
 
その頃、三橋は軟葉高校の生徒から、伊藤が開久と戦っていることを聞く。
 
相良は伊藤を殴り続けるが、そこに京子が割って入る。
京子にも暴行を加えようとする相良。
やめてくれ、と声を絞り出す伊藤。
伊藤は、京子を守るために相良に土下座する。「ゆるして、ください」
「いいねぇー」と相良と手下は土下座をする伊藤を見て、大笑いする。
 
 
てめえが三橋か?
「おい、俺の相棒に何してんだ?」と、三橋がやってくる。
 
勢いよく相良に飛び蹴りをして、相良は倒れる。
 
「てめえが三橋か?」
「ハイ、私が三橋ですっ」と、三橋はふざけて敬礼をする。
 
三橋は伊藤を起き上がらせた。
 
「言ってやれ、伊藤、地面に美味しそうなものが落ちてたって」
「ああ、落ちてた。食べちゃった」と伊藤は言った。
 
そこへ、今井もやってきた。
 
「もともとは俺が蒔いた種だ!いい感じに実ったみてえだから俺に収穫させてくれや~」
 
すると、相良は突然逃走。
三橋は「なんで逃げるの~?」と追いかける。
今井は残った開久の生徒を殴り飛ばしていく。伊藤は駆けつけた京子に頭をなでなでしてもらって復活し、今井に応戦する。
 
相良は鉄の棒を持ち、壁の影に隠れて三橋を待ち構えている。
しかし三橋は相良の手を先読みして、背後から現れると、相良の顔面をパンチする。
 
「ヒキョーさのレベルが違うんだよ!」と言い放つ。相良は気絶する。
ヒキョーさのレベルが違うんだよ!という言葉のチョイスがカッコ悪かったことを反省する三橋だった。
 
 
決闘!三橋VS智司
三橋が戻ってくると、倉庫でのびている伊藤と今井である。
そこに「よくも開久をなめてくれたな」と智司が大勢の仲間を連れて登場する。
 
智司は「お前ら、井上さんやったろ?石橋と吉村なんて、ふざけた偽名使いやがって」と言う。
三橋は、智司にタイマン勝負を申し込むのだがそこに「さんちゃん!やめて!」と理子がやってくる。なぜか理子の父親の哲夫も登場する。
哲夫は智司に腹を殴られて倒れてしまう。
三橋は「お父さんのかたき!」と智司に飛び蹴りする。
 
「そこにいるトンガリ頭、まともならてめえに勝てるぜ!」
「俺が誰だかわかってんのか?開久の頭だぞ!?」
「だから?俺は三橋貴志だ。俺よりいばった奴は叩き潰す」
 
そこに「やめんさ~い」とツッパリの格好に身を包んだ椋木たちが登場する。
椋木が何やら話していると、遠くからパトカーのサイレンが。
先生のひとりが警察を呼んだらしく、全員逃げる。
 
 
誰のせいだよ
軟葉高校の屋上。
 
三橋と伊藤は、開久とこんなことになったのはオメーのせいだと互いに罵り合う。
三橋は「今井のせいだ!」と結論付ける。「いやいやヤクザとモメた時点で狙われてた」と伊藤はツッコミを入れる。
三橋と伊藤は爆笑する。
 
そこに理子がやってきて、開久に警察の警備がついたことを知らせる。
これでしばらくは開久も派手な動きは出来ないはずだ。
第3話の感想はここをクリック
開久高校がフィーチャーされる回。
 
相良のサイコパスっぷり?を楽しめる回でした。
 
狂ったように笑ってみたり、三橋以上に卑怯だったり。見所は、伊藤と相良の喧嘩シーン。
 
何度殴られても起き上がる伊藤の強さに胸を打たれました。
<見逃し動画>第2話 「恋と道場破り!?ナウい青春が動き出す!!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第2話の公式あらすじ

ある日、道を歩いていた三橋(賀来賢人)は同級生の風紀委員にして武道の達人・赤坂理子(清野菜名)から肩が当たったと難癖をつけられる。理子の態度が気に入らず、家に帰っても落ち着かない三橋は、父・一郎(吉田鋼太郎)から「恋をしている」と指摘されるが、ムシャクシャするのは理子をぶっ飛ばしたいためだと結論付ける。 
翌日、全員つっぱりの最強校・開久の生徒が、女装趣味の男子生徒・石橋と吉村を探して軟高を嗅ぎ回っている、という椋木(ムロツヨシ)の話を聞いた伊藤(伊藤健太郎)は、先日倒したヤクザの件で、偽名を使った自分たちが狙われていると気づき焦る。三橋に危険を知らせようとするが、上の空の三橋は理子を追って街に出かけて…。
 
三橋を探しに街に出た伊藤は、偶然、喧嘩している京子(橋本環奈)に遭遇。スケバンはやめたはずでは…とショックを受ける伊藤に、京子は必死に取り繕う。一方、三橋と伊藤を探す開久の番長・片桐智司(鈴木伸之)と卑劣なNo.2・相良(磯村勇斗)は三橋たちが使っていた偽名のせいで難航する捜索に苛立ちを強めていた。
その頃、街でやっと理子を見つけた三橋だったが、理子はチンピラに絡まれていて…。
そして、理子を倒すつもりが、なぜか理子の家の道場にやってきた道場破りと戦うことになって…!?
 
