メイちゃんの執事の無料動画を1話からフル視聴する方法【最終回まで】

メイちゃんの執事の動画を無料視聴する方法

「メイちゃんの執事」

フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」

第1話から最終回まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

< FODプレミアムのおすすめポイント>
 
・フジテレビ系列の人気の月9ドラマなどフジテレビ作品が5000本以上見放題
・FODでしか見ることができないオリジナル配信作品も配信中
・アニメ、海外ドラマなどFOD独占でラインナップ!話題の新作映画も
120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌や女性誌までラインナップ
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々880円(税抜き)で継続でき、毎月最大900ポイントもお得
 
<FODユーザーの声>

20代女性

月9ドラマが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れたのでビックリした!月額制だけど、スマホのアプリで見れるし、お手軽に楽しめる。また、FOD限定配信ドラマとか、地上波で放送されないきわどいドラマもあり、面白い♪スマホで見ると、通信量が気になるけど、Wi-Fiなら通信料金を気にせず楽しめるし、一気に見れるのでストレスなく動画を視聴できる。月額料金を払っているけど、雑誌も読む放題なので、待ち時間とかにスマホで動画を見たり、雑誌を見たり、時間をつぶせて本当に便利♪

メイちゃんの執事の見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

FODプレミアム

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>最終回(第10話) 「ラストkiss」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
最終回(第10話)の公式あらすじ

メイ(榮倉奈々)は、理人(水嶋ヒロ)を賭けての決闘<デュエロ>をルチア(山田優)に申し込む。決闘は、メイの執事・理人とルチアの執事・忍(向井理)との真剣による戦いとなった。が、理人は、多美(谷村美月)が放ったボーガンの矢で腹部に傷を追っていた。その夜、理人は、心配する剣人(佐藤健)たちの声に耳を貸さずに、決闘の会場へと向かった。相手の忍は、世界中のさまざまな武術を身につけ、その強さは驚異的だという噂だった。学園長・ローズ(堀内敬子)の合図で決闘が始まった。忍は、凄まじい攻撃を仕掛けながら、巧みに理人の腹部の傷を狙っていた。傷のせいもあって動きも鈍く、防戦一方に追い込まれていく理人。それでもメイは、理人の勝利を信じてその光景を見つめていた。ルチアは、そんなメイに向かって、負けを認めるよう促す。するとメイは、理人と青山(真山明大)が戦ったとき、忍から言われた言葉をルチアに返した。あのとき忍は、「執事は信じられなければ力を発揮できない」、とメイに言ったのだ。メイは、毅然とした表情でルチアを見つめると、絶対に柴田理人は渡さない、と言い放つ。逆上したルチアは、メイに襲いかかり・・・。
 
<出典>FOD公式

最終回(第10話)のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
最終回(第10話)の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第9話 「死なないで、理人」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第9話の公式あらすじ

理人(水嶋ヒロ)は、弟の剣人(佐藤健)から、メイ(榮倉奈々)を賭けた勝負を挑まれ、壮絶な殴り合いの末、迷いを吹っ切った理人は、もう2度と側を離れない、とメイに約束する。同じころ、ルチア宮では、忍(向井理)と多美(谷村美月)が対峙していた。多美は、忍を非難するかのように、問いかけたが、忍は、何も言わずにただ微笑むだけだった。あくる日、メイは、剣人を呼び出し、彼に礼を言おうとした。剣人は、まだお前のことは諦めていない、と告げる。理人と勝負を付けた上で、メイに選んでもらわなければ意味がない、というのだ。その後、メイの前に右近(高木万平)と左近(高木心平)が現れる。金太郎(津川雅彦)に命じられてメイを呼びにきたのだという。メイは、理人とともに金太郎の私邸を訪れた。するとそこには、ルチア=詩織と忍の姿もあった。その席で金太郎は、メイではなく詩織を自分の後継者に指名し、さらに、アメリカで行われる後継者発表のセレモニーに詩織ともに行くよう理人に命じる。突然のことに、メイは大きなショックを受けるが・・・。
 
<出典>FOD公式

第9話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第9話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第8話 「決闘!! 理人vs剣人」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第8話の公式あらすじ

理人(水嶋ヒロ)に別れを告げ、聖ルチア女学園を去ったメイ(榮倉奈々)は、生まれ故郷に戻り、再び仲本家に身を寄せる。メイは、あるうどん店を手伝いながら以前通っていた高校への復学準備を進めようとしていた。メイの側にいるために執事を辞めた剣人(佐藤健)は、何とかメイを元気づけようと、努めて明るく振舞っていた。一方、熱を出して倒れていた理人は、ルチア(山田優)の看病もあって回復する。ルチアの執事・忍(向井理)は、そんな理人に、本郷家から連絡があったことを伝えた。あくる朝、メイと剣人の前に、理人が現れる。そこで理人は、本郷家からの通達をメイに告げる。それは、1週間以内に聖ルチア女学園に戻らなければ学費の支払いを停止するというものだった。同時に、今後は本郷家との関わりを絶ち、財産分与等の権利も放棄せよ、という。理人の用件がそれだけだと知ったメイは・・・
 
<出典>FOD公式

第8話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第8話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第7話 「オレがそばにいる」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第7話の公式あらすじ

執事の交換が中止になり、理人(水嶋ヒロ)も久しぶりにメイ(榮倉奈々)のもとへと戻った。だが、陰<オンブラ>寮にメイの姿はなかった。そのころ、メイと剣人(佐藤健)は、多美(谷村美月)におびき出され、森の奥にある古い洋館『時間<とき>のない館』にいた。多美は、事情が飲み込めないでいるメイと剣人に向って、ルチア(山田優)のためにお前たちを始末する、と告げる。泉(岩佐真悠子)との決闘<デュエロ>のときに男たちにメイを襲わせたのも、理人とメイが抱き合っている写真をばらまいたのも、すべて多美がやったことだというのだ。理人は、泉やリカ(大政絢)らメイのクラスメートや彼女たちの執事にも協力してもらいメイを探していた。多美の執事・神田(阿部進之介)は、メイや剣人だけでなく、多美の姿もないことに気づく。館では、メイと剣人が、多美の合図で姿を現した男たちに取り囲まれていた。2階へと上がり、そこの一室に逃げ込むメイと剣人。メイを助けるために犠牲になる覚悟を決めた剣人は、必死にドアを押さえながら、ひとりで逃げるようメイに告げた。が、次の瞬間、ドアが破られ、多美たちが侵入してきた。剣人は、多美のナイフ攻撃からメイをかばおうとして傷を負っていた。多美は、倒れたまま動かない剣人にすがりつくメイに向って、お前がこの学園に来なければ誰も苦しむことはなかった、と言い放ち・・・。
 
<出典>FOD公式

第7話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第7話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第6話 「剣人の大告白!!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第6話の公式あらすじ

