ティーチイン付上映会開催決定!

新着情報

「空飛ぶタイヤ」大ヒットを記念して、本木克英監督によるティーチイン付上映会の開催が決定致しました!
公開後ならではの映画の撮影裏話などを語り尽くしていただきます!詳細は以下の通りです。
皆様、是非ご参加ください!!

<概要>
日時:8/2(木)18:40の回(上映終了後舞台挨拶)
会場:新宿ピカデリー 
登壇者:本木克英監督

<料金>
劇場設定の通常料金に準じます。

<チケット購入方法>
劇場ホームページからご購入いただけます。https://www.smt-cinema.com/site/shinjuku/
■劇場WEB:7/21(土)18:00~WEB販売、
■劇場窓口:7/22(日)劇場オープンより販売 ※空席がある場合

<注意事項>
・登壇者及び舞台挨拶は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
・特別興行の為、各種招待券はご利用いただけません。
・ムビチケカードはWEB・窓口にてご使用いただけます。
・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
・いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。

長瀬智也、初のお出迎え& 大入り袋の手渡しに観客絶叫!! 大ヒット御礼舞台挨拶レポート

新着情報

この度、本作の大ヒットを記念して、長瀬智也さんと本木監督がサプライズで劇場入り口にてお客様をお出迎えし、感謝の気持ちを込めて、お客様全員に手渡しで大入り袋を配布。さらに、ディーン・フジオカさんを加えた3人で大ヒット舞台挨拶を行いました。その模様をレポートします。

サプライズの後とあって、舞台挨拶から合流のディーンさんとともに長瀬さんが登場するとこれまで行った舞台挨拶以上の悲鳴にも似た歓声で迎えられた長瀬さんは冒頭の挨拶で、「多くの方々が大ヒットを喜んでいます。多くの方々に作品を観ていただけて嬉しく思います。みなさんのSNS活動のおかげです!」と笑顔で大ヒットの喜びとともにこの日集まった観客に感謝を伝えました。

続けて、ディーンさんは「大ヒット御礼ということでめでたいです!こういう形でみなさんとお祝いできるのはとても貴重な体験。背中を押すような作品に参加できて光栄。みなさんの笑顔を見れたということは、この作品が世の中に響いたんだなと思います」と笑顔で語りました。

舞台上では、サプライズで行われた劇場入り口での大入り袋の手渡しに話が及ぶと、長瀬さんは「お客様の中には僕と気づかれていない方もいらっしゃった!」と会場を笑わせつつも、「初めてのことなので、大入り袋を手渡すときに笑顔になるのが嬉しい」と振り返ると、すかさず「僕も間に合っていれば、長瀬さんの顔でキュンとできたのに」と悔しさをにじませると、「一緒に配ろうよ!」と笑顔で返す長瀬さんとの一幕も。

6月15日の公開以降、観客動員数65万人、興行収入8億円を突破。さらには映画レビューサイトや、映画評論家の方々からそれぞれ新境地と思える役柄に絶賛の声が相次ぐ現状に、「信念を貫く姿に明日頑張ろうという反応が嬉しい。フーテンみたいな人生を送ってきたので、ちゃんとサラリーマンとして定職に就く役柄なので、人間ってどんな環境においても揺れるし、消えない正義感や信念がある。車線変更している沢田が人間らしい。自分が演技をする中でいい経験をさせていただいた」とディーンさんが言えば、長瀬さんも「そういう言葉をいただけるのは嬉しい。作品に携われてよかったと思う瞬間」と喜びを語ると、「自分の中で新境地ということはなく、この作品でどうできるか。今年40歳になって、初めは社長という役柄が想像できなかったが、やるべきことをしっかりやったことがそういう風に伝わったのかなと思う」と自信の様子。そんな長瀬さんとディーンさんの二人の魅力について本木監督は「長瀬さんの特徴は頑張れ、赤松!と思える人ですし、さらにディーンさんが沢田を演じるから新鮮なものがある。良心と野心の間で揺らぐ姿は新境地ではないかと」と二人をべた褒めすると、二人は笑顔で見合わせていました。

壇上では、本作の主題歌「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」を手掛け、昨日結成40周年を迎えたサザンオールスターズが話題に。
長瀬さんは「自分も作品をやっていてイメージみたいなものはざっくり持つんですけど、それをいい意味で裏切ってくれて、誰が聞いても桑田佳祐さんの世界観で……。今の桑田さんがあの歌詞を歌うから説得力があるんでしょうね。桑田さんのキャリアが生み出したものだなって思い知らされた曲です」とコメント。サザンそのものについても「音楽はまじめにやっちゃいけないって気持ちが僕のどこかにあるんですけど、桑田さんはそれをよくわかっていらっしゃる。人間性も含めてリスペクトしています」と絶賛した。

ディーンさんもサザンには思い入れがある様子。「子供のころから自分の生活の一部のような日本を代表するバンドであり、シンガーソングライター。目標とする一人のミュージシャンで大先輩で、自分にとってもとても大きな存在。今回とても刺激的な応援歌をいただいたなと思います」とコメントしました。

イベントの最後に長瀬さんが「この先に残っていくこの作品は僕にとっても大切なもの。この作品を観てくれる方にとっても大切な作品になってくれると嬉しいです」とのコメントで締めると会場は大きな歓声に包まれ、舞台挨拶は幕を閉じました。

大ヒット御礼!舞台挨拶決定!