<出典>今日から俺は(ドラマ) 公式

第2話のネタバレはここをクリック
なめんなよ!理子
三橋と伊藤は道を歩いているときに、向こうから赤坂理子がやってくるのを見つける。
 
「この間の強かった女だな」と伊藤は微笑む。
 
理子は三橋と肩がぶつかり、三橋は「おい!」と啖呵をきる。
 
「そっちがぶつからないように気を使ってくれれば肩がぶつからなくて済んだわ」と理子。
「おまえが避けろよ」と負けない三橋。
「私は避けたわよ」と理子も言い返す。
 
三橋と理子は喧嘩になる。
 
「女相手にやめろよ!」と止める伊藤。しかし、理子は三橋に負けず、最後に蹴りを壁にめりこませて、三橋はしゃがみこむのだった。そのときに三橋は理子のスカートの中を覗いてしまう。
 
 
恋じゃないか?
三橋の家。三橋は夕飯中様子がおかしく、キャベツがうまく口に運べない。父親から様子が変だと指摘され、「おまえ、まさか恋してるのか?」と言われる。
 
激しく動揺しながら、三橋は理子の瞳がキラキラだったことや星のようだったことをペラペラと話して、混乱して、自室に引っ込んでしまう。何度も父親が覗きにくる。 
相手の顔を思い出すだけでドキドキしている自分に、三橋は混乱を極め、これは理子をボコボコにしたいだけだ!と自分を落ち着かせるのだった。
 
 
石橋と吉村に気をつけろ
ホームルームで担任の椋木から、女子生徒が他校の生徒に絡まれる事件が多発していると知らされる。その他校の生徒は石橋と吉村で、「もし危険な目に遭ったら、顎をしゃくれさせて逃げなさい」と言う。
 
佐川によれば、探しているのは開久高校の生徒だった。
 
「生徒が全員ツッパリで、OBはみんなヤクザ」
「生徒が全員ツッパリってそれどういうことだ」
 
伊藤は不安に思い、三橋に話しかけようとしたが、何処かへ行ってしまう。
 
 
理子を探して
理子のことを考えてしまって、すっかりおかしい三橋は、下校時に理子の姿を見つけ、変な歩き方で追いかける。その様子を心配して伊藤も三橋を追いかけるのだった。 
 
魔女っ子京子ちゃん?
伊藤は三橋を尾行しているときに、他校の不良女子生徒と乱闘している京子を見つける。「京子ちゃん、ツッパリやめたんじゃなかったの?」と甘えた声で伊藤は話しかける。
 
ボコボコにしているところを見られてしまった京子は慌てる。
 
「ツッパリやめたよぉ。ボコボコになんてしてないよぉ」と取り繕う京子。
 
一緒にいた明美は「何言ってるんですか!今ボコボコにしてたじゃないっすか!」と言い返すが、「何を言ってるのかな?」ととぼける。そして、「これはお芝居の練習なの」とさらに取り繕う。それに対して、伊藤は、「お芝居なのかぁ、でも、京子ちゃんにスケバンの役は演じて欲しくないな〜」と言う。
 
すると、京子は「次はじゃあ魔女っ子京子ちゃんのお稽古するね!」と可愛こぶって笑い、ピロリロリーンと伊藤に指をクルクルさせて魔法をかける。「この魔法にかかったら、私のことが好きにな〜る!」
 
「そんなことしなくたって、京子ちゃんのことすきだよー」
 
すっかり骨抜きな伊藤だった。それから何度も魔法をかけられ、伊藤は骨抜きにされながら、「絶対舞台を観に行くからね」と言って、帰っていくのだった。
 
伊藤の背中が見えなくなると、京子は元の姿に戻り、明美に「空気読めやあああ!」と怒鳴る。そして再び不良たちをボコボコにし始めるのだった。
 
 
理子を救え!
その頃、三橋は理子が屈強な男たちに囲まれている姿を見かける。そして、理子は男たちに何処かへ連れて行かれるのだった。
 
「面白い展開じゃねえか!」
 
三橋は意気揚々と追いかけていく。
 
 
石橋と吉村はどこにいる?
開久高校の智司と相良は、後輩たちが石橋と吉村がいないことに苛立っていた。
 
後輩は、「金髪の石橋はいなくて」と口籠ると殴られてしまう。
 
「いなくて、じゃなくて探せよ!」と怒鳴る智司。
 
しかし相良は何だか嬉しそうだった。
 
 
女を傷つける奴は許さない
廃ビルに連れ込まれた理子は男たちにボコボコにされそうになるが、そこへ三橋が登場して、「成敗してくれる!」と決め台詞。生卵を投げつける攻撃をするのだった。 
生卵で大半がやられるが、ひとりがドスを取り出したので、三橋は焦り、理子の手を引いてその場から逃げ出す。ありがとう、と礼を言う理子だったが、三橋は、「俺はおまえのことが大嫌いだ!俺は今からおまえをぶっ飛ばす!!」と謎の喧嘩を売り、駆けつけた伊藤に顔を飛び蹴りされる。
 
「ごめんね、こいつアホなの」
 
伊藤は笑って謝る。そして、理子の手に少しの切り傷があるのを見つける。
 
「それ、見してみな」
 
三橋は理子の怪我を見て、「忘れ物しちまったから取りに行ってくるわ」とまた元の場所へと戻るのだった。
 
三橋がもう一度、男たちに喧嘩を売ると、廊下へ逃げる。仕掛けられた罠に男たちは次々につまずいて転倒。そこにビニールシートをかぶせて、三橋は上から棒で叩くのだった。
 
「やめて!!」
 
そこへやってきた理子は、「その人たちはうちの生徒さんなの!」と言い放つ。
 
 
赤坂流道場VS黒崎道場
三橋と伊藤は理子の道場へ来ていた。理子の父親である哲夫もいる。
 
哲夫によると、近所の黒崎道場が道場破りでやってきて、5対5で勝負をして負けた方が看板を降ろすことになっているという。
 
理子は男たち、つまり門下生たちを使い、強い男を探していた。三橋に肩をぶつけてきたこともそれが目的だったのだ。
 
「おまえ、ハメられてんじゃねえか」と伊藤。
「常にハメる側の俺様が」と三橋は落胆の表情を浮かべる。
「この道場のために力を貸してください」と頭を下げる理子に、「知ったことじゃねえよ」と三橋は言い放つ。
 