理人(水嶋ヒロ)とメイ(榮倉奈々)が抱き合っている写真が、教室中に貼りだされた。その写真を見たリカ(大政絢)や凛(忽那汐里)たちの間に動揺が広がった。聖ルチア女学園では、お嬢様と執事の恋愛が禁止されており、発覚した場合は退学処分になってしまうのだ。剣人(佐藤健)は、くだらないことをするな、と理人に掴みかかった。そこに、泉(岩佐真悠子)が現れ、事実関係の調査が済むまで理人とメイに謹慎するよう言い渡した。ほどなく、証拠不十分ということで、メイたちの謹慎処分が解かれる。そんな折、聖ルチア女学園の各クラスにある通達が出される。それは、クラス内で執事を交換せよ、というものだった。それを受け、メイのクラスでもくじ引きで執事が決められる。その結果、メイの執事は剣人が務めることになった。不二子の執事は大門(鈴木亮平)になり、根津は多美(谷村美月)に仕えることになった。そして理人は、ルチア(山田優)の執事を務めることになったが・・・。
 
<出典>FOD公式

第6話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第6話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第5話 「理人が抱きしめた」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第5話の公式あらすじ

理人(水嶋ヒロ)とメイ(榮倉奈々)は、突然クラスにやってきたルチア(山田優)の言葉に動揺する。ルチアは、今日からメイたちのクラスメートになったのだという。それに追い討ちをかけるかのように、ルチアの執事・忍(向井理)は、メイもルチア同様、本郷家の後継者候補であることを皆に明かす。さらに忍は、理人が1年前までルチアに仕えていたことまで話してしまう。ルチアが理人を取り戻すためにメイに対して嫌がらせをしていることを偶然知ってしまった剣人(佐藤健)は、理人に対して怒りをぶつけた。メイを苦しめているのは理人だというのだ。剣人は、理人がルチアの元に戻ればすべてが上手く収まるのだから、その後は自分がメイの執事になって彼女を守る、と理人に告げる。「今度メイに何かあったら、お前のこと許さねぇからな」。剣人は、そう言い捨ててその場から立ち去った・・・。
 
<出典>FOD公式

第5話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第5話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第4話 「あなたを求めてる」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第4話の公式あらすじ

理人(水嶋ヒロ)は、メイ(榮倉奈々)と泉(岩佐真悠子)の決闘<デュエロ>に立ち会わずに、とある場所に向っていた。そんな理人の前に現れた忍(向井理)は、もうメイに仕えることはできない、と言い放つ。忍は、今回の決闘でメイが負けるよう、すでに手を打っているのだという。それでも理人は、メイの勝利を信じて疑わなかった。同じころ、聖ルチア女学園では、メイと泉の決闘が始まろうとしていた。今回の決闘は宝探し。学園内のどこかに隠されている宝箱を探すというものだった。宝箱には、泉の執事・木場(夕輝壽太)が一番大切にしているものが入っているのだという。タイムリミットは3時間。それまでの間に、仕掛けられた数多くのフェイクの宝箱やトラップを避け、木場自身が隠した宝箱を探し当てた者が勝者となるというルールだった。剣人(佐藤健)やリカ(大政絢)、多美(谷村美月)らが見守る中、メイと泉は、教室を飛び出した。
 
<出典>FOD公式

第4話のネタバレはここをクリック
デュエロ開始
メイと泉のデュエロが始まります。

決闘の内容は泉の執事である木場が最も大切にしているものを探す「宝探し」です。

三時間以内に、センサーを頼りにして学園の敷地に点在する宝箱を探し、そこから木場が自分で隠した最も大切にしているものを見つけ出すという内容のルールですが、宝箱の中にはフェイクも多数あり、一筋縄ではいかないようです。

 

フェイクの箱によってステラを没収されたり、落とし穴などのトラップまである今回の決闘は、思っていたよりも大変でした。

さらには、メイを始末するために送り込まれた全身黒ずくめの刺客まで登場し、身の危険にまで及ぶ事態にまで発展していきます。

 

メイのことが心配な剣人は、彼女のことを見守っていましたが、偶然この刺客の集団を発見しました。

刺客たちに取り囲まれたメイのピンチを救い、彼女と共に逃亡することにします。

 

一方、諸事情によりデュエロを欠席していた理人は、竜恩寺家に出向いていました。

そこで、そこの執事に何やら「これは竜恩寺家のためでもある」と頼み事していたのです。

その後彼は、あるアパートへ行きます。

 

その頃、謎の黒ずくめの刺客たちから逃げていたメイと剣人は、宝箱を探す泉と出くわしました。

剣人は、あの刺客たちが泉の仕業ではないかと疑いますが、彼女はきっぱりそれを否定します。

危険な勝負になっていることに、剣人は「こんな勝負やめたほうがいい」と言いますが、泉にはどうしても勝たなければならない理由があるため、中止になんてできるわけもありません。

そして、メイの方にも学園に残りたい理由ができたため、彼女もこの勝負辞めるわけにはいきませんでした。

剣人は、そんなメイの様子に、理人のことを好きになっているのではないかと思い始めます。
 
絆の証
ソーレ寮の周辺の宝箱を捜索する泉が、あるネクタイを発見します。

彼女はそれをフェイクだと思い、箱に戻しました。

その後別の場所で、勝利を確信する宝物を見つけ「勝った。」と言い、時間に余裕をもって会場に戻っていきました。

苦戦を強いられるメイでしたが、木場の話を思い出し、ある場所へ駆け足で向かいます。

時間ギリギリになっても戻らないメイ。

勝負を監督するソーレたちが、竜恩寺の勝利にするように審判の学園長に促します。

学園長も、竜恩寺の勝ちにせざるを得ないと諦めかけてきたとき、終了直前に、メイが戻ってきました。

メイは、泉がフェイクだと思って箱に戻したネクタイを持って来ていました。

木場がこの泉からプレゼントされたネクタイのことを、嬉しそうに話していたのをメイは思い出していたのです。

泉の方は、木場がいつも携帯していた執事教本を宝箱として選び持って来ていました。
 
勝敗の行方
勝負は決しました。

木場が、自分が最も大事にしているものとして自分で隠したのは、メイがもってきたネクタイでした。

泉は、こんな古いネクタイがなんで大事なのか理解できません。

しかし、メイには木場が泉から作ってもらった大事なネクタイの意味を理解していました。

そして隠されていた場所も、泉の大好きな花壇にあったのです。

後継ぎ問題で冷静さを無くしていた泉には、木場の気持ちが見えていませんでした。

 

そこに、所用を終えた理人が現れます。

そして、泉に対して、「あなたが木場を失いたくないのと同じように、木場もあなたを想い、その気持ちをネクタイに込めていたのです。」と説明しました。

木場は、いつも泉になにかあったとき、彼女の無事を祈ってそのネクタイを付けていたのです。

執事は資格があればどこでも存在できるわけではなく、仕えたいお嬢様がいてこそ執事として生きるという理人の話に、泉は泣き崩れました。

 

