ガキの使いの見逃し動画を無料視聴する方法【動画配信まとめ】

ガキの使いやあらへんでの動画を無料視聴する方法

「ガキの使いやあらへんで」

日本テレビの動画配信サービス「Hulu」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Hulu」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Huluのおすすめポイント>
 
・日本テレビ系列の人気のドラマやバラエティ番組が見放題
・60,000本以上の動画を見放題で視聴できます
・アニメ、海外ドラマだけでなく、スポーツ中継や音楽ライブも楽しめます
スマートフォンタブレットだけでなく、もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々933円で継続ですることができます
 
<Huluユーザーの声>

20代女性

Huluの良さは、なんといっても、すべての作品が見放題で楽しむことができるところです。月額は933円ですが、そんな金額だけで60,000本以上の動画が見れるのはお得すぎます!最新の連続ドラマの見逃し配信やバラエティ番組の見逃し配信もされていて、その動画がいつでもどこまで見れるので、もうHuluなしの生活は考えられないかも♪

ガキの使いやあらへんでの見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

Hulu

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画> 5月31日放送 「9人連続で笑いをとれ!リモート大喜利 前編」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
5月31日放送のネタバレはここをクリック
精鋭の芸人9名が、リモート大喜利に挑戦。
 
果たして!?
 
<リモート大喜利のルール>
 
1、お題の答えを1つずつ順番に発表
 
2、面白いかどうかは松本が判定
 
3、面白くない判定が出た時点でチャレンジ失敗。次のお題へ
 
4、9人連続クリアを目指す。
 
9人連続面白い判定で、ひとり1万円を贈呈!
 
 
<お題1> IKKOが考えた「どんだけ」に変わる決めセリフとはなんでしょう?
 
方正「はっさく」
 
ブー 失敗
 
<お題2>河童あるある第一位はなんでしょう?
 
田中「座敷わらしには上からものをいう」
 
ブー 失敗
 
庄司「冬場は毛が生える」
 
ブー 
 
おたけ「きゅうりはぬかにつけないで」
 
ピンポン!
 
よしお「川の流れ結構ある」
 
ピンポン!
 
尾形「スニーカーが入らない」
 
ピンポン!
 
津田「めちゃくちゃ元気」
 
ピンポン!
 
方正「頭のお皿、うすいうすいです」
 
ブー 
 
<お題3>ムンクの叫びが叫んでることはなんでしょ?
 
ムンクの叫びの「絵」を使って回答。
 
おたけ「風邪気味〜」
 
ピンポン!
 
津田「どんだけ〜」
 
ピンポン!
 
庄司「ハッサク〜」
 
ピンポン!
 
尾形「海鮮食べたい」
 
ブー! 失敗
 
田中「大阪〜」
 
ブー! 
 
遠藤「わぁ、こんなとこにコンビニがあんねや」
 
ブー! 
 
<お題4>来年流行るスイーツは?
 
津田「ピンクおはぎ」
 
ピンポン!
 
方正「ゴリライモ」
 
ブー 失敗
 
よしお「あなごぺん」
 
ピンポン!
 
ザコシショウ「チャーハン皿なし」
 
ピンポン!
 
庄司「パピオカオカ」
 
ブー!
 
遠藤「ウンコンパフェ」
 
ブー!
 
田中「岩手のザクロ」
 
言う前にブー!
 
<お題5>北王路欣也が「俺もみちょぱ、ゆきぽよみたくしてぇな」さて、改名した名前は?
 
庄司「や〜きん」
 
ピンポン!
 
ザコシショウ「きんぽごう」
 
ピンポン!
 
おたけ「巾着袋」
 
ピンポン!
 
尾形「ぴたぽうしピンタ」
 
ピンポン!
 
津田「Oちゃん」
 
ピンポン!
 
方正「バシャバシャ」
 
ブー 失敗!
 
田中「きたおうきみゅきみ」
 
ブー
 
よしお「おうじきみゅきみゅ」
 
ブー
 
遠藤「おじゃぽ」
 
松本「もうええわ」
 
<お題6>2020年「新・桃太郎」犬・キジ・猿につぐ4番目のお供はなんでしょう?
 
尾形「YOSHIKI」
 
ピンポン!
 
ザコシショウ「堺正章」
 
ピンポン!
 
津田「ペッパーくん」
 
ピンポン!
庄司「カイヤ」
 
ピンポン!
 
おたけ「メダカ」
 
ピンポン!
 
よしお「100日後に死ぬワニ」
 
ピンポン!
 
田中「草野仁」
 
ブー! 失敗
 
遠藤「孫正義」
 
ピンポン!
 
方正「照英」
 
ブー
 
次週に続く
5月31日放送の感想はここをクリック
今回はリモート大喜利でした!松っちゃんは、レギュラー陣に厳しかったですね。
 
1番面白かったのは、新・桃太郎のお供に「カイヤ」と回答した庄司さんの答え。
 
来週は後編のようなので、9人連続正解になるのか楽しみです。
<見逃し動画> 5月24日放送 「松本挑戦シリーズ」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
5月24日放送のネタバレはここをクリック
前代未聞の大記録に挑戦してきた松本人志の挑戦シリーズ!
 
浜田、方正、ココリコの協力の元、これまで8回の偉業を成し遂げてきた。
 
今夜は、その中からベストセレクションを大公開!
 
最初の偉業は「走り幅跳び2m50cm」
 
若かりし頃のガキ使メンバー。
 
黒子に扮した浜田、方正、ココリコが松っちゃんの挑戦を成功させようと奮闘する。
 
しかし、なかなか上手くいかず、キレた松っちゃんが楽屋に戻ってしまうお決まりのパターン。
 
続いて「バックサイドグラブシティフロントサイド900エア(スケボー)」
 
松っちゃんは、挑戦するとき一気に身体の力が抜けるため、黒子のみんなは悪戦苦闘。
 
最後は、宙吊りにしてようやく成功!
 
続いて、「ウエイトリフティング・スナッチ220kg世界新記録」
 
最初は、バーベルに巨大風船をくくりつけて風力で挙げる作戦。
 
全く上がらず風船が先に割れてしまう。
 
次は、松本を吊り上げて逆さに撮る作戦。
 
一見成功してるように見えたが、怒って帰ってしまう松っちゃん。
 
最後に、松本にビシッとしてもらうためにお尻に矢を吹き、起き上がったところでスタッフ総出で長いバーをみんなで持ち上げ成功!
 
続いて「競泳自由形25mを10秒で泳ぐ!!」
 
プールの中で松っちゃんの身体を持って挑戦するが、このプール、ゴールに近付くほど深くなってるため、足がつかず、黒子の4人は松っちゃんを置いて逃げてしまう。 
 
次は、無線操縦ボートの力を利用して泳ぐことに。
 
しかし、ものすごい時間がかかる。
 
今度は、レスラーに力を借りて泳ぐことに。
 
レスラーによって投げ飛ばされながらゴールに近づいていく松っちゃん。
 
しかし、怒って出て行ってしまう。
 
松本の楽屋へ謝罪しにいく一同。
 
最後の挑戦は、ゴール地点からロープを引っ張って泳がせる。
 
記録も9秒台でようやく成功。
 
続いて「体操競技 つり輪 内村航平を超える回転技に挑戦!!」
 
まずは、松っちゃんのタンクトップに通した単管を軸に回転。
 
しかし、失敗。
 
その後も、ドローンで持ち上げて回転する、手足に棒を装着し動かして回転するなど、様々な方法を試みるが、ことごとく失敗。
 
例のごとく、松っちゃんの楽屋に謝罪に行く一同。
 
反省を踏まえ、最後の挑戦。
 
ワイヤーアクションで回転する。
 
数々の苦難を乗り越え、内村航平を超える回転を成功!!
5月24日放送の感想はここをクリック
今回は「松本挑戦シリーズ」でした。
 
若かりし頃のガキ使メンバーが出てきて、歳月が経ったのを感じました。
 
みんな細かったですね!!
<見逃し動画> 5月17日放送 「月亭方正 プレゼンツ 山―1グランプリ」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
5月17日放送のネタバレはここをクリック
ガキの使いの出演チャンスを与えるべく、月亭方正が開催しているお笑いコンテスト「月亭方正プレゼンツ山―1グランプリ」

2007年から始まったこの大会は、数多のブレイク芸人を発掘してきた。

今夜はその中から選りすぐりの出場者を振り返る。

さらに・・・

チェアマン方正がもっとも印象に残ってる芸人を発表!!

まず初めは、
 
2008年出場 鳥居みゆき

同じみ「ヒットエンドラ~ン♩」のギャグや、何も描かれてない紙芝居を披露

続いて、
 
2008年出場 山本高広

同じみ織田裕二のモノマネ「キター!!!!!」などを披露
 
2009年出場 どぶろっく

歌ネタを披露
 
2009年出場 モンスターエンジン

神様ネタを披露
 
2010年出場 レイザーラモンRG&椿鬼奴

80年代洋楽あるあるなどを披露
 
2011年出場 G-GUN

ダメ出しコントを披露
 
2012年出場 矢野・兵動

やすしきよしのモノマネ漫才を披露
 
2013年出場 尼神インター

夢を追いかけて東京に行ったけど、その夢を諦めて、恋人とも別れて、故郷の大阪に帰ってきて、実家のお好み焼き屋を手伝ってる女の子のコントを披露
 
2013年出場 ハリウッドザコシショウ

田原俊彦やザキヤマの誇張モノマネを披露
 
2014年出場 ハンバーグ師匠

「ハンバーーーーーーーーーグ」「1、2、3、ジュウ」
 
2015年出場 サンシャイン池崎

「空前絶後の笑いに愛された男・・・そう我こそは・・・・みんなご存知・・・サンシャインい・け・ざ・き・イェーーーーイ」
 
2015年出場 コロコロチキチキペッパーズ

「ヤッベェゾ!!」
 
2015年出場 アキラ100%

おぼん芸を披露
 
2016年出場 紺野ぶるま

ち◯こ謎かけを披露

「芽吹きました。ダウンタウンとかけまして、ち◯こと解くその心はどちらもガキを生むには欠かせないでしょう」
 
2017年出場 すゑひろがりず

赤パンティで東京タワーをつくる
 
2018年出場 きつね

効果音ネタを披露

最後に、月亭方正から山-1グランプリで一番印象に残ってる芸人の発表。

果たして!?

方正「AMEMIYA君です。

冷やし中華はじめました♩という歌を歌ったんですけど、芸人っぽくないルックスにカッコイイし、歌上手いし、ネタも面白いし、芸人っぽくなかったんです。

そんな人が芸人の中から出てきたから印象に残ってます」

5月17日放送の感想はここをクリック
今回の放送は、ガキの使い大新年会恒例「月亭方正プレゼンツ山―1グランプリ」から選りすぐりのネタが披露されました。
 
みんな若く、記憶に残ってる芸人さんから、今、何してるんだろう?と思った芸人さんもいました。
 
方正さんが印象に残ってる芸人をAMEMIYAさんに選んだのは意外でした!

<見逃し動画> 5月10日放送 「カルタ争奪戦」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
5月10日放送のネタバレはここをクリック
<ゲスト1>長嶋一茂

『リアルにNo.1 近江牛のシャトーブリアン』

遠藤、札獲得!

浜田「ちっちゃい時から、ええもんいっぱい食うてるもん」

長嶋「お年玉が以上に貰えてたんですよ。1年間持つぐらい。父親に何を渡していいかみんな分からないから、息子の俺にお年玉をあげてるところを見せるんですよ」

『夢に終わった 怪物 江川との対決』

浜田、札獲得!

長嶋「江川さんが引退の年に甲子園球場の最終年で、僕が入った時がドーム元年何ですよ。

江川さんの大ファンで、とにかく江川さんと野球がしたくてプロ野球に入ったのが1番の理由」

『抜かりない 宮崎駿の名演出』

長嶋「崖の上のポニョで声優やらせてもらったんですよ。ポニョの男の子のお父さん役で。画と声を合わせなきゃいけない。でもいつまで経っても合わない」

浜田「アホやからな」

長嶋「最終的に先生がもういいと、一茂くん好きなように喋ってくれと。後から画を変えてくれたんですよ」

『超残念! お姉ちゃんの胸揉めず』

長嶋「さんまさんと節分したんですよ。その前にお祓いをして。ちゃんとしたお寺でさんまさんは、とにかくいいおっぱいが近づきますようにって聞こえてきたんですよ。
それから僕もおっぱいを追いかけて」

『本音はね 指導者の道 諦めてません!』

長嶋「ジャイアンツが原監督に変わって、その時にコーチが宮本和知さん、元木大介、水野雄二で、現役時代、よくつるんで遊んでた仲間で何で俺が入ってないんだろって」

松本「本当は監督がしたいんでしょ?」

長嶋「監督は誰でもしたくないですか?」

浜田「いや、無理やろ!!」

 
<ゲスト2>マツコデラックス

『気持ち悪い 出世命のプロデューサー』

松本、札獲得!

マツコ「(私見かけが)こんなじゃない?優しくしてくれた人は、一生この人の言うことを聞こうって思うのよ」

松本「マツコのカテゴリーって何なの?」

マツコ「大きい棚としては、クリスさんと一緒」

浜田「マツコは抱かれたいの?抱きたいの?」

マツコ「もはや私に選択権はないわけよ」

『もう飽きた! モデルチェンジの時期かしら』

方正、札獲得!

マツコ「私、どうしたらいい?
いつかメイクすんの嫌だって日が来るようなような気がしてて」

『シビれたわ! バカ殿様の収録現場』

方正、札獲得!

マツコ「志村さんって、物心ついた頃にはテレビに出てた人じゃない。だから、何を話していいか分からなくって」

松本「未だに俺もあるもんな。わぁ、志村やぁって」

 
<ゲスト3>峯田和伸

銀杏BOYZとして、数々のソングを世に送り出す人でありながら、近年は朝ドラから大河ドラマまで数多くの作品に出演している峯田。

俳優としてもその存在感を示している。

そんな峯田はガキの使いの熱狂的ファン。

『金髪もカッコいいけど 一番いいのは昔の髪型』

松本、札獲得!

峯田「松本さんの昔の髪型の時がすっごい好きで。あれが初めて見た時の松本さんの格好で、インパクトがあって、それで恋に落ちたんです」

『方正さん ココリコさんに伝えたいこと』

方正、札獲得!

峯田「今まで、ダウンタウンさんのお二人をありがとうございます」

松本「尼崎市長か!」

峯田「大変だったと思うんですよ最初」

方正「はい!!」

松本「ココリコなんて大変なんて言ったことないやん」

田中「言わないだけですよ」
『脳に焼き付いてる!ガキの使い名シーン』

浜田、札獲得!

峯田「石和温泉にみなさんで行って、早朝ドッキリで浜田さんの誕生日があったんです。松本さんが、浜田さんの部屋に行って、焼きそばを作って。

ダウンタウンのお二人が、空間に2人だけいるのって恥ずかしいんだろうなっていうのがすごく良くて。なんか涙出てきますね」

『フレーズから 曲が閃くんです』

遠藤、札獲得!

ガキの使いの即興作曲を披露。

5月10日放送の感想はここをクリック
今回のガキの使いは、ガキ使名物「カルタ争奪戦」のベストセレクションでした。
 
どのゲストの回もよく覚えていました。
 
カルタを通しながら、ゲストの本音が見えて面白い企画ですよね。

<見逃し動画> 5月3日放送 「夜の口パクヒットスタジオ」の傑作選
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
5月3日放送のネタバレはここをクリック
ガキ名物「口パクヒットスタジオ」のもう一度見たい名場面をお届け!

過去、6回に渡りお送りした豪華絢爛、夜の祭典。

往年の大スターから、平成の歌姫まで生まれた口パク名ソングの数々。

その中から今夜は、至極の名曲をお送りします!!

まずは、浜ちゃん。

・世良公則&ツイストで「銃爪」と、尾崎紀世彦で「また逢う日まで」

2曲続けてどうぞ。

・続いては、クリスタルキングで「大都会」を松っちゃんと田中が披露。

浜田「田中、歌ってないやん」

・続いては、80年代のトップアイドル近藤真彦で「ギンギラギンにさりげなく」を松っちゃん。

奇抜な衣装はインパクト絶大!!