伊藤は、「俺はやるよ。ここに通うちびっこ達のためにもな」と引き受けるのだった。
そこへ、今井と谷川がやってくる。三橋を見つけた今井は目を見開く。
 
「おまえ!ずっと待ってたんだぞ!」と目くじらを立てる今井。
「あれから待ってたのか!?」と笑う三橋。
 
今井は、「三橋、お前も理子さんと付き合いたくてこの勝負を引き受けたのか?」とニヤニヤする。
 
「なんで下心の方を言っちゃうんですか」と谷川はツッコミを入れた。
 
理子は「これで私を入れて5人ね」と言うが、女が参加するということに納得がいかない三橋だった。
そこに現れたのは担任の椋木だった。
理子が他校の生徒に絡まれているという話を聞いた椋木はそれを確かめにきたという。
 
三橋は、「5人目が来たな」と言う。
 
「理子、やっぱり俺が代わって出てやる」
 
そう三橋は言う。
 
「一度逃げた負け犬に用はないわ」と言う理子。
「喧嘩と武道は違うのよ!」と言う理子に、三橋はつかみかかるが、すぐに投げ飛ばされてしまう。
 
本気を出した三橋は、理子を壁に追いつめると、「メチャクチャにしてやるぞ」と凄み、殴ろうとした手で理子の肩を掴むのだった。
 
理子は「参った」と言う。
 
三橋の肩には理子の手形がついていた。
更衣室で「あの女も半端ねえな」と三橋は伊藤に言う。
椋木は本心では辞退したかったものの、理子の様子を見に来た教師の山口に「かっこいい!」と言われ、やはり出場することになるのだった。
 
 
5対5の勝負
勝負が始まった。
椋木は黒崎チームの最初の人物が弱そうだったために、自分こそ先に出ると申し出る。
 
しかし椋木はすぐ敗れた。
次の今井は「この今井、理子さんのために戦います」と理子の手を握る。
今井は最初の相手も次の相手も倒す。
 
しかし黒崎は「あーあ、岸本を出さずに終わった方が怪我人が出なくて良かったものを」と呟く。
岸本は、いきなり今井の頭に2発。これで試合終了かと思いきや、「効かねえな」と今井。
やっとのことで、岸本の足を捕まえるが、倒れてしまった。
 
岸本は「このクソ野郎が!」と言って、今井に唾を吐きかけるが、その唾を伊藤が手で受けるのだった。
「これが本気で戦った相手にすることかよ!」
 
三橋は、トイレのブラシを使って、伊藤の手を洗浄する。「やめて」と伊藤は呆れる。
 
そこに谷川が来て、ハンカチで伊藤の手を拭いた。
伊藤は岸本に「てめえの性根、叩き直してやる!」と言い放つ。
伊藤と岸本の勝負が始まった。
岸本より早く攻撃をくりだす伊藤。
黒崎は「岸本、場外に逃げろ!」と叫ぶ。
 
「拳法をやれ。向こうはたかが早いだけのツッパリ攻撃じゃないか」と黒崎はアドバイスをする。
気を取り直した岸本は、伊藤の攻撃が早いだけの攻撃と見切る。拳法を使った攻撃に、伊藤はとうとう、側頭部に蹴りを入れられてしまう。
しかし、「馬鹿め。あのウニ頭はここからが普通じゃねえんだよ」と三橋は言う。
 
伊藤は立ち上がって、岸本に渾身の一発。
 
場外に逃げる岸本。
伊藤は出した拳を引っ込めた。
 
すると、カッとしたのか岸本は、なんと伊藤に目つぶしをくらわせ、伊藤は両瞼から出血してしまう。
それを見た三橋はいてもたってもいられずに、飛び出す、哲夫はそれを制止。逆に投げられる。三橋は黒崎もかわして高く飛び上がると、天井に頭を打ちつけてしまい、落下。ピヨってしまう。
 
哲夫は「黒崎さん、今のを正当な攻撃と認めるわけにはいきませんな」と言う。
「ルールは何でもアリだったはずです」と黒崎は言い返す。
「いいんですよ、お父さん。チンピラ以下のヤツの目つぶしなんて、まともに決まりゃしませんよ」と伊藤は言う。目つぶしは瞼を切っただけで済んでいた。しかし、目に血が入り、よく見えないまま、伊藤は岸本から一発お見舞いされそうになり、その拳を受けたのは三橋だった。
 
三橋は「この試合は俺がケリつけるから、今井と伊藤を病院に連れてけ」と谷川に言う。
 
「さてと、やりますか」
 
三橋は、岸本を睨む。
哲夫は、「無理はするな、いや、ほどほどは無理しろ。いや、むしろ死んでも勝て」と注文する。
三橋はいきなり畳を蹴り上げて、その上から岸本を踏み続ける。
思わず「すごい卑怯!」と叫ぶ理子。
三橋はさらに、畳の上から岸本を足で踏みつけまくる。
 
黒崎が「やめてくれ~!気絶してるじゃないか」と止める。
 
 
理子のお弁当
翌日の軟葉高校、教室。
 
三橋は弁当を忘れてへこんでいた。
 
そこに「さんちゃん!」と理子が登場する。
 
「さんちゃん?」
 
三橋は怪しげに理子を見る。
 
「今日から私、さんちゃんって呼ぶことにしたのよ。三だから」
「ああ〜」
 
まんざらでもなさそうな三橋。
理子は伊藤から「三橋が、相手が強いとわかって理子と代わった」と聞いて、お礼のお弁当を持って来ていたのだ。
 
三橋は「そういうわけじゃない」と言う。「もし本当ならアタシの手作り弁当あげようと思ったのに」と言われ、三橋の態度は急変する。
そばにいた伊藤に後ろを向かせて背中に壁ドンすると、「その通りだよ、理子。あんな危険な奴らと君を戦わせるわけにいかなかったんだよ」とカッコつける。
 