その後、様子を見ていた泉の母は、木場を連れ帰ろうとします。

しかし、そんな母の横暴を止めたのはメイでした。

デュエロで勝ったら、言うことを聞いてもらうという約束は絶対という学園の伝統に乗っ取り、泉の執事としてこれからもずっと木場に一緒にいてもらうということを提示したのです。

泉の母はそんなことお構いなしに、木場を連れ帰ろうとしますが、そんな彼女に理人は、ある団地に住む人物について告げます。

泉の母が、突然後継ぎ問題を起こした原因を究明していた理人はそのために諸事情と言って動いていました。

その話を聞いた、泉の母は何もかもうまくいかないことを悟ったかのように、諦めた表情になります。

泉の弟・新之介は、実は別の男性の子どもでした。

この事実を隠していたところ、相手の男性が急にこのことを暴露されたくなければ、竜恩寺家を乗っ取るように脅迫してきたのが事件の始まりです。

泉は、弟が別の男性の子どもだということを知っていました。

知っていてもなお、家族として良い関係を築きたいと考え、一緒に竜恩寺家を盛り上げてくれる母に感謝すらしていたのです。

泉の母は、自分が家を出て行き、後継ぎ問題騒動のけじめをつけることを口にしますが、泉はきっぱりと「出て行かせません。」と拒否します。

申し訳なさに涙する母に対して、泉はこれからも一緒に家を支えてくれるようにお願いして後継ぎ問題は一件落着となりました。
 
真実
デュエロの勝利報酬で自分のことをメイと呼ぶように泉にお願いして、泉からメイは名前で呼んでもらえるようになりました。

二人の距離は縮み、クラスメートにも信頼できる仲間ができたのです。

 

その日の夜、メイは落ち着きません。

理人に対する気持ちに気づいたメイは、彼のことを意識してしまい、彼がそばにいるだけで緊張してしまうのです。

 

翌日、泉は事件の黒幕が忍であることを伝えます。

そして、メイのことを心配して、彼が学園からメイを排除しようとしていることも伝えるのです。

その場に忍が現れ、彼はメイに、理人がかつてルチアに仕えていた執事である事実を伝えます。

二人のことを引き裂き、本郷家の後継ぎ問題でもルチアと対立している立場を自覚し、大きなショックを受けるメイ。

理人を失ったルチアは、精神的に病んでしまい、竜恩寺家すら巻き込んで今回の騒動を起こしていました。

 

ルチアが理人を強く求めている事実を知ったメイは、その日の夜なかなか眠れず考え込みます。

自分のせいで理人の立場が悪くなっているのではないか考えていたのです。

 

次の日、学園に行くと、クラスがまたもや騒がしい様子です。

「よろしくね。メイさん。」とメイに対して怪しく微笑みかけるルチアがそこにいました。

ルチアが、今日からクラスで一緒になることが決まりました。

第4話の感想はここをクリック
第四話では、泉とのデュエロの決着が付き、竜恩寺家のトラブルも解決しましたね。
 
また一人クラスで信頼できる仲間ができたメイでしたが、そのクラスに宿敵のルチアが入ってきてしまいました。
 
メイを学園から追放するためには、他のお嬢様の家族ですらめちゃくちゃにしようとする手段を選ばない恐ろしいルチアがこれから身近に関わってくることになります。 
 
メイと理人の関係が脅かされるのは間違いないでしょう。
 
そして、学園にいる理由を思い悩んだ末に、理人のことを好きな自分に気づいてしまったメイは、恋愛禁止の鉄の掟とも葛藤していくことになります。
 
メイのことを密かに想う剣人の切ない片想いも交えて、複雑に発展していく三角関係にも次話以降注目です。

<見逃し動画>第3話 「あなたに仕えたい」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第3話の公式あらすじ

理人(水嶋ヒロ)は、メイ(榮倉奈々)のようすがおかしいことに気づく。メイが、理人を避けるようになったのだ。原因のひとつは、ルチア(山田優)が実は本郷家の人間であることを、理人がメイに話していなかったせいだった。ルチアの本名は本郷詩織。彼女は、本郷家の遠縁にあたり、メイの父・周太郎(橋爪淳)が本郷家を飛び出した後に、養女として迎えられたのだという。ルチアの執事・忍(向井理)からそれを教えられたメイは、ショックを隠せない。ルチアは、そんなメイに、優しい微笑みを向けながらある提案を持ちかける。それは、自分が本郷家を継ぐことになったら、メイの両親の遺骨を同じ墓に入れる、というものだった。そうすれば、メイも無理をして聖ルチア女学園で生活をする理由はない、というのだ。一番いい選択は何かを考えてほしい、とルチアに言われたメイは、激しく動揺していた。
 
<出典>FOD公式

第3話のネタバレはここをクリック
新たな事件
ルチアから本郷家の話を聞かされたメイは、その話を黙って隠していた理人にそっけない態度をとります。

そして、ルチアはその話の際、自分が本郷家を継いだ時にはメイの両親の遺骨を一緒の墓に入れてくれるという約束をしてくれました。

ルチアが約束してくれるのであれば、自分がこの学園にいる理由はなく、理人と一緒にいる理由もないことになり、メイは一人で考え込むようになります。

思い悩んだまま翌日に学園に行くと、何やらクラスが騒がしい様子です。

そこで学級長の竜恩寺泉が、メイのせいで退学させられるという噂話を聞かされました。

皆、メイのことを責め立てます。

華山リカは彼女なりにメイを庇ってくれました。

懲罰室で漫画を読んでサボっている学園長のところに、この件で相談にいくメイ。

メイは自分のせいだと言われ責任を感じ、竜恩寺のことが心配で仕方ありません。

そこで、竜恩寺の執事である木場に、事件の真相を聞きに行ってみると、竜恩寺家で後継ぎ問題が起きている事実を聞かされます。

母から弟の新之介が後継者になることが決まったという話が告げられたらしいのです。

竜恩寺泉とこの母には血のつながりはなく、4年前に嫁いできた継母でした。

弟もその後に出来た家族です。

泉の人柄もあって、関係は良好だったはずなのに、突然のこの騒動に木場も動揺が隠せず、彼女のことがとても心配な様子で、彼女のお気に入りの花壇の手入れをしていました。

そこで、木場は、泉との絆の証であるネクタイの話を聞かせてくれました。

メイはその話を聞いて、「いい話だね。」と彼のことを励まします。
 
前代未聞のデュエロ
翌日、竜恩寺は噂通り、本当に退学届けを学園長に提出します。

学園長は、彼女のことを次期ルチア候補だっただけに、もったいないと自分の執事にぼやきました。

木場は泉のことが心配でそばにいようとしますが、泉は木場のことを不自然に遠ざけようとします。

メイはその頃、学園にいる理由について悩み続けていました。

クラスの雰囲気も、竜恩寺がいないことで落ち着きがありません。

そこへ、泣きべそをかいた木場が「泉様を助けてください。」と入って来ます。

クラスの皆は、ここで噂が本当であったことを知らされました。

泉は、母に木場家の執事は竜恩寺の当主に仕えるならわしだということで、木場を返してもらうと告げられていたのです。

そのことで、彼女は表には出しませんが、木場と離れ離れになってしまうことを実はとても恐れていました。

その弱みに付け込んで、忍が泉を利用してメイを学園から追放するために画策するのです。

この話に乗ってしまった泉は、メイに対して前代未聞のお嬢様同士のデュエロを申し込みました。

負けたほうが相手の指示に従うというこのルール。

忍の画策で動いた泉は、当然自分が勝った場合にはメイに学園から去ってもらう要求をします。

心配してくれているクラスメートを追放しようとするめちゃくちゃな話に、そんな決闘勝負受けられるわけがないと誰もが思いましたが、理人はここで間に入りメイにデュエロを受けるように頼むのです。