新着情報

「空飛ぶタイヤ」大ヒットに感謝し、大ヒット御礼舞台挨拶が下記の通り、決定致しました!
詳細は以下の通りです。皆様、是非ご参加ください!!

<概要>
日時:6/26(火)18:00開場 / 18:30開演(上映開始前舞台挨拶)
会場:新宿ピカデリー
登壇者:長瀬智也、ディーン・フジオカ、本木克英監督

<料金>
2,000円(税込)  ※別途手数料あり

<チケット購入方法>
ローソンチケットにて販売。
6/23(土)12:00~ 一般発売(先着)開始
そのほか詳細はこちらからご確認ください。http://l-tike.com/soratobu
<注意事項>
・登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
・特別興行の為、各種招待券はご利用いただけません。
・お席はお選びいただけません。
・ご購入の際は各種手数料がかかります。詳しくは、ご購入の際にご確認ください。
・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
・いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・当日マスコミ取材が入る場合がございます。予めご了承ください。

「空飛ぶタイヤ」オリジナル・サウンドトラック好評発売中!

新着情報

本作のオリジナル・サウンドトラックが好評発売中です!
ぜひ聴いてみてくださいね。

<商品概要>
タイトル:「空飛ぶタイヤ」オリジナル・サウンドトラック
音楽:安川午朗
価格:¥2,315+税
発売:SHOCHIKU RECORDS
販売:Sony Music Distribution
商品番号:SOST-1028

<配信概要>
配信価格: シングル 250円 (税込)/ アルバム 2,100円 (税込)

◆収録曲

1. 事件「空飛ぶタイヤ」
2.起きてしまった事
3.特別監査
4.誤解
5.取引銀行
6.警察
7.疑念
8. 偶然の一致
9.ニアミス
10.再調査
11. 独自調査
12.T会議
13.会社のパスワード
14.内部調査
15.事故調査委員会
16.情報の漏洩?
17.魔女狩り
18.やっと会えた
19.示談提示
20.被害者家族
21.窮地の立場
22.市場原理
23.責める仲間
24.万策尽きる
25.さらなる探索
26.仲間
27.行き着いた真実
28.託された証拠
29. あかされた隠蔽
30.大企業の余裕
31.被害者の手紙
32.共通の思い
33.予期せぬ、報道
34.非道な保身者
35.柚木と赤松
36.事故現場

長瀬智也「代表作の1本」と熱い想いを語る! 公開記念舞台挨拶2日目@名古屋レポート

新着情報

6月15日(金)に公開を迎え、大ヒットスタートを切った映画「空飛ぶタイヤ」。
6月17日(日)は名古屋の3か所の劇場で、主演の赤松徳郎役・長瀬智也さんと本木克英監督の2人が登壇する舞台挨拶を実施しました。
発売と同時に即完したプラチナチケットです!

今回お越しいただけなかったお客様からの声にも応えるべく、公式Twitterに寄せられた質問に回答しました。名古屋ならではのトークも弾み、大いに盛り上がった舞台挨拶の模様をご報告します!
以下、質問に回答していきます!

■(1回目)イオンシネマ大高

<まゆとよしこ>さん
「私はバスやバイクの排気ガスの匂いが好きなんですが、長瀬さんは、人には分かってもらえないフェチはありますか?」

(長瀬さん)「排気ガスの匂いもすごくよくわかります!昔、実家の裏がガソリンスタンドだったんですが、カッコいい匂いだと思ってて、窓開けるといつも(匂いを)嗅いでました(笑)」
―ちなみに撮影現場ではどうでしたか?
「僕車やバイクをいじったりするんで、整備工場でのオイル臭い感じとか、工具がカランカランと転がる音が、馴染みがいいんで落ち着くんです。鉄の音とか、ガレージライクな音が好きです。」

<なみ吉>さん
「お二人はクリエイターですが、そういう立場で社会に向き合うこと、そして闘うことも多々あると思われます。それぞれ、物作りの際、自分の中で「これだけは譲れない」「これだけは守りたい」という『こだわり』みたいなものがあれば教えて下さい。」

(本木監督)「劇中に入れる音楽はこだわってます。押し付けず、説明しない。観客の方が感じるのを手助けするくらいの音楽になるよう気を付けています。」
(長瀬さん)「僕も近いものがあります、音楽もお芝居も“答え”を言いたくないですね。曲がどういうことなのか、言っちゃったら終わりじゃないですか。演技もセリフで決定的なことを言わず、それを聞いた人に感じてほしいですね。」