・カブキロックスで「お江戸ーO・EDOー」を田中。

浜田「えらいことやらされてんな」

・続いて、透き通る歌声を披露してくれた平原綾で「Jupiter」を田中。

松本「はいとっるな」

続いては、最多出場となる遠藤の森進一。3曲続けてどうぞ。

・森進一で「冬のリヴィエラ」

・森進一で「おふくろさん」

・森進一で「北の螢」

松本「いいよ、いいね〜」

浜田「顔、ちょっとちょうだい!!」

・続いては、2018年の大ヒット曲、DA PUMPで「U.S.A」を遠藤。

浜田「似てる」

続いて、ロック界のレジェンド、X JAPANからTOSHIが参戦。

・代表曲の「紅」を品川庄司の庄司が披露。

・続いては、安全地帯で「ワインレッドの心」をバイきんぐの小峠が披露。

超スターも参戦。

・石原裕次郎で「ブランデーグラス」をおかずクラブのゆいPが披露。

・演歌界の超大物、北島三郎で「まつり」を尼神インターの渚が披露。

・弾けた衣装とコミカルな踊りで大ヒット松平健で「マツケンサンバⅡ」をボビー・オルゴンが披露。

松本「これはヒドい」

・ジュディ・オングの代表曲「魅せられて」をかまいたちの山内が披露。

浜田「公園に来たおばはんやないか」

・シャ乱Qで「ズルい女」を東幹久が披露。

・続いて、伝説のカリスマシンガー尾崎豊で「15の夜」をジローラモが披露。

海外からこの人も来日。

・Scatman Johnで「SCATMAN (Ski-Ba-Bop-Ba-Dop-Bop)」をピカデリー梅田が披露。

浜田「動かへんやん」

続いて披露してくれるのは、口パク界のスーパースター、方正。

・中島みゆきで「浅い眠り」

・薬師丸ひろ子で大ヒット映画から「セーラー服と機関銃」

・松本伊代で「センチメンタル・ジャーニー」

・森高千里で「17才」

4曲続けてどうぞ。

松本「アホやなコイツ」

遠藤「でも、はいってますね」

5月3日放送の感想はここをクリック
今回のガキ使は、名物「口パクヒットスタジオ」の名場面特集でした。どれも記憶に残っていて、それぞれのキャラクターを生かした曲のセレクトで笑わせてもらいました。
 
ただ、ガキ使もコロナの影響からなのか?総集編になってしまい、残念に思いました。

<見逃し動画> 4月26日放送 「ガキ使オリジナルジジ抜き」 後編
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
4月26日放送のネタバレはここをクリック
新企画「ガキジジ抜き」の後編!!

<ルール>

使用するカードは、様々なお題が書かれたガキオリジナルの15種類(計30枚)のジジ抜きカード。

ババ抜き同様カードを揃え、手持ちのカードがなくなれば上がりだが、

最後まで残ってしまうと、カードに書いてある無理難題をその場でやらなければならない。

まず、ルーレットで親を決める。

親は田中。

親はジジを1枚選ぶ。

今回のカードのテーマは「モノマネ」

ジジカードは「みちょぱ」

負けた人は、即興でみちょぱのモノマネをしなければならない!!

カードには、スターの似顔絵が書いてあり、

1人6枚(親は5枚)で、ババ抜き同様、揃った絵柄のカードを出していく。

ゲームスタート!!
田原俊彦、ボビーオロゴン、クロちゃんなど、揃ったカードを出していく。

序盤は、同じカードがぐるぐる回る展開。

安倍晋三、芦田愛菜ちゃん、江頭2:50など徐々に揃い始めてきたジジ抜きだが、気になるのは、ジジカードみちょぱの行方。

松本がみちょぱカードを見ると・・・

松本「地獄やで。えぐいで。俺が今持ってるやつ」

最初にイチ抜けしたのは?

松本!!

さらに、田中、遠藤が抜け、残るは浜田VS方正

そして・・・方正が抜ける。

浜ちゃんが、即興でみちょぱモノマネをする。

方正「どうしたんですか?みちょぱのモノマネするんですよ・・・」

浜田「フレーズが分からん。みちょぱなんて言ったらいいの?」

と散々なモノマネに。

2回戦目。

今度は、みちょぱを入れないで行うことに。

田中「フレーズがある人がいいな」

ジジは、出川哲朗。

スタート!

2回戦目は序盤からカードが揃っていく展開。

早速イチ抜けしたのは?

遠藤。続いて、浜田、松本・・・

方正VS田中 果たして!?

方正が抜け、田中が出川哲朗のモノマネ。

田中「やばいよ、やばいよ」

松本「最悪」

浜田「はい、ありがとうございました〜〜〜」

続いてのジジ抜きのテーマは「こんな体験しました」

カードに書いてあるテーマを自身の体験談として即興披露!!

「富士山を3回往復」「映画クランクアップで自分だけ花束が渡されなかった話」など揃ったものを捨て、ゲームスタート!!

イチ抜けしたのは、田中!!

田中に続いて抜けたのは、松本。

松本「遠藤にはなって欲しくないな」

続いて、浜田。

遠藤 VS 方正 果たして?

「回転寿司を出禁になった」「大蛇と大乱闘」のどちらに?

結果は、方正の負け。

テーマは「回転寿司を出禁になったはなし」

方正が、即興でエピソードを作る。

方正「あれは、3年前のことでした・・・」

方正以外「はい、ありがとうございましたー」

4月26日放送の感想はここをクリック
今回は、ガキ使オリジナルのジジ抜きの完結編でした。
 
一度も松っちゃんは、罰ゲームをすることなく終わりましたね。浜ちゃんのみちょぱのモノマネはひどくって、思わず笑ってしまいました。
 
みちょぱのモノマネは難しそうです。

<見逃し動画> 4月19日放送 「ガキ使オリジナルジジ抜き」 前編
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
4月19日放送のネタバレはここをクリック
新企画「ガキ使オリジナルジジ抜き」

トランプ「ババ抜き」の変化系。

ジョーカーの代わりにカードの1枚を除外する。

使用するカードは、様々なお題が書かれた15種類(計30枚)のジジ抜きカード。

カードを揃えて手札を減らしていき、最後の1枚を持つ者はそのお題をカメラ目線で披露しなければならない。

ババ抜き同様、手持ちのカードがなくなれば勝ち!

最後まで残ってしまうと、カードの無理難題を執行しなければならない。

今回のカードのテーマは「スタートの思い出エピソード」

まず、ルーレットで親を決める。

親は遠藤。

今回のジジは「吉永小百合カード」

カードには、スターの似顔絵が書いてある。

1人6枚(親は5枚)で、ババ抜き同様、揃った絵柄のカードを出していく。

ゲームスタート!!

序盤はカードがなかなか揃わない展開に。

一番はじめに抜けたのは、方正。

さらに松本。浜田。

最後はココリコの2人に。

果たしてどっち!?

負けたのは、遠藤。

速攻で吉永小百合さんの思い出エピソードを披露するが、遠藤は大好きなゴルフ場で吉永小百合さんと一緒になったエピソードを話すが・・・

メンバー、苦笑。

松本「タイガーウッズで作ってたん?」

続いても、スタートの思い出エピソードカードから。

ジジは、ぺ・ヨンジュン。

ゲームスタート!!

ゲームは急展開し、松本→浜田→田中の順で抜ける。

そして、方正が抜けて・・・

なんと、遠藤、本日2回目!!

ペ・ヨンジュンとの思い出を披露。

東京に出てきて、隣に住んでいたのがぺ・ヨンジュンで飯を食わせてもらっていたエピソードを披露するが、こちらも苦笑で終わる。

遠藤「全然分からへんわ」

続いてのカードをバニーちゃんが持ってくると、誰かからの熱い視線が!!

なんと浜ちゃんが、バニーちゃんの下半身をじーっと見つめてて・・・

浜田「シャレやんけ」

今度のカードのテーマは「罰ゲーム」

負けたら、即罰ゲームが執行される。

カードの罰ゲームの内容を見ながら、愚痴が止まらないメンバーたち。

松本「どういう思いで印刷したんや・・・」

ここで再びあの男に疑惑が持ち上がる。

浜田「チラチラ見てた。

(田中を指差して)お前にカメラしっかり映ってるぞ!!」

田中チラ見疑惑は晴れず。

罰ゲームジジ抜き、イチ抜けしたのは2連敗した遠藤!!

続いて、松本、田中が抜ける。

方正と浜田のどちらかが罰ゲーム決定。

カードは、「力士とディープキス」「喉ちんこ歯ブラシ」と書かれてあるが・・・

勝ったのは、浜ちゃん!!

負けた方正は、歯医者に扮したおっさんが歯ブラシを持って登場し、

歯ブラシを喉ちんこに入れられる。

方正の嗚咽が止まらない・・・

変な声になってる方正。

松本「森進一や!!」

4月19日放送の感想はここをクリック
今回は、ガキ使オリジナルのジジ抜きでした。外出自粛の影響で家でも出来るカードゲームの企画にしたのかな?と思いました。
 
ゲームの内容より、バニーちゃんが登場した時の浜ちゃんのエロ目線に爆笑しました!!

<見逃し動画> 4月12日放送 「藤原ドローンでMV 第3弾」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
4月12日放送のネタバレはここをクリック
ライセンス藤原のドロンワンカットMV撮影 第3弾。

ドローンでミュージックビデオを撮影。

舞台は、東京からおよそ2時間半の広大な敷地を誇る、関東最大級の結婚式場。

ドロンワンカット撮影に臨む楽曲は、結婚式の定番ソング、木村カエラの「butterfly」。

配役は、新婦・浜田、新郎・松本、元彼・遠藤、新婦友人・井本、牧師・田中、新婦父・方正。

ミュージックビデオの要、新郎新婦はダウンタウンが担当する!!

遡ること1時間前。

メンバーたちは、一人ずつレコーディングし、収録前に歌はレコーディング済み。

まずは、藤原の指導の元、ルートの説明と演技指導を行う。

最初にドローンは新郎新婦の格好をしたダウンタウンの絵が描いてあるウェルカムボードを映し、そこから披露宴会場へ入る。

そして、参列者の腕輪の中をくぐり抜け、花輪の中もくぐり抜け、松本の元へ。

次に、新婦の浜田が登場するシーンを撮影し、参列者、友人役の井本、新婦の父親役の方正が二人を祝福しているシーンを撮る。

そして、ドローンは屋外へ。

目的地は少し離れたチャペルなのだが、ドローンが噴水を旋回している間に新郎新婦は大急ぎで移動しなければならない。

ドローンは浜ちゃんの手に渡され、自撮り中に参列者は教会へ移動。

新婦の父役の方正は、新婦役の浜田と腕を組み新郎役の松本にバトンタッチ。

二人が牧師の前に到着すると、新郎が新婦のベールをあげて、誓いのキス。

松本「唇が乾燥でガサガサやと浜田に思われるの嫌やねんけど」

そして、ラスト元彼役の遠藤が乱入し、浜田を連れ去り、二人で逃亡するシーンでフィニッシュ。

これで演技指導は終了。

しかし、メンバーたちにはある不安が・・・

広大な結婚式場を使用するので、今回のルートは自ずと演技をするメンバーの負担も増加。

さらにもう一つ藤原を悩ませているのが、突発的に巻き起こる強風。

実際にスタッフと行ったリハーサルでも、強風でひと苦労していた。

たった1つのミスも許されない、ワンカット撮影。

その難易度は当然高い。

本番はいかに?

浜田の提案により、曲を流しながらリハーサルをすることに。

着替えを済まし、いよいよ撮影開始!!

いざ挑戦のとき。

前半は順調に進んでいたが、浜田にドローンを渡すところでタイミングが合わず失敗。

気を取り直して、2回目の挑戦。

衝突はあったものの、撮影は続行。

先ほど失敗したドローンキャッチは!?

またもドローンが落下。

失敗の原因は風。

機体が小さいため、風の影響を受けやすいドローン。

藤原は、プロのアドバイスを受けながら、対策を講じる。

3回目の挑戦!!

またもサークルに衝突するも、撮影は続行。

問題のドローンキャッチは?

なんとか成功へ。

そのままラストまで撮影できたので、全員で動画をチェック。

果たしてその仕上がりは?

ドローンキャッチはなんとか成功するも、その後は演者の見切れ、床への衝突と、ミスを連発。

評価はいかほど?

藤原曰く、60点。 撮影をやり直すことに。

撮影開始から2時間。

刻々と迫り来る夕暮れ。

そろそろ決めたい4回目の挑戦。

第一関門の3連続サークル成功。

鬼門のドローンキャッチも成功。

果たして、その出来栄えは?

浜田「腕あげたな」

大成功!!

4月12日放送の感想はここをクリック
今回は、ライセンス藤原のドロンワンカットMV撮影 第3弾でした。撮影に使われたロケ地は行ったことのある場所なので、懐かしい気持ちになりました。
 
かなり難易度の高いワンカット撮影にも関わらず、4回で成功できたのは、藤原さんの腕が上がったのもそうですが、念入りなリハーサルをしたり、演者やスタッフの協力があったからなんだろうなと思いながら見てました。
 
浜ちゃんの新婦姿はひどかったですね笑

<見逃し動画> 4月5日放送 「サイレント図書館」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
4月5日放送のネタバレはここをクリック
絶対にしゃべってはいけない図書館で、ガキ使メンバーとゲストの武田真治が様々な罰ゲームを受け体を張る!

都内某図書館。

<ルール>
ドクロカードを引いた人がお題に書かれた罰を受ける。
読書をしている人の迷惑になるので、絶対に声を出してはいけない。

<お題1>腕しぼり

<ドクロ> 田中

<内容>田中以外のメンバーが1人ずつ田中の腕を絞っていく。

<お題2>スネ昆布

<ドクロ>松本

<内容>松っちゃんのスネに思いっきり浜ちゃんが昆布を叩きつける。

<お題3>げんこつピンポン

<ドクロ>松本

<内容>ゴムにピンポンがついていて、顎でゴムを固定して、ピンポンを引っ張る仕組み。やるのは浜ちゃん。「あああん」とかなり痛がる松っちゃん。

<お題4>金メダル落下

<ドクロ>遠藤

<内容>スネに金メダルを落とす。1回目は場所がズレて、やり直し2回もすることに。

<お題5>フォンデュじじい

<ドクロ>武田

<内容>フォンデュのチョコと一緒に登場したじじい。武田の靴下を脱がすと、武田の足指にチョコをつけて・・・じじいが足の指を舐め回す。

<お題6>ひな祭り

<ドクロ>方正

<内容>「明かりをつけましょ♫」とひな祭りの曲が流れてくると着物を着たガキ使でお馴染みのおばちゃんが激クサ扇子を持って登場。そのクサさに方正悶絶。

<お題7>加藤鷹

<ドクロ>浜田

<内容>元AV男優の加藤鷹がバスローブ姿で登場。浜ちゃんの大事なところを鷲掴みし、股の下から霧が出て、恥ずかしめに合う浜ちゃん。

<お題8>超高速ざるそば

<ドクロ>浜田

<内容>黒子が出てきて、浜ちゃんに透明のメガネをかけさせ、蕎麦のお露の入ったそば猪口と箸を持たせる。そして、バズーカーから蕎麦が浜ちゃんの顔面目掛けて発射!!

<お題9>走り高跳び(ドクロ×2)

<ドクロ>遠藤&武田

<内容>遠藤と武田が、走り高跳びの柱になる。棒を支えるのは、遠藤と武田の唇にくくりつけた洗濯バサミ。そこに、走り高跳びの選手が走り高跳びをして失敗。棒を倒したのと当時に洗濯バサミが外れる。

<お題10>ビリビリ電気イス

<ドクロ>方正

<内容>イスに座ると、鉄の棒に電流が流れる仕組み。浜ちゃんの手によってえ方正の乳首にビリビリ電流が!!

4月5日放送の感想はここをクリック
今回の放送はガキ使恒例のサイレント図書館でした。
 
地味に痛いものから、恥ずかしいものまで罰ゲームの内容も様々でした!!
 
最後の方になるといつも「サイレント図書館」という設定も忘れ、大きな声で痛がったり、話したりしてるのが毎回面白いです。

<見逃し動画> 3月29日放送 「三四郎・小宮さんの24時間インタビュー」 後編
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
3月29日放送のネタバレはここをクリック
三四郎小宮の24時間ロングインタビューの完結編!!