その代わり決闘内容は理人が決めるという条件で、泉もこれに同意しました。

勝手に話を決めた理人にメイは激怒しますが、泉の力になりたいと考えているメイのことを考えて理人は動いていました。

このデュエロによって、泉のことを救えるのです。

しかし、メイは自分が学園にいる理由を見失っている状態なので、自分が負けて学園から追放された方が泉のためなのではないかと思っていました。

そんなメイに対して、理人は「私には理由があります。あなたにお仕えしたい理由が!」と、彼女の腕を掴み、感情を露わにして強い口調で言いました。

メイはこのとき、滅多に見ない理人の様子に、感情をとても揺さぶられたのです。
 
決闘当日
この日、理人は諸事情のためデュエロに同行できませんでした。

直前の時間まで、メイは泉と決闘するべきか悩んでいます。

東雲メイ側の提案で、審判を学園長にして、内容は木場の最も大切なものを探すという宝探しゲームになりました。

泉の母も、新之介を連れてこの決闘の見物に来ています。

決闘するべきか悩んでいたメイは、自分が学園にいる理由についても考えていました。

そのとき、理人のことを思い浮かべます。

「そっか。」と何かを悟ったメイ。

彼女は学園にいる理由が出来たようです。

不戦敗となる直前、メイは会場に現れました。

第3話の感想はここをクリック
第三話は、クラスのリーダー的存在である竜恩寺泉の騒動にメイたちが巻き込まれた話でしたね。
 
ルチアと執事の忍は、あらゆる手段でメイを学園から追放しようとしてくるようです。
 
なぜ、あんなに恐ろしい一面を持った女性が、最高のレディの称号であるルチアを獲得しているのかとても不思議です。
 
それも本郷グループの力なのでしょうか?
 
次回は、クラスで一番の優等生・竜恩寺泉とのデュエロの対決が始まります。
 
メイは勝てるのでしょうか?
 
それと、彼女がずっと思い悩んでいた学園にいたいと思う理由の答えも気になる所です。

<見逃し動画>第2話 「命をかけて守る!!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第2話の公式あらすじ

理人(水嶋ヒロ)とメイ(榮倉奈々)は、聖ルチア女学園の学園長・ローズ(堀内敬子)のもとを訪れる。2週間の仮入学期間を乗り越えたメイは、正式に聖ルチア女学園への入学を認められたのだ。ローズは、その証として、黄金色に輝くベルをメイに手渡すと、入学祝いとして、ベルの側面にあるくぼみに星<ステラ>と呼ばれる緑色の小さな宝石をひとつはめた。聖ルチア女学園では、淑女としてのランクが厳格に定められていた。生徒たちは、学業で優秀な成績を修めたり、淑女としての正しい振る舞いが認められたりすれば、星を獲得できる仕組みになっていた。ベルには10個のくぼみがあり、一番下の陰<オンブラ>ランクは緑の星を10個集めれば月<ルナ>ランクに上がる。そこで今度は青い星を10個集めれば太陽<ソーレ>ランクに上がるのだという。ランクが上がるほど星を獲得できる条件が厳しくなるため、多くの生徒は月ランクのまま卒業し、太陽ランクまで上がれるのは100人にひとり程度らしい。話を終えたローズは、最後に学園の掟をメイに告げた。それは、お嬢様と執事との恋愛は禁止、というものだった。
 
<出典>FOD公式

第2話のネタバレはここをクリック
正式入学
二週間の仮入学期間を終えて、正式に聖ルチア女学園に入学することになったメイは、学園長から入学祝いとして、ベルとそのベルに装着するステラという緑色の宝石をプレゼントされました。