<みちみち>さん
「長瀬さんは、名番頭の笹野高史さんといつも一緒だったイメージですが、2人でどんな話をしていましたか?」

(長瀬さん)「笹野さんは、お父さんみたいな、身近にいたおじちゃんのような良さがあって、すごく落ち着くなと思いました。プライベートがすごくクールなんですよね。格好いいスポーツカーで、おしゃれしてドライブがてら現場に来るですよ。赤松運送も、笹野さんが入ることで場が締まるんですよね。歴史ある会社という空気が、笹野さんがいることで勝手に作られるような、存在感のすごさがありました。」
(本木監督)「笹野さんは専務の役ですが、社長についていくだけではなく、非常に厳しい指摘をするんですね。会社の資金繰りで、(社員をリストラすることに)社長は揺れ動くんですが、笹野さんは、『情は抜いた方がいいんじゃないか』と、極めて現実的な判断をしていく。赤松が『もうだめかもしれない』と言うと、専務が『何を今更』と、夕日を受けて怖い顔をするんですよね。あれはそう見えるよう意図があってライティングしました。ただ情熱をもって頑張ればいいということではなく、笹野さんは『あなたの周りには、大勢の生活がある人たちを抱えているんだから』という判断を迫るんです。チクチク嫌なことを時折突っ込むんですけど、イエスマンばかりを周りに置いているリーダーよりは、赤松さんはずっと幸せだと僕は思うんですね。」

■(2回目)中川コロナシネマワールド

<まいまい>さん
「赤松運送の十訓に『暗い顔で会社に来るな』というものがありますが、長瀬くんや本木監督は、仕事で自分を奮い立たせなければならない時はどうしていますか?また、明日から一週間が始まり、暗い気持ちの社会人に向けて明るく出勤出来るような一言をください!」

(本木監督)「明日はこの人を、この仕事を好きになろうという、愛するような気持ちがなければ、奮い立たないですね。奮い立たないときはしょうがないですよ(笑)あんまり無理をしてもね。」
(長瀬さん)「やっぱ闘うことが大事ですかね。そういうものがないと、自分の欲も無くなってしまうんじゃないかと思います。闘う気持ちが、きっと奮い立たせるものになるんじゃないんですかね。」

<Kzonn>さん
「一緒に来ている娘が二日後に二十歳になります。大人になるということは何か、何を大事にするべきかを教えて下さい。」
会場にKzonnさんと娘さんがいらっしゃってました!

(本木監督)「これからどういう道を歩まれるにしても、自分の考えで、やりたいこととか仕事を決めていく。誰かの意見に左右されないように、自分の頭で今後のことはすべて考えることですかね。」
(長瀬さん)「大人になるということは、大人に頼らないということかもしれないですね。自分を信じるということですね。」

<ズクナシコ>さん
「長瀬さんの苦悩する姿が美しいと仰っていましたが、その事にはいつ気がついちゃったんでしょうか?」

(本木監督)「撮影してて、何日か経つと、どんどんあちこちから追いつめられたり、昨日まで取引してた所から『帰ってよ』と冷たくされたり、銀行には紙切れみたいな扱いを受けていました。『かわいそうだな、苦悩しているところばっかり撮っているな』と毎日長瀬さんを見ていて、『なんか綺麗だなあ、いじめられてるのに耐えてる顔が。』と思ったんですよ。こんな風に悩んでる顔が美しい人って中々いないですからね。背中で芝居ができるのは、高倉健か、長瀬智也か、くらいに思いました。」

■(3回目)ミッドランドスクエアシネマ (上映終了後)

<いずみ>さん
「長瀬さんと本木監督が、お互いに聞いておきたいことはありますか?」

(本木監督)「今後も俳優業は続けられるんですか?いろいろ活動が多岐に渡っていらっしゃってますから。」
(長瀬さん)「そもそも僕のこと役者だと思ってますか??」
(本木監督)「思ってますよ!アイドルの他にもいろんな役をやったり、『今回空飛ぶタイヤが初めてまともな人間を演じた』とおっしゃってるから、これからどんな役をやりたいかでもいいし、それ(俳優業)一本にしようとしないの?」
(長瀬さん)「思わないですねえ。僕も同じような質問ですが、監督に『役者ってなんですか?』って聞こうと思ってたんですよ。役作りって、役のとらえ方も人によって違うじゃないですか。役者も恥ずかしいと思いがなければ、学芸会でも誰だってできるんじゃないかと思うんですよ。監督は常に役者さんと対面して、お芝居を決めて表現をする人じゃないですか。だから変な言葉も投げかけられないだろうし、難しいんだろうな、と。」
(本木監督)「長瀬さんは、役者でしたよ。僕の中では。誰でも演技とかね、学芸会レベルだったらできるだろうけど。僕もデビュー作で映画を撮った時に、よく先輩たちから『人様に見せられるものになったのか』と言われたんですよ。役者っていうのは映画の中の役になれる人なんですけど、最近はそうは見えない人が多いんですよ。よくTVのバラエティとか出てて、私生活から何から全部わかってる人が赤松社長をやってても、『お前嘘なんじゃないのか』と思っちゃうんですが、長瀬さんはそうではなかったですね。」

<よしよし>さん
「今回は親父役でしたが、長瀬さんはどんな父親になりたいですか」
6/17(日)が父の日ということで、タイムリーな質問が寄せられました!

(長瀬さん)「親父みたいな生き方をしてみたいなと思います。車が好きで、それにかかわる色んな仕事をしてました。男臭い感じの、親父でしたね。親父と一緒に車とかいじれるって、男として生まれた醍醐味の一つなんじゃないかなって思うんでね、自分もやってみたいですね。」

他、差し入れのひつまぶしや、お気に入りのコーンスープの話、名古屋の地元民しか知らないお店の話など、名古屋飯ネタを中心に、地元トークも盛り上がりました!

