完成披露イベントレポート

新着情報

この度、本作の完成を記念しプレミアイベント&完成披露試写会を実施しました!

完成披露試写会の登壇イベントの前には、史上初めて、丸の内ピカデリーのある9階ロビーを全面貸し切っての超ロングレッドカーペットでのセレモニーイベントも実施いたしました。その模様をレポートします。

<オフィシャルレポート>

レッドカーペッドイベントに登場したのは、主演の長瀬智也さん(赤松徳郎 役)をはじめ、ディーン・フジオカさん(沢田悠太 役)、高橋一生さん(井崎一亮 役)、深田恭子さん(赤松史絵 役)、小池栄子さん(榎本優子 役)、阿部顕嵐さん(門田駿一 役)、中村蒼さん(杉田元 役)、浅利陽介さん(柚木雅史 役)、そして、本木克英監督の9名。
長瀬さん、ディーンさん、高橋さんら豪華キャストたちの登場に割れんばかりの黄色い声援が。レッドカーペッドのスタート地点に豪華キャストが勢ぞろいすると、再び大歓声が沸き起こりました。長瀬さんの「空飛ぶタイヤ!」の合図に、会場中が「反撃開始!」と大声援で答えると、それを合図に映画カラーの特効が打ちあがり、会場は興奮に包まれました。
続いて、“史上初”となるマリオン9階全面を貸し切っての超ロングレッドカーペッドをキャスト・監督が歩き始めると、メディア取材や来場した200人のファンとの交流を行いました。常に会場から黄色い声援が鳴りやまぬ中、キャストたちはいずれも笑顔で手を振り、ひとりひとり丁寧にファンたちとの和やかなやりとりを楽しみました。

レッドカーペットでのイベント後には、会場を丸の内ピカデリー劇場内に移し舞台挨拶を実施。
ステージには、寺脇康文さん(高幡真治 役)を加えた総勢10名のキャストと監督が登場!
今年の6月25日にデビュー40周年を迎える、サザンオールスターズ3年ぶりの新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」が鳴り響く中、会場は瞬く間に割れんばかりの拍手と歓声で埋め尽くされました。

整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎を演じた長瀬さんは「ようやく皆様に観ていただく時がきました!池井戸潤先生の『空飛ぶタイヤ』を素敵なキャストのみんなで撮影に励み、素晴らしい作品になったと思います。」と1年前の撮影を振り返り、完成披露の舞台に立てる喜びを爆発させました。

赤松と対立する大手自動車メーカー社員、沢田悠太を演じるディーンさんは「大企業に勤めた経験がなかったので、個人として思うこともありながらも、社会的立場的として、そういなければならない葛藤が誰しもあるのでは、という思いをもって演じました」と自身の役作りを語りました。

一方、沢田が勤める大手自動車会社のグループ会社に疑念を抱く銀行員・井崎一亮役の高橋一生さんは、池井戸作品に3作目の出演。
本作の出演について、「職人のようなキャスト、スタッフのみなさんと同じ時間を共有できて幸せ。一歩踏み出す勇気を感じてもらえる作品です」と胸を張りました。

そんな極太の作品で赤松を支える妻・史絵役の深田恭子さんは「男性同士ならでは戦いが描かれており、みなさんの背中が素敵でした。」との賛辞に男性キャスト達が照れる場面も。

本作が映画初出演となる阿部顕嵐さんは「今、空を飛ぶような気分」と笑顔で出演の喜びを語るも、すかさず事務所の先輩、長瀬さんから「コメントが飛んじゃっているよ!」との愛あるツッコミにファンからは笑いが漏れました。

イベントでは、作品が自分の「正義」や「守るもの」のために戦うもの達の映画ということで、キャスト達に「守りたいもの」は何ですか?との質問に、長瀬さんは「愛する人…」との発言に観客が騒然とする中、「いれば(笑)」とのオチに会場からは笑いと安堵の声が。

ディーンさんも神妙に「愛する家族や子供たちを守りたい」といえば、高橋さんは「人を思いやるための、想像力」と独自の言い回しで、人の立場にたって行動することの大切さを説くと、長瀬さんやディーンさんも共感した様にうなずいていました。