これを10個集めれば、オンブラからルナランクに、そしてさらに青色のステラを10個集めればレディランク最高位のソーレになれるのです。

ソーレになれるのは生徒100人のうち1人と言われています。

宝石を獲得するのは、学業で優秀な成績を修めるか、レディとして正しい振る舞いを行ったとき等です。

そしてメイは、学園の鉄の掟と呼ばれるルールをここで知らされます。

「お嬢様と執事の恋愛禁止」
 
デュエロ
東雲メイの何もかもが気に入らない華山リカは、気になるメイのために見習い執事として学園に来た剣人をいじめとも呼べるような扱き方で教育していきます。

しかし、ある時教室にルチアが来た際、剣人の不手際でルチアに迷惑をかけてしまい、リカはこのことで「私に恥をかかせた。」と激怒しました。

全ての責任はメイにあるとして、リカは学園伝統の決闘「デュエロ」をメイに申し込みます。

お嬢様同士の決闘には、代理で執事が戦い、今回負けた方は罰として、自分の執事を相手に譲るという過酷なルールになりました。

その日、メイは親友の夏美の家に晩御飯をご馳走になりに来ていました。

メイは、心配事があると、仲本家で晩御飯を食べる習慣があったのです。

デュエロの種目は、フェンシングに決まりました。

メイは後日、リカの執事の青山がフェンシングの世界ジュニアチャンピオンでフェンシングにおいて負け知らずなことを知ることになります。
 
決闘当日
檻のような場所へ青山と理人が入り、中で決闘が始まりました。

序盤から、一方的な展開となり、青山が理人を圧倒していきます。

不安にあるメイでしたが、思わず「勝って。私の執事でいてくれんでしょ?」と声援を初めて送りました。

この言葉に、理人はすぐに反応します。

今までの劣勢が嘘のように、青山を押し切り、あっという間に決着がつきました。

勝者は柴田理人となり、メイの勝ちです。

デュエロは終了し、敗者の青山はリカのもとを離れ、メイのところへきました。

そして、リカの執事は、見習いの剣人になったのです。

週明けには第二執事不要の届け出を出し、青山は次に仕えるお嬢様がいなければ、執事資格はく奪、さらには学園からの追放となる厳しい処遇となります。

デュエロに負けるということはそれだけのリスクがあったのです。

メイは「そこまでしなくても。」と青山にひどく同情しました。

青山本人も、「俺はお前に飼われる気も、仕える気もない。」と強情を張っています。

リカの方も、剣人が青山のように気が利かないことでイライラが募っていました。

「青山なら、やってくれる。」が口癖のように出て、剣人の方も「俺は青山じゃない!。」と言い返してしまいます。
 
お嬢様と執事の絆
ある日、剣人の失態で、リカがランチに同席したソーレの先輩たちの前で恥をかき、退学に追い込まれる事件が発生しました。

剣人には荷が重すぎる仕事でしたが、実はこれは理人が仕組んだことだったのです。

お互いに意地っぱりで、素直にならないリカと青山のために、二人がまた一緒になれるように謀ったことでした。

リカのこのピンチに青山は、すぐに動きます。

彼女のために、ソーレたちのランチの世話をし、理人はメイがそれを指示したことにしました。

ソーレたちは、青山のその行動に免じて、怒りの鉾を収め、事態は無事収拾することになります。

そして、理人は、「メイ様に仕えるならジャケットは必要ないな。」と言い、彼のジャケットを引き裂き、リカと青山二人の絆の証であるペンダントを青山はリカに返しました。

そのペンダントと一緒に、理人はメイの手紙を忍ばせていました。

その手紙には「青山が使えるお嬢様は、一人しかいない。強情張らずに素直に返してと言いなさい。」と書かれていたのです。

手紙を見たリカは素直に「青山を返して。私には必要なの。」とお願いします。

メイは、これを快く承諾し、この一連の騒動は解決することになりました。

この様子は陰で見ていた学園長は、緑と青のステラを一つずつ彼女たちに授与することにします。

 

大きな借りが出来たリカと青山はメイに対して、心を開いてくれるようになりました。

そのお返しに、青山は柴田理人の過去を少しメイに話してくれます。

理人は一年前まで、学園にいたそうですがどのお嬢様にも仕えることはなかったそうです。

その彼が今はメイに仕えているということは、彼にとってメイがそれだけとても大事な存在であるということです。

この話を聞いてメイは理人のことを少し意識するようになっていきます。

一方、ソーレたちに学級長の竜恩寺泉が呼び出されていました。

そして彼女に厳しい処分が言い渡されます。

ソーレのランクからオンブラへと降格処分。

デュエロの審判として、リカを勝たせるという密命に背いた罰を受けていたのです。

 

竜恩寺の執事・木場のところへ電話が入ります。

その連絡に彼は慌てていました。

 

ルチアの執事・忍がそこへ現れ、不敵な笑みを浮かべ意味深な言葉を残して去っていきます。

 

その頃、ルチアに会いに来たメイは衝撃に事実を知らされます。

彼女の称号に隠された本名は本郷詩織。

メイと同じく本郷グループを継ぐ資格を持つ者で、彼女もまたメイの正体を知っていたのです。

第2話の感想はここをクリック
第二話では、決闘を通じてお嬢様と執事の絆が描かれていました。
 
これまでただの仕事として、お嬢様に仕えているものだと思っていたメイにとって、大きくその印象が変わる事件でしたね。
 
この一件で、メイは自分のことを大切にしてくれている理人を意識するようになります。
 
鉄の掟である恋愛禁止ルールもある学園内で、このタブーとの葛藤に苦しむことになるのでしょうか?
 
そして、メイを学園から追放しようとする存在の正体が明らかになりつつあります。
 
同じ本郷家を継ぐ資格を持つ者が、まさかの学園最高のレディの称号もつルチアでした。
 
まだ学園に来たばかりのメイと彼女に仕える理人は、ルチアたちにどう立ち向かっていくのでしょうか?

<見逃し動画>第1話 「女性の願望叶えるイケメン執事たち!!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

柴田理人(水嶋ヒロ)は、日本最大の大企業である本郷グループに代々仕えてきた執事の家系・柴田家の若きホープ。容姿端麗で頭脳明晰、強じんな肉体と精神力を併せ持つ理人は、公式執事資格の最高位であるSランクを獲得している数少ない執事のひとりだ。そんな理人が新たに仕えることになったのは、東京郊外にあるうどん店「しののめ」のひとり娘で、17歳の女子高生・東雲メイ(榮倉奈々)だった。
 
<出典>FOD公式

第1話のネタバレはここをクリック
転校生
日本最高の超お嬢様学校「聖ルチア女学園」
 
この学園にはお嬢様生徒それぞれに、超イケメン執事がつくという校則がありました。
 
そんな学園に、Sランク執事である柴田理人がやってくるということで学園の正門前にお嬢様たちが皆、彼と彼が新たに使えることになった女性がどんなお嬢様なのか期待して待ちわびて集まっていました。
 
理人が乗っているヘリが到着し、彼が学園に到着すると黄色い歓声で大歓迎する女生徒たち。
 
「お入りください。メイ様。」と、理人が振り返り、新たに使えるお嬢様のことを呼びかけます。
 
するとそこには、お嬢様からは程遠い、とても庶民的な恰好をした東雲メイが現れたのです。
 
期待はずれな彼女の登場に女生徒たちの興味は一気に失せ、早々に学園内に戻りその場から皆立ち去ってしまいました。
 
 
転校初日
聖ルチア女学園は、次世代のレディを育成することをモットーに、月に一億円の学費で最高峰の教育をお嬢様たちに行っています。
 
その敷地面積は東京都の三分の一にもわたり、映画館やアミューズメントパークを敷地内に有する豪華絢爛な学園を目の当たりにして、メイは「世界が違い過ぎる」と、驚きが隠せません。
 
理人はメイの耳元で、「くれぐれも本郷家とのつながりは知られることのないようにお願い致します。」と小声で話します。
 
メイが、学園の教室へやってくると女生徒たちは皆、彼女に対して場違いの庶民が来るところではないというような態度を見せました。
 
「これは何かの間違いでは?理人様がこんなひとに仕えるなんて。」と、自己紹介するメイには誰も目を向けず、理人の方に詰め寄る女生徒たち。
 
そんな感じの悪い態度にメイは苛立ちますが、同じクラスメートになった女生徒はそんな彼女に「あなたは二週間以内にここを逃げ出す。」と、断言します。
 
「なんなのよ。この学校は。」と疲れ切った様子のメイ。
 
余りにも住む世界が違う学園内のお嬢様たちと執事との初めて目にする関係に、彼女はついていけません。
 
 
事の始まり
ある仲睦まじいうどん屋を営む明るい夫婦を両親に持ち、親友の仲本夏美や“豆柴”とあだ名で呼ぶ柴田剣人たちとバカをやるような、ごく普通の高校生活を送っていたメイ。
 
とても幸せな生活を送っていた彼女に、両親が二人とも事故で亡くなるという突然の悲劇が起こります。
 
頼れる親戚の身寄りもいないメイのことを、同級生の夏美や彼女の家族、密かに彼女に想いを寄せる剣人は心配しますが、メイは葬式の次の日からうどん屋を再開させて懸命に働いていました。
 