最後に長瀬さんから、「池井戸潤さんのベストセラー作品に、赤松役で出させてもらって、色々と考える所がありました。非常にいい出来にもなりましたんで、個人的には、この作品が自分の代表的な作品と言わせていただきたいです。」と熱く語り、お礼の言葉とともに劇場を後にしました。

Twitterに質問を寄せてくださったみなさま、ご来場いただいたお客様、名古屋で温かく迎えてくださった劇場の皆様、ありがとうございました!

長瀬智也、監督の激励の手紙に感動! 公開記念舞台挨拶レポート

新着情報

6月15日(金)についに劇場公開を迎え、大ヒットスタートを切った本作の公開を記念し、16日(土)に主演の長瀬智也さん、ディーン・フジオカさん、高橋一生さん、深田恭子さん、寺脇康文さん、阿部顕嵐さん(Love-tune/ジャニーズJr.)、六角精児さん、本木克英監督の日本を代表するオールキャスト達が公開記念舞台挨拶に参加しました。

昨年の撮影からようやく公開を迎えた長瀬さんは「ようやく皆さんに観ていただけることを嬉しく思います。今回は、社長役という自分とはかけ離れた役柄だったので、非常に学ぶことが多かったです。素敵なキャスト、スタッフの方々に囲まれて幸せでした」と率直な感想を明かしました。

長瀬さんと対立する大手自動車会社社員の沢田悠太役を演じたディーン・フジオカさんは「一人一人違う立場から作品を観てもらうことで、大きなドミノみたいに繋がって一つのムーブメントになってくれれば」と本作の期待を語れば、グループ会社の経営企画に疑念を抱く銀行員の井崎一亮役を演じた高橋一生さんもディーンさん同様に「”正義と悪”が混在するメッセージ性の高い作品となっている」と本作の意義について熱弁しました。

今作が初の映画出演となった、長瀬さんの後輩である阿部さんは、公開初日にグッズを買い込んだエピソードを語ると「TVで観ていた方々とこうして同じ舞台に立てて、緊張しっぱなしです」と初々しい挨拶。会場からは黄色い声援も。

舞台挨拶では池井戸作品に通ずる「大逆転」をテーマに、「最近起きた大逆転エピソード」を各キャストたちが披露することに。口火を切った寺脇さんは自身が舞台で共演する新田真剣佑さんが控室に挨拶をしに来た際に、それまで先輩・後輩としてフランクに接していたが、真剣佑さんの父親である千葉真一さんを伴っての挨拶だったため、寺脇さん自身の態度が一変して低姿勢になってしまったというエピソードを披露。
会場から笑いが漏れると、キャスト達も共感するような反応が。

続けて、長瀬さんは自身が大の猫好きであることを告白。劇中の長瀬さんとは違う緩みっぱなしの笑顔で「犬ブームから一転、昨今の猫ブームへと逆転したことが嬉しい」と語りました。一方で、深田さんは6歳下の妹の子供たちを可愛がっていることを妹さんに付け込まれているようで、「いつの間にかお世話ばかりさせられている」とまんざらでも無さそうに笑顔で語れば、ムロツヨシさんとの共演が多かったディーンさんは、「最近、『ディーン・ムロ』とムロツヨシが名乗っているが、いつの間にか『ムロ・ディーン』となっていたことに嫌な気持ちではないが、許可してない。」と会場を笑わせると、すかさず長瀬さんが「実は、ディーン君、キレているね」と茶化して笑いを誘うなど終始、和気あいあいとしたムードで進行しました。

そんなキャスト達のエピソードが続く中、六角さんに話が降られると「俺はいいよ。俺の大逆転にろくなことがない」と言いつつも、競艇場での大逆転エピソードを口早に、かつ詳細に語りだす六角さんに長瀬さんは「急にスポーツ紙の方々が写真を撮り始めましたよ」と笑いを誘いました。
一方で、高橋さんは本来、舞台挨拶の参加が難しかったそう。ギリギリで逆転参加できることになったそうで、その理由が同じく松竹配給の『引っ越し大名(仮題)』の撮影だったため、とさりげなく次回作の宣伝を織り交ぜてのエピソードに会場からはこの日、一番の笑いが起こりました。

イベントの最後には、本木監督から長瀬さんへサプライズの手紙が読まれると、クランクアップ時に「しばらくアイドルに戻る」と長瀬さんが話したことを引き合いに、「あなたはもうアイドルに戻らなくていい。俳優・長瀬智也が次にどんな役に挑戦するのかがみたい」という熱いメッセージに長瀬さんは「心に響くものがありました。思ったことは素直に言っちゃうので失礼なことも多々あったかもしれない。でも監督の器の大きさとキャリア、そういった想いがあったからこそ、僕も思いきりできたのかな。でもそういう風にできたのも共演してくださった役者のみなさんたちのおかげでもある。ありがたいことです。感動しました」と想いを明かしていました。

そんな本木監督は最後に「この映画は、今の日本の社会でこういう人たちがいてほしいなと思って作った作品です」と本作への思いを吐露すると、長瀬さんは「こんな時代だからこそ、この作品のメッセージが際立つ。色々な正義がありますが、みなさんが感じたことが僕らが伝えたかったことです。お風呂に入って寝る前に、#空飛ぶタイヤ とつぶやいてください」と笑いを誘いながら、駆け付けた会場のファンにメッセージを送り、イベントは終了しました。

「空飛ぶタイヤ」×SmartNewsがコラボ!映画初クーポンを6月15日より開始!