幼少時代から絶えずいじめられてきた過去。

今宵、小宮の真の姿が明らかに・・・

PM 8:00 開始から10時間経過

夕食のため小宮行きつけのお店へ。

車内でもインタビューが続く。

国川「今から行くところは?」

小宮「週3くらい行く、山形の郷土料理のお店「まら」です」

国川「小宮さんはSNSはやってますか?」

小宮「やってないです」

国川「なんでやらないんですか?」

小宮「批判コメントが怖いからです」

国川「エゴサーチはしますか?」

小宮「結構します。それで嫌な気分にもなりますけど」

国川「どんな言葉が嫌でしたか?」

小宮「三四郎 小宮がTVに出てたらうちの愛犬がうるさく吠えたから、局にクレーム入れてやったとか。

あと、高校生くらいの女の子に、三四郎の小宮に似てるって言われた。”オワタ”っていうのもありました」

高円寺の居酒屋「まら」に到着。

料理を堪能し、インタビューを続けていると、小宮を激励すべく、仲のいい後輩たちが駆けつけた。

後輩芸人にも話しを伺う。

後輩に性癖を暴露されるも上機嫌な小宮。

国川「みなさんにとっての先輩小宮とは?」

後輩「お笑い芸人を教えてくれた先輩」

インタビュー開始から13時間

ホテルのBARでインタビュー再開

ここから小宮の恋愛観について聞く。

国川「好きな女性のタイプは?」

小宮「ちょっとヤンキーっぽいんだけど、夜になるとMになる人がいいですよね」

国川「Sを発揮したいですか?」

小宮「僕はそうですね。床ヤクザなので」

国川「床ヤクザ?」

小宮「ベッドの上ではSだっていうことですね」

国川「女性との出会いはどんなパターンが多いですか?」

小宮「出会い系とか居酒屋でナンパとか」

国川「マッチングアプリとかですか?」

小宮「マッチングアプリは最近はやってないんですけど、スタービーチみたいな出会い系はやってました。マッチングアプリとかはもうやらないです」

国川「結構出会いありました?」

小宮「結構ありました。でも、その時は会いましたけど、あんまり可愛くない感じの人ばっかりでしたね。

鈴木亜美に似てるっていうからそれで会ったら、六角精児さんみたいな人が来ましたよ」

国川「小宮さん面食いですよね?」

小宮「会社どこですか?お綺麗ですよね」

国川「ありがとうございます。こんな感じで?」

小宮「こういうBARとかで口説く感じなんで」

国川「小宮さんが思う最高のデートプランを教えてください」

小宮「飲んでる時に罵倒されるんだけど、途中で女の子がMになってベッドの上では従順になるっていうのがいいですね」

国川「もう一回聞きますけど、最高のデートプランを教えてください」

小宮「夜とかは猿ぐつわしてくれるとか。ラブホテル街を首輪つけて僕が引っ張るみたいな方がいいですよね。どうですか?どっちですか?」

国川「彼女はいらっしゃるんですか?」

小宮「いい感じの子はいます」

国川「いい感じというのはどういうことなんですか?」

小宮「懇ろな関係ですね」

その後、小宮のお酒のペースは加速する。

酔いが回って来たせいか、小宮からタバコの注文が。

急遽タバコを渡し、インタビューは先輩芸人のルックスの話しへ。

小宮「とんねるずさんもカッコいいですけど、ウッチャンナンチャンさんとか、ダウンタウンさんとかカッコよくなくてもモテるって分からせてくれたじゃないですか」

国川「ダウンタウンさんとウッチャンナンチャンさんはカッコよくないですかね?」

小宮「ウッチャンはカッコいいです、見た目で。それ以外はカッコよくないです、正直。
でも、才能でもぎ取ってんだから、ビジュアルカッコよくないでしょ、絶対。カッコよくないでしょ、あんなの」

国川「松本さんはどういうところがカッコよくないんですか?」

小宮「鼻のところにホクロあるし。いつの間にかホクロ出来たなって」

国川「浜田さんはどんなところがカッコよくないんですか?」

小宮「背は高くないし、ちっちゃいじゃないですか」

開始14時間経過

部屋に戻って休む間もまもくインタビュー再開。

インタビュアーが交代。

小島「やっぱり女性の方が嬉しいですか?」

小宮「はい」

ここから怒涛の質問攻め。

Q 芸能界引退後は何する?

A. アパート経営

Q. 最後の仕事はどこで終わらせたい?

A. 東洋館とか舞台

Q. 尊敬してる先輩は?

A. 出川さん

Q. 先輩のお誘いは?

A. 結構行く

Q. 芸人を何歳まで続けたい?

A. 60歳

Q. どうして60?

A. 年金もらえるから。

小島「60歳ではもらえないですよ」

小宮「65ね」

インタビュー攻めに小宮にも疲労が見え始めた。

小宮「無能なスタッフほど長回しするからね」

とスタッフへの愚痴が止まらない。

インタビュー開始から15時間。

疲れをとってもらうため、エステで疲れを癒す。

小島「三四郎を結成して1番の思い出はなんですか?」

小宮「初舞台です」

小島「もうちょっと詳しく教えてください」

小宮「友達呼んで、一緒に喜んだみたいな」

小島「小宮さんにとって相方・相田さんはどういう存在ですか?」

小宮「今、相方になりましたけど、友達ですね、ずっと」

その後、20分が過ぎ・・・

小宮が完全に沈黙。

開始から16時間経過

小島「残り8時間になりました。ここまで振り返ってみてどうですか?」

残り時間を受け入れられず、騒ぎ出す小宮。

もはや疲労困憊。

どう乗り切る?

小島「松本さんよりも上回るものがあるとするなら?」

小宮「品ですね。育ちの良さ」

小島「浜田さんと比べた場合どうでしょう?」

小宮「僕の方が品があると思います」

小島「芸人さんがどんどんyoutuberになっていくのをどう思いますか?」

小宮「TVを観てたものとしては結構寂しいですけど、いいんじゃないんですか。みんな楽しそうなので」

小島「思い出のラブソングはありますか?」

小宮「 Hello again〜昔からある場所〜」

小島「その歌にはどういった思い出があるんでしょうか?」

小宮「好きだった女の子とカラオケ行って、その女の子がずっと歌っていた曲ですね。でも、その子は浮気してましたけどね。5股くらい」

止まらないインタビューに小宮も真摯に答えて行く。

残すは2時間

スタッフも疲弊する中、24時間までもうひと踏ん張り。

栄養ドリンクで眠気を吹き飛ばす。

朝、9時を迎えて、残り1時間

国川「ランプの魔神が願いを3つ叶えてくれるとしたら、何を願いますか?」

小宮「血圧を下げる、歯の状態をよくする、花粉症を治す」

国川「ロックはいつ死んだと思いますか?」

小宮「シド・ヴィシャスが死んだ時でしょう」

国川「セックス・ピストルズが好きなんですか?」

小宮「日本のロックはめちゃくちゃ好きです。ガガガSPとか、銀杏BOYNとか」

国川「じゃあ、小宮さんにもロッカーな一面があるんですか?」

小宮「ある意味、お笑いもロックだと思ってるんで。お笑い芸人の生き様がロックに似てるなって思いますね」

国川「プロレスラーになるとしたらどんなリングネームにします?」

小宮「マスク・ザ・小宮かな?」

国川「今回の24時間のインタビューを振り返って、総括をお願いします」

小宮「色々話しましたけど、僕の気持ちに嘘はないです。

疲れていたかもしれないけど、その時投げやりで言ったとは思わないので、全部本心ですね」

ここまで2873問の質問に回答

そしてついにこの時がやってくる。

国川「最後の質問です。24時間語ってみて、小宮さんの人生とはどんなものでしょうか?」

小宮「捨てたもんじゃないなって思いましたね。ロックだったかなとは思いますね」

24時間、ロングインタビュー達成!!

国川「今のお気持ちは?」

小宮「嬉しいですよ。マジでガチでやるんだもん、これ」

3月29日放送の感想はここをクリック
小宮の24時間ロングインタビューが完結しました。
 
24時間のインタビューで疲労困憊する中、スタッフに当たったり、下ネタが多かったり、スタッフの地位にこだわったり、イメージ通りの人だったなという印象です。 
せっかくインタビューするのだから、もっと別の話しが聞きたかった気もします。

<見逃し動画> 3月22日放送 「三四郎・小宮さんの24時間インタビュー」 前編
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
3月22日放送のネタバレはここをクリック
三四郎小宮の24時間ロングインタビュー。

挑戦の舞台は、浅草のとあるホテル。

このホテルの一室で、24時間ロングインタビューは行われる。

インタビューはこちら

1983年 誕生〜幼稚園

1990年 小学校時代

1996年 中学校時代

1999年 高校時代

2002年 お笑い養成所〜現在

の年表をを元に、これまでの人生や未来のことまで語ってもらう。

インタビュアー国川さん。

AM10:00、ロングインタビュー開始!!

国川「体調はいかがですか?」

小宮「花粉症がちょっとひどくて、薬を飲んだら眠くなりますね。口の中に口内炎も出来てて」

国川「生まれたばかりの小宮さんってどんな感じでしたか?ご両親から聞いていらっしゃいますか?」

小宮「可愛かったとは言われますけど」

小宮浩信。

1983年9月3日生まれ。

東京都練馬区出身。

小宮「お坊ちゃんだったらしいので、高い着物着させてもらって喜んでました」

国川「幼少期はどんなお家に住んでいらっしゃいました?」

小宮「一軒家でアパートもちょっと付いてて。アパート経営もしていたんですよ。」

裕福な家庭環境だったという小宮。

国川「お父さんはどんな方でした?」

小宮「お父さんとの思い出はそんなないですね」

国川「お家では怖いお父さん?」

小宮「怖いも何もあまり喋らなかった。距離を置いてました」

国川「なんでですか?」

小宮「なんでだろ。合わなかった、話が」

国川「お母さんはどんな方でしたか?」

小宮「お母さんとも全然喋ってなかったですね。イメージ的には、高校1年生でお母さんが亡くなったんですけど、結構ずっと勉強しろ、勉強しろみたいなイメージですね」

国川「ご両親とのエピソードがあまりないみたいですが、別々に暮らしてたんですか?」

小宮「一緒に暮らしてたんですけど、歩いて20mくらいの距離にいるおじいちゃん、おばあちゃんの所に行ってました」

共働きで忙しかった両親。

親子の距離をあまり縮められることも出来ないまま幼稚園へ入園。

国川「幼稚園の時友達たくさんいましたか?」

小宮「いないです。幼稚園の時は、いつも教頭先生と一緒にいた覚えがありますね」

国川「教頭先生と保健の先生とは何話してたんですか?」

小宮「教頭先生、女性の先生ですごい鼻くそとか付けてきて、僕の味方だと思ってたんですけど、全然違いました。それが本当に嫌で、そこから女性不信、人間不信になりました」

女性不信、人間不信になったまま小学校に入学した小宮。

国川「小学校時代のトラウマはありますか?」

小宮「イジメとかはありました」

国川「いつ頃からですか?」

小宮「小五の後半くらいからかな」

国川「どんなことをされたんですか?」

小宮「ランドセルを発電所に投げ込まれたりして」

国川「今、そのイジメてた子がテレビ見てるかもしれないので、一言お願いします」

小宮「その頃はさ、みんなの方が上だったと思うけど、今は僕の方が上なんで、お疲れ様でした」

国川「気が済みました?」

小宮「嫌な気分になったな、自分も。まあ、幸せに、家族を大事に生きていってください」

国川「今ので大丈夫ですか、本当に」

小宮「ちょっとなんか変な感じ。僕をみて笑ってよ、過去のことは水に流して」

開始から2時間が経過。

ここでインタビュアーが小島さんに交代。

小宮には昼食をとってもらう。

小島「普段、どんなものを食べてますか?」

小宮「柔らかいものですかね。今、奥の歯全部抜いたんでないんですよ。だからちょっと食べづらいんですよ」

小島「松本さんが、ご飯を食べるのが遅い人は売れないって言ってたんですけど」

小宮「え?あ、そうなんですか。ちょっと待ってよ。だって歯がないし」

続いて、中学生時代の話へ。

中学受験で、有名私立中学に入学した小宮。

小島「小学校時代に結構酷いイジメにあって、中学時代はどうだったんですか?」

小宮「ありましたよ。消しゴム食べさせられたり、結構いじられて」

いじられキャラとして友達が増えていった小宮。

そんな中、海で行われた学校行事で、相方である相田に衝撃を受けたという。

小宮「今思うとパロディーなんですけど、ダウンタウンさんのMr.BATERが面白くって、高校まで品がないってダウンタウンさんの番組は見せてもらえなかったんだけど、ウッチャンナンチャンはいいけど、ダウンタウンさんはダメ。それで、僕が相田に話したことをきっかけで仲良くなりました」

小島「片思いとか恋愛はしてましたか?」

小宮「そうですね。クラスのマドンナみたいな子に片思いしてました」

小島「アプローチとかしたんですか?」

小宮「クラスの中でも一軍に僕所属してたんですよ。4人くらいいて。その4人のうち3人に彼女がいて、僕だけいないから仲間外れにされちゃったんですよ。

仲間に入れて欲しくって、僕もいるよって、マドンナみたいな人を好きだって言ったら、告白しろよって言われて。

修学旅行の沖縄旅行で、男子のコテージと女子のコテージの真ん中に大きな木があって、そこに女の子を呼び出して来てもらったんだけど、沖縄旅行楽しんでねみたいな感じで終わったんですね。

他の男子は、コテージから見てるから内容は分からない。だから、戻った時にどうだったって言われて、まあまあって言って付き合ったことにしちゃって、でも男女の中がそんなによくなかったからバレないと思って。

でもそしたら半年後に、何でも口出す女子っているじゃないですか。

その女子に呼び出されて、そしたらクラスの女子が全員円を囲むようにいて、その中に入らされて、端から、嘘つき、ザコとか悪口言われて、もうそこから仲間外れ」

開始から3時間経過。

食事を終えた小宮は、学生時代を過ごした思い出の街へ。

小島「中学時代の趣味について教えてください」

小宮「チリチリパーマだったんですよ。だからその時の趣味は髪の毛。雑誌とかを見たりするのが趣味だったかもしれない。」

小島「周りもそんな感じでした?」

小宮「東京の中でも一番都会みたいな学校だったんで、結構ませてる子が多かったですね」

やって来たのは、中学・高校を過ごした世田谷区・成城。

駅前にある喫茶店でインタビューの続きを行う。

小島「高一の時にすごいショックを受けたことがあるって聞いたんですけど」

小宮「母親が亡くなりました」

小島「結構ショックだったんですよね?」

小宮「まあそうですね。でも、結局おじいちゃんとおばあちゃんとかの方が仲良かったんで、自分的にはそんなにショックを受けなかったのが本心ですかね」

小島「結構唐突すぎて、実感が湧かなかったのが実情ですかね?」

小宮「人はやっぱりいつだって死ぬんだと思ったから、そっから勉強しなくなりましたね。勉強しても死ぬんだって思ったら、ま、勉強しなくてもいいかなって」

母親の死をきっかけに勉強をしなくなったという小宮。

その結果、高校2年の時に留年。

小島「恥ずかしいっていうのはなかったですか?」

小宮「恥ずかしいっていうのはなかったですね。みんな”さん”付けで呼んでくれて。影では小宮って呼び捨てにされてたらしいですけど」

小島「それはどういう経緯で知ったんですか?」

小宮「トイレに入ってたら、外から”めっちゃしゃしゃり出てくるじゃん小宮。留年してるからこっち何も言えないじゃん”って話しを聞いちゃって。そこから出られなかったですよね」

部活はホッケー部に所属。

東京都選抜にも選ばれ、マジメに取り組んでいたが、高3の時にある事件が。

小宮「部活の部室が、小学校の通学路の横にあって、留年してるから部室で着替えるのが申し訳ないと思って。

外で着替えてたら、小学生の子が着替えてる時に、脱ぐたびに笑ってくれたから、トランクス一丁になって追いかけたら、次の日、学校にお母さんとその子がやって来て、変質者が現れたって。

その時金髪で派手だったんで、金髪でキツネ目の男がいるって捕まえたいだよって、校内放送で”金髪で目の細い奴集まれ”ってなって集めさせられて、片っ端からお母さんが子供に、”この人?”って聞いて、バレますよね”このお兄ちゃん”ってなって。

“あんたどうなってんの?”って。そっから、その噂がバレて、全校生徒に。勘違いされて、みんなにシカトされました」

開始から6時間経過。

小宮の希望で、思い出の公園でインタビュー。

小島「ここは思い出深い公園何でしょうか?」

小宮「ここは、養成所入って、ライブ出るためのネタ合わせした場所がここです」

高校の文化祭で、漫才を披露。

それがきっかけでお笑い芸人を目指す。

高校を卒業し、人力舎のお笑い養成所へ。

同期の中では1番の実力だったというが、吉本のあるコンビでその状況は一変する。

小島「吉本養成所でその頃1番っていうのは」

小宮「オリエンタルラジオですね。あの時のオリエンタルラジオは、破竹の勢いだったんで。それでセンスが無いんじゃないかって。それでもうちょっと辞めようかなと思って、僕は辞めたんでよ、1回」

しかし、お笑い芸人になる夢を諦めることができず、フリーになりトリオで活動。

1年ほどでトリオを解散したが、再び相田と三四郎を結成。

フリーのまま5年ほど活動したのち、今の所属しているマセキ芸能社へ。

開始から9時間が経過。

ホテルに戻り、小宮のブレイクしたきっかけを聞く。

インタビュアーは再び国川さん。

国川「ブレイクのきっかけは何だったんですか?」

小宮「テレビ東京の番組で、芸人が選ぶこの若手がすごいランキングで1位になって。投票してくれたのがきっかけですね」

国川「その収録の時のことを詳しくお聞かせいただきたいんですが」

小宮「収録の2日前に転んで歯がかけちゃって、膝も骨ヒビ入っちゃって。

それでその車椅子の状態で、とりあえず漫才やるんですけど普通に漫才できないんですけど、もう終わったみたいな感じで自分では思ってたんで、破れかぶれみたいな感じで。

今思えば良かったのかも知れないです」

インパクト抜群なのが評判を呼び、徐々にテレビの露出が増え、売れっ子芸人に。

そして、学生時代の憧れダウンタウンとも共演。

国川「小宮さんにとってのダウンタウンさんとはどんな存在ですか?」

小宮「オアシス。高校とかで、いじめられたりとかしてたけど、DVDとか観たらそれで消化させられてたんでオアシスですね。

あの当時のバリバリに尖ったダウンタウンのDVD観て笑ってんのは、社会不適合者か、変人か犯罪者だけなんですよ」

国川「ガキの使メンバーで1番合わないのは誰ですか?」

小宮「浜田さん。申し訳ないんですけど、昔、学生時代いじめられてた人にそっくり。ああいう人に、めちゃくちゃ消しゴム食えよと言われてました」

3月22日放送の感想はここをクリック
今回は、ガキ使恒例の24時間ロングインタビューでした。
 
三四郎の小宮さんは、少し屈折してるように感じてましたが、どうしてそうなったのか分かるようなインタビュー内容でした。
 
後半戦も楽しみです!