理子はお弁当を渡して「早弁しちゃダメよ」と言う。
「はい!」と三橋は威勢の良い返事をする。
 
理子は自分のクラスへ。
「お前、好きだろ、理子ちゃん」と言う。
 
三橋はお弁当を開けるが、「早弁はダメって言ったでしょ!」と理子が入ってきて「すいません!」と謝る。
第2話の感想はここをクリック
伊藤の前で態度が変わる京子が楽しかったです。
 
伊藤も態度が変わっていてよかったです。三橋の卑怯っぷりも拍車がかかっていました。
 
生卵を投げたり、人に畳をかぶせてそこを踏みつけたり。三橋の頭の回転の良さは天下一品です。
 
また、三橋と理子の関係の変化も楽しむことができる回でした。
<見逃し動画>第1話 「伝説の幕開け!ツッパリとマブいスケバンの約束」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

“ツッパリ”全盛期の1980年代。平凡な日常に疑問を感じていた高校生・三橋貴志(賀来賢人)は、転校を機に金髪パーマにイメチェンし、生粋のつっぱりを装って転校デビューをする。
 
しかし、転校先の私立軟葉高校への登校初日、同じく転校生として現れた激しいトゲトゲ頭のつっぱり・伊藤(伊藤健太郎)の姿を見た三橋は愕然。実は伊藤も前日に同じパーマ屋で鉢合わせた「今日からつっぱり」として転校デビューを狙う同類だったのだ。昨日までつっぱっていなかった自分の正体を伊藤にバラされないかと焦る三橋だが、早速クラスの不良たちに目をつけられ、屋上に連れ出される。得意の卑怯な手で相手の隙を突こうとしたその時、正義感が強く弱い者いじめを嫌う伊藤が助けにやってきて、喜ぶはずの場所で怒る三橋!「俺が弱い前提で話進めるんじゃねえ!ウニ頭!」すると伊藤も「ウニって言うんじゃねえ!」と怒る。なぜか三橋と伊藤のケンカが始まる。そんな中、偶然とラッキーが重なって、気づけば2人は10人の不良を相手に勝利!これを機に「今日からつっぱり」という同じ秘密をにぎり合う三橋と伊藤は相棒としてつっぱり道を歩むことに。
 
三橋家では、息子の突然の変貌に戸惑いつつも、どこかずれた父・一郎(吉田鋼太郎)と母・愛美(瀬奈じゅん)との平和な日常が続き、クラスではお調子者の教師・椋木(ムロツヨシ)のもと、摩擦のない高校生活が続くかに見えた。
しかし、二人の噂を聞きつけた成蘭女子校のスケバン女子たちが三橋を訪ねてくる。面倒な用件を伊藤に押し付けようとする三橋だが、番長の京子(橋本環奈)と明美(若月佑美)が可愛いと見るや態度を一変。成蘭女子に絡みにくるしつこい男たちを追い払って欲しいという頼みを引き受けるのだったが…
 
<出典>今日から俺は(ドラマ) 公式

第1話のネタバレはここをクリック
今日からツッパリ
三橋は転校をきっかけにツッパリになるべく理容室を訪れる。そこに同時に現れた同い年くらいの男がいたが、男はおずおずと去る。
 
三橋は理容室にて、「金髪パーマにしてください!」と叫ぶのだった。
 
 
もうひとりの転校生
三橋は軟葉高校の3組に転校。挨拶の時に、もうひとり転校生がいるが、遅刻していることを知らされる。
 
「俺も遅刻すればよかったな」
 
そのほうがツッパリっぽいし、と思う三橋なのだった。
 
そこへ入ってきた伊藤は、理容室の前で出くわした男だった。三橋は、自分がツッパリデビューをしたばかりである事がバレてしまうことを恐れ、喧嘩腰になってしまう。突然喧嘩を売られた伊藤と睨み合いになるのだった。
 
それから、クラスのツッパリたちに絡まれた三橋は屋上に連行される。
 
「間違いなく袋だな」と三橋は覚悟しながら屋上に連れ去られるのだった。
 
「この金髪はアメリカ人だからで」
 
などと苦しい言い訳を続ける中、ボコボコにされそうなところを伊藤が助けに来る。
 
そこで再び、三橋と伊藤は喧嘩になるが、
 
「2人で喧嘩してんじゃねぇぞ」と、ツッパリグループを巻き込んで大喧嘩に。
 
三橋と伊藤は腕を振り回し、偶然にも喧嘩に勝利するのだった。
 
「オレとお前は今日から相棒な!」
 
2人はこの時から相棒同士となる。
 
 
門の前の女
翌日から、すっかり学校の生徒たちの態度が一変した。
 
廊下の道があくたびにニンマリする三橋。ツッパリたちも廊下の道をあけて、三橋と伊藤に「チッス!」と挨拶するようになる。
ツッパリの1人の佐川がやってきて、表に三橋を待つ女がいると告げる。
 
「可愛いか?」と三橋は尋ねたが、佐川は否定する。否定したことで三橋は「伊藤クーン」と伊藤に、表にいる女の相手をするように言う。伊藤は仕方なく、門の前へ向かった。
 
そこで伊藤は、門の前にいたみさえから「助けて欲しい」と頼まれるが、「女の喧嘩には立ち入らねえから」と誘いを断る。
すると横から京子と明美が現れ、お願いされる。伊藤は京子のあまりの可愛さにすっかり骨抜きになってしまうのだった。
 