新着情報

6月15日(金)から6月17日(日)の期間、SmartNews「クーポンチャンネル」にて「空飛ぶタイヤ×SmartNews 特別映画鑑賞クーポン」を配信します!

「クーポンチャンネル」では、「空飛ぶタイヤ×スマートニュース 映画特別鑑賞クーポン」を配信。このクーポンを使用すると、一般券より200円引きで作品を鑑賞できます。飲食以外ではSmartNewsのクーポンチャンネル上、初のクーポンとなります。

<クーポン適用の劇場リスト>

丸の内ピカデリー
新宿ピカデリー
MOVIX亀有
MOVIX昭島
MOVIX橋本
MOVIX柏の葉
MOVIXさいたま
MOVIX三郷
MOVIX川口
MOVIXつくば
MOVIX宇都宮
MOVIX伊勢崎
MOVIX清水
MOVIX仙台
MOVIX利府
MOVIX三好
MOVIX堺
MOVIX八尾
MOVIX京都
神戸国際松竹1
MOVIXあまがさき
MOVIX倉敷
MOVIX日吉津
MOVIX周南

小田原コロナシネマワールド
青森コロナシネマワールド
中川コロナワールド
半田コロナワールド
豊川コロナワールド
安城コロナワールド
小牧コロナワールド
大垣コロナワールド
金沢コロナワールド
福井コロナシネマワールド
福山コロナシネマワールド
小倉コロナシネマワールド

イオンシネマ板橋
イオンシネマ多摩センター
イオンシネマむさし村山
イオンシネマ シアタス調布
イオンシネマ日の出
イオンシネマみなとみらい
イオンシネマ港北ニュータウン
イオンシネマ新百合ヶ丘
イオンシネマ茅ヶ崎
イオンシネマ海老名
イオンシネマ幕張新都心
イオンシネマ市川妙典
イオンシネマ銚子
イオンシネマ千葉ニュータウン
イオンシネマ大宮
イオンシネマ浦和美園
イオンシネマ熊谷
イオンシネマ春日部
イオンシネマ羽生
イオンシネマ越谷レイクタウン
イオンシネマ大井
イオンシネマ守谷
イオンシネマ下妻
イオンシネマ高崎
イオンシネマ太田
イオンシネマ太田
イオンシネマ新潟西
イオンシネマ新潟南
イオンシネマ県央
イオンシネマ松本
イオンシネマ富士宮
イオンシネマ弘前
イオンシネマ北上
イオンシネマ石巻
イオンシネマ名取
イオンシネマ大曲
イオンシネマ米沢
イオンシネマ天童
イオンシネマ三川
イオンシネマ福島
イオンシネマ旭川駅前
イオンシネマ釧路
イオンシネマ小樽
イオンシネマ北見
イオンシネマ江別
イオンシネマ名古屋茶屋
イオンシネマ・ワンダー
イオンシネマ大高
イオンシネマ岡崎
イオンシネマ常滑
イオンシネマ豊川
イオンシネマ豊田KiTARA
イオンシネマ長久手
イオンシネマ各務原
イオンシネマ津
イオンシネマ桑名
イオンシネマ鈴鹿
イオンシネマ東員
イオンシネマ金沢
イオンシネマ・金沢フォーラス
イオンシネマ新小松
イオンシネマ御経塚
イオンシネマ茨木
イオンシネマりんくう泉南
イオンシネマ大日
イオンシネマ四條畷
イオンシネマ京都桂川
イオンシネマ久御山
イオンシネマ高の原
イオンシネマ明石
イオンシネマ加古川
イオンシネマ三田
イオンシネマ草津
イオンシネマ近江八幡
イオンシネマ西大和
イオンシネマ和歌山
イオンシネマ岡山
イオンシネマ広島
イオンシネマ広島西風新都
イオンシネマ広島
イオンシネマ防府
イオンシネマ徳島
イオンシネマ高松東
イオンシネマ宇多津
イオンシネマ綾川
イオンシネマ今治新都市
イオンシネマ戸畑
イオンシネマ大野城
イオンシネマ筑紫野
イオンシネマ福岡
イオンシネマ佐賀大和
イオンシネマ熊本

