「空飛ぶタイヤ」×SmartNewsがコラボ! 原作試し読みや映画初クーポンなど 1週間限定特別企画を6月11日より開始!

新着情報

この度、松竹×講談社×スマートニュースの3社合同コラボが実現!
6月11日(月)から17日(日)の1週間限定で「空飛ぶタイヤ」特別企画を、ニュース閲覧アプリSmartNews上で実施いたします!

ニュース閲覧アプリSmartNews(スマートニュース)は、日米3000万以上のダウンロード数を誇り、Appleのベストアプリ2013、Googleのベストアプリ・オブザイヤー2013を受賞しているNo.1ニュースアプリ。ビジネスマンのユーザーも多いこと、原作ならびに映画との親和性が高いことからこの度の3社コラボが決定しました。

コラボは、SmartNewsアプリ上の3つのチャンネル(読書・映画・クーポン)にて実施します!

「読書チャンネル」では、原作の試し読みの他、原作者である池井戸潤インタビューも配信。さらに、池井戸作品のファンであり本作をいち早く鑑賞した漫画家・弘兼憲史による会長・島耕作のインタビューも限定配信!先日の映画へのコメントに続き、漫画の人気キャラクターがインタビューに応えるという新しい展開となっています。

「映画チャンネル」では、6月15日(金)から17日(日)の3日間にて主演・長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生のオフィシャルインタビューを配信!

「クーポンチャンネル」では、「空飛ぶタイヤ×スマートニュース 映画特別鑑賞クーポン」を配信。このクーポンを使用すると、一般券より200円引きで作品を鑑賞できます。飲食以外ではSmartNewsのクーポンチャンネル上、初のクーポンとなります。

◆「空飛ぶタイヤ」×SmartNewsコラボ概要

コラボ期間:6月11日(月)~17日(日)の1週間限定

コラボ内容:
(1)SmartNews「読書チャンネル」での展開(6月11日~17日)
・原作5日間試し読み
・池井戸潤インタビュー(6/16)
・会長島耕作インタビュー(6/17)

(2)SmartNews「映画チャンネル」での展開(6月15日~17日)
・長瀬智也オフィシャルインタビュー(6/15)
・ディーン・フジオカオフィシャルインタビュー(6/16)
・高橋一生オフィシャルインタビュー(6/17)

(3)SmartNews「クーポンチャンネル」での展開(6月15日~17日)
・「空飛ぶタイヤ×SmartNews 特別映画鑑賞クーポン」の配信
      
<クーポン適用の劇場リスト>
松竹マルチプレックスシアター(全国24劇場)、イオンシネマ(全国92劇場)、コロナワールド(全国12劇場)、TOHOシネマズ(全国61劇場)、ユナイテッドシネマ(全国33劇場)、109シネマズ(全国18劇場)、T・ジョイ(全国17劇場)、シネマサンシャイン(全国13劇場)、大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ
※映画『空飛ぶタイヤ』を上映する劇場に限ります。上映劇場は公式サイトよりご確認ください。
※クーポンに関する注意事項・使用劇場の詳細はSmartNews「クーポンチャンネル」内にて必ずご確認ください。

◆ニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」について

▽アプリダウンロードページ(App Store)
https://goo.gl/hJXfCZ
▽アプリダウンロードページ(Google Play)
https://goo.gl/njxned

スマートニュース株式会社は、「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」ことをミッションとし、2012年6月15日に設立された企業。日米3000万ダウンロードを超えるスマートフォン・タブレット向けニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」を運用し、同アプリを軸に数多くのメディア各社との事業提携を行う。

Audibleから、原作である池井戸潤著 「空飛ぶタイヤ」のオーディオ版を 映画公開に先駆け6月8日(金)に配信開始!!

新着情報

この度、Amazon.com,Inc.の関連会社であるAudible,Inc.(以下、Audble。読み:オーディブル)とコラボし、原作「空飛ぶタイヤ」のオーディオ版を映画公開に先駆け6月8日(金)より配信開始いたします。

本作品は、劇中では刑事役を演じ、『カンブリア宮殿』ほかドキュメンタリーのナレーターを数多く務めてきた高川裕也さんが臨場感たっぷりに朗読します。オーディオ版の特徴は、本や映画などとは異なり、ナレーターの声を通じて耳から聴き楽しむ作品の世界観にあります。ぜひ映像や書籍で楽しむスタイルに加え、耳から聴くスタイルにもチャレンジしてもらいたい。

また、今回のコラボレーションについて原作著者である池井戸潤よりもコメントが到着し、そのなかでオーディブルの可能性に触れつつ、ナレーターである高川裕也の朗読を大絶賛。映画公開に先駆け、ぜひオーディブルで「空飛ぶタイヤ」の世界観をじっくり耳で堪能してもらいたい。