<見逃し動画> 3月15日放送 「チョコプラ長田の七変化」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
3月15日放送のネタバレはここをクリック
ガキ使の出演者やスタッフが企画会議をしている中に、

挑戦者が7回変装をして乱入。

どれだけ笑いをとれるか競う名物企画がスタート。

今回の挑戦者は、チョコプラの長田。

10位以内を目指す!!

<変身1>

長田「僕が作ってきた、スーパーマウスホーというやつなんですけど、

ちょっと息を吹きかけるだけですぐ音が鳴るという。

この装置を今から口に装着して、くしゃみを出します。

ただ、このホーンは鳴らしません。見ててください」

というと、ティッシュを鼻に押し込み、無理やりくしゃみを出そうとすると、

音が出て・・・

松尾、方正、浜田、松本、罰金。

方正「すごい鳴ってたよ〜」

もう一度挑戦する。

すごい音が鳴る。

全員、罰金。

浜田「何がしたいの、アイツ」

<変身2>

アナウンサーらしき人が登場し、

アナウンサー「犯罪最前線。結婚詐欺に過去手を染めていたというYさんとコンタクトを取ることが出来たので、その実態に迫りたいと思います」

ここで、遅れて長田が登場する。

アナウンサー「Yさんは、いつ頃結婚詐欺を行っていたのでしょうか」

長田が話すが、音声加工されているのか上手く聞き取れない。

アナウンサーだけ聞き取れている。

アナウンサー「ですが、被害者の方の気持ちを考えれば普通の人だったら罪悪感を感じるものではないでしょうか」

長田「◎$♪×△¥○&?#$」

すると、今まで普通だったアナウンサーの声もおかしくなる。

アナウンサー「◎$♪×△¥○&?#$!」

長尾が笑い、罰金。

アナウンサー「それではお時間が来てしまいましたので、本日はご協力ありがとうございました」

長田が退場。

松本「え?松尾だけ?相方だけが笑うって凄いよな」

<変身3>

和泉元彌のモノマネで登場した長田。

長田「どういったものが食えるのか気になる」

とメニュー表を見ながら、席につく。

長田「主人、主人」

と呼ぶと、店の主人らしき男がコック姿で登場。

主人「いらっしゃいませ。何にいたしましょう」

長田「唐辛子の刀削麺をいただこう」

主人「はい、刀削麺を一人前ね」

メニューを持っていかない主人に、

長田「これは これは 持っていかぬ」

そこで刀削麺が運ばれてくると、

長田「これは何じゃ。麺なしじゃ。なるほど。珍妙な麺が出てきそうな」

すると、主人が椅子に乗って、長田の正面に立ち、

肩の上には、小麦粉の塊が乗ったまな板がある。

すると、包丁で細かく刻んだ麺を下にいる長田の丼に入れていく。

長田「むしゃ、むしゃ、むしゃ。替え玉をいただこう」

すると、どんどん丼に麺を入れていく主人。

長田「もうよい、もうよい」

主人は止まらない。

長田「これはうまい。持って帰ろう」

と、落ちた麺を拾い上げ袂(たもと)の中に入れる。

全員セーフ!!

浜田「潔いよね」

松本「普通、みんな粘るんですけど」

<変身4>

続いて、氷室京介のモノマネの格好で登場の長田。

長田「氷室京介です。

今日は特別に氷室のタロット占い、ヒムロット占いをやりたいと思います。

松っちゃんから占おうか。何占って欲しい?」

松本「じゃあ、健康運」

長田「好きなカードチョイスしてよ!」

松っちゃんにカードを選ばせると・・・

長田「これは布袋のドクロのカード。

このカードが出たということは・・・9月に死にます」

松本、長尾、罰金。

松本「めちゃくちゃやん」

長田「方正さん、何占って欲しい?」

方正「そうですね。受験控えてるんで子供が」

長田「オッケー、受験勉強ね」

方正にも好きなカードを選ばせる。

長田「布袋がライオンを捕まえてる写真・・・8月に受かります。

そのままにして受かります」

浜田、方正、遠藤以外、罰金。

長田「それじゃあ、浜ちゃんいこうか。何占って欲しい?」

浜田「恋愛運ですかね」

方正、罰金

浜ちゃんがカードを選ぶと、

長田「これは布袋が逆さに吊られているカード。

10月に泥だらけのブーツ履きます」

ダウンタウン、爆笑。

浜田、罰金。

長田、退場。

浜田「俺、10月に泥だらけのブーツ履くんや」

<変身5>

スポーツ選手の格好をした長田が登場し、アナウンスが響き渡る。

「芸能界最強のアスリート長田小平がやって参りました。

その驚異の身体能力で、人類が未だかつて成し遂げていない、世紀の記録に挑みます。

今、20段の怪物(跳び箱)が日本テレビの会議室に立ち塞がっています。

現在、この跳び箱の最高記録は、池谷直樹の19段。

さあ、運命のチャレンジが遂に始まる。

それでは、長田の挑戦です」

チャレンジ、スタート!!

アナウンス「どうだ!! 正面衝突!!

何と、正面から激突してしまったぁ!!

跳び箱もビクともしないが、長田もビクともしない。

さあ、そのポテンシャルを見せてくれ。二度目のチャレンジです。

高く飛べ!!正面からぶつかったぁ!!!

二度目もぶつかった。表情は変えない。

ここで、ジャンプ台の調整をしていきます。

踏切台の調整を念入りにしている長田。

これで3度目の正直なるか!?」

チャレンジ、スタート!!

アナウンス「いいスピードだ。どうだ!!

最上段に手はかかったが・・・

おっと、これは長田。

踏切台の距離が納得いかなかったのか?

これからが本番だ」

踏切台を思いっきり離して4度目の挑戦!!

アナウンス「天高く飛んでいけ〜〜〜〜

しかし、失敗。

長田、なかなか上手くいきません」

松本、罰金。

アナウンス「首を傾げて、そろりそろりと退出」

長尾、罰金。

松本「一発目、いき過ぎた感じがあったよね」

<変身6>

エプロンをつけた長田が登場。

長田「ショルダーテレフォンショッピングの時間がやって参りました。

今回は、ショルダータックル長田ご紹介させていただきます。

皆さん、電動歯ブラシ使っていますよね。

実は、電動なのはヘッドの部分だけなんですよね。

腕が腱鞘炎になった人もいるかと思います。

そんな悩みを解消する商品がこちら、

スーパーマウスウォッシャー2000です。

1秒間に2000回転。

使い方は簡単。ヘルメットのように装着するだけ。

そして、歯ブラシをイン。

あとは、スイッチを入れるだけ。

見ててくださいよー」

と、スイッチを押すと、嗚咽する長田。

浜田、長尾、罰金。

浜田「入りすぎやねん。アホや、アイツ」

長田「うううううううううううううえええええええええ」

松本、罰金。

長田「今回は、18万円でお届けです。みなさん、ぜひ買ってね」

またスイッチを入れる。

長田「うううううおおおおおおおおお」

遠藤、罰金。

松本「あれも自分で作ったんやろ」

長尾「最近、東急ハンズの袋をよく持ってて、

今年の目標がグッドデザイン賞を取りたいって言ってたので」

<変身7>

アナウンス「ショービズ界のニューカマー貴公子ミスタマジカ!!」

マジシャンに扮した長田が、人が入るくらいの箱と助手の女性を連れて登場。

箱の中に刀を刺していく。

ただ、刀を刺すだけの長田。

浜田、長尾、松本、田中、罰金。

松本「(箱)関係ないやん」

方正以外、全員罰金。

刀を全部刺していく・・・

しっかり刺さってるか確認する長田

松本「もうええねん」

ようやく箱の中を開けると・・・

そこにはソーセージが。

長田「無事です。

以上、ショービズ界のニューカマーでした、サンキュー」

終了!!
長田の賞金獲得は、42,000円。19位。

3月15日放送の感想はここをクリック
今回は、ガキ使定番の七変化でした。氷室タロットで、浜ちゃんが占って欲しいのが「恋愛運」と言ったことに一番笑いました。
 
全体的に笑うところが少なかった印象ですが、賞金額はそこそこあって驚きました。

<見逃し動画> 3月8日放送 人気企画「芸人考案ゲーム」のベスト版
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
3月8日放送のネタバレはここをクリック
<2018年7月29日放送>1組目 チョコレートプラネット長田・松尾
ゲーム名「狂言そろりそろり」

ルール:お題に対して、「◯◯り、◯◯り」のリズムで返していく。
文章がおかしかったり、同じことを言ったらアウト!!

ゲームスタート!!

長田「そろり、そろり、ポンポン、タオル」

⬇︎

松尾「拭きり、拭きり、ポンポン、Tシャツ」

⬇︎

方正「めろり、きるり」

ブーブー

松本「2回目、違うこと言ってるし!!」

なんとか繋げたい3周目

松本「梅雨、ポンポン」

⬇︎

浜田「ジメリ、ジメリ、ポンポン、ゴリラ」

⬇︎

遠藤「ゴロリ、ゴロリ」

長田「ダメです!!」

凡ミス連発。チョコプラまで回したいが・・・

浜田「ラーメン」

⬇︎

遠藤「ずるり、ずるり、ポンポン、ビール」

⬇︎

田中「ゴクリ、ゴクリ、ポンポン、タバコ」

⬇︎

長田「プカリ、プカリ、ポンポン・・・」

次のお題が出ず、リズムに乗れなかったのでアウト!!

ここで、ダウンタウンだけでやって見ることに。

狂言そろりそろり、ダウンタウン対決!!

松本「相撲、ポンポン」

⬇︎

浜田「のそり、のそり、ポンポン、ひげ」

⬇︎

松本「ジョギリ、ジョギリ、ポンポン、ヘルメット」

⬇︎

浜田「スポリ、スポリ、ポンポン、パンツ」

⬇︎

松本「脱ぎり、脱ぎり、ポンポン、ち◯こ」

⬇︎

浜田「剥けり、剥けり」

セーフだが、みんな大爆笑。

松本「俺は可愛い子供ので言ったのに、青年にした!」

芸人考案ゲーム Bestセレクション 2組目
 
<2018年7月29日放送>「霜降り明星」せいや・粗品
ゲーム名「せいやの単語ダービー」

ルール:せいやの歌に出てきそうな単語をフリップに書いて予想する

同じ単語が出てきたら、勝ち

方正→キリン、田中→チーター、松本ビーバー、浜田→キリン、遠藤→ゾウ

果たして?

せいやの歌が始まる。

ボーナスタイムで「チーター」が出て、田中の勝ち。

松本「どうですか?」

田中「ただ、やった感がないんですよね・・・」

続いてのお題は「子供が憧れる職業」

方正→パイロット、松本→YouTuber、浜田→パイロット、遠藤→パイロット、田中→パティシエ

せいやの歌が始まる

またしても、田中のパティシエが出てくる。

田中「このゲーム、大好き!!」

芸人考案ゲーム Bestセレクション 3組目は、
 
<2019年4月7日放送>「なすなかにし」中西・那須
ゲーム名「すうもじ」

ルール:ひらがな文字が書かれたカードを5枚並べる

そのあとに、お題のカードを出す。

そのお題に沿って始まるものの名前を言ってく。

最初のお題は「6文字」

ゲームスタート!!

遠藤「せんたくもの」

松本「もののせっく」

中西「え?こんなに遅いの?」

浜田「めだまおやじ」

松本「むしぎょうざ」

遠藤「しんかんせん」

カードとお題をチェンジ。

続いては「有名人の名前」

浜田「ミッツマングローブ」

方正「矢井田瞳」

遠藤「つんくさん」

浜田「ソクラテス」

松本「お前、初めて言ったよね? ソクラテス?」

芸人考案ゲーム Bestセレクション 続いては、
 
<2019年11月17日放送>「ぬまんづ」うえたけ・原いい日
ゲーム名「おやすみなさい」

ルール:

1、全員でカードを引く。1枚だけ眠る人。と書かれている。

2、「眠る人」を引いた人は、全員で雑談している時に、さりげなく眠る。

3、眠った人に気づいた他の人も眠らないといけない。

4、最後まで起きていた人の負け。

5、最後に残った人が「眠る人」を当てたら、負けを回避できる

まずは、カードを配り、眠る人を決める。

ゲームスタート!!

全員「おやすみなさい」

雑談が始まる。

遠藤だけずっと起きてる状態に。

誰がはじめに寝ていたのか当てたらセーフ。

遠藤「浜田さんです」

浜田「違います」

遠藤、負け。

正解は、うえたけだが、うえたけは田中をみて、寝たという。

田中は松本をみて眠ったと言ってるが・・・

松本「俺は、自発的に寝た」

ということで、仕切り直してもう1回戦。

ゲームスタート!!

雑談が始まるが、なかなか誰も眠らない。

犯人はだれ?

浜ちゃんと、方正は気づいてるようだが・・・

方正「絶対、あの人やん。終わらないんです、ゲームが」

松本「俺、2時間くらいいける自信がある」

浜田「絶対、そうやと思った」

芸人考案ゲーム Bestセレクション 続いては、
 
<2018年7月29日放送>「デニス」上野・松下
ゲーム名「紙ナプキン、ふーって見れれば成功ゲーム」

ルール:口でフーッとめくり、その間に全員と目を合わせられると成功!

ゲームスタート!!

めくれている間に、全員と目が合わせられれば成功、果たして?

松本、ナプキンをうまく上げられず、失敗。

続いては浜田。

最後は、盛り上げ担当の上野がデモンストレーション。

成功はしたが・・・

肺活量を使いすぎて、成功した時の笛がうまく鳴らなかった。

芸人考案ゲーム Bestセレクション ラストは、
 
<2018年8月5日放送>「ネルソンズ」和田・青山・岸
ゲーム名「3文字禁止しりとり」

ルール:リズムに乗って、3文字以外でしりとり

「ッ」「ー」は1文字でカウント

3文字の言葉か、リズムに乗れないとアウト

和田まんじゅう VS 松本 で対決

和田:蚊 → 松本:カンガルー → 和田:ルビー

3文字の言葉を言ったので、和田、アウト!!