TOHOシネマズ錦糸町
TOHOシネマズ日本橋
TOHOシネマズ渋谷
TOHOシネマズ新宿
TOHOシネマズ上野
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
TOHOシネマズ西新井
TOHOシネマズ南大沢
TOHOシネマズ府中
TOHOシネマズららぽーと横浜
TOHOシネマズ川崎
TOHOシネマズ上大岡
TOHOシネマズ小田原
TOHOシネマズ海老名
TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
TOHOシネマズららぽーと船橋
TOHOシネマズ柏
TOHOシネマズ市原
TOHOシネマズ八千代緑が丘
TOHOシネマズ流山おおたかの森
TOHOシネマズららぽーと富士見
TOHOシネマズ水戸内原
TOHOシネマズひたちなか
TOHOシネマズ宇都宮
TOHOシネマズ上田
TOHOシネマズ甲府
TOHOシネマズ浜松
TOHOシネマズサンストリート浜北
TOHOシネマズららぽーと磐田
TOHOシネマズおいらせ下田
TOHOシネマズ仙台
TOHOシネマズ秋田
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
TOHOシネマズ赤池
TOHOシネマズ津島
TOHOシネマズ東浦
TOHOシネマズ木曽川
TOHOシネマズ岐阜
TOHOシネマズモレラ岐阜
TOHOシネマズ高岡
TOHOシネマズファボーレ富山
TOHOシネマズ泉北
TOHOシネマズ鳳
TOHOシネマズくずはモール
TOHOシネマズ二条
TOHOシネマズ西宮OS
TOHOシネマズ伊丹
TOHOシネマズ橿原
TOHOシネマズ岡南
TOHOシネマズ緑井
TOHOシネマズ新居浜
TOHOシネマズ高知
TOHOシネマズ直方
TOHOシネマズ福津
TOHOシネマズ長崎
TOHOシネマズ宇城
TOHOシネマズ光の森
TOHOシネマズはません
TOHOシネマズ大分わさだ
TOHOシネマズアミュプラザおおいた
TOHOシネマズ与次郎

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
ユナイテッド・シネマ豊洲
ユナイテッド・シネマとしまえん
シネプレックス平塚
シネプレックス幕張
ユナイテッド・シネマ浦和
ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷
ユナイテッド・シネマ春日部
シネプレックス幸手
ユナイテッド・シネマ新座
ユナイテッド・シネマ入間
ユナイテッド・シネマわかば
ユナイテッド・シネマウニクス上里
ユナイテッド・シネマ水戸
シネプレックスつくば
ユナイテッド・シネマ前橋
ユナイテッド・シネマ新潟
ユナイテッド・シネマ札幌
ユナイテッド・シネマ豊橋18
ユナイテッド・シネマ岡崎
ユナイテッド・シネマ稲沢
ユナイテッド・シネマ阿久比
ユナイテッド・シネマ金沢
ユナイテッド・シネマ枚方
ユナイテッド・シネマ岸和田
ユナイテッド・シネマ大津
ユナイテッド・シネマ橿原
ユナイテッド・シネマキャナルシティ13
シネプレックス小倉
ユナイテッド・シネマなかま16
ユナイテッド・シネマ トリアス久山
ユナイテッド・シネマ長崎
ユナイテッド・シネマ熊本

T・ジョイPRINCE品川
T・ジョイSEIBU大泉
横浜ブルク13
T・ジョイ蘇我
こうのすシネマ
T・ジョイ新潟万代
T・ジョイ長岡
梅田ブルク7
T・ジョイ京都
T・ジョイ東広島
広島バルト11
T・ジョイ出雲
T・ジョイ博多
T・ジョイリバーウォーク北九州
T・ジョイ久留米
T・ジョイ パークプレイス大分
鹿児島ミッテ10

109シネマズ木場
109シネマズ二子玉川
ムービル
109シネマズ港北
109シネマズ川崎
109シネマズ湘南
109シネマズ菖蒲
109シネマズ佐野
109シネマズ高崎
シネマ・リオーネ古川
109シネマズ富谷
109シネマズ四日市
109シネマズ明和
109シネマズ箕面
109シネマズ大阪エキスポシティ
109シネマズHAT神戸
109シネマズ広島
109シネマズ佐賀

シネマサンシャイン平和島
シネマサンシャイン池袋
シネマサンシャイン ユーカリが丘
シネマサンシャイン沼津
シネマサンシャインかほく
シネマサンシャイン大和郡山
シネマサンシャイン下関
シネマサンシャイン北島
シネマサンシャイン重信
シネマサンシャインエミフルMASAKI
シネマサンシャイン衣山
シネマサンシャイン大洲
シネマサンシャイン姶良

大阪ステーションシティシネマ
なんばパークスシネマ

※映画『空飛ぶタイヤ』を上映する劇場に限ります。上映劇場は公式サイトよりご確認ください。
※クーポンに関する注意事項・使用劇場の詳細はSmartNews「クーポンチャンネル」内にて必ずご確認ください。

◆ニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」について

▽アプリダウンロードページ(App Store)
https://goo.gl/hJXfCZ
▽アプリダウンロードページ(Google Play)
https://goo.gl/njxned

スマートニュース株式会社は、「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」ことをミッションとし、2012年6月15日に設立された企業。日米3000万ダウンロードを超えるスマートフォン・タブレット向けニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」を運用し、同アプリを軸に数多くのメディア各社との事業提携を行う。

長瀬智也、助っ人登壇のTKOの二人に 「俺もT(O)K(I)Oですよ!」と語る! 川柳コンテストレポート

新着情報

作品のテーマと、サザンオールスターズによる主題歌「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」に合わせ、公開直前イベントとして、「生存競争(いきていくの)はつらいよ 闘う戦士(もの)たちへ 川柳コンテスト」を開催し、ゲストに主演の長瀬智也さん、そして本作に出演しているお笑いコンビ・TKOのお二人が登壇しました。