<著者:池井戸潤さんコメント>
「映画版『空飛ぶタイヤ』に刑事役で出演された高川裕也さんの朗読がすばらしい。小説、映画、ドラマでこの作品に触れられたことのある方も、”耳で聴く小説”をぜひ試してみてください。Audibleを聴くことは、小説への新たなアプローチとして注目しています。じっくり本を読む時間がない、目が疲れているといった、今までぼくの作品をお読みいただけなかった方にも気軽に楽しんでいただけるのではないでしょうか。」

<Audible『空飛ぶタイヤ』作品情報>
著者:池井戸 潤 ナレーター:高川 裕也
★詳細はこちら

<Audible(オーディブル)について>
Audibleは、すでに世界で何百万人もの人々に利用されており、本を音声化したものや、音楽以外の音声コンテンツを聴くことができます。海外では、すでに広く一般的なコンテンツの楽しみ方として広まっています。同サービスは、Amazonの関連会社のAudible社が提供しています。同社は、本を音声化したもの以外にも、オリジナル脚本のドラマやコミックなどのコンテンツをオーディオ化して提供しており、世界最大級の音声化された本および音声によるデジタル・コンテンツの制作・配信事業社です。同社は1995年に米国で創業され、現在、米・英・独・仏・豪・日・伊・加の8か国で展開しています。2015年7月より日本向けサービスを開始。会員プランは月額1,500円(税込)で、著名な作家の作品をはじめ、ビジネス書から落語、語学など20以上のジャンルの豊富なタイトルから、Audibleでしか聴くことのできないスペシャルコンテンツまで、プロのナレーター・俳優たちの朗読でいくつでも自由に聴くことができます。また、最初の1か月間は無料でご体験いただけます。

*サービス概要はこちら:https://www.audible.co.jp/

“中小企業の町” 東大阪市からの応援チームとガチねじ対決! 大阪プレミア試写会レポート

新着情報

この度、本作の公開に先駆けまして、6月1日(金)に大阪ステーションシネマにて舞台挨拶を実施しました!
主演の長瀬智也と本木克英監督が登壇し、本作の見どころ・撮影秘話をたっぷりと語っていただきました。
またイベントを実施した6月1日は「ねじの日」(ねじ商工連盟が制定)!ねじの生産量日本一であり、世界に誇る【ものづくりの町】東大阪市から、中小企業のみなさんが応援に駆け付け、“ねじ対決ゲーム”が行われました。

<大阪プレミア試写会レポート>

6月1日(金)、『空飛ぶタイヤ』の舞台挨拶が大阪ステーションシネマにて行われました。
関西では初めての舞台挨拶付き試写会ということで、一足早く本作を見ようと駆けつけた観客で会場は超満員。なんと応募総数13000以上!約52倍の倍率を勝ち抜いた観客のボルテージは最高潮に。

本作の主演である長瀬智也さん、本木克英監督が登壇すると、会場は大きな歓声に包まれました。

運送会社の社長・赤松徳郎を演じた長瀬さんは、「本日は『空飛ぶタイヤ』プレミア試写会にお集まり頂きありがとうございます。池井戸作品初の映画化ということで、「僕でいいのかな」と最初は思いましたが、今年40歳を迎えると同時に、社会に対しても色々と考える部分があったので、“挑戦”という意味も込めて全力でやらせていたただきました」と挨拶。メガホンを取った本木監督は「今日は大切な金曜日の夕方に、試写会にお越しいただきありがとうございます。そしてたくさんの応募の中から当選おめでとうございます。あっという間の2時間だと思いますので、長瀬智也さんの魅力を存分に感じていただければ」とコメントしました。

長瀬さんが「ここまで苦悩が続く役が初めて」と語ると、本木監督は「その苦悩する姿が非常に美しかった」と大絶賛。長瀬さんにとって初共演となるディーン・フジオカさんや、約20年ぶりの共演となった高橋一生さんのお話になると「ワクワクしたし、元気をもらいましたね。やっぱり同世代なんで、“俺も頑張ろう”という気持ちになれる」と語りました。

イベントを実施した6月1日は「ねじの日」(1975年にねじ商工連盟が制定)ということで、ねじ生産量日本一であり、世界に誇る【ものづくりの町】東大阪市から、中小企業の皆さんがねじの帽子を被って応援に駆け付けてくれました。東大阪市と言えば、長瀬さんが演じる赤松が社長を務める“赤松運送”と同じような中小企業の町として有名。市内の事業所数は6300以上で、工場密度は全国1位!2009年には人工衛星「まいど1号」の打ち上げに成功したことも話題となりました。