松本「なんだコイツ!! 持っていくやつやん」

続いて、浜田と対決。

浜田:キス → 和田:炭 → 浜田「・・・・ミツカン酢」 → 和田:酢 → 浜田:スリ → 和田:りんぱせん「あ、んがついちゃった」

浜ちゃんに叩かれる和田。

このままでは終われない、和田の泣きの1回。

また松本と対決。

和田:かみの毛 → 松本:毛じらみ → 和田:みりん「あ、またん言っちゃった」

松本「ちゃんとやれや、お前!!」

3月8日放送の感想はここをクリック
今回のガキ使は、芸人考案ゲーム Bestセレクションの回想でした。
 
ラストのネルソンズの3文字しりとりは、よく覚えてます。
 
考案者であるはずの和田が凡ミスを繰り返し、面白かったです。

<見逃し動画> 3月1日放送 「カブらず歌いきり 第2弾」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
3月1日放送のネタバレはここをクリック
1年前、奇跡の成功を収めた全員長渕で「とんぼ」歌い切り。

あの過酷な企画に再び挑戦します!!

今回の挑戦曲は、爆風スランプの「Runner」

10パートに分けたランナー10人が、自分のタイミングで歌い出し被ることなく歌い切れたらチャレンジ成功!!

歌いきれるまで終われない。

時間無制限の挑戦が始まります。

チャレンジ1回目

フレーズ1「雨を避けた ロッカールームで 君はすこし うつむいて♫」

4人被って失敗。

チャレンジ2回目

3人被って失敗。

チャレンジ3回目

1フレーズ目、先ほどまでいじられてた庄司が歌い出しに成功。

続いて、2フレーズ目を浜ちゃんが成功下が、

3フレーズ目で2人被り、失敗。

奇跡を信じ、とにかくトライ!!

チャレンジ7回目

1フレーズ目をせいじが成功させたが、2フレーズ目は誰も歌わず。

8回目、9回目も同じパターンで失敗。

序盤は、お互い探り合いの展開が続く・・・

チャレンジ10回目はついに誰も歌い出さずに失敗してしまう。

積極性に欠けるとみるや今度は・・・

歌い出しが被る悪循環。

ここで原西からの提案で、何番を歌うか自分の中で決めて臨むことに。

この作戦の行方はいかに?

2フレーズを歌い出さないで失敗。

3フレーズが鬼門に。

原西の作戦でも好転の兆しは見えなかった。

手探り状態のチャレンジは続く。

松っちゃん「行きたいと思ったら行った方がいいねん」

と語ったあと、ダウンタウンが1フレーズ被り失敗。

松っちゃん「ここは、全員行くパターンやけどね」

方正「さすがダウンタウンさんですね。ダウンタウンさんだけが分かるんだ、その方程式が」

いっこうに超える気配がない序盤。

39分経過したところで、集合!!

「誰が悪いのか?」という話しになり松っちゃんが「田中」と名指しする。

ここで、立ち位置を変えて気分を一新。

これが結果に結びつくか?

場所を変えても未だ光明は見えない・・・

チャレンジは50回目を突入。

50分経って、休憩。

「なぜ前回は成功したのか?」という話題に。

松っちゃん「前回は不正はしてないがアイコンタクトはあったけど、今回はグラサンでそれが出来ない」と分析。

チャレンジは、ついに67回目に突入!!

超えられなかった3番目を超えたと思ったら、4番目で被る。

なかなか曲の序盤を抜け出せず・・・

ついにチャレンジは100回を超えた。

疲労感漂う中、唯一の救いはダウンタウンがいつになく前向きだということ!!

求められる芸人としての空気を読むチカラ!!

それがチャレンジ成功の重要な要素の1つ。

開始から1時間20分。

ついに微かな光が!!

112回目にしてようやく6番目まで到達。

しかし、良かったのはこの1度だけ。

その後は、序盤の無限ループ。

チャレンジ達成はほど遠く、サビにも到達してない。

開始から1時間半が過ぎ、チャレンジは140回を超えた。

開始から1時間50分

160回目。

その瞬間は突然訪れた。

1.井本 → 2.庄司 → 3.藤原 → 4.田中 → 5.せいじ → 6.方正 → 7.原西 → 8.松本 → 9.浜田 → 10.遠藤

で成功!!

みんなで合唱し、ご本人も登場する。

記録、1時間53分

10人でRunner達成!!

中野「素敵でした。素敵でした。素敵なチャレンジでした。

一番不思議だったのが、せいじさんが歌ってる最中に、歌がうまくなったこと」

皆さん、お疲れ様でした〜

3月1日放送の感想はここをクリック
今回は、前回のとんぼも面白かった「カブらず歌いきり第2弾」でした。
 
今回も面白かったです!!
 
全員、成功した時は、思わずこっちまで歌い出し、一緒に成功を喜んでいました。芸人の空気を読むチカラってすごいですね。
 
いつになく、浜ちゃんがイラつくことなくノリノリなのが印象的でした。Runnerの曲が前向きな曲だからでしょうか?
 
過酷な企画だと思いますが、またぜひ別の曲でも挑戦して欲しいです!!

<見逃し動画> 2月23日放送 「浜田ドッキリ大作戦」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
2月23日放送のネタバレはここをクリック
老いが日に日に増している浜ちゃんを心配したメンバーが異変にすぐ気づけるのか?を検証する内容。

表向きは、ガキ使定番の「世界のテーブルゲーム」の収録と見せかけて、浜ちゃん以外のメンバーは浜ちゃんに気づいてもらうための仕掛けを用意。

仕掛け①「遠藤が収録中、一切喋らない」

まずはいつも通り、今回準備したゲームをチェックし、いつども通りココリコ田中の進行でゲームスタート!!

一発目は、ドイツ「お菓子の魔女」

遠藤は一切喋らないまま、ゲームは続行。

浜ちゃんは果たして気づけるのか?

<ゲームのルール>

1、4種類のお菓子の絵柄が描いてあるカード

2、図柄を伏せて、家に積んで屋根のようにしていく。

3、全員でカードをスタンバイ

4、順番にカードを引いていく

5、同じカードを連続で引いたら1枚戻す。

6、カードを多く持っていた人が勝利

田中によって、ルールの説明を全て終えたところで、浜ちゃんのツッコミが!!

浜田「しゃべれや!!」

と遠藤の頭を思いっきり叩く浜ちゃん。

浜ちゃんが、仕掛けに気づいた!!

他のメンバーは、手を叩いて喜ぶ。

何も知らない浜ちゃんはただただ驚く。

ここで、松っちゃんが浜ちゃんに「裏テーマでいかにメンバーのことをどんだけ意識しているのか?」試していたと事情を説明する。

浜田「なんもしゃべれへんから、コイツいつ言うたろうかと思ってた」

ここで、ゲーム再開に向け仕切り直し、現場を整える。

この時、浜ちゃんはまだ知るよしもなかった。

新たな仕掛けが待ち受けていることを!!

ゲーム再開

仕掛け② 進行中

1巡目、2巡目は仕掛けに気づくことなくゲームは進行。

そして迎えた3巡目。

松っちゃんが立ち上がる。

カードを崩してはいけないため、慎重になり過ぎるのをツッコむ浜ちゃん。

しかし、ここであることに気づく・・・

浜田「でかない?」

周りから拍手が起きる!!

そう、仕掛け②は、松っちゃんの身長が伸びている。だった。

浜田「全然、でかいもん」

本日2度目の仕切り直し。

浜田「ゲームをやろうよ」

しかし、浜田への仕掛けはまだまだ終わらない。

スタッフの慎重過ぎる撤収に浜田も何かを警戒。

仕掛け③ 進行中

ゲーム再開

遠藤、田中とカードを引いていき、続いては方正の番。

ここで、浜ちゃんが方正の胸元をチラッとみて、何かを悟ったように下を向く。

浜田「乳!!!!!!!!!! もうええよ。なんなんのもー」

松本「だいぶ時間かかったけどね」

浜田「そんな山ちゃんの胸なんかみる?」

ここまで遠藤、松本、方正の3つの仕掛けを見事クリアした浜ちゃん。

これでこの日、3度目の仕切り直し。

さすがの浜ちゃんも怪し始める。

浜田「この掃除してんのが怪しいな」

ここで、プレイするゲームを変更。

仕掛け④ 進行中

新たなゲームで再開

アメリカ「バウンス・オフ!」

<ゲームのルール>

1、ボールをカードと同じ配置にする

2、ワンバウンドで投げる

方正・松本チームと浜田・遠藤チームに分かれ対戦。

3、目指すボールの配置が決定

先攻後攻を決め、ゲーム開始!!

ゲームは白熱。

しかし、何も起こらないまま方正・松本チームの勝利。

ここで、チーム分けを変更。

方正・田中チーム対、浜田・松本チームに分かれる。

こうしてスタートした2ゲーム目。

戦いは、両チームリーチの最終局面。

と、ここでピリピリムードの浜ちゃん。

浜田「屁、こいた?屁、こいたやん」

と松っちゃんを指差すが、何も起こらず。

ダウンタウンは、決めればこれで勝利。

浜ちゃんが見事決めて、ダウンタウンチームの勝利。

スタッフから「ハイ、OKです」とカットがかかる。

怪しむ浜ちゃん。

浜田「(終わるの)早ない?」

と言ってみるが、違うよう。

浜田「もう俺嫌やわ。ずっとしんどいねん」

果たして、最後の仕掛けはなんだったのか?

正解は・・・

「なんもないんかい!!」

でした。

浜田「そっちか・・・」

と崩れる。

浜田「そうやわ。そりゃあそうやわ。申し訳ない」

と謝る浜ちゃん。

2月23日放送の感想はここをクリック
今回は、裏テーマで浜ちゃん以外のガキ使メンバーが仕掛けたものを浜ちゃんがいかに気づけるのか?を検証しています。
 
2番目の仕掛けから、視聴者もその仕掛けに気づけるかどうか考えられる内容になっていたので、ラストの田中から何か仕掛けがあるんじゃないかと目を凝らして見てましたが、
 
何もないことに気づけるかどうかという最後の「オチ」が面白かったです。
 
浜ちゃんも気づけなかったことに、本当に申し訳なく思ってるようでした。

<見逃し動画> 2月16日放送 「ツーショットトーク」 後編
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
2月16日放送のネタバレはここをクリック
先週の2ショットトークにかまいたちがゲストとして登場!!

その目的とは、濱家が松っちゃんから「濱家嫌いやわ」と言われる理由が聞きたいとやってきた。

今夜、その理由が判明します。

さらに、山内が濱家の不満を爆発。

トーク後半戦スタート!!
 
松本 かまいたちの2人とも嫌い?
なんと、松っちゃんは濱家だけではなくかまいたちが嫌いだそう。

その理由とは?

松本「コンビで同じとこにイボあんのおかしない?」

その時点で-70点だったそう。

しかし、浜ちゃんは松っちゃんから嫌われてることがむしろおいしくないか?
と指摘。

すると濱家は、ダウンタウンに憧れてこの世界に入ってきたから、嫌われてることは笑えないという。

実は、相方の山内も濱家が嫌いなんだそう。

山内が濱家に対し、「なんやねんコイツ」と思ったエピソードを語る。
 
ロケの罰ゲームでバンジージャンプ
千鳥など、名だたる先輩と一緒にロケをした時のこと。

罰ゲームで濱家がバンジージャンプを飛ぶことに。

しかし、下で先輩たちを待たせながら、2時間も飛ぶので駄々をこねたそう。

ディレクターやプロデューサーまで出てきて、最後はみんなでカウントダウンをしたが、結局飛ばないで、番組も飛ばないで終わってしまったという。

浜田「嫌いやわー」

ダウンタウン「なんで?」

濱家「怖かったからですよ」

ダウンタウンからはブーイング。

濱家は、ダウンタウンの2人はバンジージャンプを飛んできたのかと逆に質問する。

バンジーの経験はないが、罰ゲームで浜ちゃんはスカイダイビングをしたことがあるそう。

負けてたら松っちゃんがやることになっていた。

「そしたら、飛んでいた」と話す松っちゃんに、「いや、松本さんはゴネて飛ばないと思います」という濱家。

ダウンタウン「この足で飛んでこい」

そして、もう一つ山内からエピソードが。
 
パトカーを駐車する警察に遭遇・・・
かまいたちが2人で移動しているときに、交番があっておまわりさんが、交番にパトカーを車庫入れするところだったそう。

かまいたちは普通に歩いているだけだったが、おまわりさんがかまいたちに舌打ちをした。

そのあと、交番の前を通った時に「今、舌打ちしてたよな・・・」と濱家が引っかかって楽屋についてからも「舌打ちしててんな」とずっと言い、しまいには電話で、交番に舌打ちをされたクレームを入れたことがあるそう。

松本「なんなの?」

濱家「めっちゃデカイ舌打ちしてたんすよ」

と、舌打ちされた時の再現を大げさにすると、

松本「やっぱり嫌いやわ!!」

5、6年前、血気盛んの時だったからと言い訳する濱家。

今度は、山内のことをいじりだす。
 
マイペースな山内歩くのが遅い!?
山内はマイペースで歩くのが遅いらしい。歩くのが遅い人が嫌いな松っちゃんは、同感。

エベレーターでもスタッフが中で山内を待ってるのに、走って来ないで歩く速度を変えなかったとエピソードを語る。

周りの芸人からは、「ダウンタウンさんでも歩く速度変えないのか?」と聞かれるが、
「お前はダウンタウンさんじゃないからね」と答えるそう。

先輩など、人をみて歩く速度は変えたくないと言い張る山内。

先輩芸人のダイアン津田からの誘いも20回連続で断っているが、その時も、「俺がダウンタウンさんやったら断るか?」って聞いてくるが、「お前は津田だから」と思うんだそう。

かまいたちはお互いに、お互いのことをおかしいと言い張る。

さらに山内は濱家の異常な行動を話し始める。
 
かまいたち同じ部屋で・・・
かまいたちは、同じ部屋にされることが結構あり、山内はお酒も飲まないから早く寝るタイプ。

山内に対し濱家は、お酒も飲むし、当時は煙草も吸ってて、横で山内が寝ているのに、ベッドの上で裸になってベッドの上につまみと酎ハイを置いてるところがありえないと話す。

さらに、お尻の毛を素手で処理し始めたととんでもないエピソードが。

濱家曰く、目の前に鏡があり、よく見るとお尻にめっちゃ毛が生えてるのを知り、抜いたら、めっちゃ抜けたんだそう。

さらにその毛をためて、お灸のようにモコっと溜まっていき、そこに煙草の火を当て、シーツにまで燃え移ると思ったのか、急に濱家は慌てて酎ハイをかけたんだそう。

山内は、その一部始終を寝たふりをして見ていた。

松本「今ので俺、濱家のことちょっと好きになったけど」

濱家「ツボが分からん」

松本「ええ子やないか」
 
若手時代のダウンタウン、1週間同じ部屋で宿泊
濱家が、ダウンタウンも同じ部屋に泊まったことがあるのかと聞くと、沖縄で1週間くらい同じ部屋だった時があったそう。マネージャーもいなかったとか。

松っちゃんは、浜ちゃんの歯ぎしりが酷かったと話す。

浜ちゃんの歯ぎしりのせいで寝れなかった松っちゃん。

そのことを知らない浜ちゃんは、無邪気に松っちゃんに馬乗りになり「起きろよー」と朝食のため起こしてきたという。

浜ちゃんと濱家がデリカシーがないと話す松っちゃんだったが、濱家曰く、山内もデリカシーがないという。

周りに気を使えないから、食事も遅いそう。

松本「ええとこの子なんか?」

と聞くと、山内のご両親は両方教員で、山内は進学校に進み大学も入って、教員免許も持っているそう。

山内「かたや濱家は、運転免許仮免で落ちてるんですよ」

濱家な、仮免で落ちて免許を持ってないという。

会場からどよめきが。

松本「え?お前やばいやつやん」

濱家「全然問題分からなかったんで」
 
若手時代のかまいたち。大阪で先輩芸人と遭遇
濱家は、もともと大阪のヤンキー気質があるらしく、山内が19歳の時に初めて濱家に会った時のエピソードを話す。

千鳥や南海キャンディーズなどの所属事務所の先輩とすれ違った時、ノリで「お前らちょっと来い!!」と怖い感じで言われたかまいたち。

山内は本当に怒られてると思いすぐ頭を下げたが、その横で濱家は仁王立ちでメンチを切っていたらしい。

濱家「でも、浜田さんも昔そうだったんですよね?」

浜田「お前ほどひどくないわ」

すると、松っちゃんが浜ちゃんが全寮制の学校を脱走したエピソードを語る。

「余計嫌いになったわ」とダウンタウン。

濱家が「食事に連れて行ってください」とお願いするが「イートインでいい?」と松っちゃん。

散々相方を貶していた山内だったが、濱家にも可愛いところがあるという。
 
濱家 自分を褒めているラジオを何度もリピート
M-1グランプリが終わったあと、ロケの移動中になんか聞いてると思ったら、爆笑問題の太田さんとかが「M-1で濱家のツッコミ面白かったってラジオで言った」っていうニュースを聞き、調べて、そのラジオを繰り返し聞いていたそう。

おぎやはぎが面白いと濱家を褒めれば、調べてリピートして何度も聞いているそう。

濱家曰く、ネタを書いてるのは全部山内で、それをみんな知ってるから、M-1で優勝しても、山内ばっかりに褒めるから、ラジオをリピートすることで補っているそう。

最後に、山内の歩くスピードの話に戻り、このあとエレベーターでどうするのかね?
と浜ちゃんが切り出すと、

山内「ダウンタウンさんにはちゃんとします」

と話す。

そんな山内をみて松っちゃんが、

松本「山内は浜田のこと尊敬してるから何でも出来るよね?足も舐められるよね?」

と、無茶振り。

嫌がる浜ちゃん。

濱家と松っちゃんに抑えられた浜ちゃんは、無理やり靴と靴下を脱がされる。
何の躊躇いもなく、山内が浜ちゃんの足の指を舐め始める。

会場からは悲鳴が!!