登壇に場内から割れんばかりの歓声で迎えられた長瀬さん。
本作で、大企業の“リコール隠し”に立ち向かう運送会社の社長で赤松徳郎(あかまつとくろう)役を演じた長瀬さんは「1年前に撮影を終えてようやく観ていただけるという事で、非常にうれしい気持ちです。」と挨拶。先日の超豪華キャストが勢ぞろいした完成披露イベントとはうってかわって、この日のイベントは役柄同様、一人で立ち向かうこととなった長瀬さん。

そんな長瀬さんのために急遽、助っ人として呼び込まれると、場内はディーン・フジオカと高橋一生の登場か!?との期待感の中、登場したのは本作で、ホープ自動車販売ディーラーの益田順吉(ますだ・じゅんきち)役の木下隆行さんと、嶋本運送社長の嶋本義裕(しまもと・よしひろ)役の木本武宏さんのTKOの二人。

疎らな拍手で迎えられると、木本さんが「こんなに期待外れな反応ない!」とのリアクションに会場からは笑いが。すかさず長瀬さんも「鶴瓶さん、こっち、こっち!」と手招きすると、それに応える木下さんのモノマネに場内からは笑いが。撮影中の長瀬さんの様子についてTKOの二人は、「長瀬君は、本当にテレビのイメージのままの方で優しくて、現場では趣味の話をしたりして楽しかった」と振り返ると、木下さんは長瀬さんとよく街で出会うようで、そんな木下さんに、相方の木本さんは「長瀬君のいる街をうろつくな!」との二人のやり取りに笑いを浮かべる長瀬さんでした。

今回が初共演とは思えないほど、舞台上で和気あいあいとトークが進む中、川柳コンテストがスタート。
今回は作品の主題歌で、今年デビュー40周年を迎える国民的ロックバンド・サザンオールスターズによる書下ろし新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」の歌詞にちなんだもの。

長瀬さんは同曲について「桑田(佳祐)さんの世界観が見えてくる感じがします。僕らくらいの世代の背中を押すような楽曲になってるんじゃないかと。ネガティブな要素も言うんだけど、それが戦ってる感じがする。リアルだった」と感想を述べました。木下さんもサザンオールスターズの曲は「僕のバイブル。すべてを教えてもらった。今回、初めての“共演”です」と興奮しながらコメント。木本さんも「僕もサザンはリリースされたらすぐ買いますが、今回3年ぶりの新しい曲を“僕たちのために”ね」と言うと、木下さんが「やめろ」とツッコむ。木本さんは「数mmでも関われた。関係0じゃないですから」とうれしそうに語りました。

今回、「しんどいね、生存競争(いきていく)のは」と思った瞬間を川柳のテーマとし、一般の方たちから川柳を募集。この日、1000通を超える応募の中から、約100名の入選者が会場で見守る中、「サザンオールスターズ賞」「TKO賞」「長瀬智也賞」がそれぞれ表彰されることが発表されると場内からは、この日一番の歓声と拍手が。

優秀作品の5本が次々とモニターに紹介されると、長瀬さんとTKOの二人はそれぞれ感想を言い合うなか、いよいよ結果発表。
今回、サザンオールスターズ・桑田佳祐さんから「サザンオールスターズ賞」として、事前に「俺の髪 生存競争 放棄する」、「朝山場 昼正念場 夜修羅場」の2本の作品が選ばれた事が発表されると、場内からは大きな拍手が。本来は1本の受賞のところ、「どちらも素晴らしいので2本選びました」との桑田さんからのコメントが読み上げられると、長瀬さんは「桑田さんの歌詞に出てきそう」と言えば、木本さんは「桑田さんに選ばれるなんて、一生自慢できる」と受賞者を称えました。

続けて、「TKO賞」では、「あっ、白髪!抜きたい、つかめぬ遠近感…。」で受賞した女性が登壇すると、TKOの二人が長瀬を女性に近づかせないようにブロック。「“TKO賞”だから長瀬君は話しちゃダメ!」と木下さんが言えば、すかさず「俺もT(O)K(I)Oですよ。」の長瀬さんの発言に場内からはどよめきと拍手が。受賞者にプレゼントを渡し、木下さん、木本さんの順で握手のはずが、なぜか木本さんが飛ばされ、長瀬さんと握手する受賞者の姿に「アカン、舞台で初めて泣きそう」と言うと、場内はこの日一番の笑いに包まれました。

そして、最後に長瀬さん本人から「長瀬智也賞」に選ばれたのが、「”今日中に” 出来上がったは 夜10時」。長瀬さんは選考理由について「ちょうど、今日の正午締切の原稿をまだ出せていないので、今日中になんとか提出しなくては」と、自身のタイムリーな実体験に重ねた理由が語られると、TKOの二人から「担当者が困っているよ。」との的確なツッコミに苦笑いを浮かべる長瀬さんだった。受賞した女性には、実際に劇中で使用された赤松運輸のジャケットが送られ、長瀬さん本人から着させてもらった女性は「兵庫から来てよかった」と笑顔を見せていた。