そして、東大阪のねじのプロフェッショナルVS空飛ぶタイヤチームで“ねじ対決”が行われました。対決内容は、さまざまな種類のねじをバランスとりながら1分間でどれだけ高く積めるかを競う、その名も“ねじビルド対決”!(ねじ業界では実際にはやっているゲームだそう。)30秒間のアピールタイムの獲得を目指し、長瀬さん・本木監督・東大阪チーム代表でゲームがスタートすると、長瀬さんが真剣にねじを積み上げる姿に会場からは声援が!しかし、東大阪チームが手慣れた手つきで高くねじを積み上げ見事勝利すると、長瀬さんからも「空気読んでくださいよ!(笑)」と冗談交じりでコメント。30秒のアピールタイムを獲得した東大阪チームですが、MCから「本日は何の舞台挨拶かご存知ですよね?」とプレッシャーがかかるも、「何もないですが・・・下町情緒あふれる町です!」東大阪をアピールしました。長瀬さんが「東大阪には『空飛ぶタイヤ』に出てくるような中小企業がたくさんあるんでしょうね。ねじビルド、練習しておきます!次は負けません!」と語ると会場は笑いに包まれました。

イベントの最後に、本木監督は「大阪ならではの楽しい舞台挨拶でした!1つ言い忘れていましたが、主題歌はサザンオールスターズです!公開日に配信もされますが、ぜひ主題歌も楽しんでいただければと思います」と挨拶。続けて、長瀬さんは「今の現代社会で起こりうるストーリーだと思います。どんな方たちにも共感できるようなエピソードでもあります。監督をはじめ、キャスト・スタッフの皆さんと良い作品を作ろうと努力をし、ようやく皆さんに見てもらえる時がきました。社会で闘っている方達、それから、これから社会に向かう若者たちにも、ぜひ見ていただきたいと思います。そして池井戸作品の醍醐味を感じていただければと思います。」と力強く語り、会場は大きな拍手と歓声に包まれ、イベントは幕を閉じました。

公開記念舞台挨拶決定!

新着情報

「空飛ぶタイヤ」公開を記念して、舞台挨拶が下記の通り、決定致しました!
詳細は以下の通りです。皆様、是非ご参加ください!!

<概要>
日時:6/16(土)
9:50の回(上映終了後舞台挨拶)
13:35の回(上映開始前舞台挨拶)
会場:丸の内ピカデリー
登壇者:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、阿部顕嵐、六角精児、本木克英監督

日時:6/16(土)13:30の回(上映終了後舞台挨拶)
会場:京成ローザ⑩
登壇者:長瀬智也、本木克英監督

日時:6/17(日)10:20の回(上映終了後舞台挨拶)
会場:イオンシネマ大高
登壇者:長瀬智也、本木克英監督

日時:6/17(日)11:50の回(上映終了後舞台挨拶)
会場:中川コロナシネマワールド
登壇者:長瀬智也、本木克英監督

日時:6/17(日)13:15の回(上映終了後舞台挨拶)
会場:ミッドランドスクエアシネマ
登壇者:長瀬智也、本木克英監督

<料金>
2,000円(税込)  ※別途手数料あり
※ミッドランドスクエアシネマのみプレミアムシート(+1,000円)あり

<チケット購入方法>
ローソンチケットにて販売。
6/2(土)12:00~ プレリクエスト先行(抽選)受付開始
6/9(土)12:00~ 一般発売(先着)開始
そのほか詳細はこちらからご確認ください。http://l-tike.com/soratobu

<注意事項>
・登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
・特別興行の為、各種招待券はご利用いただけません。
・お席はお選びいただけません。
・ご購入の際は各種手数料がかかります。詳しくは、ご購入の際にご確認ください。
・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
・いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・当日マスコミ取材が入る場合がございます。予めご了承ください。

あの会長島耕作から赤松社長に熱いエールが届きました!!

未分類

この度、赤松の闘う姿に感銘を受けた島耕作からコメントが到着いたしました!
島耕作は、漫画家・弘兼憲史により1983年にコミック誌「週刊モーニング」(講談社)にて開始されたサラリーマン漫画。
電機メーカーを舞台に日本のビジネスシーンを克明に描き、サラリーマンはもちろん政財界からも熱く支持を受けています。
主人公の島耕作は「課長」の肩書きから始まり、現在は「会長」に就任しています。
(「会長島耕作」は「モーニング」にて、「学生 島耕作 就活編」は「イブニング」にて連載中。)

バブル崩壊、リーマン・ショックなど、実際に起きた経済事象も取り上げているのが特徴で、今年、連載35周年を迎えた今もなお、根強い人気を誇っています。

今回、そんな島耕作から熱いコメントが到着!
「トップに立つ者は部下からそっぽを向かれたら終わりです。その気骨と情熱で得た信頼を失わないよう頑張ってほしい。応援しています!」と、大企業に立ち向かう中小企業の社長・赤松に熱いエールを送りました。

 

<コメント>

トップに立つ者は部下からそっぽを向かれたら終わりです。
その気骨と情熱で得た信頼を失わないよう頑張ってほしい。
応援しています!