そんな彼女のもとへ柴田理人が突然現れ、「本日からお仕え致します。メイお嬢様の執事でございます。」と自己紹介を始めました。
 
彼は、同級生の剣人の実の兄で、日本最大の大企業“本郷グループ”に代々仕えてきた柴田家の執事です。
 
理人の話によると、メイの亡くなった父親・東雲周太郎は、19年前に家を出るまで実は本郷グループを継ぐはずだった長男でした。
 
本郷グループの現会長・本郷金太郎の直系の孫であること知らされたメイは、本郷の名にふさわしいお嬢様になるべく聖ルチア女学園にやってきたのです。
 
自分の息子の葬儀にも来ない金太郎の命令できた理人に対して最初こそ「帰って。」と、拒絶する態度を見せていたメイでしたが、本郷家の後継ぎを狙う者から守らねばならないという彼の献身的で誠実な姿勢に後押しされ、この学園に来ることになりました。
 
 
学園寮
理人の案内で、これから生活するオンブラ寮へ連れて来られたメイは、お嬢様学園のイメージからかけ離れた、そのさびれた建物の姿に「おんぼろ寮」と口にしてしまいます。
 
学園内には、生徒たちに対して、厳格なルールで定められたランク付けがありました。
 
陰のオンブラから始まり、続いて月のルナ、最高位の太陽を意味するソーレというランク分けがされ、ソーレになると学園の自治を任される立場となっています。
 
メイは、住む世界が違うと感じていた学園内にある、このオンブラ寮の質素な作りに満足し、身近で居心地が良いと気に入りました。
 
しかし、同じ部屋の中に、執事の部屋が用意されていて、これから一緒に生活していく事実を知り、「最悪。」と感じてしまいます。
 
 
いじめ
通学にヘリが使われ、授業はハイレベル、理解できない内容の授業の数々に、転校して早々学園生活に拒否反応が出るメイでしたが、両親の墓を作ってあげたいという思いだけを励みにして頑張っていきます。
 
メイには本郷家の後継ぎや、レディになることなど一切興味がないのです。
 
そんな彼女のことが心配な柴田剣人が、突然学園にやってきて、そしてつまみ出されてしまいました。
 
後日、執事会議のためにメイの傍を理人が離れている隙に、彼女のことを邪魔だと感じる者が影でソーレの生徒たちに命じ、警告をしてきます。
 
罠にはめられ、「学園を立ち去れ。」というその警告に、メイは元気を失ってしまいます。
 
 
調理実習
元気がないメイの様子をみて、華山リカ、夏目不二子、天羽凛が一週間後に行われる調理実習で勝負を挑んできました。
 
「大抵の料理はつくれる。」と、その勝負を受けて立ったメイは、国際調理師資格特Aランクである理人の指導のもと調理の秘密特訓を重ねていきます。
 
うどん屋を幼少の頃から手伝ってきたメイは、粉物に関して絶対の自信を持っていました。
 
聖ルチア女学園では、調理実習を公開して、その内容を一般人でも観覧できます。
 
決戦当日になり、調理実習の勝負が始まりますが、食材が全て使い物にならない状態であることにメイは唖然となります。
 
彼女の様子がおかしいことに気づいた剣人は、リカたちの卑怯な妨害工作に激怒し、会場を騒然とさせてしまいました。
 
その場を収めるために来た理人は「これはメイ様の戦いだ。」と、剣人を連れ出す際、粉物の料理のヒントを口にして、その場を去っていきます。
 
そのヒントで食材がダメでも、うどんなら勝負ができると思いついたメイは、残された時間で一生懸命手打ちうどんを作っていきました。
 
 
審査結果
3人の審査員と、ルチア、学園長が料理をそれぞれが口にしていきます。
 
メイのうどんを後回しにしてなかなか口にしない審査員たち。
 
学園にふさわしくないうどんを作ったメイは失格にするというソーレの女生徒たちでしたが、ルチアはメイの作った初めて見るうどんに興味をもち、口にします。
 
学園長も美味しそうに食べて箸が止まりません。
 
しかし、「こんなものこれ以上食べることはできん。」と審査員が突然怒りだしたのです。
 
リカたちはうどんを投げ捨て挑発し、メイは激怒しました。
 
再び騒然となる調理実習会場。
 
 
祖父からの電話
メイは「ここは私のいるところじゃない。」と、学園を立ち去ることにします。
 
そんな彼女を学園長は、「戦う意思の無い者に幸せは巡ってこない。あのうどん。なかなかやるじゃない。」と語りかけてきました。
 
学園長の執事は、メイのことを見て誰かのことを思い出し「似ている」と話します。
 
意気消沈しているメイのもとに、突然電話がかかってきました。
 
電話の相手は、本郷金太郎。彼女の祖父からでした。
 
聖ルチア女学園をやめることを知った金太郎は、理人を連れ戻し、父・周太郎の骨を預かることを伝えます。
 
周太郎の遺骨のみ、本郷家の墓に入れるというその話に、父と母が離れ離れになってしまことに強く抵抗し、両親を同じ墓に入れてあげてほしいというメイの願い虚しく、金太郎に断られてしまいました。
 
それでも、しつこく両親を同じ墓に入れてほしいと願うメイ。
 
金太郎は彼女に、「同じ墓に入れてほしければ本郷家にふさわしい人間になれ。戦うか逃げるか選択しろ。」と、言葉を残し電話を切りました。
 
両親が亡くなってから、初めて知ることだらけで、色んなことが起こり、気持ちの整理が追い付かなかったメイは、実家のうどん屋跡地を訪れていました。
 
頭の中がこんがらがっていた彼女は、気丈に振る舞ってきていましたが限界が来ていたのです。
 
初めて、両親を失った悲しみを素直に表に出し、雨に打たれているメイ。
 
そんな彼女のもとにそっと傘を差しだし、心配になって駆けつけてきた理人。
 
理人はメイに誓います。
 
「メイ様が戦うための剣に、メイ様を守るための盾となりましょう。」
 
 
翌日、メイは学校を辞めず、学園にいました。
 
その日から黒ぶち眼鏡をはずし、コンタクトにします。
 
両親を同じ墓に入れたいという願いを叶えるため、本気でレディを目指す決心を固めたメイ。
 
そこには、彼女のことを心配になって学園に見習い執事として現れた剣人の姿もあったのです。
第1話の感想はここをクリック
第一話は、主人公二人の出会いから、物語の主な舞台となる聖ルチア女学園の紹介がメインの内容でした。
 
両親の死亡という突然の悲劇によって、自分の出生の秘密や、祖父の存在、今まで関わることもなかった住む世界が違うお嬢様学校や執事、あらゆることを一気に知ってしまいパンクしてしまいそうになるメイ。
 
そんな彼女を献身的に支える超イケメンのエリート執事である理人の助けを借りて、メイは両親を同じ墓に入れたいという純粋な願いからレディを目指すという覚悟を決めました。
 