しかし、理性をしっかり持ち、伊藤は改めて断るのだった。その横から三橋が現れて、一転、「頼みを聞こう」と突然かっこつける。
 
 
成蘭女子からの頼み
喫茶店で、京子たちから、学校に来る怖い奴らを追い払って欲しいという頼みを聞いた三橋と伊藤。
 
「転校そうそう、喧嘩が強くて何人もぶっ飛ばした噂を聞いたから」
 
という京子。
 
三橋はニンマリしながら、「そのかわりにオッパイ触らせてくんない?」と言う。
 
「おい!」と伊藤はツッコミを入れるが、
 
京子たちは「お願いします!!」と何度も頭を下げるのだった。
明くる日、三橋と伊藤は、成蘭の教室でスケバンの扮装に着替えている。
 
「何だよこれ」
 
と、伊藤は女装に着替えながらも不満そうだった。
 
「この学校には怖い生徒がいるんだと思われた方がいいだろ」と三橋は言うのだった。
 
成蘭の門の前には、ツッパリたちが控えていた。下駄箱のところから見守る京子たち。
 
女装した三橋と伊藤はツッパリたちのもとへ走っていく。
 
「何だよ、お前ら」
「京子を出せよ」
 
三橋と伊藤は、女子のキャラクターのまま、「私じゃダメなの?」と続ける。
 
「この子もなかなか可愛い」と折れそうになるツッパリだったが、「親分から京子を連れてこいと言われてんだ!京子を出せよ」と譲らない。
 
すると三橋はツッパリの一人に抱きつき、「あんた、タイプ〜!」と言って急所を蹴り上げる。ツッパリは倒れ込む。それを皮切りに喧嘩が始まり、ツッパリたちは逃げていくのだった。帰り道の三橋と伊藤。
 
「お前はやり方が卑怯だ!」と伊藤は三橋の喧嘩のやり方に抗議する。
 
しかし、三橋は「卑怯だろうが何だろうが勝てばいいんだよ!」と言い放つのだった。
 
「ここからはおまえが何とかしろよ!」と三橋は言い放つのだった。
 
 
ヤクザとの戦い
軟葉高校に、再び明美が慌てた様子でやってくる。門の前で三橋と伊藤に、明美は「京子がヤクザに連れ去られたの!」と焦った様子だ。慌てる伊藤。
 
「助けてほしいの!」と訴えるみさえたちに対して、「ヤクザはちょっとなぁ」と三橋は渋るのだった。
 
「その件なら伊藤くんが担当しまーす」とふざける三橋。
 
「あんた相棒なんじゃないの!?」と語気を荒げるみさえ。
 
「昨日で相棒は解消しました〜」
 
そう言って、三橋は校舎に引っ込んでしまう。伊藤はみさえたちとともにヤクザの元へと向かうのだった。
 
 
今井と谷川
三橋は早弁しながら窓の外を眺めていた。
 
しかしクサクサする気持ちが湧き上がり、弁当をしまう。
 
「先生!食欲がないので早退しますー!」
 
三橋は先生に宣言して早退した。
 
外でリヤカーをひいて歩いている時に、三橋が蹴った空き缶が紅羽高校の今井の後頭部にあたってしまう。
今井はものすごい形相で振り向く。相棒の谷川もものすごい形相で振り向く。
 
「おまえこの方が誰だか分かってんのか?紅高の今井さんだぞ」
 
谷川はそう凄むと、三橋を見て、はっ!と何か気づき、今井に耳打ちする。
転校早々、喧嘩が強かった三橋だと分かった今井と谷川は喧嘩を仕掛けようとするが、三橋は「やらない」と断る。
 
三橋は「そんなに強いんなら、リヤカーを3倍にするのもたやすいよな」と、なぜかリヤカーを今井に引かせ、紅高へ運ばせるのだった。リヤカーを運ぶのは余裕だと、今井は有頂天でリヤカーを運んだ。
 
やがて帰ってきて、さて、喧嘩だと助走をつけて、今井は三橋に殴りかかろうとする。すると、地面が落とし穴になっていて、今井はそこに落下する。覗き込む三橋。
 
「卑怯でも勝てばいいんだよ」と三橋は笑い、「おまえがリヤカー運んでる間に落とし穴掘っといた」と言った。
「あんたと喧嘩するのにあと1時間必要」と三橋は落とし穴を覗き込む。
「そんなにびびってたのかよ?」と今井は大の字になりながら言う。
「必ず戻ってくるから待っててね」三橋はそう言って、走り去る。
 
 
京子を返せ!
その頃、京子はチンピラの井上らから薬漬けにされそうになっていた。争っていたが、やがてロッカーに入れられた京子。
 
そこへ伊藤がやってくる。
 
「女装して助けたいほどゾッコンラブなのか?」とチンピラたちに囃し立てられる。
 
伊藤は一人で立ち向かい、見事にボコボコに。血まみれになりながらも、「開けさせねえ」と伊藤は京子がいるロッカーの前に立つ。まさに絶体絶命の伊藤。そこに消火器の煙と、飛び蹴りが。
 
三橋が現れたのだ。
 
「何だ!おまえは!」
「俺はこいつの相棒だよ!」と言って三橋は持っていた金属バットで、井上に殴りかかる。
「おまえはやっぱり卑怯だ」
 
伊藤はそう言い放つ。
 
「言っただろう?卑怯でも勝てばいいんだよ!これが俺のやり方だ!」と。
 
三橋と伊藤はチンピラに反撃を開始して、ついにチンピラを全員成敗する。
 
「結局来るなら最初から来いよ!」
 
伊藤がそう言うと、三橋は時々カッコつけながら、「馬鹿野郎!あとから来るのがヒーローの鉄則!それがカッコいい男!そしてモテる!」と決めポーズ。
 
「京子さん、俺が助けましたよ」と両手を広げる三橋だったが、京子は伊藤の胸に飛び込み、「カッコよかった!」と言うのだった。伊藤はすっかり脱力してしまう。
 
三橋はヤケになり、薬の袋を次々と雄叫びをあげながら破るが、伊藤に「そんなことして大丈夫なのか?」と言われて三橋は我にかえる。そこで、三橋と伊藤は井上の耳に「俺は石橋です」「吉村です」と偽名を名乗る。
 