テコットホールディング
代表取締役会長
島耕作

 

今回のコメントは、兼ねてから池井戸作品に親しんでいたという漫画家・弘兼憲史が、本作をいち早く鑑賞し、共感したことで生まれました。
「社長としての気骨を感じる、いい演技」と赤松社長に扮する長瀬を絶賛した弘兼。
“日本一有名なビジネスマン”島耕作より、赤松へエールを送るという形で、異例の応援メッセージを発表することになりました!

 

また、公式サイトでは、闘う男たちの姿を描いた本作にちなんで、

「生存競争はつらいよ 闘う戦士たちへ」川柳コンテストを開催中!

「“しんどいね 生きていくのは”と思った瞬間」をテーマに川柳を募集。応募いただいた方の中から優秀作品者を、6月12日(火)に実施するイベントにご招待。イベント当日は、最優秀賞を発表、プレゼントを贈呈いたします。

↓※川柳コンテストキャンペーンページ↓
https://service.shochiku.co.jp/form/pub/movie/taiya_senryu

映画『空飛ぶタイヤ』劇場関連グッズご紹介!

新着情報

劇中に登場する会社のロゴマークや衣装をモチーフにした、全部で5アイテムの発売が決定致しました!
通販サイト「映画・アニメグッズショップ フルービー/Froovie」では6月15日(金)午前10時より販売開始です。
http://froovie.jp/shop/a/aHP_c30062/
全国の上映劇場では販売開始日時が異なる場合がございますのでご注意ください。

◆クリアファイル:¥350

◆キーホルダー:¥900

◆ブックカバー:¥800

◆ピンズ:¥750

◆ボールペン:¥700

主題歌サザンオールスターズ「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」 をフィーチャーしたスペシャルムービートレーラーがWEB解禁!

新着情報

5月5日(土)よりSMT(松竹マルチプレックスシアターズ)系列劇場にて上映開始となった、サザンオールスターズによる主題歌「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」と映画の本編映像がコラボレーションした特別映像、“映画『空飛ぶタイヤ』スペシャルムービートレーラー(主題歌 サザンオールスターズ「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」ver.)”がWEB上でも解禁となりました!

本映像は、計2分の映画予告ロングバージョンとなっており「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」をフィーチャー。
予告編等ではサビしか聴くことが出来なかった同曲の魅力をいち早く聴くことのできる内容となっています。

本編映像に合わせて、本作の為に桑田佳祐が書き下ろした歌詞が大きく表示され、映画と歌詞の世界を存分に楽しめるものになっています。
映像冒頭では整備不良を疑われた赤松運送社長・赤松徳郎(長瀬智也)と、事故についての再調査を行うホープ自動車販売部カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)が直接対面し「巨大企業の闇」について意味深な言葉を交わすシーンも初解禁。映像のラストには「俺が闘わなくて誰が闘う!」という赤松徳郎の気迫溢れるセリフも。

ぜひご覧ください!

※映像は、下記SMT(松竹マルチプレックスシアターズ)全26劇場でも上映中。

東北:MOVIX利府 MOVIX仙台
関東:丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー MOVIXつくば MOVIX宇都宮
   MOVIX伊勢崎 MOVIXさいたま MOVIX川口 MOVIX三郷
   MOVIX柏の葉 MOVIX亀有 MOVIX昭島 MOVIX橋本
東海・中部:MOVIX清水 MOVIX三好
近畿:大阪ステーションシティシネマ なんばパークスシネマ MOVIX京都
   神戸国際松竹 MOVIX堺 MOVIXあまがさき MOVIX八尾 
中国:MOVIX倉敷 MOVIX日吉津 MOVIX周南

イオンモールLINEプレゼントキャンペーン

新着情報

下記のイオンモール店舗にて、映画の公開を記念して、LINE@お友だちプレゼントキャンペーンを開催中!
下記のイオンモール各店舗の公式LINEアカウントにお友だち登録された方の中から抽選で、劇場鑑賞券やグッズが当たるチャンス!

【イオンモール福岡】
http://fukuoka-aeonmall.com/news/event/1099

【イオン戸畑ショッピングセンター】
http://tobata.aeonkyushu.com/news/event/298

【イオンモール筑紫野】
http://chikushino-aeonmall.com/news/event/1972

【イオン大野城ショッピングセンター
http://onojo.aeonkyushu.com/news/shops/15616

【イオンモール佐賀大和】
http://sagayamato-aeonmall.com/news/event/898

【イオンモール熊本】
http://kumamoto-aeonmall.com/news/event/1061

totop