そんな心優しいメイが新たな生活の舞台となる学園のクラスメートには、個性あふれるお嬢様や執事が大勢います。
 
それぞれどんな人物なのか次話以降、楽しみですね。
 
そして、学園に暗躍するメイを排除しようとする存在や、それに巻き込まれていく二人の今後が気になるところです。

メイちゃんの執事の内容

公式サイト

“お嬢様”・・・女性なら一度はなりたいと思ったことがあるもの。その理由は、「すてきな男性をはべらせている」「金持ち」「何でも手に入る」「毎日おいしいものを食べられる」などなど。しかし、真の“お嬢様”とは、外見の美しさと家柄だけではなく、知識や教養の高さと、マナーを身につけた女性のこと。そんなすてきな女性になるためには自分を磨かなくてはいけません。その磨き方を教えてくれるのが“執事”なのです。
 
 
ドラマ『メイちゃんの執事』の舞台は、お嬢様ひとりにつき、超イケメンで優秀な“執事”が付いてくる夢のようなスーパーお嬢様学校。ある日突然、このスーパーお嬢様学校に転入することになった、ごく普通で超庶民的な女の子が、優秀で超イケメンの“執事”と共に、性格の悪いご学友のお嬢様のイジメを乗り越え、立派なお嬢様に成長していく物語であり、そしてまた、女性の誰しもがあこがれるシンデレラストーリーです。
 
<出典>フジテレビ公式

<出演者>

水嶋 ヒロ/榮倉 奈々/佐藤 健/山田 優/向井 理/津川雅彦/谷村 美月/大政 絢/真山 明大/夕輝 壽太/岩佐 真悠子/姜 暢雄/丸山 智己/ 北川 弘美/鈴木 浩介/堀内 敬子/石野 真子/杉本 哲太

<各話の視聴率>

第1話 女性の願望叶えるイケメン執事たち!! 14.9%
第2話 命をかけて守る!! 14.8%
第3話 あなたに仕えたい 14.4%
第4話 あなたを求めてる 12.0%
第5話 理人が抱きしめた 13.6%
第6話 剣人の大告白!! 14.0%
第7話 オレがそばにいる 13.1%
第8話 決闘!! 理人vs剣人 13.5%
第9話 死なないで、理人 13.4%
最終話 ラストkiss 16.6%

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

メイちゃんの執事の感想

30代男性

「メイちゃんの執事」は水嶋ヒロさんが主演を務めている作品となっていて、原作版を実写ドラマ化しているものとなっているため、原作を知ってる方は更に楽しむことができ、ストーリー展開とかシチュエーション及び登場人物たちもしっかりと原作と近い形で再現をしてくれているので見ていて楽しめるようになっていて、イケメン俳優でもある佐藤健さんとかも出ているので、女性にとってはキュンキュンしながら話しを楽しめるようになっています。執事ジャンルの良さを大衆に見せてくれている作品でもあるため、水嶋ヒロさんを主演にしたことで、原作の良さを多くの人に伝えてくれている作品となっています。ありえないような生活とかおもしろ楽しくストーリーができているので一度はこういった生活をしてみたいと感じる方は多いかなと思います。そして、ありえない設定ではあるけど、ドタバタ恋愛劇を楽しむこともできるので一度は見ておいたほうが良いものとなっています。話の中にはまともなところとかも多々あるけど、たまに入ってくる笑えるようなシーンとかも多くあるので、幅広い年齢層の人たちが楽しめるようになっているのは確かであります。一人で見るのもよし、家族や夫婦及びカップルとかで見たりするのにもおすすめです。

20代女性

とにかく当時のイケメン若手俳優だった、水嶋ヒロさんや佐藤健さん、向井理さん、鈴木亮平さんなど、今では考えられないような豪華俳優陣がたくさん出演してます。当時は皆さん若手でしたが今見ると本当に豪華メンバーだなと感じます。お嬢様学校を舞台にストーリー展開される、学園ドラマであり、最大の魅力は生徒一人一人が寮生活を送り、また、執事がつくというところでしょう。現実では到底ありえないような学園生活に強いあこがれを抱きました。また、庶民的な発想を生かし、様々な困難を乗り越えていく、榮倉奈々さん演じるメイを見ているうちにこちらももっと頑張ろう、成長できるように知恵を絞ろう努力しようと思わせてくれます。とても前向きな気持ちにさせてくれるドラマとなっています。また、舞台がお嬢様学校ということもあり、学校のインテリアや家具、外の花壇などもとてもきれいなものばかりです。自分の平凡な学校生活と比べて羨ましい気持ちもありますが、ドラマのだからとも思いました。また、終盤には水嶋ヒロさん、佐藤さん、榮倉奈々さんの三角関係も描かれ、恋愛的要素も含まれています。キュンキュンするシーンや初々しさもありとても新鮮な気持ちで楽しめます。

40代女性

『メイちゃんの執事』はイケメンパラダイス並みにイケメンが次々と現れ、目のやり場に困ってしまうようなドラマです。榮倉奈々さんの役に、世の女性は誰もが憧れたと思います。でも、水嶋ヒロくんのような執事が毎日そばにいたら、ちょっと緊張しすぎてしんどいかも知れませんが。榮倉奈々さんは元気はつらつな女子高生役がぴったりで、クールな水嶋ヒロくんとのバランスがグッドでした!二人の仲に嫉妬する佐藤健くんもいじらしく、可愛いキャラで、この三角関係が面白かったです。漫画原作のドラマにはこの人、いつも向井理くんが出ていますが、『メイちゃんの執事』では白髪で強烈な登場人物でした。山田優さんの大きなパッチリ目の姫役も合ってたし、忽那汐里さんや、大政絢さん、谷村美月さんも出てました。
今や大物俳優に属する、鈴木亮平さんもチョイ役で出演されているんです。このドラマ、結構豪華です。私がこのドラマで一番印象に残っているのが最終回のラストシーンです。未だに余韻が復活してくるくらい、大好きなラストになっています。漫画原作だから、あり得ないようなシーンもたくさんあるのですが、現実逃避して観るには丁度いい、ワクワク感やドキドキ感がたっぷり味わえる、楽しいドラマです。

30代女性

執事という存在を知ったのが、このドラマでした。水嶋ヒロさんの仮面ライダー時代は存じてました。目の鋭さや、唯一無二の存在感は絶対にスターダムへのしあがるだろうと思っていましたが、やはりやってくれました。イケメン執事を二次元から三次元にするには、水嶋ヒロさんしかいないでしょうと言えるほどのはまり役でした。ナイスな抜擢でした。最高に魅力的なイケメン執事に囲まれたお嬢様学校が舞台に繰り広げられます。
空前のイケメンブームを巻き起こした代表選手の水嶋ヒロさんと、女優としての成長目覚ましく、可愛さと綺麗さと知的要素を兼ね備えた榮倉奈々さんという二人のダブル主演。豪華すぎです。突然、このスーパーお嬢様学校に転入することになった、超庶民的な女の子を榮倉奈々さんが好演してました。庶民的というのにすごく共感を得ました。何をしても許してあげたくなる存在の榮倉奈々さん。優秀で超イケメンの執事と共に、性格の悪いお嬢様学校のお友達らのイジメを乗り越え、立派なお嬢様に成長していく物語。これこそ、シンデレラストーリー。お邪魔学校の友達が決して全員意地悪という訳ではないのですが、榮倉奈々さんのあどけないキュートな雰囲気が周囲をそのように思わせてしまいます。胸キュンが止まらないドラマです。