そんな姿とは対照的に、寺脇さんは「ゴミのポイ捨てを絶対にしない」と力説する姿や、「番組のポジションを守りたい」と語る小池さんの姿に会場からは笑いが。
守りたいものは「時間」と答えるも、緊張でコメントを連続して噛んでしまった浅利さんは会場からの「かわいい」の言葉に照れている様子でした。
一方、仕事終了から最短で自宅に帰るという「自分のルールを守りたい」と語った中村さんにキャスト達からは総突っ込み。「これ以上、この話を掘り下げないで」と恥ずかしそうにしていました。そんな中村さんと、撮影の待ち時間、カラオケで過ごす機会があったディーンさんは歌いながら待っていたそう。ノリノリのディーンさんとは対照的に、全くカラオケの“ノリ”に対応できず、小さくタンバリンを叩いているだけだった裏話がディーンさんから披露されると会場からはこの日一番の笑いが。

イベントの最後に、本木監督は「実力のあるキャストや200名のスタッフが集まってくれたおかげで自分の想像以上の作品になった。あっという間の2時間だと思うので楽しんでください。」と言えば、続けて、長瀬さんは「みなさんが感じる社会の問題に触れる作品になっていると思います。爽快な大逆転をぜひ、劇場でご覧ください!」と力強く語り、イベントは幕を閉じました。

バリアフリー上映のご案内(2018年6月15日(金)より対応開始)

新着情報

・本映画には、視覚に障害のある方も、映画をお楽しみいただける[UDCast方式]の【音声ガイド】が付いています。
・お手持ちのスマホに、専用アプリから音声ガイドデータをダウンロードしていただければ、どなたでも、全ての上映劇場、上映回でご利用いただけます。
・但し、上記の対応開始の日より前の上映では、ご利用いただけません。
・また、一部Android端末には[UDCast]アプリに未対応の機種がございます。[UDCast]の詳細は、以下をご覧ください。
 http://udcast.net/

・本映画では、聴覚に障害のある方もお楽しみいただける、台詞や効果音も画面に表示する【日本語字幕】付きの上映も行われます。
・一部劇場にて、期間限定で、スクリーンに字幕を表示しての上映となります。
・日本語字幕付き上映の実施劇場、及び、上映日は後日発表させて頂きます。

大人の休日倶楽部 会員限定「空飛ぶタイヤ」特別試写会の開催が決定!

新着情報

JR東日本 大人の休日倶楽部では、会員限定で映画「空飛ぶタイヤ」の寺脇康文さんと本木克英監督の舞台挨拶付き特別試写会を開催します。

【「空飛ぶタイヤ」特別試写会 概要】
寺脇康文さんと本木克英監督が舞台挨拶に登場!
開催日:6月12日(火)
開催時間 9:30開場 10:00開演(12:30終了予定)
会場:丸の内ピカデリー2(JR「有楽町駅」より徒歩約1分)
招待数:500名様

応募締切は、5月20日(日)23:59までです。
※応募には「大人の休日倶楽部」への入会が必要です。

応募の詳細については、「大人の休日倶楽部」ホームページをご覧ください。
https://jre-ot9.jp/event/soratobu-movie.html

サザンオールスターズ 3年ぶりの待望の新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」が主題歌に決定!

新着情報

本作の主題歌が、なんとサザンオールスターズによる待望の新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」に決定しました!
またそれに併せて、渾身の最新予告映像も解禁しました。

サザンの新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」は、2015年に発表されたアルバム『葡萄』以来、約3年ぶりとなる新曲。
社会で闘う人たちを描いた映画の世界観と地続きの、過酷な現代社会を切り抜いた桑田佳祐にしか書けない痛烈な歌詞と、それをポップスに昇華するサザンオールスターズの真髄が際立つ、“サザン”ד空飛ぶタイヤ”の化学反応により生まれた書き下ろし楽曲です。
主題歌を聴いた主演の長瀬智也さん、池井戸潤先生、矢島孝プロデューサー、本木克英監督からも熱いコメントが到着しました。

【長瀬智也さん】
社会で、日々戦っている汗臭さみたいなものを感じました。
そして、頑張れと言われているような気持ちにもなりました。
感謝と感激です。

【池井戸潤先生】
サザンオールスターズは、学生時代から僕のアイドルでした。40周年という記念すべき年に桑田さんに主題歌を書いていただけるとは、とても光栄です。
次回コンサートには必ず駆け付けます!

【矢島孝プロデューサー】
二面性、いや多面性のあるドラマに乗る曲はサザンオールスターズしかないと思いました!
「生きていくのはしんどいけれど、捨てたもんじゃないぜ!」と背中を押してくれる素敵な曲をありがとうございます!