浜田「お前もう・・・」

松本「こいつ、絶対おかしい!!」

続いて、松っちゃんもやられる。

必死で抵抗するが、何の躊躇いものなく舐める山内。

松本「足が寒い」

山内「濱家のも出来ます!」

と最後は、自ら濱家を指定し、濱家の足指を舐める山内。

浜田「もう何やねん、山内。帰るぞ!!」

と、退場。

2月16日放送の感想はここをクリック
今週の放送は、先週に引き続きダウンタウンの2ショットトークにかまいたちも加わって、面白い回でした。
 
最後に、山内さんがダウンタウンと濱家さんの足の指を舐めるシーンは、見てる私まで思わず悲鳴をあげていました。
 
辞められたあと浜ちゃんが「帰るぞ」とさっさと帰っていきましたが、足を洗いたくって仕方なかったんだろうなと思いました笑

<見逃し動画> 2月9日放送 「ツーショットトーク」 前編
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
2月9日放送のネタバレはここをクリック
1年ぶりのダウンタウンのエピソードトーク!!

裏で前説を担当したライセンス藤原のダメ出しをしていた松っちゃん。

それををイジる浜ちゃん。

スタジオにはライセンス藤原の姿が。

ここで、前説の様子が放送される。

藤原が話したのは、ある日検問にあったと言う話。

車の中で臭いオナラをしてしまったらそこで検問に引っかかってしまい、窓を開けたら警察官に「クサっ」と言われてしまったエピソードを話す。

このどこが松っちゃんは気に食わなかったのか?

松本「くっさいオナラを車内でしてもうた話しをしてから、初めてそこで検問の話しを出してしまわないと笑いのルールとしては、おもろんない。

検問に合ったんですって話しをしたあとに、オナラの話しをするから、そらそうやろなってなるやろ。笑いの神様が出てこなくなるよね」

松っちゃんがしつこくいじってると、その場にいた藤原が、

藤原「そんなん、浜田さんも最初に言わなくてよろしいじゃないですか!!」

とキレる。

浜田「ずーっと(松本が)言うから」

藤原「そんなん言い出さなかったら、こんなに傷つかなくて済んだのに」

松本「な?」

浜田「ずーーーーーっと言うてんねんで?」

藤原「ダウンタウンさん、嫌い!!!」

と叫ぶ藤原。

松っちゃんは言わないでおこうと思っていたようだが、あまりにも松っちゃんがしつこく言ってくるので、浜ちゃんはフリかな?と思ったらしい。

松っちゃんから、クビを言い渡される藤原。

松本「ライセンス剥奪です」

会場からは「おーー(ウマい)」と感嘆の声が。

松本「これも、溜めて溜めて言うから、おーとなるんですよ。

剥奪のタイミング難しいですぜ!!」

浜田「うるさい、もう」

頭が回らないから文句を言いたくなるという話しから、テレビに文句を言ってしまう話しへ。

文句ばかり言うのはやめようと思っている松っちゃん。

松本「おっさんが文句ばっかり言ってたら、チャンネルかえたくなるよ」

浜ちゃんは、ガキのロケでも松っちゃんが1番文句を言っていると指摘。

松っちゃん曰く、嘆いてるのが文句と取られてしまうんだと主張。
 
映画中に必ずトイレへ・・・
映画館で映画見に行ったら、必ず1回はトイレで席を立つと言う松っちゃん。

正月の新幹線・・・

今年の正月は日本にいた松っちゃんは新幹線を利用。いつも窓際の席に座るらしい。

新幹線のグリーン車に乗ってると、グリーン車の通路側に若い女の子が乗って座った。

その子は、グリーン車に慣れてないのか、新幹線に乗れて嬉しいのか、お茶しか載せてないのに、前のテーブルを倒してたと話す松っちゃん。

松っちゃん「(テーブル)いる?ペットボトルの蓋も付いてて、網の中でもいいし、両脇のスペース空いてるんだからそこでもええじゃないですか?」

テーブルを倒さないと損みたいなそんな気持ちになんかな?と松っちゃん。

しかもその女性は、ゴミしか入ってないコンビニの袋をかけ、フットレストを2段階で活用して、足元には自分の荷物を置いいた。

頻尿の松っちゃんにとって、トイレ行く際にバリケードでしかなかったと話す。

さらにその女性はマスクをしてスマホでアニメを見ていて、松っちゃんが「すみません」と声をかけても、聞こえないし、見てもない。

それで顔を近づけて、なんとか意思は伝わったが、お茶をどかして、テーブルを元の位置に戻して、でもコンビニの袋でテーブルが閉まらないから、またそれもどかして。

足をあげて、松っちゃんは、下に置いてあるカバンを跨いでトイレに向かったそう。

でもトイレから戻ってくると、またさっきの状態に。

松本「戻って来ないとでも思ったか!!

新幹線から飛び降りたとでも思ったんか!!」

と、大声を張り上げる。

ここでキレても、何を言われるかわからないから黙っていたらしいが「分かってほしいな〜」と嘆く松っちゃん。

そのあと、2、3回、トイレに行ったそう。

松本「全然、話し変わるけどな、新幹線の便座めっちゃ熱い時ない?」

浜ちゃんは、新幹線でう◯こをしたことしたことがないから分からないという。

カッコつけんなやと松っちゃん。

新幹線のトイレの便座は温度調整が出来るところがないから仕方がないと話すが。

松本「ツイッターで言おうかな」

そのあと、別の新幹線に乗り換えたら、その新幹線の便座は「冷やっとしてた」と話す。

松本「それよりも、お前の新幹線でう◯こしたことがないって発言が腹立つわ。どう思われたいの?」
移動は飛行機派?新幹線派?
浜ちゃんは飛行機派らしい。理由は到着が早いから。

でも松っちゃんは、搭乗手続きやらなんやらそこで時間も取られるし、浜ちゃんの場合はいけないもの入れてるからそこで時間を取られると笑いを誘う。

なので松っちゃんは新幹線派。理由は、考え事が出来るから。

浜田「そんなカッコつけんでも。(飛行機が)怖いんか!!」

すると松っちゃんは、本当に飛行機が怖いと話す。

パイロットが心配な時があるのが理由らしい。

アナウンスでもごもごしたり、噛んだりするのを聞くと、「コイツ、大丈夫なんか?」とおっかなくなるそう。

放送作家・倉本美津留の話しへ。

ずっと無精髭を生やしていた倉本だが、その髭を剃ったらしい。

その口元が◯◯◯◯みたいだとピーが入る。(テレビの禁止用語)
 
お二人に相談したい方が来ています!!
ここで、かまいたちの山内と濱家の二人が登場。

今年のM-1グランプリで唯一、松っちゃんから票をもらったかまいたち。
ありがたかったと話す。

松本「今考えたら、ミルクボーイだけどね」

浜ちゃんは、未だにM-1を見ていないらしい。
松っちゃんから「すごくない?」と暴露される。

全く見てないわけではないが、全部は見たわけではない浜ちゃん。

山内から、浜田さんはどう思ったのか、知りたかったそう。

浜田「あー面白かった、面白かった」

かるい。

キングオブコントで、かまいたちがどこまでいったのか聞かれると、キングオブコントで司会をしていた浜ちゃんだったら、知ってて当たり前の質問だが、松っちゃんに「優勝?」とはてなマークで聞いていた。

今回、かまいたちがM-1でも優勝していたら、初のキングオブコントとW優勝だった。

浜田「ここまで来てるんだから、相談することなんてないんちゃう?」

松本「ほんま、ほんま。悪い風潮やと思うねん。ダウンタウンに相談するって見せかけて、多分我々が損をする感じになるねん」

かまいたちの相談は、濱家が松っちゃんから「ちょっとキライやねん」と言われていて、それが何故なのかを聞きに来たらしい。

浜ちゃんは、濱家が松っちゃんに何かしたんじゃないのかと思い出してみるよう言われるが、身に覚えのない濱家。

松本「1個じゃないよね。何個かあるね」

濱家「思ってるよりビビってますからね」

次週は、かまいたちとダウンタウンのトーク後半戦!!

2月9日放送の感想はここをクリック
久しぶりのダウンタウントークで面白かったです!!
 
前説のライセンス藤原さんへの指摘はごもっともで、そのあと、松っちゃんが、ちゃんと溜めて「ライセンス剥奪」と返したところなんか、さすがだなーと思いました。 
観客からも笑いではなく、感心する声が聞こえてましたね。
 
今回の放送は、2回くらいピーが入ったので、なんと言っていたのか個人的に気になりました。

<見逃し動画> 2月2日放送 「田中やってる疑惑検証」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
2月2日放送のネタバレはここをクリック
田中は、一線を超えてしまったのか?

昨年の「笑ってはいけない青春ハイスクール」でココリコ田中に湧き上がったある疑惑。

それは、田中のリアクション演技疑惑。

それはタイキックでも。

タイキックの痛みを訴えたあと、耳を疑う事実が・・・

田中「去年より比べるとちょっと痛くはなかった」

松本「冷めたわ!」

果たして、田中はやってるのか?やってないのか?を徹底検証する!!

<田中リアクション検証>

最後に、演技をやっていると判定されればお仕置きが待っている。
 田中リアクション検証 その①
「驚いてはいけない」のリアクションを検証。

13年前、「驚いてないけない」の病院。

そのファーストリアクションは、両手をあげ、体を仰け反る疑惑のリアクション。
田中定番のリアクションはすでにここから始まっていた!?

それ以降も、同じ仕掛けで全く同じリアクション。

だとしたら、ぬぐいきれないある疑惑・・・

この両手をあげるリアクションこそ演技だったら?

その疑惑が色濃く出たのが、田中が浜田のオナラで両手をあげ座り込むリアクション・・・

そして、疑惑が残るシーンはもう一つ。

次々とハンバーグの材料が出てくるこの仕掛けに対し、パン粉を持つ田中。

壁から、ハンバーグ師匠が出てくると、驚いてパン粉を頭から被るが、これは出来すぎてはいないか?

田中のこれらのリアクション、どうジャッジする?

 田中リアクション検証 その②

今回の疑惑のきっかけはタイキック。田中が受けたタイキックの累計は23回。

その中から疑わしいリアクションを検証。

15年前「笑ってはいけない高校」でのタイキック。

疑惑① 股を大きく開く

「笑ってはいけない熱血教師」でのタイキック。

疑惑② 転げ回る

疑惑③ そのあと、時間をおいてえずく

疑惑④ さらに時間をおいて走り回る

「笑ってはいけない地球防衛軍」でのタイキック。

しつこかった先ほどのリアクションとは正反対で、最愛の息子の手紙に大号泣の田中。

しかし、手紙の最後には「田中、タイキック」と書かれている。

疑惑⑤ 全くのノーリアクション

感動の涙は、痛みを超越するのか?

毎回あれほど痛がっていたのに、まさかのノーリアクションだった田中。

「笑ってはいけない科学博士」でのタイキック。

疑惑⑥ 「あぶなっ」とロッカーを回避。

激痛で周りが見えないはずが、冷静にロッカーを回避。

田中のこれらのリアクション、どうジャッジする?

今回、田中のリアクションを各分野の3人の専門家に分析依頼した。

一人は、元Kー1世界チャンピオンの魔裟斗。

彼の目に、田中のリアクションはどう映ったのか?

魔裟斗「蹴られて痛いのに、あんなに声出ますかね?
走り回ったり、転げ回ったりするのも、余裕がないと出来ないですよね」

続いては、医学界の専門家 岡野院長。

スポーツ医学の権威は、田中のリアクションはどう映ったのか?

岡野「医師の立場からいうと、痛くてえずくことは百歩譲ってあるかもしれないが、そのあとに走り回ってますが、えずいたあとに沢山走るとか、動くリアクションが取れることが、疑問に思いますね」

最後は、スタントの専門家 高橋氏。

アクション界のレジェンドは、田中のリアクションをこう分析する。

高橋「見せ方を知ってますよね。毎回同じ(リアクションをするという)ことは、スタントの世界でも非常に難しい。視聴者に色気を見せなければいけない。田中さんはある意味正確ですよね。緻密な計算と笑いと素晴らしい演技だと思いますね」

専門家たちの分析からどうジャッジする!?

最終ジャッジの前に、純粋だった頃の田中のリアクションを検証する。

23年前のドッキリ企画。

この時、田中のリアクションは嘘偽りない。

毒舌で司会を仕切る田中。

あまりのグダグダ加減に浜田がキレる!!

浜田のキレっぷりにマジで泣き出す田中。

ここで「嘘よねん」とドッキリであることを明かすと・・・

この時の田中の涙は嘘偽りない純粋なものだった。

あの頃の田中はもう2度と戻らない。

果たして田中は演技をやってるのか?やっていないのか?

いよいよ運命の判定の時!!

松本が「やってる」の札をあげると、聞き覚えのある音が・・・

「田中、タイキック〜!!」

実はここから田中ドッキリ。

キックボクサーが中学生に入れ替わり、タイキック!!

その時、田中はどんなリアクションを見せるのか?

すると・・・

いつものように両手をあげ、お尻に手をやって倒れこみ、その場でジタバタする田中。
痛みを訴え、いつもと同じリアクションに。

遠藤「今までと一緒?」

田中「一緒よ!!」

そう言って、足まで広げる。

浜田「(今までのリアクション)全部やってる」

そこで田中、中学生のタイキッカーをみて気づく。

田中「うわぁぁぁ」

余計痛がる。

松本「お前、それはアカン!!」

浜田「彼、今いくつ?」

中学生「13歳です」

田中「じゃあ、めっちゃ伸びると思うわ」

2月2日放送の感想はここをクリック
今回、面白かったですね!!大晦日から疑われてた田中さんのリアクションを検証する回でしたが、改めて見ると田中さんのリアクションは演技っぽいですね。
 
 
最後のドッキリでは、疑惑が晴れるどころが深まってしまいましたが、それだけ田中さんの見せ方や演技が上手だってことだと思いました!!

<見逃し動画> 1月26日放送 「山1グランプリ2020」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
1月26日放送のネタバレはここをクリック
オープニングは、ピエロの格好をした方正が風船を持って登場。

「第31回 チキチキ今年も笑いに子(ね)っチュ〜!新春大新年会〜!!」とタイトルコールを言って始まる。

続いて、舞台にガキ使メンバーが立ち、ダウンタウンの挨拶。
年末の「笑ってはいけない」での田中のヤラセ疑惑をイジる。

新しい門出を祝うガキ使の新年会も今年で31回目!!

今年も5人には、スタッフからお年玉として新しくできたガキ使新グッズをプレゼント!

そして、恒例のあの企画が幕を開ける!!

司会はココリコの遠藤と田中。

「ブレイク必至!ブレイク芸人の登竜門
月亭方正プレゼンツ、山ー1グランプリ」スタート!!

毎年、数多くのブレイク芸人の発掘してきたこの企画。
果たして、今年はどんな新星が現れるのか!?
 

1組目  サンミュージック所属「ぽんぽこ」
男女コンビのぽんぽこは、強烈なキャラクターで笑いを誘う。

方正がめちゃくちゃウケていた。

方正「内容は分からないよ?アメリカの漫画見てるみたいやった」

<山ー1グランプリのルール>

月亭方正の独断で、ネタに見合ったグッズをプレゼント。

ぽんぽこには、「菜摘 命」と書かれたハチマキが贈られる。

浜田「おーええやん、ええやん」
 
2組目 ソニー・ミュージックアーティスツ所属「ヤ団」
展開につぐ展開。裏切りの連続。新感覚トリオコントで会場を笑わせる。

田中「浜田さんどうでした?」

浜田「面白かったですよ」

ストーリーに引き込まれたとなかなかの高評価。
 
3組目 ホリプロコム所属「オキシジェン」
コンビ歴17年のベテランコンビが漫才協会から殴り込み!! ベテランコメディアンの本当にあった実録モノマネ。

お世話になっている師匠のモノマネを披露!!