40代女性

執事っていいです。それも水嶋ヒロさんがなのですから最高です。実は大金持ちで両親が亡くなってようやくそのことが分かり、すごいお屋敷に行くこととなるというお話は結構すでに使い古された内容なのですが、金持ち度の度合いがすごすぎました。こんな世界に行ってみたいと思えました。主演は榮倉奈々さん、眼鏡をかけている姿も可愛らしいです。更には佐藤健や山田優・向井理など出てくる役者さんがとても豪華、自分に執事が付くのであればだれが良いのだろうかとついつい妄想してしまいます。女子の夢の集大成とも言えるものかも、イケメン祭りです。現実離れした超ド級の大金持ちが出てくるようなお話、最近は見かけない気がします。現実社会に夢が無くなってしまっている今だからこそ、もっとドラマで夢みたいのです。キュンキュンものとはいえ、ギャグ要素も結構たくさん入っていて家族全員で楽しめそうです。ただイケメンにうつつを抜かしていると旦那に嫉妬されそう、そこだけは要注意かもしれません。最後はやっぱりハッピーエンド、あのキスも良かったです。何度でも見たいし他の人にも進めたくなる、楽しいドラマです。ストーリーだけでなく歌も良くて、最高でした。

20代男性

メイちゃんの執事は私が高校生に上がってすぐに放送されたドラマだった気がします。当時の私は暇を持て余していて、色々なドラマを見漁っていました(正確にはただの暇つぶし)その頃のドラマはイケメンパラダイスや花より団子等のまさにカッコいい男性を起用したドラマが多々放送されていたと記憶しています。このドラマではたくさんの種類のイケメンたちが出演しています。題名にあるように執事がメイちゃんという女性に就きます。そのメイちゃんを中心にして、メイちゃんの成長を描いているのが今回のドラマの主軸であり、それに伴う周りの変化・反応が目まぐるしく変わる様をとても楽しく視聴していました。時に裏切られ、時に助けられ。メイちゃんという人物が本当に魅力的で強くなければこのストーリーは成立しなかったことでしょう。私には妹がおり、このドラマを見終わって幾年か経った頃、妹がこのドラマを借りてきていました。久々に視聴してみてもやっぱりこういう学園もの・乙女チックなものは女子受けすること間違いなしだな!と感じました。節々で思ったことは、女性は大切に扱われる事がどんなに嬉しい事だろうということです。今私は彼女と同棲していて、そのようにすべきだったと思う事が多々ありました。あそこまで素晴らしい執事たちではなくてもいいかもしれませんが、彼らの振る舞いを参考にするのも大事な日には悪くはない!と思わせてくれるドラマでした。

20代女性

仮面ライダーから執事まで、人間なのに生命力を秘めた彫刻のような見た目でとてもかっこよかったなと思いまあす。漫画原作ということもあり、その世界観を忠実に再現したり、バトルをそのまま映像化すると確かにこんな風になるんだろうなと思いますた。また、東雲メイやそのほかキャストも2-5次元のような感じで現実離れがすごかった。ドラマや映画など明るいところで見るには少し心の準備が必要かもしれないですね。映画館やマイシアターで見るにはドラマの世界観に入って自分の目で見ることができる点では楽しめると思います。忽那汐里さんやマルコちゃんに似た人物もたくさんいて面白いなと思います。執事とお嬢様のコンビもさることながら、ディズニーランドみたいな敷地に、お嬢様の独特な授業など、必須科目はどこにいったんだとツッコミを入れたくなるようなところが満載です。人事はすべて生徒に一任されていて唯一民間人みたいな理事長もいたりと本当に大変だなと思います。普通の定食やさんの娘として生活していたのにこれまでの生活とかなりかけ離れた環境に身を置いて本当にいろいろと大変だなと見ていて面白くもあると思います。うどん屋さんが爆発とか展開が急すぎるよ。

50代男性

主演の水嶋ヒロさんをはじめとして、今にして思うと豪華だなと思えるイケメンと、美女がずらりと登場しているドラマです。イケメンでは他に佐藤健さん、向井理さん、鈴木亮平さんが出演。美女ではヒロイン役の榮倉奈々さんの他、山田優さん、谷村美月さん、忽那汐里さん、大政絢さん、小嶋陽菜さん、岩佐真悠子さんらに混じり、ドラマではあまり見ないホラン千秋さんもちょい役で出ていたりします。2009年のドラマなので、皆、若くて、とてもまぶしい感じがします。今はハウスハズバンドという感じで落ち着いてしまった水嶋さんですが、どこか陰があって耽美的な感じが、まさに執事っぽくていいなと思います。映画「黒執事」でも執事の役でしたが、とにかく雰囲気として英国的な執事が似合います。もうひとりの主演である榮倉さんですが、飾らない素朴で普通な感じがいかにもメイちゃんらしく、その地味さがかえって華やかだけど作りものじみた他のキャラクターと違い、とても生き生きとしている感じがします。背が高くて、すらりと細身なので、助けてあげたい気持ちになるところに、水嶋さん演じる執事が颯爽と現れるところがさすがというところでしょうか。個人的にはこれで榮倉さんのファンになりました。

30代女性

水島ヒロさんを筆頭とする超ド級のイケメンが、沢山出演してるまさに目の保養のための作品といっても過言ではないです。実は私はマーガレット時代からこの漫画を読んでいたのでストーリーもだいたい頭に入っていたし、漫画の実写版はわりとキャラクター達が自分のイメージと合わずに残念な結果になることが多いので、見ようかどうしようか迷っていましたが、結果全ストーリー観終わって大満足でした。主人公の榮倉奈々さんはちょっとイメージと違ったかな(男勝りすぎ)というのも有りましたが、それを上回るイケメンの出演率でカバーできていると思います。「花ざかりの君たちへ」と構成が似ているかなと感じますが、それはそれで別の楽しみ方があり、問題ありません。貧乏だったはずが実はお金持ちのお嬢様+毎回何かしらの問題が起こる学園物+イケメンが勢揃い、というなんだか盛りだくさんの内容ですが、面白いです。意地悪役の女の子たちもそれぞれのキャラが引き立てられるような演技っぷりは、なかなかしっかり撮影が行われたのだなと感じさせられます。佐藤健さんの最初はおどおどした執事演技も最後は堂々と板についた動作になっていてそれも観ていてとても共感できました。