 
赤坂理子
帰り道、三橋が「俺が助けにくると思ってた?」と聞くと「思ってたけどおせーよ!」と伊藤が答えた。
 
すると不良たちが現れて喧嘩を売ってくる。
 
「こいつさ、怪我してんだよ。無理だ」と三橋は断るが、不良は向かってくる。
 
すると「やめなさい!」と赤坂理子が登場する。「この人怪我してるじゃないの」と。そして、理子が相手をし、不良たちを見事に成敗した。
 
赤坂理子は「軟高なんだね。私は5組」と言う。「俺ら3組」と三橋と伊藤は自分を指差した。
 
 
夜の今井と谷口
夜になっても、今井と谷口はまだ待っていた。あいつは必ず来る!そう信じている今井だった。
 
 
片桐と相良
開久高校の片桐と相良。男に何か注意を受けていた。
 
「井上が街から逃げた。金髪の石橋と吉村って高校生にやられたらしい。聞いてるのか?返事は?」
 
片桐も相良もだるそうに返事をする。
 
すると近くに止まっていた車から男が降りてきて、「早いところ探してね」と言うのだった。
 
 
平和が一番!
三橋は教室の窓から外を見て弁当を食べていた。「やっぱり平和な世界が好きだな」と三橋は言う。
 
三橋が伊藤の弁当を覗き込むとそこにはハートのでんぶの弁当が。
 
「それ京子の弁当だろ?!俺が助けたんだからその弁当を食う権利は俺にもある!」と三橋は伊藤から弁当を奪おうとする。
 
すると、理子が教室に入ってくる。
 
「風紀委員の赤坂理子です!お弁当を返しなさい!」
 
伊藤は京子が作ってくれた弁当の匂いを嗅ぎ、恍惚とした表情を浮かべるのだった。
第1話の感想はここをクリック
レトロなツッパリドラマとして楽しむことができました。
 
登場する小道具、雑誌、髪型、世界観、全てが古い世界を描いていましたがそれがとても新鮮でした。
 
しかし古臭いというわけではなくて、逆に新しいです。あまりにもオーバーな髪型をしているのに、そう感じさせなかったり、わざとらしさを感じないのは、コントがそもそもわざとらしくて面白いからだと思いました。
 
わざとらしいコントをしているんだという前提でみているので、あまり違和感を感じなかったんだと思います。

今日から俺は(ドラマ)の内容

公式サイト

頭脳・運動神経ともレベルは高いものの、超普通な高校生活を送っていた三橋貴志は、転校をきっかけにイメージチェンジを決意。いきなり入った床屋で金髪パーマにし、ツッパリとして生きていくことに。転校初日、三橋のほかにもう1人転校生がいて…。
 
<出典>日本テレビ公式

<出演者>

三橋貴志:賀来賢人
伊藤真司:伊藤健太郎
赤坂理子:清野菜名
早川京子:橋本環奈
今井勝俊:太賀
谷川安夫:矢本悠馬
川崎明美:若月佑美(乃木坂46)
佐川直也:柾木玲弥
片桐智司:鈴木伸之
相良猛:磯村勇斗
坂本先生:じろう(シソンヌ)
反町先生:長谷川忍(シソンヌ)
水谷先生:猪塚健太
山口先生:愛原実花
椋木先生:ムロツヨシ
三橋愛美:瀬奈じゅん
赤坂哲夫:佐藤二朗
三橋一郎:吉田鋼太郎

<各話の視聴率>

第1話 伝説の幕開け!ツッパリとマブいスケバンの約束 9.8%
第2話 恋と道場破り!?ナウい青春が動き出す!! 8.3%
第3話 ツッパリ最凶集団との因縁の闘いが始まる! 8.9%
第4話 大恋愛が加速!?先生どうして人を好きになるんですか? 9.1%
第5話 ギザギザハートのシティ派不良登場!タイマンて何ですか 9.8%
第6話 憧れの金○先生に俺はなる!?暴力教師に正義の鉄拳!! 9.4%
第7話 伝説エピソード解禁!世界一ムダな戦いが幕を開ける… 10.6%
第8話 ラブストーリーは唐突に?俺の女に手を出すな! 9.4%
第9話 最終章!開久と全面戦争で全校生徒を巻き込む大騒動!? 10.8%
最終話 最終回!突然のツッパリやめます宣言!一体なにが!? 12.6%

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Hulu」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

今日から俺は(ドラマ)の感想

40代女性

ツパっていた、のではなくて、今日からツッパるなんですね、そこから面白かった。主人公三橋の、運動神経抜群、喧嘩は負けたことがない最強ぶりが実に現実離れしていてカッコイイ一方で、逃げ足が速くて、悪知恵が働いて、卑怯なやつというのが笑える、愛嬌あるツッパリで好感度抜群。運動神経抜群な喧嘩のシーンは見応えありました、逃げ足も見事なまでに足りきり、最終てきには卑怯な作戦で逃げ延びる、基本ヤンキーの権力争いを見ているはずなのに、コメディータッチというかギャグで展開されていくので笑えます、そのため不快な感覚をほぼ抱く事なくヤンキードラマを楽しむ事ができました。親友の伊藤は真逆で硬派、根性は人一倍、真面目で正義感が強くて喧嘩が強い、その2人がタックを組むギャップがよかった。ヒロインの存在も良かったです、可愛いアイドル的ではなくて、美人で合気道はかなりの腕前、そこらのツッパリより強く度々投げ飛ばすシーンがかっこよかった。もう一つ毎週楽しみにしていたのは三橋のお父さんとお母さんのシーン、毎回必ず笑わせてくれるので面白くてドラマの中でもお気に入りの場面でした。その中でも感動の場面がいくつかあって、胸があつくなることも…。ほんの少しでしたが、スクールウォーズの歌シーンの再現は最高でした。