オキシジェンから松本に質問が。

「漫才協会の若手で、まことしやかに囁かれている都市伝説がありまして・・・
2年前に東洋館に松本さんがお忍びでいらっしゃったって聞いて、その日戦慄が走って師匠達がガクガク震え出して、みんなその日は鉄板ネタをやったんですが、上がりまくってスベリ倒したらしいんですが、実際松本さんいらっしゃったんですかね?」

松本「行ってたのもそうですし、みんながスベって頼も本当です」

都市伝説は本当だったらしい!!
 
4組目 ソニー・ミュージックアーティスツ所属「SAKURAI」
黒の革ジャンでギターを弾きながらコントを披露!!

松本「ハッ言うな」と思わずツッコミが。
 
5組目 吉本興業所属「クロスバー直撃」
関西の隠れた実力派。作り物で右に出るものはいない。キングオブ小道具。
数々の小道具で笑いを誘う。

クロスバー直撃は、ガキ使メンバーとやりたいことがあるそう。

「ミートボール ポイ」「ポートボール ミイ」と言うゲームがあり、「ミートボール ポイ」を言われた側は、頭と後ろを入れ替えて「ポートボール ミイ」と言ってもらい、ポイする側と受け手で変換するゲームを一緒にやりたいとリクエスト!!

ガキ使からは浜田が代表してトライ!!

クロスバー直撃「スポーツ新聞 ポイ」

浜田「・・・」

すぐに答えられない浜ちゃん。

松本「じっくり考えて」

方正「時間はありますよ」

思わず田中が「いや、見てられないですよ」

方正「今フル回転やぞ!!」

 
6組目 大川興業所属「銀河と牛」
“おしりたんてい”が思い浮かぶキャラクターが登場。目が書いてあるおしりを突き出し、顔に見立て、コントが始まる。

浜田「優勝候補出てきたやん」
 
7組目 吉本興業所属「信濃岳夫&金原早苗」
昨年結婚した大物カップルのモノマネ。ラブラブぶりまで似せられるのか!?

小泉進次郎と滝川クリステルのモノマネを披露。

松本「そんなことやってるか!!」

方正「コロッケさんみたいになってる」
 
結果発表
いよいよ結果発表!!

果たして、優勝の栄冠を勝ち取るのは誰なのか!?

優勝は、ヤ団!!

優勝したヤ団には、嬬恋プリンスホテルの宿泊券をプレゼント!!

遠藤「優勝した気分はどうですか?」

ヤ団「キングオブコントの方で優勝したかったです」

1月26日放送の感想はここをクリック
今回の放送は、毎年恒例のガキ使の新年会と山ー1グランプリでした。山ー1グランプリでは今まで、スギちゃん、鳥居みゆき、アキラ100%などスター芸人を発掘してきたんですよね。
 
優勝したヤ団のコントは今回初めて見ましたが、サスペンスとドッキリを組み合わせた新感覚の笑いだったような気がします。
 
新たなスターになっていくのか、今後の活動に注目していきたいと思います!!

<見逃し動画> 1月19日放送 「タピオカ選手権」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
1月19日放送のネタバレはここをクリック
昨年巻き起こった空前のタピオカブーム。そのブームが一段落した今、タピオカの可能性に注目!!

本日は、ガキ使メンバーがそれぞれ2品、タピオカを使った料理を提案する !!

まずは、遠藤考案のタピオカ料理とは?
 遠藤考案①「米の代わりにタピオカでパエリア」
調理開始

1、みじん切りした玉ねぎを炒める
2、あらかじめ茹でたタピオカを入れ、炒める。
3、ライス代わりのタピオカをサフラン、ターメリック、コンソメで味付け
4、イカ、海老などのシーフードとオリーブを投入
5、蓋をして2分間蒸し焼きにする
 遠藤考案②「黒糖タピオカビール」
ビールに黒糖タピオカを入れるだけ。
これをタピオカミルクティーにならって、ストローで飲む。

果たして美味しいのか!?

<実食>

遠藤の作った料理をみんなで試食する。

一品目「米の代わりにタピオカでパエリア」

松本「そんなに嫌いじゃない。これイケるよ」

浜田「まずくはないよ」

二品目「黒糖タピオカビール」

遠藤「美味しい!! 美味しくないですか?」

松本「いや、美味しないやろ」

浜田「まずいで」

田中「喉ごしの気持ちよさが損なわれてる」

話し合いによって、10点満点で採点。

<遠藤の結果>

・タピオカでパエリア → 7点
・黒糖タピオカビール → 2点
 浜田考案①「タピオカの浅漬け」
作り方は簡単!!

袋に茹でたタピオカと浅漬けの素を入れ揉み込む。
 浜田考案②「タピオカ入りハンバーグ」
1、まずは玉ねぎをみじん切り
2、みじん切りにした玉ねぎに、ひき肉、パン粉、卵を入れ、塩・コショウで味付け
3、そこに茹でたタピオカを入れてこねる
4、タネを成形
5、型崩れを防ぐため、小麦粉をまぶして焼き上げる

<実食>

一品目「タピオカの浅漬け」

方正「なにこれ?ベチャベチャやん」

松本「ちょっと塩分をふんだんに吸っちゃってる。
ソフビの指噛んでるみたい」

二品目「タピオカ入りハンバーグ」

方正「悪くはない」

松本「ほんま?俺は嫌やわ」

遠藤「僕は好きですね」

田中「僕もアリです。タピオカの分量がちょっと。でも、子供に好かれそうな」

方正「な?」

松本「子供に好かれるためにやってる企画やないし」

<結果>

・タピオカの浅漬け → 1点
・タピオカのハンバーグ → 8点
 田中考案①「タピオカ卵かけご飯」
タピオカをご飯に見立てて、茹でたタピオカを炊飯器で炊き上げる!!

どんな感じに炊き上げるのか!?

方正「そのまんまや!!」

田中「艶が出てますね」

炊き上がったタピオカをお椀によそい、卵を落とせば完成。
 田中考案②「レインボータピオカオムライス」
次に田中が用意したのは、タピオカの粉に食紅(7色)を混ぜたもの。

一つずつ丸めて成形していき、タピオカを作っていく。

田中は収録前、カラフルなタピオカを大量に作成。

茹でたカラフルなタピオカが出てくる。

方正「わぁ、綺麗。インスタ映えするかも、コレ!!」

薄く焼いた卵にカラフルなタピオカを卵で包めば完成。

<実食>

一品目「卵かけタピオカ」

松本「めちゃくちゃ嫌ではないな」

方正「お母さん、お米炊きすぎた?って感じ」

二品目「レインボータピオカオムライス」

松本「そんな悪ない・・・」

浜田「ケチャップの味しかせえへんわ」

方正「まずい」

<結果>

・卵かけタピオカ → 5点
・レインボータピオカオムライス → 3点
 方正考案①「タピオカフライ」
タピオカの原料は、芋の一種「キャッサバ」なので、カレー粉を混ぜたタピオカ粉と塩を混ぜたタピオカ粉を用意。

塩味とカレー味をつけたタピオカ粉を3㎝ほどの大きさに成形し、丸めたタピオカを20分茹であげたら揚げる!!
 方正考案②「バナナを使ったタピオカスイーツ / グロテクスバナナ」
バナナの皮を剥いていくが、皮は後ほど使用。

1、バナナとタピオカ粉をミキサーにかける
2、細長く丸めバナナの形に成形
3、さらにタピオカ粉を小さく丸めたものを用意
4、これを一緒に茹で上げる。20分茹であげたら完成

<実食>

一品目「タピオカフライ」

松本「かたっ」

方正「うまっ」

浜田「餅やな」

方正「お菓子感覚でいける」

浜田「喉乾くで」

二品目「バナナを使ったタピオカスイーツ」

見た目にこだわった品だったが・・・

全員「まずっ」

松本「ビーチボールの吹くところやんか」

浜田「これアカン!!」

田中「これまずい」

<結果>

・タピオカフライ → 2点
・グロテクスタピオカバナナ → ☠️(0点)
 松本考案①「タピオカの軍艦巻き」
こちらすでに出来上がってるものなので、すぐに実食。

浜田「気持ち悪い」

松本「最高」

浜田「醤油つけときゃ強いんちゃう?」

方正「いくら食べてる感覚」

松本「ほら?言わしたぞ!!」

<結果>

・タピオカの軍艦巻き → 5点
 松本②「流しタピオカミルクティー」
続いて松本は、タピオカの楽しい食べ方を提案!!

流しそうめんのような感覚で、
流れるミルクティーとタピオカを各自ストローで吸うというもの。

田中「すごい入ってくる。100個タピオカ食べてる感じ」

1月19日放送の感想はここをクリック
今回の放送は、去年大ブームしたタピオカを使ってアレンジレシピをガキ使メンバーが考案する名物企画。

今回は、どれもまずそうでしたね。方正さんのフライはいいアイディアだと思ったんですが、まずかったようです。

最後の流しタピオカをしている姿に笑いました!!

<見逃し動画> 1月12日放送 今秘かに熱いスポーツ「モルック」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
1月12日放送のネタバレはここをクリック
ゲストは、去年8月、日本大会に日本代表として参加した、さらば青春の光の森田。

モルック歴わずか半年で日本代表になったそう。

モルックは、1996年フィンランド発祥の新しいスポーツ。

一度やったら病みつきになるモルックとは?

モルックの魅力を森田がプレゼンする。

本場、フィンランドではどのくらい流行ってるスポーツなのか?

モルック競技人口は、世界で約3万人ほど。日本は約3,000人。

モルックは、3.5m先の1~12の数字が書かれたスキットルにモルックを投げて倒す対戦型スポーツ。

得点のカウント方法は2通り。

1本だけ倒れた場合は、スキットルの数字が点数になる。

2本以上倒れた場合、倒れた本数が点数になる。

例えば、12点と8点を倒しても2点となる。

先に50点先取したチームの勝利!!

50点を超えると、25点からやり直し。

<モルックの基本ルール>

・チームの人数構成は自由

・投げる時は、下手投げ

・3回連続ミスで失格

モルック界のトップ選手は、62歳。

モルックは、体力や年齢に関係なく、誰でも楽しめるスポーツ。

ここからは、世界選手権にも出場したキングオブモルックと、実践練習スタート!!

キングオブモルックがまずお手本を見せる。

早速、森田がモルックを投げる。

12本中、2本残ったので10点。

倒れたスキットルは、同じ位置に立てて再開。

投げ方は、ノーバウンドでもゴロでもOK!!

次に、ガキ使チームから方正が投げてみることに。

1番点数の高い、9のスキットルを狙う。

見事、命中!!

森田「めちゃくちゃ上手い!!」

次は、松本。

7本倒れたので、7点ゲット!!

続いて浜田。

モルッカーリから出たらファール。

浜田も見事命中!!

但し、モルックは水平に当たるのが理想的。

ここで、モルックテクニックを確認。

1、ふわり

ふわりは、山なりに投げ、奥のスキットルだけ倒すという投げ方。

2、タテ

タテは、挟まれたスキットルの狙った1本だけを倒す投げ方。
狙いやすいようにタテに持つ。

3、15m

最後は超大技。15m先の距離からスキットルを狙う。

ガキ使メンバーが、ふわり、タテに挑戦してみる。

いよいよ、ガキ使メンバーとキングオブモルックの対決スタート!!

先行はガキ使チームから浜田。

モルッカリーから出てしまった浜田、ファール。

ファールすると0点。

おまけで5点獲得。

ここで森田から「スキットルは自らが直す」がマナーと注意が。

続いて森田。

ミスで0点(3回連続ミスで失格)

続いて、松本が投げるが当たらず。

キングオブモルックは、順当に当てて8点獲得。

スキットルは、攻守関係なく直すのがマナーなのだが。

浜田「早く言えや!!」

ガキ使チームは方正が投げて、6点獲得。

キングオブモルックは、12点のスキットルを当て12点を獲得。

続いて、遠藤が8点のスキットルを狙うが当たらず。

キングオブモルックは、素人の山さんが投げて見事10点獲得。

続いて田中。凡ミスで0点。

ここで森田が11点を獲得し、キングオブモルックは早くも41点に。

あと9点で相手チームが50点になってしまうため、

浜田は9のスキットルを狙う。

浜田、見事9の妨害に成功!!

さらに、キングオブモルックは1点追加し、合計42点に。

松本の狙いは「8飛ばし」

松本、8点を獲得し、さらに妨害にも成功。

勢いに乗り、方正も10を見事に倒すスーパーショット!!

遠藤は、超高難度、ふわりで12狙い。

なんと遠藤!!!

まさかのふわりで12点獲得!!

怒涛の追い上げで、ガキ使チームが46点に逆転。

場外に出たら、モルック棒1個分戻すことも可能。

キングオブモルックは、3回連続ミスで失格の3回目。

森田がドボンを回避し、2点獲得。

続いて、田中が投げるも当たらず。

松本「お前、1回も当ててないやん」

キングオブモルックは、6点を獲得すれば勝利。

しかし、0点に終わる。

ガキ使チームはあと4を倒せば勝ち。

浜田、4の隣の7を倒してしまったため、ドボン。

25点に戻る。

キングオブモルックは、手堅く2点を獲得し46点に。

続いて、方正が4を飛ばして妨害しようとするが・・・

当たらず。

森田が4を当て、キングオブモルック50点 対 ガキ使 27点

で、キングオブモルックの勝利!!

最後に森田から、今日1番頑張った人にモルックセットを贈呈。

森田「思いの外、のめり込んでくれた浜田さんに」

浜田「ありがとう!!」

1月12日放送の感想はここをクリック
今日の放送はさらば青春の光の森田さんから、ガキ使のチームが話題のスポーツモルックを教わり、対決するという内容でした。
 
今回の放送で、初めてモルックという競技があるのを知った人も多いのではないでしょうか。
 
私もそうでした。やって見ると、案外ハマる競技なのかも知れませんね。やってみたくなりました!!

<見逃し動画> 1月5日放送 「笑ってはいけない青春ハイスクール完結編」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
1月5日放送のネタバレはここをクリック
大晦日にも完全版にも入らなかった秘蔵映像シーンを大公開。

本日お届けする未公開シーンは、

合計8時間半、笑ってはいけない青春ハイスクール完結編!!

まずは、引き出しの中から出てきた謎の司令の数々。

笑ったら負けのIKKOタイムがスタートしたが、

ここからが、未公開シーン。

松本のピチピチの制服を着替えることになった。

教室を後にする松っちゃん。

その間、残りのメンバーで途中で着替えるなんて一度もなかったため、

方正の着替えネタみたいな感じだったらどうする?

という話しに。

4人が警戒する松本の着替え。

果たしてその予想はいかに。

すると、教室の中から、

「おい、君たち、聞こえるかね」

と声が聞こえてくる。

「こっちだ。肖像画だ。我輩は、夏目漱石である」

と教室に飾ってある夏目漱石の肖像画がしゃべった!!

漱石「諸君には、今からお豆ヶ丘高校に創立当初から伝わる試練を与える」
 

夏目漱石からの試練「いつまでやっとんねん!と言わせろ
漱石「松本にとあるひと言を言わせる。万が一失敗した場合、

4人全員に厳しいお仕置きを受けてもらう。

成功した場合は、松本がお仕置きとなる。

では、松本に言わせるひと言を発表する。

”いつまでやっとんねん!”だ。制限時間は10分間。

松本が教室に戻ってきた瞬間からスタート。

残り時間は1分ごとに私が教える。

では、健闘を祈る」

4人は、松本が出る前にやっていたIKKOしりとりを、

戻ってきてもなおやっていたら、

そのセリフが出てくるのではないか?と話し合う。

IKKOしりとりで言葉を誘うことに。

夏目漱石の試練、スタート!!

方正と遠藤でIKKOしりとりをしてる所に着替え終わった松本が教室に入ってくる。

しかし、方正と遠藤のやり取りは完全にスルー。

松本「森進一でやってや」

松本、遠藤、浜田、アウト!!

まさかの面白い。

いつまでやっとんねん!作戦②

浜田子ゴリラとマッチョ松本人形の音をしつこく出して、言葉を誘う。

松本「どっちが長いか対決したら?」

キューーーーーーー

と音が鳴る。

全員、アウト!!

それでも尚、人形の音を鳴らしている浜田と遠藤に何かを感じ取った松本。

松本「何?どういうこと?」

松本、アウト!!