イベントの最後に、長瀬は「本当に池井戸作品にはたくさんのファンがいるなかで、カッコいいキャストとスタッフ達で作った本作を最後まで楽しんでほしい!」と力強く語り、イベントは幕を閉じた。

「生存競争(いきていくの)はつらいよ、闘う戦士(もの)たち川柳コンテスト」優秀5作品

◆サザンオールスターズ賞

「俺の髪 生存競争 放棄する」(アカエタカさん)

「朝山場 昼正念場 夜修羅場」(やーちゃんさん)

◆TKO賞

「あっ、白髪!抜きたい、つかめぬ遠近感…。」(みいちゃんさん)

◆長瀬智也 賞

「”今日中に” 出来上がったは 夜10時」(まるこめさん)

◆ノミネート作品 

作り笑い 「私は女優」 と言い聞かせ(ろみさん)

「空飛ぶタイヤ」×天下一品がタイアップ! 特製どんぶりプレゼントキャンペーン実施中!

新着情報

6月10日(日)~7月9日(月)の期間中、全国の天下一品の店頭に掲出されているタイアップポスター内のQRコードを読み取るか、キャンペーンページへアクセスいただき、ご応募された方を対象に、抽選で50名様に天下一品×「空飛ぶタイヤ」タイアップ特製どんぶりをプレゼント!
皆様ふるってご応募ください!
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

【キャンペーン期間】
2018年6月10日(日)から7月9日(月)まで

【賞品】
天下一品×「空飛ぶタイヤ」タイアップ特製どんぶり 50名様

キャンペーンページ:
https://service.shochiku.co.jp/form/pub/movie/taiya_tenichi_cp

「空飛ぶタイヤ」×SmartNewsがコラボ! 原作試し読みや映画初クーポンなど 1週間限定特別企画を6月11日より開始!

新着情報

この度、松竹×講談社×スマートニュースの3社合同コラボが実現!
6月11日(月)から17日(日)の1週間限定で「空飛ぶタイヤ」特別企画を、ニュース閲覧アプリSmartNews上で実施いたします!

ニュース閲覧アプリSmartNews(スマートニュース)は、日米3000万以上のダウンロード数を誇り、Appleのベストアプリ2013、Googleのベストアプリ・オブザイヤー2013を受賞しているNo.1ニュースアプリ。ビジネスマンのユーザーも多いこと、原作ならびに映画との親和性が高いことからこの度の3社コラボが決定しました。

コラボは、SmartNewsアプリ上の3つのチャンネル(読書・映画・クーポン)にて実施します!

「読書チャンネル」では、原作の試し読みの他、原作者である池井戸潤インタビューも配信。さらに、池井戸作品のファンであり本作をいち早く鑑賞した漫画家・弘兼憲史による会長・島耕作のインタビューも限定配信!先日の映画へのコメントに続き、漫画の人気キャラクターがインタビューに応えるという新しい展開となっています。

「映画チャンネル」では、6月15日(金)から17日(日)の3日間にて主演・長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生のオフィシャルインタビューを配信!

「クーポンチャンネル」では、「空飛ぶタイヤ×スマートニュース 映画特別鑑賞クーポン」を配信。このクーポンを使用すると、一般券より200円引きで作品を鑑賞できます。飲食以外ではSmartNewsのクーポンチャンネル上、初のクーポンとなります。

◆「空飛ぶタイヤ」×SmartNewsコラボ概要

コラボ期間:6月11日(月)~17日(日)の1週間限定

コラボ内容:
(1)SmartNews「読書チャンネル」での展開(6月11日~17日)
・原作5日間試し読み
・池井戸潤インタビュー(6/16)
・会長島耕作インタビュー(6/17)

(2)SmartNews「映画チャンネル」での展開(6月15日~17日)
・長瀬智也オフィシャルインタビュー(6/15)
・ディーン・フジオカオフィシャルインタビュー(6/16)
・高橋一生オフィシャルインタビュー(6/17)

(3)SmartNews「クーポンチャンネル」での展開(6月15日~17日)
・「空飛ぶタイヤ×SmartNews 特別映画鑑賞クーポン」の配信
      
<クーポン適用の劇場リスト>
松竹マルチプレックスシアター(全国24劇場)、イオンシネマ(全国92劇場)、コロナワールド(全国12劇場)、TOHOシネマズ(全国61劇場)、ユナイテッドシネマ(全国33劇場)、109シネマズ(全国18劇場)、T・ジョイ(全国17劇場)、シネマサンシャイン(全国13劇場)、大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ
※映画『空飛ぶタイヤ』を上映する劇場に限ります。上映劇場は公式サイトよりご確認ください。
※クーポンに関する注意事項・使用劇場の詳細はSmartNews「クーポンチャンネル」内にて必ずご確認ください。

◆ニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」について

▽アプリダウンロードページ(App Store)
https://goo.gl/hJXfCZ
▽アプリダウンロードページ(Google Play)
https://goo.gl/njxned

スマートニュース株式会社は、「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」ことをミッションとし、2012年6月15日に設立された企業。日米3000万ダウンロードを超えるスマートフォン・タブレット向けニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」を運用し、同アプリを軸に数多くのメディア各社との事業提携を行う。