40代女性

勢いがありましたね。青春ドラマはあまり好んで見ないのですが、録画されていたので見ていました。賀来賢人さんははまり役でしたし、今が旬の俳優陣たちが勢ぞろいで、見ごたえがありました。磯村優斗さんは、初めてドラマをみたとき、誰だかわからなかったです。眉毛もなかったですし。違うドラマですごく好青年な役をされていたのを見ていたので、少し衝撃を受けました。賀来賢人さんの演じていた三橋貴志は、面白かったです。高校デビューでヤンキーになるっていうところから笑えました。人は何かを始めるときに、格好から入る人がいますが、まさにそれでしたね。ズルくて、人を盾にするようなキャラでしたが、なんとなく憎めない。それに、こんな奴なのに愛してくれる人もいる。なんて幸せな設定なんでしょう。愛してくれる人がいれば、人は変われるものなのですね。強くなれる。その愛してくれていた女性が、今思えば清野菜名さんだったんですね。80年代風のドラマだったので、髪型が聖子ちゃんカットで、そのときは「この古風な子、誰?」って思ってましたが、今はバンバン主役されていますね。ドラマの最後の方は、ケンカシーンが多くて、見ていて痛かった部分もありましたが、最終回では友情が深まり、愛も深まり、ハッピーエンドで良かったです。

20代女性

福田雄一さんの作品が大好きな私はこのドラマが決まった時から楽しみにしていました。賀来賢人さんの壊れっぷりとかとても面白かったし、伊藤健太郎さんとのかけあいがとてもおもしろかったし印象的です。一番好きだったのは伊藤さんと橋本環奈ちゃんとの掛け合いでした。ヤンキーとスケバンの2人のかわいい小学生みたいな恋愛がかわいくてみていてほっこりしました。どんだけ喧嘩をしていても伊藤さんが現れたら喧嘩をやめて女の子になってしまうところがかわいくて、本当のスケバンもこんなんだったらとても平和なのになって思いました。あとはゲストが安定に福田組の方がたくさん出ていて贅沢だなと思います。初回でツッパリになるために金髪にしにいった賀来さんと出会うのが、クローズでヤンキーを演じていた小栗さんでクローズを匂わすような言葉を言っていたのが印象的でした。ヤンキーが出てくる映画でクローズが一番好きな私的にとてもテンションが上がるワンシーンでした。平成生まれのわたしてきにあんまりわからない世界観と時代背景ではありましたが、両親は懐かしく思っていましたし楽しんでいました。時代背景はよくわからなかったですが内容は楽しめました。

40代女性

「今日から俺は」は、私が20歳頃に週刊少年サンデーで連載されていた人気漫画なので非常に懐かしい一方で、賀来賢人君や伊藤健太郎君などのイケメン俳優に加えて人気若手女優の橋本環奈さんや元乃木坂46の若月佑美さんが出演しているので嬉しくなってしまいます。また、床屋を演じる小栗旬君やソープランド店員の山田孝之君などゲスト出演しているイケメン俳優が意外な職種を演じたり、組長を正反対の外観の高橋克実さんと堤真一さんが演じるなどとにかく出演者が豪華です。「今日から俺は」は、バブル経済絶頂期のヤンキーストーリーなのでコミック完結から28年経過した平成にどうかなと心配していましたが、蓋を開けてみれば大人気と自分も録画して好きなシーンを何回も見るほどです。個人的には、冷静な状況把握に基づく用意周到な悪知恵の働く「三橋貴志」や正義感が強く義理堅い伊藤真司よりも、鉄槌をくだしているにもかかわらず伊藤真司が来ると清純かつひ弱な女性へと豹変する早川京子の変わり身の早さに笑ってしまいます。早川京子の変わり身の早さと態度の豹変に戸惑う川崎明美の表情がよく、原作には登場しない川崎明美が良い存在感を出していて原作とは違う面白味があったドラマです。

20代女性

とても面白いです。主人公たちの行動が阿呆で面白すぎて笑えるドラマです。橋本環奈ちゃんの演じる京子さんの伊藤くんの前でのぶりっ子な言動が可愛すぎて堪りません。可愛い子がするぶりっ子はイラッとすることもなく可愛い〜とずっと見ていられます。三橋がたまたま居なくて理子ちゃんと伊藤くんが2人で帰っているのを一度見てしまっただけで、理子ちゃんと伊藤くんが付き合っているんじゃないかと勘違いして理子ちゃんに決闘を申し込んでしまうほど伊藤くんのことが好きな京子さんが大好きです。ぶりっ子モードと番長モードのギャップがすごくて引き込まれます。三橋はイチイチ阿呆らしいことをしているけど、たまに真剣になる場面でギャップにやられてしまいます。理子ちゃんのことを大事に想っているんだなぁということが伝わってくるときはドキドキしてしまいます。普段馬鹿なことをしているだけに真剣な姿を見せるのはずるいなぁと思いました。ずっと気になっていたのは伊藤くんの髪型です。あんなに上に突っ立っていて重くないのかなぁとかどうやってセットしているのかなぁとか色々知りたいことがあります。主題歌もとても良くてついつい口ずさんでしまうメロディーにハマりました。昔の歌だそうですが、このドラマにとても合っていて良い感じです。こんなに笑えてハマるドラマは他にありません!大好きです!