【本木克英監督】
映画の内容を繊細に鋭く捉えた歌詞、深刻な本質をからりと奏でるオリジナリティ溢れた曲に鳥肌が立ちました。
長く熱狂し、敬愛してきたサザンオールスターズの原点を感じる主題歌にただただ感激いたしました。

さらに「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」は、映画の公開と同様6月15日(金)から配信リリースされることも決定!
配信リリースに先駆けて、全歌詞がサザンオールスターズ公式サイトで公開されていますのでこちらも併せてチェックしてくださいね。

◆サザンオールスターズ公式サイト
http://sas-fan.net/

セブン-イレブン・セブンネットショッピング限定 オリジナルグッズ付き映画前売券の予約開始!

新着情報

『空飛ぶタイヤ』のムビチケカードとセブン-イレブン・セブンネットショッピング限定のオリジナルハンドタオル3枚がセットとなった商品です。
赤松運送、ホープ銀行、ホープ自動車の会社ロゴをモチーフにしたお洒落ハンドタオルで、セブン-イレブン・セブンネットショッピングだけの限定販売となります。
ぜひチェックしてみてください!

▼詳しくはこちら
https://7net.omni7.jp/general/005102/170308soratobumovie

最新予告、解禁!

新着情報

最新の予告編を解禁しました!

この度解禁された最新予告映像では、懸命に真実を突き止めようとする赤松や、沢田(ディーン・フジオカ)、井崎(高橋一生)の初公開シーンはもちろん、赤松を献身的に支える妻・史絵(深田恭子)の姿や、自らの信念を貫く刑事・高幡(寺脇康文)、赤松にすべてを託すもう一人の熱い男・相沢(佐々木蔵之介)、「証拠はどこにも存在しない」とリコール隠しを匂わせる狩野(岸部一徳)ら、脇を固める超豪華キャストのシーンも初解禁!

また、予告には大企業と孤軍奮闘する赤松が嗚咽する姿も収録されており、キャストファンならずともその先の展開に期待が高まる映像となっています。
果たしてそれは事故なのか、事件なのか―。決して諦めない男たちが織り成す世紀の大逆転エンタテインメントに、日本中が目を離せません!!

さらに、ポスタービジュアルも解禁!
公式サイトトップよりご覧ください。
ムビチケ(前売り券)も3月3日(土)より販売がスタート。
こちらも公式サイトよりご確認ください。

公開までお楽しみに!

コミカライズ連載スタート!

未分類

本作の原作「空飛ぶタイヤ」のコミカライズが、本日12月1日(金)隔週マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)にてスタートします!

作画を担当するのは、人物の心理描写と高い画力に定評のある『おとむらいさん』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の大谷紀子さん。

本作の公開前に、ぜひコミカライズもチェックしてみてくださいね。

■詳細はこちら!
http://be-love.jp/

【特報30秒】ついに初解禁!

新着情報

この度、初映像となる【特報30秒】と新たなビジュアルが解禁となりました!

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)が、自らの無実を信じ、大企業に対して調査を開始するところから、物語は始まります。この度解禁となった初映像では、赤松徳郎、トレーラーの製造元であるホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)、ホープ自動車のグループ企業であるホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)が、巨大企業の闇にそれぞれの立場で迫っていく姿が描かれています。
日本でいちばん熱くかっこいい男たちが織りなす、世紀の大逆転エンタテインメントを是非ご期待ください。

特報とともに、ビジュアル・チラシも新しくなりました。
全国の一部劇場にて11月23日(祝・木)より掲出開始です。
新しいビジュアルは公式サイトにてぜひチェックしてくださいね。
http://soratobu-movie.jp/

そして公開日も決定!
2018年6月15日(金)反撃開始! です。

公開までお楽しみに。

ウルトラティザービジュアル解禁!

新着情報

この度、9/23(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他一部劇場にて掲出開始となるウルトラティザービジュアルが解禁となりました!

ビジュアルでは、大企業に挑む覚悟を持った赤松社長の決意が強く表れており、
幾多の困難にも負けず信念を貫いていくその姿は、観る者の心を強く打ちます。

そしてチラシの裏面には大企業・ホープ自動車に勤務する沢田悠太(ディーン・フジオカ)が、
含みを持たせた表情で登場。原作者・池井戸潤によるコメントも掲載されています。
ぜひ劇場でもチェックしてくださいね。

【池井戸潤さんコメント】
もし、人を死に至らしめる欠陥を知りつつそれを隠蔽していたなら、それは社会に対する重大な罪だ。
それでも大企業なら許されるのか──。問われているのは、我々の見識と勇気である。

totop