松本「え?なに?なに?分からん、わからん」

それでもずっと鳴らし続ける遠藤と浜田。

すると、

松本「いつまでやってんねん!!」

と、見事4人が夏目漱石の試練に大成功!!

漱石「松本に厳しい罰を科す」

松本、黒板キーキーの刑。

勝者の4人は、ヘッドホンを装着し罰を回避。

黒板キーキーの刑が執行される。

松本「わー気持ち悪い、気持ち悪い」
 
田中リアクション疑惑
無敵学ランを手に入れた方正。

方正がタイキックされる。

ここからが未公開シーン。

くすぶる田中の嘘リアクション疑惑。

タイキックまでも疑われる事態に・・・

疑惑を持たれている田中に、もう一度やったらどう?と提案する浜田。

田中、浜田に近づきなだめようとするが・・・

すると、方正が再び無敵学ランを来て、田中がタイキックされることに。

浜田「見せたれ、田中!!」

タイキックの執行人は、方正と同じく現役チャンピオンの那須川天心。

疑惑を晴らす BIGチャンス!!

田中「本当に怖い、本当に怖い」

タイキック!!

田中「痛ああああああああああああああああ」

転げ回る田中。

松本「(そのリアクション)ほんまか?」

田中以外、全員アウト!!

田中「嘘じゃない、嘘じゃない」

松本「視聴者がどう見るかやね」

田中「全部、マジです」

浜田「普通に歩いてるやん」

嘘リアクション、再浮上。

全員、アウト!!
 
ダウンタウンの文句検証
松本「浜田って、ずっと文句ばっか言ってる」

と浜田の方をみる松本。

浜田「”(椅子の背もたれが)まっすぐやな”は文句じゃないよ」

と言い張る浜田。お互い様だという。

どこかで一度どっちが文句が多いのか検証してほしいという松本の声に答えて、

24時間での文句の数を検証することに。

・松本「もうしんどい。ここまでもしんどいわ」

・浜田「運動靴でええちゃう」

・松本「遠いっすね、学校」

・浜田「放送室こんなに遠いんすか」

・松本「眠たい。疲れたぁ。キツイな」

・浜田「真っ直ぐやな。真っ直ぐや。長い」

・松本「ノリの効いたシャツがあかんわ」

・浜田「また端かよ」

松本の文句の数、58回。浜田の文句の数、45回

という結果になった。

どっちもどっち!?
 
学校あるあるチャレンジ
未公開シーン。

学校あるあるの「点々チョーク」チャレンジ。

黒板を使って、チョークを真っ直ぐ下ろしながら一気に点線を書け。

というもの。

綺麗に点線が書ければクリア!!

点線がうまく書けなければアウト!!

レッツ、チャレンジ!!

浜田「やったことないよ、ホンマに」

ただの線。

松本、浜田、アウト!!

方正「いくで」

田中「あ、折れた」

浜田、松本、アウト!!

遠藤「いいですか?」

点で終わり。

浜田、方正、遠藤、アウト!!

田中「ここはわたくしが」

田中、なんか違う。

松本、アウト!!

松本「君たちね、力学が分かってないわ。

短く持ちすぎなのよ、君たちは」

と、得意げな松本だったが、ただの線で終わる。

1月5日放送の感想はここをクリック
大晦日、完結編、と来て最後に未公開シーンが放送されました。
 
松っちゃんと浜ちゃんの文句は今に始まったことじゃないですが、さすがに24時間なので回数も多かったですね。
 
田中のリアクションの演技が本物かどうかというのは、最後まで分からずじまいでした笑

ガキの使いやあらへんでの内容

公式サイト

ダウンタウンがメイン司会の務める長寿番組!ダウンタウン・月亭方正・ココリコが毎週トークやロケ、ゲーム企画で笑いをお届け!
 
<出典>日本テレビ公式

<出演者>

・松本人志
・浜田雅功
・月亭方正
・遠藤章造
・田中直樹

ガキ使の動画を配信中です

今すぐ無料おためし

「Hulu」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

ガキの使いやあらへんでの感想

20代男性

24時に近い時間帯に放送されていることもあって、割と見ていられるか見ていられないかがギリギリの汚い回を放送することもあれば、おもしろモノマネや商品あてクイズ、待ち合わせ企画などゴールデン帯のバラエティー番組のような回を放送することもあり、なかなか振り幅の大きい番組だと思います。近年ではコンビで司会業をしていることが多いためか、二人が直接長時間の会話をしている場面をテレビで見ることがあまりありませんが、番組改編後では二人きりのトークが見られるようになって、最近デビューしたり話題になっているコンビ芸人さんたちとはまた違った雰囲気や内容を話す二人の姿を見ることができるので、嬉しい番組でもあります。
また、芸歴の長い方達が揃って体を張って笑いを取る姿を見ていると、まだ20代である自分もしっかりとしなければならないなと気を新たにできる部分もあります。
年末には笑ってはいけないシリーズが放送されていますが、毎年毎年よくネタが尽きないなと逆に感心させられてしまうばかりです。他のバラエティー番組では、知らず知らずのうちに通常回で前に放送していたネタをまた放送してしまったという例がありますが、この番組では第何回となっているもの以外はそれがありません。あくまで私の知っている限りですが。そういう意味でも笑えて尊敬のできる番組です。

30代男性

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」といえば今は年末の特番の印象が強くなった。もちろん全作面白く、個人的には年末特番になる前の出演者が分かれやっていた温泉旅館シリーズは非常に面白く好きでした。あとはモリマン対決は結末がわかっているのに涙を流すほど笑って観ていました。可能性は低いでしょうが一番やってほしい企画です。サイレント図書館の罰ゲームの内容が凄く絶妙なラインで時に呆れる内容なのが好きです。気づけば自分まで笑い声をこらえて見ており番組が終わったあとに夢中になっていたことに気づきます。スマホなしで待ち合わせは関西人で現在都内で住んでいる自分には行ったことのない・知らない土地を知ることが面白く観ることが出来ます。自分でもお題に対して答えを考えながら観ることが出来き好きな企画です。かぶらず歌い切り企画も好きで、曲がいつも世代ではない曲ばかりで(もちろん名曲なので聞いたことがある)、同じところがずっと流れるので耳に残りその曲をYouTubeで調べてしまいます。なかなかサビまで行かないのも良くて、やっと知っているサビが来たときにはいつもよりも何倍も良い曲に感じます。あとは2Sトークもトークのみで30分があれだけ短く感じさせられてもっと聞きたいと思われさせられるダウンタウンは流石だなと毎回感動をする。そう感じる芸人・番組はそんなに多くないので毎週楽しみで録画をして来週まで待てず何回も観てしまいます。

40代男性

私が好きな企画として挙げられるものが2つある。1つ目は「七変化」である。企画会議中芸人がいろいろな変装をしてガキ使メンバーやスタッフを笑わせ笑ったら罰金という企画。基本的に松本人志が真っ先に笑ってしまって罰金を払う流れが一般的である。そんなすぐに笑ってしまう松本人志を見ていると私まで笑ってしまう。一方浜田雅功はなかなか笑わない。そんな浜田雅功でも笑ってしまうことは当然ありその時罰金を払いながら浜田が「アイツ腹立つわ!」というコメントをすることがある。このコメント浜田も認めるほど面白かったということらしい。つまり誉め言葉とのこと。逆にメンバーやスタッフ一同が誰も笑わないと「セーフ」となる。その時の場の白けた感じも私は好きである。私が七変化で1番好きな芸人は「友近」である。多彩で強烈に個性豊かなキャラ変化に私は大爆笑してしまった。好きな企画の2つ目は「ドローンでPV撮影」である。最近よく行われている企画で「ライセンス藤原」がドローンを駆使してPVを撮影するという企画。藤原のドローン操作の卓越さに私はいつも感動している。「海援隊の「贈る言葉」」のPV撮影はドローンのカット割りが秀逸だと私は思った。

30代女性

次の日は学校または仕事だから憂鬱だと感じる日曜日の夜、こちらの番組をみてほっとしてます。他の番組にないラフな進行が、肩肘張らずに観られるので気分が落ち着き、良い眠りへと誘ってくれている存在の番組です。松本人志さんの真剣ながらボケをかますタイミングが絶妙で、くだらないゲームに夢中になる所が大好きです。浜田雅功さんはそれに比べて激しい突っ込みですが、浜田雅功さんにバチンとビンタされる喜びは皆さん芸能人として一流だと認められたような扱いで、叩かれてシメシメと言ったところでしょうか。突っ込みの時の笑顔の中にある優しさは、共演者を和ませてくれていると思います。こんなに長きに渡り放送されているのにも関わらず、飽きというものを感じないのはこのお二人の力の抜けた感じが、もっと観たいと視聴者の心を擽るのかもしれません。特に私がお気に入りなのは、食べ比べてメーカー名と商品名を当てる利き比べコーナーです。ある日はポテトチップスでした。数あるポテトチップスを食べてみて、当てなければならないのですが、目隠しをしているというだけで人は味覚が頼りにならなくなることを知りました。全く違う味をわさび味やチーズ味と答えるなど笑いの渦に引き込まれました。これからも笑いを提供してくれることを期待してます。

40代女性

あまりバラエティ番組が好きではない私がただひとつ毎週見ているのが「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」です。その中でも、DVD化もされている「浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ!」は伝説の神回だと思っています。
年末の「絶対に笑ってはいけない」シリーズも好きなのですが緊張感が足りません。それよりなら本人たちも2度とやらないといった、24時間鬼ごっこのほうが絶対に面白いと感じています。落ち着いてトイレにも行けない、食事も出来ない、寝ることも出来ない、鬼が出たら執拗なまでに追われて捕まったら罰ゲーム…。子供のころに鬼ごっこをしていて感じた、あのぞわぞわする感じを思い出します。私がもし子供時代に見てしまっていたら、絶対に罰ゲームまで考えて真似してしまったに違いありません。それまでバラエティ番組のDVDを買ったことがなかったのですが、これだけは買い、今でも時々見返しています。容赦なく笑えるところが最高にお気に入りです。
他のDVDを手放すことはあっても、これだけは手放さない気がします。普段から「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」は面白いので、いつかこれを越える神回を見てみたいものだと感じています。

40代男性

放送開始から30年以上が経過したにもかかわらず、現在も高い人気を維持するダウンタウンを象徴する番組です。そして、この番組が長年愛されている最も大きな理由は、松本さんが中心となって新しい企画に挑戦し続けているところだと思います。なぜなら、ダウンタウンさんは数多くのレギュラー番組をもたれていますが、他の芸人達に比べフリートークが圧倒的に面白いためどうしても番組がトーク中心になりがちです。そのため、最初の段階から松本さんが企画を練って実践できる場所は、この番組ぐらいしかもうありません。それでも人気企画を定期的に誕生させてしまうのですから、その力に対してはさすがとしか言いようがありません。この番組から誕生したものとしては、笑ってはいけないシリーズやサイレント図書館などがあります。そして、無料動画サイトなどで行っている質問に次々に応える企画も、基はこの番組のコーナーのはずです。そう考えると、現在のエンタテイメントに対する番組の貢献がかなり大きいことも分かります。ただ、個人的に本当に見たいのは2人だけで行われるフリートークです。しかし、その場ですべてを完結させるだけに、彼らへの負担は大きいようです。近年になって2人とも体力的なきつさを口にすることが多くなっているだけに、この負担にいつまで耐えられるか分かりません。それだけに、1回でも多く2人のトークが見られることを期待します。

40代男性

だいぶ古いんですが吉本興業社長の岡本がまだダウンタウンのマネージャーの時に出演していたシリーズが神回だったなと今でも思っています。今、見ても普通に面白いですしパンツ一丁でネコを抱えながら出てくる岡本が半端じゃなく偉そうなのも最高でした。月亭方正にビンタするのは当たり前でダウンタウンの二人にもアホ、ボケ言って絡んで蹴ったりするのは今でも記憶に残っています。まったく持って物怖じしないし、ワードセンスも抜群で当時思ったのはダウンタウンのマネージャーだけあって面白いなと感嘆しながら見ていました。普通は少し躊躇があるものなんですが、そういうのを微塵も感じさせない岡本は凄すぎるなと思いながら見ていました。香港だったと思いますが、岡本を中心に行くスペシャル回もあったほどで見たことない人には是非見てもらいたいほど面白かったです。そのほかで好きなのはダウンタウン2人の立ちトークですね。最近は減りましたがやはり松本の回転の早い即興劇は秀逸過ぎました。浜田に対するイジりがいつもと違う感じになったりするし、読めない展開が好きだったんでまた見たいなと期待しています。ココリコに変わってからも面白いですが雨上がり決死隊の時や東野幸治が出ていた時のも結構面白いのが多かったです。

40代男性

今の若い人や昔のダウンタウンのガキの使いやあらへんでを知らないような人は、年末にやっている罰ゲームの事を言っているのだという人が多いのではないでしょうか。それほど年末の番組が市民権を得ており、多くの人はこの年末の罰ゲームシリーズ、笑ってはいけないシリーズを持ってガキの使いやあらへんでと思っているような人は多いのでしょう。しかしながらそもそものは深夜の30分の時間帯のバラエティ番組であり毎週トークのコーナーがある面白い番組だったと言ったような事は忘れてる人が多いのです。そもそも知らない人も多いのではないでしょうか。私はダウンタウンのガキの使いやあらへんでといえばこのトークこそ至高であり、二人の掛け合いによる毎週奇想天外な展開を見せるフリートークでかつ漫才のような筋書きのない行きあたりばったりでありながらもちゃんと落とし所を決めたアドリブの漫才のようなフリートークが大好きでありました。ダウンタウンの能力も歳とともに落ちてきて、このような頭の回転を必要とするトークはできなくなって久しくあります。歳なので致し方ないのですが、ダウンタウンの以前あった往年の輝きを感じるには最適な番組でありますし、ダウンタウンのお笑い能力の高さを一番感じれる番組ではないかとこのトークを見て思った次第でありました。

30代男性

毎週かかさず見ている「ガキ使」ですが、いつも期待しているのが、芸人七変化ですね。数々の芸人さんが、会議中のダウンタウンさん達を笑わせる企画で、それぞれの芸人さんの個性が出ており、どれをとっても爆笑です。笑ったら罰金という内容で賞金金額を競う企画ですが、1位は今のところ、次長課長の河本さんでかなり長い間抜かれていない順位なので、早く抜いてくれる芸人さんが出てくるのも楽しみに毎回見ております。中でも面白かったのは、野性爆弾のくっきーさん、バナナマンの日村さんが最高でした。日村さんのダウンタウンさんを褒める関西弁ネタは、ただダウンタウンさんを関西弁で褒めているだけですが、じわじわくる笑いで思い出し笑いもするぐらい最高です。今後の出演者にも大いに期待しております。
また、サイレント図書館もかなり面白いですね。笑ってはいけないのスピンオフ的な感じで、声を出してはいけないという、笑いと正反対の設定で繰り広げられる罰ゲームはドキドキしながら笑える企画ですね。出演者も芸人さんだけではなく三谷幸喜さんなど多方面の方が出演していて面白いです。あとあまりフューチャーはされませんが、「スマホなしで待ち合わせ」企画もココリコ田中さんの一味違った発想にいつも笑わさせていただいています。

30代男性

これまで数々の名物企画を生み出してきたガキ使ですが、中でも一番好きなのが七変化のコーナーです。芸人さんが様々な格好や演出で現れ、笑ってしまった人はその都度、お金を払うと言う企画なのですが、とても良い意味で馬鹿馬鹿しく大好きです。最後に出てくる賞金獲得ランキングを見るのも楽しみで、これまでの歴代賞金獲得ランキングの中でどこまで食い込めるのか、そういった点にも注目して見ても面白いと思います。とにかく芸人さんのセンスが丸出しの企画なので、普段の漫才の腕は関係ないと思います。いかにガキ使メンバーやスタッフを笑わせることができるのか、その空気を作るのが上手い人が成功していると思います。そしてもう一つ好きな企画がサイレント図書館です。図書館にいる設定で様々な罰ゲームを行い、いかに声を出さないで耐えるのかという企画です。こちらは特にポイントやランキングはないのですが、純粋に見ていて楽しいです。別に声を出したらアウトというわけではないけど、エキストラの人たちの冷たい視線の演出が笑えます。このように、どれも変わった企画ばかりで、他の番組とは一線を画していると思います。本当にいい意味でくだらない番組が減ってきている昨今なので、ガキ使はこのスタンスを変えずこれからもずっと続いてほしいバラエティ番組だと思います。