40代女性

何と言ってもキャストが良かったです。かっこいいし、面白い。個性のある服装、髪型今時いない格好です。伊藤君の髪型は、作るのが大変そうでした。このドラマの伊藤君を見て伊藤健太郎さんを知りました。三橋、伊藤では伊藤派だったからです。こんな息子がいたら可愛いだろうな、いやいや迷惑かな、などと思いながら伊藤君を応援してました。びっくりしたのが、磯村勇斗さん演じる相良猛君。色白さと目の下のクマのような黒さ。似てました。色々な役をやっていますが、磯村さんは、この役がピッタリです。伊藤君と三橋君誕生の一話は必ずみておきたいところ。意外で笑えます。毎回楽しみにしていましたがいよいよ最終回。最終回でこんなにワクワクするとは思っていませんでした。こんな終わり方をしたドラマも珍しいです。終わりではなく、始まりです。でも、なかなか第二弾、今日から俺はがやらない。続きを見たくてたまらない。きっと多くの視聴者が思ってます。視聴者を釘ずけにして終わってしまうなんて。あとこのドラマは、最後の最後までよくみないとです。エンディングもいつもとは違うんです。本当に所々に凝ったことがしてあります。まだまだ細部に面白いことがしてあるのかもしれないので、再放送でもいいのでみたいです。

30代女性

80年代のツッパリを題材にしたドラマであり、人気漫画を福田雄一さんが脚本・演出することで面白さが倍増したように思えました。個性の強い髪型や服装をしているキャラクターが多く登場する漫画でしたが、ドラマでもそのままのキャラクターが多く登場し、再現度の高さに驚きました。一番の見どころは福田さんならではのギャグ感満載の展開でした。変顔は当たり前で言い回しや動きの独特さが面白く、福田さんの演出により出演者の意外な演技力を発見することができました。福田組常連の佐藤二朗さんやムロツヨシさんも出演されており、二人のアドリブ感の強いやり取りが面白いと共にそれによって他の出演者の魅力を引き出していたように感じられ、福田ドラマには二人の存在は欠かせないと改めて感じさせられました。また、毎回カメオ的に出演するゲストも見どころで、誰がどこでどんな役柄で出演するのか楽しみのひとつとなっていました。自分の信念を貫く姿や仲間を守る姿に胸を打たれるシーンも描かれていましたが、その後訪れるギャク感によって笑いに変わってしまう展開は最後まで気を抜けないドラマでした。80年代を人気の俳優陣が演じたことで、幅広い世代に受け入れられるドラマになっていました。

20代男性

このドラマに出会ったのはたまたまいとこの家に遊びに行ったときでした。僕はその時期テレビとは疎遠でドラマなんて全く観てなかったのです。ドラマを観ても長続きせず3.4話まで観て満足してしまいがちでした。しかし、「今日から俺は」は1話完結となっており大人の方から子供の方まで分かりやすくバラエティに特化したドラマだと思います。ストーリーは賀来賢人演じる「三橋」が高校デビューと言いますか…ツッパリになる事から始まります。同じタイミングでツッパリをはじめた伊藤真司演じる「伊藤」と一緒に波乱万丈な学生生活を送ります。そこに現れる昭和を匂わせる(平成生まれですが)ライバル達。またライバル達もすこし抜けてて終始笑いが絶えないドラマです。漫画からの実写化ということを親から聞き漫画も拝見したのですが想像を超えたクオリティで実写化されております。また、漫画では再現しにくい話の間やツッコミのタイミングなどが絶妙で本当に面白いです。また、映画化も発表されておりさらに楽しみです。『おうち時間』が増えてる今、ドラマ「今日から俺は」に時間を使ってみてはいかがですか。家族みなさんで楽しめるドラマに間違いなしです!一度でも観てみてください!

30代女性

全話を通してのストーリーや、衣装などが原作を忠実に再現されているクオリティが高いドラマだと感じました。出演者のアクションシーンは迫力があり見どころの1つだと思います。賀来賢人さんと橋本環奈さんはイケメンと可愛い役者さんにも関わらず、変顔や白目など全力で演じていて、更に福田監督作品には欠かせないムロツヨシさんや佐藤二朗さをが加わりギャグセンスが高く毎回思いっきり笑える作品でした。たまにアドリブに耐えきれない役者さんが笑ってしまう所もあり、個人的にはそれで更に面白さを感じました。伊藤健太郎さんと橋本環奈さんのバカップル感もとても笑えて、橋本環奈さんの裏表の切り替わりが激しいのにも笑えました。全体的に昭和の感じが強く押し出されているのが今日から俺はの世界観をしっかりと作り上げていて、それにアクションシーンやギャグシーンが合わさって原作にとても近くクオリティが高い作品になっていて、ハマる要素がたくさんあったと思いました。三橋とリコのこれからが気になったりましたが、最終回は全員が集まるアクションシーンでかっこよく終わり続きがあって欲しいなと思うくらいハマるドラマでした。夏には映画も公開されるので、そこでどんな展開になるのかがとても楽しみです。

40代男性

80年代のつっぱりをテーマにした漫画原作のドラマで漫画、アニメ同様にドラマも面白かったです。ドラマ化が発表されたときはどうなるかと思いましたが、始まってくると各キャストが見事にハマっていて良かったです。主人公の三橋役に賀来賢人さん、伊藤役に伊藤健太郎さんと今勢いのある俳優さんが2人を演じているとともに二人の相性がバッチリでした。また、ヒロイン役に橋本環奈さんと清野菜名さんと二人が80年代のカッコがとても似合っていました。そして、何より福田作品でお馴染みの佐藤二朗さんとムロツヨシさんが繰り広げる笑いに見事にハマってしまいました。毎回見せてくれるアドリブのような演技がすごく良くて次はどんなのがくるのかという期待を持たせて持ってしまってました。ドラマの内容としては、80年代の不良の学園ドラマということを忠実に演出をしているので、40代以上は懐かしながら見ることができるとともに若い世代の人にはこんな時代もあったのかと思える内容となっていますので、今のような携帯やSNSが進んだ時代とは異なるので新鮮さがあって良いのではないかと思います。また、服装に関しても同じで今とは異なるのでそういった楽しみも出来るのではないかと思います。