長瀬智也、監督の激励の手紙に感動! 公開記念舞台挨拶レポート

新着情報

6月15日(金)についに劇場公開を迎え、大ヒットスタートを切った本作の公開を記念し、16日(土)に主演の長瀬智也さん、ディーン・フジオカさん、高橋一生さん、深田恭子さん、寺脇康文さん、阿部顕嵐さん(Love-tune/ジャニーズJr.)、六角精児さん、本木克英監督の日本を代表するオールキャスト達が公開記念舞台挨拶に参加しました。

昨年の撮影からようやく公開を迎えた長瀬さんは「ようやく皆さんに観ていただけることを嬉しく思います。今回は、社長役という自分とはかけ離れた役柄だったので、非常に学ぶことが多かったです。素敵なキャスト、スタッフの方々に囲まれて幸せでした」と率直な感想を明かしました。

長瀬さんと対立する大手自動車会社社員の沢田悠太役を演じたディーン・フジオカさんは「一人一人違う立場から作品を観てもらうことで、大きなドミノみたいに繋がって一つのムーブメントになってくれれば」と本作の期待を語れば、グループ会社の経営企画に疑念を抱く銀行員の井崎一亮役を演じた高橋一生さんもディーンさん同様に「”正義と悪”が混在するメッセージ性の高い作品となっている」と本作の意義について熱弁しました。

今作が初の映画出演となった、長瀬さんの後輩である阿部さんは、公開初日にグッズを買い込んだエピソードを語ると「TVで観ていた方々とこうして同じ舞台に立てて、緊張しっぱなしです」と初々しい挨拶。会場からは黄色い声援も。

舞台挨拶では池井戸作品に通ずる「大逆転」をテーマに、「最近起きた大逆転エピソード」を各キャストたちが披露することに。口火を切った寺脇さんは自身が舞台で共演する新田真剣佑さんが控室に挨拶をしに来た際に、それまで先輩・後輩としてフランクに接していたが、真剣佑さんの父親である千葉真一さんを伴っての挨拶だったため、寺脇さん自身の態度が一変して低姿勢になってしまったというエピソードを披露。
会場から笑いが漏れると、キャスト達も共感するような反応が。

続けて、長瀬さんは自身が大の猫好きであることを告白。劇中の長瀬さんとは違う緩みっぱなしの笑顔で「犬ブームから一転、昨今の猫ブームへと逆転したことが嬉しい」と語りました。一方で、深田さんは6歳下の妹の子供たちを可愛がっていることを妹さんに付け込まれているようで、「いつの間にかお世話ばかりさせられている」とまんざらでも無さそうに笑顔で語れば、ムロツヨシさんとの共演が多かったディーンさんは、「最近、『ディーン・ムロ』とムロツヨシが名乗っているが、いつの間にか『ムロ・ディーン』となっていたことに嫌な気持ちではないが、許可してない。」と会場を笑わせると、すかさず長瀬さんが「実は、ディーン君、キレているね」と茶化して笑いを誘うなど終始、和気あいあいとしたムードで進行しました。

そんなキャスト達のエピソードが続く中、六角さんに話が降られると「俺はいいよ。俺の大逆転にろくなことがない」と言いつつも、競艇場での大逆転エピソードを口早に、かつ詳細に語りだす六角さんに長瀬さんは「急にスポーツ紙の方々が写真を撮り始めましたよ」と笑いを誘いました。
一方で、高橋さんは本来、舞台挨拶の参加が難しかったそう。ギリギリで逆転参加できることになったそうで、その理由が同じく松竹配給の『引っ越し大名(仮題)』の撮影だったため、とさりげなく次回作の宣伝を織り交ぜてのエピソードに会場からはこの日、一番の笑いが起こりました。

イベントの最後には、本木監督から長瀬さんへサプライズの手紙が読まれると、クランクアップ時に「しばらくアイドルに戻る」と長瀬さんが話したことを引き合いに、「あなたはもうアイドルに戻らなくていい。俳優・長瀬智也が次にどんな役に挑戦するのかがみたい」という熱いメッセージに長瀬さんは「心に響くものがありました。思ったことは素直に言っちゃうので失礼なことも多々あったかもしれない。でも監督の器の大きさとキャリア、そういった想いがあったからこそ、僕も思いきりできたのかな。でもそういう風にできたのも共演してくださった役者のみなさんたちのおかげでもある。ありがたいことです。感動しました」と想いを明かしていました。

そんな本木監督は最後に「この映画は、今の日本の社会でこういう人たちがいてほしいなと思って作った作品です」と本作への思いを吐露すると、長瀬さんは「こんな時代だからこそ、この作品のメッセージが際立つ。色々な正義がありますが、みなさんが感じたことが僕らが伝えたかったことです。お風呂に入って寝る前に、#空飛ぶタイヤ とつぶやいてください」と笑いを誘いながら、駆け付けた会場のファンにメッセージを送り、イベントは終了しました。